一口馬主の収穫日記

がんばれ!愛馬達

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャイアントリープ(ラフィントレイルの10)近況

2012-06-24 23:32:13 | 2010年産
ジャイアントリープ

1/13 NF早来

馬体重:468kg 

年末年始も順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンター1本の調教を行っています。相変わらずキャンターに行くとテンションの高い面は見られますが、それでも与えられた調教メニューを最後までしっかりと走り切るあたりから基礎体力が着実に備わってきていることを印象付けます。さらに良い走りができるように今後もリラックスして走れるよう教えていきます。

1/31 NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。背中に若干の硬さを感じることがありますが、動きは変わらず良く、いい走りを見せています。テンション面はこの馬にしては落ち着いてきていますが、もう少し落ち着いてくれたほうがいいでしょう。そのあたりをポイントに進めていきます。

2/15 NF早来

馬体重:475kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。軽めの運動などは落ち着いてこなしてくれるのですが、屋内周回コースや屋内坂路コースで速めのところに行くと少しムキになって走ってしまう面が見られます。今のうちにしっかりと騎乗者と折り合うことを教えて、オンとオフが使い分けられるように調整していきたいと思います。

2/29 NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。落ち着いて走れるように調教を行ってきた甲斐あって、ここ最近は少しずつではありますが折り合いが付くようになってきました。キャンターに行くと相変わらず良い走りを見せてくれるので、今後も精神面でリラックスさせることを教えていきます。

3/15 NF早来

馬体重:472kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。課題の精神面は乗り役がしっかりとコミュニケーションを取りながら折り合いを教えてきたことで徐々に良くなってきており、以前に比べるとだいぶ成長が見られます。今後も無理を強いることはせず、余裕をもって調教に取り組むことで更なる良化を促していきます。

3/30 NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。課題となっている折り合い面は良い意味でリラックスできるようになってきたことで徐々に進境が見られます。力みが抜けることにより、体も少しずつ柔らかく使えるようになってきていますのでこの調子で進めていきたいと思います。

4/16 NF早来

馬体重:479kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調教を行っています。課題でもあった精神面にはだいぶ成長が見られ、騎乗者としっかりコンタクトを取りながら調教を行うことができています。速めの調教を課していく中で折り合い面、肉体面ともにいい成長が感じられますので、引き続き乗り進める中で更なるステップアップを図っていきます。

5/1 NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒(週1回はハロン15秒)のキャンター1本の調教を行っています。ここまで折り合い面を重視した調教を課してきたことで、ここ最近は気性面にだいぶ成長が見られます。以前は集中力を欠くこともあった常歩も集中して行えるようになってきており、調教においても乗り手の指示にだいぶ従うようになってきました。キャンターでも余裕のある動きを見せるようになっており、良い方向に流れは向いていますので、この好循環を維持しつつ乗り進めていきます。

5/15 NF早来

馬体重:484kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒(週1回はハロン15秒)のキャンター1本の調教を行っています。だいぶ集中して調教に取り組めるようになってきましたが、時折やんちゃな面を見せることがまだありますので、怪我だけはさせないよう油断せずに接していきます。とはいえ以前のジャイアントリープと比較するとかなりの進歩を遂げているのは間違いありませんので、引き続き馬とのコンタクトを大事にしながら調教を進めていきます。

5/31 NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(週1回はハロン16秒)のキャンター1本の調教を行っています。体力がしっかりとついてきたことから坂路では余裕のあるキャンターを見せており、また併せ馬では闘争心を表に出して相手よりも前に出ようとする姿勢が見られます。ここ最近は勝ち気な性格がいい作用を見せていますので、この流れに乗って調整を進めていきたいと思います。

6/11 NF早来

ここまで順調に調整も進んでいることから本馬は、6月13日に行われる第二回産地馬体検査を受検する予定です。

6/13 NF早来

第二回産地馬体検査を受検し、JRA競走馬登録ならびに栗東の村山明厩舎との預託契約が完了しました。

6/15 NF早来

馬体重:489kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒のキャンター1本の調教を行っています。ゲート練習も開始しており、やんちゃな面を見せないか少々不安な面もありましたが、今のところ落ち着いて出入りすることができています。今後もスムーズに練習を進めていけるように気持ちのコントロールを意識しながら調教を行っていきます。

******************

ラフィントレイルの10の馬名はジャイアントリープに。
こちらはまだ牧場で育成中ですが、いまのところ順調に進んでいます。
ただ毎回気性面に関するレポートが続いているのが少し不安なところです。
急いでデビューというタイプでもないので、あわてずじっくり育成していってくれればと思います。

 
2012/1/26 NF早来


2012/1/31 NF早来

 
2012/2/23 NF早来


2012/2/29 NF早来

 
2012/3/22 NF早来


2012/3/30 NF早来

 
2012/4/26 NF早来


2012/5/1 NF早来

 
2012/5/24 NF早来


2012/5/31 NF早来

コメント

オルヴィエート(エンシェントヒルの10)近況

2012-06-24 23:30:37 | 2010年産
オルヴィエート

1/13 NF空港

馬体重:462kg 

年末年始は順調に調整をこなしていました。現在は周回ダートコースでのスローキャンター調整を中心に、週2回は900m屋内坂路をハロン17~18秒で2本元気に駆け上がっています。ここまで調教に対する気持ちも前向きで、手ごたえも抜群です。カイバ喰いを含む体調面に不安はなく、今後も順調にペースアップ出来そうです。

1/31 NF空港

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン17~18秒で2本元気に駆け上がっています。ここまで馬体の様子を見る限り無駄肉が付きやすい体質ですので、今後も慎重に飼養管理していきます。カイバ喰いを含む体調面や脚元に不安は全くなく、調整も順調に進んでいる1頭です。

2/15 NF空港

馬体重:445kg

現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン17~18秒で2本元気に駆け上がっています。ここまで登坂回数・ペース共に負荷を強めていますが、しっかりと対応できており、日に日に動きがしっかりしてきました。

2/29 NF空港

騎乗運動を開始して以来、ここまで順調に乗り進めることができたのでこの中間はリフレッシュの意味も兼ねて幾分控えめのメニューを組んでいます。現在は400m周回コースでスローキャンター6周の調整を行っています。坂路では継続した乗り込みの効果から力強さが出てきており、大きなストライドで楽に登坂していました。馬体面での成長も著しく、徐々に競走馬らしい体付きになってきたことも好印象で、ここで一息入れることが更なる飛躍の糧になってくれると考えています。

