江戸前ネギ巻き寿司

オタク一匹の日常を綴る。
※各種作品のネタバレを含みます。
※最近は多肉植物・サボテンの観察日記的な要素も。

今日のつぶやき-カルネ村のゴブリンロード。

2018年09月20日 23時11分23秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●カルネ村のゴブリンロード。
 『オーバーロードⅢ』の11話は、カルネ村に向かった第一王子の軍勢が、予想以上に酷い目にあっていて笑った。そりゃあ、エンリ達に手を出せばアインズ様が黙っていないけれど、まさかナザリック勢がほぼ関与しない形で撃退されるとは予想外だわ。
 実際の所、エンリが五千ものゴブリン軍団を召喚してしまうとか、アインズ様でも予測不能な事態だもんなぁ。あのゴブリンを召喚するアイテムの真の効力らしいけれど、エンリはたまたまそれを発動させる為の条件を揃えてしまったようで……。たぶん、ゴブリンとの友好度が高いとかいう条件だったのだろうね。
 ともかく、結果としてカルネ村は国の一つや二つを滅ぼせそうな戦力を得てしまった訳だけど、そこに君臨するエンリはある意味魔王だなぁ……。

●刀使ノ巫女と繋がった。
 『BORUTO-ボルト-』の1時間スペシャルはタギツヒメとか最近別のアニメで聞いた名前が出てきたなぁ。
 あと、壁の穴に石をはめるパズルは、チャクラにさえ余裕があるのなら、分身してやれば効率が良かったのでは……。それと、最後の1個が見つからない事の答えは、自分でサイズと形が合う石を作るという物だったけれど、そんな都合良く石を割れるものなんか? それよりは変化の術で石に化ければ良かったんじゃね? まあ、ボルトにそこまでの技術があるのかは分からんが。

●置き去りの気持ち。
 『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』の最新話は、きーちゃんが浄化されたというか、もこっちと同様にちょっと大人になって落ち着いてしまったという印象。ただ、もこっちと一緒の大学には行くつもりらしいので、百合的な意味では深化しているのかもしれない。なんにしても、漫画のキャラでさえ成長しているのに俺ときたら……という切ない気持ちになった(笑)。
 あと、吉田さんは相変わらずラッキースケベ体質だなぁ。しかも犬にとか。あの犬はもこっちに似ていたけれど、飼い主はうつちーか加藤さんなのだろうか。加藤さんだとしたら、彼女がもこっちを可愛がる理由も納得なのだが(笑)。愛犬に似ていたらそりゃねぇ……。

●昨日の今日で。
 昨日「黄金司」から新たな子株が出てきたと書いたが、今日になってもう1ヵ所から生えてきている事に気付いた。まだ小さいから昨日は気付けなかったのだろうけど、実際に殆ど生えてなかった可能性も否定は出来ないな……。植物は急激に生長する事があるから……。
 あと、「胡蝶蘭」は花芽をカットして以来、新たに葉や根が旺盛に生えてきているのだけど、更に花芽らしき物も生えてきたなぁ……。もうすぐ冬だけどちゃんと育つのかしら……?

●最近の戦利品。
 『ライト姉妹 ヒキコモリの妹を小卒で小説家にする姉と無職の姉に小卒で小説家にされるヒキコモリの妹』第2巻(谷川ニコ)。
 最終巻。残念だけど、こちらで使えなかったと思われるネタが『わたモテ』の方に活用されているっぽいので、そう言う意味ではまだ終わっていない。
 それにしても、やっぱりこの作者はキャラが本格的に動き出すまでにちょっと時間がかかる傾向があるようですな。この巻から登場した奏愛のクラスメイトの結香は、終盤では奏愛の文字通りの信者と化していたし、環季のセクハラ親父化もやはり終盤だし、本領発揮が遅いのは勿体ない。
 でも、奏愛も一応ラノベ作家としてデビューできて良かった。が、デビュー後のエピソードももっと読みたかったなぁ……。その辺はもしかしたらもこっちがやってくれる可能性もあるが、最低でも大学編まで続かないとな……。



 じゃ、今日はここまで。
コメント

今日のつぶやき-月面の決戦。

2018年09月19日 23時11分07秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●月面の決戦。
 『プラネット・ウィズ』の11話は、いきなり5年が経過。そして、かつて敵対していた者同士が協力し、総力をあげて竜との戦いに備えている……という展開になっていますが、作者は本当に『グレンラガン』が好きなんだなぁ……と感じさせる(笑)。
 なんにしても、竜の寝込みを襲わずに復活まで待ったというのはちょっと意外ですが、実際には万全な攻撃態勢を整える為にはまだまだ時間が足りなかったという事なのでしょうねぇ。それだけ強大な敵という事か。まあ、8000メートルもあるというしな。エベレスト級のサイズだと考えると、たしかにそれだけで凄い。
 それにしても、美羽と晴海は随分とキャラが変わったなぁ。後輩になった宗矢君は性的に襲われていそうだ(笑)。

