二言瓦版

「復讐は神に所属する。」 「旧約聖書」


暇つぶしの記事、名言、珍言、コラムの批判。
株式の名言など。

金かないと

2013年05月31日 04時07分24秒 | 名言、珍言。
名言、珍言。

「人間まちがいとキチガイはどこにでもあるもんだ」 

両津勘吉

勝手な解釈
人は、過ち、する。
それより、恐いのは、常識のない人がいること、
認識すること。
犯罪の問題は、自分の防衛。
常識の無い人を、警戒すると、自分は、災難にあわないものだ。

=====================
名言、珍言。

「「幸福は金で買える」作・両津勘吉 
これがわしの座右の銘だ」


両津勘吉

勝手な解釈
とんなに、いいことを言っても、
金がないと、仕事かないと、生きられない。
国が金かないのは、税収がないから、
税金を払わないものが多いから、
現実は、金がないと、国は、終わるものだ。
経済がよくならないと、公務員は、首が、本当。
だって、金が、入らないのは、人も雇えないものだ。

コメント

普通になった。市議会は、解散が本当。

2013年05月31日 03時38分49秒 | ニ言瓦版
人騒がせの市議会だ。
不祥事てもないのに。
公明党の態度も、賛成から、反対。
これも、疑問。
この市議会の解散が、理想かもしれない。
市長と、市議会の出直し選挙が、必要かもしれない。

それで、大阪の庶民の評価することかもしれない。

対した、話ではなく、歴史認識と、米軍の不祥事の対策、言ったのか、
対策してという話ではないか。



「大阪市議会の自民党会派などは30日夜、日本維新の会共同代表の橋下徹市長の問責決議案を提出、橋下氏率いる最大会派の大阪維新の会と第2会派の公明党の反対多数により本会議で否決された。橋下市長辞職に伴う出直し選はなくなった。公明は、問責決議案とは別に、従軍慰安婦発言に関する決議案を単独で提出、否決された。

 問責決議案は、従軍慰安婦発言などで市政を混乱させたとして、橋下氏に「猛省を促す」内容。自民党に加え、民主系、共産党会派で共同提出した。

 公明は当初、問責決議案に賛成の方向だったが、日本維新幹事長の松井一郎大阪府知事が出直し選挙に言及したことで方針転換した。」




女性蔑視とか、いう党もあるが、
戦後になって、やっと、女性の地位が、得られたこと、
知らないのかもしれない。
戦争と、朝鮮戦争、ベトナム戦争のとき、沖縄の地域の問題、
いろいろ、戦争の中には、問題がある。
現実である。

軽率に、言ったのか、現実を言ったのが、問題なのかもしれない。
公明党は、常識があるのか、他が、党利党略がありすぎるのか。
大阪市は、市の行政の仕事して欲しい。


=================

これのが、問題。


仕事して欲しい
2013年05月29日 02時59分59秒 | ニ言瓦版大阪市は、問題だろう。
市長も、仕事して欲しい。
維新の党首より、風俗の軽率な会見より、
市民の生活、怠慢な公務員、処分のが必要。




「大阪市北区天満2丁目のマンションで母子の遺体が見つかった事件で、母親が昨年7月、夫と3人で住んでいた大阪府守口市の役所に、生活保護の相談をしていたことがわかった。

 守口市によると、母親の井上充代さん(28)は昨年7月4日、生活保護相談の窓口を訪ね、「これから生活が不安定になる。仕事が見つからなかったらどうすればいいか」と相談した。担当者は、仕事がなければ再度来るよう勧めたが、その後、連絡はなかった。

 子の瑠海(るい)君(3)は、1歳半の乳幼児健診と2歳の歯科検診が未受診だった。市は繰り返し電話したが連絡が取れず、
今年4月下旬、市の保健師が自宅を訪ねると夫がおり、「2人はどこに行ったかわからない」と話したという。 」



この経過は、問題。
生活保護は、必要な人に、出していれば、相談していれば、
死んでなかった。
大阪は、人情がないところか。
区内の怠慢に見える。
幼い子供、いる母親は、生活保護も、当然と、思うものだ。
だって、仕事かないならば、支援するのが、本当。
市議会も、問題にするのは、この問題。
テレビで、警察と、母親が行っていたのに、そのとき、
生活保護の申請を警察から、市、区に、出せないのだろうか。
相談するのは、警察からは、昔は、交番で、相談があったものだ。

