ビオラのつれづれ記

大好きなお花のこと、
日常のちょっとしたことなどを書き留めています。

秋色

2018-09-19 17:27:22 | くらしいろいろ

ようやくちょっと涼しくなったかと思ったら昨日今日はまたまた暑い!

でも季節は間違いなく秋に向かっていることをお花たちが教えてくれます

     ムラサキシキブと呼んではいますが正式にはコムラサキが色づき始めました

         

      気が付いたら彼岸花の赤色が近所の川の土手や松林の中を彩り始めてました

      ↓はお隣の庭で顔を出している彼岸花

   

    キバナコスモスがますます盛んに咲いて          シュウカイドウも咲き始めました

      

 

 

 三島にある佐野美術館に浮世絵展を見に行ってきました

   東海道五十三次と言えば広重を思い浮かべますが

   広重より30年ほど前に北斎も同じ五十三次を描いていたと知りました

   この展覧会ではその広重の五十三次と北斎の五十三次を同時に展示するというものでした

見慣れた広重の五十三次は風景を主とした叙情的なものであるのに対し

北斎のそれは名所や名物などその地の特徴、人物や風俗に重点が置かれているのが興味深かったです

 たとえば私の住む原宿を例にとると↓のような表現の違いです

          広重

 

         北斎

  どちらも街道や宿場が整備され人や物が盛んに行き交うようになり

  社寺参詣を目的とした物見遊山をする人が増え旅の心得や名所案内などが出版されるなか登場したものであるという事

  旅をするのが命がけのこの時代広重や北斎の描く絵で行った気分を味わっていた人も多かったのではないでしょうか

  ネット検索で容易に遠くの地の情報を得られ飛行機や新幹線で簡単に遠くまで行ける今ですが

  これらの浮世絵を眺めながら江戸時代の旅人の気分を少しだけ味わえたような気分になりました。 

 

コメント

二泊目は土肥、そして修善寺へ

2018-09-09 14:59:39 | 日記・出来事

2泊目は西伊豆の土肥温泉でした

ホテルはママさんが手配してくれたのですがチェックインの際、部屋ごとに前払いするというので

聞いていた私達3人分の金額を払おうとしたらえっ?えっ~~?

お釣りをもらうつもりで出したお金なのにお釣りどころか足りません、

何故???とパニクッてしまいフロントでオロオロ

よくよく聞いたら銀河さんのキャンセル料が入っているのに私たちはそれを計算に入れていなかったことが判明

大騒ぎして恥ずかしい

 

部屋は駿河湾が目の前に広がるオーシャンビュー

絶景の夕日が売りの土肥温泉なので楽しみにしていたのですが天気はあまりよくありませんでした

それでも時折太陽が顔を出し、もしかしたらと撮影のチャンスを待っていたけれど

結局雲に覆われて絶景は見られずじまい、残念 

       夕日はこんな風に見えるらしい(HPから写真をお借りしました)  

         

夕日が駄目ならと大浴場へ、海を眺めながら温泉につかって極楽極楽でした

夕食は飲み放題食べ放題のバイキング それに金目の煮つけをプラスのコースでした

少しずつでもあれもこれもと目が食べたいバイキングでお腹はいっぱい

せっかくの金目も残してはもったいないと無理して食べたような次第なのでした

パパさんは私たちがおしゃべりの間はずっと1人でカラオケでした、

歌いたい放題がうれしいホテル、全部で何時間歌ったんでしょう?

パパさんの元気の元はカラオケで存分声を出すからなのかななんて思いました。

私たちはというと食後はまたまたスマホ教室でした

「こうすればいいのよ」、「ほんと、できたわ!」

いろいろ説明を聞いてもなかなかわからないけれど実際手に取ってやってみるのが一番ね

使い始めたばかりのnaoさん大喜びで私もうれしかったです

そういう私もスマホの機能の半分も使えていないのですが…

2時ごろまでおしゃべりが続き就寝しましたがなかなか寝付かれず目が覚めたら皆はもうすでに起床

温泉に行ったら夕食前、就寝前、朝食前の3回お風呂に入るのがモットーの私

朝食まであまり時間がないのに気づき慌てて朝ぶろへ直行しました~

 