●実質LOST SONG。
 『ISLAND』の最終話は、世界が同じような歴史を繰り返しているし、メインヒロインが田村ゆかりだしで、実質的に『LOST SONG』だった。よくこんな似たような内容のアニメが短い間に連続したものだ。しかも放送局がBSフジで同じだったし、最早狙ってやっているのかと思うレベル(笑)。
 でも、凛音ママの方が本物の凛音だというのはさすがに予想外だわ。そして、主人公と結婚するというのも。娘の立場は……。これがエロゲーなら親子丼エンドも有り得るんだけどなぁ(を)。

●未来では規制対象。
 『深夜!天才バカボン』の10話は、前回のリアル路線の続きかと思いきや、「元に戻るのを忘れていた」とOPから仕切り直しで、実にやりたい放題だなぁ。でも、大人ハジメの家庭裁判所の件が気になるぞ……。まあ、離婚調停っぽいけれど、親兄弟があれでは嫁から愛想を尽かされるのも分かる。
 あと、本編ではハジメちゃんが作ったタイムマシンで30年後の未来の世界へ行っていたけど、背景の作画が全力で笑った。誰が課金したんだ(笑)。あと、パパと本官さんの存在が抹消されていたけれど、規制でも入ったのかな……。まあ、本官はそうなってもしゃーない(笑)。

●熱伝導率。
 サボテンの「黄金司」、以前は陶器の鉢を使っていた所為か、日光を浴びても鉢自体がなかなか温まらず、根の生育の足を引っ張っていた感じ。結果、株全体の成長もかなり遅かった印象。
 でも、最近プラスチックの鉢に植え替えたのだけど、それが良かったのか株全体で見れば劇的な成長こそないものの、新しい子株が生えてきました。本来は子株を出しやすい品種だと聞くのだけど、購入から1年半かけてようやく2つ目か。まあ、途中でハダニや日焼けの被害を受けたり、その対策で胴切りしたりもしたから、その影響も大きいのだろうけどさぁ……。

●最近の戦利品。
 『天野めぐみはスキだらけ!』第12巻(ねこぐち)。
 前巻でめぐみに彼氏が出来たと勘違いして動揺した学。それが勘違いと判明した後は、態度を大きく変える訳でもなく、元鞘にに戻った感じ。そろそろ自分の気持ちを自覚してもいい頃なんだけど、まだその辺はハッキリしていないようですねぇ。そんな訳で内容については以前と同じノリのまま。
 それにしても、めぐみの後輩の娘は百合なのかと思いきや、彼氏がいるだと……!? ガッカリだよ!(笑)



 じゃ、今日ここまで。
コメント

今日のつぶやき-早すぎた別れ。

2018年09月18日 23時18分34秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●早すぎた別れ。
 『邪神ちゃんドロップキック』の11話は最終話だと……!? 来週も何かやるらしいけれど、それでも早すぎるよ……。
 それにしても、風邪に倒れたゆりねを看病する邪神ちゃんはマジで優しいな。普段からあれなら、いいお母さんになれそうなのだが……(歌は余計だがw)。しかし、木に登る時の動きがガチでキモくて笑った。更に風船で浮くし、どんだけ体重が軽いんだよ!?(笑)
 あと、母娘役の声がまた17歳とそれを追い越してしまった娘のコンビでしたねぇ。親子共演は何度目だ?(笑)

●けものフレグランス。
 『ちおちゃんの通学路』の11話は、早朝でのちおちゃんの奇行に対して、母親の「今日学校休んで病院行く?」とガチで心配されるのはキッツイなぁ……(笑)。しかも、病院って頭の方だよな……。心配の仕方としては相当だぞこれ……。でもゲーム脳な所は、割とマジでカウンセリングを受けた方がいいレベルかもしれん。ゲームからヒントを得て、紙袋を頭から被った状態で外で眠るとか、色んな意味でやべーよ……。
 そして後半のサブタイトルが「あぽくり!」って、原作からしてそうなのん? それとも『あそびあそばせ』を観て急遽改題したのか? いずれにしても、なんで同じクールでアポクリン汗腺ネタが被るんだよ!?(笑) 鼻が取れる取れないのネタまで似ていて、どんな偶然なんだ、これ……。それにしても、真奈菜は脳内だけとは言え、「ジビエ」とか酷いあだ名をつけなさる……。
 そういえば、今回は特徴的な作画(しかもいつもよりエロい絵)だと思ったが、一人脚本・絵コンテ・演出・作監・原画・第二原画回だったか。つか、全部同じ人なら第一原画と第二原画を分ける意味ってなんなのだろう……? まあ、自分で描いた原画を自分で作監するというのも謎だが(笑)。

