LOS ANGELES FLIGHT DIARY

愛機ビーチクラフトボナンザで南カリフォルニアの空を駆ける日本人飛行機乗りの日記。

フライトログ:変わり易い天気

2013-09-23 | Flight Log (機長)
Pacific Coast Highwayはかなりの雲。海岸線をマリンレイヤーが被う。というか、はっきり言って霧だ。SMO ATISは500ft SCTとのことで、もうすぐIMCになるなというのが想像できる。とりあえず空港に向う。確かに空港の半分以上、管制塔付近まで雲が来ていた。皆がRwy3から離陸している。私の両隣に駐機する機体、セスナ172、Piper Lanceは出払っていたが、彼等帰ってこ . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:綺麗な秋の空

2013-09-20 | Flight Log (機長)
休日の家族行事に引き続き、そのままサンタモニカ空港でフライトすることに。愛機までは歩いて移動、そしてプリフライト。オイルは6クオーツ弱、燃料は4割くらい。短時間のフライトなので、そのまま飛んでも問題ない。キャノピーカバーは車に積めないので、機体後部貨物室に積む。エンジン始動、ランナップエリアへ。 なんとなくサンタモニカ空港の空港の活気が戻ってきた感じがする。ランナップエリアには訓練機1機、そして . . . 本文を読む
コメント (2)

フライトログ:久々に懐かしいコースを飛んだ

2013-09-17 | Flight Log (機長)
朝から海岸線は低い霧が出ていたが、だんだん晴れ間が見え出した。海岸線は霧のままだが、これはVFRで飛べると判断。仮にIFRで飛ぶことになっても、雲の高さも程々、気温も大丈夫。さっそくサンタモニカ空港に向う。空港に到着するとPilatus PC12が離陸するところだった。他の機体はRwy21、Rwy3が混在。雲はペンマーゴルフコースくらいまで来ている。VFRの機体は雲を避けてRwy3、IFRはそのま . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:秋の雲

2013-09-10 | Flight Log (機長)
サンタモニカ空港に到着、1万数千ftの高さの鱗雲、秋の気配。ただ、気温は26度と比較的高かった。オイル5.5クオーツ、上空の気温は低めなので、そのまま飛ぶことに。緑色のセスナ172に並んでランナップ。Rwy21にはセスナ210が離陸待ち。全員がランナップを終え、C210、C172、そして私の順に離陸。 Left downwind departureを選択、非常によく上昇した。向かい風もあったのだ . . . 本文を読む
コメント (3)

フライトログ:油圧低下した機体が良い判断をしていた。

2013-09-05 | Flight Log (機長)
秋の気配を感じさせる高い雲。ただ、気温は26度、上空3000ftくらいでも気温は25度以上だと思う。愛機グラマンには辛い。エンジン始動、そしてランナップエリアへ。Rwy21でhold short、管制塔を呼ぼうとするが、なかなか割り込めない。Piper SaratogaとBeechcraft King Airが離陸し、その後でBusiness JetのChallengerが着陸。そしてExperi . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:久々のArrow

2013-09-02 | Flight Log (機長)
久々にArrowを飛ばすことにした。Long Beach Flying Clubの雰囲気にも大分慣れ、Arrowという機体自体にも馴染んできた感じがする。機体のプリフライトを行い、駐機スポットから引き出した。プリフライト中に気付いたのは、かなりオイルが汚れていた事。交換時だなと思った。そして機体バインダーを取り出してエンジン始動の為に鍵を探すと、なんと鍵がない、、、。もうディスパッチのオフィスは締 . . . 本文を読む
コメント