一口馬主の収穫日記

がんばれ!愛馬達

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ディアデルレイ、今週デビュー予定

2013-09-23 14:02:37 | 2011年産
ディアデルレイ

7/23 NF空港

角馬場でのフラットワークと日によっては屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを1~2本行っています。「少しずつ坂路での調教ペースを速めていますが、体調は変わりなく推移していますね。トモ脚の状態もこの馬なりに安定していますので、今後もこの調子で運動負荷を重ねていけそうですね。馬体重は506キロです」(空港担当者)





 
NF空港

7/31 NF天栄

31日にNF天栄へ向けて移動しました。「この中間も坂路でハロン15~16秒でしっかりと乗る日と軽めの調整にとどめる日と緩急をつけて進めて来ましたが、飛節をはじめ状態は変わらずでしたね。トレセンへの移動にはもうしばらく乗ってからになるでしょうが、その前段階として本日天栄へ向けて送り出しています。この暑い時期ですから体調などしっかり見ながらにはなるでしょうが、本州でも順調に進めて行ってほしいですね」(空港担当者)

8/6 NF天栄

坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末に北海道からこちらへ移動してきました。再入厩に備え、本州の気候に慣らすために少しの間こちらへいる予定ですが、今のところ体調等の問題もなく来ることができています。体の緩さなど未完成な部分が目立つ現状ではありますが、見た目より乗ってみたときの感触はさすが血統馬と思わせるものがありますよ。ただ、まだこれからなのは確かなので大切に育てていければ理想的ですね」(天栄担当者)

8/13 NF天栄

周回コースでハロン15~16秒のキャンター調整を行っています。「入厩に備えて調整を行っていますが、体調面の変動もそこまでなく順調に調整できているように感じますよ。先週は坂路に入ることも行っていましたが、今朝の調教はコースをメインにした調教にしました。周回コースにて4ハロンの距離で15-15に近いペースでのキャンター調教を行いましたよ。まだしっかりとさせたいと思う部分はありますが、所々にいい部分も見受けられますからいい形でバトンタッチしていけるようにしてあげたいですね」(天栄担当者)

8/20 NF天栄

周回コースでハロン15~16秒のキャンター調整を行っています。「北海道からこちらに来て少し経ちましたが体調等も変わりはなく順調に調整できていますよ。日によって坂路に入ったり周回コースに入ったり、トレッドミルにしたりと様々ですが、今のところ安定して調教を行えていますので順調と言えるのではないでしょうか。そろそろ移動を考えていければと思う馬ですし、調教師とも相談していくつもりです」(天栄担当者)

8/27 NF天栄

周回コースでハロン15~16秒のキャンター調整を行っています。「日によって異なったメニューを組むこともありますが、基本は馬場でじっくり乗ることを行ってきました。飛節などに疲れが出ていた馬ですが今のところは大きな問題はなさそうです。ただ、まだ脚元含めてしっかりしきれていないようなところもあり、先々良くなってくる印象はありますね。現時点ではそれなりに調教を積んでくることができ、ひと通りの態勢は整えられたと思いますので、このまま送り出せればと思っています」(天栄担当者)


2013/8/27 NF天栄

8/28 牧厩舎

28日に美浦トレセンへ帰厩しました。「ゲート合格後は北海道で調整を行ってもらっていましたが、その間定期的に牧場へ行かせてもらって馬の状態をチェックしていました。順調に調教も積まれてきていてそれにつれて体も最初の頃より締まっていい状態になってきているように感じていました。秋前半くらいのデビューを考えていけそうということでしたので、天栄で数週間体調を整える調整をしてもらったうえで本日美浦へ迎え入れたところです。ただ、まだしっかりしきれていない面もあるでしょうから、馬に合わせて柔軟に対応していければと思っています。よろしくお願いいたします」(牧師)

9/5 牧厩舎

4日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒9-54秒7-39秒9-12秒9)。5日は軽めの調整を行いました。「先週再入厩させていただきましたが、輸送に堪えることもなく元気にしていますよ。天栄で体調を整えるように調整してもらったので馬もその分楽なのでしょう。前回はトモに疲れが出るなど、体が未完成で競馬までいけませんでしたが、今回うまく対応してくれればもちろん競馬まで行きたいと思っています。そうは言っても現時点でも完成はされていなくてまだしっかりしきれていない面はあります。特に左トモと右前脚はムクミやすいところがあるので、気を付けながら接していきたいですね。追い切りは今週水曜日から開始しました。最初ということもありますがウッドチップで55-40を少し切ってくるくらいの時計で馬に合わせて動かしました。まだ本格的な攻めをしているわけではないのでこれからですが、やっていけばいくだけ動いてきそうだと助手も言っていましたよ。これからピッチを上げていってどれだけ動けるようになってくるかですね」(牧師)

9/11 牧厩舎

11日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒1-54秒1-40秒0-13秒5)。「先週から徐々に動かし出していますがその後も変わりなかったので今朝また改めて動かしましたよ。朝一番の組で馬場に入りウッドチップコースで前を見ながら終いを伸ばすような調教を課しました。まだ動きや息遣いなどを見ていると重たさを感じさせる状況ではありますが、じわじわと良さが出てきそうな感じがしますね。現時点ではまだという感じかもしれませんが、その良さをうまく引き出していければと思っています。最短の目標を中山の最終週に置きましたので、ジョッキーにまたがってもらうことも含めて今後の調整を進めていきます」(牧師)29日の中山競馬(2歳新馬・芝1800m)に出走を予定しています。