3/15 NF空港

馬体重:461kg

現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン17~18秒で2本元気に駆け上がっています。現在の調教ペースにも慣れて息遣いも良く、動きに余裕が感じられるようになってきました。坂路では大きなスライドで力強く、楽に登坂しています。

3/30 NF空港

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン17~18秒で2本元気に駆け上がっています。カイバ喰いも良好で、脚元にも問題がないので、少しずつ調教ペースを上げていく予定です。気性面ではテンションが上がりすぎないように、今後も慎重に接していきます。なお本馬は、4月12日、13日に行われる第一回産地馬体検査を受検する予定です。

4/13 NF空港

第一回産地馬体検査を受検し、JRA競走馬登録ならびに栗東の松元茂樹厩舎との預託契約が完了しました。

4/16 NF空港

馬体重:455kg

現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で2本駆け上がっています。調教ペースを少し上げていますが、堪えることなくしっかりとした脚取りで、余力十分に坂路コースを登坂しています。今後も同様の調整メニューでしばらく乗り込みを重ね、更なるペースアップに備えていきます。

5/1 NF空港

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は400m周回コースでスローキャンター2400mの調整を中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で2本元気に駆け上がっています。ここまでしっかりした調整負荷をかけていますが精神面でテンションが上がることはなく、カイバ喰いも安定しています。カイバをバリバリ食べる姿は頼もしい限りで、今後もしっかり調整を進めていけそうです。

5/15 NF空港

馬体重:460kg 

現在は1000m周回コースをスローキャンターで2周の調整メニューを中心に、週2回は900m屋内坂路コースをハロン16~18秒で2本元気に駆け上がっています。ここまで調教ペース自体は上げていませんが、継続した乗り込みのおかげで基礎体力が付いてきており、しっかりとした脚取りで坂路コースを登坂しています。依然、カイバ喰いも安定しており、状態面に不安はありません。

5/31 NF空港

この中間も順調に調教を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースをスローキャンターで2周しており、週2回は900m屋内坂路コースをハロン16~18秒で2本元気に駆け上がっています。じっくり乗り込みを行ってきたことで少し余裕のあった馬体も徐々に絞れてきました。また脚元や体調面に関しても依然として不安はなく、今後も馬体面の成長を上手く見極めながら慎重に調整を進めていきます。

6/14 NF空港

馬体重:474kg 

1000m周回ダートコースをスローキャンターで2周の調整メニューを中心に、週2回は900m屋内坂路コースでハロン15~17秒のキャンター2本を行っています。ハロン15秒の調教を開始しても疲れを見せることはありません。またカイバ喰いも落ちることもなく、坂路での動きも日に日に良化しています。少し調教中にうるさい面を見せるようになってきたので、移動後も注意しながら慎重に進めていければいいでしょう。ここまで順調に調整が進んでいることから14日にNF空港を出発し、NFしがらきに向けて移動しました。

6/17 NFしがらき

16日にNFしがらきへ移動しました。

6/19 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「こちらに到着後馬体をチェックして異常がないことを確認してから乗り出しています。大きなキャンターでいい素質をしていますね。坂路入りの際にちょっとゴネたりと頑固なところを見せることはありますが、気性的にうるさいというようなことはありません。このまま入厩に向けてしっかりと進めていきます」(NFしがらき担当者)

******************

エンシェントヒルの10の馬名はオルヴィエートに決定。

空港牧場での育成中は不安らしい不安は全くでなかったようで今月ではNFしがらきに移動と順調そのもの。
早めにデビューもありそうで今後も楽しみです。


2012/1/12 NF空港


2012/1/31 NF空港

 
2012/2/9 NF空港


2012/2/29 NF空港

 
2012/3/8 NF空港


2012/3/30 NF空港

 
2012/4/12 NF空港


2012/5/1 NF空港

 
2012/5/10 NF空港


2012/5/31 NF空港

  
2012/6/14 NF空港
コメント

レイヌドネージュ(イルネージュの10)近況

2012-06-24 23:28:04 | 2010年産
レイヌドネージュ

2012/1/6 NF空港

現在は屋内周回コースでダク400m、ハッキングキャンター1600mという調教メニューを消化しています。乗り込む事に腰の柔軟性が出てきて、走りのバランスやフォームが良くなってきました。体力面での不安もなく、メニューを順調にこなしていますので、今後も徐々に負荷を増やしていく方針です。飼喰いや脚元など特に不安な部分はありませんが、欲を言えば今後はもう少し前向きさが出てきて欲しいところです。現在の馬体重は458㎏です。

2012/2/3 NF空港

現在は角馬場でのフラットワークを取り入れながら、屋内周回コースでハッキングキャンター1600mのメニューを消化しています。この中間も順調に調教をこなしており、一歩一歩の力強さが増してきたように感じます。馬体にメリハリが出てきたのも、パワーアップの裏付けと言えます。前向きな面も徐々に出てきましたが、時折力みに変わってハミを噛んでしまうことがあるので、今後は力が入りすぎず安定した走りができるよう教えていきたいところです。引き続き飼喰いや脚元の不安はないので、今後は坂路調教も取り入れる予定でいます。現在の馬体重は476kgです。

2012/3/1 NF空港

このたび、馬名が 「レイヌドネージュ」 (Reine de Neige フランス語で「雪の女王」の意) に決定いたしました。

2012/3/2 NF空港

現在は角馬場でのフラットワークと屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンターを2本のメニューを消化しています。この中間から坂路調教を開始したことによって少しずつ動きに伸びやかさが出てきました。まだ自らハミを取っていくような走りではありませんが、徐々にフットワークは良化しています。体重の変化はほとんどありませんが、体は引き締まり、競走馬らしい体つきになってきました。調教ペースが上がっても精神的に落ち着いた状態をキープできており、飼い葉食いや脚元の問題もありませんので、今後も予定どおりの調教を課して行けそうです。現在の馬体重は478㎏です。

