Activities of FF Nara

You can see various activities of FF Nara with photos.

奈良産業大学の留学生を受け入れました!~Welcomed Asian countries' Students of Nara Sangyo University

2013年08月05日 | Other activities

暑中お見舞い申し上げます!蝉時雨の毎日、お変わりありませんか?

 今年の夏も、奈良産業大学からの短期留学生を二泊三日で受け入れました。暑い中での受け入れは大変なことも多かったと思いますが、ゲストとホストになられた皆さんにとって、新たな思い出が出来たことでしょう。ホストの皆さんからの感想が届いています、お楽しみください。

 

   ◆FFからは初めての受け入れ ~     ( 湯浅総平・順子 

 私たちのゲストは香港の梁楚翹(りょうそきょう)さんと中国の黒竜江の呂方辰(ほうしん)さんでした。お二人とも日本語が上手でした。時々わからない時は筆談で理解することが出来ました。

        

 ちょうど来られた時にFFメンバーの方のお誘いで地区の夏祭りに一緒に参加させていただきました。ゆかたを着てスイカ割り大会、盆踊りにも参加して日本の夏の風物詩を経験することが出来ました。翌日は、茶筅の里、郡山の金魚すくい、郡山城、平城旧跡に行きました。あっという間の楽しい3日間でした。FFメンバーのご協力ありがとうございました。

 

  ◆迎えたのは香港の男子学生のケンとスティーブ!~     ( 星野 智 

 ケンはアニメで日本語を勉強したという、かなりのオタク。スティーブンは水泳 が好きな好青年。二人とも「お寺」には全く興味ない様子なので、涼しい生駒山上遊園で遊び、大西さんの東映映画村に割り込ませてもらい、最後の日は「風立ちぬ」の映画を観るなどアニメベースで楽しみました。二人ともかなり日本語ができたので困ることなく、初めての受け入れ体験は無事終了できました。

  

 

 

◆礼儀正しい香港からの女学生 ~    ( 大西弘・博美 )

可愛い女学生を2名預かりました。名前を覚えるのが難しいので、ニックネームで呼ぶ事にしました。一人はステラ、もう一人はミルク。私達は「お父さん」「お母さん」。二人とも大変礼儀正しく、思いやりがあり、いつも食事の準備や後片付けを手伝ってくれました。初日に平城宮跡を案内し、最後の日には早朝に春日大社にお参りしましたが、驚くほど歴史に興味を示し、大変勉強になったと喜んでくれました。日曜日には京都の東映太秦映画村に孫達も一緒に連れて行きましたが、大喜びで時間の経つのも忘れて楽しんでくれました。孫達もいつの間にか日本語と英語のチャンポンでコミュニケーション。ちょっと刺激的な3日間でした。

                 

          いずれの写真も東映太秦映画村にて:         

  

      女優さんと一緒に

 

 ◆タイからの可愛いお嬢さん ~   ( 中森恭子 )

タイの留学生はサミッターさんと言って、20歳のとても可愛いお嬢さんでした。大まかな計画しか立てていなくて、お迎えの車の中で希望を聞くと、浴衣を着て花火に行きたいとのこと。急遽、息子に調べてもらい、運よく木津川で花火大会があることがわかりました。FFメンバーの小泉さんと山本さんに浴衣を着せてもらって、8時からの花火を堪能しました。私も楽しみました。今回もたくさん助けて頂いた皆さん、有難うございました。たこ焼き、手芸、カラオケと、短い間でしたが充分楽しんだことと思います。

       

写真左がサミッターさん、笑顔が可愛い。  FFメンバーの外さんも加わって一枚パチリ

  

 ◆台湾から来た鳳宜さんと千彗さん  ( 小泉くに子 )

 我が家に来たふたりの希望は、浴衣を着て花火を見に行くこと。中森さんの息子さんに木津川の花火に連れて行ってもらって大満足。翌日は、孫と一緒に大和郡山にある県立民俗博物館と、平城京歴史館にも行き、昼食は回転寿司。台湾より奈良の方がおいしいとのこと(ヨカッタ!?)。夕方、もう一度浴衣を着て近くの商店街の夏祭りに行く。金魚すくいや輪投げを体験。うちわを配っていたお兄さんに、台湾から来たと言うと、お土産にと10本くらいもらった。夕食と翌日のランチはご近所・吉岡さんの家でクラフトを楽しみながら、・・・お世話になり助かりました~ありがとう! 千彗さんが水餃子を作ってくれ、とてもおいしかった。あっという間の23日でしたが、明るく元気な彼女たちにパワーをもらいました。

       

   水餃子を作っています

 

 

 ◆香港からの留学生を迎えて ~   ( 仮家正剛・倫子 )

私たちの家には香港城市大学から呉(英語 ディーン)と蔡(クリス)君の両名いずれも教養課程の一年生・日本語歴は半年程度がやって来ました。二人ともアニメ大好き世代、クリスは特に仮面ライダーの大ファン、趣味は映画を見ること、剣道、茶道?と記してありました。到着昼食の後、暑い盛りでしたが、ご近所の雰囲気を知る為に町内を散歩がてら一周しました。土地の狭い香港では中々一戸建は少なく、日本の家とその庭の花に感心していました。休憩後近所のスーパー(ライフ)へ同道、買い物方々見学、そのあと、夕食の支度の間に奈良公園までドライブに出かけ、二月堂の夕日を見に行きました。人も殆どいなく静かなたたずまい、昼間とは違った奈良の気配を感じてもらいました。

翌日曜日は、京都市内にある漫画ミュージアムへ。ここはたくさんの漫画が収録されており館内どこへでも持出して読めるシステムで、外国からの観光客も随分多く見かけました。日本のアニメの浸透ぶりを改めて感じました。ただどちらかと言えば受身型で、能動的な参加プログラムがないために、彼らにとっては少し退屈かもしれません。ここではディーンが似顔絵を書いてもらいご機嫌でした。この後、近くの二条城を見学して、夕刻まで過ごしました。二人ともおとなしく、特に何かしたいという希望もなくiPadを眺めて何か書き込み、悦に入っている様子でした。滞在中の食事はお好み焼き、冷麺、冷奴、天婦羅、焼きそばで、何を食べても美味しいと喜んでいました。

 ←月曜日朝から雨模様の上、奈良の街はどこもお休み。そこで、オセロを持ち出しプレイしたり、まさかと思いながら持ち出した習字用具で状況一変!(写真をご覧あれ)。

ディーンは子供の頃習ったことがある、クリスは初めての経験と言いながら早速立派な字を披露。更に二人とも漢詩をさらさら、続いて顔料と墨で絵を書き出し思わぬ教養の深さに驚きました。クリスの将来の望みは動物を撮影する写真家、ディーンは消防士か警察官とのことでした。昨年の中国本土の学生と比べると何となくおっとりした香港の学生たちでした。

※滞在中、当方、デジカメ撮影に失敗、彼らの作品だけを改めて撮り直しました!(笑)

コメント (1)