9/19 牧厩舎

18日は軽めの調整を行いました。19日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒9-52秒5-38秒9-13秒9)。「来週の競馬に目標を設定しましたし、今週は1週前追い切りになるということでまずジョッキーを決めて、そして追い切りに跨ってもらうことにしたんです。そして、そのジョッキーは戸崎騎手にお願いすることにしました。身のこなしなどを見ていてもまだ重たさがあるかなという印象があったので、今朝はある程度しっかり動かしてもらうことにしたんです。コースに入って前を見ながら進め、外から終いにかけてしっかり動かしてもらったところ全体で67秒を切るくらいの時計で動けていましたし、まずまずですね。まだ重たさはありますが、このひと追いでまた変わってくるでしょうし、少しでもいい状態でレースへ向かえるようにしたいですね」(牧師)「乗せていただけることになり、今週の追い切りにも跨らせていただきました。前を追いかけて終いに仕掛けて並びかけるようなものだったのですが、いくらかモタモタして重たさは感じさせました。そのあたりはパンとし切れていない部分があるからなのでしょうが、いいものはありそうですよ。先々よくなってきそうなタイプに思いますが、このひと追いでまた変わってきてくれるはずです」(戸崎騎手)29日の中山競馬(2歳新馬・芝1800m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

-WORK-OUT TIME-
13/9/4(水) 助手 美南W・稍重 70.9 - 54.7 - 39.9 - 12.9
エンチャンター(二未勝)馬なりの内0.4追走4F併同入 強めに追う(6)
13/9/11(水) 助手 美南W・稍重 69.1 - 54.1 - 40.0 - 13.5
ヤンキーソヴリン(古500万)馬なりの内0.4秒追走同入 馬なり余力(5)
13/9/19(木) 戸崎 美南W・良 66.9 - 52.5 - 38.9 - 13.9
ファーストエバー(古500万)馬なりの外0.4秒追走0.2秒先着 G前仕掛け(5)

-RACE ENTRY-
13/9/29 中山 2歳新馬 芝1800M 5R 戸崎54KG 予定

*****************

2歳世代の期待馬ディアデルレイのデビュー予定がでました。
まだ時計は出ていないので大きな期待はできませんが、順調にきてくれて何よりです。
全姉が先週2勝目を上げましたが、無事にいけばある程度は走れる血統だと思っていますので、まずはこのまま順調にデビューまで行ってくれることを願います。
コメント

ハルシュタット、7ヶ月ぶり帰厩

2013-09-23 14:01:57 | 2009年産
ハルシュタット

3/12 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「この中間も胃の治療を行いながら、トレッドミル、ウォーキングマシンなどで軽く体を動かしています。胃の状態は徐々に良化してきていますが、まだ万全ではありませんし、まずは体調をしっかりと戻すことが先決ですね」(NFしがらき担当者)

3/19 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「先週に引き続き、トレッドミルとウォーキングマシンを中心に軽く体を動かしつつ、胃の治療を行っています。楽をさせていますし、気候も暖かくなってきて徐々に体調は上向いていますから、この後も状態を確認しながら調教メニューを考えていきます」(NFしがらき担当者)

3/27 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「この中間はトレッドミルを中心とした調教を行っています。一時期よりも活気は出てきたように思いますが、まだ胃の状態自体が完全に良くなったわけではないので、このあたりは慎重に進めていきます。完全に楽をさせるのではなく、軽く動かしながら良化を促していきます。馬体重は469キロです」(NFしがらき担当者)

4/2 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「先週に引き続きトレッドミルでの調整を行っています。馬体は徐々にふっくらしてきていますが、胃の状態はもう少しケアが必要ですね。目などを見ていても表情にゆとりが出てきているように思いますし、良化傾向なのは間違いありません」(NFしがらき担当者)

4/9 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミルでの調整を行っています。清水調教師も来場して馬の状態を確認されていますが、ゆっくり進めてほしいとのことでしたので、とにかく体調アップを第一に考えて進めていくつもりです。だいぶ楽になってきているのは間違いありませんし、引き続き焦らずに調整していきます」(NFしがらき担当者)

4/16 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「今週からは、軽い運動に加えて角馬場での騎乗調教も開始しました。ただ、まだ体は寂しく見えますし、乗っている姿も活気に乏しい感じがします。乗り出して日が浅いので、ゆっくりと動かしながらそのあたりも良くしていければと思っています」(NFしがらき担当者)

4/23 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「今週からは角馬場に加えて周回コースでの軽いキャンター調整も開始しました。馬体はだいぶ回復してきましたが、まだトモがしっかり入ってこない感じで、動き自体も硬く見えます。もう少しじっくりと動かしながら良化を促していきます」(NFしがらき担当者)

4/30 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間も角馬場を中心に、周回コースでの軽いキャンターを交えて調整を行っています。馬体は、数字は増えてきましたが、ペースを上げていくには筋肉の張りも物足りなく感じますし、もう少し時間をかけて下地を造っていきます。馬体重は483キロです」(NFしがらき担当者)

5/7 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、周回コースでのキャンター調整を行っています。まだトモの張りが物足りず、しっかりした踏み込みができていませんし、乗りながらじっくりと良化を促していきます。体調はだいぶ上向いていますよ」(NFしがらき担当者)

