二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

人間性だ。最後は。

2018年11月16日 03時27分19秒 | 名言、珍言。
名言、珍言。

「皆は有り余る中から入れたが、
 この人は、乏しい中から
 自分の持っている物をすべて、
 生活費を全部入れたからである。」


マルコによる福音書12章44 節


この意味が、分からない。
続きは。

「イエスは教えの中でこう言われた。

 「律法学者に気をつけなさい。
 
彼らは、長い衣をまとって歩き回ることや、
 広場で挨拶されること、

 会堂では上席、
 宴会では上座に座ることを望み、

 また、やもめの家を食い物にし、
 見せかけの長い祈りをする。
 このような者たちは、
 人一倍厳しい裁きを受けることになる。」

 イエスは賽銭箱の向かいに座って、
 群衆がそれに金を入れる様子を見ておられた。

 大勢の金持ちがたくさん入れていた。

 ところが、一人の貧しいやもめが来て、
 レプトン銅貨二枚、
 すなわち一クァドランスを入れた。

 イエスは、弟子たちを呼び寄せて言われた。
 
「はっきり言っておく。
 この貧しいやもめは、
 賽銭箱に入れている人の中で、
 だれよりもたくさん入れた。

 皆は有り余る中から入れたが、
 この人は、乏しい中から
 自分の持っている物をすべて、
 生活費を全部入れたからである。」



勝手な解釈
どこかの大臣、議員、大統領に教えたいものだ。
難しいことだ。
自分の生活費、寄付するのは。

国から、金もらうことしない、官僚、議員は、
自腹を知らないのかもしれない。

人は、最後は、貧しきもの、富のものも、人間性だ。

==============

名言、珍言。

「原石は磨かなくては宝石にはならない。
あることを為すためには、それなりの時間が必要だ。」

吉元由美(作詞家)


勝手な解釈
時期というより、熟成だろう。
物事、人は、年齢で、熟成する。
それ知らないと、遊び呆けて、粛清させる。

歴史は、熟成の人が残り、軽率に遊び呆けたものが、粛清と、天罰が下る。
人の死、みれば、手本だろう。
美味いもの食えば、それは、病気で死ぬ。
怠慢に思考と、災害無視すると、天変地異で死ぬ。

経験こそ、人生の生き死に影響する。


コメント

聞け、それしかない

2018年11月13日 02時42分56秒 | 名言、珍言。
名言、珍言。

「人間は、努力するかぎり迷うものである」

 ゲーテ


勝手な解釈
迷いは、努力するから。
怠慢、不正は、楽しているから起きる。
人生は、最後は、底辺も、富も、努力したのでなく、努力し続けるのが、
生き残る。

破滅するのは、努力を怠慢だから、起きるのかもしれない。

天変地異でも、生き残るのは、怠慢なものは、この世から消える。
不思議なこと。
豚も、餌を多く食べているのは、屠殺場に最初に行くものだ。

コメント

経験は、

2018年11月11日 03時45分43秒 | 名言、珍言。
名言、珍言。


「人間は自分と向き合って
はじめて前に進める。」

河合 薫


勝手な解釈
自分を知る、知らないは、考える時間が必要。
自分のできる、できないも、考えるは、自分。


==========
名言、珍言。


『コミュニケーションは
「言葉のキャッチボール」
と言われますが

「言葉だけのキャッチボール」
ではありません。

表情や話し方、話す速度
言葉の裏に潜む気持ちなど
多くのシグナルが伴っています』


河合 薫

河合 薫(かわい かおる/1965年10月23日-/女性)は、
千葉県出身の健康社会学者、気象予報士、著述家。千葉大学教育学部を卒業後、
全日本空輸(ANA)に入社。客室乗務員として国際線乗務などを経験。
同社退社後に気象予報士資格を取得。
テレビ朝日系ニュース番組『ニュースステーション』のお天気キャスターとして
出演したのを機に広く知られるようになり、TBS計報道番組『いちばん!エクスプレス』ではキャスターを担当。
2004年からはビジネス情報番組『賢者の選択』のナビゲーターを務めた。また、東京大学大学院医学系研究科で健康社会学を学び、2008年に同大学院で博士号(保健学)を取得。産業ストレスやポジティブ心理学など健康生成論の視点から調査研究を進め、健康社会学者としても活躍。
その他にも『日経ビジネスオンライン』において連載を持つなど、ビジネスの分野に関する著書も多数。東京大学、早稲田大学、長岡技術科学大学の非常勤講師、
早稲田大学エクステンションセンター講師などを歴任。


勝手な解釈
人の運は、人生は、経験だろう。
この世は、知らないこと、知るのは、転職か、いろいろ場所で、
学び、思考する。
経験とは、尊いことだ。

知らないで、消えるのは、勿体ない人生である。

コメント

忍耐、勇気、利

2018年11月10日 03時28分41秒 | 名言、珍言。
名言、珍言。

「まだはもうなり」

 相場格言

この相場は“まだ”上値がある、
下げ余地があるという見方が一般的なほど、
その相場は極に達している時だ。


勝手な解釈
後悔ばかりが人生だ。
まだ、時期か、待て。

この判断は、個人の思考か、時期見る思考。
バカでも、金持ちになる。
賢い人が貧乏になるのは、まだ、もうすぐか。
その違いで、天と地の差。

人生は、判断の失敗で、後悔ばかりである。

===========
名言、珍言。


「待つは仁、向かうは勇、利乗せは智の得」


相場格言

 相場でせかさず待つのもよいが、
肝心のチャンスに対して弱気はいけない。
しかし、勇気だけでも効率の高い利はとれない。
積極的に波に乗り、引き時に仕切る。
そうした知略が必要である。


勝手な解釈
この世は、才能ではない。無能でもない。
時期、そして、忍耐、勇気、利を得る。
難しいことではない。
普通の判断で、していれば、忍耐と、勇気。
利を得るも、できる。

よくよく、失敗するもの、成功する者、見ていれば、
利を得る姿をみれば、解る。

破滅するのは、利の前に、忍耐と勇気が、乏しい。

忍耐で、人は、変わる。
勇気で、自立、自腹を経験。
利は、欲深の問題でなく、自然の利。
コメント

知らないと、

2018年11月02日 03時51分11秒 | 名言、珍言。
名言、珍言。

「あらゆる物事の中で一番悲しいことは、
個人のことなど
おかまいなしに世界が動いていることだ。」


            (トルーマン・カポーティ アメリカの小説家)

勝手な解釈
この世は、勝手に、動いている。
個人のことなど、無視して、
勝手に、動く。
知らないのは、進化、反省しないのは、消えていく。
処分される。
悪政、忖度、不正しているものは、自然と、淘汰。

動いている中、世の中に、どうやって、生き残るか、
軽率な生活していると、殺されるものだ、天、神が天罰か。
世界は、動いていること、知らないものは、破滅する。

===========

名言、珍言。


「蛇に噛まれて朽ち縄に怖じる
(へびにかまれてくちなわにおじる)」

 一度の失敗に懲りて、必要以上に用心深くなること。
朽ち縄が蛇に似ることから言う。

勝手な解釈
経験は、怖いことだ。
怖い事、知ると、トラウマになるか、反省して、
変わる。
経験で、知る、怖さしる。

軽率なことで、身体に異変は、反省が、なかった。
生活が、問われることだ。
いい思いした結果は、災難があるか、反省がないから、
怖さ、知らないのは、苦悩を知らないから天罰かもしれない。
コメント