アート科学つり情報
旬の釣り情報をアート科学がお届けします
 



 立秋を過ぎましたが、西日本では猛暑が続き、関東は猛暑が続いた後は台風直撃と、釣りには厳しい天候となっています。
 今回のつり情報は、そろそろシーズンを迎える涸沼のハゼについてです。
 7月29日、夕方ちょっとだけ涸沼のハゼの様子を見てきました。前日は、珍しい動きをした台風のせいで荒れた天気となりましたが、当日は風はあるものの釣りには影響ありませんでした。今回は、エサではなくルアーで狙ってみることに。使用するルアーは、小型のクランクベイト。ハゼクラとも呼ばれ、最近ではハゼ専用のものが発売されています。台風通過直後のせいか、暑さのせいか、釣り人がほとんどいないため四方八方投げ放題。根掛りに気を付けながら、投げて巻くを繰り返していると、プルっとアタリがあったのですが残念ながら針掛りせず。少し場所を移動して、岸と平行にルアーをキャストすると、再びアタリがあり今度はきちんとフッキング。ヒットしたのは、10センチほどのハゼでした。

 シーズン本番を迎える涸沼のハゼ、昨年は8月初旬から好釣果が聞かれていたので、これからが楽しみです。チョイ投げ、ウキ釣りなどのエサを使った釣り、今回のようなルアーフィッシング、色々な釣り方で楽しめます。もちろん、釣ったハゼは、天ぷら、空揚げでおいしく食べることができます。夏休みのファミリーフィッシングに如何でしょうか



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 連日の猛暑、23日には熊谷で国内観測史上最も高い気温となる41.1℃を記録したようです。暑い日の釣行の際には、こまめに水分を補給するなど、熱中症対策を忘れずに。
 今回のつり情報は、霞ケ浦と野池のブラックバスについてです。
 15日の午前中は、水戸の釣具店で開催された、ニッコー化成さんから発売されるタイラバの先行販売イベントに。今回、発売されるタイラバは、茨城の遊漁船の船長が考案したもので、その名も「仙人玉」。以前、サンプルで頂いた仙人玉では良型のヒラマサをキャッチしており、今回の発売を楽しみに待っていました。また、ニッコー化成さんはワームもユニークで、スクイッドラバーというワームでは過去に大ダイ2連発など良い思いをしています。イベントでは、タイラバを5個購入、サンプルのワームも頂き、今後の釣行が楽しみです。
 イベントの後は、霞ケ浦に向かいバスを狙ってみることに。湖岸に到着するとものすごい暑さでした。霞ケ浦大橋付近では、パラセーリングが行われており、湖上空を舞っている姿は、とても気持ちよさそうでした。釣りの方はというと、水門周りや水通しの良さそうなテトラ周りを狙って見たのですが、全く反応なし。バスがだめならキャットフィッシュならと思ったのですがこちらも反応なしでした。

 16日は、前日バスの顔を見られなかったので、午後から短時間ですが小美玉の野池に釣行。1つ目の池は、水草がまばら生えており、まずはフロッグから試したのですが反応なし。ワームにチェンジし水草の切れ目にキャストすると。水草の中から飛び出し来た魚がワームをひったくっていきました。ヒットしたのは、かなりかわいいサイズのブラックバスでした。同じパターンで、1匹追加したところで、別の池に移動することに。

 今度の池は、睡蓮が広がっている池。トップウォーターからスタートしたのですが反応はなく、ワームにチェンジすると、すぐに反応が。しかし、ヒットするのはブルーギルばかり。しばらく、ブルーギルに遊んでもらっていると、遠くから雷鳴が聞こえてきたので終了としました。

 帰る途中、茨城空港に寄ってみると、定刻より遅れて到着の沖縄便がちょうど着陸するところでした。県北付近にあった雷雲を避けるために、珍しいコースで飛行してきたようです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 連日暑い日が続いています。皆様、如何お過ごしでしょうか。
 6月30日は、茨城町の水路にカネヒラを狙いに出かけてみました。当日は、30℃を超える暑さで、立っているだけでも汗が流れてくるほどでした。水深があり護岸で日陰になるポイントから釣りをスタート。棚を変えながら、探ってみたのですが反応はありませんでした。水路沿いに歩きながら、魚を探していると、護岸に生えた草の陰に小魚が群れていました。短い竿にチェンジして、ウキ下15センチ程で足元を狙うことに。棚が浅いため、魚がエサにバイトするのが見え、アタリはかなりあるのですが、サイズが小さくなかなか針掛かりしません。そこで、針を交換することで、やっとヒットしたのは、3センチほどのカネヒラでした。その後も、同じようなサイズがポツポツとヒット。小さいカネヒラの下の棚にやや大きい魚体が見えたので、少し棚を深くすると、きれいな婚姻色のバラタナゴがヒット。カネヒラも棚が深い方がサイズは良い感じでした。カネヒラとバラタナゴ、合わせて10匹キャッチしたところで終了としました。 

