デブと某医の「ひょっこりポンポン山」

腎がんのメモリー:術後6年クリア 旅行記:トルコ、バルト三国、イタリア 吾輩も猫である、TV・読書、閑話休題等

トップの嘘(吾輩も猫である156)

2018-02-19 12:47:20 | 吾輩も猫である
 会社でトップ!と言えば代表権のある会長か社長に決まっている。が、国の単位でトップとなれば誰を指すのか・・・なんて小理屈っぽい前置きは兎も角、世界も日本もトップたるものが、そしてトップを追う報道も・・・なんか山本リンダ、否! ヘンダ! 困っちゃう!   似ているが 吾輩に非ず! TVを吾輩の眼内カメラで撮ったフェイク!シマの「イメージ画像」  米国の大統領選に流行語大賞があるとすれば「Fak . . . 本文を読む
コメント (10)

結弦は譲らなかった!

2018-02-17 18:15:58 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 羽生結弦のオリンピックが終わりました。正直なところ、SPでもう十分!と思いましたし、フリーを最後まで滑りきるのは難しいと思っていました。たとえメダルがとれなくても!ぐらいの気持ちでした。ですから金メダルには身も心も空中浮揚・・・でした。    昨日の「結弦は譲らない?」は、金メダルはとれないだろうとの予感に基づくタイトルでした。きょうの予定稿は「結弦が譲ったものは・・・」でした。譲らなかった羽生 . . . 本文を読む
コメント (2)

結弦は譲らない?

2018-02-16 22:41:17 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 「羽生結弦が闘いの場に戻ってきました」「世界中がみつめています」。中継するアナウンサーが、この日のために考えに考えて用意した言葉だったのでしょう。「固唾をのむ」思いでTV画面をみつめたのは、小学生の頃の大鵬・柏戸戦以来でしょうか・・・。  フリデリック・ショパン「バラード」No.1 が始まってもしばらく微動だにしない羽生結弦。その間いったい何秒だったのでしょうか・・・私には長い沈黙でした。 . . . 本文を読む
コメント (12)

北の空に・・・

2018-02-12 16:46:59 | 人生の棚卸し
 或るブログに「朝の空に残る半月」の写真がUPされていました。「正月、朝の空のスーパームーンを撮ったけどUPの機会を逃した」とコメントしましたら、「今からでもぜひUPを」と。すぐその気になるのが私のいいところですので(んな・・・)UPします。  正月3日の早朝、やや北寄りの西の空にまるで幻影のように仄かに浮かんでいました。カメラを構え「今この時刻この月を世界の何処でどれぐらいの人が見ているだろう . . . 本文を読む
コメント (18)

春はあけぼの(吾輩も猫である 155)

2018-02-08 15:28:47 | 吾輩も猫である
 寒い。関西では「さむい」ではなく「さぶい」と言う。細君の郷里では「しばれる」と言う。いずれも実感のある言葉ではある。深窓育ちの吾輩、殊の外!寒さに弱いゆえ、このところ細君の布団にて夜を過ごし朝を迎える。勿論!妖しい関係ではありまセーヌ川。  主人、どこか朦朧としていて、まるで春先の蜃気楼のようだ。「シマ。おまえが加計、否! 書け」ときた。いつものことながら面倒臭いときの猫頼みだ。白鵬さんの . . . 本文を読む
コメント (8)

郷里から思い広がり

2018-02-06 15:47:34 | 人生の棚卸し
                         弓が浜(美保湾)より眺む大山  ほぼ毎月、郷里の境港に帰ります。先月末から三泊四日、帰省しました。グループホームにいる母もその間「自宅に外泊」しました。何をするわけでもありませんが、どんな精神安定剤よりも母の心を和らげ、どんな睡眠導入剤よりも心地良い眠りに就かせます。  帰省中、友人を訪ねたり母校を訪ねたり湾岸を散策したり商店街に買物に出かけ . . . 本文を読む
コメント (2)

誰かが誰も信じない嘘をついている

2018-01-30 00:33:58 | 人生の棚卸し
1月は行く、2月は逃げる、3月は去る。1年がまるで若い日のひと月のように瞬く間に過ぎ2月を迎えようとしています。カレンダーをめくりながら溜息まじりに口ずさんでいたのは Janis Ian「Will you dance?」の一節 誰かが誰も信じない嘘をついている・・・                   初場所十四日目 松鳳山を寄切り優勝を決めました  低調が懸念された大相撲初場所は、栃 . . . 本文を読む
コメント (10)

