Activities of FF Nara

You can see various activities of FF Nara with photos.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

30年度1回目ハイキング

2018年04月30日 | Other activities

堺市古墳巡り(仁徳天皇陵) 4月20日 初心者向き8Kのコース)

 堺市には日本最大の前方後円墳仁徳天皇陵をはじめ多くの天皇陵が存在します。世界三大古墳はエジプトクフ王、中国秦の始皇帝陵といわれ、中でも古墳の面積において仁徳天皇陵(百舌鳥耳原中陵、大仙陵とも呼ばれる)は世界最大の広さを有します。仁徳天皇陵と履中天皇陵を見学、堺市歴史館にも立ち寄りました。

 今回もボランティアガイドの足立俊幸さんにご案内頂きました。


21名の参加者が仁徳天皇陵の周りを足立氏の解説を聞きながら散策しました。大和から堺へと移り変わっていく古墳群の歴史、気が遠くなる程の年月、人の集結、知恵、物作り日本の誇りを今一度確認しました。その後広大な大仙公園でランチ。楽しいモグモグタイムとなりました。昼から博物館にて学芸員の方からまだまだ謎の仁徳天皇陵について説明して頂きました。更に咲き誇った牡丹やツツジを観賞しました。美味しい和菓子と抹茶を頂きほっこりする時間を過ごし解散となりました。その後希望者のみで自転車館に行きました。今度は館内の方より詳しい辻井さんから体験談を交えて普段目にしない自転車の説明を受けました。今回65歳には優しい入場設定で、堺市の懐の深さに感謝し、新緑に癒される1日となりました。 鈴木喜美子


JR三国ケ丘駅でガイドをお願いしました足立俊幸さんと9:30に合流

 

 

 

 

 

大仙公園で昼食

 

堺市歴史館

 

 

日本庭園散策

本日は絶好のハイキング日和。(炎天下を歩くのは少し暑すぎましたが)ツツジと新緑の美しい日本庭園、その奥の牡丹園では満開の素晴らしい牡丹の花を見ることが出来ました。

 

 

 




コメント

Cornwall Club 受け入れ

2018年04月16日 | Inbound Exchange

Cornwall Club 受け入れ H30年4月5日(木)~12日(木)  

 春たけなわ花の香りあふれる4月、イギリスCornwallより16名のアンバサダーをお迎えしました。

4月5日 

愛媛クラブの滞在を終え、JR京都駅へ午後到着されました。仮家さん、HCの樋室さん、中嶋さんのお迎えでJR奈良駅に到着されたのは午後4時20分、少しお疲れが見える方もいらっしゃいましたが皆さん笑顔、ホストたちと劇的な対面をされ、それぞれ自宅に向かわれました。

4月6日  

奈良公園案内(担当:中嶋さん)東大寺・南大門前に10時に集合、4班に分かれて散策しました。あいにくの曇り空の中、それでも本降りにはならず、熱心に見学されました。

 

昼食は「あぜくらや」。お疲れがでないようにここからは自由行動。17歳の女の子とお母様の親子はさっそく日本のかわいいモノを求めてショッピングモール街へお買い物。その他にも春日大社へ行かれた方、奈良町散策された方など、皆さんお好みの奈良をホストと共に楽しまれました。

 ビジターセンターで鹿の折り紙を教えてもらったり、お相撲さんのコスプレも体験

  

4月7日  フリーデイ


4月8日 

Welcome Party(ポットラック)(担当:内田さん)とみの里にて

仮家会長挨拶  司会は浦西さん

まずはホストとアンバサダーの紹介から

HCの樋室 冨佐子さん AC のMargie Lundie、Ruth Morgan

 

田中 忠夫/ 征子さん Peter /Jackie Hardaker


 合田 サワ子さん Yvonne Williams 、Susan Warrillow

 

佐々木 紘一/ 啓子さん Martin/Sandra Buck

 

浦林 直子さん Deena/Riiya Mathew

 

 

山内 美也子さん Anna Flavell、Angela Barton

 

濱田 延子さん Peter/Jenny Kwee

 

池上 世子さん Andrew/Jane Parker

 色鮮やかに並んだ奈良メンバー手作り料理やデザートの数々

和太鼓演奏 せいか太鼓「波布理」の皆様

アンバサダーもトライ!


二人羽織

アンバサダーもトライ!

Good job!(練習した我がクラブの4人より上手だったかも?)


