二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

勿体ないことだ。なぜ、大学か、いろいろ、専門学校を作らない。

2017年03月31日 04時44分23秒 | ニ言瓦版
どうも解らない。
何か、人を翻弄している気がする。
三月30日、何か、合格だ。




「タカラジェンヌを養成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で30日、合格発表が行われ、難関を突破した40人が憧れの舞台への切符を手にしました。
合格発表は、午前10時に宝塚市の宝塚音楽学校で行われ、受験生たちが集まり、張り詰めた雰囲気の中、在校生が40人の合格者の受験番号を張り出しました。
受験生たちは、自分の番号を見つけると感極まって涙を流しながら家族や友人と抱き合ったり、受験番号を指さしながら記念写真を撮ってもらったりしていました。

ことしは15歳から18歳までの1042人が受験し、競争倍率は26.1倍と、これまでどおり狭き門となりました。
3回目の受験で合格したという埼玉県の小島亜月さんは、「たくさんの方に支えていただきやっと合格することができました。清く正しく美しい娘役になりたいです」と話していました。

入学式は来月18日に行われ、新入生は2年間、声楽やバレエなどのレッスンを受けて、憧れの舞台を目指します。」



前もって、教えているならば、演技だろう。

合格した40人の大変だろう。
落ちたときのこと、考える、いろいろ、大学受けたのか、芸能、芸術ある大学でも、受かっている人は、
いかないかもしれない。

劇団とか。

15才の人でも、進路変えるだろう。

もっと、速く、合格の発表が必要なこと。
一月とか、試験、受けたらもう、数日で、合格という、発表が必要。
人の人生、弄んでいる気がする。

1042人受けたなか、合格拒否した、人は、いるのかもしれない。
もう、30日。

宝塚に行っても、成功する俳優は、少ないものだ。

どこかのコンテストが、芸能事務所にはいるのが、一番の成功の道かもしれない。

宝塚が、大学のように、することが、一番の道のなのに。
宝塚大学でもつくり、事務所も、そして、育成する、演出家、作家、作詞家など、そして、
企業に、売れる、商品広告の企業でも作ると、いいのだ。

勿体ないことだ。

インターネツト、大学でも、あるように、芸術の大学、芸能の大学、音楽の大学、
できないものだろうか。
あんなに、劇場と、育成するのだから、問題ない。
毎年、1042人の人、受けるのだから、すべて、受け入れて、
大学で、育成して、そして、いろいろな、劇団、企業の人材育てる。
宝塚から、いろいろ、企業の経営者になるというのも、面白い。


コメント

一つの行為で

2017年03月31日 03時17分27秒 | 名言、珍言。
名言、珍言。

「寸善尺魔(すんぜんしゃくま)」

 世の中には、善いことより悪いことの方が多いということ。
一寸の善に一尺の悪(善いことの十倍も悪いことがある)の意。
善いことには、とかく多くの不都合や邪魔が生じやすいの意味にも言う。


勝手な解釈
難しいのは、正しいと、不正の改善で、憎まれる、批判。
それをしないと、また、不正の悪魔がはびこる。

人の行為は、善、悪では、先をみないと、判断できない。
悪行の希の果ては、死刑。

善の先も、人に恨まれることで、殺される。
人は、過剰の思考なのかもしれない。
一つの行為で、善になり、悪になる。


==========

名言、珍言。

「安物買いの銭失い
(やすものがいのぜにうしない)」



【意味】 安物買いの銭失いとは、
値段が安いものは品質が悪いので、
買い得と思っても結局は修理や買い替えで高くつくということ。

【安物買いの銭失いの解説】
【注釈】 安いものは品質が落ちるので、
買ったときは得をしたように感じるが、
すぐに壊れて使い物にならなくなるから、
結局は高い買い物をすることになるということ。
『江戸いろはかるた』の一つ。


勝手な解釈
人生は、騙されることがあるかもしれない。
前の価値が分かると、それを得ると、価値は、なかった。
高額な品は、修理の高い。
安いと思うしなも、修理の高いから、買い替える。



人は、最後、大改造まで、考えるのが買い物の仕方。

考えると、豊洲市場も、築地市場も、最後は、修理で、どのくらいの経費になるか。
解体、更地で、作った方が、一番安い。
大田市場に統合して、インターネット市場で、十分の時代。

