アート科学つり情報
旬の釣り情報をアート科学がお届けします
 



 気象庁から、1日、関東地方が梅雨明けしたとみられと発表がありました。夏も本番、適切な感染対策、熱中症対策をしつつ釣りを楽しみたいですね。
 さて、今回のつり情報は、大洗沖と堤防の釣りについてです。
 7月24日は、おなじみのメンバーで沖釣りに。朝は、濃い霧が出ており、薄くなるのを待って出船となりました。朝一番は、浅場で青物ということでナブラを探すも、霧のため発見できず。水深25メートル前後のポイントを転々と移動し、ようやくジギングの社員にヒットしたのはイナダ。しかし、単発で終わってしまい、その後も魚を探してポイント移動を繰り返すことに。
 大洗沖の水深30メートルに移動すると、水面に赤い帯が。赤潮が発生しているようで、そのせいで魚の活性が低いのか、この後追加できたは、マゴチとムシガレイが1匹ずつと残念な釣果となりました。

 8月2日は、近所の堤防へ社員3名で釣行。6時半過ぎにポイントに到着すると、すでにたくさんの釣り人が竿を出していました。しかし、釣れている様子はなく・・・。
 サビキとちょい投げに分かれてスタートしたのですが、案の定サビキには、まったく反応がなく、ちょい投げにはアタリはあるもののヒットするのはフグ。そんな厳しい状態が続く中、広範囲を探ると 型は小ぶりですがシロギスをキャッチ。その後も、忘れたころにやってくるアタリに苦戦しながら、なんとか3匹を追加することができました。前回の沖釣りに続き、残念な釣果となってしまいました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 まさに、梅雨真っ只中。週間予報を見ると雲と傘マークばかり。皆様、如何お過ごしでしょうか。
 今回は、今がベストシーズンとなる霞ヶ浦のテナガエビについてです。
 6月21日午後、霞ヶ浦へテナガエビ狙いで釣行していきました。ポイントは、テナガエビでは定番の本湖に面したテトラ帯。ポイントにつくと、たくさんのテナガエビ狙いの釣り人が竿を出していました。先行者がちょうど帰り、空いたスペースで釣りをスタート。仕掛けは、市販のものでサイズが小さいとの前情報があったので、針はタナゴ針を使うことに。しかし、先行者の後だけに、なかなかアタリが出ません。少しずつ狙うテトラの隙間を変えながら探ること約30分、小ぶりですが最初のテナガエビをキャッチ。1.5時間程で雄雌合わせて5匹キャッチすることが出来ました。
 そして、この日は、もう一つのイベントが。21日は、日本各地で部分日食が観測できるということで、関東では食の始めが16時11分頃とのことでした。しかし、時間になっても空には厚い雲が広がり太陽は確認できず。ところが、16時20分を過ぎたところで雲が薄くなりなんとか撮影に成功。その後は再び雲が厚くなり、食の最大は見ることが出来ませんでした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 蒸し暑い日が多くなり、関東地方の梅雨入りもカウントダウンですね。皆様、如何お過ごしでしょうか。
 2ヶ月ぶりとなる今回のつり情報は、霞ヶ浦のタナゴについてです。
 5月24日は、久しぶりに霞ヶ浦にタナゴ狙いで釣行してきました。当日は、天気は良かったのですが南風が強く、湖面は波立っていました。最初のポイントは、風の影響が少ない湖岸沿いのホソ。仕掛け投入直後から頻繁に反応はあるのですが、針掛かりしないところを見るとエビが餌を取っている模様。早々に見切りを付けて、本湖側のポイントに移動することに。
 本湖の捨て石があるポイントに移動したのですが、こちらは風が強くアタリが取りにくい状況でした。ちょっとだけ竿を出したのですが反応がないため、さらに移動することに。
 続いてのポイントは、テトラ帯。本湖に面したテトラ帯は強風と波で釣りにならないので、波の影響の少ない冬の定番ポイントへ。先行者が数人いたので期待したのですが、タナゴのアタリは遠く、苦戦。かろうじてバラタナゴを1匹キャッチ出来ましたが・・・。

 帰り道に、ブルーギルに遊んでもらおうと野池に寄り道したのですが、こちらも渋くミニサイズのバスをキャッチしたのみ。
 久しぶりの霞ヶ浦は、厳しい釣行となってしまいました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 今年は、関東などで記録的に早い開花・満開となった桜ですが、3月29日は満開後の桜の上に雪。春と冬が行ったり来たりの3月となりました。皆様、如何お過ごしでしょうか。
 今回のつり情報は、霞ヶ浦湖岸ホソのタナゴと今が旬のヤリイカについてです。
 3月17日午後は、霞ヶ浦湖岸のホソへタナゴ狙いで釣行。霞ヶ浦に向かう途中、茨城空港に寄り道となり、ちょっとだけのだけのはずが、気がつくと15時・・・。霞ヶ浦湖岸へ移動し、前回と同じポイントで竿を出すことに。しかし、前回とは違いクチボソが多く苦戦。1時間ほどでタナゴ6匹という釣果でした。

 3月21日は、ヤリイカ狙いで釣行。まずは、ひたちなか沖の水深約50メートルからスタートしたのですが、イカの反応はなく、スッテにヒットしたホウボウ1匹のみ。そこで、沖に見えるヤリイカ狙いの船団目指して、水深80メートルのポイントに移動したのですが、状況は渋くなかなかなアタリがありません。そして、気がつくとたくさんいた釣り船は続々と南下していきました。健闘むなしく、今シーズ初のヤリイカは4杯+極小1杯という結果に。
 10時を過ぎ南寄りの風が強くなってきたので、再び50メートルに戻り、タイを狙ってみたのですが、こちらも渋く、ホウボウを3匹追加して沖上がりとなりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 暖かい日と寒い日が周期的にやってくる春らしい天気となっています。皆様、如何お過ごしでしょうか。
 今回の釣り情報は、霞ヶ浦湖岸ホソの小物釣りについてです。
 29日は、小美玉市方面の霞ヶ浦湖岸のホソへ釣行。東寄りの風で少し肌寒い陽気でしたが、湖岸では菜の花やタンポポが咲いており、春の訪れを感じられました。
 まずは、マブナを狙ってミミズを餌にスタート。ホソの壁際や底に変化のある場所を探っていくことに。そして、周りより深くなっているところで啄むようなアタリが。しかし、何度もアタリはあるのですが針掛かりしません。そこで、餌をグルテンに変えると、すぐに答えが出ました。正体は5センチほどのマブナ。その後は、ポツポツと同サイズをキャッチすることができ、坊主回避で一安心。

 ポイントを変えて、水草が生えているホソでタナゴを狙ってみることに。水草の切れ目に仕掛けを入れるとすぐに浮きに反応はあったのですが、針掛かりせず。サイズが小さいようなので、針のサイズをチェンジすると3センチほどのバラタナゴがヒット。サイズは小さいですがアタリは多く、つ抜けしたところで終了としました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