 8日は、水戸で買い物をしたついでに小美玉まで足を延ばし、ブラックバスを狙ってみることに。池に着くと、暑さのためか珍しく先行者はおらず、貸し切り状態。ヒシモがかなり伸びているので、フロッグから試すことにしたのですが、投げても投げても反応なし。そこで、ヒシモの陰をのんびりと泳いでいるブルーギルに遊んでもらうことに。こちらは、ワームを落とすと一投目からヒット、暑いのに元気です。しばし、ブルーギルに遊んでもらった後は、再びバス狙いに。ガマの茂みの中にワームをキャストしてシェイクしていると、グンとアタリが。しっかり合わせて、ガマに絡まないように一気に寄せていると、ガマの茂みの向こうから近寄ってくるものには足が…。見えればバイトする前にルアーを回収するのですが、ガマの茂みの中ではそうはいかず、フックを外すのが大変でした。結局、バスの姿を見ることなく、珍客を釣ったところで終了としました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 23日は、午後から霞ケ浦へ。途中、雨がぱらついていたのですが、霞ケ浦大橋付近に着くと、雨は降っておらずどんよりした曇り空。良型のバラタナゴを狙ってみようと思い、本湖に面した水深のあるテトラ帯に向かうと、水位はやや高めで、風が当たっているせいで、少し波立っている感じでした。まずは、魚を寄せるためにエサを大きめに付けて仕掛けを投入していると、浮子が一気に引き込まれました。ヒットしたのは、ブルーギル。ところが、スタートから20分、雨がポツポツと降り出すと、あっという間に本降りの雨となってしまいました。一旦道具を片付けて車に戻り、止み間を待ったのですが、雨雲レーダを確認すると、残念なことに雨雲が切れそうにもありません。この日は、タナゴの姿を見ないまま30分で終了となってしまいました。

 24日午後は、短時間ですが小美玉の池でブラックバスを狙ってみることに。池に着くと先行者が数名いたのですが、ちょうど睡蓮が茂っている場所が空いていました。先行者が入った後なので、まずはブルーギルに遊んでもらおうと思い、スモールワームでスタート。睡蓮と隙間にキャストするとすぐにアタリがあり、狙い通り10センチ程のブルーギルがヒット。しばらくブルーギルと遊んだ後、ワームのサイズをアップし護岸に沿って落としていくと、ラインがスーっと走り、ヒットしたのは、かわいいサイズのブラックバスでした。これからは、プレッシャーの少ない早朝の釣行が良いかもしれませんね。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 6日、気象庁から関東地方が梅雨入りしたとみられると発表がありました。平年より2日早い梅雨入りのようです。皆様、如何お過ごしでしょうか。
 今回のつり情報は、伊良部島と下地島での陸っぱりについてです。
 8~10日は、宮古島へ。1日目は、宮古島を中心に橋でつながる3つの島を観光。心配されていた台風も、風が少し強いぐらいで良い天気となりました。海沿いの道路や岬から見える海は、とても透明度が高く、3つの橋からの眺めも最高でした。

 2日目は、まず宮古島の釣具店でエサを調達し、伊良部大橋を渡り伊良部島に向かうことに。しかし、台風の影響のため、風が強く海は荒れ模様。磯での釣りは、諦めて風裏になる港で竿を出すことに。準備をしていると、先に岸壁の角で竿を出していた社員にファーストヒット。赤い大きな斑点のメギスでした。その後は、浮子釣りをしている社員にも次々とヒットし、スズメダイ、エソ、テンジクダイの仲間など南の島特有の魚をキャッチすることができました。ところが、10時をすぎたころ黒い雲が近づいてくると土砂降りの雨となり車に避難。その後、何度か同じようなにわか雨にじゃまされはしましたが、午前中としては、まずまずの釣果となりました。

 伊良部島のレストランで食事をし、午後は下地島へ。下地島空港を見学し、伊良部島との間にある港で竿を出すことに。大き目の捨て石が沈んでいる場所では、魚影が確認でき、仕掛けを落とすと、さっそくアタリが。ヒットしたのは、小さい割にはよく引くオキフエダイでした。そしてワームで捨て石の水深のあるところをワームで狙っていた社員がこの日最大となるイヌカサゴをキャッチ。このポイントは、魚の数、そして種類が豊富のようで、ニセクロホシフエダイ、イッテンフエダイ、ロクセンスズメダイ、アミメフエダイなどもキャッチ。そして、午前中ボウズで、焦りの色が見られた社員も魚をキャッチすることができ、全員ボウズを回避できて一安心。久しぶりに南の島での釣りを楽しむことができました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