アート科学つり情報
旬の釣り情報をアート科学がお届けします
 



 最低気温が一桁の日が多くなってきました。朝夕の釣りでは厚手の上着を忘れずに。
 今回は、涸沼水系のハゼについてです。
 10月29日は、タイガーエア台湾「茨城-台北」線 定期便就航4周年記念イベントが行われているということで、まずは茨城空港へ。イベントでは、台湾物産展や観光地の紹介が行われていました。タイガーエア台湾の「茨城-台北」線は、2018年10月28日に定期便の運航を開始したのですが、今現在は運休となっています。運行が再開した際には、台湾へ観光に行ってみたいですね。
 空港の後は、野池の様子を見にいったところ、気温が下がったせいで水の透明度が高く、場所よっては底が見える状況。いつもなら遊んでくれるブルーギルの姿もなく、池を1/4周ほど廻ってみたのですが、魚からの反応は・・・。

 野池は諦めて、涸沼に移動することに。途中、エサを購入する際に状況を聞くと、メジャーなポイントは場荒れしているので人が余り入っていないポイントが良いとのことでした。南側の湖岸で竿を出すことにしたのですが、掛かるのはチチブのみ。結局、この日はハゼの姿を見ることなく、日没のため終了となってしまいました。

 このままでは寂しいので、翌30日は短時間ですが涸沼川へ釣行。手前のテトラ付近はチチブばかりなので、ちょい投げしてカケアガリ付近を探るとやっとハゼをキャッチすることができました。同じパターンでハゼを4匹キャッチしたところで、小型のカイズが掛かるようになり、その後ヒットするのはカイズばかりとなってしまいました。上げ潮のせいで下流から上流への流れも速くなり、釣り難くなったので終了としました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




 肌寒い日があったと思えば、夏日になる予報も出ており、気温の変化が大きくなっています。体調の管理には気を付けたいですね。
 今回のつり情報は、涸沼川のハゼについてです。
 9月23日は、先月不発に終わったハゼを狙いに涸沼川へ釣行。釣具店でエサを購入する際に状況を聞くと、釣れないことはないがかなり渋く、深場を狙った方が良いとのことでした。
 釣具店の情報を基に、大貫橋上流の水深のあるポイントで竿を出すことに。まずは流心から探ってみたのですが、反応無し。次に、手前のかけ上がりを探ると、小さなアタリがあり、ヒットしたのはチチブ。しばらくチチブに遊んでもらっていると、ちょっと良い引きをする魚が掛かり、小型のカイズでした。群れが廻ってきたのか、そこからは同じサイズのカイズが立て続けにヒットとなったのですが、お目当てのハゼは・・・。
 なんとかハゼをということで、テトラポッドの穴釣りに変更。深めの穴を探っていくと、チチブに邪魔されながらも、今年初のハゼをキャッチすることができました。その後は、穴を転々と探って、最大18センチを含め3匹のハゼをキャッチすることができました。数は出ませんでしたが、今年初のハゼの顔を見ることが出来たので良しとしましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




 茨城県の週間予報を見ると、曇りや雨の日が多く蒸し暑さが続くようです。また、来週は台風の動きも気になるところですね。皆様、如何お過ごしでしょうか。
 今回のつり情報は、「OARAI INTERNATIONAL FISHING FESTIVAL」と涸沼のハゼについてです。
 8/27は涸沼へ向かう前に、大洗港で開催されている「OARAI INTERNATIONAL FISHING FESTIVAL」へ。イベントでは、カジキ釣りの国際大会をメインに人気アングラーのトークショーや堤防釣り体験等が行われ多くの人で賑わっていました。そして、同時開催イベントとして、大洗では3年ぶりとなる「室谷義秀エアショーin大洗」も行われ、14:00からの室谷義秀さんのトークショーを聴いていたのですが、途中から突然の豪雨。全身びしょ濡れのまま、涸沼へと移動となりました。
 ちなみに、翌28日がエアショーの予定だったのですが、残念なことに天候不良による中止。メインのカジキ釣りの国際大会2日目も海の状況が悪く中止となってしまいました。

 涸沼に着くと、日が差しており先程の土砂降りの雨は嘘のようでした。早速、準備をして釣りをスタートしたのですが、まったくアタリがありません。事前に厳しいとの情報は聞いていたのですが、これほど反応がないとは・・・。遊んでくれたのは、チチブと小型のカイズのみでハゼの姿は見ることが出来ませんでした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




 連日、厳しい暑さが続いています。皆様、如何お過ごしでしょうか。
 今回のつり情報は、霞ヶ浦湖岸ホソのタナゴについてです。
 7月30日は、タナゴ狙いで霞ヶ浦湖岸ホソへ釣行してきました。出かける前に、アメダスを見ると、9時の時点で鉾田は30℃越え。11時前に小美玉市の霞ヶ浦湖岸に到着し、南下しながらポイント探していくと、水色が良く魚が隠れそうな草の生えているホソがあったので竿を出してみることに。車の外はものすごい暑さと強い日差しで、この状況は厳しいかと思ったのですが、魚は元気なようで1投目から浮子に反応が。数投目でヒットしたのは、クチボソでした。アタリは、頻繁にあるのですが、掛かるのはクチボソばかり。棚を少し深くしてみると、やっとタナゴがヒットしたのですが、やはりメインはクチボソのようで・・・。2時間ほど竿を出して、タナゴ3匹、マブナ1匹、クチボソ多数という釣果でした。暑い中でしたが、アタリは多く楽しむことができました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする




 気象庁から6月27日、関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表がありました。関東甲信では統計開始以来、もっとも早い梅雨明けとなったようです。皆様、如何お過ごしでしょうか。
 今回のつり情報は、日立沖の青物と霞ケ浦の手長エビについてです。
 6月17日は、お馴染み「ふじしめ丸」さんにお世話になり、社員4名で青物狙いで釣行してきました。当日は、風もほとんどなく、海も凪で絶好の釣り日和となりました。朝一のポイントは、東海村沖。青物の活性は高く、船中で小型ですがヒラマサ、イナダが次々とヒット。私も、1時間ほどでヒラマサ、イナダを合わせて3本キャッチしボウズを回避することができました。同行の社員も、このチャンスを逃すことなくヒラマサをキャッチし、全員ボウズを回避し一安心。
 ところが、厳しかったのはここからで、時間が経つにつれ青物からの反応は少なくなり、船中で忘れたころにヒットする程度になってしまいました。ポイントをあちこち移動しても状況は改善せず。タイラバも試したのですが、こちらも・・・。目的の青物はキャッチできたのですが、厳しい釣りとなってしまいました。

 翌日の18日は、釣友からのお誘いがあり、この時期恒例の手長エビを狙いに霞ケ浦へ。先行している釣友と合流したのは、いつものテトラ帯ではなく湖岸から5メートルほど沖まで捨て石が入っているポイント。準備を整え石の隙間に仕掛けを落とすと、1投目からアタリが合ったのですが、上げるのが早すぎたためすっぽ抜け。アタリがあってからある程度待たないと掛からないのがテナガエビなのですが、待ちすぎると石の隙間の奥に潜り込まれ抜けなくなってしまいます。その後もアタリは頻繁にあり、過去の感じを思い出しながら釣ること3時間、2人で55匹の釣果となりました。ポイントが良ければ短時間でも楽しめると思いますので、熱い日中を避けて涼しい時間帯に釣行しみては如何でしょうか。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする


« 前ページ