2012/4/6 NF空港

この中間も角馬場フラットワークと屋内坂路にてハロン17~18秒のキャンターを2本という調教メニューを交互に行っています。メニューこそ変わっていませんが、トレーニングを重ねるごとに動きは順当に良化を見せており、以前に比べてだいぶハミを前に取ってくれるようにもなってきました。それに伴って馬体も引き締まり、メリハリが出て競走馬らしい体型へと変わってきました。精神的にも落ち着いているので、今後はゆったりと大きなストライドで走れるようにするなど、更なるレベルアップをめざして乗り込みを進めていきます。3月末時点の測尺は、体高160cm、胸囲189cm、管囲20cm、馬体重は476kgです。4月13日(金)に行われる産地馬体検査を受ける予定です。

2012/4/13 NF空港

4月13日(金)に行われた産地馬体検査を受検し、JRA競走馬登録、および美浦TC・菊沢隆徳厩舎との預託契約が完了しました。

2012/5/4 NF空港

現在はウォーキングマシンとトレッドミルでハロン24秒のキャンターを5分というメニューを消化しています。ここに来て少々疲れが見られたため、リフレッシュの意味で楽をさせています。その効果か、飼喰いが戻り、毛ヅヤも良化してきたので、この分ならすぐに乗り運動を再開できそうです。テンションが上がりやすい馬なので、精神的な面でも良いリフレッシュになったと思います。脚元は問題なく、体も緩んでいませんので、すぐに元のペースに戻すことも可能でしょう。現在の馬体重は496㎏です。

2012/5/18 NF空港

現在は週3日はフラットワークでの運動、週1日は坂路でハロン16~17秒のキャンターを1本、週2日は坂路でハロン17秒のキャンターを2本乗られています。この中間に菊沢調教師が来場し、本馬の状態を確認しています。テンションが高いということではなく、いい意味で気合が入ってきました。このまま順調に乗り込めれば、来月上旬にも美浦TCに入厩させたいと考えています。現在の馬体重は509kgです。

2012/6/1 NF空港

現在は角馬場フラットワークと屋内坂路にてハロン16~17秒のキャンターを2本という調教メニューを交互に消化しています。引き続き順調に乗り込まれており、力強い動きを見せて最後まで余裕のある手応えで坂路を駆け上がっています。飼葉も残さず食べており、馬体のハリツヤも申し分のない状態です。入厩が控えていますので、あとはコンディションの維持に重点を置いた調整を行っていきます。6月上旬から中旬の間に美浦TCに入厩の予定です。現在の馬体重は506㎏です。

2012/6/11 NF天栄

順調に乗り込まれ、本日6月11日(月)NF天栄に移動しました。近日中に美浦TCに入厩予定です。

2012/6/15 美浦TC

今週(火)NF天栄を経由し、本日6月15日(金)美浦TC・菊沢隆徳厩舎に入厩しました。

2012/6/21 美浦TC

昨日(水)坂路にて15-15程度で乗っています。色々なコースを走らせて、美浦TCに慣らしている段階ですが、周囲を気にする面があります。あわせてゲート練習を開始しており、現在は駐立をメインに練習しています。

**********************

イルネージュの10の馬名はレイヌドネージュに決定。
空港牧場で順調に育成されて早くもトレセンに入厩しました。
馬格もあり脚元にも不安がなさそうで、バリバリ調教も進められるでしょう。
姉のように夏の新潟から印象的な活躍を期待したいと思います。


2012.01.26 NF空港


2012.02.22 NF空港


2012.03.28 NF空港
コメント

サンビスタ、北へ

2012-06-24 18:33:14 | 2009年産
サンビスタ

■5/16 厩舎周りの引き運動⇒プール調教 *レース後に両前のソエを気にしていることから、昨日、今日と引き運動で様子見。明日からは軽めの乗り運動を再開する予定。今のところ、来週の木曜日に函館競馬場へ移動し、6/10函館(日)ダ1700・牝を目標に調整していく。「レーザーや水冷で治療していますが、まだソエを気にしているようですね。今のうちに体をふくらませて、良い状態で移動させられるようにしたいと思います」(助手)
■5/23 角馬場(軽めの調整) *明日、函館競馬場に向けて出発する予定。今のところ、6/10函館(日)ダ1700・牝への出走を目標に進めていく。「少し軽めのメニューで様子を見たことで、ソエも落ち着いてきましたね。以前は場所が替わると力むところがありましたが、今は大分リラックスできています。この感じなら、函館に移動しても力むことはないでしょう。次走について一応の目標はありますが、移動後の状態やメンバーを考慮して決めたいと思います」(師) ⇒24日、函館競馬場に向けて出発。
■5/30 角馬場⇒函ダ(強めキャンター) *テンはゆっくり入り、徐々に加速。ラストのみ15-15程度にスピードを上げ、ゴール板を過ぎてからも少し脚を伸ばした。まだ若干左前肢のソエを気にするところはあるが、落ち着きもあって動きは良好。函館競馬場に移動してからも、順調に調整している。来週の(日)ダ1700・牝に出走予定。「多少ソエを気にするところはありますが、雰囲気は悪くないですね。走りに影響している感じはありませんし、レースでは大丈夫でしょう。テンションの上がりやすい馬ですが、こちらにきてからは落ち着いていますし、滞在の効果にも期待したいですね」(助手)
■6/3 函ダ 併せ馬で5Fから  70.7-54.9-40.8-12.6(ブック)強目に追う    
グラッツィア(古1000万)馬なりの内を0.4秒追走3F併同入
■6/6 *この中間に右前の球節に腫れを確認。獣医師の診断によると、捻挫をしたとのこと。程度としては重くはないが、今後の進め方について相談した結果、一旦放牧に出して立て直すことになった。明日、グランド牧場へ移動する予定。「軽い捻挫のようです。獣医さんに触診してもらうと痛がりますし、1つ勝っている馬ですから無理せず休ませることにしました。申し訳ございません」(助手)  ⇒7日、グランド牧場へ移動。
●6/12 到着後、すぐに獣医師の診断を受け、「それほど、患部に腫れや熱は見られない」との所見を得ているが、念には念を入れ、現在は舎飼いして様子を見ている。また、前後の蹄鉄を外し、患部のケアとして冷却治療を行った。なお、近いうちに、心身のリフレッシュを目的に笹針治療を行うことも検討している。