こち亀ではないが、両津がいる交番ならば、警察官ならば、
市に、いろいろ言ったかもしれない。

こち亀のアニメが、必要な気がする、特に、人情が薄れた地域には、
両津のような、警察官が、必要だろう。

コメント

面白い

2013年05月31日 03時29分26秒 | ニ言瓦版
面白い記事だ。
結婚も、相手が問題。
元彼か。





「5月30日、ついにタレントの矢口真里と俳優の中村昌也が離婚届を提出した。発覚から一週間以上経過してなお、収束の気配を見せるどころか過熱する一方の「矢口真里不倫騒動」だったが、これで騒ぎも収まるのだろうか。
 各週刊誌はこぞってこの話題を取り上げてきたが、矢口と夫である中村昌也、どちら側から流した情報かによる違いであろう、しばしば食い違いも見られていた。30日発売の「女性セブン」(小学館)が、挙式を終えた昨年5月から夫婦の関係には異変が生じており、夫側が家具を投げつけるような派手な夫婦喧嘩をしていたと報じる一方で、同日発売「週刊文春」(文藝春秋)では矢口が「DVを受けていて耐えられず、不倫に走った」と釈明しているものの「DVなんて絶対にない」と夫婦共通の友人が話している。
 「文春」では、今年2月に不倫現場を夫に押さえられ、お相手の梅田賢三はその場で夫に土下座させられたうえ、証拠の写真まで撮られたものの、矢口は「旦那には口止めしたから(マスコミに)バレることはないと思う」と呑気に構えていたとある。マスコミにさえ広まらなければ夫に不倫の事実を知られても平気というのは、一体どういう神経なのかと驚くが、結局、3月には矢口の所属事務所社員の知るところになったという。ここで出て来たのが前出の台詞「夫からDVを受けていて耐えられなかった」である。
 しかし夫婦共通の友人は中村の家庭内暴力を否定し、立場も収入も矢口の方が上だったと証言。「二人は去年まではラブラブだった。それが昨冬、矢口が元カレとメールしているのが見つかってギクシャクし始めた」と明かしている。
 ところが「セブン」では一転、夫婦が当時住んでいたマンションの住人が、昨年5月の段階で「矢口さん夫婦の部屋から、夜中に重たい物が床に叩き付けられるような“ゴン! ガン!”っていうものすごい大きな音がして…。しばらくすると“ワーッ!”っていう怒鳴り声が聞こえて…。すると女性の“やめて! お願いだからやめて、昌也!”って絶叫が響いたんです」と壮絶な夫婦喧嘩があったことを告白。あまりに大きな騒ぎだったため心配になり、警察を呼ぼうと思ったほどだったという。
 身長48cm差のデコボコカップル、というのが夫婦のウリのひとつであったが、それだけ体格差のある中村が暴れれば、矢口は為す術もないだろう。…
ただの夫婦喧嘩にしても激しすぎるのが気になるところだ。
 同誌では、離婚するにしても矢口の不倫が原因ということになれば、中村側が彼女に多額の慰謝料を請求することができるだろうという弁護士の話も掲載している。実際、あくまで「疑惑」だが、妻の不倫がささやかれた益若つばさ・梅田直樹夫妻の離婚劇は、益若側が元夫に2,000~3,000万円もの財産分与を行うことで幕引きしている。離婚を機に芸能界を引退した梅田は、Twitterで『どちらかと言えば僕は全てをお話してさしあげたいのですが…まぁ大人の事情なので察してください。真実は全て墓場に持っていきます』と含みを持たせた発言もしており、疑惑はいっそう深まっている。
「矢口の場合も、慰謝料なり財産分与なりを請求される可能性も高かった。とはいえ、矢口側も『私だけが悪いわけじゃない! 夫にも落ち度があった』と争う構えを見せていたかもしれません。彼女は体調不良を理由に番組収録や生放送の仕事を欠席していますが、タレントとして何としてでも生き残ってやるという気概はあるはず。離婚には至ったものの、その裏でどのような動きがあったか…まだまだ週刊誌には腹を探られるでしょうね」(芸能記者)
 この「元」夫婦にはもう一波乱も二波乱もありそうだ。」




どうも、常識のないことかもしれない。
よく、アイドルのグループで、活躍したものだ。
苦労もなく、芸能界に、成功したのか。

普通の常識、庶民を無視した芸能活動かもしれない。
よく、テレビに、使われるものだ。
普通は、下ろされる。


結婚も、格差結婚は、旨くいくと、思うのだが、
常識のない、タレントは、問題かもしれない。

今のアイドルのグループは、苦労しているから、
こんなお粗末な、結婚、離婚しないことだろう。
あのグールプは、教育しているのか、疑問こと。
事務所が悪いのか。
コメント