●こっちが元凶では?
 『ガンダムビルドダイバーズ』の24話はリク達が勝利したけど、なんか最後がチートっぽかったので、純粋な勝利という印象にはならんな。まあ、サラが生き延びる意志を見せた結果だと思うので、彼女からそれを引き出したという意味では勝ちなのかもしれないが。
 で、サラを救う最後の段階になって立ちはだかるラスボス。一瞬シバが何かをやらかしたのかと思ったが、バグの産物なのか? もしかして、サラと対極の存在として生まれた元凶だったりして。サラが人々のガンプラに対する愛情とかから生まれたのだとしたら、シバが持っていたような負の感情から生み出された存在がいても不思議ではないはず。

●不規則な棘。
 サボテンの「般若」さん、基本的には1ヵ所から1本しか棘が生えてこないのだけど、去年の春頃に2本生えてくる時期があった。まあ、それもすぐに1本に戻って現在に至っているのだが、先日になってまた2本生えてきた。一体どういう条件で本数が変わるんだ、これ?
 当初は成長の度合いによって棘の本数が増えるのかと思っていたのだが、元の1本に戻った事からそうともいい切れないんだよなぁ……。温度とかも関係しているのかしら? 棘が多い方が高温に耐えられるらしいし、最近高温が続いていたからそれに適応する為……というのも考えられなくはないが……。

●最近の戦利品。
 『キング・オブ・アイドル』第5巻(若木民喜)。
 また表紙が巨乳強調で、販促に余念が無いな……と、思っていたら、連載終了の噂を聞いた。ああ、やっぱり売り上げが振るわなかったのか……。前回の表紙から露骨に売り上げを意識しているとは感じていたからねぇ。
 でも、ぶっちゃけ沢山いるアイドルよりも、個人的にはママ先生が1番好きな時点で、察せられる部分もある。アイドルキャラの大半が現状ではキャラが薄くて活かせてないというか。なんにしても、最後には先生を幸せにしてあげて欲しい……。



 じゃ、今日はここまで。
コメント (2)

今日のつぶやき-もう1つの戦い。

2018年09月17日 22時57分38秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●もう1つの戦い。
 『はねバド!』11話は、震災の影響を受けたと聞いた時には放送再開までにはもっと時間がかかると思っていたんだけれど、なんとか一週休んだだけで済んだか。
 で、ついに綾乃となぎさの試合が始まり、アニメではこれが事実上のラスボス戦といったところでしょうか。勿論、ラスボスの方が綾乃(笑)。
 でも、個人的にはこの試合よりも綾乃ママに突撃したエレナの動向の方が気になる。果たしてあのママに対してお説教モード発動なのか、それとも軽くあしらわれるのか……。

●顔面おろし。
 『進撃の巨人 3期』9話だけど、超超大型巨人戦は面白かったけれど、1話だけで終わりなのがなんだか勿体ない。砲撃シーンが怪獣映画っぽくて良かったし、もっと観たかった。
 つか、顔面が削れたり、内臓ダバァのグロシーンはNHKでもセーフなんだな。原作よりヤバさが強化されとる……。まあ、BSの方なら結構ドギツイ描写のある映画とかも放送しているけれど。

●膝蹴りループ。
 『あそびあそばせ』の11話は、オカ研の2人がなんか可愛い。でも、クッキーにガチ魔術か危険ドラッグよく分からない物を混入させるのはやめろぉ!(笑) 先生がゾンビみたいになっているやんけ……。つか、アグリッパの婆ちゃんの声はナレーションの人か。最初は同一人物だとは分からなかった。
 あと、副会長が出てきたけれど、「副会長ってあの生徒会選挙の応援演説で全校生徒を脅していた人?」って思っていたから、別人が出てきて驚いた。でも、化粧を落としたらやっぱり本人か。そして、男子校の生徒会長を蹴りで気絶させてループに突入するのには笑った。あんなダメージを何回も喰らっていたら、何回目かのループで本当に死ぬだろ!(笑)。

●シェフレラという真名がなかなか覚えられない。
 そんな「カポック」ですが、先日出先で我が家にある物の2.5倍くらいあるサイズ(50cmくらい?)の株が5000円くらいで売っていました。うちのは100円で買ってきたのに、サイズの差でこれだけの価格差が生じるものなのか……。
 まあ、うちのがあのサイズに成長するまでには、最低でもあと1年くらいかかりそうなので、その期間にかかる生産コストを考えれば妥当な値段ではあるのでしょうけどね。ただ、成長が遅いサボテンとかならまだしも、比較的成長がはやい観葉植物でもあんな高額になるものなのかと、ちょっと意外だった。いや、1mくらいのサイズがあれば分からんでもないが。
 なんにしても、インテリアとして最初から大きいのが欲しいのならばともかく、趣味でなら小さい頃から育てて大きくした方が安上がりで楽しみも多いような気がする。

