一口馬主の収穫日記

がんばれ!愛馬達

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヴィータアレグリア

2013-05-25 13:15:56 | 2011年産

カクタスペアの11 牝 黒鹿毛 2011/2/6生

------------------------------------------------------------------
馬名:ヴィータアレグリア
英名:Vita Allegria(伊語)
由来:「生きる喜び」の意。 多くの人を喜ばせる存在になる事を願って。
------------------------------------------------------------------

父:ネオユニヴァース×母:カクタスペア (BMS:Lion Heart)

関東 高柳 厩舎 生産:ノーザンファーム

育成:ノーザンファーム早来

所属:キャロットクラブ

-PROFILE-
流星のある小顔が特徴的で、脚はやや長めなものの前後のバランスが良く、良質で柔軟な筋肉に覆われた馬体は、父の産駒の良いとこ取りをした印象です。初仔の牝馬で春先はやや非力な印象を受けましたが、夜間放牧を経て見違えるように馬体の充実度が増してきました。全体的に必要な筋肉がつき、馬体のボリュームが増してきて、力強さも出てきました。手先の軽いキレのあるキャンター、機敏で活発に動き回る姿からは、芝コースで切れ味を武器とした活躍がイメージされるとともに、その気性から早期のデビューも期待できます。

-近況-

8/31 NF早来

馬体重:411kg 

体高:158cm 
胸囲:172cm 
管囲:19.5cm


2012/8/31 NF早来

9/26 NF早来

馬体重:425kg 

現在は厩舎内での常歩とトレッドミルでのキャンター調整を行っています。初仔ということもあり春先はやや線の細い印象でしたが、夏場の夜間放牧で心身ともに鍛えあげられ、全身を覆う筋肉にはボリューム感と力強さが出てくるまでに成長しました。普段は大人しいのですが、いざ競争という場面になると他馬より一歩でも前に出ようとする負けん気を見せています。この悍性を勝負根性という武器にできるよう鍛えていきたいと思います。


2012/9/26 NF早来

10/31 NF早来

馬体重:411kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、ロンギ場とトレッドミルでダクとキャンターを行っています。トレッドミルでバリバリと走っているように豊富な運動量を誇りますが、へこたれることはなく、しっかりと基礎体力を培うことができています。物見なども少なく、集団の先頭を歩けるなど物怖じしない性格をしているのは牝馬としては頼もしい限りです。気持ちの芯がしっかりとしていますので今後もスムーズに進めていくことができそうです。


2012/10/31 NF早来

 
2012/11/9 NF早来

11/30 NF早来

馬体重:430kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、日替わりで屋内坂路コースでキャンター調整、屋内周回コースでキャンター1800m、角馬場でのフラットワーク15分というメニューを行っています。調教中など周囲に気を使うところが多少見られますが、慣れとともに徐々に集中力が増してきました。乗っている感じとしては素軽い走りをしており、今後の調教で力強さが加わってくればという印象を受けますので、しっかりと鍛えていきます。


2012/11/30 NF早来

 
2012/12/7 NF早来

12/21 NF早来

馬体重:428kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、屋内周回コースでキャンター2500mを行っています。この馬の一番の長所は精神面が安定しており、冷静に人の指示を聞いてくれるという点です。実際にキャンターに行ってみるとアクセルとブレーキの反応が良く、トレーニングを始めてそう時間の経っていない馬とは思えないほどの乗りやすさがあります。調教では前向きな走りを見せているのも好印象で、このまま順調に力を付けながら成長していってほしいと思います。


2012/12/21 NF早来

 
2013/1/11 NF早来

1/18 NF早来

馬体重:436kg 

年末年始も順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン17秒のキャンター1本の調教を行っています。この中間から坂路コースでの調教も開始したように調整はスムーズに進んでおり、その効果から腰やトモに少しずつ実が入り後躯の力強さが増してきた印象を受けます。着実な成長を見せていますので、今後も理想的な成長曲線を描いていけるようにじっくりと育成を行い、能力を引き出していきたいと思います。

1/31 NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調教を行っています。小柄な馬体ではありますが、カイバ喰いは旺盛で体重を減らすようなこともなく順調に乗り込みを継続することができています。この時期の父の産駒らしく馬体には緩いところが感じられますが、裏を返せば伸びシロの大きさを示すものですし、着実な成長を遂げている跡は確認できますので、今後もしっかりと調教を積んで一歩ずつステップアップさせていきます。


2013/1/31 NF早来

 
2013/2/8 NF早来

2/15 NF早来

馬体重:440kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16~17秒のキャンター1本の調教を行っています。鞍上の指示にすぐ応えてくれる反応の良さを備えた馬です。そのため坂路入り後もペースアップにしっかりと対応することができていますので、調教を進めるにあたって不安な点はありません。今後もしっかりと鍛えていくことでレベルアップを図っていきます。

2/28 NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。まだまだ鍛え上げていく必要はありますが、ここまでしっかり調教を進めることができているので動き、肉体ともにいい成長を遂げていることは間違いありません。牧場を訪れた高柳調教師も「順調に進んでいるようですし、この流れでいけば早めの移動も考えていけそうですね」とコメントしてくれており、今後は早期の始動も意識しながら取り組んでいきたいと思います。


2013/2/28 NF早来

 
2013/3/8 NF早来

3/15 NF早来

馬体重:445kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。馬体や調教の動きからは更なる伸びシロが感じられる状態であるにも関わらず、坂路コースでコンスタントにハロン16秒台を計時できていることは資質の高さを表すに十分なもので、これからの更なる成長が非常に楽しみな馬です。坂路登坂後の息の入りも良くなってきましたし、早期の始動を目指して今後もしっかり調整していきたいと思います。

3/29 NF早来

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調教を行っています。ここまでしっかりと乗り込んで体力を付けてきたことにより、トレーニング後の疲労回復が早くなってきた印象を受けます。坂路コースでハロン15秒台の時計を出し始めましたが問題なく対応していますし、ここまでいい成長を見せてくれていることは間違いありません。奥のありそうな素軽い走りを見せるなどここ最近の進展度から早期の移動も視野に入れています。


2013/3/29 NF早来

 
2013/4/12 NF早来

4/15 NF早来

馬体重:449kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15~16秒(週1回はハロン17秒)のキャンター1本の調教を行っています。坂路コースで継続的に速めの時計を出すなど高い負荷をかけた調教を展開していますが、堪えた様子は一切ありません。元から見せていた反応の良さは、ここ最近は瞬発力となって表れており、乗り手がゴーサインを出した時の加速は冬場とは異なるものになってきました。現状でもいい仕上がりを見せていることから早期の移動を目指していますが、徐々に力強さが兼ね備わってきている点、そして父の産駒ということを考えるとこれからの伸びシロも十分に期待できるでしょう。

4/18 NF早来

引き続き、周回コースと屋内坂路を併用した調教をしっかりとこなしており、屋内坂路コースでは週2回の頻度でハロン15秒のキャンターを消化しています。「移動に向けた調教を順当に消化しています。ハロン15秒をマークしてからしばらく経ちますが、音を上げることなくこちらの要求にしっかりと応えてくれています。仕上がり具合を確認した高柳師から早期に移動させたいという話をもらいましたので、移動に向けて態勢を整えているところです。反応の良さが本馬の売りで騎乗者の合図に対してすぐにギアチェンジを行うことができますし、瞬発力を下支えする力強さが備わってきたことも感心できる点です。ここまでいい成長過程を踏んでいますし、今後がとても楽しみです」(早来担当者)「定期的に北海道へ見に行っていますが、順調に調整できていて何よりです。前はいかにも線が細目の牝馬という感じでしたが、最近は当時に比べると体つきもだいぶしっかりしてきましたし、徐々にいい形になりつつあると思います。気性も前向きだし、仕上がりの早いタイプと思っていましたが、調教のほうも順調。先日も見てきましたが、問題なさそうで早期デビューを目指せそうな状態です。競馬で求められるようなトップスピードでの走りはまだしていないでしょうし、そのあたりはこれからですが、印象としては軽そうな走りをするタイプに見えますので、夏のデビューを目指していければと思っています。今後の馬の体調等を考慮しながらですが、早ければ来週あたりにいったん天栄へ動かすことになると思います。その後、輸送等の疲れをケアして少し調整してもらって大丈夫なようならば最短で今月中の入厩を検討したいと思っています」(高柳師)早期始動を検討できる状態になってきたことから早ければ来週中にもNF天栄へ移動し、現地で状態を確認して、問題ないようであれば今月中にも美浦トレセンへ入厩する予定です。トレセン入厩のタイミングで本馬への出資受付は締め切りとなりますので、出資をご検討されています方はお早めにお申し込みを頂きますようお願い致します。


2013/4/18 NF早来

4/25 NF天栄

早期でのトレセン移動を視野に入れて25日にNF早来を出発し、NF天栄に向けて移動しました。「この中間も順調に調整を進めることができましたので、本州へ向けて本日送り出しました。初めての長距離移動となりますのでNF天栄で少し様子を見た後、入厩を検討していくと高柳師より伺っていますので、無事に到着してくれればと思います。反応が良く、素軽い走りを見せる馬で、まだまだ伸びシロを感じるだけにトレセンでトレーニングを積むことでさらに逞しく成長してくれると期待しています」(早来担当者)