そうだよ、解りにくいことだ

2013年05月30日 03時46分56秒 | ニ言瓦版
面白いことだ。
五輪も、人気のないのが、種目になり、人気のあるのが、落とされる。
五輪など、見る人が消えるのが、本当だろう。



「2020年の夏のオリンピックで実施される残り1つの競技の候補に、レスリングと野球・ソフトボール、それにスカッシュの3つの競技が残りました。

IOC=国際オリンピック委員会は、29日、ロシアのサンクトペテルブルクで理事会を開き、2020年のオリンピックで実施する残り1つの競技について話し合いました。
会議では、候補となっていた8つの競技の団体がプレゼンテーションを行ったあと、理事による投票が行われました。
その結果、レスリングに野球とソフトボール、それにスカッシュが候補に決まりました。
レスリングはことし2月に実施競技から外れる候補となったことを受けてルールを分かりやすいものに変更したり、
組織の改革案などを訴えてきました。
また、野球とソフトボールはともに2008年の北京オリンピック以来の復帰を目指してことし4月にそれぞれの国際団体を統一し、
野球も、ソフトボールと合わせて7回制で行って
時間を短縮するなどの改革案を訴えてきました。
IOCはことし9月の総会で、候補に残った3つの競技の中から1つを実施競技として採用します。
これについて、IOC=国際オリンピック委員会のジャック・ロゲ会長は、「簡単な決定ではなかったが、
理事会の同僚たちが3つの競技を選んだことでよい決定をしたと感じています。
9月の投票に向けて最終候補となった競技の健闘を祈ります。
また選ばれなかったほかの競技の努力に感謝します」というコメントを発表しました。
また、東京の招致委員会の竹田恒和理事長は「東京の大会計画とこれまでの国際大会の経験により、
東京はどの競技が追加されても準備万端で臨むことができます。
私たちは質の高い確実な大会運営でどの競技が選ばれても選手にとってすばらしい大会を
経験してもらうことができると確信しています」というコメントを発表しました。」




「レスリングと野球・ソフトボール、それにスカッシュ」の3つのうち、一つか。
面白いのは、スカッシュなど、五輪に種目になれば、
誰か、見るのか。
部屋の中で、テレビの映像でしか、見れない。
競技場つくるも、倉庫の中で、作ることかもしれない。


野球・ソフトボールも、7回になるのは、いいことかもしれない。
9回は、長いのと、投手に負担がある。
二時間で、終わるとか、短縮がいいのか。
それでも、五輪には、難しいかもしれない。

レスリングは、明確な試合展開が必要。
負ける、勝つが、わからない。
時間で、決まる。
柔道のような、一本か、技で勝ち負けが、本当だろうな。

面白いのは、人気のない種目は、五輪に行っても、
する人が増えない、見ないだろう。

こうやって、見ると。
よくない種目だと、わかる。
やはり、柔道、テニス、は、面白いかもしれない。
「レスリングと野球・ソフトボール、それにスカッシュ」ルールが解らないと、解らないものだ。
コメント

当てにならない

2013年05月30日 03時43分48秒 | あてにならない情報
[クレディS証券]
 引上げ B→A(4536)参天製薬      3,600→ 4,900円
 引下げ B→C(4568)第一三共          1,600円

[UBS証券]
 引下げ A→B(8031)三井物産      1,600→ 1,400円

[ゴールドマンS証券]
 据置き   A(9437)NTTドコモ   15.8万→18.4万円

[野村証券]
 据置き   A(1835)東鉄工業      1,600→ 1,680円
 据置き   A(4202)ダイセル       850→ 1,050円
 据置き   A(7278)エクセディ     2,000→ 3,100円

[三菱UFJMS証券]
 引上げ B→A(5017)AOC        400→ 420円
 据置き   A(6481)THK       2,300→ 2,900円
 据置き   A(9413)テレビ東京     1,490→ 2,200円
 据置き   A(9613)NTTデータ    32万→ 45万円
 引下げ A→B(5007)コスモ石油      240→ 190円
 引下げ A→B(5012)東燃ゼネ石      990→ 950円

[大和証券]
 据置き   1(6701)NEC            326円


そうなのか、疑問なことも多い。
当てにならないことだが、
影響するのか。
証券会社が、問題ということもある。
評価する担当者が問題ということもある。
コメント