笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

不平不満は進歩のもとー勝海舟

2012-02-29 20:21:43 | 日記

「世の中に不足というものや、不平というものが始終絶えぬのは、一概にわるくもないよ。定見深睡という諺がある。これは西洋の翻訳語だが、人間は、とにかく今日の是は、明日の非、明日の非は明後日の是というふうに、一時も休まず進歩すべきものだ。いやしくもこれでたくさんという考えでも起こったら、それはいわゆる深睡で、進歩ということは、たちまちとどまると戒めたのだ。

 実にこのとおりで、世の中は平穏無事ばかりではいけない、少しは不平とか、不足とか騒ぐもののある方がよいよ。これも世間進歩の一助だ。」(勝海舟「氷川清話」より)

コメント

仕事で栃木の宇都宮まで行ってきました

2012-02-28 20:43:52 | 日記

今日は保険の仕事で栃木県の宇都宮まで行ってきました。宇都宮の駅からバスで20分くらいのところまでいってきましたが、たまには都会を離れて美味しい空気を吸うのもいいものです。どうも都会の空気は慌しくていけません。のどかな環境の中で充実した仕事が出来ました。都会もこうあってほしいものです。

コメント

投資は投志!?

2012-02-27 20:36:55 | 日記

最近、投資顧問会社の年金消失問題が新聞紙上をにぎわせています。中小企業の年金基金を高いリターンを求めハイリスクの投資をして運用に失敗して基金が消失してしまった問題です。金融商品の種類によっても違いますが、金融機関は預かったお金は多かれ少なかれ様々なところに投資して運用しています。もちろん、銀行や保険会社は安全性を重視して運用先にも規制がかかっていますので、いきなりハイリスクの投資は出来ないことになっています。お金を預けれいる銀行の預金者や保険に加入して保険料を払っている保険契約者は普段あまり投資先まで気にしていないと思いますが、自分のお金を預けたり、保険料を支払っている銀行や保険会社がどんなところに投資しているのかチェックするのは大切なことだと思っています。銀行や保険会社は様々な企業に投資しています。たとえば薬害を起こしている製薬企業にも。それをチェックするのは一見難しいように思えますが、実はそんなに難しいことではありません。本屋さんに売っている会社四季報から個別の製薬企業の株主を見れば一目瞭然です。株主の上位には銀行や保険会社ばかりです。私たちは銀行にお金を預けたり保険会社から保険に加入したりしていますので、何らかの形で製薬企業と関係を持ち、その製薬企業が薬害を起こしていれば、何らかの形で薬害にも関わっているのです。もし預金者が保険の契約者が銀行や保険会社に「薬害を起こしている製薬企業に投資しないでください」と言ったらどうでしょう。私はこのことが、お金に志を持つ投志という行動だと思っています。一人の小さな声など言ったところで・・・いや一人一人の小さな声が集まって、一人一人の少ないお金が集まって、社会を動かす大きな声、大きなお金になるのではないでしょうか。

コメント

運は皆、平等にやってくるー勝海舟

2012-02-26 17:15:31 | 日記

運が悪いとか運が良いとかいうけれど、運をつかまえるのは自分次第で、誰にでも平等にやってくるーと勝海舟は言っています。私もその通りだと感じています。では私は運が良いと言っているのではなく、こんな不器用な私でも運が良いときもあれば運が悪いときもあるということで、そのときに運を引き寄せられたか見逃したかの差だということです。結果は大きく違ってくるかもしてませんが、結果は全部自分の行動です。

「機運というものは、実に恐るべきものだ。西郷でも、木戸でも、大久保でも、個人としては、別に驚くほどの人物でもなかったけれど、彼らは、王政維新という機運に乗じてきたから、おれもとうとう閉口したのよ。しかし機運の潮勢が、しだいに静まるにつれて、人物の価値も通常に復し、非常にえらくみえた人も、案外小さくなるものさ。」(勝海舟「氷川清話」より)

コメント

北区のNPO・ボランティア活動推進フォーラムに参加して

2012-02-25 19:57:47 | 日記

本日は北区王子の北とぴあ13階飛鳥ホールで行われたNPO・ボランティア活動推進フォーラムに薬害エイズを考える山の手の会としてはじめて参加しました。フォーラム自体は北区を中心に活動する30のNPOやボランティア団体が集まってそれぞれの団体がブース出展して団体相互の交流をはかるものです。山の手の会は初めての参加で薬害に関する資料やエイズに関する資料を置いてPRしましたが、薬害ということが少し難しかったかもしれません。薬害訴訟の支援や薬害根絶デーの活動などで支援者に訴えているのとは違い、薬のことや病気のことを一般の人にわかりやすい言葉で相手が関心を示すようにPRしていかないと伝わらないということが肌で感じました。まずは初めてなので活動している人と人との交流から逆に相手からどのように伝えていけば伝わるのか交流しながら聞いていくのがよいのかもしれません。薬害問題に関心のある人へと思うと、伝える言葉もどんどん難しくなってきますが、違う分野で活動している団体の社会問題の伝え方も参考にしながらわかりやすい言葉で伝えていくことが大切です。いろいろと勉強になった一日でした。

コメント