4/30 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週北海道からこちらへ移動してきました。まずは入厩に備えて輸送のケアと体調を整えつつこちらで少し乗っていく予定です。今のところ体調の狂いはなさそうで軽めに動かしていますが、様子を見つつ徐々に乗り進めていきたいと思っています。タイプ的には早期デビューを考えていきたい馬ですね。調教師も来場する予定ですが、体調を見ながら入厩のタイミングを図っていくことになると思います」(天栄担当者)

5/5 NF天栄

「天栄へ移動して少し経ちますが、先週確認をしに牧場へ見に行ったときは少しだけ疲れもあったようなんです。ただ、想定はしていましたから当初よりすぐの入厩ではなく天栄で体調を整えてもらってから段取りを組みたいと考えていました。最初の計画よりは余裕をもたせていただきましたが、その甲斐もあり、じんわり動かしてもらったことで体調も問題なくなり雰囲気も悪くありません。あくまでもこのまま体調が整い良化傾向を築いていけているようであればということになるでしょうが週末あたりの検疫を確保して入厩をさせていただければと考えています」(高柳師)検疫枠の確保状況により前倒しになる可能性もありますが、今のところ11日の検疫を確保した上で美浦トレーニングセンター・高柳瑞樹厩舎に入厩し、デビューに向けた調整を開始する予定です。予定通りの日程で入厩となる場合は、本馬への出資申込は5月9日(木)17時30分をもって締め切らせて頂きます。本馬に出資をご検討の方はお早めにお申し込みを頂きますようお願い致します。

5/7 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整も行っています。「先週調教師に状態を確認してもらいましたが、その後順調に動かせていますし、体調もまずまずですよ。最初は馬場でじっくり動かすようなメニューでしたが今週は坂路にも入れていて今朝はハロンペースでいえば16秒から15秒くらいのキャンターも乗っていますよ。このままコンディションに問題なければ今週末あたりに入れたいとも聞いていますし、体調を整えて送り出せるようにしたいです。馬体重は438キロです」(天栄担当者)

5/11 高柳厩舎

11日に美浦トレセン・高柳瑞樹厩舎へ入厩しました。

5/15 高柳厩舎

15日はゲート練習中心のメニューを行いました。「予定通り先週の土曜日の検疫を確保でき、入厩させていただきました。北海道から天栄までの輸送で疲れが見られた部分があったので気を付けてこちらでの調教も始めました。初日の日曜日は角馬場でじっくり動かすことに終始し、全休日明けも問題なかったので角馬場で動かした後、坂路を軽く登らせるないようにしました。その際は特段気にならなかったのですが、しばらくして左肩の出た硬くなり、若干ですがスクミの症状を見せていました。体力のついていない若馬ですし、気持ちも高ぶりやすいところがあるので、スクミについては致し方ない部分もあるでしょう。気持ちの部分では比較的落ち着いて見えていますがせわしない感じも時々見受けられます。突然スイッチが入ることもありますし、そのあたりのコントロールも上手にしていけるように接して育てていければ理想的と思っています。ゲートに関してはまだ駐立までですが、目立った癖や課題を見せていませんし、順調に来ていると思いますよ。よろしくお願いいたします」(高柳師)


2013/5/15 高柳厩舎

5/22 高柳厩舎

22日にゲート試験を受けて見事一発合格しました。「入厩後は体調面をよく見ながら動かしてきていますが、まずまず順調に来ていると思います。少し硬くなりがちでスクミの気があるように感じていることもあり気を配りつつ調整していますが、今週のお休み明けはちょっと症状が見られました。ただ、そうは言っても酷いものではなく、気にすれば気になる程度のものです。調整のバリエーションを増やせるようにプールの練習も行ってきましたし、状況に応じていろいろと工夫していきます。また、左の首肩が少し張り気味なのでそのあたりの対応もしっかりやっていきたいですね。今朝の様子を見る限りでは問題ないレベルかなと思いましたし、先週の練習状況からうまく行けば合格までもらえるかもしれないと思えました。それで練習がてら今朝ゲートへ行ったところ、速くはないのですが普通に出てくれ入りも駐立もそこまで問題がなかったことから見事合格をもらえましたよ。まずはすんなりと最初の課題をクリアしてくれました。この後に関しては疲労度合いを見ながらになりますが、大丈夫そうならば早期デビューを目指して進めていきたいと思っています」(高柳師)

******************

出資馬カクタスペアの初仔でもあり、大きな問題がなければ出資を考えていましたので、移動の段階で出資させていただきました。
クラブから積極的な販促活動にも関わらず最終的には満口にはならなかったようですね。

血統的にはネオの牝馬でもありどうかと思いますが、母系をたどれば旬のStormCatの名前もありますので嵌れば活躍も期待できると思います。
なによりすでにゲートを合格していますので早ければ府中や函館開催からデビューできるのは大きなアドバンテージです。
故障に泣きデビューできなかった母の名を高めるためにも頑張ってほしいです。

コメント (2)

ケイティーズスター

2013-05-25 13:14:37 | 2011年産
-------------------------------------------------------------------------------------------
馬名:ケイティーズスター
英名:Katies Star(英語)
由来:母名の一部+星。ケイティーズ一族の輝く星になって欲しいとの願いを込めて。母名より連想。
-------------------------------------------------------------------------------------------

ケイティーズスター

 
2013/1/11 NF空港

1/18 NF空港

馬体重:458kg 

年末年始も問題なく過ごしており、この中間も順調に乗り込んでいます。現在は400m周回ダートコースを用いてキャンター2400mを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒で2本元気に登坂しています。先月と同様の調整ペースで乗り込んでいますが、坂路コースでの動きは変わらず良好で、現在のメニューを楽にこなすことができています。乗り役の指示にも素直な馬なので、今後も問題なく調整負荷を高めていくことができそうです。

1/31 NF空港

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は400m周回ダートコースを用いてキャンター2400mを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒で2本元気に登坂しています。ここまでの乗り込みの効果で筋肉にはメリハリが出てきて、見た目にもだんだんと逞しくなっていく様子が窺えます。まだ幼い面が残りますが、それも成長とともに変わってきたようです。今後は体力面の更なる構築を図ると共にしっかりと成長を促していきたいと思います。


2013/1/31 NF空港

 
2013/2/8 NF空港

2/15 NF空港

馬体重:454kg 

現在は400m周回ダートコースを用いてキャンター2400mを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン17秒で2本元気に登坂しています。ハロンペースを徐々に詰めてきており、17秒台でも疲れを見せたり、堪えることはありません。また馬体重の大きな変動こそありませんが、見た目からも力がついてきているのがよくわかります。普段の常歩も歩幅を大きくしてしっかりと歩くことができています。まだまだ成長が期待できるだけに今後も乗り込んでいくのが非常に楽しみです。

2/28 NF空港

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は400m周回ダートコースを用いてキャンター2400mを中心に、週1回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本元気に登坂しています。今までの調整メニューは楽にこなしていましたので、若干ではありますがペースアップを行っています。それでも堪える面はありませんし、今後も体調を見ながら更に負荷を高めていければ理想的でしょう。


2013/2/28 NF空港

 
2013/3/8 NF空港

3/15 NF空港

馬体重:467kg 

現在は400m周回ダートコースを用いてキャンター2400mを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本元気に登坂しています。背中は柔らかく、徐々に跳びの大きな走りとなってきています。馬体面も継続した乗り込みによって順調に成長を見せており、より競走馬らしくなってきました。今後は体調面をよく見ながら、徐々に登坂日を増やすなど調整負荷を高めていきたい考えです。

3/29 NF空港

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は400m周回ダートコースを用いてキャンター2400mを中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン16秒のキャンターで2本元気に登坂しています。早期でのデビューを目標にして少しずつ調整内容のペースアップを行っています。動きは変わらずしっかりしていますし、馬体面も順調に成長してきてくれているので、今後も乗り込みを継続しながら更なる上積みを目指していきたいと考えています。


2013/3/29 NF空港

 
2013/4/12 NF空港

4/15 NF空港

馬体重:458kg 

現在は400m周回ダートコースでのキャンター2400mの調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン15~17秒のキャンターで2本元気に登坂しています。坂路では終いの動きを重視した走りをするようにしており、勾配がきつい部分でのキャンターも楽にこなせるようになりました。カイバ喰いも落ちず、元気も良いので移動後も変わらず進めていければと思います。ここまで順調に調整が進んでいることから16日にNF空港を出発し、NF天栄を経由して様子を見た上で栗東トレセンへ入厩する予定です。