3日目は当初堂ヶ島を目指したのですが途中富士山がきれいに出ているのが見えたので急遽行先変更

恋人岬に寄ることにしました

雲の上に姿を見せていた富士に大阪からのlilyさん大感激

これに雪があるともっと良い景色なのですが、曇り空でここまで見えただけでもラッキーでしょう

 近くにいたお兄さんにシャッターを押してもらい記念撮影

 

その後中伊豆の修善寺に向かいました

修善寺は鎌倉幕府二代目将軍の頼家が幽閉・暗殺された地でもあり

史跡とともに空海ゆかりの修禅寺や独鈷の湯は修善寺の象徴です

修善寺は竹林もありこれからの季節は紅葉も見事で京都に行った気分になれます

独鈷の湯は川の氾濫で何度も流された経緯から今の場所に移され露天風呂だったのが足湯に変わりました。

昔は露天風呂といえどもこんな人通りのある場所で裸でお湯に入る勇気のある人はいたのかと

思ったら知り合いにいました~。 その昔、夜酔っぱらって入ったらしいです

ここには行列のできる有名なお蕎麦屋もあります

この日は行列こそありませんでしたがだいぶ待たされました

でもその間もおしゃべりが弾み苦にならなかった

          田舎家風の店内がおそばを一層美味しく感じさせる?

          

この店一番の人気メニュー「禅寺そば」は葉付きわさびがついてきて自分ですりおろして食べるのが特徴

残りはお持ち帰りできるのもうれしい。 パパさんが頼みました~                         

  

           私が頼んだのはとろろそば、とろろがいっぱいで美味しかった 

                 

遅いランチを終えて修善寺駅まで送ってもらい伊豆箱根鉄道で三島に出てそれぞれの帰途に着きました

毎回いろんなプランを考えて迎えてくれるラッシーさんご夫婦に感謝の合宿でした。

コメント (14)

記念の10回目

2018-09-04 17:06:16 | 日記・出来事

ブログ仲間の夏合宿に参加してきました。

なんと今回は記念すべき10回目だそうで息の長さにびっくりしたり、うれしかったり

昼前にいつものように伊東駅でお迎えを受けママさんお薦めの魚河岸でランチ

 

魚河岸の全てのメニューは「わぉ~!」の豪華盛りです 

                         

お刺身の一切れが普通のお店の3倍や4倍はあろうかというサイズなので

美味しいけれど気合を入れて食べないととても食べきれないのが難点?

私は食べてみたいけれど怖くて食べられない海鮮丼にnaoさんがチャレンジ

私はミックスフライを注文しましたがこれもやっとの思いで食べました~~~

 

ママさんが用意してくれた夕食も豪華!

 

でも、でも皆「おなかは全然空かないわ~」でいつものように「食べる」「しゃべる」の両輪は廻りませんでしたが

話題には事欠かず「しゃべる、しゃべる」の夜でした

今回全員がスマホになったという事でラインのグループを作ったり使い方を教えあったりの

スマホ講習会でもありました

 

2日目は河津七滝へ

河津のループ橋は何回も通っているけれど下から見上げるのは初めて

パパさんが車を止めてくれ、撮影タイム

 普通「滝」は「たき」と呼びますが河津では滝のことは「水が垂れる」という意味で垂水(たるみ)と呼んでいることから

 七つの滝の事を「七だる」と呼ぶのだそうです

ここから滝を目指してレッツゴー!

大きな滝ではないけれど往復一時間ほどの遊歩道に次々と滝が現れ

暑い一日でしたが滝からの冷気が心地よく一息つきながら歩けました

  最初に現れるのが ☆カニ滝

   

     滝からの冷気が気持ちいい~~~ 

  ☆初景滝

  

   ここには踊り子と帝大生のブロンズ像がありシャッターポイントらしいです 

 ☆蛇滝  鱗模様のような玄武岩の節理(割れ目)が蛇の名前になったそうです

  

  ☆エビ滝

    この滝は七つの滝の中で唯一柱状節理がなく岩肌はつるつるでした

  

    滝のそばには七滝にちなんだ七福神がそれぞれ置かれていましたが

    ここエビ滝では恵比寿様が鎮座しておりました

         

こんなつり橋も渡って進みます

  ☆釜滝

   ここは七滝の中で二番目に大きい滝、22mほどの高さから流れ落ちるさまは迫力満点でした

   流れ落ちる滝の下に虹が見えてラッキー!!

