Activities of FF Nara

You can see various activities of FF Nara with photos.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第10回WFD

2016年03月24日 | World Friendship Day

10World Friendship Day    2016年3月13日(日)

近隣在住の外国の方やFFに興味のある方を招待して、FFの活動を紹介します。ゲストと一緒に調理、会食し、ゲームや歌などで交流の輪を広げる事を目指します。今回は午前中、会員41名にゲストは外国人16名、日本人1名、子供3名。午後の交流会からは準会員の大人13名に子供16名が加わりました。

 

今年のテーマは、Lets enjoy“ Snack &Sweetsです。

西部公民館 6階調理実習室(午前9時~1時)でお料理をみんなで作り、食べました。

オープンサンド

担当を決めて4種類作りました。隠し味に使ったアンチョビバターが以外にもゲストに人気があって、一缶のアンチョビをパプリカサラダにも使って、無駄がないようにしました。

     

左から順番に ミートソースホットサンド、シナモンブレッド、バゲットのタルティーヌ、paprika with anchovy sauce

 

 

きつねうどん、おにぎらず

 

ピザ

 

ぜんざい

スノーボールクッキー(イチゴ、抹茶、プレーン)  ・タピオカ

 

ゲストは色々なテーブルに加わって、お料理作りを体験し、食事を楽しみました。

 

 

交流会

午後からは 6階第1、2研修室(午前12時~17時)で準会員も加わり交流会。

仮家会長あいさつの後、ゲスト1人1人がコメント。(写真は一部のゲスト)

 

   

その後ゲーム、ダンスで盛り上がりました。

 

  

 

 メキシコ人のマリヤさんにダンスを教えて頂き、みんなで踊りました。

 

 

後日、奈良新聞にWFDの様子が掲載されました

 

----------------  レシピ  ーーーーーーーーーーー

シナモンブレッド

バターの香りとパンの表面にまとわせたカリカリのキャラメルが、あとを引くおいしさに。 

材料  (8コ分) 食パン (サンドイッチ用) 2袋

・無塩バターとオリーブ油  各大さじ1.5~2

・グラニュー糖 大さじ1.5 又はシナモンパウダー

 

 

1 食パンは横に4等分に切る。

2 フライパンを中火で熱してバターとオリーブ油半々を溶かし、食パンを並べて両面にこんがりと焼き色がつくまで焼く。

  フライパンにバターを溶かしたところに、パンを入れる。

3 グラニュー糖をふり入れ、パンを返しながらグラニュー糖がキャラメル状になるまで焼く。

  パンが焼けたら、グラニュー糖を加えてキャラメル状にする。

 


バゲットのタルティーヌ 

フランス式のオープンサンド「タルティーヌ」をピザ風にカリッと焼き上げます。

材料 バケット2本(細めのフランスパン)

1 【アンチョビバター】をつくる。バターに油をきったアンチョビを加え、フィレを細かくしながら練る。*バター30g(室温で柔らかく)*アンチョビフィレ2枚

2 バゲットは縦半分、一口大に切る。アスパラガスは、はかまを除いて下半分の皮を薄 くむく。塩少々を入れた熱湯で2分間ほどゆでて氷水にさらし、すぐ引き上げて水けをきる。2cmに切る。

3 バゲットの断面に1をぬり、玉ねぎ、アスパラガスを散らす。チーズを全体にかけ(バゲットの丸みに合わせて折り曲げたアルミはくの上にのせると、転がらず、作業がしやすい。焼くときもこのままオーブン トースターへ)、予熱したオーブントースターに入れ、チーズが溶けて焼き色がつくまで様子を見ながら焼く。*グリーンアスパラ4本、又は春玉ねぎスライス*赤ピーマンスライス*グリュエールチーズ又はピザ用チーズ*塩少々



アンチョビバターひと味違うバターを堪能しましょう。

(つくりやすい分量)

・バター (食塩不使用) 100g

バターを常温に戻す。

・アンチョビ (フィレ) 1+1/2枚

・レモン汁 小さじ1

・パセリ (みじん切り) 少々

 