2013/4/15 NF空港

4/16 NF天栄

16日にNF空港を出発しました。NF天栄を経由して様子を見た上で栗東トレセンへ入厩する予定です。

4/18 角田厩舎

18日に栗東トレセン・角田晃一厩舎へ入厩しました。

4/24 角田厩舎

24日はゲート練習を行いました。「先週無事入厩しました。まずはゲート練習を中心とした調教を行っていますが、あまり追い詰めたくないので、馬の雰囲気を見ながら、通す程度の無理のない内容で始めています。環境が変わっても特にイライラするところは見せていませんし、ここまでは順調ですね。ただ、ゲート練習にあまり時間を費やすと煮詰まってしまいますから、金曜日あたり一度ポンとゲートを出してみて、その内容次第で早めの試験を考えていってあげたいと思っています」(角田師)

5/1 角田厩舎

1日はゲート試験を受け、無事合格しました。「この中間もゲート練習を中心に行ってきました。まだ発馬自体はそれほど速くありませんが、練習ばかりやってあまり追い詰める前にゲート試験をパスさせたかったので、今朝試験を受けてみました。中でちょっとだけゴソゴソとしましたが、なんとか我慢してくれて無事合格。調教でも後ろから馬が来ると驚いてしまうような繊細なところを見せているので、早めに合格できてホッとしました。このまま問題ないようなら、阪神デビューに向けて厩舎で調整していきます。まだどの番組にするかまでは決めていませんが、試験で乗った北村友一騎手にこのまま調教にも乗ってもらって、レースも彼に任せるつもりです」(角田師)「ゲート試験に乗せていただきました。ちょっとゲート内でごそごそしていた分、発馬はちょっと遅かったのですが、そのあと二の脚がついていいスピードを見せてくれました。馬に任せていればどこまでも伸びていきそうな手応えで、いいものを持っている馬ですね」(北村友騎手)

5/9 角田厩舎

8日は軽めの調整を行いました。9日は栗東坂路で追い切りました(55秒4-40秒3-26秒4-13秒3)。「今朝は、北村友一を乗せて坂路で併せて追い切りました。実質的に初めての時計ですから、57秒ぐらいでいいと言っていたのですが、相手を追いかけた分もあって思った以上に出ましたね。もちろん無理はしていませんし、終始余裕のある手応えでした。角馬場などではリラックスして走れていますが、どちらかと言えば気性の勝ったタイプなので、追い切りを重ねていってテンションが上がらないように気を配りながら調整を進めていきます」(角田師)

5/15 角田厩舎

15日は栗東坂路で追い切りました(55秒9-41秒3-27秒2-13秒9)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。新しいウッドチップに入れ替えてちょっとノメるような馬場状態だったこともあって、今日はあまりスピードに乗って行かなかった感じはありますが、しっかりと負荷はかけられていますから問題ありません。元々皮膚が薄いこともあって、腹帯が擦れるところをちょっと痛がっているので、そこはしっかりと化膿止めなどを投与してケアしていきます。テンションが高めなタイプですから、最初は1400mぐらいからスタートしていくのがいいかなと考えているところです」(角田師)

5/23 角田厩舎

22日は軽めの調整を行いました。23日は栗東CWコースで追い切りました。「今朝はCWコースで3頭併せを行いました。格上の3歳馬と古馬の間に入って終いを伸ばす形です。この時期の牝馬ですし、ムチは使わないように指示をしていましたから、まだ時計的には物足りない部分はありますが、やや一杯まで追い切ってしっかりと負荷をかけられたのは良かったですね。コースでビシッとやるのは初めてですし、息も上がり気味でしたが、これで来週はさらに動けるようになると思います。腹帯が擦れた部分はもうきれいになりましたし、来週もビシッとやって、当週は軽い調整程度というメニューでレースに向かうつもりです」(角田師)今のところ、6月9日の阪神競馬(2歳新馬・芝1400m)に北村友騎手で出走を予定しています。

-WORK-OUT TIME-
13/5/1(水) 北村友 栗東E・不良 14.6 ゲートなり(-)
13/5/5(日) 助手 栗坂路・良 59.8 - 42.9 - 27.2 - 13.3 馬なり余力(-)
13/5/9(木) 北村友 栗坂路・良 55.4 - 40.3 - 26.4 - 13.3
ケイティーブライド(三500万)馬なりを0.1秒追走0.1秒遅れ 馬なり余力(-)
13/5/12(日) 助手 栗坂路・重 59.4 - 43.6 - 28.9 - 14.4 馬なり余力(-)
13/5/15(水) 北村友 栗坂路・良 55.9 - 41.3 - 27.2 - 13.9
ドミニクバローズ(三未勝)馬なりを0.2秒追走0.2秒遅れ 馬なり余力(-)
13/5/19(日) 助手 栗CW・良 60.3 - 44.5 - 13.1
ゴーソッキュー(三未勝)馬なりの内0.4秒追走3F併同入 馬なり余力(7)
13/5/23(木) 北村友 栗CW・良 84.7 - 67.7 - 51.8 - 38.2 - 12.6
ドミニクバローズ(三未勝)一杯の外0.4秒先行0.2秒遅れ 追って一杯(8)

******************

2歳馬はすべて入厩済ですが、この馬が1番デビューが早そうです。
入厩後も順調に進み、まずまずの時計も出ています。
デビュー戦にはノースヒルズの1番馬との評判のクールオープニングも出走を予定しているようですが、先々に期待させる内容をみせてほしいですね。
コメント

ゴーストペッパー

2013-05-25 13:12:37 | 2011年産

----------------------------------------------------------------------------------
馬名:ゴーストペッパー
英名:Ghost Pepper(英語)
由来:世界一辛い唐辛子名。競馬の世界においても一番になれる事を願って。母名より連想。
-----------------------------------------------------------------------------------

ゴーストペッパー

1/18 社台F

馬体重:474kg 

年末年始も順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、屋外直線1000mの坂路ダートコースでハロン17~16秒(週2回はハロン15秒)のキャンターを行っています。この世代の馬達は早期デビューを目指して1歳時から昼夜放牧を取り入れるなど基礎体力を十分に養ってきましたので、本馬も坂路コースで早くもハロン15秒を計時することができています。しっかりと乗り込んでいますので、先月までは余裕の見られた馬体もだいぶ引き締まってきました。併せて動きにも良化が見られますのでこの調子で進めていきたいと思います。

 
2013/1/25 社台F

1/31 社台F

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、屋外直線1000mの坂路ダートコースでハロン17~16秒(週2回はハロン15秒)のキャンターを行っています。前向きな気性の持ち主でしっかりと調教に取り組んでくれるため、鞍上がそれほど促さなくともきちんとハミを取って坂路を駆け上がってくれています。最後まで集中して走れるようになってきた点も好印象ですし、ここまで良い成長曲線を描きながら進めることができています。


2013/1/31 社台F

2/15 社台F

馬体重:468kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、屋外直線1000mの坂路ダートコースでハロン17~16秒(週2回はハロン15秒)のキャンターを行っています。もともとキャンターの動きは良かったのですが、ここ最近は馬体に芯が通ってきたような印象で力強さも加わってきました。まだまだ良化していく手応えを感じていますので、引き続き負荷をかけてパワーアップを図っていきたいと思います。

2/28 社台F

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、屋外直線1000mの坂路ダートコースでハロン17~16秒(週2回はハロン15秒)のキャンターを行っています。この牝系の特徴として気の強さを見せる馬が多く、本馬にもその傾向は見られますが調教では悪さをするようなことなくしっかり進めることができています。まだまだ成長していく手応えが感じられますので、今後もしっかりとトレーニングを積むことで良化を促していきます。

  
2013/2/28 社台F

 
2013/3/22 社台F

3/29 社台F

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、屋外直線1000mの坂路ダートコースでハロン17~16秒(週2回はハロン15秒)のキャンターを行っています。この中間はリフレッシュのため1週間程ペースを落として楽をさせる期間を設けましたが、その甲斐あって以前より肉体面、精神面ともに充実した様子を見せています。しっかりと坂路コースを駆け上がっていますし、この時期としては仕上がり具合も良好なので、いい流れで進めることができていると言っていいでしょう。


2013/3/29 社台F

4/15 社台F

馬体重:480kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、屋外直線1000mの坂路ダートコースでハロン17~16秒(週3回はハロン15秒)のキャンターを行っています。4月に入ってからは坂路コースでハロン15秒台を出す日を週3回に、登坂本数も2本に増やしたように、よりトレセンでの調教に近いメニュー構成となっています。今のところ問題なくこなすことができているので、今後も継続して乗り進めてキャンターの質をさらに高めていきたいと思います。

 
2013/4/26 社台F

4/30 社台F

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、屋外直線1000mの坂路ダートコースでハロン17~16秒(週3回はハロン15秒を2本登版)のキャンターを行っています。引き続きハードなメニューをこなしていますがしっかりと対応していますし、キャンターの動きには力強さが加わってきました。着実に良化が見られますし、豊富な調教量をこなしていることからこの調子で進めていけば早期の移動も十分視野に入れていくことができるでしょう。


