二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

人は、ドラマで、変わる

2014年08月31日 16時10分56秒 | ニ言瓦版
面白い記事。
朝ドラで、明暗が、ある。
それでも、「あまちゃん」凄い。
 


「広告業界には、いわゆる「ギャラリスト」というものが存在する。これは広告代理店やキャスティング会社が制作するもので、CMや広告、WEBなどの出演契約をするにあたり基準となる金額が明記されたものである。これらはまさに寿司屋の「時価」のようなもので、その時々の人気度により変わっていく。
 
 本誌はこの度広告代理店関係者からこのリストを入手したが、上位60人の女性タレントを見渡して気がつくのは、吉高由里子(26)を代表とする朝ドラ女優陣の健闘だ。しかし、昨年『紅白』をジャックした『あまちゃん』に出演していた3人娘の能年玲奈(21)、橋本愛(18)、有村架純(21)は明暗が分かれた。
 
 ヒロインの母・晴子の少女時代役の有村は今年の上半期CM出演本数トップ(12本。ニホンモニター調べ)に輝いた。伊藤園、ACジャパン、リクルートなど大手が続々とCMに起用した。
 
「彼女はちょっと仕事をしただけの人でも名前を全部覚えているし、自分から挨拶しに駆け寄ってくる。CMの制作現場で一緒に仕事をした人は、誰もが大ファンになってしまう。それが次のオファーにつながっているんでしょう」(広告代理店関係者)
 
 ジブリ映画『思い出のマーニー』では声優を務め、活動の幅も広げた。現状のギャラは3500万円だが、「1000万単位でのジャンプアップもある」(前出・広告代理店関係者)という。
 
 ヒロイン・アキを演じた能年のギャラは、有村を上回る4000万円。ただし、所属事務所の意向で「あまちゃんイメージからの脱却のため、敢えて仕事を絞ってきた」という。
 
「それも、現在公開中の主演映画『ホットロード』がヒットするかどうかで事情は一変するでしょう」(広告代理店関係者)
 
 一方、橋本愛(18)は、今年のCMはTOYOTA SPADEの1本のみ。ギャラも3人の中では最も低い2000万円にとどまっている。『あまちゃん』ではアイドルになるチャンスを何度も逃す悲運の美女を演じたが、CM評価でもやや苦戦中というところか。
 
 小泉今日子も『あまちゃん』以降、CM価値が急騰。コーセー・エルシアのCMは「小泉今日子・48歳」のコピーで話題をさらった。
 
「昔よりスタイルは衰えたけど、年齢を重ねるたびに色香は増している。『あまちゃん』で見せたヤンママぶりも堂に入っていた。40代、50代女性をターゲットにしたCMにはピッタリでしょうね」」




逆に、今の朝ドラ、前の朝ドラは、これから、CMが、どうかである。
本当に人気があるか。
面白いことだ。
コメント

立派だ。

2014年08月31日 16時02分25秒 | ニ言瓦版
横須賀の高校も全国制覇のチャンスだったのだが。
負けたことは、残念。


「兵庫県明石市の明石トーカロ球場で行われている軟式野球の全国高校選手権で31日午後、延長五十回を戦って勝ち上がった中京(東海・岐阜)と初出場の三浦学苑(南関東・神奈川)の決勝が行われた。
中京が2―0で三浦学苑を下し、2年ぶり7度目の優勝を果たした。

 中京は六回に暴投で先制。七回にも追加点を奪った。4日間で50回を投げ抜いたエース松井は、四回途中から救援登板、最後まで無失点に抑えた。中京はこの日午前、崇徳(西中国・広島)との準決勝の3度目の継続試合で延長五十回に3点を奪って決着をつけていた。」


しかし、中京は、立派だ。
50回もなげて、勝つのは、立派だ。
コメント

考えると

2014年08月31日 06時55分21秒 | ニ言瓦版
日刊ゲンダイの記事、読み返すと。
会社と、自分の資産と、同じにしている。
私物化しているから、経費を誤魔化しているか、わからなくしているのか。
正しい企業として、会社として、しているのかと、疑問もある。




「“エステ界の女王”にパワハラ疑惑が浮上だ。

「たかの友梨ビューティクリニック」の創業者で、運営会社「不二ビューティ」の高野友梨社長(66)が、「パワハラ時の録音」とされる音声記録を公開されてしまった。公開データには、労働環境の改善を訴える女性従業員に「労働基準にぴったりそろったら、(会社は)絶対成り立たない」「つぶれるよ、うち。それで困らない?」と迫る様子がバッチリ録音されている。

「女性従業員が加盟するブラック企業対策ユニオンが28日、公開したものです。『たかの』仙台店は今月22日、ユニオン加盟の女性従業員の残業代未払いなどの内部通報により、仙台労基署から是正勧告を受けた。高野氏は勧告後に急きょ仙台を訪れ、全従業員を集めた場で、通報した女性を名指しで批判。2時間半にわたった会話を女性が録音していました」女性従業員は高野氏からパワハラを受けたとして、宮城県労働委員会に不当労働行為の救済を申し立てている。

■キャッシュで購入か

 高野氏は1978年に「不二ビューティ」を創業、現在は全国124店舗、従業員1000人、年間売り上げ160億円の大企業に育て上げた。同社の株主は高野氏1人という「ワンマン経営」で、
彼女は12年3月、東京・代々木に同社名義で地上3階、地下1階建て、延べ床面積933平方メートルの自宅を構えた。抵当権は設定されておらず、キャッシュで購入したとみられる。

