二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

今後。よく言うものだ。

2017年08月31日 15時14分03秒 | ニ言瓦版
豊洲市場に行くのは、いい。
しかし、酷いことになったものだ。



「東京都の小池知事による築地市場の移転延期の表明から1年となる中、市場の業界団体トップがNHKのインタビューに応じ、豊洲への移転の時期は、業界内部や都との検討を経て来年9月から10月で調整したいという考えを示しました。
築地市場のすべての業界団体で作る「築地市場協会」の伊藤裕康会長は、小池知事の移転延期の表明から1年となるのに合わせNHKのインタビューに応じました。

この中で伊藤会長は「業界全体に大変な動揺があった。本当に豊洲移転はだめになるのか、築地でやり直すのか、見当もつかなかった。非常な不安と焦りの中できた」とこの1年を振り返りました。

そして、小池知事がことし6月に示した、築地市場を豊洲に移転したうえで築地を再開発するなどとした基本方針を踏まえ、移転の具体的な時期について「来月下旬あたりからが一つのヤマ場になる」と述べ、業界内部や都との検討を経て来月下旬から翌月にも決定したいという意向を示しました。

そのうえで「業界の中で、これならいいだろうという時期を決めなければいけない。移転の時期は来年の秋とにらんでいる。ただ年末の繁忙期に向けた11月、12月は避けたい」と述べ、移転の時期は来年9月から10月で調整したいという考えを示しました。」


この一年、豊洲市場の地下は、酷い手抜き工事。

しかし、よく、小池都知事、批判したものが、よく言うものだ。

「業界全体に大変な動揺があった。本当に豊洲移転はだめになるのか、築地でやり直すのか、見当もつかなかった。非常な不安と焦りの中できた」という。

前の都知事だと、とうに、地下の問題も、そのままで、豊洲市場ないが、どんな展開で、
商品が、安全かも疑問こと。
生鮮食品、よくいうものだ。

何か、不安だ。
とうに、豊洲市場に入っていたら、どんなマグロ、生鮮食うことになるのか。
酷いことになる。


一つの調べた結果が、酷かった。

今後、安全か、不安か、それは、買う人が、信用できるかである。
コメント

考えると、育成、選び方、学校を作ることだ。区は。

2017年08月31日 15時03分34秒 | ニ言瓦版
問題なのかもしれない。
人前で、殴るは、問題だが。果たして、このジャズコンサート、必要なのか。酷い生徒が多いのでないか。
もともと、優秀な人を集めて、育成するならば、大学、高校で、することだ。
専門学校でもいい。
世田谷区は、作ることだろう。




「8月20日に東京・世田谷区で行われた中学生のジャズコンサートのさなか、指導者として参加していたジャズトランペット奏者の日野皓正さんが、男子生徒1人の髪の毛をつかむなどの行為をしていたことがわかりました。生徒にけがはなかったということですが、主催した区の教育委員会は不適切な行為として詳しい状況を調べています。
このコンサートは、世田谷区教育委員会が区内に住む中学生に学校では体験できないことをしてもらおうと毎年行っている事業の一環で、世界的ジャズトランペット奏者の日野皓正さんが指導者として参加しています。

区教育委員会によりますと、今月20日に区内の劇場で開いたコンサートのさなか、日野さんが、演奏していた中学生およそ40人のうちドラム担当の男子生徒1人の髪の毛をつかむなどの行為を行ったということです。

これまでの調査で、この生徒がソロパートでなかなか演奏をやめなかったため、日野さんが進行に支障を来すと考え行為に及んだということです。

生徒にけがはなかったということですが、区教育委員会は不適切な行為として、現在海外にいる日野さんが帰国したあと直接いきさつを聞くなどして詳しい状況を確認することにしています。

世田谷区の保坂展人区長は「行き過ぎた指導があった。日野さんには改めてもらうよう教育委員会を通じて伝えた。一方で、子どもの保護者からは日野さんには感謝している、このすばらしい事業をやめてほしくないとも聞いている。今後もこの事業を応援していきたい」とコメントしています。」


日野さんの指導も、無視した、発表会が、それは、違うことすれば、怒る。
日々の高校、大学で、学んでいるものならば、高校、中学でも、音楽専門ならば、
先生の指導と、違うことすれば、処分。

専門の大学、高校、中学も、音楽大学の演奏会が、このような事件はない。

一般の演奏会でも、指導者が、生徒、育成して、そして、発表会。


コメント

考えさせられる

2017年08月31日 03時00分48秒 | ニ言瓦版
この記事、番組は、辛いが、現実、これで、収入がある。
芸能人は、私生活で、金になる。





「8月28日(月)放送の「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」(TBS系)に、元フジテレビアナウンサーの富永美樹が、夫のシャ乱Qまことと共に田舎暮らしを決断した理由を語った。


