Activities of FF Nara

You can see various activities of FF Nara with photos.

赤目街道と四十八滝探訪

2021年12月14日 | Other activities

晩秋の赤目街道と四十八滝探訪

2021年12月2日(金)

赤目四十八滝に行ってきました。12月初旬にしては風もなく温かい絶好のハイキング日和でした。

晩秋の赤目街道と四十八滝探訪コース(14名)と赤目四十八滝探訪コース(5名)の2コースに分かれました。

 前者の私達14名は赤目口駅からハイキングを楽しみました。ぬかるみがあったり、大きな丸太が倒れているという予想外の試練に皆さん臆することなく挑みました。そして山道を抜け車道に出た時、なんと通行止めの貼り紙。一同ビツクリ!流石FFメンバー体力と気力と努力でクリアしました。(ドラクエの世界です)

 

  

  

   

昼食はストーブを囲んでホッコリ!!そして滝見物前に樋室さんのリードで輪になって背中を擦りあってのスキンシップ‼️
大に笑って、体を動かして無事帰路に着きました。(記 鈴木

 後者は少しチャレンジな散策コースでしたが五滝と呼ばれる滝を全て見ることが出来ました。

 仏教から名づけられた不動滝・千手滝 ポスターなどによく見られる布曳滝・荷担滝、最終地点の琵琶滝、どれも険しい巨大な岩山から流れ出るる美しい滝でした。

私は幼いころからポスターでしか見た事のなかった荷担滝が一番印象的でした。

 

 残念ながら紅葉のシーズンには遅くポスターの様に紅葉と共にというわけにはいきませんでしたが、素晴らしい紅葉と荷担滝を想像して・・・ マイナスイオンを一杯浴びてきました。

約1名の問題児を含んでの往復3時間半の散策でしたが、皆様のナイスフォローのお陰で全体の集合場所の渓谷入口に無事に辿り着きました。有難うございました。 (記 浦西

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

高取城址へのハイキング

2021年12月02日 | Other activities

      高取城址へのハイキング    2021年11月19日

  南和にあって、晩秋の紅葉が美しい日本三大山城のひとつといわれる高取城址へのハイキングを、11月19日に平坦な初心者コースとして、実施しました。今回は、歴史上有名な山城であり、そのガイド役を地元育ちの2名の高取町ボランティアガイドに依頼しました。

  そのガイドさんの説明によると、この城は、戦国時代以前には奈良から吉野に通じる要衝として存在意義があったが、戦国時代以降は、山城としての存在意義は薄れ、江戸時代には歴代の譜代大名が2万5千石高取藩として統治し、明治の初めに城郭の廃止令が出るまで、山城として存続したとのことでした。

 麓の高取町は、その城下町として栄え、現在も薬産業の町として繁栄しています。さらに、飛鳥京や藤原京のころには、全国各地から国づくりに人々が集められて集落を造り、それぞれの出身地のその地に付けています。例えば、現在も四国からの移民の『土佐町』が残存していて、毎年春3月には、町起こしとして町全体で大規模な雛祭りを実施しています。

   FFならクラブの面々、総勢16名(男性5名、女性11名)は、コロナ対策のマスクをして、比較的軽装で、しかし、足元は山登りに適した靴で参加しました。

 まず、山城麓の壷阪寺まで奈良交通バスに乗って移動し、そこからハイキングを開始しました。途中で、仏教の弟子たちの羅漢像を岩に刻んだ場所に立ち寄ったあと、城麓まで約1時間、緩やかな木陰の中の登り路を歩き、いよいよ、山城の石垣のみが残る城内に入りました。城内には、紅葉真っ最中のモミジの木々が太陽光線に照らされて映え、これを借景に記念撮影をしました。 

        

  このあと、天守閣のあった城郭でランチをとり、360度の眺望満喫した後、城跡を後にしました。下山途中では、大和盆地を一望に見渡せる国見櫓に立ち寄りました。 ここは、高取城の見張り場所として、格好の位置にあり、さすがに『昔の人の知恵』と感じいることができました。

