世界に一つだけの姥花日記

貴方は貴方らしく私は私らしく、世界にただ一つだけのきれいな花を一生懸命咲かせましょう。
シニア主婦の平凡な日記です。

父の日&企業コンサート

2024年06月18日 | 日常の生活

今日は朝から雨、いよいよ梅雨入りでしょうか?

涼しいのは嬉しいですが、じめじめとして鬱陶しいですね。

昨日は今年初めてクーラーをつけました、と言っても来客があったからで、そうでなければまだまだ我慢。

クーラーは禁断の木の実!つけてしまうとその快適さに嵌ってしまいますから。

 

2日前は父の日。

娘夫婦からビールのプレゼント!毎年恒例の嬉しい贈り物になりました。

今年は娘から打診がありました、「もうビールの贈り物は止めておいた方が良いかしら?」。

「いえいえ、お父さんは大喜びですよ。普段は健康のことを考えて、ノンアルコールにしていますから」と返事。

娘は下戸ですので、ビール選びはお婿さんの担当、ありがとうね、Mさん、Kちゃん!。

 

午後からはコンサートへ。それもプロではなくアマの企業オーケストラの演奏です。

とても素人とは思えない素晴らしい演奏で、いつも楽しませてもらっています。

有難いことに、みずほフィルハーモニーは無料なんです。気軽にチケットをゲットできます。

今回のコンサートでも知名度の低い新しい作曲家と交響曲に出会い、新たな感動でした。

その才を認められながらも病魔に侵され、30代半ばで人生の幕を閉じた不遇の作曲家カリンニコフ。

クラシック音楽に詳しい方ですとご存知なのでしょう。が、私にとってはまたまた未知の作曲家でした。

交響曲第1番ト短調。哀愁漂う第一楽章の美しい旋律に始まり第4楽章の壮大なフィナーレへ!

世の中には私たちの知らない美しい音楽がまだまだ沢山あることに感激しました。

そんな作曲家カリンニコフ(1866年生~1901年没)挑戦された素人メンバーにアッパレです。

Kalinnikov - Symphony No.1, Svetlanov NHK Symphony Orchestra (1993 Live)

<プログラム>

シベリウス:「カレリア組曲」

チャイコフスキー:幻想序曲「ロミオとジュリエット」

カリンニコフ:交響曲第1番ト短調

 

今日のラムネちゃん!私のブログ綴りを邪魔しています。

なんだかゴチョゴチョ、ブジョブジョ、明らかに鳥の鳴き声とは違う発声。

ひょっとして喋り出す前兆?動画を載せられなくて残念です。

 

 

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

1週間!

2024年06月15日 | 日常の生活

<近所の紫陽花園にて 6月14日撮影>

全くやる気の起こらない1週間でした。ブログも放置状態!

相変わらず足が以前のように行かないことにもどかしさを感じながらも、少しづつ良くなっている気がします。

今の生活、行動が歳相応というのかもしれませんね。欲を出せばきりがありませんもの。

多少の痛みを感じながらも買い物もでき、友人とのお喋りも、グラウンドゴルフも、コンサートへも行けますから。

 

この1週間ブログ投稿をさぼっていました。がその分、時間を有効に使えたかというとそうでもなく、

時間は取られますが、やはりブログは私にとって生活のスパイスなのかもしれません。

今日は過ぎた1週間を振り返り、日記風の備忘録として簡単に日々の出来事を綴ってまいります。

 

