LOS ANGELES FLIGHT DIARY

愛機ビーチクラフトボナンザで南カリフォルニアの空を駆ける日本人飛行機乗りの日記。

全身むき出しで空を飛ぶ、トライク初体験

2008-05-27 | Flight Log (体験飛行)
私のホームグランドのTorrance AirportでもUltra-light Aircraftを良く見かけるようになった。操縦者の体を被うものが何も無いその機体デザインには興味をそそられるものがあったが、なにしろExperimental Aircraftの範疇を出ないので基本的にレンタルをすることができない。自分で買うか、誰かに乗せてもらうかしか選択肢がない。そんな中、ロサンゼルス在住の日本人で . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:Hard IMC Solo Flight

2008-05-26 | Flight Log (機長)
計器飛行(IFR)の免許を取得してから、マリンレイヤーやStratus中心の雲等の気流の安定したActual IMCでのソロフライトを中心に経験してきた。CeilingがILS Minimumに近いようなHard IMCでは、経験豊富なインストラクターに同乗してもらって飛ぶようにしてきた。そろそろ次のステップに行けるのではないかと、程よい曇り空の天気を狙っていた。 かと言って、本当の意味でHar . . . 本文を読む
コメント (2)

Multi-engine訓練:ついにBeechcraft Duchessでソロフライト

2008-05-22 | Flight Log (機長)
Multi-engine Aircraft Solo FlightのEndorsementを書き、インストラクターがTransient Parkingで機体を下りていった。"Enjoy the flight"と言い残し、ランプに駐車してあった自分の車に乗って走り去ってった。ついにたった1人でTorrance Airport Rwy29Rに向けてBeechcraft Duchess BE76のタクシ . . . 本文を読む
コメント (6)

Multi-engine訓練:ソロフライトに向けて、仕上げの同乗飛行

2008-05-21 | Flight Log (飛行訓練)
この日のフライトは双発機(Beechcraft Duchess/ビーチクラフトダッチェス)でのソロ前の最終確認という感じになった。晴天で風も穏やかだった。Straight out departureでTorrance Airportを離陸し、Practice areaを目指した。1500ftくらいの所でインストラクターにスロットルを戻されエンジンアウトのシュミレーション。すぐにMixutre Ri . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:マリンレイヤーの雲を突き抜けて

2008-05-19 | Flight Log (機長)
IFRの免許を取ってからロサンゼルス海岸沿いにつきもののマリンレイヤーに悩まされることが無くなった。むしろ安全にプチIMCを味わえるチャンスでもある。この日は地上のVisibilityが5-6SM Hazeというコンディションで、Stratusとマリンレイヤーの中間のような程度の雲が点々としていた。Weather Briefingでは内陸の方はVisibilityこそ悪いが雲が無いようだった。とり . . . 本文を読む
コメント

サンタモニカ空港に珍客到来、Goodyearの飛行船が突然現れた。

2008-05-18 | 航空関連エッセイ
Los AngelesのTareminal Area Chartの範囲内で飛行機を飛ばしている人だと必ずその存在を知っているGoodyearの飛行船、ニックネームはThe Spirit of America。ちなみにGoodyear社は他にも2機の飛行船を持っていて、The Spirit of Goodyearという機体がOhio州に、そしてThe Spirit of Innovationという機 . . . 本文を読む
コメント (8)

Multi-engine 訓練:恐怖を感じながらActual IMCで片発アプローチ訓練

2008-05-17 | Flight Log (飛行訓練)
今朝は朝からIMCで、Torrance AirportからCorona Airportくらいまで1500feet Overcastという天気。Stratusの典型的な安定した雲で、まさにApproachを打つには最適の日だった。本当だったらMooneyでApproachを打って遊びたいくらいだが、Beechcraft Duchess (BE76)で片発のアプローチ遊びをするにも丁度良い。インストラ . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:気温の上がってきた春先のBig Bear Lakeにクロカンフライト

2008-05-14 | Flight Log (機長)
春先の南カリフォルニアは夏日のような暑さになる時がある。そんな中、もともと標高の高いBig Bear AirportのDensity Altitudeはさらに上がり、小型機にはつらい環境となる。4気筒、210馬力のノンターボLycoming搭載のMooneyでは絶対的なパワーアドバンテージはなく、抵抗の少ない機体デザインもあまり影響はない。Density Altitudeが高い所で必要なのはパワー . . . 本文を読む
コメント

CirrusのニューモデルSRS。この機体は売れる。

2008-05-12 | 航空関連エッセイ
コンポジット製の機体、グラスコクピット、高級車のようなインテリア、パラシュート標準装備などなど、今までのGA小型機の観念を覆したと言っても過言ではないCirrsu SRシリーズだが、次々のニューモデルが搭乗してくるようだ。気になるのはCirrus Jetだが、これは百万ドル以上の高価な機体。もう一つのニューモデルはSRSというLight Sport Aircraft。Cessna 162 Skyc . . . 本文を読む
コメント (2)

Multi-engine訓練:いよいよエンジンを1発止めての着陸訓練

2008-05-10 | Flight Log (飛行訓練)
エンルートでの片発飛行の練習にも慣れ、着陸も自信がついてきたので、この日から片発での着陸訓練を開始だ。Torrance Airport (TOA)を離陸してLong Beach Airport (LGB)に向うが、インストラクターもそう簡単には飛ばせてくれない。まずTOA Rwy29Rでいきなり片方のスロットルを戻され、Rolling中のEngine Failureのシュミレーション。そして気を取 . . . 本文を読む
コメント (2)

フライトログ:燃料代が上がり続けているので、燃料節約飛行に切り替えた。

2008-05-07 | Flight Log (機長)
この日も一人の時間を楽しむべくMooneyで飛ぶ事にした。一日仕事になってしまっても嫌なので、近場の空港に行くことにした。とりあえずRedland Airport (REI)にでも行って、そしてどこかの空港に降りてかんジュースでも買って休憩、そのまま帰還という計画。 Torrance Airport(TOA)からStraight Outで離陸、海の上を飛んでしばしリラックスし、3500ftの高度 . . . 本文を読む
コメント (2)

フライトログ:Annual Inspectionを終えての初フライト

2008-05-02 | Flight Log (機長)
Mooney M20CがAnnual Inspectionでハンガー入りして3週間程。メニューはランディングギアのオーバーホール、フラップの油圧系の完全入れ替え等々、本来のAnnual Inspection以上の内容が含まれていた。外観として目新しいのはステップを取り付けたこと。本来はMooney M20Cにあるはずの右側主翼後方にあるステップだが、気をつけて乗り込めば特に必要はないだろうというこ . . . 本文を読む
コメント