二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

ありうる

2016年02月29日 04時10分50秒 | ニ言瓦版
これは、ある。
地方でも、都会でも、低周波は、異常に、生活に影響。
解る気がする。
完全な家を作るも、建物の内部の防音装置が、必要なこと。
また、
外に置く、機械の騒音は、犯罪かもしれない。
機械の開発するのが問題なのかもしれない。
騒音ということかもしれない。




「機械などから出る低周波音への苦情が増えている。不眠や食欲低下などの健康被害を受けたとして、全国の自治体に寄せられる相談は年200件を超え、20年前の5倍以上になった。この間、省エネ対策で急速に普及した家庭用発電装置や給湯機器が発生源の一つとされ、隣人間のトラブルが裁判に発展するケースも出てきた。国は、こうした低周波音が不快感を生じさせることがあると認め、健康被害との関連を調べている。(河下真也)

エネファームの音で「不眠」…隣家の男性が損賠提訴

静かな騒音
 神戸市内の一戸建てに住んでいた女性(61)は2010年12月、夜明け前に「ブーン」という耳慣れない音で目覚めた。室内の電化製品に異常はなく、窓を開けると、前日に引っ越してきた隣家の家庭用燃料電池「エネファーム」から聞こえる音とわかった。一定の低い音が24時間途切れず、それから3日間眠れなかった。食欲が落ち、胸に痛みなども感じて11年3月、近くのマンションに転居した。

 女性はインターネットなどで原因を調べて低周波音の影響と考え、14年2月、被害防止に取り組むNPOを設立。相談があった約160人の8割超が睡眠障害を訴え、5割近くが胸の圧迫や痛みを感じていた。ただ、低周波音は人によっては聞こえず、被害が理解されにくいのが実情という。

 女性は一戸建ての自宅を残しており、15年6月、隣人やメーカーにエネファームの撤去などを求め、大阪地裁に提訴。「静かな騒音の存在を知ってほしい」と訴えるが、被告側は訴訟で、「健康被害との因果関係は不明。撤去義務はない」と反論、全面的に争っている。

20年で5倍
 環境省によると、全国の自治体に寄せられる低周波音への苦情は1980~90年代に年20~40件程度だったが、2000年代に急増。08年度には200件を超えた。中でも「家庭生活」を発生源とする苦情が増えており、省エネ用機器もこの中に含まれるという。

 この傾向は、家庭への省エネ用機器普及の動きと重なる。業界団体によると、例えば家庭用ヒートポンプ給湯機「エコキュート」の出荷台数は累計で04年に10万台、07年に100万台を突破し、現在では約480万台に上っている。

 環境省は、こうした省エネ用機器が低周波音を発することを確認。エアコンの室外機なども同様の低周波音を出すが、夜間に長時間稼働する省エネ用機器は、苦情につながりやすいとみられる。」


近所で、いざこざ、犯罪があるのは、低周波と、外気の騒音が、問われることかもしれない。
人の異常な行動、近所に、異常者は、低周波とか、騒音が、影響するのかもしれない。

電車でも、室内に、電車の低周波の酷い音が、運転中あると、気が変になるものだ。
それが、家の外で、暖房の日々、騒音が、聞こえると、大変な、身体に影響するかもしれない。

室内の騒音の対策は、自分の身体、生活のためかもしれない。
コメント

面白いかった、面白くない。何か、よくないも。番組。編集の酷さ。

2016年02月29日 03時01分39秒 | ニ言瓦版
テレビ東京も、この番組みたら、面白いようで、面白くない。
番組のCMが、多すぎるのた、CMの度に、頭から、始めるのが多すぎる、
編集の酷さと、内容が、薄い取材なのかもしれない。

編集が酷いから、いろいろ、このテレビ局の問題が起きるのかもしれない。




「まさかを起した凄い人 初公開!波瀾万丈の舞台裏 樋口久子プロ生活50周年記念SP
放送日 2月28日(日)午後4時

番組概要
日本人初めてメジャー制覇を成し遂げ
通算72勝という金字塔を打ち立てたプロゴルファー樋口久子(70)