築地は、場外市場で、大改造する。
そして、豊洲市場は、五輪の選手村にすることだ。
大改造すれば、いい。


東芝も、本店を廃止して、
子会社を本店、公開株して、分家、暖簾分けで、
東芝の解体が必要かもしれない。
レジも、医療の施設もソフト、SDカードも、売れる、独立させると、巨大企業になった。
白物家電も、パソコンも、ことによりと、スマホも、売れたかもしれない。


コメント

安物買いの銭失いかも、

2017年03月31日 03時01分14秒 | ニ言瓦版
東芝の体質は、総会に見えるような、記事。
バカな企業は、バカな投資家と、経営者が多いのかもしれない。

前進の、生きる、方法、説明するのは、大切なのに。
やっと、酷い企業の処分すること、したのだから、いいとすることだ。





「東芝は30日、記憶用半導体フラッシュメモリー事業の分社化を諮る臨時株主総会を千葉市の幕張メッセで開いた。米原発事業の巨額損失で傷んだ財務基盤を強化するため、営業利益の半分程度を稼ぐ同事業を売却し、2兆円規模の資金調達を目指す。3時間を超えた質疑では原発事業を中心に株主から批判が相次いだが、分社化議案は3分の2以上の賛成で承認された。東芝は4月1日に「東芝メモリ」を発足、5月にも売却先を決めたい考えだ。
 綱川智社長は冒頭、米原発事業に絡む巨額損失の発生について「ご迷惑と心配を掛けたことをおわびする」と述べ、株主に謝罪。海外原発事業の撤退やメモリー事業売却で財務・資本の改善を進めるとともに、社会インフラ事業を軸に収益回復を図り、早期の危機脱却を目指す方針を説明した。
 株主からは、巨額損失を招いた米原発会社ウェスチングハウス(WH)を買収した経営判断の誤りを追及する質問が出た。成毛康雄副社長は「(事前の情報収集や意思決定で)適正な手続きが行われており、誤りはなかった」と理解を求めた。
 原発事業のトップで2月に会長を引責辞任した志賀重範執行役は、健康上の理由で総会を欠席。別の株主は同氏の欠席に不満を示し、「昨年の(定時株主)総会では、メモリーと原発の2本立てでやっていくと言っていたのに、なぜ7000億円もの損失が出るのか」と批判した。」



東芝には、いい人材が、いないのかもしれない。
バカの経営者と、株主が、多いのかもしれない。


損失は、仕方ない、速く、処分することもしなかった。
決算の報告も不正だったのかもしれない。
何十年の酷い不正と、素の原因は、買収の失敗。

手、上げて、赤字の会社、買収したことが失敗。
手を上げて、買収できなかった、会社は、よかったと、今、安堵している。

アメリカの会社を買うとき、騙される、日本、それば、バカの経営なのかもしれない。

一つ言えるのは、買収する前に、関連の会社に出資して、内情知るも、必要なこと。
知らないで、買うからは、破滅する。

結婚問題と、似ている。
相手の富に目がくら美、行くと、野垂れ死にの貧しい生活の人生。

貧しいものと、結婚すると、最低の生活から、這い上がることしかない、将来。
 東芝は、政府の天下りばかりしていたのかもしれない。
使えない、官僚の天下り先だったのかもしれない。

福島原発の崩壊と、似ている。
東電の崩壊と、似ている。

「安物買いの銭失い」かもしれない。
コメント

安いか。

2017年03月30日 09時48分17秒 | ニ言瓦版
500億、安いか。安全なら、安い。


「東京都の豊洲市場(江東区)をめぐる問題を検討する市場問題プロジェクトチーム(PT)の会合が29日、都庁で開かれ、座長の小島敏郎青山学院大教授が築地市場(中央区)について、500億円程度で改修可能とする試案を提示した。

 
 PTは今後、赤字経営が見込まれる豊洲市場の改革案も検討。築地再整備と豊洲移転の両案について、5月にも報告書をまとめる方針だ。

 試案では、築地市場の1階を売り場、2階を駐車場として改修。設計期間を1年、工期を6年と想定した。

 ただ、改修工事だけなら500億円で済むが、温度や衛生管理の設備を増強した場合は800億円程度になると試算。また、営業しながらの改修となるため、資材置き場の確保などが課題になるとした。