●最近の戦利品。
 『ノラガミ』第19巻(あだちとか)。
 作者の病気によって連載が1年も止まっていたので、もう続きが出ないのでは……と諦めかけていた頃に再開が決まって良かった。危うく既刊を全部売る所だったわ。
 で、前巻ではかなり気になるところで終わっていたけれど、占いの儀式で斬首された者も復活出来て良かった……。こればかりはご都合主義手も構わん。
 しかし、まだまだ不穏なフラグは残っているのがなぁ……。次巻ではどうなる事やら。



 じゃ、今日はここまで。
コメント

今日のつぶやき-アポクリン感染。

2018年09月16日 23時17分26秒 | 今日のつぶやき
 ども、江戸です。今日もつぶやいてみましょうか。


●アポクリン感染。
 『はたらく細胞』の11話は、こちらでもアポクリン汗腺が出てきて笑った。今期アニメは腋ネタが多いなぁ。
 あと、熱中症によって白血球が弱体化していたけれど、体温が上がる免疫力が高くなるという、何処かで聞いた話は違うのか? まあ、どんな事でも急激な変化には対応できないのかもしれないが。
 ところで、「セレウス菌」なんてのが出てきたけれど、今日は丁度「セレウスベルヴィアヌス」というサボテンを植え替えたという偶然。

●けものブラック企業。
 『HUGっと!プリキュア』の32話は、なんとなく作画が少女漫画っぽかった。今までほまれの上唇ってこんなに目立っていたっけ? あと、ほまれはハリーに対して完全に恋愛感情を持っているようだけど、相手がハムスターだという事を思い出して冷静になれ!(笑)
 つか、クライアス社の社員も大半は動物みたいだけど、SD化しているので元が何の動物なのかがいまいち分かり難いな。尻尾さえ見なければ、姿やサイズ感は完全にハリーと同じハムスターなのだが……。でも、尻尾を見るとやっぱりリスやハクビシンなのだろうなぁ。

●クヒオ大佐。
 『ゲゲゲの鬼太郎』の24話は、ネズミ男が結婚詐欺に引っ掛かる話だったけれど、最近はあまりワイドショーとかでは聞かない話題よね。昔はよく特集とかが組まれていたような気がするけれど、近年では少なくなっているのか、それとも話題としてはさほど珍しくないから取り上げられないのか……。
 ところで今回は海坊主が出てきたけれど、『ゲゲゲの鬼太郎』シリーズで海坊主が出てきた記憶って無いな……。海座頭ならよく見るが……。もしかしてアニメだと初登場なのか?

●レイアウトが難しい。
 先述した通り、今日は「セレウスベルヴィアヌス」を植え替えました。3本を1つの鉢に植えていたのだけど、そのままだと狭いだろうという判断で、1本は個別に植えました。しかし、残りの2本だけだと無駄にスペースが空いてバランスが悪い仕上がりになってしまったので、いっそ全部個別に植えれば良かったかも……。仕方がないので、無数にある子株の1つを取って空きスペースに挿して置いたけれど、割と小さい株なのでちゃんと根が出るのかしら……?
 あと、先日抜き上げた「鸞鳳玉」を植え付けた。浅めに植えてしまったので、ちょっとグラグラしているなぁ。まあ、根が張れば安定するだろう。あるいは勝手に土へ潜っていくかもしれん。意外と自ら土に潜る植物は存在するらしい。うちの品種不明の「エケベリア」も、わざわざ茎が露出するように植えたのに、今は完全に茎が土の中へ埋没しているし……。
 それと、「鸞鳳玉」が植わっていた鉢が丁度良いサイズだったので、「サブコリンボサ」の1つをカットして挿しておいた。丁度気根も出ていたからすぐに水やりしても問題無さそうだ。ただ、この鉢は底に穴が空いてないので、水のやり過ぎには注意だわ……。

●最近の戦利品。
 『星と旅する』第3巻(石沢庸介)。
 最終巻。前の忍者物よりは良かったと思うのだけど、やっぱり序盤のweb漫画に慣れていない感じがちょっと足を引っ張ったような気がしないでもない。デジタルだと拡大すれば見える線も、印刷だと見えにくかったりな……。途中からはある程度改善したとは思うけどね。
 それにしても、ローリエさんはいいキャラというか、エロいキャラに育ったなぁ。当初のメイド服姿よりもなんだかフェチ度が上がっている……。つか、最後のはほぼ下着やん(笑)



 じゃ、今日はここまで。
コメント