  

滝から落ちる涼しい飛沫が 辺りを覆って自然のミストシャワー状態が最高に気持ち良かった~

  

溶岩が冷える時にできる玄武岩の柱状節理が至る所に見られるのも七滝の特徴で

 伊豆ジオパークのジオサイトの一つにもなっています

七滝なのに紹介した滝は5つだけなのはあと二つは別の場所にあるので行きませんでした

皆勤賞の銀河さんは外せない用事があるとのことでこの後修善寺駅まで送りバイバイ

2泊目の土肥温泉に向かいました

つづく

コメント (16)

残暑お見舞い申し上げます

2018-08-25 18:16:08 | くらしいろいろ

         残暑お見舞い申し上げます

        

 8月になって台風が次々と発生したり連続してやってきたりで

 日本列島は息つく暇もありません

 暑さもぶり返して相変わらずエアコンのお世話になっている毎日ですが

 気が付けば蝉の大合唱は消え夜には虫の声が聞こえてきて秋近しを思わされます

 涼しさまであと一息、皆さまご自愛ください。

 

 先日、夕方外に出たら夕焼けの空に富士山がくっきりと見え、

 写真では不鮮明ですが登山者の光が延々と続いているのが見えました

     (真ん中にポツンと光る点から下にです)

 夏の富士登山シーズンももうあと少し、高2の夏に登山して二度と登りたくないと思った富士ですが

 毎年多くの登山者を魅了しているお山です。

 

 昨日は打楽器のみによる演奏会に行って来ました

 

   この演奏会は以前一度経験していますが打楽器の迫力あるリズムが魅力であると同時に

   マリンバを叩くマレットの見事な手さばきや体全体を使う演奏が楽しいです

   見て楽しめ、音を聞いてたのしめるのが打楽器演奏の魅力でしょうか

   そして演奏会の中心は武蔵野音大打楽器科を卒業した家の近所のお寺の副住職を勤める息子さんで

   その音大の卒業生有志の演奏会という事で飾らないフレンドリーな演奏会であるところもうれしいです

   ちなみに奥様も同校の卒業生でマリンバの演奏家です。

   なんだか素敵なご夫婦だわ~~

   素晴らしいリズムを奏でる彼が楽器に換えて読むお経はどんなものか聞いてみたい気がします  

  

    

コメント (18)

市民大学

2018-08-11 20:57:26 | 日記・出来事

 暑さが続く毎日ですが名前だけでも涼し気なハツユキソウです

 

先日市民大学の特別講座を受講しました

 ニュースキャスターの辛坊治郎氏の講演で

「時代を読み解く ~正しい判断は正しい情報から~」というタイトルでした

軽妙な語り口で最初から笑いを誘う講演は一時間半があっという間でした

  『報道番組に携わっていて強く感じることは関西と関東のメディアの違い

   東京のメディは権力に近い位置にあるためか忖度が強くはたらき物が言えないのがもどかしい

   テレビの報道などもうのみにするのではなく自分自身で全体像をつかみ取り真実を知ることが大事』

などと報道に携わる立場から感じる矛盾点をつく話に引き込まれました

私が報道をうのみにしてはいけないと悟った一番の出来事は

松本サリン事件の時被害者である河野さんが最初疑われた報道でした

のちにオウムの仕業と分かるまで河野さんが犯人扱いされたあの事件はショックでした

新聞は正しいという基準が覆された良い例でした。

また年金に関しては政府や年金機構の情報は間違であると力説されていました

 『年金受給者の私たちは年金が少ないとぼやくけれど

 年金支払額は政府が言ってきた年金掛け金の積立金では到底賄えない金額が必要で

 今は現役世代の掛け金が支払いに回っているのが現状

 これから少子高齢化が今以上に進むとこのバランスが保てなくなるのは目に見えている

 医療費にしても今のままでいいわけがなく人口バランスと景気動向を考えた政策が必要だが

 この現状もメディアの流す情報に誘導されて正しいところが伝えられていない』

というような内容を面白可笑しく話された講演でしたが納得する部分が多く有意義でした。

今までちょっと興味を持った講座も多々あったけれど夜出かけるのが億劫で参加したことがなかった

今回、友人から「行ってみない」と誘われその気になったのですが

これからはもっと積極的に参加してみようと思った市民大学でした

 

コメント (13)