2013/4/30 社台F

5/15 社台F

馬体重:478kg 

現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、屋外直線1000mの坂路ダートコースでハロン17~16秒(週3回はハロン15秒を2本登坂)のキャンターを行っています。この中間から周回外回りコースから入って坂路コースで3ハロン15-14-14という調教も取り入れています。かなり負荷の高い調教になりますが手応え良く登坂していますし、その姿は頼もしい限りです。体調や脚元に不安は見られませんし、いい流れで進めることができています。


2013/5/15 社台F

5/22 山元TC

早期のトレセン移動を視野に入れて22日に社台Fから山元TCに向けて移動しました。「乗り込みも順調に進んで移動の態勢が整ってきたことから、早期のトレセン移動に備えて、本日、山元TCへ向けて送り出しました。早い時期から豊富な運動量をこなしてきたことから、坂路コースでハロン14秒の時計を出してもしっかり対応するまでに成長してくれました。いい形でバトンを渡すことができたと思います」(社台担当者)

5/24 杉浦厩舎

24日に美浦トレセン・杉浦宏昭厩舎へ入厩しました。

******************

今年の社台ファーム育成組は早い。この仔も昨日入厩となりました。
非常に順調でPOG本でも少ないながらも紹介されてました
かなり早期から早めを乗り込んできたこの世代の社台育成組は良い結果が出ると期待しています。
厩舎でも順調に進めていってほしいですね。
コメント

ディアデルレイ

2013-05-25 13:11:13 | 2011年産
-----------------------------------------------------------------
馬名:ディアデルレイ
英名:Dia del Rey(西語)
由来:「王の日」の意。ターフの王者となる日を夢見て。母名より連想。
-----------------------------------------------------------------

ディアデルレイ

 
2013/1/11 NF空港

1/18 NF空港

馬体重:476kg

年末年始も問題なく過ごしており、この中間も順調に乗り込んでいます。現在は角馬場でのフラットワークを中心に、週3回900m屋内坂路コースでハロン17秒のキャンターを1本消化しています。年始の乗り出し再開後もスムーズに進めることができており、素直にスタッフを背にして指示に従う調教ができていました。徐々に元の調教ペースに戻していますが、今後も継続的に乗り込むことで更に競走馬らしい馬体に近づけるように日々鍛え上げていきたいと思います。

1/31 NF空港

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は角馬場でのフラットワークを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16秒で1本元気に登坂しています。徐々に調教メニューを強化していますが、安定して日々の運動をこなすことができています。正月休みを挟んだ効果が顕著に出ており、坂路コースを走る姿は以前よりも柔らかく、大きなフォームで駆け上がっている感じがします。血統的にも母の成し得なかったGI制覇を目指して取り組んでいきたいと考えています。


2013/1/31 NF空港

 
2013/2/8 NF空港

2/15 NF空港

馬体重:493kg 

現在は角馬場でのフラットワークを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16秒で1本元気に登坂しています。以前までは走る時の位置取りによって集中力を欠いて走りにくいところがありましたが、現在ではどこの位置で進めても物見することはなく、前向きに集中して走れるようになってきました。馬体重の増加からもわかるように徐々に体もしっかりしてきているので、今後も馬の状態に合せて負荷を高めつつ、乗り込みを継続していきたいと考えています。

2/28 NF空港

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は角馬場でのフラットワークを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16秒で1本元気に登坂しています。調教ペースは変わりありませんが、馬体の成長に伴って日々の調教の動きにも徐々に安定感が増してきている印象を受けます。カイバの量を増やしていますが、残さず完食してくれているので今後は更に力をつけてくれるでしょうし、坂路コースも今より力強く駆け上がれるようになることでしょう。


2013/2/28 NF空港

 
2013/3/8 NF空港

3/15 NF空港

馬体重:497kg 

現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で元気に駆け上がっており、そのうち1日は2本の調整メニューをこなしています。また残りの日は軽めのメニューをこなしています。ハロンペースはほぼそのままに登坂本数を増やしましたが、この調教に弱音を吐くこともなく非常に良い手応えで坂路コースを駆け上がっています。気性面でも徐々に大人びてきたように思いますので、今後もしっかり乗り込むことで良化を促していきたいと思います。

3/29 NF空港

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で元気に駆け上がっており、そのうち1日は2本の調整メニューをこなしています。また残りの日は軽めのメニューをこなしています。継続して同様のペースで乗り込んでいますが、いい動きを見せてくれています。気性面を含めてしっかり成長が確認できることは何とも頼もしい限りです。これからの調教で、より大きな変わり身を引き出せるように今後も取り組んでいきます。


2013/3/29 NF空港

 
2013/4/12 NF空港

4/15 NF空港

馬体重:502kg 

現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で元気に駆け上がっており、そのうち1日は2本の調整メニューをこなしています。また残りの日は軽めのメニューをこなしています。坂路コースの調整メニューでもしっかりとした脚取りで駆け上がっています。精神的にも前向きに調教に取り組んでいて、カリカリすることなくここまで順調に進めることができています。今後も更なる上積みを目指して日々の運動をこなしていければと考えています。

4/30 NF空港

この中間も順調に調整を積んでいます。現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン16~17秒で元気に駆け上がっており、そのうち1日は2本の調整メニューをこなしています。また残りの日は軽めのメニューをこなしています。与えたカイバもすぐに平らげて馬体重も500キロ台まで成長してきたところです。坂路コースではハミをグイグイ取って元気に進んでおり、今後もこの状態を維持しながら乗り込んでいきたいと考えています。早期でのトレセン移動を視野に入れて5月1日にNF空港を出発し、NF天栄に向けて移動する予定です。


2013/4/30 NF空港

 
2013/5/10 NF空港

5/1 NF天栄

ここまで順調に調整が進んでいることから1日にNF空港を出発し、NF天栄に向けて移動しました。

5/7 NF天栄

周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。今のところ8日に美浦トレセンへ入厩する予定です。「入厩に備えて体調を整えるため先週こちらに移動してきました。体調自体は大きな変化もないように感じましたし、悪くはありませんよ。まだ幼くていろいろな面でしっかりしきれていない印象はありますが、2歳ですからね。体力や走り方などもこれから良くなっていくことでしょう。今のところこのまま問題なければ明日入る予定ですし、まずはゲートから順調にこなしていってほしいと思います」(天栄担当者)

5/8 牧厩舎

8日に美浦トレセン・牧光二厩舎へ入厩しました。「本日入厩させていただきました。最初にこの馬を預からせていただけるということを聞いたときはビックリして信じられなかったくらいでした。今でもプレッシャーは感じていますが、何とかご期待に応えられるようにスタッフ一同しっかりやっていきたいと思います。北海道から早めに天栄へ移動していただいて体調を整えてもらっていましたから馬もいくらか楽でしょう。今のところ問題なさそうで、このまま体調が変わりないようならば少しずつ進めていきたいと思っています。よろしくお願いいたします」(牧師)

5/15 牧厩舎

15日はゲート練習中心のメニューを行いました。「先週入厩してきてから体調面の不安を見せることはありませんでしたので、少しずつ進め出しました。まずはゲートの確認を行いましたが、少し慎重にやるべき馬かなという気はしました。というのも気が良すぎて、強気に出していこうとしすぎると気持ちの面で追い詰めてしまいそうな感じがするからです。そうなると苦しくなってしまいかねませんからまずは中を落ち着いてこなせるようになることから始めています。駐立の練習をして、手開けまで行っています。反応はあるので、やり出せば出るようになるのはそこまで時間がかからないのではないかなと見ています。ただ、ちょっと気になる点が出てきまして、週末に坂路に入れて15-15くらいのところを乗った後から左の飛節の疲れが見られるようになりました。体の割にまだしっかりしきれていないようで関節面に負担がかかりがちのようです。そういったことからも焦って進めるのは良くなさそうですね。治療をして関節面の傷みを少なくしていけるように対応はしていますが、慎重に行きたいと思っています。理想としてはまずゲートを合格させることですが、あくまでも馬本位で接していかせてください」(牧師)


2013/5/15 牧厩舎

5/22 牧厩舎

22日はゲート練習中心のメニューを行いました。「先週飛節の疲れが見られましたし、無理をすることはこの馬の将来を考えると良くないと思い、まずはゲート試験を受からせることに集中して調整をしています。これまでは乗りもそれなりにやって並行しながら調整していましたが、現在は運動量を少しセーブしてゲート中心です。まだ出は遅めなものの少しずつ進展はあり、経過としては悪くありません。いい子にしていて特段煩くなるようなことも最近は見られなくなってしますから、このまま試験へ向かっていければ理想的ですね」(牧師)

5/24 牧厩舎

24日にゲート試験を受けて見事合格しました。「負担のかかりやすい箇所への負担を考慮しながらゲート試験に専念して調整していました。昨日までの感触から練習の意味も込めて試験を受けに行ってもいいかなと思えたので、今朝受けてみました。入りに関しても駐立に関しても比較的落ち着いてこなしてくれていました。そして出るほうですが、体の格好からはモッサリとしたスタートをイメージしそうなのですが実際のところ速めのスタートを切ってくれました。無事に合格をもらうことができましたよ。良かったです。入厩当初はこのままデビューまで行くつもりでしたがここまでの過程を考えても今すぐよりは疲れを取って成長を促す期間を設けたほうが良さそうに思えますから、しっかりと確認をしたうえでいったんノーザンファーム天栄へ放牧に出したいと考えています」(牧師)

******************

1歳馬達も名前が決まりました。
ディアデラ仔はディアデルレイに決定。王の日ですかぁ、来年の今頃大舞台に立っていてくれれば最高ですね。

さて、牧場では全く問題なく今月上旬には入厩。そしてゲート試験も合格してくれました。
少し入厩後は疲れもあるようなのでいったん放牧に出るようですが順調なら夏競馬でデビューできそうで楽しみです。
POG本でも活躍馬の多い優駿に空港牧場の期待馬として紹介されてました。
コメント

カルトマリーヌ、五泉特別6着

2013-05-25 13:10:07 | カルトマリーヌ(引退)
カルトマリーヌ

■5/1 北角⇒北B(普通キャンター) *ダートコースで普通キャンターで調整。疲れは取れており、今週末から追い切りを開始する予定。今のところ、次走は5/18新潟ダ1800・牝を予定。「疲れが取れて、元気が出てきました。もう進めていっても大丈夫でしょう。来週でも使えそうな感じではありますが、牝馬限定戦が3週目にしかないので、そこまで待ちたいと思います。3週目を目標とするので、追い切りは今週末から始めていきます」(助手)
■5/5 来週の新潟(土)芝1400・牝か新潟(日)「湯沢特別」(芝1200)への出走も視野に入れて調整していく。
■5/8 南角⇒南P 単走で半マイルから 52.5-38.1-12.5(ブック)馬なり余力
*ポリトラックコースで単走で追い切り。半マイル地点からペースを上げ、終いだけスッと脚を伸ばした。相変わらず迫力のある動きをしており、良い感じに仕上がっている。なお、競馬ブック社では計測されていないが、5日にもポリトラックコースで5ハロン72秒ほどの追い切りを行っている。今週の新潟(土)芝1400・牝か新潟(土)「湯沢特別」(芝1200)への出走を検討しており、想定の段階ではどちらに向かっても抽選となりそうな状況。「芝のレースが増えてきて、本馬の出走節でも出走できそうな状況になってきたので、久しぶりに芝短距離戦に向かってみようということになりました。近走、ダート中距離戦でまずまずの競馬ができていますが、勝ち切るまではいかないので、去年の同じ時期に僅差の競馬ができた新潟芝短距離戦を試してみたいですね。テンから速い流れになるので競馬はしやすいと思います」(助手) ⇒新潟(土)芝1400・牝に出馬投票したが、抽選により除外。今のところ、来週の新潟(土)ダ1800・牝、新潟(土)「五泉特別」(芝1400)、新潟(日)芝1600・牝のいずれかに向かう予定。
■5/15 南角⇒南P 単走で半マイルから 52.4-37.7-12.4(ブック)馬なり余力
*ポリトラックコースで単走で追い切り。今週も半マイル地点からペースを上げ、馬なりで終い軽く伸ばす程度だったが、引き続き動きは良く、良い感じに仕上がっている。新潟(土)「五泉特別」(芝1400)を本線として、新潟(土)ダ1800・牝、新潟(日)芝1600・牝のいずれかに出走予定。想定の段階では、新潟(土)「五泉特別」(芝1400)は抽選対象で4分の2の確率で出走可能。新潟(日)芝1600・牝はフルゲート16頭に対して5節の本馬は優先順位が15~16番目となっており、除外にはならない見込み。 ⇒新潟(土)「五泉特別」(芝1400)に出馬投票し、確定。「大分気合いが乗ってきており、レースモードに入っていますね。去年も五泉特別では良いレースができましたし、今年も期待しています」(師)
■5/18 新潟12R 晴・良 「五泉特別」 混合・500万下 芝1400m
      1.21.9(1.21.4) 6着/16頭 津村明秀(55㎏) 448㎏+2

若干出遅れてしまい、後方から。道中は後方でじっくり脚を溜め、直線に入ると良く伸びているものの上位の馬の脚色も良く、僅かに劣ってしまった。「5着までにもってこれなくてすみませんでした。ちょっと神経質なところがあってゲートもガタガタしててうまくタイミングが合わなかったんです。それで位置取りが後ろになってしまったんですが、道中の走りは良かったですよ。直線でごちゃついた時もちょっと怯むところがあったんですが、最後また伸びていました。芝のこのくらいの距離の方が合っているような気がします」(津村明秀騎手)

■5/22 レース後も脚元等に異常はない。次走は函館か福島開催のどちらかを予定。「まずまずの内容でしたね。やはり短い距離の方が追走がスムーズで、伸び伸びと走れていますね。次走も短い距離に使いたいと思っていますが、福島だとどのくらいの節で出られるか予測がつきませんし、函館は出張馬房に制限があり、他に函館で使いたい馬も多数いるので、本馬に馬房を回せるかどうか。なんとかうまく使えるように調整します」(助手)


久しぶりの芝短距離でしたが、最後までしっかり伸びていました。
芝でもダートでもまだまだこのクラスなら通用しますね。
これからも怪我なく頑張ってほしいです。
コメント

クリアザウェイ、マクってまた3着

2013-05-25 13:08:50 | クリアザウェイ(引退)
クリアザウェイ

2013/5/18 美浦TC

5月18日(土)新潟6R・ダート1800m(牝馬限定)戦に丸田騎手55kgで出走、馬体重は前走から4kg増の488kgでした。揃ったスタートを切り、序盤は馬なりで進めました。10番手あたりの位置取りでしたが、向こう正面で上がっていって5番手外で4コーナーを通過しました。直線に入ると楽々と先頭に立ちましたが、外の2頭の伸びに屈してしまい3着に敗れています。勝ち馬からは0.2秒差でした。レース後、丸田騎手は「イメージ通りに進めることができました。リズムの良い走りでしたので一気にマクッていったのですが、結果的には仕掛けが早かったです。3月の中京戦あたりから向こう正面でハミを取ってくれるようになって、レース内容は良化してきましたね。負けてしまいましたが中身のある競馬だったと思います」と、また栗田博憲調教師は「最後は交わされてしまいましたが、パタッと止まっているわけではありません。次に繋がる競馬だったと思います。新潟コースは良さそうですが、次の新潟開催は2ヶ月先になります。このあと東京戦を使っていくかどうか、もう少し様子をみてから判断したいと思います」と話していました。

2013/5/22 美浦TC

レース後は腰を中心に少し疲れが見られる状態です。今後は今週末にも美浦TC近郊のセグチ・レーシングステーブルへ放牧に出た後、次の新潟戦で勝利を目指します。

2013/5/24 セグチRS茨城

本日5月24日(金)美浦TC近くの外厩・セグチレーシングステーブルへ放牧に出ました。腰を中心にケアをしながら、新潟戦への出走を目指します。

2013/5/25 セグチRS茨城

美浦TC近くの外厩・セグチレーシングステーブルに無事到着しています。レースの疲れをとるため、栗田調教師から2週間はウォーキングマシン運動のみの指示がありました。


■競走成績
2013/05/18 新潟 4歳以上500万下 15頭 4人気 3着 丸田 55.0 ダ1800M 良 1.55.2 488KG


一瞬あわやと思いましたが、少し仕掛けが早かった分でしょう。
やはり丸田騎手は合いますね。なにか期待させる騎乗をみせてくれます。

しかし、新潟開催が終わったしまったのは残念。
次の新潟までに一度府中の芝をなんて考えていましたが、やっぱりありえませんね。
少し疲れがあるようなので、しっかりケアして復帰戦から勝ち負けできるようにしてほしいです。

  
2013.05.18 新潟競馬場
コメント (2)

ヴェルデライト、秩父特別8着

2013-05-16 21:15:50 | ヴェルデライト(引退)
ヴェルデライト

4/30 栗田徹厩舎

30日に美浦トレセンへ帰厩しました。「順調に調教を進めることができ、乗り込み量もしっかりと補えていました。近いうちの競馬を考えていっても大丈夫と思っていたので調教師に相談したところ、月曜日に来場していただけました。そのときに状態を確認してもらってコンディション的に大丈夫という判断もいただき、さっそくですが今日の検疫でトレセンへ送り出すことになりました。おそらくすぐの競馬を考えていくことになると思いますが、体調面はいいですし、対応可能だと思いますよ」(天栄担当者)

5/1 栗田徹厩舎

1日は軽めの調整を行いました。「この東京開催中に使えれば理想的かなとは思っていましたが、調整が順調そのもので天栄でもしっかりと乗り込んでもらえていました。月曜日にも見てきましたが、体調も良さそうで気配も悪くありませんでしたから火曜日の検疫をこの馬に使って帰厩させていただくことにしました。今朝からさっそく動かしていますが、時計になるところは明日以降の馬の雰囲気を見て出していきたいと思っています。週末と来週の感触が良ければ、しっかり乗ってもらっているのもありますから来週のいい条件のレースを一考したいと思っています」(栗田徹師)状態次第ですが、11日の東京競馬(秩父特別・牝馬限定・芝2000m)に出走を予定しています。

5/5 栗田徹厩舎

11日の東京競馬(秩父特別・牝馬限定・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて17頭の登録があります。

5/8 栗田徹厩舎

8日は美浦南Pコースで追い切りました(63秒4-48秒8-36秒4-12秒7)。「先週はダートコースでじわっと動かしたのですがフットワークはしっかりしていて終始外々を回ったなかでも良かったですよ。ただ、いくらか体がシャープかなと思っていたので、寂しくなるようなことがなければいいなとは思っていたんです。ただ、必要以上にスッキリすることはなく、程よく引き締まった感じでした。冬場はどうしても季節の兼ね合いもあってモコモコした格好になりがちなのですが、暖かくなってきて代謝もあがっているのでしょうね。それなので悪いようには捉えなくていいのかなと思います。今朝は3歳馬たちを相手にしてポリトラックコースで併せたのですが、外からしっかりとした脚取りで余裕を持って走れていました。動きからもコンディションはいいのだろうと思わせてくれましたし、余程心配なことが出てこなければ今週の競馬へ向かえると思います。前走に続いて北村もおさえることができましたし、府中の2000mという条件でどのくらいの走りをしてくれるのか見たいと思います」(栗田徹師)11日の東京競馬(秩父特別・牝馬限定・芝2000m)に北村宏騎手で出走を予定しています。

5/9 栗田徹厩舎

11日の東京競馬(秩父特別・牝馬限定・芝2000m)に北村宏騎手で出走いたします。

5/11 栗田徹厩舎

11日の東京競馬では五分のスタートを切るも外枠が影響して後方からになる。流れがそこまで速くなく馬群がバラけなかったこともあり最後に差を詰めようとしたが伸び切れず8着。「ゲートはちょっとはガタガタしそうなものの今日は比較的落ち着いていたように思いましたし、五分にはスタートを切れていました。ただ、固まった形でしたから外枠スタートの分、位置が後ろになってしまいました。無理矢理にでも出していけばいい位置を取れなくはないのですが、そうすると最後の余力がなくなってしまいかねませんから控える形を取りました。結果的には前回と同様にスローな流れで苦しくなってしまいました。色々と条件が噛み合ってほしいところはありますが、うまくいかずに申し訳ありません」(北村宏騎手)「中京の時の内容が現状での理想でしょうし、外枠からのスタートだったこと、そして雨の影響で馬場が渋っているのがどうかという不安を抱えての出走となりました。稽古の動き、体調面の良さから期待ももちろん持って臨みましたし、何とかいいところを見せてほしいと思っていましたが、いい結果にならなくて申し訳ありません。ジョッキーが言うようにペースを見てから途中で思い切って出していく競馬ができるかというと終いに苦しくなってしまう可能性は否めませんから乗り方自体は致し方ない面もあるかと思います。中京の時は前がきれいに開きましたが、今回はそこまで流れなかったこともあってバラけませんでしたし、あのときのようにはいきませんでした。ペースから手綱を持っていられたのでというのもあるかもしれませんが、湿った馬場を苦にする感じはありませんでした。いちばん悔やまれることはフルゲートではなかったけれどやはり外からのスタートで立ち回りが後手になったことでしょう。現状、展開やメンバーなどの助けが必要なのは確かだと思いますが、何とかしてあげたい気持ちでいっぱいです」(栗田徹師)調教の動きが以前と比べてもしっかりしてきてコンディションも良かったと思います。それで昇級2戦目でどれだけの前進を見せてくれるかと期待した部分もありましたが、残念ながらいい伸びは見られないままになってしまいました。牝馬同士の戦いでいい結果をなかなか出しきれない分苦しい面もありますが、こうだったらと思える要素もあるなかでしたし、何とか巻き返しができないかという気持ちも持っています。今後に関してはレース後のダメージ具合をまず確認してから検討していく予定です。

5/15 栗田徹厩舎

15日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は思うような結果にも内容にもならなくて本当に申し訳ありません。体調はいいだけに歯がゆいばかりですが、トモの緩さもあるし、持ち味の引き出し方も難しいところがあるだけに悩ましいです。ただ、全力を出し切ってのレースではないだけに何とかしっかり走らせていい面を見せていけるようにしたいと思っています。レース後の様子を見ている最中ですが、今のところは脚元等も安定しています。もうしばらく様子を見てからにしますが、中距離以上のレースが次開催の東京に組まれていますし、そのまま行けそうならばそのあたりを目標にしていくこととなるでしょう」(栗田徹師)6月1日の東京競馬(稲村ヶ崎特別・芝2000m)か15日の東京競馬(芦ノ湖特別・芝2400m)あたりを目標にしていく予定です。

-WORK-OUT TIME-
13/5/2(木) 助手 美南D・稍重 56.7 - 41.5 - 12.7
レイアロハ(三未勝)馬なりの外1.0秒先行同入 馬なり余力(8)
13/5/5(日) 助手 美南D・良 58.1 - 41.2 - 12.2 馬なり余力(5)
13/5/8(水) 助手 美南P・良 63.4 - 48.8 - 36.4 - 12.7
ブルネッロディ(三未勝)一杯の外1.1秒追走1秒先着 一杯に追う(8)

-RACE RESULTS-
13/5/11 東京 牝) 秩父特別 雨 稍 芝2000M 10R 8枠10番 11頭7人気 8着 北村宏55KG 2:01.5(1.2) 上り34.9 466KG


外枠が影響して中途半端なレースになりましたね。
はまらないと通用しないと思いますので、内枠が良さそうです。


2013/5/11
コメント

ミレニアムゴールド、転厩初戦は10着

2013-05-16 21:15:09 | 2009年産

ミレニアムゴールド

2013/4/1 OFリリーバレー

現在は周回コースでハッキングキャンターを3000m乗っています。この中間に筋肉に疲れがでたため、電気治療を行いながら調教を積んでいます。脚元は問題なく、体調も確実に上向いており、すぐに坂路調教を再開できそうです。現在の馬体重は487kgです。

2013/4/4 美浦TC

筋肉の疲れはだいぶとれて、騎乗運動を進めています。先日金成調教師がリリーバレーを訪れて、本馬に騎乗して感触を確かめたところ、「疲れはとれており、早めに美浦TCに移動して、調教を進めたい」との話でした。馬房の都合がついたことから、本日4月4日(木)に美浦TCに転・帰厩しました。

2013/4/11 美浦TC

帰厩後も順調にきており、1回新潟開催での復帰を目標にしています。昨日(水)はウッドチップコースにて単走での追い切りにとどめています。これからは併せ馬の追い切りを増やして、闘争心を引き出していきたいと考えています。

2013/4/17 美浦TC

1回新潟1週めもしくは5月4日(土)東京・ダート2100m戦に出走予定です。本日(水)ウッドチップコースにて併せ馬で694-531-388-131で追われました。

2013/4/25 美浦TC

来週5月11・12日の新潟・ダート1800m戦で復帰予定です。昨日(水)ウッドチップコースにて併せ馬で追われ、先着しています。

2013/5/1 美浦TC

来週5月11日(土)新潟・ダート1800m戦に吉田隼人騎手で出走予定です。本日(水)ウッドチップコースにて71-41の時計で追い切りました。金成調教師からは「牧場でしっかりと乗り込んできたこともあり、美浦TCでは順調に調教ができています」とのコメントがありました。

2013/5/6 美浦TC

今週5月12日(日)新潟・三条特別(ダート1800m)に登録しています。このレースはフルゲート15頭に対して、31頭の登録があります。今のところ、5月11日(土)新潟・ダート1800m戦に吉田隼人騎手で出走予定です。

2013/5/10 美浦TC

今週5月11日(土)新潟・ダート1800m戦に57㎏吉田隼人騎手で出走します。昨日(水)坂路にて併せ馬で追い切られました。実に久々のレースとなるぶん、ここを叩いてからというのが正直なところです。金成調教師は「調教を重ねて動けるようになりました。ここまできたらこれ以上調教を積むよりもレースを使ったほうがいいと思います。前めで砂をかぶらずにレースを進めてもらいたいですね」とコメントしています。

2013/5/11 美浦TC

本日5月11日(土)新潟・ダート1800m戦に57㎏吉田隼人騎手で出走し10着、馬体重は増減なしの458kgでした。レースは中団を追走、道中最内を進みました。勝負どころから気合いをつけて、4コーナーで早めに騎手の手が動くと、最後の直線ではこの馬なりに伸びてはいますが、上位とは差が開いてしまいました。レース後の騎手のコメントでは「流れに乗れて、4コーナーでも理想的に上がっていけましたが、最後の直線で早々に手応えがなくなってしまいました。レース後の息遣いも荒かったので、休み明けの影響だと思います。ここを叩いて良くなるでしょう。ダート、馬混みともに問題ありませんでした」とのことです。

2013/5/15 美浦TC

レース中に右眼の角膜を痛めてしまったようで、舎飼で様子をみています。1~2週間は厩舎で安静にします。

2013/5/16 美浦TC

本日(木)角膜の治療を行い、眼帯を着用しています。明日(金)から軽めの運動を開始し、移動できる状態となったところで、NF天栄に放牧する予定です。

■調教タイム
2013/04/07 助 手 美南 W 重 56.1 -41.1 -12.7 5 馬ナリ余力
2013/04/10 助 手 美南 W 良 85.7 -69.0 -54.6 -42.1 -15.5 6 馬ナリ余力
2013/04/14 助 手 美南 W 稍 72.2 -55.8 -41.0 -13.7 7 馬ナリ余力
2013/04/17 助 手 美南 W 良 53.1 -38.6 -13.4 7 強目に追う
ナンヨーヤシマ(古500万)末強目の内を0.4秒追走同入
2013/04/17 助 手 美南 D 良 12.0 -12.4 -13.7 ゲートナリ
2013/04/21 助 手 美南 W 重 71.7 -56.1 -41.8 -14.3 7 馬ナリ余力
2013/04/24 助 手 美南 W 良 68.4 -52.6 -39.2 -13.5 8 馬ナリ余力
サクラレグナム(古1000万)強目の外を0.6秒先行0.1秒先着
2013/05/01 助 手 美南 W 稍 71.8 -56.5 -42.0 -12.8 8 馬ナリ余力
2013/05/05 助 手 美南 坂 良 1 回 -54.6 -40.0 -26.5 -13.2 馬ナリ余力
2013/05/08 助 手 美南 坂 良 1 回 -53.6 -39.0 -25.3 -12.3 馬ナリ余力
ギンヤンマ(三未勝)末強目を0.2秒追走同入

■競走成績
2013/05/11 新潟 4歳以上500万下 15頭 7人気 10着 吉田隼 57.0KG ダ1800M 良 1.56.7 458KG

**********************

先週、転厩初戦に挑んだミレニアムゴールドは10着に敗れました。
道中はまずまず追走はできていたようなので、最後は長期の休み明けでバテたと思います。
さぁ次走と思ったところに今週になって右眼負傷が判明。なかなかうまくいきませんね。
出走回数を増やすための転厩でしたが、また時間がかかりそうです。


2013.04.17 美浦TC


2013.04.24 美浦TC


2013.05.11 新潟競馬場
コメント

重賞初挑戦

2013-05-16 21:14:18 | 2010年産

ジャイアントリープ

3/19 NFしがらき

14日にNFしがらきへ放牧に出ました。周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「こちらに到着後、馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。大きなダメージはありませんし、順調に進めていけそうです。今後については検討中ですし放牧に出てきた時点では自己条件を挟む考えもあったのですが、精神的にあまり使い詰めていい血統ではありませんし、どこかトライアル1本に絞って行った方がいいのではないかと村山調教師とも話をしているところです」(NFしがらき担当者)

3/27 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半からは坂路調教も開始しています。そう長い休養にはなりませんし、緩めずしっかり動かしていきます。見た目にもキャンターの迫力があり、トモの張りが良く、引き続き状態は良好ですよ。馬体重は495キロです」(NFしがらき担当者)

4/2 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、周回コースと坂路でじっくりと乗り込んでいます。大きな疲れもなく来ていますし、緩めないようにしっかりと動かしていきます。特に気になるところもありませんし、このまま帰厩に向けて進めていきます」(NFしがらき担当者)

4/9 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間は15-15に近いところも交えて少しずつペースを上げています。気性的にピリッとしたところはありますが、キャンターの動きは迫力があってこれからが本当に楽しみになってきます。まだ具体的な移動予定は立っていませんが、そう遠くなく帰厩になると思いますので、そのつもりでピッチを上げていきます」(NFしがらき担当者)

4/13 村山厩舎

13日に栗東トレセンへ帰厩しました。

4/18 村山厩舎

17日は栗東坂路で15-15程度の調教を行いました(58秒1-42秒0-27秒8-14秒0)。18日は軽めの調整を行いました。「先週末無事帰厩しました。水曜日は坂路で15-14ぐらいのところを乗っていますが、順調ですね。休養効果で馬体もふっくら見せていますし、気持ちの面でもいいリフレッシュができたようです。今週末から速い調教を入れていく予定です。京都新聞杯、プリンシパルSと両方登録させていただくつもりですが、今のところは京都新聞杯本線で考えています。強い馬は出てくるようですが、それを嫌って頭数が手頃になる可能性もありますし、ウィリアムズ騎手を確保できそうなのもポイントです。なんとかダービーに間に合うようにしっかり進めていきます」(村山師)5月4日の京都競馬(京都新聞杯・芝2200m)にウィリアムズ騎手で出走を予定しています。

4/24 村山厩舎

24日は栗東坂路で追い切りました(53秒9-39秒2-25秒7-13秒2)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。この時計でもまだ余力はありましたし、最後はきっちり先着していい動きでした。来週はジョッキーに乗ってもらって追い切る予定です。今のところテンションが上がるようなことはありませんし、落ち着いて調教に臨めているのもいいですね。まだゲートに関しては万全とまでは言えないのですが、レース前にあまり無理にゲート練習をすると、中でごそごそして腰をぶつけたりする可能性もありますから、精神面をよく見ながらゲートの確認に行くかどうかを検討します」(村山師)5月4日の京都競馬(京都新聞杯・芝2200m)にウィリアムズ騎手で出走を予定しています。

4/29 村山厩舎

5月4日の東京競馬(プリンシパルS・芝2000m)と同日の京都競馬(京都新聞杯・芝2200m)に特別登録を行いました。プリンシパルSはフルゲート18頭のところ本馬を含めて25頭、京都新聞杯はフルゲート18頭のところ本馬を含めて21頭の登録があります。

5/1 村山厩舎

1日は栗東坂路で追い切りました(56秒0-40秒6-26秒3-12秒9)。「鞍上に予定していたウィリアムズ騎手が海外のレースの影響で騎乗停止になってしまったので、今回は北村友一騎手にお願いすることになりました。初騎乗になりますが、追い切りはあまりやりすぎるとテンションが変に上がってしまう可能性がありますし、ジョッキーは乗せずに厩舎スタッフが乗って終い重点。迫力のある動きでしたし、休み明けでもいい仕上がりで送り出せそうです。このところは普段から落ち着いた様子ですし、直前にゲート練習をするのもかえって良くないと思い、このままで競馬に向かいます。1勝馬だけにまだ出走は確定していませんが、出られればいい走りをしてくれるはずです」(村山師)4日の京都競馬(京都新聞杯・芝2200m)に北村友騎手で出走を予定しています。

5/2 村山厩舎

4日の京都競馬(京都新聞杯・芝2200m)に北村友騎手で出走いたします。

5/4 村山厩舎

4日の京都競馬ではまずまずのスタートから中団のインにつけてスムーズに追走。直線も思い切って内を突き、残り1ハロン過ぎで先頭に立ったが、最後に差されて3着。「ゲートは隣の馬がちょっとうるさかったのですが、特に気にしていませんでしたし、思ったより上手に出てくれました。そのあと二の脚もついてすんなり取りたいポジションを取れましたし、3、4コーナーもロスなく上がっていけて、直線は手応え十分。最後は差されてしまいましたが、かなりの素質を感じる馬です。これまでのレースを見ていて、スパッと切れるというよりもしぶといタイプだと思っていたのですが、予想以上に反応が良かったですし、跨がった雰囲気もとてもいい感触でした。せっかく乗せていただいたのに、勝ち切ることができず申し訳ありません。またお願いします」(北村友騎手)「上手く流れに乗せてほしいとジョッキーには話していたのですが、ゲートは問題なかったですし、道中もスムーズに運んで直線では一瞬オッと思える走りをしてくれました。ダービーを目指していましたからいい結果とならずに非常に悔しいですし申し訳ありませんが、強い馬を相手に現状のこの馬の力は発揮してくれたと思います。この後はレース後の状態次第で決めていきますが、目標を切り替えて改めて頑張っていきます」(村山師)課題のゲートは無難にこなし、道中も折り合って追走。最後こそ力尽きた格好ですが、初めての重賞挑戦で能力は見せたレースだったと思います。まだキャリアも浅いですし、この経験を糧に今後の飛躍を期待したいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

5/8 村山厩舎

8日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬を何度か見直しましたが、やはりジョッキーは上手く乗ってくれました。もちろん狙っていた結果を出せずに悔しさだけでなく、申し訳ない気持ちもありますが、まだ先のある馬ですし自分の競馬をしたのですから悲観的になることはありません。レース後の状態は精神面は変わりないですし、カイバも普通に食べてくれていますから、今のところこのまま続戦する予定です。来週、再来週といい番組が組まれていますから、状態やジョッキーの状況、相手関係を見ながら決めていくことになるでしょう」(村山師)

5/16 村山厩舎

15日は栗東坂路で追い切りました(56秒4-40秒5-26秒1-13秒1)。16日は軽めの調整を行いました。「この中間も順調に乗り込んでおり、重賞を使った疲れはありませんね。水曜日は坂路で馬なりでサラッと時計を出していますが、レースを使う前よりも状態は上がっているように感じます。調教師が出張中ですので、まだレースは確定していませんが、来週京都の2000mか、東京の2400mになると思います。素質の高い馬ですし、秋に向けてキッチリと勝ち上がっておきたいところですね」(担当助手)25日の京都競馬(3歳500万下・芝2000m)もしくは同日の東京競馬(3歳500万下・芝2400m)に出走を予定しています。

-WORK-OUT TIME-
13/4/17(水) 助手 栗 坂路・良 58.1 - 42.0 - 27.8 - 14.0 馬なり余力(-)
13/4/21(日) 助手 栗 坂路・重 56.8 - 41.5 - 27.1 - 13.4
トウシンモンステラ(三オープン)馬なりを0.5秒追走首遅れ 馬なり余力(-)
13/4/23(火) 助手 栗 坂路・良 60.8 - 45.0 - 30.2 - 15.4 馬なり余力(-)
13/4/24(水) 助手 栗 坂路・重 53.9 - 39.2 - 25.7 - 13.2
サトノシュレン(古オープン)一杯に0.3秒先行0.2秒先着 末強め追う(-)
13/4/28(日) 助手 栗 坂路・良 57.7 - 42.3 - 28.4 - 13.9 馬なり余力(-)
13/5/1(水) 助手 栗 坂路・不良 56.0 - 40.6 - 26.3 - 12.9 一杯に追う(-)
13/5/14(火) 助手 栗 坂路・良 62.0 - 45.8 - 30.7 - 14.9 馬なり余力(-)
13/5/15(水) 助手 栗 坂路・良 56.4 - 40.5 - 26.1 - 13.1 馬なり余力(-)

-RACE RESULTS-
13/5/4 京都 国) 京都新聞杯‐GⅡ 曇良 芝2200M 11R 6枠12番 17頭11人気 3着 北村友56KG 2:12.7(0.4) 上り35.3 498KG

******************

格上挑戦ながら、記念すべき重賞初挑戦を達成してくれたジャイアントリープ。結果もあわや賞金加算の3着と素晴らしい結果でした。
乗りかわりの北村友一騎手が完璧なレース運びしてくれたと思います。

もちろんダービーに出走できれば良かったですが、まだまだ先のある馬。この結果で今後も楽しみになりましたので一つずつ上を目指していってほしいです。


2013/5/4
コメント

クリアザウェイ福島5着、今週得意の左回り新潟へ

2013-05-16 21:13:32 | クリアザウェイ(引退)
クリアザウェイ

2013/3/27 美浦TC

レース後は走ったなりの疲れがあるくらいで、馬体は特に変わりありません。次走の優先権を獲得してくれましたので、様子をみながら4節以内に使う予定です。

2013/4/3 美浦TC

4月21日(日)福島・ダート1700m(牝馬限定)戦に丸田騎手で出走を予定しています。あさって5日(金)に速めを乗る予定です。栗田博憲調教師は「左回りの方が良いことは確かですが、対応は可能だと思っています」と話しています。

2013/4/11 美浦TC

来週4月21日(日)福島・ダート1700m(牝馬限定)戦に丸田騎手で出走を予定しています。きのう10日(水)丸田騎手が跨ってウッドで速めを追いました。右回りで調教をしましたが、内にササることなく走れていて問題はありませんでした。

2013/4/17 美浦TC

今週4月21日(日)福島・ダート1700m(牝馬限定)戦に丸田騎手55kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート15頭のところ、本馬を含めて14頭の出走表明にとどまっています。きょう17日(水)は丸田騎手を背に追い切り、坂路コースで50.9-37.4-24.8-12.2秒の時計をマークしました。栗田博憲調教師は「飼い葉も食べており、状態は変わらずにきています。騎手も手のうちに入れていますし、なんとか結果を出したいですね」と話しており、丸田騎手は「坂路ということもあり、引っ掛かってしまいました。それでも終いは反応していましたよ。調子は良さそうです」と調教の感触を話してくれました。

2013/4/18 美浦TC

今週4月21日(日)福島・ダート1700m(牝馬限定)戦に丸田騎手55kgで出走が確定しています。だんだんと良化してきている印象で、今回も上位争いを演じてくれるはずです。

2013/4/21 美浦TC

4/21(日)の福島開催は、積雪の影響のため中止となりました。代替開催は4/29(月・祝)となります。本馬はいったん美浦TCに戻り、状態を見た上で今後の予定を決めていきます。

2013/4/24 美浦TC

今週4月29日(月)福島・ダート1700m(牝馬限定)戦に丸田騎手55kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート15頭のところ、本馬を含めて15頭ちょうどの出走表明となっています。福島への輸送をしたあとですので、きょう24日(水)はサラッと流す程度にとどめました。

2013/4/25 美浦TC

4月29日(月)福島・ダート1700m(牝馬限定)戦に内田博騎手55kgで出走が確定しています。きのう24日(水)は坂路で53.6-39.1-25.6-12.8秒の時計を馬なりでマークしました。仕切りなおしの一戦となりますが、影響はなさそうです。
※丸田騎手が落馬負傷のため、内田博騎手に変更となりました。

2013/4/27 美浦TC

4月29日(月)福島6R・ダート1700m(牝馬限定)戦に出走しますが、丸田騎手が落馬負傷のため、内田博幸騎手に騎乗変更となりました。

2013/4/29 美浦TC

4月29日(月)福島6R・ダート1700m(牝馬限定)戦に内田博幸騎手55kgで出走、馬体重は前走から2kg減の484kgでした。揃ったスタートから押していったものの行ききれず、中団の外めで進めていく展開となりました。その後は3コーナー手前で一旦は前へと迫りましたが、直線に入ってからの脚が鈍り、勝ち馬から0.9秒差の5着でゴールしています。レース後、内田博幸騎手は「事前に聞いてはいましたが、やはり内にササるような面がありますね。勝負どころでもうひと踏ん張りができないのは、そういったことが関係していると思います。やはり左回りの方が良さそうです」と振り返っています。また、栗田調教師は「頑張って走ってくれていましたが、最後は厳しくなってしまいましたね。それでもなんとか権利は確保できましたし、左回りの新潟開催で続戦していきたいと思います」とコメントしています。

2013/5/1 美浦TC

レース後も変わりありません。やはり右回りだとモタれる面があるため、様子をみながら新潟戦へ向かいます。次走は騎乗変更となった丸田騎手に依頼する見通しです。

2013/5/8 美浦TC

次走は来週5月18日(土)新潟・ダート1800m(牝馬限定)戦を本線にしていくことが決定、手が合う丸田騎手に騎乗依頼しました。左回りに変わることはプラスを考えており、今週末に速めを追い切って、来週は軽めをサラッとやるだけでレースに臨むパターンにします。

2013/5/15 美浦TC

今週5月18日(土)新潟・ダート1800m(牝馬限定)戦に丸田騎手55kgで出走を予定しています。同レースはフルゲート15頭のところ、本馬を含めて20頭が出走を表明しています。本馬は前走5着の優先権を持っていますので出走可能です。先週12日(日)ウッドで半マイル50-37-13.1秒を出しており、今日15日(水)は北馬場で5Fからサラッと追い切りました。精神面を含めて状態は変わりありません。左回りで前進を期待しています。

2013/5/16 美浦TC

今週5月18日(土)新潟6R・ダート1800m(牝馬限定)戦に丸田騎手55kgで出走が確定しています。得意の左回りで前進を期待しています。

■調教タイム
2013/04/05 丸 田 美南 W 稍 55.4 -39.8 -12.9 6 馬ナリ余力
2013/04/10 丸 田 美南 W 良 84.1 -68.1 -53.2 -39.5 -13.7 4 馬ナリ余力
2013/04/17 丸 田 美南 坂 良 1 回 -50.9 -37.4 -24.8 -12.2 馬ナリ余力
2013/04/24 助 手 美南 坂 良 1 回 -53.6 -39.1 -25.6 -12.8 馬ナリ余力
2013/05/12 助 手 美南 W 不 50.0 -37.0 -13.1 1 馬ナリ余力
2013/05/15 助 手 美北 C 良 81.5 -66.0 -52.3 -39.3 -12.9 8 馬ナリ余力

■競走成績
2013/04/29 福島 4歳以上500万下 15頭 3人気 5着 内田博 55.0KG ダ1700M 良 1.47.7 484KG


雪の影響で1週伸びた4/29に出走したクリアザウェイはまたも5着と掲示板を確保してくれました。
去年の秋からコンスタントに使われて疲れもあるとは思いますが1700~1800Mでは安定しています。
その中でも1番良いレースをしてくれている丸田騎手とのコンビで挑む今週のレースは、もう少し上を目指してほしいですね。
丸田騎手なら思い切った競馬を見せてくれるでしょうし、楽しみです。


2013.04.24 美浦TC




2013.04.29 福島競馬場
コメント