 一方、豊洲市場を開場した場合に見込まれる年間約27億円の赤字解消策として、小島氏は(1)業者が支払う使用料を値上げする(2)豊洲以外に開設している市場を順次閉め、土地を売却する(3)都税を投入する―という三つの手法を提示。次回以降、具体的に議論する。

 この日は豊洲市場の液状化対策も検討。都がコンクリートなどでできたくいを打ち込んだ結果、震度6強レベルでも液状化する可能性は低いとする判定結果を説明し、おおむね了承された。 」



地下か、地べたは。危険か、そうでないか。


思うは、豊洲市場になるか、築地市場になるが、市場は、売れないのだ。
廃止が本当。
果たして、新しい市場にしても、赤字。
建物も、赤字、汚染の空気は、地下からある。
それは、豊洲市場の地下は、盛土していない。
いくら、コンクリートに、再度、底を作ってもひび割れる、汚染が、建物に入っていく。
豊洲の水の装置が、稼働している限る、汚染は、土地全体に広がり、浄化は、いつまで、綺麗になるか。
その時期は、検査の数字で、安全と、言うことが出るまでは、難しい。

数十年かかるかもしれない。
地下に、盛土して、作れば、よかったと、犯罪と、経費のケッチだ、犯罪に見える。

それか築地市場の大改造は、壊すとき、汚染というが、
それも、まだ、害というが、工事の仕方で、簡単になるかもしれない。

道路も、五輪のために、道路も、築地のところに、道路があり、拡張すれば、いいだけの事。
問題は、金の問題というが。
築地の大改造か、酷い豊洲市場の力、いつまで、汚染が、空中に浮遊するか。

何か、中国の北京の公害と、福島原発の汚染と、似ている決断。
浮遊している害のところに、生活すれば、癌もなる。

除去して、遮断すれば、汚染除去で、暮らせる。

思うに、本当、石原都知事時代は、酷い政治だったと、汚点の政治が、
続いたいる、これは、石原祟りかもしれない。

コメント

いろいろある。

2017年03月30日 04時16分08秒 | ニ言瓦版
いろいろなことがあるのか。
男選びの失敗の人生かもしれない。



「女優のともさかりえが29日、ブログを更新し、ミュージシャンのスネオヘアーのとの離婚を報告した。ブログには慰謝料はなし、円満離婚であることがつづられた。


 ブログには「昨年末に離婚しました。ほらみろと言われてしまえば返す言葉もないのが正直なところです。離婚に円満も何もありませんが、慰謝料などもなく、円満離婚です」とつづられ、2度目となった離婚について自虐も込めて報告。「何とか良き風が吹くよう、夫婦で沢山話をしながら進んできたものの、いつしか心が折れてしまいました」とも書かれており、離婚という形を取ることになった経緯を説明した。

 また最愛の息子には「大人の勝手な選択の中に巻き込んでしまった息子に対しては、本当に申し訳なく思います。12歳になった彼は、私が考える以上に大人で、それは環境が大人にさせてしまった部分ももちろんあると思うのですが、それでも素直に優しく育っていて、これが何よりの救いです」と謝罪。そして「これからも母親として、強い気持ちをもって彼と向き合っていきたいと思います」と母としての強い思いをにじませた。

 ともさかは、2003年に俳優で舞台演出家の河原雅彦と結婚し04年に長男を出産したが08年12月に離婚。その後、スネオヘアーと映画の共演をきっかけに2011年6月に再婚した。」


結婚、離婚、再婚、離婚。
いろいろ、人間関係があるのかもしれない。

生活して、解るのか、それとも、私生活が問題か。


女優でも、色々、離婚歴、再婚歴が、あるものだ。
三人の男性と、結婚したという女優も、ある。

いろいろある。

しかし、男も、考えることかもしれない。
結婚離婚で、まだ結婚も。


考えると、転勤族は、一緒に、暮すことが少ない。
単身赴任は、別居結婚みたいなものだ。

一緒に暮すから、離婚するも、ある。しないもある。
コメント