終戦に生まれ、激動の日本を駆け抜けた波瀾万丈の半生記
男性のスポーツだったゴルフを女性の彼女がやるようになった意外な理由とは!?
不仲説がささやかれる永遠のライバル岡本綾子プロとのテレビ初対談は、その真相が明らかになり、知られざるエピソードが満載です。
お楽しみに!
まさかを起した凄い人 初公開!波瀾万丈の舞台裏 樋口久子プロ生活50周年記念SP」



樋口久子氏の歴史見ていると、人材は、なぜ、育てないのかと、問われる。
岡本綾子氏のように、選手の育成すること、樋口久子氏も、必要かもしれない。
70才で、家族と、ゴルフのいいが、
現実、海外のツアーの経験と、戦いの経験は、いい、日本人選手の育成になる気がする。

怪我、しない、年齢でも、変わらない、打ち方は、必要なことかもしれない。
70でも、健康で、病気かない、スイングは、立派と、教えるスイングかもしれない。
岡本綾子氏は、病気で、なんでも、腰の手術したとという。
ゴルフは、スイングが、生命かもしれない。
打ち方で、晩年まで、影響する。

NHKの編集のように、できないものか、編集で、よく見えるか、
酷い番組になると、この番組だ思う。

NHKスペシャルの番組でも、みて、テレビ東京は、勉強して欲しいものだ。
昔の映像は、多く出てくるのに、酷い番組だった。
コメント

面白いかった、面白くない。何か、よくないも。番組。編集の酷さ。

2016年02月29日 03時01分39秒 | ニ言瓦版
テレビ東京も、この番組みたら、面白いようで、面白くない。
番組のCMが、多すぎるのた、CMの度に、頭から、始めるのが多すぎる、
編集の酷さと、内容が、薄い取材なのかもしれない。

編集が酷いから、いろいろ、このテレビ局の問題が起きるのかもしれない。




「まさかを起した凄い人 初公開!波瀾万丈の舞台裏 樋口久子プロ生活50周年記念SP
放送日 2月28日(日)午後4時

番組概要
日本人初めてメジャー制覇を成し遂げ
通算72勝という金字塔を打ち立てたプロゴルファー樋口久子(70)

終戦に生まれ、激動の日本を駆け抜けた波瀾万丈の半生記
男性のスポーツだったゴルフを女性の彼女がやるようになった意外な理由とは!?
不仲説がささやかれる永遠のライバル岡本綾子プロとのテレビ初対談は、その真相が明らかになり、知られざるエピソードが満載です。
お楽しみに!
まさかを起した凄い人 初公開!波瀾万丈の舞台裏 樋口久子プロ生活50周年記念SP」



樋口久子氏の歴史見ていると、人材は、なぜ、育てないのかと、問われる。
岡本綾子氏のように、選手の育成すること、樋口久子氏も、必要かもしれない。
70才で、家族と、ゴルフのいいが、
現実、海外のツアーの経験と、戦いの経験は、いい、日本人選手の育成になる気がする。

怪我、しない、年齢でも、変わらない、打ち方は、必要なことかもしれない。
70でも、健康で、病気かない、スイングは、立派と、教えるスイングかもしれない。
岡本綾子氏は、病気で、なんでも、腰の手術したとという。
ゴルフは、スイングが、生命かもしれない。
打ち方で、晩年まで、影響する。

NHKの編集のように、できないものか、編集で、よく見えるか、
酷い番組になると、この番組だ思う。

NHKスペシャルの番組でも、みて、テレビ東京は、勉強して欲しいものだ。
昔の映像は、多く出てくるのに、酷い番組だった。
コメント

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016年02月29日 02時31分36秒 | ニ言瓦版
この記事は、疑問な記事。
ありえない記事を読むと、本当に見えるのも、時代。




