LOS ANGELES FLIGHT DIARY

愛機ビーチクラフトボナンザで南カリフォルニアの空を駆ける日本人飛行機乗りの日記。

フライトログ:Los Angeles Areaは雲の下

2009-03-30 | Flight Log (機長)
TorranceからIFRでCalifornia Cityまで飛んできた帰り。砂漠の天気は晴れだが、Van Nuys AirportくらいからHazyな天気となり、雲の高さは3万フィート、そして山を越えてSanta Monica AirportからLos Angeles International Airport、Torrance Airportなどは2000ft overcastという雲の高さ。 . . . 本文を読む
コメント (2)

フライトログ:日本からの来客を乗せてIFR飛行

2009-03-23 | Flight Log (機長)
以前日本の職場で一緒に働いていた先輩が仕事で渡米してきた。この先輩はカナダで働いていた時に自家用免許を取得した。以前もロスの空を一緒に飛んだことがあるが(2007年9月23日の日記参照)、その時にはCessna172SPを駆っての空遊びだった。今回はMooney M20Cを体験してもらうことができる。 朝から曇っていたが、ただのマリンレイヤーで雲の高さは1500-2000ftくらい。厚さもなく、 . . . 本文を読む
コメント (2)

思ったより難しかったGlider操縦

2009-03-17 | Flight Log (飛行訓練)
大先輩(大学同窓としても職場でも飛行機でも全て先輩になる)に勧められて訪れたCalifornia City、そしてGliderの世界。IFRのCurrentをきっちり保ち、毎月10-15時間は空を飛んでいるという自負があったのか、Glider操縦は簡単にマスターできるだろうと思っていた。それが大きな勘違い。Gliderの世界は奥が深く、洗練されており、デジタル計器に囲まれた動力機とは違う優雅な世界 . . . 本文を読む
コメント (2)

フライトログ:Gliderや戦闘機が飛ぶCalifornia City

2009-03-10 | Flight Log (機長)
最近California City Airport(L71)に行く機会が増えた。そこに集うグライダー乗り達と仲良くなり始めたということもあるのだが、週末のCalifornia Cityは個人所有の戦闘機などが飛び交い、なかなか楽しい所だ。長い滑走路とトラフィックの少なさ、雨が降らずに機械には最適な気候、そしてこの辺りの空域の自由度の高さなど、砂漠の街、California Cityにジェット機を置 . . . 本文を読む
コメント (2)

フライトログ:双発機でロングクロカン

2009-03-07 | Flight Log (機長)
久々に双発機 Beechcraft Duchess BE76でクロカン飛行をすることになった。一緒に飛ぶのはMulti-engineのインストラクターの免許を最近取ったというアメリカ人。彼は6000時間近い飛行時間を持つパイロットだが、Multi-engineの飛行時間が30時間程度しかなく、私よりも少ないくらいだ。是非とも時間を貯めたいとのことで、右席に座ってもらうことになった。私は基本的にこの . . . 本文を読む
コメント (3)

Glider初体験でMountain Waveに乗ることができた

2009-03-03 | Flight Log (飛行訓練)
西風が強くモハベ砂漠にMountain Waveが訪れた日、グライダーに乗るならこの日だ!というメール連絡を受けた。どうせならコンディションの良い日にグライダーを体験したいと思い、急ぎMooneyでCal Cityに向かうことになった。 この日は高い高度まで上がることが予想され、スキー用のオーバーオールのスボンを貸してもらい、ブーツをはいて防寒。酸素も積み込みグライダー(Grob 103)へ乗り . . . 本文を読む
コメント (3)

フライトログ:Mooney Mooney Mooney

2009-03-01 | Flight Log (機長)
休日の仕事で忙しく、息抜きできる時間すらなかった。午後になってやっと仕事が終わり、気晴らしにローカルフライトに出た。天気予報では雨とのことだったが、雲の高さは高く、全体的に暗い感じの空。Torrance Airportに到着し、プリフライトを終え、行き先を色々と考えたが、”最近はSMOから離陸することが多いけど、自分の操縦でSMOに乗り入れる機会は少ない”ということで、目的地をSanta Moni . . . 本文を読む
コメント (2)