  最後に、城址の麓にある壷阪寺まで降りてきて、その大仏を借景に記念撮影をしました。

  おかげさまで、今回のハイキングは、天候、紅葉、ガイドに恵まれ、怪我人、落後者もなく、楽しいものとして無事終了できました。      記  今澤 等                   

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

2021年 第2回目 秋の集いとFF例会

2021年11月09日 | Other activities

2021年 第2回目 秋の集いとFF例会

                               in大和民俗公園  

 大和民俗公園は里山の豊かな自然が残り、園内には江戸時代に建てられた藁ぶき屋根の民家が移築され、その自然に溶け込んで,秋の紅葉の季節は一段と郷愁をそそる、何とも言えない落ち着きと、懐かしさに囲まれ奈良近郊の住民に親しまれているところです。

 昨年同様、コロナ禍で大勢の人が集まることが難しくなっているので、戸外で集まりを持ってはどうかという提案があり、また同じように集まりたいとのリクエストで、今回も秋の集いとFF例会を兼ねた 集まりを企画 予定日はあいにく小雨が降り、11月3日に延期されましたが、この日はことに好天に恵まれ、気持ちのいい日になりました。準会員の4名も含めて28名の参加。

 少々遅れて10時20分ごろから例会。

 

 特にお知らせすることもないということで、簡単に口頭で2022年の受け入れや渡航予定等報告、その後の軽い体操も日頃体を動かしていないので、心地よくできたと思います。

  

 ゲームは玉入れ―点数の箱にそれぞれチームに分かれてボールを入れて競うのですが、簡単そうでなかなか思うようにいかず そこが面白く、我を忘れて奮闘 

   

 2番目にボッチャも―これもチーム戦で競うゲーム 2ゲームの総合得点で勝ったチームは賞品ゲット

 

紙テープ相撲は、どういうわけか同じように引っ張ってもテープが切れる、切れないがあり不思議でしたが、生き残った人にもささやかな賞品があり、和やかな時間を過ごしました。

     

柔らかい秋の日差しの下、お弁当タイム。

  

午後は4グループに分かれてチャットタイム。

 

いろいろ話題が出ておしゃべりも満喫し、秋の集いを終えました。チームつくり、ゲームの発案と実行,軽い体操、ゲームのお手伝い等ありがとうございました。皆さんの楽しい笑顔が一番のご褒美ですね。

追記 園内で珍しい光景を見ました。なんと体長100cmもあろうかと思う陸カメをペットとしてかっている人が、家族でゆっくり散歩しているのに出会い、何ともユニークな体験ができました。                                                                              記 池上世子

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

馬見丘陵公園 ハイキング

2021年10月20日 | Other activities

馬見丘陵公園 ハイキング      10月16日(土曜日)

  秋晴れのハイキング日和,同志社大学院留学生(中国人、Jing)を含み23名で参加しました。下見の時(9/23)は青々としていたコキア(イソボウキ)もしっかり紅葉してそよ風に揺られながら“Welcome”と囁やいている様でした。

カリヨンの丘に集合して、さあ美しい花々との対面、花の絨毯のように咲きそろっている草丈の低い羽毛咲きケイトウ、レモンライトという品種の黄色いコスモス、花の道、ススキの丘も色とりどりの花で十分に楽しみました。

 

そして.公園館前の芝生の丘に来て、思わずアッと驚いた純白のコスモス(シリナダという草丈が低い)畑での記念撮影タイムはとても印象に残っています。

ダリア園では満開の多くの種類のダリアが我こそはと色鮮やかに咲いていて圧倒されました。今年は夏季の日照りが少なく、葉などが痛まず生育したので綺麗に咲いたそうです。その後、公園館にて馬見丘陵公園内の古墳や自然について観察後、カフェに入り、お茶やジェラードを味わいながら談笑して、それぞれに解散しました。