●6/19 昨日、笹針治療を行っているが、全体的に疲れがあったようだ。なお、現在は舎飼いにして様子を見ている。右前肢の状態とも相談しながら、今後の進め方を検討していく方針。

**********************

初勝利後、函館で次走を予定していたサンビスタでしたが、直前で軽い捻挫を発症。
現在は生まれ故郷のグランド牧場で休養中です。

できれば北にいる間に札幌開催で復帰してくれればと思います。

グランド牧場、角居厩舎といえば今年の募集馬のダッシングハニーは素晴しいですね。
できれば様子見をしてから出資したいのですが、この馬は大人気の模様。
抽選覚悟で一口行くか悩ましいところです。
コメント

サファーガ、しがらきで立て直し

2012-06-24 17:49:00 | 2009年産
サファーガ

5/16 橋田厩舎

16日は軽めの調整を行いました。「追い切りの動きが良く、時計もしっかり出ていたので期待していましたが、レースではちょっと息遣いが良くなかったようで、残念な結果になってしまいました。素質的にもっとやれる馬ですが、まだ中身がしっかりしていない部分もあるのかもしれません。権利を確保できず間隔を空けないといけないということもありますし、一度放牧に出して立て直したいと思います」(橋田師)17日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

5/17 NFしがらき

17日にNFしがらきへ放牧に出ました。

5/22 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「息遣いが悪いということでしたので、こちらに到着後、念のために内視鏡検査をしましたが、ノドに異常はありませんでした。その他では、ちょっと背肉が落ちているようなので、まずは体を戻すように角馬場で体を動かしてから坂路を常歩で歩かせるなど、ゆったりした調整を行っていきます」(NFしがらき担当者)

5/29 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間からは周回コースと坂路を使っての調教を開始しています。やればしっかりと動いてしまうタイプですが、まだ馬体の張りも物足りませんし、焦らず背腰のケアをしながらじっくりと進めたいところです」(NFしがらき担当者)

6/5 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続きしっかりと乗り込んでいます。自然と終い15秒ぐらいまで出てしまうのですが、息遣いは気になりませんね。まだ馬体の張りはもうひと息というところですし、じっくりと良化を促していきます」(NFしがらき担当者)

6/12 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「継続的に終い15秒ぐらいのところを乗っていますが、ちょっと疲れが出たようで皮膚炎が見られます。また体質がしっかりしきれていないのでしょうし、あまり焦らずに進めていきたいですね。ただ、乗った感じは以前よりも力強くなっていますし、休ませずしっかりと動かしていきます」(NFしがらき担当者)

6/19 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。「苦しいところを乗り越えて、皮膚炎も治まりました。この中間はコンスタントに15-15を乗るようにしていますが、背腰など気になるところはありませんし、脚元も落ち着いています。このまま15-15を消化してさらに良化を促していきます」(NFしがらき担当者)

**********************

前走で次走の優先を取れなかったサファーガ、やはりNFしがらきへ放牧となりました。
しがらきでは皮膚炎等もありまだ完調とはいえないようです。
復帰まではまだ時間がかかりそうですが、まだ未勝利の身なので早めの復帰をお願いします。

コメント

ヴェルデライト、NF早来へ

2012-06-24 17:32:03 | ヴェルデライト(引退)
中央復帰レースの後は休養中のヴェルデライトですが、NF天栄からNF早来へ移動。
順調によくなっているようで北海道開催中の復帰を目指しています。
休み明けのレースでも十分に勝負になった内容からこのクラスでも十分に通用するはず。
札幌での復帰戦が楽しみです。

ヴェルデライト

5/1 NF天栄

ウォーキングマシン調整を行っています。「脚元の疲れを考慮してこちらへ帰ってきましたので、改めてチェックしています。今のところ無理をさせなかったこともあってか球節まわりの張りは少しあるものの顕著に不安を見せることはありません。ただ、慎重に見たほうがいいのは確かですし、場合によっては夏の北海道開催を視野に入れることもできるので、このあとはいったん北海道へ移動させて現地でケアを行うことになりました」(天栄担当者)

5/8 NF早来

先週末にNF早来へ移動しました。周回コースでハロン22~23秒のキャンター2400mの調整を行っています。「脚元の状態を見ること、可能ならば北海道開催を視野に入れるということのようで、先週、天栄からこちらへ移動して来ました。到着後数日は様子を見たものの軽めに動かすレベルであればそれほど問題ないようなので、軽めのところから動かし出しています。今週から乗り始めたのですが、馬場で軽めのキャンターを行っています。まず最初は様子見程度ですし、少しずつですね。馬体重は465キロです」(早来担当者)

5/15 NF早来

周回コースでハロン20~22秒のキャンター2400mの調整を行っています。「移動してきて少し経ちましたが様子を見ながら軽めに動かしていても脚元の状態が悪くなることはなさそうです。そのことからほんの少しだけですがハロンペースを上げて20秒ちょっとのスピードでキャンターを行っているところです。毛ヅヤなどを見ていてもまだまだ良化の余地がある馬でしょうし、大事に行きたいですね。馬のコンディションに合わせながら少しずつ進めていくつもりです」(早来担当者)

5/22 NF早来

周回コースでハロン20~22秒のキャンター2400mの調整を行っています。「脚元、体調ともによく様子を見ながら日々の調教を行うようにしていますが、状態が下降するようなことはありません。まだ本調子までには至っていないようにも見えるだけに、時間をかけながら良化を促していければと思います」(早来担当者)

5/29 NF早来

周回コースでハロン20~22秒のキャンター2400mの調整を行っています。「順調ですね。調教内容は先週までと同じものでコースにてハロン20秒ちょっとのペースでじっくり乗るものにしていますが、脚元は安定していますし、総体的に見ても大きな変化はありません。まだ本格的な調教へ移行していくには心もとないので時間をかけていきますが、可能ならば札幌開催中のどこかで復帰を目指せれば理想的ですよね。馬体重は478キロです」(早来担当者)

6/5 NF早来

周回コースでハロン18~20秒のキャンター2400mの調整を行っています。「この中間よりキャンターペースを少しだけあげています。そのことが示しているのですが、馬の具合は徐々に上向いてきて良くなってきていますよ。首周りはまだ細いのですが、体が戻ってきて張りもだいぶ良くなってきました。いい雰囲気です。これならば札幌開催を目指していけそうだと話をしているところで、ある程度の形になってくれば逆算しながら調整を進めていけるでしょう。馬体重は493キロです」(早来担当者)