The Rose .... やがて来る春に 薔薇の花を咲かせる

2018-01-27 18:20:20 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 昨夕、小雪の舞う中、1時間余りスロージョギングしました、「この雪、明日の朝は積もるかもしれんなぁ」と思いつつ・・・。そして今朝、新聞をとりに出ると、一面 薄っすら雪景色。「溶けないうちに撮っておこう」とかじかむ手でシャッターを切りました。  朝刊を開くと「野中広務氏死去、元官房長官・自民幹事長」の見出し。数年前の夏、野中さんの「人権・平和」の講演会に行き、少しお元気がないように見えまし . . . 本文を読む
コメント (19)

異邦人

2018-01-24 12:39:46 | 人生の棚卸し
 「花を愛でる」ことに幾らかなり目醒めさせたのは、雨に光る紫陽花と雪に映える蝋梅でした。今冬はまだ雪を被った蝋梅にお目にかかっていませんが、日ごと膨らみ艶をまし匂う蝋梅に見とれています、窓越しに妻とシマジロウの訝かし気な視線を浴びつつ・・・。  久保田早紀「異邦人」。30代初めに聴いた筈ですが、もっとず~っと前に聴いていたような気がします。エキゾチックな雰囲気ながらどこか子守唄のように聴いて . . . 本文を読む
コメント (16)

SUMOU(吾輩も猫である154)

2018-01-18 12:49:26 | 吾輩も猫である
 吾輩としては久しぶりの登場となる。別に寝ていたわけではない。ではないが、主人とか細君の布団にくるまっていると、つい!暁を覚えず!ではある。炬燵もまたつい!転寝に誘いがちだ。そんな日々ゆえブログはつい!つい!面倒臭くなりにけるかも・・・。  さて大相撲初場所も既に今日が四日目。白鵬もなんやかや集中力を削がれたのか連敗。稀勢の里も調整不足を否めず既に黒星三つ、このままでは再び休場を免れまい。一方、 . . . 本文を読む
コメント (25)

隣国のドラマと現実のドグマ

2018-01-15 01:41:34 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 今朝、寒風に吹き散らされた葉を拾い集めていて 微かに膨らんだ蝋梅に気づきました。殆どは小さな蕾のままなのに 春が来つつあることを報せたかったのでしょう。蝋梅と並んで きわどく残ったひとひらの葉もまた存在を誇り・・・健気でたまらなく愛しく思いました。  昨年、韓国とほぼ同時に日本でも放映された連ドラ「師任堂(サイムダン)~色の日記」。特に韓ドラ!が好きなわけではありませんが、「チャングムの誓 . . . 本文を読む
コメント (10)

ローマ法王の配ったカード 「焼き場に立つ少年」

2018-01-03 17:48:57 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 大阪は、元旦も二日も良いお天気でした。今日も!と思っていましたら、先刻から陽射しを縫うように小雪が舞い始めました。近くの里山で狐ならぬ狸の結婚式でも行われているのでしょうか。ともあれ狐も狸も人間の皆様も新年明けましておめでとう存じます                                 Painted by QP  私の旧いブログ記にたくさんアクセスがありました。なぜ?と思って . . . 本文を読む
コメント (20)

去りゆく年に

2017-12-31 13:42:18 | ごあいさつ
 北国には爆弾寒波。東京にも今朝は初雪の由。わが郷里に思いを馳せる大晦日です。  2017年が終わろうとしています。私もまた幾つかを終わりにしたいと思います。  新しい年はどんな光景を創りだすでしょうか。私もまた新しくなりたいと存じます。                                painted by QP  連ドラ「陸王」が終わり、それなりに?「陸王ロス」の淋しさを感じ . . . 本文を読む
コメント (19)

青春は忘れもの 過ぎてから気がつく

2017-12-29 16:16:25 | 人生の棚卸し
 阿久悠さんが旅立って早や10年が過ぎました。阿久さん作詞による歌は5千曲に上りますが、先夜『色あせぬ言葉そして歌を』と謳われた「阿久悠リスペクトコンサート」の模様がBS1で放送されました。画面を見、聴きながら、様々な思いが甦りました。  或るブログで餅つきの様子を紹介されていました。「器械でついた餅が30きれ」だそうですが、かつてご両親と玄関先で「せいろで蒸した餅米を臼と杵でついていた」由 . . . 本文を読む
コメント (11)

クリスマスに想う

2017-12-25 02:37:08 | 人生の棚卸し
 メリー・クリスマス つい先刻、わが家の前をサンタさんが鈴を鳴らしながら慌ただしくとおり過ぎました。イブの夜が更けて行きます。クリスチャンのみなさんは勿論、そうでない方々も それぞれそれなりの思いをもってイブの夜を過ごされたことと思います。                                Painted by QP.  イブまでの数日、郷里に帰り施設でしきりにホームシックを訴え . . . 本文を読む
コメント (14)