ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手気ままに書いています。

毎回文句を言う!

2019年05月27日 | 日記
同居の母が何かにつけて毎回文句を言う。
作ったおかずが硬いと言う。
母は入れ歯です。
味が濃いと言う。
そのくせ味が濃いと言いながらものによっては醤油を付ける。
とにかく好き嫌いが多いのだ。
自分の嫌いな食べ物が食卓に並ぶとあからさまに文句を言う。
口癖が「昔はそんなもの無かったわよ!」である。
世間にあっても母が知らなかっただけなのだ。
キッチンで倒れては困るので、ほとんど食事の支度をしなくなった。
いゃあ、されても困るのだ。
されればおかしな物を作るのだ。
肉じゃがにさつま揚げなんてのはまだいい方だ!
母いわく冷蔵庫にさつま揚げがあったから肉じゃがに入れてみた。
と、言うことらしい?
洋食系は「そんなもの無かったわよ!
が、口癖です。
いゃあ、日本に昔からあっても母が知らないだけなのだ。
入れ歯の母向きにご飯を作れと言わんばかりに言ってくる。
炊いたご飯が硬いと!
炊いたご飯は旦那のお弁当に詰めて、私たちが食べたら何気にお湯を少し足して柔らかくするのだ。
お粥の手前がいいらしい?
しめじが噛めない。
したがって料理にしめじが出てくるとあからさまに文句を言う。
あれもこれも苦手です。
食物アレルギーは無いんですよ!
単なる食わず嫌いです。
しょっぱいと言った煮物に醤油を付けるのは如何なものかと?
かなり柔らかく煮た煮物も硬いようです。
どこでもそうなんですかね?
我が家の年寄りはわがままです!