<6月9日日曜日>

久し振りに息子家族と会い、楽しいひと時を過ごしました。お正月以来です。

息子から父の日、母の日を合わせてのプレゼントにと会食の招待を受け、

青山のお洒落なイタリアンレストランで。

孫息子は高校三年生!受験生ですが、どこまでその話に踏み込んでいいか、悩ましいところ。

しかし両親、孫息子の方から受験の実態、志望校などの話をしてくれて、様子が分かりました。

驚いたのは塾、予備校の授業料の高いこと!今の親御さんはたいへんですよね。

Yくん、お婆ちゃんは君の努力を信じています。何もできないジジババだけど、頑張ってねと祈るのみ。

<6月10日月曜日>

月一の朗読会の日。今回は小川未明の短篇を読み回しました。

今月から新しいメンバーも加わり10人のお仲間です。

滑舌の悪くなった昨今、真剣に口元を意識し、声を出す行為は必要不可欠だと思っています。

<6月11日火曜日>

グラウンドゴルフに参加。会場にはベンチも用意されているので、休み休みの運動で今の私にはピッタリです。

グラウンドゴルフはほぼ同年齢の方々ばかり。情報収集の場でもあり、和気藹々と楽しい時間の流れです。

<6月12日水曜日>

午前中リハビリ!気休めのような気がしないでもないリハビリですが、今の私には必要。

もうしばらく通ってみるつもり。その後、眼科へとクリニック梯!ところが水曜日は休診でした、頓馬な私。

そしてもう一件、中目黒のペットショップ「こじま」へ。こちらでラムネちゃんを購入しました。

同じ頃生まれたセキセイイインコがとても毛並みも良く立派。うちのラムネちゃん、成長悪いのかな~?

ちょっと心配。でもとても元気で活発な子なので大丈夫でしょう。

おもちゃを買ってあげました。とっても喜んでケージの中で楽しそう!

<6月14日>

かっての仕事仲間と会食!

5年振りの再会でした。

仕事と言っても空いた時間を利用しての在宅の仕事でしたが、お仲間ができ、

解散してからも30年近く、1年に一度の会食をし近況を報告し合い刺激を受けてきた仲間です。

コロナ禍で集まりはストップしてしまい、このまま消滅してしまうのかなと思っていた矢先、お声がかかりました。

皆さん、お元気でお変わりなく、それでも5年の年月はいろいろな出来事がありますよね。

60代後半から80代前半のお仲間11名集まり、楽しい会食のひと時でした。

 

とま~こんな1週間でしたが、皆様のブログにもお伺いせず失礼ばかりしておりました。

どうぞお許しください。またボチボチ綴ってまいります、大した内容ではありませんが

 

今年は梅雨が短く、夏の暑さは昨年以上だと聞いています。

どうぞ皆様ご自愛くださいね、私も頑張ります。

 

 

 

 

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

私(僕)の1日

2024年06月09日 | 家族

 

今日でセキセイインコのラムネちゃんが我が家にやってきて丁度4週間となります。

おそらく生後7週間50日目ぐらいかな?まだまだ幼鳥ですが、もう成鳥並みの体重で元気です。

ラムネちゃんの1日は朝6時半起床、夜のケージカバーをとるとお目覚め。

もっとも実際はもっと早くからゴソゴソしているようですが。

私たち夫婦の朝食はほぼ6時半前後。それが終わると7時から8時までラムネちゃんの放鳥タイムです。

分かるのですね、出してもらえることが!出入り口のちょこんと座り扉が開くのを待っています。

そして開けるや、もう一目散に飛び出し、私の肩へ。

そうそう、出していやる前に念入りに私のやることがあります。放鳥の準備です。

窓のカーテンをひき、テーブルの上を片付け、ついばんで危険なものは隠します。

私と夫は糞をされてもいいように肩にバスタオルをかけ、準備万端。

ラムネちゃんのおもちゃはペットポトルの蓋、スプーン、丸めたティッシュ、私のメガネの鎖などなど・・・。

 

遊ぶ前にまずはキッチンスケールで体重測定。現在の体重は37g!標準です。

それからはもう自由奔放。狭い我が家のリビングですが、飛んで飛んで周って回って

壁にぶち当たりながらも楽しそう、そして時々落下。ハラハラドキドキしますが意外とけがはしないものですね

一時飛び回り運動すると、満足してか今度はおとなしく私や夫の肩や手に乗り毛づくろい。

私の声掛けにじっと口元を見ていますので、そううちお喋りするかもしれません。楽しみ

 

さてさてこれは既に解決済なのですが、3~4日前までとても苦労していたことがあります。

それは放鳥後、インコがケージに戻ってくれない!