「日韓合意後の声明文で日本政府は、慰安婦について「日本軍の関与」の下、「女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」問題と認めた(2015年12月28日)。これにより、海外メディアには、「日本が軍による性奴隷の強要を認めた」との認識が広がっている。

 米ワシントン・ポスト(同日付)は、〈日本軍は韓国を含む占領国出身の20万人もの女性や少女に性奴隷となるよう強要した〉と報じた。同じく日韓合意について詳細に報じた英ガーディアン、英BBC、米ウォール・ストリート・ジャーナルなども同様の認識を示した(いずれも電子版)。

 しかし、改めて指摘するが、慰安婦は戦時下の「公娼」であって「性奴隷」ではない。また、朝鮮半島や台湾では軍など公権力による強制連行は確認されていない。

 当時の朝鮮半島では貧困などを理由に親が娘を身売りする事態が相次ぎ、中には悪質な民間業者に騙され、半ば強制的に慰安婦となった女性も残念ながら存在したが、大多数は自らの意志で働いていた。しかし、そうした事実に触れている記事はほとんどない。

 ◆「毎日40人の日本兵を相手にさせられた」--元慰安婦の証言をそのまま紹介

 「誤解」と「偏見」の最たるものは、英国の大衆紙サン(2015年12月30日付)が〈1日40人の兵士との性交を強いられた-日本がついにおぞましい“慰安婦”制度を謝罪〉との見出しで報じた記事だ。

 同紙は13歳の時、朝鮮北部の自宅から警察官に拉致されたというチョン・オクスン氏の以下の証言を引用する。

 〈私たちは、性奴隷として、毎日40人もの数を相手にしなければならず、5000名を超える日本兵とのセックスを強要されました〉

 〈抵抗すると殴られてぼろ切れを口に突っ込まれました〉

 〈服従するまで、局所にマッチ棒を突っ込まれたこともありました〉」



40人も、あるのか、何か、韓国の性の事情で、韓国は、常識になっているのかもしれない。
よくよく、酷い記事と、英国にも、世界にも、
本当に、外人の性欲の判断から、見ていることだろう。
日本人が、戦争で、行うことが、あるのか、疑問なこと。
戦いであり、戦場である。
今の戦争より、日々、戦いの日々ではないか。
ありえないことが、韓国は、常識なのかもしれない。
正しい教育、しないから、起きる、反日かもしれない。




「これらの証言は、1996年2月に国連人権委員会に提出された、いわゆる「クマラスワミ報告」からの引用だ。

 この報告は、ジョージ・ヒックス氏の著書『従軍慰安婦』や吉田清治氏の証言など、虚偽であることが明白な資料に基づいて作成された。チョン氏の証言については北朝鮮側から受け取った記録であり、クマラスワミ氏はチョン氏に面会していないという指摘もある。

 戦時中、慰安婦は慰安所からの外出を許可され、接客拒否や廃業、帰国の自由もあった。慰安所では兵士の飲酒と慰安婦への暴行が規則で固く禁じられており、違反者には厳しい処罰が下された。

 実際、1944年に米・戦時情報局(OWI)が作成した記録には、「慰安婦は将校より高収入であり、接客拒否の権利も認められ、外出の自由も保障されていた」と記されている。

 より看過できないのは、「日本軍は少女を慰安婦にした」という暴論だ。サンの記事はチョン氏の以下の証言を伝える。

 〈日本の警官が学校に行き少女たちを集めた〉

 〈犠牲者の多くは、処女であることを保証するために、14~18歳の少女が集められた。抵抗した家族は、その場で殺された〉

 ひどい誤解というよりない。1990年代始め、朝日新聞は戦時下で女性を軍事工場などに徴用した「女子挺身隊」と「従軍慰安婦」を混同して報じた。それ以降、韓国では「女子挺身隊イコール慰安婦」という事実誤認が一般化した。

 1992年の宮沢喜一首相(当時)の訪韓直前には韓国メディアが「12歳の少女が挺身隊に動員されたことを示す学籍簿が見つかった」と報じ、「小学生を性奴隷にした」との虚報が一挙に広がった。

