笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

地道に活動を続けてー3月の予定

2015-02-28 15:39:03 | 日記
思い出すのは20年前、薬害エイズの出会いがありました。以来20年間、薬害被害者の支援活動を続けてきました。一人ひとりの薬害被害者との出会いが様々な問題の深さに気づかされ、これは他人事ではないと、薬害被害者と共に、薬害エイズを風化させず少しずつでも社会に伝えてきました。3月は19年前の薬害エイズ裁判和解の月でもあります。これからも地道に活動を続けていきます。

3月1日(日)14時~:メディアの中のセクシャルマイノリティ(北区男女参画センター)
3月2日(月)13時~:MEDU-NET公シンポジウム(東京医科歯科大学)
3月9日(月)15時30分~:北区社会福祉協議会助成事業説明会
3月10日(火)19時~:薬害エイズを考える山の手の会学習会(東京ボランティア市民活動センター)
3月11日(水)18時30分~:薬害根絶デー実行委員会(スモンセンター)
3月14日(土)13時~:お茶の水メディカルカフェ(お茶の水クリスチャンセンター)
3月19日(木)15時~:一人一票裁判判決期日(東京高等裁判所)
3月20日(金)18時30分~:RFC里親合同勉強会(新宿2丁目AKITA)
3月23日(月)18時30分~:勝海舟記念下町浅草がん哲学外来メディカルカフェ(花の辻)
3月28日(土)14時~:薬害エイズ和解19周年記念集会(ステーションコンファレンス東京)
3月29日(日)14時~:渋沢栄一記念がん哲学外来(北区NPOボランティアぷらざ)
コメント

弱さを絆にー荒井英子

2015-02-23 21:43:37 | 日記
「人は強さや大きさを絆にする時、すぐさま効率を最優先させ、排除の論理を振りかざし始めます。しかし、弱さを絆にしていく時、弱さには不思議な力があることに気づかされます。誰をも排除せず、お互いの賜物を生かして、和らぎ合う、心地よい場所を作り出せるからです」(荒井英子「弱さを絆にーハンセン病に学び、がんに生きてー」より)
良い本に出会うことの幸せでしょうか、人から荒井英子の「ハンセン病とキリスト教」を読み、著者に大変興味を持って「弱さを絆に」を読んでみると深く感じ入るものがありました。今の日本に一番忘れ去られている弱さ、人間らしく生きるために一番必要な弱さではないでしょうか。
コメント

がん患者さんと共にー渋沢栄一記念がん哲学外来

2015-02-22 19:45:12 | 日記
今日は北区王子の北とぴあ4回の北区NPOボランティアぷらざで渋沢栄一記念がん哲学外来メディカルカフェを行いました。先日のNHKのがん哲学外来の特集を見たと新しいがん患者さんが参加してくれました。がん患者さんの悩みを共有しながら自分自身の新しい生き方をそれぞれが考えながら良い分かち合いが出来ました。次回は3月29日(日)、また新しい出会いが期待できそうです。
コメント

経済は得意ー勝海舟

2015-02-21 16:51:27 | 日記
「徳川の末から、経済のことについては、死ぬるほど苦しい目に遭つたので、ずいぶん経験を積んで、今ではこればかりはおれの得意だ。しかしおれの経済は大変長くかかるよ」(勝海舟「氷川清話」より)
目先の数字では動かないということでしょうか。庶民の中に入って生活実感を肌で感じて行動する勝海舟ならではの言葉です。
コメント

今週木曜日は山の手の会

2015-02-17 20:33:08 | 日記
薬害エイズを考える山の手の会の3月10日の学習会に向けて準備を進めているところです。今週木曜日は山の手の会の例会です。学習会の最終確認をします。いつも準備段階からメンバーとざっくばらんな話し合いを持っています。準備の段階でも様々なことに気づかされます。日々の活動一つ一つが積み重なって大きな活動に結びついていきます。

次回の山の手の会の例会は
日時:2月19日(木)19時~21時
場所:北区NPOボランティアぷらざ・交流コーナー
   (北区王子1-11-1北とぴあ4階)
コメント