Jingも通常はレポートや論文に追われ、忙しい日々の中、久しぶりにゆっくりできてとても楽しかったそうです。たくさんの人がお声かけ下さりありがとうございました。   合田

馬見丘陵の謂れ

この辺りは朝廷の牧場として緑の草原が続いており、真美ケ丘と呼ばれていました。放牧の馬を聖徳太子が馬上から眺め真に美しい里だと賞賛されたそうです。真美ケ丘の愛称が後に馬見の字になりました。因みに五位堂は戦国時代に五位殿という人物が語源で五位堂という地名になったそうです。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

明神山ハイキング

2021年06月13日 | Other activities

明神山ハイキング 6/11

梅雨であるのを忘れるかのようなお天気の中、18名の参加で、大パノラマの「明神山」に登りました。王寺駅からは、徒歩20分で聖徳太子と達磨大師が出会ったと言われる達磨寺に到着。雪丸像がお出迎えしてくれました。

寺から終点の登り口近くまでバスで移動し(10分)、登山の前に、畠田古墳まで足を延ばすこと往復30分。住宅地を抜けた奥に、奈良県指定史跡の直径15mの円墳がありました。横穴式石室の中に代わる代わる入りましたが、なんと壁画を発見!!「これは何???」と皆の声。

登り口に戻り、いよいよスタートです。朱色の鳥居をくぐると閑静な住宅地が続きます。「おしゃべりで住民に迷惑かからぬように!」の注意書きを発見するも、おしゃべりは続きます。

山頂に続く舗装された登山道で、幸運な事に地元の方が木からスモモを落とされている場に遭遇しました。親切にも我々のために沢山落としてくださり、皆で拾い食べてみると、予想以上に甘く渇いた喉には最高の味でした。

山頂まで400mの地点過ぎた所に、地滑り対策で有名な亀の瀬があり、素晴らしい景色が広がっていました。

登り口から1600m・40分ほどで、山頂に着いた時間が丁度正午だったので、先ずは手動で開閉できるタープつきのお洒落なテーブルについて、快適なランチタイムを過ごしました。

 

 

食後は、勿論展望デッキからの360°のパノラマ眺望です。曇り空ではありましたが、期待を裏切ることなく百舌鳥・古市古墳群や梅田のスカイビル、信貴山生駒山が見れ、無料の双眼鏡で東大寺や興福寺も見れました。273.6mの低い山ながら、晴天の日は淡路島や比叡山まで望めるようです。

悠久の鐘の前で愛を誓うお二人・・・♡

下山の途中、あじさい園に寄り道し、しばし休憩。

山頂に、水の神様がお祀りされている水神社という小さな神社があり、役行者が修行した際、経典を土中に埋納したと伝わっており、明神山の水神社は28番目の経塚とされているそうです。

偶々、大阪天美から来られた山伏にお会いしました。この経塚の話をしてくださった上、写真撮影や「ホラ貝を吹いてください」という我々の願いを快く聞き入れてくださり、とてもありがたかったです。

元の登り口のバス停まで30分ほどで下山後、王寺駅まで戻り解散となりました。皆はバスに乗り駅まで戻りました。阪井さんのご主人は自力で戻られ、ほぼ同時に駅に到着だったので、皆ビックリでした。

帰りのバスを待つ間、雪丸くんと "はい!ポーズ!"

この時期にしては好天に恵まれ、念願の大パノラマが望め幸いでした。心地よい汗をかきながらも爽やかで気持ちの良いハイキングを楽しみました。

追伸
王寺町役場から連絡がありましたのでお知らせします。
「畠田古墳の2つの壁画は、誰かが葬られた後に描かれたものだと思います。高松塚古墳のように、埋葬する際に描かれたものではなく、おそらく鎌倉時代か室町時代にお祀りか何かの時に描かれたものと思われます。」とのことでした。古墳が発見された時にはすでに描かれていたようですので、落書きではないということですね!     記 石橋信子
 
 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする