LOS ANGELES FLIGHT DIARY

愛機ビーチクラフトボナンザで南カリフォルニアの空を駆ける日本人飛行機乗りの日記。

フライトログ:究極の自撮りを目指して

2014-12-28 | Flight Log (機長)
某サイトでキャンピーを開けて自撮り/Selfieしている飛行機の写真を見た。自分も同じことをしたくてたまらなくなり、強風のコンディションながら空港に向った。サンタモニカ空港に到着、強風、Rwy3、クリスマスの週。誰も飛んでいない。ビジネスジェットだけだが時折飛んでいる。Rwy3でIFR releaesは1時間待ちという有り得ないアナウンス。Wind 360でGust 17kt, low level . . . 本文を読む
コメント (4)

フライトログ:旋回すら躊躇うほどの乱気流

2014-12-21 | Flight Log (機長)
車に向って歩いていると、ちょっと強い風。しかも、風向が真南からに思えた。上空はどんな感じなんだろう?と思い、軽いナイトフライトすることに。空港に到着、ATISを取るとwind 150 at 10kt。そしてLow Level Windshearのレポートが出ていたが、とりあえず飛ぶことにした。 ランナップの後に離陸、そしてアップウィンド400ftくりあからクロスウィンドに上がったところで結構激し . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:ブロッケン現象

2014-12-17 | Flight Log (機長)
早朝からの飛行。ちょっとした長雨の後。普段より念入りに燃料をドレーンした。滑走路に目をやると完全なtail windだった。Wind 050 at 5というATIS。早速エンジン始動、一度ランナップに向うが、やはり燃料が少ないので給油することに。American Flyers Fuel Pitまでタクシーし、Cirrus SR20と並んで給油した。そのCirrusとはランナップエリアでも一緒になっ . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:この日も意味なく1万ft越えを目指す

2014-12-06 | Flight Log (機長)
仕事も何もない土曜日。携帯電話での問い合わせや、仕事の呼び出しもない。つまり、高い高度に上昇しても問題ないということ。気温も20度以下だし、程よく雲が点々としている。これは1万フィート越えするしかない。O-360とか540なら当たり前だが、235エンジンで1万フィート越えは気合いが必要。特にこのグラマンでは。 サンタモニカ空港に到着すると、Skyward AviationのDuchessが動き出 . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:ローカル機をよく知る管制官

2014-12-01 | Flight Log (機長)
休日、いつものように軽く飛ぶことにした。サンタモニカ空港に到着、愛機のもとへ。オイルは5.2クオーツくらい。燃料は8割。機体も完璧、完調。さっそく愛機に乗り込みエンジン始動、ランナップ。この日はサンタアナウィンドがちょっと残っていたのか、暖かい空気。気温24度だった。 Right turn at shore lineで離陸。24度の気温でもピッチはちょっと高めでも大丈夫。Vy climbでは70 . . . 本文を読む
コメント