入社4年目、レギュラー番組5本を抱える人気女子アナだった富永が、シャ乱Qまこととの結婚を機に、フジテレビを退社。「夫を支えるために」と専業主婦を選択した富永は「もったいない。せっかく入れたのに、めったになれないよ」と、周囲から退職を留意されたが「まずこの人と家族になるということを、きちんとしたい、やりたいって思って辞めちゃいましたね」と、笑顔で当時を振り返った。

しかし、夫を支えるだけの生活が続く中で「子どもを育てているわけじゃないし、働いているわけでもない。納税もしていないんですよ。私ってこの社会に必要なのかなって、だんだん思い始めて……」自分の存在意義を自問自答する苦しい日々が6年も続いた。

2006年、シャ乱Qが活動を再開「ドラムをたたいている時が一番イキイキしている」と再び夫を支える決意を固めた富永。

活動再開でバラエティー番組の出演が増えた夫のまことは、妻の目から見ると「やっぱり、前と同じようにはいかない。現実的にそれが見えてきたときに、だんだん元気がなくなってきた」と映ったとか。

「自分が一番やりたいことができないという喪失感みたいなものは、すごくあったんじゃないかな。何を目的に生きているのか見失っている。しゃべらない、笑わない…夫がもたないと思った」

その時富永は、新婚当時に自然の中でキャンプをして笑顔になるまことを思い出し、山梨に家を買うことを決断する。

「夫が笑顔になれる場所を作らなくちゃいけない。(清水の)舞台から飛び降りる気持ちで山梨に家を建てました。ここ(東京)の借金も終わってないのに。いくらあるんだろう通帳に、と思いながら1カ月分の生活費を残して全部なくなりました」

そんな妻の決断に夫のまことは「色んなものを救ってもくれたし、浄化してくれた。見失いそうなものも見つけられたし、東京にしか家がなかったら、今頃何かが崩壊していたと思う。変な呪縛を解いてくれた」と妻への感謝の気持ちを語った。

「色んな経験をさせてくれたから、今の私がある。良いことも悪いことも含めて。私の半分は、まことが作ったと思っています」と富永が言えば、まことも「僕たちは2人合わせて1になるようにできています」と話し、夫婦の深い絆にスタジオゲストで、離婚経験のある小柳ルミ子、有賀さつきは、深いため息とともに感動をあらわにしていた。」



考えると、結婚するも、しないも地獄。
離婚するも、地獄。


考えると、自分の仕事、作り出すことが、大切だ。
田舎ぐらいも、朝のテレビ朝日番組で、先生したいた夫婦が、田舎暮らしで、農業で生活維持しているという話。

都会で生活より、地方で、生活のか、生活できるかもしれない。

才能が、若い時に、発揮して、それを維持しないと、
何一つ残らない。
若い時、遊んでいると、「アリとキリギリス」になり、最後は、生活保護と、
年金もない。

生活は、働けけないと、生活保護しかない。

若い時の、投資、才能、発揮することが、晩年の生き方。

富永美樹氏は、面白いアナだった。
タレント、司会、いろいろ、面白い。
最近のコメンテーターより、面白いアナである。

持たいないことだ。
コメント

「朝鮮からミサイル飛ばさないように願ってる」本音

2017年08月31日 02時45分08秒 | ニ言瓦版
酷い。こんなこと。あるのか。
日本の恐怖は、他、無視。
韓国とは、そんな国か。
「セガの韓国法人「セガ・パブリッシング・コリア」」は、北朝鮮の配下なのか、不思議だ。
批判するより、現実は、朝鮮半島から、ミサイルが飛んでくる、日本。






「セガゲームス(東京・品川区)が主催したゲームの新作発表イベントで「不適切な発言」があったとして、セガの韓国法人「セガ・パブリッシング・コリア」は2017年8月28日、公式サイト上に謝罪文を掲載した。

 イベントは8月26日に東京・秋葉原で開催。その中で、俳優の寺島進さん(53)が「ステージの上に朝鮮人が何人かいる」
「朝鮮からミサイル飛ばさないように願ってる」などと発言したことで、
韓国ネットを中心に批判が起きていた。

■「不買運動に発展してもおかしくない」

 イベントはセガの人気タイトル「龍が如く」シリーズの新作発売を伝えるもの。寺島さんは、新作に登場するキャラクターのモデルを務めており、イベントにゲストとして出席した。イベントの様子はネットで動画配信された。

