LOS ANGELES FLIGHT DIARY

愛機ビーチクラフトボナンザで南カリフォルニアの空を駆ける日本人飛行機乗りの日記。

フライトログ:いろいろな意味で感動した 愛機S35ボナンザ同乗訓練3

2015-12-21 | Flight Log (飛行訓練)
前回、前々回日記の続き。American Bonanza Society BPPP承認のインストラクターMikeと二人で慣熟飛行を続けてきた。いよいよ最終レグ、General Fox Airportから目的地のSanta Monica Airportまで飛ぶ。ちょうどロサンゼルス全体にStormの雲がかかる。Santa Monica Airportは豪雨のためにSpecial weather ob . . . 本文を読む
コメント (4)

フライトログ:いろいろな意味で感動した 愛機S35ボナンザ同乗訓練2

2015-12-20 | Flight Log (飛行訓練)
前回日記の続き。McClellan AirportからSanta Monica Airportまで愛機となったボナンザS35をフェリーフライト。それと一緒に、American Bonanza Society BPPP承認インストラクター、Mikeに同乗訓練とサンタモニカまでのセーフティーパイロットをお願いした。McClellanからGeneral Fox Airportまで飛んできて、休憩の後に雲 . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:いろいろな意味で感動した 愛機S35ボナンザ同乗訓練1 (動画)

2015-12-19 | Flight Log (飛行訓練)
ついにボナンザS35を取りに行く日が来た。購入手続きを終え、名義変更してから実に2週間。機体は前のオーナーのホーム空港、McClellan Airportのハンガーに保管されていた。ロサンゼルスからサクラメントまで通常のエアラインで飛び、サクラメント国際空港から車で30分くらい離れた元空軍基地のMcClellan Airportまで移動。空港横の元空軍寮を改築したモーテルに宿泊。翌日朝8時から愛機 . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:尾輪式の機体でEMTを受けてみた。

2015-04-18 | Flight Log (飛行訓練)
ちょっと尾輪式の機体へ興味がわいたので、サンタポーラ空港のCP Aviationで練を受けることになった。サンタモニカ空港に到着、愛機でサンタポーラ空港に乗り入れることに。久々の愛機、クランクが弱い。1回プロペラが回って停止。これはまずいと思ったが、そのままスターターを押し続けると、ゆっくりと1回転。無事に始動した。もともと始動性が良いエンジンでよかった。Right turn at shore l . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:片方のエンジンを止めてアプローチ

2014-05-11 | Flight Log (飛行訓練)
この日は前回やり残したFAA Wingsprogramの項目をやることになっていた。Single engine ILSと、Multi-engineでのshort field landingだ。トーランス空港に到着し、さっそくAztec PA23のもとに向う。このAztecは2回目のフライトとなるが、だんだんと要領がわかってきた。プリフライトチェックを行い、fuel truckを呼んで給油、そしてフ . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:Multi-engineを飛ばしてBFRを受ける(動画)

2014-04-05 | Flight Log (飛行訓練)
時が経つのは早いもので、Biennial Flight Review/BFRから2年がたってしまった。前回はセスナ182を飛ばしてBFRを受けたが、今回はさらに趣向を変え、Piper AztecでBFRを受けることにした。恐らく世界で一番程度の良いAztecではないかと思う。Garmin430が2個、Garmin Transponder2個、AvDyne気象レーダー付きという豪華さ。Traffic . . . 本文を読む
コメント

フライトログ:LA Flight Diary 新ステージ、Long Beach Airport2

2013-05-29 | Flight Log (飛行訓練)
ハンクとアローを飛ばすのも2回目。飛ばしていて非常に楽しい機体だ。この日はアプローチを打つ事に。その前に、Emergency gear downの手順確認。ランディングギアのアクチュエーター用のモーターを作動させるサーキットブレーカーを切り、それで模擬ギア故障を起こす。その後はギアハンドルを下にし、87kt以下にし、emergency gear extensionのレバーを下に押し下げるというもの . . . 本文を読む
コメント (2)

フライトログ: LA Flight Diary 新ステージ、Long Beach Airport1

2013-05-27 | Flight Log (飛行訓練)
最近は仕事が忙しくなり飛ぶ頻度が減った。そこで、飛ぶ時間を確保する工夫の一環として、ロングビーチ空港を利用することにした。毎月1週間ほどロングビーチ空港近くで仕事をするようになり、仕事帰りに軽く飛ぶにはロングビーチ空港も便利な選択肢となった。愛機グラマンは自宅や職場近くのサンタモニカ空港に駐機したまま。Riter Aviationの機体を飛ばす時には古巣のトーランス空港を利用。そして、今度はロング . . . 本文を読む
コメント