5/14 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「馬体は見た目にずいぶんと良くなってきています。ただ、まだ背腰の感じは物足りず、筋肉が落ちているせいか馬自身も歩様を気にしているように思います。周回コースに加えて角馬場、トレッドミルなどでじっくりと中身の回復を目指していきます」(NFしがらき担当者)

5/21 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間も、角馬場でじっくりと動かしてから周回コースを軽く乗っています。馬体は回復してきていますが、ここまでじっくりと取り組んできたので、焦ってペースを上げることはせずに、馬の状態に合わせて進めていく予定です」(NFしがらき担当者)

5/28 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「角馬場と周回コースでの騎乗調教をメインに、トレッドミルも交えてじっくりと体を動かしています。馬体はだいぶ戻ってきましたし、体調も徐々に上向いていますから、筋肉を戻していくイメージでの乗り込みを続けていく予定です。馬体重は490キロです」(NFしがらき担当者)

6/4 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間も、周回コースを長めに乗りながらペースアップの下地を造っていますが、歩様自体はだいぶ良化してきました。全体的に少しずつ上向いてきていますので、焦らずにしっかりと動かしていきたいですね」(NFしがらき担当者)

6/11 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週に引き続きじっくりと乗りながら状態を見ていますが、歩様に関してはほぼ気になるところはなくなってきています。これならそろそろペースを上げてもいいかもしれませんね。ここまで時間をかけてきましたから、急激にはピッチを上げず、ジワッと攻めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

6/18 NFしがらき

周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「先週末からは周回コースに加えて坂路での調教も開始しました。ペースを上げる準備段階として坂路に入れて様子を見ているところですが、今のところ問題なさそうです。坂路で乗り込みながらさらにトモの筋肉がしっかりしてくるでしょうし、そうなればペースアップも楽にできるはずです」(NFしがらき担当者)

6/25 NFしがらき

周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「この中間も、角馬場調整と周回、坂路での軽い乗り込みを続けています。徐々に進めてきているところではありますが、まだ時間の経過に比例して良くなってきている、というわけではありませんし、馬の状態を優先してじわじわとペースを上げていくつもりです。馬体重は504キロです」(NFしがらき担当者)

7/2 NFしがらき

周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は周回コースを中心に3000mほど長めに乗ってしっかりと体を動かしています。今は以前の筋肉を戻すイメージでの乗り込みですが、見た目に張りが出てきて体調が上向いていることは感じます。引き続き乗り込みながら速い調教に向けた下地を造っていきます」(NFしがらき担当者)

7/16 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も特に問題なく順調に乗り込んでいます。少しずつ負荷を強めてきていますが、それにつれて筋肉も戻ってきたように見えますし、順当に良化していると言えますね。ここからは帰厩に向けた調整へと移行していけると思います」(NFしがらき担当者)

7/23  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは坂路で終いハロン15秒ぐらいまで脚を伸ばしています。特に問題なくこなしてくれていますし、このままコンスタントに15-15を取り入れていけるようになれば、厩舎サイドと帰厩時期の相談をしていけるでしょう」(NFしがらき担当者)

7/30  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、坂路では終い15秒ぐらいのところを乗り、適宜角馬場での調整も取り入れながらしっかりと調整しています。馬体もだいぶ張りが出てきましたし、順調に良化していると言っていいでしょう。このままコンスタントに15-15を乗れるようにしていきます。馬体重は503キロです」(NFしがらき担当者)

8/6  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も、角馬場でのフラットワークと15-15に近い調教を併用し、順調に乗り込みを進めています。今のところは体調面も安定していますが、ここにきてだいぶ暑い日が続いていますので、急激なペースアップはせずに焦らず良化を促していきたいと思います」(NFしがらき担当者)

8/13  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間、左前脚に骨りゅうが出てしまい、馬が少し気にしている様子です。それほど大きいものではなく、引き続き騎乗調教を続けられる程度ですが、ペースは落としてゆったりと動かし、適切な治療をしながらしばらく様子を見ていきます」(NFしがらき担当者)

8/20  NFしがらき

周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、骨りゅうの状態を見ながら軽めに乗り込んでいます。今のところ骨りゅうが大きくなることはありませんが、無理に進めるとなかなか落ち着かないでしょうし、ゆったりと動かしながら必要な治療を行っていきます」(NFしがらき担当者)

8/27 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も骨りゅうの状態を見ながらゆったりとした乗り込みを続けています。まだ骨りゅうも落ち着いてきてはいないので、適宜トレッドミルでの調整も取り入れて進めていきます。一度は15-15までやっていますので、骨りゅうの状態次第でまたすぐにペースは上げていけると思います。馬体重は514キロです」(NFしがらき担当者)

9/3 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「骨りゅうがだいぶ落ち着いてきましたので、この中間はしっかりと乗り込んで調教の内容を強化しています。ペースは上げていませんが、いつでも15-15はできるぐらいには戻ってきています。帰厩を視野に入れて、しっかりと負荷をかけていきます」(NFしがらき担当者)

9/9 清水出厩舎

6日に栗東トレセンへ帰厩しました。

9/12 清水出厩舎

11日は軽めの調整を行いました。12日は栗東坂路で追い切りました(53秒8-40秒4-27秒3-14秒0)。「先週無事帰厩し、順調に乗り出しています。馬体もパンとして気配は上々ですね。今朝は坂路で併せて追い切りましたが、2歳新馬のマジェスティシップを相手に、リードするような感じでジッとしていただけです。さすがに相手と比べると手応えが違いますし、いい行きっぷりでした。休養が長くなった分、もう少し乗り込みは必要だと思いますが、これなら阪神開催の最後ぐらいを目標にしていけそうですね」(清水出師)