6/12 NF早来

週3回は周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行っています。「この中間から坂路にも入り出しました。今では周回のみの日と坂路入りする日を交互に設けて乗るようにしていますが、背腰を含めて馬体に反動という反動は見られません。ただ、これまでじっくりやってきてようやく上向いてきた経緯もありますから、その都度しっかり馬のコンディションを見ながら乗っていきたいと思います」(早来担当者)

6/19 NF早来

週3回は周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行っています。「調教のメニュー自体に変わりはありませんが、変わらないことがいいことです。このまま順調に行けば札幌開催中のどこかで次走を目指すことになるでしょうし、もうしばらくはこちらでじっくり乗り込んでいくイメージになると思います」(早来担当者)


コメント

クリアザウェイ、函館で降級戦へ

2012-06-24 17:06:59 | クリアザウェイ(引退)
本日出走したクリアザウェイは6着。
降級戦でもあり2番人気に支持されましたが、良い結果は出ませんでした。
スタート後に前に行けなかったことにより、道中脚を使い過ぎてしまった印象です。
500万は勝てる力はあると思いますので、そのうちチャンスは来ると思いますが、権利を取れなかったのは痛いですね。
今回は休み明けだったので、次走は今回以上の結果を期待します。

クリアザウェイ

2012/4/28 山元TC

本日4月28日(土)に山元TCへリフレッシュ放牧に出ました。

2012/5/14 山元TC

山元TC到着後も変わりなく調整できています。直線坂路でハロン16秒を毎日2本乗っており、5月8日(火)からハロン15秒の調教を取り入れました。背中から腰、お尻にかけて疲れが出やすいため、しっかりケアを施しながら調整しています。夏の函館開催での出走を目標にしています。現在の馬体重は491kgです。

2012/5/28 山元TC

順調に乗り進められています。直線坂路でハロン16~15秒を毎日2本乗っており、週2回はハロン14~13秒に強めています。馬体重は501kgで、体が増えるとともに動きも良化しています。6月14日(木)頃に函館競馬場に帰厩させる予定です。

2012/6/4 山元TC

当初の予定が繰り上がって、今週末6月10日(日)の函館競馬場帰厩を予定しています。

2012/6/8 山元TC

山元TCでの調整は順調で、週末6月10日(日)函館競馬場への帰厩をが決定しています。夏のクラス編成変えで500万下クラスへ降級しており、6月24日(日)函館・ダート1700m(牝馬限定)戦への出走を目指すことにします。

2012/6/11 函館競馬場

6月10日(日)函館競馬場への帰厩しました。6月24日(日)函館・ダート1700m(牝馬限定)戦への出走を目指します。

2012/6/14 函館競馬場

来週6月24日(日)函館・ダート1700m(牝馬限定戦)に丸山騎手で出走を予定しています。先週(日)函館競馬場に帰厩後も順調です。きのう(水)ウッドで速めを追いました。山元TCでもしっかりと調教していましたので、動きや息の入りともに良く、来週もう1本やれば十分と見ています。多少はイライラとした様子も見せていますが、飼食いなどは問題ありません。当日の落ち着きがカギとなりそうです。

2012/6/20 函館競馬場

今週6月24日(日)函館・ダート1700m(牝馬限定戦)に丸山騎手55kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート13頭のところ、現時点で本馬を含めて14頭が出走を表明していますが、レース間隔から6番めとなる本馬は、このままならば出走可能です。今日(水)はウッドで5Fから68-53-13秒程度の時計をマークしました。イライラは解消してきて、馬房でも落ち着きある姿を見せています。動きや馬体の張りは素晴らしく、ここは好勝負を期待します。

2012/6/21 函館競馬場

今週6月24日(日)函館・ダート1700m(牝馬限定戦)に丸山騎手55kgで出走が確定しています。動きや馬体の張りは素晴らしく、ここは好勝負を期待します。

2012/6/24 函館競馬場

6月24日(日)函館・ダート1700m(牝馬限定戦)に丸山騎手で出走、馬体重は前走から8kg増の486㎏でした。レースはほとんど差のないスタートを切ると、その後は逃げる1頭をマークするかたちで2番手を追走していきました。3~4コーナーでは気合いの鞭をいれて、前に食らい付こうとしましたが、そこからは逆に脚色が鈍ってしまい、最後は勝ち馬と1.2秒差の6着で入線しています。レース後、丸山騎手は「きょうは思っていたよりもスタートからスッと行き脚がつかない面があり、その後は3コーナーぐらいから脚色が一杯になってしまいました。若干、馬体が太い印象でしたし、それに伴って息遣いも重い感じでした。その分、一度使ってからの上積みがあると思います」とコメントしていました。

■調教タイム
2012/06/13 助手 函館 W 良 68.9 -53.3 -39.8 -12.5 6 馬ナリ余力
2012/06/17 助手 函館 W 良 56.9 -41.2 -13.0 8 馬ナリ余力
2012/06/20 助手 函館 W 不 68.3 -53.6 -39.9 -13.4 9 強目に追う
ローンウルフ(古1000万)末強目の外を0.9秒先行同入



2012.05.17 山元TC

 
2012.06.13 函館競馬場


2012.06.20 函館競馬場

 
2012.06.24 函館競馬場

コメント (2)

コーイヌール、良いところなしの12着

2012-06-24 16:34:00 | コーイヌール(引退)
コーイヌールの中央復帰3戦目は12着。
芝2戦目で前進も少しはあるかと思いましたが、全くいいところがありませんでした。
レース後の話では全力で走っていないという見解もありますが、これが実力ではないのでしょうか。

いろんな意味でこの馬の今後が、一口生活の命運を握っています。
来週には早くも出走しそうなので、頑張ってほしいです。

コーイヌール

2012/5/14 山元TC

山元TC到着後はマシン運動2時間にとどめています。右前脚の裂蹄は下がってきており、もう心配はいりません。その他も特に問題ないため、近々乗り出す予定です。現在の馬体重は458kgです。