Happy Girlsのダンス アジアの海賊ニューバージョン


FF奈良コーラス同好会の合唱(初披露)

指導者の田中さんとピアノ演奏の渡邊さんです。


アンバサダーに手作りグループからプレゼント

Cornwallクラブから寄付の申し出があり「奈良鹿愛護会」に寄付

奈良クラブからはテーブルランナーを贈りました。

パフォーマンス、席替えトーキングなど。バライティーに富んだプログラムが続き、最後に全員で大和路ラプソディを踊り皆さん大いに盛り上がりました。


4月9日 

京都観光(担当:大西さん)

近鉄高の原駅に8:45集合。素晴らしいお天気の中、予定の時間に出発。金閣寺-金閣寺亭にて昼食-三十三間堂-大倉酒造(月桂冠)での見学・試飲等々、楽しい京都観光でした。

金閣寺に到着、ほとんどが、外国からの観光客で、相変わらず混雑。FF奈良の緑の旗のお陰で、それなりに行動が出来ました。当日の金閣寺は、一層目の扉が開かれており、中の仏様を拝観しました。お土産やの前では試食、色々な物を食べました。上の写真は三十三間堂です。やっと集合写真が撮れたました。沢山の仏様に、圧倒されました。

 

昼食は、金閣寺亭で、蕎麦や、うどんの和食を、アンバサダーの皆さん、お箸を上手に使っていました。

 

伏見大倉酒造

 

 

大西さんの通訳ガイドで、お酒の出来るまでを見学。3種類の日本酒の試飲後、気に入った日本酒のお土産をゲットして帰路に着きました。

4月10日 

日本文化体験(担当:乾さん)

西大寺の大茶盛と大和郡山での金魚すくい大会。FF奈良にとって初めての企画です。

 

 

 

  

 

    


大茶盛りの後、お茶のお点前をして下さった僧侶の方と共に写真撮影

 

郡山で金魚すくい大会

 

1位、2位、3位のアンバサダーに商品が贈られました。ピーターさんは一人で14匹の金魚をすくいました。(ダントツ1位) 

 

金魚すくいはアンバサダーはもちろんFF奈良メンバーも初めて経験する人が多く童心に帰って遊びました。

金魚すくいの後、全国ニュースになっている金魚の水槽の電話ボックスのオブジェ、この日がこれを見ることの出来る最終日ということで見に行きました。翌日の新聞で、水と金魚が取り除かれ、白いカバーが掛けられている写真が掲載されていました。何人かのアンバサダーも行かれましたが、彼らの感想聞かれた方おられるのでしょうか?


4月11日 

フリーデイ。夕方6時よりアルションにて、Thanks Mealがアンバサダー主催で行われました。ホスト以外も20名近くが出席され最後の夜を楽しみました。

4月12日 

近鉄学園前駅から想い出を胸に 朝6時10分発、関空行のバスで帰路に着かれました。

 

 HCという初めての大役を渡辺さんとお引き受けし、最初どのように進めてよいのか分からないまま時間だけが過ぎていきました。各公式行事のすべてを各リーダーにお任せをし、アドバイスを頂きながら遅ればせながら受け入れ委員会を立ち上げました。又、今回日本文化体験では、西大寺大茶盛、金魚すくいと初めての体験でしたが、受け入れ委員の皆様の強力なバックアップと、なんといっても会員の皆様のご協力があってこそ無事終えることが出来ました。感謝しかありません。本当にありがとうございました。  HC 樋室 冨佐子



・・・・・・・ホストの方から感想を伺いました。・・・・・・・

樋室 冨佐子

 我が家のホスト。ACのMargieとRuth。 姉妹と思えないくらいの体格の差。少し歩くのが困難なRuth が以前テレビで吉野の桜を見て、是非吉野山で花見をしたい!望みを叶えるためLet’s go! 奥千本をタクシーで回り山桜、吉野杉に感動。Cornwall には高い山がないので頂上から見る景色は格別だったようです。とにかくお二人とも素敵な方々で、日本酒を楽しみ、おしゃべり好きで笑いの絶えない8日間でした。又ディナーホスト、ディホストをしてくださった皆様のおかげで楽しい時間を過ごすことが出来ました。本当にありがとうございました。Margie , Ruthはワンダフルディと毎日言っていました。 

                          

                              

田中 征子

  Cornwall Club、Peter & Jackie Hardaker 氏の受入は、素晴らしい経験で、色んな事を教えていただきました。来日前のメールで、桜の開花が早いのを心配する私たちに、大切なのはあなた方にお会いすることで、名残りの桜が有れば十分とのことでした。我が家に着かれた初日から、“朋あり遠方より来る、また楽しからずや”でした。Peterさんは朝から晩まで,喋りづめでしたが、Cornwall と奈良という遠く離れたところに住んでいても、共通の話題がいっぱいあり、笑いどおしの、1週間でした。一例ですが、大阪城近くのホテル駐車場で、私達の車の位置(B)を覚えるのに、“To Be or not to Be;that is the question.” と、Peter氏はハムレットのセリフを提案しました。Jackieさんはとてもやさしく、よく気が付き、私が作ったお料理は、なんでもDeliciousと言って食べていただきました。てんぷらやお好み焼きを作ったときは、レシピをお教えしました。最後にFriendship “to Be continued.” を確認いたしました。

  