9/19 清水出厩舎

18日、19日は軽めの調整を行いました。「今週は変則日程の影響で全休日が火曜日になりましたし、速いところは明日以降の週末に出す予定で、今朝は坂路をハロン17~18秒程度に軽く上がっていますよ。競馬は来週を考えているのですが、気持ちの面は調整を進めて来てもいい意味で変わりないですし、しっかりと仕上げていきたいですね」(清水出師)今のところ29日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ1200m)に出走を予定しています。

9/22 清水出厩舎

10月2日の園田競馬(夢前川特別・ダ1400m)に登録し、選出されました。状態を見ながら9月29日の阪神競馬(3歳上500万下・ダ1200m)を含めて出走を考えていきます。

**********************

ずーっとしがらきで進捗がなかったハルシュタットがようやく戻ってきました。
いきなりからは厳しいと思いますが、こんだけ休んだんですから、これからはコンスタントに使ってもらいたいですね。


2013/4/23 NFしがらき
コメント

ヴェルデライト、九十九里特別6着

2013-09-23 14:01:04 | ヴェルデライト(引退)
ヴェルデライト

8/27 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンターも取り入れています。「先週は基本的に馬場でじっくり乗ることを行っていましたが、今週から坂路にも入りだし、それなりの負荷をかけるようにしています。それも精神的にも肉体的にも悪くない状態になってきたかなと思えたからですし、順調に調整できていることはいいことですよ」(天栄担当者)

8/31 栗田徹厩舎

30日に美浦トレセンへ帰厩しました。

9/4 栗田徹厩舎

4日は美浦南Pコースで追い切りました(71秒1-55秒3-40秒8-12秒7)。「前走時の疲労を取るために短期放牧を挟ませていただきましたがフレッシュな状態になってきたようでしたので先週末の検疫を押さえて帰厩させていただきました。これまで同じようなところを狙ってみて大きな進展がなかったこともあって今回はちょっと条件を変えてみることも考えています。長い距離もありますし、そのあたりを選択肢に入れて検討していければと思っています。今週から追い切りを開始していますが、最初ということもあってあまりやりすぎないように配慮した追い切りでした。やれば結構動けるということもありますから2頭で組んでコースへ入りましたが併せることはせずに前後の隊列で単走のような形にして動かしましたよ。終始キビキビとした動きを見せてくれましたし、悪くないと思います。この調子で負荷をかけていってよりいい状態に持っていきたいですね」(栗田徹師)

9/11 栗田徹厩舎

11日は美浦南Dコースで追い切りました(67秒7-52秒7-38秒3-13秒2)。「前走後放牧に出ていて、短期間の調整を経てから帰厩し、再度競馬へ向けて調教を開始しているわけですが、帰厩直後はちょっと全体的な硬さがあるようにも感じられたんです。そのあたりが今回のポイントになるかなという話をしていたのですが、動かしていくとそのあたりも少しずつ解消されてきているような印象を受けます。休み明けの火曜日の状態と追い切り後の状態を比較しても硬さが違いますからね。今朝は馬場コンディションがよさそうだったのでダートコースで長めに動かしましたが動き自体は悪くなく、乗り手も捌きの硬さもそこまで気にならなかったと言っていましたから、段々といいほうへ変わってきているのだと思いますよ。現在調教師が海外出張中のため正式に決まったというわけではないのですが、今回は少し目先を変えてみて長い距離も選択肢に入れていこうという話にはなっていますので、来週の特別戦に登録して一考することになるのではないかと思います」(担当助手)21日の中山競馬(九十九里特別・芝2500m)に出走を予定しています。

9/17 栗田徹厩舎

21日の中山競馬(九十九里特別・芝2500m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート12頭のところ、本馬を含めて14頭の登録があります。

9/19 栗田徹厩舎

18日は軽めの調整を行いました。19日は美浦南Pコースで追い切りました(67秒7-51秒7-38秒2-12秒7)。「先週の感触が悪くなかったですし、今週の競馬を目標に進めています。先週ある程度しっかり動かすようにしましたし、今週は変則開催の兼ね合いから水曜日が全休日明けだったので今朝追い切っています。レースが土曜日になり、中1日というスケジュールも加味して今日の追い切りは整える程度に無理なくさらっと動かすものにしています。ポリトラックにて単走で伸ばしましたが、動きは悪くありませんね。ボディコンディションのほうはというといい意味で変わりなくて見た目はわりとふっくら見せています。だからと言って動きも上がってきた時の息遣いからも重いようには感じませんし、安定していていいのではないかと思います。ここ一連の内容から距離を延ばしてみていい位置からの競馬ができないかを試してみたいと思っています。成績的にもうひとつの走りが続いてしまっているので、このあたりで何とか変わり身を引き出したいですね」(栗田徹師)21日の中山競馬(九十九里特別・芝2500m)に江田照騎手で出走いたします。