超久々にセスナ172を飛ばしてBiennial Flight Reviewを受けてきた

2010-07-02 | Flight Log (飛行訓練)
Biennial Flight Review(BFR)の為にトーランス空港にやってきた。サンタモニカ空港からIFRで飛んできたのだが、正午までに雲が晴れてVFRでマニューバーができるようになるだろうと予想していた。最初は1時間のグランドから始まった。きちんとアメリカ連邦航空法(FAR)のRequirement通りの事を確認していた。ダラダラとFARを読み上げるわけじゃなく、自分の中でも勉強になるこ . . . 本文を読む
コメント (2)

フライトログ:セネカIIの着陸訓練

2009-11-21 | Flight Log (飛行訓練)
パイパーセネカ(Piper Seneca II Turbo / PA34-200T)の同乗離着陸訓練も2回目。保険会社のソロフライト要求事項は5時間の同乗飛行。すでに着陸はものになって来た感じもするが、まだまだ保険会社の要求事項を満たさない。 トーランス空港(Torrance Airport / TOA)に到着、友人兼CFIのR氏と待ち合わせ。プリフライトを行い、機体に乗り込みエンジン始動。さす . . . 本文を読む
コメント (2)

グライダーでファーストソロフライト

2009-06-26 | Flight Log (飛行訓練)
Private Pilotの時のセスナ172によるファーストソロ、Complex / High Performance Aircraftのファーストソロはムーニーで行い、Instrument Rating取得後に初めて一人雲の中に入ったのもムーニー、そしてMulti-engineのファーストソロはビーチクラフトダッチェスだった。いままで色々なソロがあったが、今までとは少し赴きが違うグライダーのソロ . . . 本文を読む
コメント (2)

二人乗り小型飛行機、Grumman AA1を衝動買いしてしまった:第二話 訓練編

2009-05-20 | Flight Log (飛行訓練)
第一話からの続きだが、オーナーパイロットからGrumman AA1を購入することになり、そのオーナーは飛行機を飛ばせる体調ではない。なんとか自分でGrummanを飛ばさないといけないが、一番問題になるのが保険。さっそく購入するその機体が現在契約している保険会社に電話を入れてみた。アメリカの保険会社とは思えないほどの親切な対応ぶりで、こちらの状況を理解してくれた。私のFAAライセンスの種類、ライセン . . . 本文を読む
コメント

またMountain Waveの中をグライダーで飛んできた(動画)

2009-05-12 | Flight Log (飛行訓練)
双発機(Multi-engine Airplane)Beechcraft Duchess BE76で強風のCalifornia City Airportまで乗り入れた。Mountain Waveのコンディションで、せっかくなので1時間くらいのグライダー同乗となった。一緒に飛ぶのは強者Soaring Pilot、Glider CFI、Mountain Waveで一緒に飛んでもらうと勉強になることが多 . . . 本文を読む
コメント (2)

Mountain Waveのリフトを捕まえてGliderで2万フィートまで上昇

2009-04-07 | Flight Log (飛行訓練)
2ー3月は西風が強くモハベ砂漠にMountain Waveが発生する。地上は220から270くらいの方角から20-30ktのGustが吹く大変なコンディションで、上空は1万フィートくらいの高度でも40-50kt風が吹いているこの日、かなり綺麗なMountain Waveが発生していた。Cap clouds、Rotor clouds、教科書的な雲が空に並んでいる。 Mountain Waveの時に . . . 本文を読む
コメント (2)

思ったより難しかったGlider操縦

2009-03-17 | Flight Log (飛行訓練)
大先輩(大学同窓としても職場でも飛行機でも全て先輩になる)に勧められて訪れたCalifornia City、そしてGliderの世界。IFRのCurrentをきっちり保ち、毎月10-15時間は空を飛んでいるという自負があったのか、Glider操縦は簡単にマスターできるだろうと思っていた。それが大きな勘違い。Gliderの世界は奥が深く、洗練されており、デジタル計器に囲まれた動力機とは違う優雅な世界 . . . 本文を読む
コメント (2)