LOS ANGELES FLIGHT DIARY

愛機ビーチクラフトボナンザで南カリフォルニアの空を駆ける日本人飛行機乗りの日記。

フライトログ:オイル交換の前にオイルを暖める。

2011-11-21 | Flight Log (機長)
先日の日記にも書いたが、オイル交換とスパークプラグクリーニングの必要性を感じていた。この日はオイル交換をお願いしていたBill Air Serviceから連絡があり、作業用のスポットが空いたとのこと。大型ハンガーとは言え、小型機で一度に作業できるのは3機。忙しい時期にはオイル交換のスペースも確保できない。早速にBill Air Serviceに向かい、オーナーのBillと話す。すると、どうせならオ . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:軽いランチ

2011-11-19 | Flight Log (機長)
午前中の軽いフライト。サンタモニカ空港の愛機の駐機場所へ向う。プリフライトの後にエンジン始動、ランナップを済ませてRwy21から離陸。この日はRight turn at shore lineで海岸線を目指した。いつものことだが、目的地は未定のまま。この時、警察のヘリが海岸線を北上していたが、こちらはその上を通過、軌跡は交差したが高度は1000ft以上の差があった。サンタモニカ管制塔からトラフィック . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:やっと100時間。

2011-11-18 | Flight Log (機長)
海岸線には低い雲、空港は被っていない。気温20度くらいだが、露点温度が14度。日没にかけて気温が下がれば、いつマリンレイヤーが入ってきてもおかしくない。雲の高さは800−1000ftくらい。最悪、VFRで離陸して空の散歩をしている途中にサンタモニカ空港が700ftの雲に被われても、Fwy405まで雲が被わなければVOR-A Approachで絶対に着陸できる。これはさっさと飛ぶしかない . . . 本文を読む
コメント

アメリカっぽい出来事

2011-11-15 | 航空関連エッセイ
早朝6時台、いつものように職場に向って車を走らせていた。信号待ちをしていると、後ろに停車していた車が横に並び、白人のおっさんが手を振って”窓を開けろ”というしぐさをしている。面倒くさい輩かなと思ったが、良い笑顔なので窓を開けてみた。すると、 "What do you fly?" と質問された。 どうやら私の車のライセンスプレートフレーム、"I'd rather be . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:エルモンテ空港に日本人飛行機乗り集結

2011-11-11 | Flight Log (機長)
この日のフライトはちょっとした企画もの。大学と職場の先輩で、日本でボナンザを飛ばすAS先生からの紹介で、日本からロスに遊びにきている飛行機乗りの方達とエルモンテ空港で待ち合わせていた。待ち合わせしていたのはSさん、ボーイング737を機長として飛ばす職業パイロット。 待ち合わせ場所がエルモンテ空港ということで、VelocityオーナーのOさんにも声をかけさせてもらった。Sさん御一考はチノ空港から飛 . . . 本文を読む
コメント (5)

機体登録制度の改正で、連邦航空局 FAAは大混乱しているようだ

2011-11-10 | 航空関連エッセイ
以前に日記でも書いたが、連邦航空局の機体登録制度(Registration)の制度改革があった。今までは一度機体が登録(Registration)されてしまえば、所有者が変わるまでは無期限で有効だった。今年から新制度となり、Registrationが3年の有効期限となる。今までに発行されたRegistrationも全て一度失効する。 十分に計画を練って施行した法律なんだと思うが、私の回りの機体オ . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:久々にクロカンフライト、久々に右席でフライト。

2011-11-09 | Flight Log (機長)
今年に入って仕事が忙しく、飛行機遊びする時間が確保できない。そんな中、久々に数時間を確保、のんびりと飛べる事になった。愛機のオイルをチェック、6クオーツ、満タンだ。燃料もほぼ満タン。これだけの条件がそろい、クロカン飛行しないわけにはいかない。 十分に暖気した後、サンタモニカ空港Rwy21から離陸。Right turn at shore line、海に向って飛び出す感じが最高だ。この日は特に海に飛 . . . 本文を読む
コメント

ヘッドセットのパーツ交換

2011-11-05 | 航空関連エッセイ
フライトトレーニングを開始して早々にDavid Clarkのヘッドセット、H20-10Sを購入し、以後5年間ずっと使ってきた。2006年1月16日の日記にも書いてあるが、当時のインストラクターの勧めでDavid Clarkを選択。そして、当時出たばかりだったというH20-10シリーズを選択した。 流石に老舗のDavid Clarkだけあり、耐久性や信頼性は申し分ない。本当はBoseが欲しいなと思 . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:サンタモニカ管制官に褒められるほど協力的

2011-11-03 | Flight Log (機長)
今日も愛機グラマンで軽いフライト。とりあえずiPad2を使ってのアプローチの練習をしたく、トーランス空港に向うことにした。エンジンは一発始動、ランナップエリアで十分に暖気、ランナップの後にRwy21へとタクシー。この時のサンタモニカ空港は非常に混雑しており、なかなか離陸できなかった。珍しい機体、MitsubishiのターボプロップがVFRで離陸するようで、北側で離陸待ち。こちら南側はセスナ172が . . . 本文を読む
コメント