9/21 栗田徹厩舎

21日の中山競馬では五分のスタートから出していったが勢いがつききれず縦長の展開のなか中団後方を追走。終い勝負にかけてジリジリと脚を使ったが6着まで。「距離を延長していたし、これまでとは違う形をしなければと思い、できれば前めで運ぶことを考えていました。しかし、行ききれませんでした。スタートは普通に出ていますが、出していってもなかなか勢いがつかなくて外から来る、内から出てくるで窮屈になり引かざるを得なくなりました。あとはロスを極力少なくすることに徹しました。東京の2400m戦を使ったときは外めの枠で真っ向勝負のなか苦しかった記憶がありましたからね。ハミに極端に頼られないようにとあえてハミを外して手綱をぷらんとさせ、頭が高いけれどリラックスした状態で走らせて勝負どころにかけました。前はさすがに厳しかったけれど何とか掲示板に載せたいという一心で追ったのですが、申し訳ありません。ビュッという脚を使えないし、ちょっと足りないのですが、ピリッとスパイスを足してトモの緩さを気持ちでカバーできるようにしたらいいかもしれませんね」(江田照騎手)これまでの内容からできるだけいいポジションから運び粘り込めるような競馬をしたいと考えていました。残念ながら行き脚がつききれず後方からになりましたが、鞍上がこれまでのコンビ経験のなかでロスをなくすように徹底して立ち回ってくれたことが良かったようでジリジリとですが最後まで頑張ってくれました。長い距離であれば立ち回りひとつでさらなる前進も期待できるでしょうし、そういった条件を中心に次走も検討していく予定です。このあとに関しては状態次第ですがリフレッシュ期間を挟む予定です。


-WORK-OUT TIME-
13/9/4(水) 黛 美南P・良 71.1 - 55.3 - 40.8 - 12.7 馬なり余力(9)
13/9/8(日) 助手 美南W・良 57.6 - 41.9 - 13.3 馬なり余力(7)
13/9/11(水) 助手 美南D・稍重 67.7 - 52.7 - 38.3 - 13.2 G前仕掛け(8)
13/9/15(日) 助手 美南P・良 55.5 - 40.1 - 12.4 馬なり余力(5)
13/9/19(木) 助手 美南P・良 67.7 - 51.7 - 38.2 - 12.7 馬なり余力(8)

-RACE RESULTS-
13/9/21 中山 混) 九十九里特別 晴 良 芝2500M 9R 4枠4番 11頭9人気 6着 江田照55KG 2:35.0(0.9) 上り34.2 466KG


距離延長に期待をこめて九十九里特別に出走したヴェルデライト、結果は6着と1000万条件に上がってから1番良いレースをみせてくれました。
残り少なくなった競争生活ですが、適した条件を狙って少しでも良い結果を出してくれればと願います。


2013/9/21
コメント

レイヌドネージュ、勝ちあがれずも続戦

2013-09-23 14:00:12 | 2010年産
レイヌドネージュ

2013/8/29 函館競馬場

今週9月1日(日)函館・芝1200m戦に54kg松田騎手で出走します。本日(木)ウッドチップコースにて併せ馬で追い切りました。いい状態を維持しており、勝ち負けできそうです。内枠をひくことができれば、さらに勝利が近づくでしょう。

2013/9/1 函館競馬場

9月1日(日)函館4R・芝1200m戦に54kg松田騎手で出走、馬体重は482kg(+2)でした。まずまずのスタートから後方グループの外めを追走しました。3コーナー手前あたりから、早めに仕掛け外からすっと進出を開始すると、逃げた1頭は遥か前を行っていましたが、後続は横に広がって4コーナーを回りました。直線では外をグングンと伸び、勝ち馬から2.6秒差の5着と掲示板は確保し、次への望みは繋げました。レース後、松田騎手は「これだけ馬場が悪くなってしまうと外を廻らざるをえないです。馬の調子は良さそうだっただけに、運がないですね」と振り返っていました。

2013/9/5 美浦TC

9月5日(木)美浦TCに移動しました。4回中山開催のダート1200m戦(限定未勝利戦)で使う予定です。

2013/9/11 美浦TC

9月16日(月)中山・芝1600m戦に54㎏横山典弘騎手で出走予定です。当初はこれまで使ってきた距離を考えてダート1200m戦を予定してましたが、スタートの良くないタイプなので、1200mでは競馬がしにくいと判断しました。以前からその懸念はありましたが、これまでは優先出走権のことも考えなくてはなりませんでした。今回は泣いても笑っても最後の未勝利戦なので、勝負にでてみようかと思っています。本馬自身は馬場の悪い中でのレースの疲れもなく順調にきています。ただし、函館競馬場から美浦TCへの輸送もはさんでおり、今週は軽めの調整になる見込みです。

2013/9/12 美浦TC

9月16日(月)中山・芝1600m戦に54㎏横山典弘騎手で出走します。本日(木)坂路にて549-403-262-124で追われています。昨日お伝えした通り、息を整える程度にとどめています。

2013/9/16 美浦TC

本日9月16日(月・祝)の中山競馬は、台風の影響のため中止となりました。代替競馬は、あす9月17日(火)に出馬表の内容を変更せずに行われます。なお、優勝記念撮影につきましては、あす17日(火)は休業日のため、新たにご連絡いただく必要はございません。愛馬が優勝した場合は、速やかに集合場所(中山競馬場は2F総合インフォメーション前)までお越しください。

2013/9/17 美浦TC

9月17日(月)中山・芝1600m戦に54㎏横山典弘騎手で出走し、勝ち馬から0秒1差の4着、馬体重は前走から8㎏減の474㎏でした。スタートで大きく立ち遅れてしまい、最後方からの競馬となりました。道中はラチ沿いをコースロスなくまわり、直線は最内を急襲してきましたが、惜しくも及びませんでした。レース後、横山典弘騎手からは「出遅れてしまいましたので、腹をくくって末脚を活かす競馬をしました。直線も上手にさばけましたが、残念です」とのコメントがありました。

2013/9/19 美浦TC

レース後変わりありません。前走は本馬にとって最後の未勝利戦でしたが、勝ち星を挙げることができませんでした。ただ、勝ち抜け戦である未勝利戦とはいえ、レース内容はよく、格上の500万下でも通用する気がします。ただその一方で、出遅れ癖はこれまで以上のマイナス材料になることも否定できません。そこで、短期放牧をはさんで3回新潟開催の500万下戦に挑戦させ、そこでのレース内容を見てみることにしました。明日9月20日(金)NF天栄に放牧します。

2013/9/21 NF天栄

9月20日(金)にNF天栄に放牧に出ました。新潟3週め(10月26・27日)の出走を考えています。

■調教タイム
2013/08/29 助 手 函館 W 良 72.1 -55.4 -40.6 -13.1 6 馬ナリ余力
デルマアラレチャン(新馬)馬ナリの外を1.3秒先行3F付同入
2013/09/12 増沢由 美南 坂 良 1 回 -54.9 -40.3 -26.2 -12.4 馬ナリ余力

■競走成績
2013/09/01 函館 3歳未勝利 16頭 8人気 5着 松田 54.0KG 芝1200 不良 1.16.3 482KG
2013/09/17 中山 3歳未勝利 16頭 13人気 4着 横山典 54.0KG 芝1600M 良 1.34.3 474KG

*********************

まず最後の函館の未勝利戦は馬場状態の影響もあり大きく離されましたが、ギリギリ5着に入りスーパー未勝利の権利を得ました。

そしてダート1200Mの予定を変更して挑んだ芝1600M戦。
大外を引いてしまい、しかも大きな出遅れ。ジョッキーはノリさんだったので内を突いてくれるかと思いましたが、そのとおりに直線では内をうまく突いて惜しい4着まで来てくれました。

この内容なので、このまま引退はないとは思っていましたが、一息入れて格上挑戦させてくれることになりました。
まずは連戦の疲れを癒して、残されたワンチャンスをいかしてほしいと思います。

 
2013.09.01 函館競馬場

 
2013.09.17 中山競馬場
コメント

ジャイアントリープ、玄海特別7着

2013-09-23 13:58:27 | 2010年産
ジャイアントリープ

8/25 小倉競馬場

31日の小倉競馬(玄海特別・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて20頭の登録があります。

8/29 小倉競馬場

28日は小倉ダートコースで追い切りました。29日は軽めの調整を行いました。「間隔が詰まっているので、水曜日はダートコースで終いだけサッと強めに追い切っています。馬の少ない小倉コースでの調整とあってスムーズな走りができているとのことですし、久々を一度使って状態は上向いていますし、ひと叩きしたことでもう少し道中の追走も楽になるのではないでしょうか。小回りコースでも乗り方ひとつでしょうし、1000万下では力は上だと思っていますから、ここはなんとかしてもらいたいところです」(村山師)31日の小倉競馬(玄海特別・芝2000m)に松山騎手で出走いたします。

8/31 小倉競馬場

31日の小倉競馬では五分のスタートから好位の後ろで折り合って進む。勝負どころの手応えも悪くなかったが、直線に向いてからの伸びを欠いて7着。「ペースが落ち着いていましたし、人気だったサンライズピークを見ながら、流れに乗っていい位置で進められたと思ったのですが…。道中は馬場の影響はそれほど感じませんでしたが、追ってから手応えのわりにまったく伸びなかったあたりは、やはり荒れた馬場が気になっていたのだと思います。良馬場ならこんなことはないはずです。申し訳ありません」(松山騎手)「大型馬ですが、ピッチ走法なので、今日のような馬場は合うのではないかと思っていたのですが、追ってからの反応が悪かったことを考えるとやはり下を気にしたのだと思います。結果を出さなくてはならないと思っていただけに、このような結果になってしまって申し訳ない思いです。このあとは、こういう馬場を走った後だけに、よく馬の状態を見て考えてたいと思います」(村山師)叩き2戦目で滞在競馬と、プラス要素は大きいように思いましたが、ここまでの馬場悪化は予想外でした。これが本来の走りではないことは明らかですし、次こそは好条件で巻き返してもらいたいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

9/5 NFしがらき

5日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は結果を出すことができずに申し訳ありませんでした。一度使って前向きさも出てきていたので小回りコースは対応できると思っていたのですが、あそこまで馬場が悪くなるのは想定外でした。レース後は大きなダメージはないものの、間隔を詰めて使った後なので、馬体のケアをするつもりで放牧に出させていただきます。このあとは状態を見ながらどのあたりを使って行くか考えます」(村山師)

9/10 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「こちらに到着後、軽く動かしながら馬体のチェックを行っています。今のところは大きなダメージは感じませんが、ある程度間隔を詰めて使った後ですし、慎重に状態の確認を行っていきます」(NFしがらき担当者)

9/18 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間は周回コース中心に軽いキャンター調整を行っています。ちょっと馬体の戻りが悪く、まだ体がスッキリしすぎている感じがしますので、ゆったりと動かしながら馬体の回復に努めていきます」(NFしがらき担当者)

-WORK-OUT TIME-
13/8/28(水) 助手 小倉ダ・良 71.7 - 56.7 - 42.3 - 13.3 末強め追う(9)