1 ボウルにバターを入れ、常温に戻して柔らかくする。

2 アンチョビは細かく刻み、1に入れる。レモン汁、パセリも加えて混ぜ合わせる。

 レモン汁を入れることで、味がしまり、アンチョビの風味もまろやかになる。

3 ラップを用意し、中央に2をのせる。空気が入らないように、直径3~4cmの棒状になるように手前から巻き、両端をねじって冷蔵庫に入れる。

【保存方法】
固まったら切り分け、1つずつラップで包み、保存容器に入れる。5mm厚さに切っておけばトースト1回分の量に。【保存期間】冷蔵庫で2週間、冷凍庫で1か月間。

 


パプリカのアンチョビソース添え

・パプリカ (赤、黄) 4・にんにく2かけ・パセリ

【ソース】

・アンチョビ (フィレ/みじん切り)15g ・赤ワインビネガー 大さじ1

・にんにく (細かいみじん切り) 小さじ1/2 ・エクストラバージンオリーブ油 大さじ1+2/3

・黒こしょう 適量・たまねぎ (粗みじん切り) 1/4コ分*飾り用パセリ

・エクストラバージンオリーブ油・塩 少々

1 パプリカは縦4つに切り、ヘタとワタを除く。にんにくは縦半分に切り、芯を除いて軽くつぶす。

2 フライパンにオリーブ油大さじ3を熱し、パプリカを皮を下にして並べ、強火で皮に焼き目がつくまでしっかりと焼く。焼けたら、皮をむいて半分に切る。

3 フライパンにオリーブ油大さじ3を熱し、2とタイム、塩少々を入れ、弱火でじっくりと柔らかく火が通るまで加熱し、途中でにんにくを加える。

4【ソース】の材料をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる。

 サラダ又はバゲットを輪切りにしてソースをのせる。

 

ピザ(18センチ1枚分)

*強力粉100g *ベーキングパウダー小さじ1.5 *砂糖小さじ1 *塩6つまみぐらい(三本指でつまむ ) *水100cc

     

強力粉、BP、砂糖をあわせて水を加えてスプーンでぐるぐると100回ぐらいまぜる。

スプーンでクッキングシートに乗せ、18センチの円に伸ばす。

(スプーンを水でぬらすとくっつきにくく、伸ばしやすい。)

トマトソース、トッピングを乗せて、1013分焼く、180度で。

  

<ピザソースの作り方>

*カットトマト缶 1/2 *玉ねぎ1/2個 *にんにく1片 *オリーブオイル大さじ1 *ケチャップ大さじ1 *バジル大さじ1 *塩、こしょう少々

 フライパンにオリーブオイルを敷き、みじん切りにした玉ねぎ、にんにくをしっかり炒める。玉ねぎが色付いてきたらカットトマト、ケチャップ、バジルを入れて5分ほど煮詰める。塩コショウで味を調える。

 

おにぎらず(握らないおにぎり、ご飯のサンドイッチ)

1.サランラップを正方形に切って、その上に寿司用海苔を置きます

2.中央に子供茶碗軽く1杯ぐらいのご飯を乗せ軽く全体に塩を振ります

3.ごはんの上にお好みの具を置きます

4.再び先のご飯と同じ量のご飯を乗せて軽く塩を振ります

5.焼きのりの4つの角が真ん中に来るようサランラップと共に折り曲げ、ひっくり返して押さえ、ご飯と海苔をなじませる

6.包丁で半分に切って出来上がり(今回は4つに切りました)

具材は洋風でも和風でも好きなものを自由に使えます。切った時にきれいな配色を意識して挟むと良いです。今回は、ハム、チーズ、カイワレ、キュウリ、シーチキン、薄焼き卵、スクランブルエッグ、マヨネーズ、牛肉とショウガの佃煮(牛肉とショウガの千切りをすき焼きのたれに少し砂糖を加え煮詰めました。



スノーボール

<材料>

  バター       70g

  パウダーシュガー  30g

  卵白        10g

  小麦粉       90g

 バニラエッセンス   少々

 くるみ       40g

 

<作り方>

①    バターを滑らかになるまで混ぜパウダーシュガーを入れて砂糖がみえなくなるまでさっと混ぜ合わせる。

②    バニラエッセンスを入れ、卵白を入れて混ぜ合わせる。

③    小麦粉を入れ切る様に混ぜる。

④    くるみをローストしてきざみ混ぜる。

⑤    生地を棒状にまとめてラップに包み冷蔵庫で冷やし固める。

⑥    10gずつの切り分け丸めて、160℃~170℃で15分~20分焼く。

⑦    焼けたら熱いうちにパウダーシュガー(50g位)をまぶす。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 


コメント