池上世子

  我が家にやってきたのは、なんと身長190センチと185センチの大きな夫婦。今までにこんなに大きなゲストをお迎えしたことがなく、果たして、ベッドや、車や日本では当たり前の生活様式で大丈夫かという心配が先に来ました。荷物も大きなトランク二つ、とても運べそうになく、どうしたものか大いに悩みました。どうにか一週間の移動はなんとか解決したものの、帰国時はさすがに、荷物ともども駅へ行くことも無理で、そんな時、FF会員のお友達に助けてもらい、大変助かりました。夫婦は若いときに同じ獣医を目指す学校で知り合い、子供4人も医療関係の仕事をされています。一週間で公式行事が3回あり、Free Dayが2日間あり、経験から毎日ゆっくりと料理する時間がないのが分かっていたので、はじめに毎日の献立を考え、事前に必要な食品を買い、調理して冷蔵庫で保管しておく準備に追われました。さていよいよ受け入れ開始、日本は初めてということで、いろんなことに興味をもたれ、大変楽しまれたようで、振り返ってみると、おおむね有意義な一週間を過ごされたと思います。ただ、初日Janeさんの体調が悪く、とても大変そうだったので、ゆっくり休んでもらい、毎朝体調はどうかと聞くと、本来の体調ではないが、大丈夫との返事があり、徐々に回復されていき、ひと安心。英国Cornwallのことや仕事や趣味やいろんなことを聞いたり話したりできるいい機会でした。

 

 


佐々木啓子

 一週間の受入れホストをするのは久しぶりでした。アンバサダーは昨年、マンチェスターの世界大会でお会いしたSandraとご主人のMartin。香港で20年あまり先生をしていたので、その間に何度も何度も日本に来ています、そんな彼らにはどこも珍しくはないのでは?と思いましたが、日本の家庭に泊まるのは初めてとのことでした。リタイア―してCornwallに帰ってから10数年ぶりに訪問する日本は旅行者が増え、英語の表示も充実して、ずい分変わったそうです。MartinはPCや車が趣味、Sandraはお料理やショッピングが好きという点で我々と似たところがあり、年齢も近くいろいろ話が出来てとても楽しい1週間でした。Martinは冗談や皮肉が大好き、「return exchange を待たないでいつでもCornwallにいらっしゃい」と言ってくれた後「でも気を付けてね、うちはダウントンアビーみたいな格式ある家だから食事にはネクタイとドレスが要るよ、メイドもいっぱいいるし。メイド長はSandraだけどね。」とのこと。え!!!! 横でSandraはあきれ顔。

  

 

浦林直子

HCの樋室さんから、「同年代の娘さんとママというアンバサダーなので是非」と声をかけていただき、お受けした今回。新学期の時期で、家の娘達も私の仕事もバタバタと忙しい毎日でしたが、DeenaとRiiya母娘は我が家での滞在と家族やFFメンバーとの交流を心から楽しんでくれ、「全てが最高❗️」とメッセージを残して帰って行きました。
娘さんがヴィーガンで肉魚卵乳製品を食べないと聞いていて、毎日の食事には気を使いましたが、食習慣の違いも多様性を受け入れて視野が広がるチャンス。いなり寿司やきな粉がけおはぎが好評とか色々発見したので、また今度ヴィーガンの方が来られても対応できる自信になりました。
FFの皆さんが気を遣ってくださり、パーティーやディナーホストで彼女が食べられるものを特別に用意したりメニューのある店に連れて行ってくださり、本当にありがたく思いました。また、若い世代なので、なんと言っても楽しんだのはショッピング!「どこに行きたい?」と聞くと、日本の洋服や雑貨が可愛いからとショッピングモールをリクエスト、計3回行きカードで買い物三昧。ついには、スーツケースから荷物があふれ、バッグも買ってました!今回娘のRiiyaは、医者になる夢の途中で、日本に来て英語を教えるという新たな夢も生まれたので、再来日するそうです。もちろん、我が家とそしてFF奈良会員の家を順番に泊まり歩けて、滞在費はいらないよ、と勧めておきました。皆さんよろしくお願いしますね。写真は、「準会員の妹達家族も交えての手巻き寿司パーティー」の様子と、「郡山での金魚すくい大会で、自分は一匹もすくえなかったのに、チームの人達が頑張って2位になり、金魚のクッションをゲットしたDeena」です。

  

 

濱田延子

コンウォールからのアンバサダーは香港生まれのインドネシアンチャイニーズのピーターと生粋のイギリス人のジェニーでした。彼らの荷物が愛媛から届いた時に私がシャチハタスタンプを押すのをみてピーターが自動的にインクが出る印鑑に感心して自分もチャイニーズの名前がありシャチハタで作りたいというのでジェニーと(慈恵仁と変換した)共に近鉄百貨店まで作りに行きました。池上さんのゲストのアンドリューとジェーンも一緒に行動していたので彼らも作る事になりアルファベットで注文しました。フリーの日は6人で大阪城、道頓堀を見学、うちの近くの御嶽山も散策しました。ピーターはカレッジで写真技術を教えていたそうで彼の写真集をプレゼントして貰いました。二人は毎晩必ず私の主人と話す時間を作ってくれるなど細かい心遣いをしてくれる優しい人達で思い出に残る受入れになったと思います。

 


合田サワ子

 今回は2人の女性の受入れでした。今までと少しステイの在り方が違い、疑問に思うことが多々ありましたが、帰国後のお礼のメールで本人は十分に楽しんで感謝している内容で少しほっとしました。

 

 


 





コメント