-RACE RESULTS-
13/8/31 小倉 混)ハ) 玄海特別 曇 重 芝2000M 10R 7枠12番 15頭3人気 7着 松山53KG 2:00.6(1.4) 上り36.3 496KG

******************

馬場が合わなかったのか7着と結果が出ず放牧へ。
トライアルも終了し、菊花賞はあきらめることになりました。
結果論ですが、小倉を使わずにセントライト記念や神戸新聞杯に絞ったほうが良かったかもしれませんね。
クラシックに出走できないのは残念ですが、まだ先のある馬なので、少しづつ上を目指してほしいと思います。


2013/8/31 小倉競馬場

ちょっと脱線します。
そういえばセントライト記念を勝ったのはユールシンギングでした。
ユールシンギングの母ジョリーノエルはこのブログでもたびたび取り上げていたように現役時代に応援していた馬でした。
その仔だったので、当然ユールシンギングは産まれた時から注目していた馬で、社台の募集時にツアーでも見た思い出深い1頭です。
それなら出資しとけばと思うのですが、なぜか出資してませんね。。あいかわらずセンスありません。
父を嫌ったのか厩舎を嫌ったのか覚えていませんがとにかく人気のない馬で2次募集まで残っていました。
重賞馬の母となったジョリーノエルの仔はますます手が出なくなってしまい、これからも応援するだけになりそうです。

これで菊花賞の有力馬の1頭となりましたが、3歳秋に成長をみせ、上り馬となり菊花賞への出走は、自分が母の弟に出資していた時に願っていたことでその思いを重ねてしまいます。
菊花賞だけでなく、そしてこれからの競争生活も応援していきたいです。
コメント

アイビーフォールド、天草特別10着

2013-09-23 13:57:26 | アイビーフォールド
アイビーフォールド

8/25 吉田厩舎

25日の小倉競馬ではまずまずのスタートも位置を下げて後方を追走。直線は馬場の外目に持ち出してよく伸びたが前も止まらず10着。「ちょっと集中力を欠くような面があるので、極端な競馬をした方がいいという話を先生から聞いていました。馬場を考えるともう少し前でも良かったかもしれませんが、直線はいい集中力を見せてしっかり伸びてくれましたし、この形が合っているように思います。流れが向けば勝ち負けになる脚です」(国分優騎手)「後ろから行くのは予定通りでしたが、隊列が決まるまでにモタモタしてしまい、思った以上に置かれてしまった感じがします。馬場を考えるとさすがに厳しかったと言わざるを得ませんが、直線はしっかり脚を使っていましたし、走り自体は悪くありませんでした。流れが向いてくれればもっと上位に来れるはずです。今日はもったいないレースになってしまって申し訳ありません」(吉田師)展開を考えるとポジションは後ろ過ぎたかもしれませんが、直線の集中力はじっくり構えたからこそでしょうし、流れひとつで着順は変わったでしょう。この走りが次に繋がってくるはずです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

8/28 NFしがらき

28日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は、直線しっかりと脚を使っていたものの、展開が合わず残念な結果になってしまいました。また、あれほど雨で緩くなった馬場もいいとは言えないですからね。ただ、流れひとつで上位に行く力はある馬ですし、そういうレースはしてくれたと思います。レース後は特に疲れた様子は見せていませんが、レース前にちょっとイライラして馬場入りをゴネるようなところを見せていたので、精神面のリフレッシュをさせるつもりで一度放牧に出させていただきます」(吉田師)

9/3 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「こちらに到着後、軽く動かしながら馬体のチェックを行っていますが、やや夏負けのような症状で疲れがあるように思います。今週一杯ぐらいは無理をさせず、焦らずに調整していきたいと思います」(NFしがらき担当者)

9/10 NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「まだ暑さ負けは抜けきっていないのですが、ここにきてだいぶ涼しくなってきたことで馬は元気になってきました。カイバはよく食べているのですが、元々あまり体が増えないタイプですから、目標が決まり次第ペースを上げるという感じで進めていければと思っています」(NFしがらき担当者)

9/18  NFしがらき

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間も周回コース中心に軽めのキャンターでじっくりと調整しています。まだ少し疲れが残っている状態ですし、馬体にももう少し余裕が欲しいところなので、まずは体調をしっかりと整えてから本格的な調教に移っていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

-RACE RESULTS-
13/8/25 小倉 混)ハ) 天草特別 曇不 芝1200m 10R 5枠10番 18頭18人気 10着 国分優53KG 1:08.6
(0.9) 上り33.8 460KG


1ヶ月前に出走したアイビーは得意の小倉で後方から追い込みを見せるも10着まで。
最低人気でしたが、やはり小倉ならこのクラスでも展開次第で勝負になることを見せてくれました。

