ホトケの顔も三度まで

ノンフィクション作家、探検家角幡唯介のブログ

ベイカーレイクへ出発

2011年05月22日 13時54分39秒 | 探検・冒険
今回の旅の最終目的地であるベイカーレイクに向け、24日に出発することになった。本当は21日に出発するつもりだったのだが、準備が間に合わず22日に延ばし、しかし気付いたら22日は日曜日で郵便局が閉まっているため使わない装備を郵送で遅れないので、しょうがなく23日に延期したのだが、23日はビクトリアデーとかいう祝日らしく、この日も郵便局があいていないことが予想されるため、やむなく24日まで出発が伸びてしまった。

しかしホテルは一泊225ドルもするので、明日の朝にチェックアウトする予定である。その後は出発までの二日間を、生協の横にでもテントを張ってキャンプ生活の予定である。町中でキャンプをするのもなんだか、町中と行っても、このあたりは町というより荒野の中に無理矢理、住宅を並べているという感じなので、テントを張っても全然違和感はなさそうである。

計画だと、ベイカーレイクまでは最大50日の予定。50日かかるとすると、到着は7月13日ぐらい。もう夏だ。日本は梅雨明けの頃だろうか。また到着したら更新します。
コメント (6)

なぜか腰痛

2011年05月18日 06時11分44秒 | 探検・冒険
ジョアヘブン到着後、徹底的ともいえる引きこもり生活を続けている。朝起きてマーガリンとイチゴジャムをたっぷりと塗ったパンやサンドイッチ、ヨーグルト、バナナなどで食事をとり、再び睡眠し、起きて再び食事をとり、排泄し、といった一連の行為を日がな続けている。村に着いてから三日間は何もすまい、と決めていたが、本当に何もしないとは思わなかった。汚い話しで恐縮だが、食べている量が半端ではないため、排泄の量も半端ではない。連日、三回か四回は排泄し、その都度たっぷりと出るので、これでは食べている意味がないと頭を抱えてしまうほどだ。今の私は全長174センチの一個の消化、吸収、排泄器官と化してしまっており、その他の能力を完全に失ってしまっている。

まだほとんど見て回ってないが、ジョアヘブンの町はとても小さい。一応、カナダという先進国であるので、アジアの山村のように貧しい雰囲気は感じないのだが、なにせ周囲数百キロメートルは他に町がなく、人間や物資の往来は飛行機に限られるので、スーパーは町に二軒あるものの、売られている商品の種類は貧弱である。驚くべきはその値段で、一ℓのフルーツジュースが5カナダドル、500gのソーセージは10ドルくらいするので、ちょっと買い物するだけで、日本円にして4千円とか5千円はすぐに飛んで行ってしまう。ホテルの食事は夕食が45ドルもして手が出ないので、やむなくスーパーで弁当やら缶詰やらを買って食べている。

どういうわけか腰痛に苦しんでいる。60日間も重いソリを引いていた行動中はぜんぜん気にならなかったのに、町で休養に入ってから、重い腰の痛みに悩ませられている。ホテルのふかふかのベッドが腰痛悪化の一因であるような気が。といっても、高い料金を払って床で寝るのもしゃくに触るので、現時点では腰痛が悪化するのを黙って眺めているしかない。

さっさとベイカーレイクにむけて出発しろということだろうか?
コメント (3)

ジョアヘブン到着ならびに大宅賞

2011年05月15日 23時19分27秒 | 探検・冒険


レゾリュート出発から60日目の昨日、最初の目的地であるジョアヘブンに到着した。現在はジョアヘブンに一軒だけある、アムンゼンホテルという昔の大探検家の名前がついた、一人あたり225ドルもするたいそうなホテルに宿泊中である。歩いて10分のところにあるスーパー「ノースマート」で、これまで二ヶ月間食べられなかったフルーツや生野菜、ビスケット、パン、甘いお菓子、しょっぱいお菓子などなどを160ドルほど購入し、昨日から断続的にそれらを食べている。その結果、今朝はすでに二回もトイレの上に座り、現在三回目の波が来ているところである。

レゾリュートではネットの環境が悪く、出発時にブログの更新ができなかった。ときどきのぞいてくれている方々にはご迷惑をおかけしました。

ところで拙著「空白の五マイル」が今年の大宅壮一ノンフィクション賞を受賞いたしました。取材のご協力くださった方々、応援してくださった方々に改めてお礼もうしあげます。授賞式は6月17日とのことですが、わたしはジョアヘブンで1週間ほど休養ののち、最終目的地であるベイカーレイクに向けてツンドラ無人荒野を旅することにしています。ベイカーレイク到着は7月になるかならないかというあたりだと思われますので、式のほうは残念ながら欠席せざるをえません。関係者の方々にはご迷惑をおかけしまして、申し訳ありません。ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。
コメント (11)