 一昨年、朝日新聞はようやく誤りを認め謝罪したが、韓国では少女が犠牲になったと今も信じられている。慰安婦像が少女の像なのはこのためだ。」





本当か疑問。
記事は、読む度、戦争同時の事と、戦後の賠償と、内閣の訴えしかない。

正しい資料と、判断は、当時の韓国人の経済、政治知らないと、
解らないものだ。

当時、貧しい国が、生活するのに、職は、戦争で、関係する、仕事しかないか、
働く場所は、ない。

日本の統治下でも、韓国人、朝鮮人は、どうやって、暮らしていたのか。
北朝鮮の資料とか、自国の資料が、ないのも、可笑しいことだ。

日本の戦前、韓国、北朝鮮に、投資して、経済良くしていたこと、
歴史は、知らないのかもしれない。


親が、子供売るというのは、貧しいから、あるのだろう。
現実、歴史は、食えないから、のこと。

考えても、戦争の時期、わざわざ、大量に、少女を戦争の中に行かせるのは、
ありえないことだ。

親が、子供を売ったというのが、現実だろう。
それも、日本政府ではない。

韓国の風俗の歴史みれば、明らかなことかもしれない。
その延長で、書いているのか、立証するも、疑問なこと。


歴史は、正しくないことも、正しく見えるように、なるのは、
戦後の酷い、勝手な文章かもしれない。

一つ言えるのは、韓国、台湾と違う、酷いものだ。

従軍慰安婦は、どのくらい、犠牲者、死んだ人が出たのか。
ソレも不思議。
日本人は、戦争で、何十万の人が、民間含めると、戦死者は、凄い。
生きて帰った日本人は、数少ない。

コメント

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016年02月29日 02時23分32秒 | ニ言瓦版
台湾も、いろいろ、歴史がある。
日本人の犠牲者も、あるのか。
知らなかった。
1947年か。


「台湾で戦後、中国大陸から来た国民党政権によって住民の抗議行動が弾圧された「228事件」の日にあたる28日、事件に巻き込まれたとして、初めて賠償が認められた日本人の家族も参列して追悼式が行われました。
台湾で1947年に起きた「228事件」は、中国大陸から台湾に渡った国民党政権が、住民の抗議行動を武力で弾圧したもので、1万8000人以上が犠牲になったとされています。
毎年、事件が起きた2月28日に各地で追悼の催しが行われていて、28日の台北の式典には国民党の馬英九総統も出席し、参列した遺族などが犠牲者に花をささげていました。
事件では、現地にいた日本人も巻き込まれたとみられていて、現在も行方が分からない青山惠先さん(当時38)の沖縄県に住む家族に対し、台湾側に賠償を命じる初めての判決が、今月確定しました。
式典には、青山さんの長男の惠昭さんも参列し、「感無量です。父も天国で無念が晴れてほっとしていると思います」と話していました。
この事件で、台湾側は、これまで日本人への賠償について、台湾の人々に対する日本の戦後補償が十分でないことを理由に認めていませんでした。
今回の決定について、馬総統は28日の式典で、法律に基づいたものだとしたうえで、「私たちは先に友情の手を伸ばした。その返事を期待している」と述べ、日本政府に対し、台湾の人たちへの戦後補償について、さらに取り組むよう求めました。」



韓国と、違う。
台湾は、まともな、国だろう。
中国でも、ない、台湾は、自立する国である。
常識と、政治。


こういうのが、賠償だろう。


日本は、戦争で賠償は、敗戦国は、払うというが、原爆の投下の賠償は、アメリカに問うも、
必要かもしれない、今度の大統領が、日本を軽視すると、考えるのは、被爆者は、アメリカに訴えるのが、正当な思考。


韓国の従軍慰安婦の問題、記事読むと、疑問な記事がある。
時代は、誤りの記事でも、記録していると、正しいことになる。
訂正と、訴えることが、必要なのかもしれない。
コメント