2012/5/28 山元TC

現在は直線坂路でハロン16~15秒を毎日2本乗っています。現在の馬体重は464kgで、もう少し体を大きくしたいのが本音です。それでも順調に調教を重ねることができており、脚元も問題ありません。腰からお尻にかけての筋肉に疲れが溜まりやすいため、ケアをしながら乗り進めています。今週5月30日(水)の美浦TC帰厩を予定しています。現在の馬体重は464kgです。

2012/5/30 美浦TC

山元TCで順調に調整されて、本日5月30日(水)美浦TCに帰厩しました。6月17日(日)福島・芝1800m戦を本線に調整していくことにします。

2012/5/31 美浦TC

6月17日(日)福島・芝1800m戦を本線に調整しており、相手関係を睨みながら、前日16日(土)福島・開成山特別(芝2600m)にも特別登録を行います。週末から速めの調教を行う予定です。

2012/6/7 美浦TC

予定通り6月17日(日)福島・芝1800m戦を本線に調整しており、相手関係を睨みながら、前日16日(土)福島・開成山特別(芝2600m)にも特別登録を行います。日曜日のレースは、中谷騎手に騎乗依頼をしています。きのう6日(水)はポリトラックで5F66.9-51.4-38.1-13.1秒をマークしています。金成調教師は「この中間も変わりなく来ています。1800mのレースを本線に考えていますが、頭数が少なくなることも念頭に、2600mのレースにも登録を行います」とコメントしています。

2012/6/11 美浦TC

今週6月16日(土)福島・開成山特別(芝2600m)に登録しました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて26頭の登録があります。

2012/6/13 美浦TC

今週6月17日(日)福島・芝1800m戦に中谷騎手57kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて16頭の出走表明にとどまっています。きょう(水)追い切りました。園田からの転入後2戦めの芝戦で上昇が見込めそうな状態です。

2012/6/14 美浦TC

今週6月17日(日)福島7R・芝1800m戦に中谷騎手57kgで出走が確定しています。きのう(水)は中谷騎手を背にポリトラックで追い切りました。状態は変わらずに好調をキープできており、今回はブリンカーを付けてさらなる前進を図りたいと考えており、レースでは最後まで集中して走って欲しいところです。

2012/6/17 美浦TC

6月17日(日)福島7R・芝1800m戦に中谷騎手57kgで出走、馬体重は前走から+4kgの464kgでした。スタートを決めて積極的に4番手の馬群の切れ目をキープ。ところが4コーナー手前から手応えが怪しくなり、直線後退の12着に敗れました。勝ち馬とは2秒9差でした。中谷騎手は「ブリンカーが効いているようで、楽に好位をとれました。ただ今日は流れがかなり速く、向正面に入っても息が入るところがありませんでした」と、厳しい展開を振り返っていました。金成調教師が「たしかにきついペースでした。でも欲をいえば、もう一段、上のギアがほしいところですね。芝で差す競馬を試すか、あるいはもういちどダートに戻してみるか……それで変わってきてくれないですかね」と語るように、なにかひとつのきっかけがほしいところです。頭数と体調次第で連闘も検討します。

2012/6/20 美浦TC

前走レース後は脚元に異状はなく、厩舎かかりつけの開業獣医師によれば、腰に少し疲れがある程度で、全力で走っていないのではないかという見解でした。毎日マイクロレーダーによるケアを行っており、あす21日(木)から馬場入りを再開していきます。次走では長めの距離を使ってみたく、それに合わせた調教法も取り入れていきます。出走間隔から出走できるかどうかはわかりませんが、来週6月30日(土)福島・芝2600m戦も候補に挙がっています。

2012/6/22 美浦TC

来週6月30日(土)福島・芝2600m戦に向けて調整を続けており、ここは減量3kgの嶋田騎手を手配しました。

■調教タイム
2012/06/03 助 手 美南 坂 稍 1 回 -55.1 -40.0 -26.4 -12.9 馬ナリ余力
2012/06/06 助 手 美南 P 良 66.9 -51.4 -38.1 -13.1 8 一杯に追う
メトロシュタイン(障未勝)馬ナリの外を1.3秒先行4F付0.1秒遅れ
2012/06/10 助 手 美南 P 良 71.1 -56.1 -41.3 -13.2 7 馬ナリ余力
2012/06/13 中 谷 美南 P 良 55.4 -39.6 -13.1 4 G前仕掛け
マージービート(古500万)強目の内を0.4秒追走0.1秒先着

■競走成績
2012/06/17 福島 3歳以上500万下 16頭 12人気 12着 中谷 57.0kg 芝1800M 良 1.50.2 464kg



2012.05.16 山元TC


2012.06.17 福島競馬場
コメント (2)

ミレニアムゴールド、古馬相手でも5着

2012-06-24 16:09:22 | 2009年産
ミレニアムゴールド

2012/3/21 NFしがらき

レース後は馬体に異常はありません。昨日3/20(火)にNFしがらきへ短期放牧に出ており、リラックスできるこちらの環境で馬体を緩ませないように乗り込みを続けていきます。

2012/3/30 NFしがらき

しばらくウォーキングマシンの運動で楽をさせてから、騎乗を再開しています。特に気になる箇所もないのでこのまま調教を進めて次回の入厩に備えます。現在の馬体重は474kgです。

2012/4/13 NFしがらき

この中間も周回コースと坂路コースを併用しながら順調に乗り込まれています。速めキャンターも消化しており、心身のリフレッシュが図れていますので、入厩へ向けてしっかりと態勢を整えていきます。現在の馬体重は472kgです。

2012/4/27 NFしがらき

周回コース3000mとハロン20秒くらいのキャンターで乗りながら、週2日は坂路コース(800m)でハロン15秒の速めの調教を課しています。引き続き順調に進めており、調子が上がってきました。そろそろ次の入厩のタイミングを計りたいところです。現在の馬体重は477kgです。

2012/5/7 NFしがらき

速めの調教も順調に消化しています。5/8(火)栗東TCへの入厩が決まりました。

2012/5/9 栗東TC

5/8(火)栗東TCに入厩しました。さっそく坂路で乗っており、5/10(木)に時計を出すかもしれません。NFしがらきで乗り込んでいたので、すぐに出走態勢は整いそうです。

