笑顔の江川

薬害エイズを考える山の手の会のご案内
病気でお悩みの方の保険相談
尊敬する勝海舟や田中正造のコメント

健康維持は精神と医療ー渋沢栄一

2020-06-01 19:33:13 | 日記
「健康維持策として平素は精神の補助が必要であるとともに、病時医療の必要なることも忘れてはならぬことである」(渋沢栄一「渋沢百訓」より)
コロナウィルスによる医療崩壊も囁かれる中、一人ひとりの心構えと共に医療体制の確立も考えていかなければなりません。
コメント

感染症と差別・偏見ー薬害エイズを考える山の手の会

2020-05-31 19:33:56 | 日記
コロナウィルスによる医療者への差別偏見があると聞きます。感染症については今までにもHIVエイズウイルスでもいろいろな形で差別偏見がありました。今も存在しています。ウイルスとの共存と言いながらも人は差別や偏見をします。人の心の中に潜む差別・偏見は他人事のように社会の中で存在しています。薬害エイズを考える山の手の会でも当事者を交えながら感染症と差別・偏見をテーマに学習会企画をしているところです。
コメント

悪行三昧を書き残した勝小吉

2020-05-30 20:07:44 | 日記
最近では政治の世界でも都合の悪いことは文書で残すことをしないような風潮があるようですが、昔、悪行三昧を書き残して自分の真似をするなと書物までにした御仁がおりました。書いたのは勝海舟の親爺で勝小吉、文書は「夢酔独言」、これを読んだ息子の勝海舟は笑いながらも親爺の教訓を大切に日本の危機を救いました。間違いや失敗を書き残すからこそ改善点が見つかり善行出来るというものー今の日本は自分にとって都合の良いことばかり目立つように見せて都合の悪いことは消し去ってしまうー当たり前のように見えますが実は長い歴史を見れば、これこそ崩壊の前兆です。
コメント

新しい生活様式は歴史と哲学から

2020-05-28 21:27:03 | 日記
コロナウィルスによる緊急事態宣言解除から新しい生活様式が求められているとニュースで盛んに言われています。新しい生活様式とはどんなものなのでしょうか。テレワークや時差出勤にソーシャルでスタンス等いろいろ言われていますが、人間本来の生き方は問われているでしょうか。感染症の歴史を振り返れば、幕末においても開国により海外との交流からコレラが発生して感染症対策もさることながら医学研究にとどまらず人間の生き方そのものを問う哲学的なものまで各藩の藩校などで考えておりました。今の時代、技術や形式ばかりにとらわれすぎで歴史や哲学を学ぶ余裕さえ無くなっているようです。
コメント (1)

「涙は人のためだけに流しなさい」井深八重

2020-05-26 20:17:07 | 日記
「涙は人のためだけに流しなさい」井深八重が御殿場の神山福生病院の後輩看護師に諭した言葉だそうです。井深八重は若い頃ハンセン病と誤診されハンセン病の神山福生病院に入院させられました。大正時代の当時はハンセン病は伝染する不治の病とされ家族まで差別が及びました。絶望の中に入院した井深八重が神山福生病院の院長でレゼー神父から、どうもハンセン病ではないから東京で精密検査を受けるように言われ検査をするとハンセン病で無いことが分かりました。院長であるレゼー神父から新しい生活を考えるように言われた井深八重でしたが、レゼー神父のハンセン病患者に献身的な働きの姿を見て、自分は神山福生病院で働きたいと、いったん東京で看護師の勉強をして看護師として神山福生病院に働くことになりました。自らの苦悩の体験を活かしハンセン病患者のために一生を捧げました。人のために尽くす井深八重ー社会問題を他人事のように生きる現代の風潮に井深八重の生き方に学ぶべきではないでしょうか。
コメント