毎朝、毎夕(夕方も5時~6時まで放鳥)、ケージの前でラムちゃんと睨めっこ、格闘でした。

そりゃ~いつまでもお外で遊んでいたいよね~でもそれはできないの、人間にも用事があるからね。

夫大好きのラムネちゃんでしたが、ある日どうしても戻らないラムちゃんを手で掴んで

無理やりに籠にもどそうとし、すごい勢いで鳴かれ噛みつきました。

それ以来あまり夫の方へ飛んでいかなくなりました。インコは3歳児と同じ知恵があるそうですから嫌われた?

 

そこでネットで検索、皆さん同じ苦労をしていらっしゃるようで、いろいろな対策が紹介されていました。

それらを参考にして我が家のケージ戻し作戦成功例はこうです!

朝夕放鳥後、次の放鳥まで必要な餌の量だけしかエサ入れに入れません。ラムネちゃんの場合は殻付きで6g。

放鳥タイムにはほぼエサ入れは殻のみになっています。そこで思い切り外で遊ばせ放鳥中は餌を上げない。

<今ではこんなことはしません。お腹いっぱいになるとケージに戻ってくれませんから>

空腹状態で放鳥タイムを終わると、エサに釣られ自発的に素直にケージに戻ります。

これは大成功で今はラムネちゃんとのケージ戻しの追いかけっこもなくなりました。

 

小鳥と言えどしつけは必要なんですね。以前インコを飼っていた時はあまり気にしませんでしたが。

生活習慣を整えることも私にとってもインコにも大切で、お世話のタイミングも毎日同じ時間にする。

放鳥タイムは朝7時~8時、夕方5時~6時、お食事は放鳥後、新しい餌を入れる。

放鳥タイムにケージのお掃除、お水 青菜の入れ替え。時には模様替え(笑)。

日中はケージの中で過ごさせ、できるだけ声をかけるようにしています。

就寝時間は7時半から8時。セキセイイインコの理想的な睡眠時間は11時間~12時間だそうです。

ケージに夜のカバーをかけても寝ているかどうか分かりませんので何とも言えませんが。

 

規則正しい生活をするようになってから、以前のようにケージの中でバタバタ大暴れすることもなくなりました。

セキセイインコを飼い始めて4週間、ようやく私たち飼う側も、飼われる側もリズムが整ってきた今日この頃です。

 

 

 

コメント (8)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

分からないことだらけです

2024年06月06日 | 日常の生活

Vポイントペイ!

これから発信することは何もよく分かっていない私が書くこと、そのまま受け取らないでくださいね。

むしろいろいろ教えていただきたいので記事にすることにしました。

とにかく世の中はキャッシュレス時代!コロナ禍以来、私もすっかりキャッシュレス支払い慣れました。

 

余談ですが、キャッシュレス化のため1円硬貨の流通が少なく、令和発行の1円硬貨は3000円の価値があるそうです。

一応私も手持ちの1円硬貨を調べてみましたが、令和発行の硬貨はありませんでした。

 

スーパーはスーパー専用の電子マネーで、デパートはクレジット支払い、その他はPayPayで。

交通機関はもちろんスイカ。そしてこの度Vポイントペイが加わりました。

4月22日以来、今までのTポイントはVポイントに代わり、VISAと提携Vポントペイが誕生しました。

何もしていないのに、いつの間にやらスマホ画面のTポイントマークがVポイントに代わり、

これもインストール(ダウンロード?)した覚えがないのに「Vポイントペイ」というアプリがスマホ画面に登場。

 

そして今回新たに知ったことですが、取引のある日興証券でVポイント(旧Tポイント)がかなり貯まっていました。

そこで担当者にTELし、Vポイントペイへの交換方法を教えていただいたのに、今度はその使い方が???

Vポイントを使えるお店も限定され、我が家の場合は近隣でファミリーマートのみ。

それで早速ファミリーマートに行き、Vポイントペイで買い物をしようとすると、バーコードがないのでできない。

お店の人も分からない。結構たまっているので使いたいのです。誰か教えて~。

有効期限もあるので、勿体ないことはしたくありませんものね。

 

さてもう一件、よく分からないこと。定額減税!いよいよ6月の支給から減税が始まります。

私個人は住民税も所得税も非課税です。が、一応夫の扶養家族。

税金払っていないのに、減税?頂くのは申し訳ない気がします。

が、減税は扶養家族も対象となりますよね。子供分だって減税されるのですから、当然私も?