「高野さんの豪邸は地元でも特に大きくて有名です。立派なロールスロイスをたまに見かけますが、うらやましい限りですよ」(近隣住民)

 自宅がそびえる506平方メートルの土地の所有も同社名義。その評価額も半端じゃない。

「この辺りは、1坪300万円程度はしますが、高野さん宅は、高台でさらに値段は上がると思います。少なく見積もっても5億円は下らないでしょう」(地元不動産関係者)

 いやはや。」



従業員も問題もあるが、組織、企業として、会社として、運用しているのか。
個人商店でも、疑問。

多くの資産は、会社の資産で、個人のものではないのが、現実か。
会社という税金と、個人の税金、問われるのは、財務省、国税局の問題に見える。

160億円の売り上げの企業の資産と、個人の資産が、疑問でならない。
会社ならば、配当の問題になる。
何か、財務省の会社の税金の制度が、疑問ではないか。
個人の資産の税金と、問われる。

160億円もある売り上げで、あるのに。
普通に、経営して、できないのか、
経営より、税金対策かもしれない。

結局、解らない企業と、エステとは、疑問企業なのかもしれない。
コメント

堂々巡り

2014年08月31日 06時36分29秒 | ニ言瓦版
疑問、堂々巡りか、最初から、芝居だったのか。
環境大臣の「最期は、金でしょう」本当なのかももしれない。
そうなった。





「東京電力福島第1原発事故に伴う除染で出た放射性廃棄物を保管する国の中間貯蔵施設について、福島県の佐藤雄平知事は30日、福島市内で地元町村と協議し、「苦渋の決断だが、容認することにしたい」と受け入れを正式表明した。

 候補地の大熊町の渡辺利綱町長と双葉町の伊沢史朗町長は「知事の判断を重く受け止める」と容認する考えを示したうえで、国による「住民へのていねいな説明」を求めた。

 佐藤知事は両町と、両町を含めた8町村との協議終了後、記者団に対し、「県の考え方(建設容認)を示し、理解してもらった。中間貯蔵施設は、除染の推進と環境回復のために大変重要。来週にも国と協議したい」と語った。

 ただ、「建設容認と搬入受け入れは別」とし、廃棄物搬入に当たっては、国に(1)使用開始30年以内に県外で最終処分することを確実に法制化する(2)交付金を予算化する(3)搬入ルートを維持管理し、運送の安全確保を図る-ことなどを改めて求めるとした。2町長も「地権者へのていねいな説明を求める」と述べた。

 佐藤知事は9月1日にも、石原伸晃環境相と根本匠復興相に結論を伝え、官邸で安倍晋三首相と会談する方向で調整している。」



人は、考えてと、言葉遣いで、破滅するが、
福島県知事は、酷いものだ。
この事故、事件は、本来、東電と、政府の関係する省の酷さが原因。
廃炉して、新しく、作ることもしない、古い発電所を使っていたことが、
原因。

津波は、天のしわさではないかと、思う、天誅というのが、原発の崩壊。


誰が考えても、原発の崩壊したら、手、つけられない、そして、
提供した地域は、それは、仕えない、廃炉まで、永遠の話。
廃棄物の倉庫、地下深く、埋蔵することで、
地域の産業になる。
それしか、収入がいるのかと、問われる。
現実は、廃炉まで、永遠のなぞ。
水の汚染の除去が、やっと出来るかである。

現実は、廃炉にする、研究が、福島県には、必要ことだ、
そして、廃棄物の施設で、どうするか。

金というのは、そうかも、福島県に、金だして、
福島県自ら、原発廃炉の研究所、埋蔵を作るそれも、産業になる。

国から貰う金は、食いつぶすから、原発の地域は、
何一つ、酷い地域になる。

普通に、金得たら、市民の支援するのではなく、
運用して、研究開発と、専門分野になっていくのが、普通。


廃炉の研究は、どこで、しているのか、それも、疑問でならない。

東京のゴミの埋立地が、五輪の競技場、いろいろ、使えるのは、
土壌の研究、開発で、できる。
今でも、あの汚いゴミが、広大な土地と、未開発の地域。


福島県は、廃炉の研究と、土地の正常化すると、
それは、夢かもしれないが、出来ると、広大な産業の地域になる。
コメント

嘘は、出てくる

2014年08月31日 06時33分08秒 | 名言、珍言。
名言、珍言。

「嘘はいつまでも続かない。」


                   
(ソクラテス ギリシャの哲学者)


勝手な解釈
最近、いろいろな天変地異、東日本大震災以後、
嘘がバレて、破滅していくものが、多い。
本当に、正しく生きていると、正しく残る。
死刑囚も、死刑になるのは、8月に死刑も珍しい。

正しいとは、何か、問われるのは、嘘つかないことが、
生きれるのかもしれない。
嘘をついていると、自滅していく。

増税で、国の債務が、よくないとは、逆に悪化するも、
嘘ついている、経済学者、官僚の処分が近いかもしれない。
ばれている時代かもしれない。
=================

名言、珍言。


「寒さと貧困があらゆる病気を引き起こす。」

<アラブ>


勝手な解釈
貧しいから、何もかも、不運になっていく。
寒さは、夏が、問題。
年中夏ならば、食えるのかもしれない。

投資、預金は、日本人の原点ではないか。
問題は、投資の運用が、酷いから、年金、健康保険、税収も赤字。
資金は、使うと、残らない、
運用すると、残る。
公務員は、廃止がいい。
国から金貰うから、問題。
国に金、出すのが、公務員がいい。
貧しいものが、公務員になると、悪いことするものだ。
コメント