次の小倉まで良い状態にもっていけるように、しっかり調整してもらえたらと思います。


2013/08/25
コメント

ヴィータアレグリア、6着デビュー

2013-09-23 13:56:31 | 2011年産
ヴィータアレグリア

8/25 高柳厩舎

25日の新潟競馬はスタートこそ速くはなかったもののその後勢いがついて中団を追走。3~4角で少しポジションをあげて前を見ながら直線へ向かい脚を使うが、前も止まらず6着まで。「トモが非力なのもあってスタート後はちょっと余裕のない格好にはなりましたが、体勢が整ってからはスムーズで流れにも乗れました。本来ならばもう少し内をロスなく立ち回るほうが良かったのでしょうが、思った以上にスローで団子になってしまったので、馬の後ろにつけると相当ポジションが悪くなりそうでしたから外を回る形をとりました。道中は折り合いもついていて本当にネオユニヴァース産駒っぽくなく素直な性格の馬です。最後は前を捕らえることはできませんでしたが、いい伸びを見せてくれましたし、デビュー戦としては評価してあげられる内容だったと思います。まだまだこれから良くなるはずですよ」(武士沢騎手)「初めての競馬でしたがコンディションはまずまずでしたし、初戦へ向かうにあたって悪くなかったと思います。非力な面がある馬ではありますが、初入厩時よりはだいぶ良くなってきていましたのでそれなりの競馬はしてくれると思っていたんです。スタートはトモの弱さもあってチョコチョコチョコとした走りになってしまいましたが、落ち着いてからは悪くない形でレースの流れに乗れていたと思います。以前は頭が高くなっていましたがだいぶ重心も低くできるようになっていましたからね。直線へ向いたときは一瞬オッと思わせてくれましたね。自身も伸びているのですが、前も止まらない展開になったことが捕えられなかった理由のひとつでしょう。苦しくなってモタれたりもしていませんし、結果は6着でしたが、内容は悪くなかったと思います。また、これから上手く成長させていければ内容も結果も変わってきてくれるのではないかなと思いました。現在はコントロールが利く気性の持ち主なので距離は1800mや2000mくらいでももってくれそうな印象ですが、使いながらどう変わっていくかもしっかり見ていく必要があるでしょうし、よく考えながらレースに関しても決めていきたいですね。このあとをどうしていくかはレースのダメージの有無を中心に状態をよく見ながら判断していくつもりです」(高柳師)再入厩による調整でしたが、焦らない期間を設けたことが良かったのか走りの内容も体質面も徐々にいいほうへ変わってきていてわずかな中でも成長を感じさせてくれていました。中間に一頓挫ありましたが、その後の回復も早く調整も順調の来れたことでまずまずの状態でレースへ向かうことができたでしょう。非力さが目立つ現状から心配な面も多かったのですが、そのようななかで初戦としては上出来の走りを見せてくれたのではないでしょうか。まだまだ良くなってくる余地がありそうですし、長い目で見守りながら成長を促していければと思っています。今後に関してはレース後のダメージ具合や先々のことを考えながらどういった調整過程をとっていくか判断していく予定です。

8/28 高柳厩舎

レース後の経過を観察していたところ右前脚に症状が見られたためレントゲン検査を行ったところ、右前第一指骨はく離骨折を発症していることが判明しました。「先週の競馬はいい内容だったと思いましたし、このあとが楽しみになると思って今後のことについて考えていこうとしていました。もちろん状態次第になるのでその見極めをして坂があるけれど中山にするか短期放牧を挟んで新潟か東京あたりへ向かうかを考えていこうと思っていたのですが、週が明けてから改めてチェックしたところ右前脚の球節がちょっと大きくなっているように見えたんです。歩様には違和感がなかったのですが、屈曲痛は見られたため検査をした方がいいと思って獣医師を呼び検査したところ、ほんのわずかなものなのですが球節の前面部にうっすら浮いている骨片が見つかりました。楽しみにしていただけに残念ですし、申し訳ありません。現状ではそれが悪さをしたり、酷いものになりそうな状態には映っていないので手術は必要ないレベルと獣医師の見解をもらっていますが、今後の回復具合にもよりますよね。そのあたりは牧場で経過を観察してもらって今後の対応策をどうしていくか決めていけるように天栄のマネージャーさんとも話をしたところです。ご心配をおかけして誠に申し訳ございません」(高柳師)

8/29 NF天栄

29日にNF天栄へ放牧に出ました。

9/3 NF天栄

ウォーキングマシン調整を行っています。「前走後に骨折が判明したということでこちらに帰ってきました。競馬の内容自体が悪くないものだっただけに残念ではありますが、おそらく3か月前後の休養を必要とするでしょうからいい成長期間に充てられればと思っています。様子を見ているところで今はマシン運動しか行っていません」(天栄担当者)

9/10 NF天栄

ウォーキングマシン調整を行っています。「先週に続いて今週もマシン運動を行っていますが、体調の不安を見せているわけではありませんし、そういった意味では順調ではあると思います。しばらくの間はマシンなどの軽めの運動にとどめて回復に努めることになると思います」(天栄担当者)

9/17 NF天栄

坂路でキャンター調整を行っています。「入場してから数週間たったところですが、患部の状態はいい意味で変わりありませんでした。熱感等も目立っていませんでしたし、外見上も落ち着いていたことからこの中間より少しずつ動かし出したところです。負担を軽減できるように坂路を中心にして乗っていますし、まだそこまで本格的なペースで動かしているわけではありません。状態次第でもちろん柔軟に対応していく考えですし、焦らず状態に合わせて進めていきます」(天栄担当者)

-RACE RESULTS-
13/8/25 新潟 混) 2歳新馬 晴良 芝1600M 5R 7枠12番 14頭8人気 6着 武士沢54KG 1:39.4(0.8) 上り33.9 446KG

******************

レース前は不安なコメントが見られ心配したデビュー戦でしたが、内容ある6着と頑張ってくれました。
残念ながらレース後に骨折が判明しましたが、まだ焦る時期でもありませんので、成長期間にあててくれればと思います。


2013/8/25
コメント