いろいろネットで検索、一応調べてはみたものの、結局、あ~よく分からな~い

15日の年金支給日はもうすぐ。何らかのお知らせがあるでしょうから、それまで待ちましょう。

 

私は思うのです、こんなややこしいことをするのなら、前回のように一律全国民に金一封を!

 

 

コメント (10)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

鬼の攪乱&コンサート

2024年06月03日 | 音楽

とても珍しいこと!お天気が安定しないことも関連してか、鬼の攪乱!

夫が風邪をひき発熱。あわやコロナかと少々慌てましたが、検査キッドで検査した結果陰性。

37度台の微熱なのですが、結婚して夫が熱を出したことは何回あったかしらと思うほど珍しいこと。

普段とても健康な彼ですから、僅かな熱でも大騒ぎ、でも元気です(苦笑)

昨日日曜日にはセット券で購入してあるコンサートの3回目があり、どうしても行くときかず、

コロナではないことが確認できたので、出かけました。

 

私たち夫婦には同じみの自宅から最も近いコンサートホール”ミューザ川崎シンフォニーホール”。

モーツアルト・マチネ2024年~2025年第三回目です。

<プログラム>

アリアーガ:「幸せな奴隷」序曲

モーツアルト:ヴァイオリン協奏曲 第4番ニ長調K.218

モーツアルト:交響曲 第39番 変ホ長調K.543

 

このシリーズは午前11時から開演で休憩なし。高齢者にとっては有難い時間帯です。

5/6の記事でも説明しましたが、マチネ(Matinee)とは、フランス語で「朝」とか「午前中」を意味する言葉。

音楽用語では昼の公演のことで、通常料金より安く設定され、気軽に出かけられるコンサートです。

今回の指揮者は出口大地、大学の法学部卒業後、音楽の道に進まれたという異才の今年35歳の若い指揮者。

力強い迫力ある指揮に魅了されまれました。

ヴァイオリンは前田妃奈ちゃん。ちゃん呼びたいようななまだ22歳の新進気鋭の初々しいヴァイオリニスト。

オーケストラは東京交響楽団。ミューザ川崎シンフォニーホールが拠点ホール。

 

今回演奏のモーツアルトの曲は日本人に人気があり、私もヴァイオリン協奏曲第4番は大好きな曲の1曲です。

が正直、交響曲40番、41番は家でもよく聴いていますが、39番はあまりなじみがありませんでした。

39番、40番、41番は「モーツアルト三大交響曲」として知名度が高いのだそうです。

 

更にそれよりも1曲目作曲家アリアーガって誰?皆さんはアリアーガっという作曲家をご存知ですか?

50年の違いはありますが、同じ日に生まれたことからスペインのモーツアルトと呼ばれ、

19歳で夭逝した天才的作曲家だそうです。私は聞いたこともなく全く知らない作曲家でした。

が、この全1幕のオペラ「幸福な奴隷」序曲(演奏時間8分)、何と素晴らしい!

どこかモーツァルトの曲に似ていると思ったのは私だけ?

ゆったりとした澄んだ静かな旋律で始まり、ヴァイオリンの軽やかな音色が続き、心が軽くなり癒されます。

演奏が終わった瞬間、夫と顔を見合わせ、なんて気持ちの良い曲でしょうと、二人とも感動。

帰宅し即ネット検索しましたが、マイナーな作曲家ゆえか、この曲のユーチューブはありませんでした。

どうしてももう一度聴きたい!図書館にもなく、仕方ありません、何とかCDを探してみるつもりです。

 

話はまた戻り、夫は今朝、病状の経過をまずは電話で話し、ホームドクターに診ていただきました。

インフルエンザの検査もしてもらい結果は陰性。肺もきれい、酸素濃度も99%。ただの風邪です。

良かったです。処方されたお薬で熱も下がり、食欲もいつも通り。

明日からまた早朝ウォーキングだと張り切っていますが、明日は止めておいた方が良いわよ、お父さん!

 

コメント (2)
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする