ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手気ままに書いています。

やっぱり木馬亭に師匠が居ないとね?

2019年05月05日 | 日記
やっぱり木馬亭で師匠の浪曲はいいと思う。
未だに関西人苦手なので、大阪の一心寺の門前浪曲寄席は行きたい気持ちもあるのだが、関西が引っ掛かるのだ。
関西人が苦手なのだ。
あの本音と建前がわからない。
ましてや京都の「ぶぶづけどうどすか?」の意味がわからない。
私はアニマルプリントの服は着ないのだ。
バックに飴はいつも入ってはいないのだ。
大袈裟にものを誇張して言わないのだ。
たまに食べるなら関西の薄味もいいとは思うが、毎日食べる気はしないのだ。
白ちゃけたうどんの汁が苦手!
薄口醤油等は滅多に使わない。
再び関西に行って嫌な思いはしたくないのだ。
従姉が神戸にいるが、すっかり関西人になっている。
もともと関東の従姉なのに!
40年以上神戸にいると関西人なのだ。
パリパリの関西人になっている。
話し言葉が標準語からアクセントが関西と化している。
そこへいくと名古屋は馴染めるのだ。
そもそも名古屋飯が好きだった。
赤味噌文化が好きだった。
みんなは愛知の味噌文化を勘違いしていると思う。
八丁味噌をしょっぱいと言う。
塩分が高いとかきついとか言う。
それなら愛知県民はみんな高血圧なのだ。
そんなことは無いのだ。
とりあえず、気長に師匠が木馬亭に復帰することを待ちたいと思う。
私は秘密が苦手なので、言いたいことは師匠に言った。
関西人が苦手な理由を言った。
名古屋いいですね。
名古屋飯なら生きていけそうだ。手羽先唐揚げ大好きです!
八丁味噌の文化は大好きです!
この間投稿したどて煮、しょっぱいとか塩分が高いとか言われましたが、毎日食べないし、ザラメを使っているし、八丁味噌は発酵食品なので少量なら体にもいいんですよ!