2012/5/10 栗東TC

5/10(木)はCWコースで併せて追い切り、6ハロン87.5-70.1-54.0-39.6-11.7秒をマークしました。レースや調教でややかかる面があることから、次走は距離を短縮することも検討しています。5/27(日)京都・ダート1400m戦あたりのレースが候補として挙がっています。

2012/5/16 栗東TC

来週5/27(日)京都・ダート1400m戦に出走予定です。鞍上は調整中です。この中間も順調で、今週の追い切りは明日(木)に行う予定です。

2012/5/17 栗東TC

5/17(木)は坂路コースで追い切り、半マイル52.8-38.5-25.3-12.9秒の時計をマークしました。

2012/5/23 栗東TC

今週5/27(日)京都・ダート1400m戦に川須騎手で出走予定です。ただし、フルゲート16頭にたいして29頭が出走表明しており、除外の可能性があります。5/23(水)はCWコースで追い切りを行い、併せ馬で6ハロンから84.0-67.4-52.6-39.0-12.2秒の時計をマークしています。1800m戦でひっかかるところがありましたので、1400mへの距離短縮は合っていると見ています。うまく出走枠に入ればチャンスはありそうです。

2012/5/24 栗東TC

5/27(日)京都5R・ダート1400m戦に川須騎手で出馬投票しましたが、多頭数のため抽選で除外されました。来週以降の出走に目標を切り替えますが、次開催からは古馬との混合戦になります。

2012/5/30 栗東TC

今週6/3(日)阪神・ダート1400m戦に川須騎手で出走する予定です。ただし、想定からは出走間隔の関係で除外になる可能性があります。本日5/30(水)は坂路コースで追い切られ、半マイル55.4-40.5-26.2-12.5の時計をマークしました。除外で1週延びましたが状態は維持しています。初めての古馬相手となりますが、54kgの斤量を活かして好勝負を期待します。

2012/5/31 栗東TC

6/3(日)阪神12R・ダート1400m戦に村田騎手で出走が確定しています。このレースは16頭立てになりました。なお当初騎乗予定の川須騎手は先約があったため、村田騎手騎乗となっています。

2012/6/3 栗東TC

6/3(日)阪神12R・ダート1400m戦に出走、馬体重は458㎏(-8)でした。五分のスタートから控えて、6番手くらいの馬群の中を追走していきました。先行集団が競り合うも慌てることなく、直線に入ってからは外にだすことができました。直線ではジリジリと伸びて、バテることなく好走し、勝ち馬から0.8秒離されましたが5着と掲示板を確保しています。村田騎手は「スタート直後の芝も問題なく、むしろダートで走りが鈍くなっていた感じがしました。ある程度前めの位置取りも、砂を被って嫌がる素振りをみせていたんです。直線で追い出すと脚を伸ばしていましたが、被せられると気にはしていましたね。スピードがあるので1400mの距離も大丈夫ですし、芝でも通用するかもしれません」とのことで、池江調教師は「古馬相手に健闘しましたね。次走への優先権が取れましたので、このまま続戦していく予定です」とのコメントがありました。

2012/6/6 NFしがらき

前走レース後は馬体に変わりありません。ただし、レース後やや馬のテンションが高くなっていることから、本日6/6(水)に一旦、NFしがらきへ短期放牧に出ることになりました。前走で着順による次走への優先権を確保しましたので、優先権が使える1ヶ月以内のレースに合わせて再度入厩する予定です。

2012/6/15 NFしがらき

ウォーキングマシンの運動を経て騎乗を開始したのですが、右前脚の膝ウラにいくらか腫れの症状が出てきました。念のために検査も行って問題がないことを確認していますが、池江調教師と相談して優先出走権の有効期間内での出走にはこだわらないことにしました。そのためしばらくは無理せずウォーキングマシンの運動に留めて、脚元に負担をかけないようにして経過を観察します。現在の馬体重は466kgです。

■調教タイム
2012/05/09 助 手 栗東 坂 良 1 回 -64.2 -46.8 -30.6 -14.7 馬ナリ余力
2012/05/10 助 手 栗東 CW 良 87.2 -70.0 -53.8 -39.4 -11.9 8 一杯に追う
ウインサーガ(三500万)一杯の外を0.6秒先行クビ遅れ
2012/05/12 助 手 栗東 坂 良 1 回 -65.4 -47.4 -30.9 -14.9 馬ナリ余力
2012/05/13 助 手 栗東 坂 良 1 回 -57.2 -41.9 -27.6 -13.5 馬ナリ余力
2012/05/16 助 手 栗東 坂 良 1 回 -66.1 -48.0 -30.9 -14.9 馬ナリ余力
2012/05/17 助 手 栗東 坂 良 1 回 -52.8 -38.5 -25.3 -12.9 一杯に追う
ワールドエース(三オープン)一杯を0.4秒先行0.1秒遅れ
2012/05/20 助 手 栗東 坂 良 1 回 -56.2 -40.5 -26.2 -13.0 馬ナリ余力
2012/05/23 助 手 栗東 CW 良 84.0 -67.4 -52.6 -39.0 -12.2 8 一杯に追う
マウントシャスタ(三オープン)一杯の外を0.5秒先行クビ遅れ
2012/05/27 助 手 栗東 坂 良 1 回 -60.4 -44.6 -30.0 -15.0 馬ナリ余力
2012/05/29 助 手 栗東 坂 良 1 回 -63.2 -46.2 -29.8 -14.6 馬ナリ余力
2012/05/30 助 手 栗東 坂 良 1 回 -55.4 -40.5 -26.2 -12.5 馬ナリ余力

■競走成績
2012/06/03 阪神 3歳以上500万下 16頭 5人気 5着 村田 54.0 ダ1400M 良 1.24.7 458KG

**********************

3月以来の久しぶりの出走となったミレニアムゴールド。
今回は、初の1400M、古馬との初対戦となったレースでしたが5着はまずまずの内容でしょう。
ジョッキーが言うように、スタート後の芝の走りも良かったので、次は芝を試してほしいですね。
しかし、休養中のしがらきで脚元に不安が発症して次走は未定とのこと。
3ヶ月に1走では話になりません。早く帰厩してほしいですね。