 イベントの終盤にコメントを求められた寺島さんは、突如、

  「今日、ステージに上がっている何人かは朝鮮人なんで、あの、ほんと...朝鮮からミサイル飛ばさないように願っているだけでございます。よろしくお願いします」

と発言した。

 この日のイベントで寺島さんと共に登壇していたのは、俳優の白龍さん(64)、木下ほうかさん(53)、お笑い芸人の木村裕一さん(54)ら。寺島さんの発言を受け、木村さんは「この後、謝罪会見です。早い方がいい」などとツッコミを入れ、会場からは笑い声ももれた。

 寺島さんの「朝鮮人」発言は、主に韓国ネット上で物議を醸し、ツイッターなどには、

  「寺島進には失望した」
  「ゲームの不買運動に発展してもおかしくない」
  「どうしてわざわざゲームと関係ない発言をしたのか」

といった現地ユーザーからの批判が相次いでいる(原文はいずれも韓国語、編集部訳)。

 実際、複数の韓国メディアが寺島さんの発言を報じており、現地紙の中央日報は8月27日配信の電子版記事で、寺島さんが発した「朝鮮人」という言葉について、「韓国人を卑下するときに使う言葉」(編集部訳)だと説明している。

韓国のセガ関連法人「心から謝罪いたします」
 こうした状況を受け、韓国にあるセガの関連法人「セガ・パブリッシング・コリア」は8月28日、「セガ主催イベントでの登壇者の発言に関するお詫び」(原文は韓国語、編集部翻訳。以下同)と題した謝罪文を公式サイト上に掲載した。

 謝罪文ではまず、「8月26日に開催した『龍が如くスタジオ』の新作発表会で、登壇者から不適切な発言がありました」と報告。その上で、

  「今回の件で、皆様に不快な思いをさせたことを心から謝罪いたします」

とお詫びした。

 続けて「セガグループは、世界中のプレイヤーの方々に感動的な体験を提供したいとの思いで努力しており、今回の件については非常に残念に感じております」とコメント。謝罪文の末尾では、

  「今後このような事態が発生しないよう、再発防止のため万全を尽くします。改めて心からお詫び申し上げます」

としている。」



何か、言葉の問題でなく。
民族からすると、同じだろう。


聞き流す事ができない、韓国は、何か、あるのかもしれない。
朝鮮半島は、一国になるとき、果たして、どんな国になるか。
北朝鮮中心の国なるのではないか。


「朝鮮からミサイル飛ばさないように願ってる」
日本にいる庶民は、本音である。

コメント

バス化か、現実、タクシーは。

2017年08月31日 02時34分42秒 | ニ言瓦版
いいことか、悪いことか。
タクシー、廃止が本当だろう。
バスと、違うのか。
バスが、タクシー化なるのか。
果たして、バスと、タクシーが、2つ存在するから、維持ができない。





「国土交通省は、タクシーに鉄道の「定期券」のような制度を導入する方針を決めた。利用地域や期間、時間帯を限定し、定額で何度でも利用できるようにする。運転免許を返納した高齢者の足としての活用や、冷え込んでいるタクシーの需要喚起を図る。2018年度に実証実験を行い、19年度以降の実用化を目指す。

 近年、高齢ドライバーの事故が多発し、高齢者に免許返納を促す動きが強まっている一方で、マイカーに代わる移動手段の確保が課題となっている。国交省としては、「タクシー定期券」を導入して1回あたりの利用料金を抑えることで、免許を返納した高齢者らに使いやすくし、通院や買い物などのニーズに応える狙いがある。学校や塾への子供の送迎や、仕事で限られたエリア内を頻繁に移動する人の利用も見込む。

 タクシー運賃は道路運送法に基づくルールで地域ごとに細かく規制され、通常は乗車距離や時間に応じて加算される。国交省はこのルールを一部改めるか、特例を設けて対応する方針。」


個別のバス・タクシーではないか。

考えると、地方では、行政がバスを運営している。
タクシーも、民間で、赤字ならば、現実、公共の乗り物にすることかもしれない。

テレビ東京の「路線バスの旅」で、バスが、赤字。
タクシーもそうかもしれない。

公共の地域のバスの時代が、現実。
それが、タクシーも、公共で、する時代かもしれない。

考えると、人が少ないところは、バスは、赤字になる。
タクシーも、現実、利出ない。

人の少ないところには、タクシーがバス化。する。
乗り合いで、行ける制度が、必要かもしれない。
本通り 路線のタクシーの時間帯が、バスのように、運行する時代かもしれない。
コメント