LOS ANGELES FLIGHT DIARY

愛機ビーチクラフトボナンザで南カリフォルニアの空を駆ける日本人飛行機乗りの日記。

フライトログ:呼び出しがかかり帰還

2014-11-28 | Flight Log (機長)
この日は朝早くから飛ぶことにした。仕事の呼び出しがかかるかもしれないが、低空なら携帯電話もつながる。サンタモニカ空港に到着、オイルレベルはあまり減っていない。燃料は四分の一。オイルの消費が遅いのは、おそらく油温が低い為だろう。というか、普通の機体並の油温になったというのが正確な表現。この機体の夏場の油温が異常すぎるのだ。エンジン始動、ランナップエリアへ。隣にはフライトスクールのPiper Cher . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:VFRで飛ぶには最適な天気

2014-11-23 | Flight Log (機長)
週末の朝、サンタモニカ空港到着、愛機のオイルレベルチェック、燃料残量チェック。そのまま飛べる状態。すぐにエンジン始動、そしてランナップエリアに向う。天気は良く、気温は2度、露点温度は10度台前半。低い所にfew cloudsがあるが、極々僅か。あと、買ったばかりのCanon G1X Mk2を持参し、空撮などしてみることに。一眼レフのEOS6D/7Dの方が画質はいいが、狭いコクピットでかさばるのが難 . . . 本文を読む
コメント

Mooney is back

2014-11-18 | 航空関連エッセイ
飛行機生産を中止していたMooneyが復活し、M20シリーズの販売が再開された。ノンターボのOvation、そしてシングルピストンエンジン機で最速を誇るAcclaim TypeSが選択できるが、基本的には60年代に木製の翼を装備していたM20Aから基本設計が変わらない機体。速度にこだわった基本設計で、多少居住性が犠牲にされても前面投影面積が少なくなる事に重きを置いていた。大好きな機体の一つで、私の . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:久々のエンルートIMC

2014-11-12 | Flight Log (機長)
曇り空のロサンゼルス。マリンレイヤーではなく、2000ftから4500ftくらいにceilingが連なる。topは6000−8000ftくらいのようだ。Tower Enroute Control IFRで飛べば、エンルートはずっと雲の中にいるパータンだ。Pilot static inspectionでも大幅修繕をしてパスしており、これはIFRで雲に突入するしかないと思った。問題はどうい . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:右から飛ばす練習

2014-11-04 | Flight Log (機長)
暖かい陽気の日。綺麗な空なので飛ぶことにした。ここ最近、一眼レフを持参して飛ぶことが多い。この日は広角ズームを付けてみた。先日のこともあり、この日は右席から機体を飛ばす練習。ランナップの後に離陸。Right turn at shore lineを選択、比較的スムーズに操縦できた。Pacific Palisadesを越えて海上を飛行。ここで広角を活かして海岸線の景色の撮影などして遊んだ。その後、35 . . . 本文を読む
コメント (2)