2012.01.08 京都競馬場


2012.02.10 NFしがらき


2012.03.18 阪神競馬場


2012.06.03 阪神競馬場
コメント

ハルシュタット、昇級戦10着

2012-06-24 15:57:28 | 2009年産
ハルシュタット

5/2 清水出厩舎

2日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬はこれまでの結果からも期待の大きいレースでしたが、それにしても強い勝ち方でした。前向きすぎる気性なので距離を短縮するのはプラスだろうと思っていましたが、時計も速かったし、あの内容なら1400でも十分やれるでしょう。レース後は特に問題ありませんが、明日から乗り出して見て再度しっかりと馬体をチェックします。このまま反動が出ないようなら、次の京都の最後を目指したいと思っています」(清水出師)27日の京都競馬(3歳500万下・ダ1400m)に幸騎手で出走を予定しています。

5/9 清水出厩舎

9日は軽めの調整を行いました。「今朝は坂路で軽く70秒程度のところを乗っています。牝馬ですし、あまり根を詰めて乗りすぎないように注意して動かしていますが、ここまでは脚元も安定しています。まだ毛ヅヤなど本物ではなく、良くなるのは先だと思いますが、それでもいいパフォーマンスを見せてくれていますからね。これから代謝も良くなる季節ですし、ジワッとペースを上げていって再来週のレースに向けて進めていきます」(清水出師)27日の京都競馬(3歳500万下・ダ1400m)に幸騎手で出走を予定しています。

5/17 清水出厩舎

16日は軽めの調整を行いました。17日は栗東坂路で追い切りました(58秒4-41秒2-26秒1-12秒8)。「今朝はEコースを半周してから、坂路で馬なり程度。他に馬がいない遅い時間帯でしたので、前半はゆったり走れていましたし、終いも追うところなく12秒8といい調整ができました。ここにきて冬毛もほとんど抜けて見栄えが良くなってきましたし、前走の前よりも体調が上向いているのが分かりますよ。来週の競馬に向けて週末も15-15ぐらいは乗っておくつもりです。3歳限定戦最後の週なので頭数は多くなると思いますが、なんとか入ってくれればいい勝負ができると思います」(清水出師)27日の京都競馬(3歳500万下・ダ1400m)に幸騎手で出走を予定しています。

5/23 清水出厩舎

23日は栗東坂路で追い切りました(53秒3-39秒6-26秒7-13秒8)。「今朝は坂路で強めの追い切りを行いました。9時過ぎの遅い時間帯で馬場も重くなってきた頃なので、終いはやや時計がかかりましたが、全体の時計は53秒3ですからね。使ってきている馬ですから、これだけやれれば十分でしょう。あまりバリバリとはやらずに状態をキープするようなイメージで調整してきて、今のところは精神的にも安定しています。出走できればいい勝負になると思っていますよ」(清水出師)27日の京都競馬(3歳500万下・ダ1400m)に幸騎手で出走を予定しています。

5/24 清水出厩舎

27日の京都競馬(3歳500万下・ダ1400m)に幸騎手で出走いたします。

5/27 清水出厩舎

27日の京都競馬では伸び上がるようなスタートから中団の内を追走。直線はしっかりと脚を伸ばしたが、前も止まらず10着。「プラス体重でも太い感じはしなかったし、以前より馬は良くなっていました。4コーナーで他の馬にヒルむようなところを見せて、スッと動けなかったのが痛かったですね。最後は他馬と同じ脚色になってしまいましたが、しっかり伸びています。そう差のない競馬はできているので、クラス慣れすれば大丈夫でしょう」(幸騎手)「大幅な馬体増でしたが、新馬戦からはプラス4。福島遠征などで減った体が戻り、さらに成長したと考えていいでしょう。結果は10着でしたが、着順ほど差はありませんでしたし、4コーナーで怯んだみたいだから、スムーズなら巻き返せるはずです。冬毛も抜けて体調は上向いているけれど、ここまで使ってきているので、疲れがないかどうかよく見て決めます」(清水出師)今日は残念な結果でしたが、昇級戦でしたし、差のない競馬はできました。使ってきて減っていた馬体も戻っており、体調は良くなっていますから、クラス慣れすれば楽しみです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

5/30 清水出厩舎

30日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は結果こそもうひとつでしたが、着差はわずかでしたし、クラス慣れすれば十分やれるという手応えは得られましたよ。毛ヅヤを見ても体調は上向いていますが、ここまで遠征も含めて使ってきて目に見えない疲れはあるでしょうから、ここで一度放牧に出して心身ともにリフレッシュさせてあげたいと思います」(清水出師)31日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

5/31 NFしがらき

31日にNFしがらきへ放牧に出ました。

6/5 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「先週こちらに到着後、馬体に異常がないことを確認しています。デビューからコンスタントに使ってきていますので、まずはしっかりリフレッシュさせるつもりで、乗り出しはもう少し先にする予定です。今はウォーキングマシン中心に軽い運動程度ですが、特に気になるところはありませんよ」(NFしがらき担当者)

6/12 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「この中間も引き続きウォーキングマシン中心にゆったりと体を動かしています。ここまで経過しても特に疲れは見せていませんが、一度緩めてあげるというぐらいの気持ちで無理せずにリフレッシュさせるつもりです」(NFしがらき担当者)

6/19  NFしがらき

周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末からは周回コースでの騎乗調教を開始しました。しっかりと疲れを取ってから乗り出したことも良かったのか、以前よりもリラックスして、体を使って走れるようになっていますね。引き続き状態を見ながらじっくりと乗り進めていきます」(NFしがらき担当者)


・WORK-OUT TIME・
12/5/17(木) 助手 栗 坂路・良 58.4 - 41.2 - 26.1 - 12.8 馬なり余力(-)
12/5/23(水) 助手 栗 坂路・良 53.3 - 39.6 - 26.7 - 13.8 強めに追う(-)

・RACE RESULTS・
12/5/27 京都 3歳500万下 晴 良 ダ1400M 5R 1枠1番 16頭5人気 10着 幸 54KG 1:25.9(0.5) 上り38.8 468KG

***********************

初勝利をあげたハルシュタットの2戦目は10着。
終始スタートからリズムにのれない感じでした。
それでもズルズル負けではありませんので、十分にこのクラスでもやれそうです。
今はじっくり休養中ですが、復帰後の活躍も楽しみです。


2012/5/27 清水出厩舎
コメント