デブと某医の「ひょっこりポンポン山」

【腎がんのメモリー】術後4年半クリアー、【旅行記】トルコ、バルト三国、イタリア、【吾輩も猫である】、【閑話休題】

同行せず!(吾輩も猫である146)

2017-06-21 17:02:19 | 吾輩も猫である
  こころざしを果たして いつの日にか帰らむ 山は青きふるさと 水は清きふるさと  主人は「ふるさと」の3番の歌詞にいつも声を詰まらせる。青雲の志はそれなりにあったであろうに、果たせぬまま還暦を過ぎ やがて古希を迎える。父親の遺品に向かい 母親の繰り言に耳を傾け 旧き友を訪ね 海辺に遊び 山を眺め・・・半生を顧みては悔恨にくれる。  細君が何かと疲労困憊ゆえ今回は主人のみ帰省。お蔭で吾輩は主 . . . 本文を読む
コメント (6)

治るものを死なせないで!(腎がんのメモリー39)

2017-06-16 23:25:09 | 腎ガンのメモリー
 野際陽子さん逝く  野際陽子さん。往年の名優の晩年を描く「やすらぎの郷」(テレ朝系で放送中)でお元気な姿を見ていました。亡くなられたとはとても思えません。私の高校生の頃、TVドラマ「赤いダイヤ」で男を手玉にとる女狐役を魅力的に演じられたのが今も印象に残ります。「肺腺がん」の由。心よりご冥福をお祈りします。  勝俣範之医師・・・がん学界のビッグネーム  総合診療医「ドクターG(ジェネラル) . . . 本文を読む
コメント (12)

過去は変えられませんが・・・

2017-06-14 16:07:36 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 シマに「吾輩も猫である」を書くよう命じましたが、横を向かれました。妻が2週間、函館に介護帰省しているのが余程!淋しいようです。朝、この季節にしては肌寒く、シマはベランダの陽だまりに・・・。「何してる?」 と訊くと 「ガーデン・ウォッチング!」  「どの花が気に入った?」。「さぁ。丹精こめたのは誰ですかねぇ」。なんという生意気な言いぐさ。「毎日、水を遣ってるのは誰か、知らんのか?」。「知って . . . 本文を読む
コメント (10)

祈り(腎がんのメモリー38)

2017-06-07 14:32:11 | 腎ガンのメモリー
 今日(6/7)の朝日新聞に 「抗がん剤選択のポイント」 と題した特集記事。その焦点は 「高齢のがん患者の場合」 にありました。1年間にがんと診断された約90万人のうち7割が65歳以上、また4割は75歳以上であり、今後さらに増えると予想される由。  当然のことながら、自宅であれ病院であれケアする配偶者も高齢です。その子ども世代の多くは現役ですから、終日のキメ細かいケアは出来ません。そして高齢 . . . 本文を読む
コメント (12)

サバイバーズ・ギルト

2017-06-04 01:32:39 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 方々のブログで「紫陽花が咲いた」と。で、わが庭を探索すると(探索するほど広くないが・・・)確かに咲き始めていた。つい先日まで咲き誇っていたバラはみな枯れてしまっていた。まことに美人と花の命は果かない(最近は元気で長生きの美人も多いが・・・)  私は団塊の世代の真っ只中、戦争を知らない世代である。それでも数!が多いゆえ受験戦争は熾烈だった。苦学というほどではなかったが、いつも腹をすかし花より団 . . . 本文を読む
コメント (15)

六月・・・代書屋物語

2017-06-01 15:48:54 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 毎月UPしているQPカレンダー、水辺に咲く「つゆ草」(紫陽花にも見えます)が描かれています。6月は梅雨時なのに「水無月」・・・実は「無」は「の」に相当する連体助詞、すなわち「水の月」です。強くなる陽ざしと水に・・・花々はひときわ彩やかに咲き誇ります。        文章を書こうとすればPCに向かいワード打ち。そんな時代に、小川糸さんのベストセラー「ツバキ文具店」がTVドラマ化されました。鎌倉 . . . 本文を読む
コメント (6)

或るブログの再開 (かんわきゅうだい67)

2017-05-29 00:52:12 | かんわきゅうだい
 閉じられた或るブログが再開されたと知りお訪ねしました。すでに3月に再開されていて この月に19回も更新されています。その19回、ブログと旅を追いかけました。お名前は ここでは仮に「Sound Of Silence」にちなみ「サウンドさん」と呼ばせていただきます。         ※ 写真はすべてトルコ旅行(2013.5.28~6.6)にて・・・本文とは関係ありません。             . . . 本文を読む
コメント (2)

ブログをはじめて・・・

2017-05-26 12:21:32 | ごあいさつ
 ブログを始めて3年8月、短いとも長いとも言い難い年月です。様々な人々に出遭い触れあい驚き歓び時に哀しみ・・・まるで「月日は百代の過客(芭蕉)」のようです。  更新314回、閲覧数41万、訪問者15万。この世界では多い数ではありません。しかしその一つ一つ、お一人お一人が私には過分にして貴重・・・感謝にたえません。  ブログ村など「ランキング」サイトで、存在表示?がわりに「腎がん」カテゴリー . . . 本文を読む
コメント (24)

夏場所

2017-05-23 12:38:09 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
 kumaさん! 大相撲見てられますか?  大相撲夏場所もいよいよ終盤戦へ。昨夏、旅立たれた腎がん友の kumaさん はラグビーと大相撲が大好きで、琴奨菊が横綱に挑戦した頃は大いに盛り上っておられました。私も大相撲ファン、中でも幕下、十両、幕内下位の野心に満ちたお相撲さんが好きです。    幕下西50枚目巨東(おおあずま:上左)。マゲが結えなくならないかと心配ですが、まだ27才です。同じく . . . 本文を読む
コメント (8)

久留米豊(吾輩も猫である145)

2017-05-21 01:09:34 | 吾輩も猫である
 主人のブロ友のさるお方が吾輩について「貫録が出た」とコメント。むっ・・・。だからキャット・イヤーは厭なのだ。止むを得ん。PCのタイムマシン処理で2年若返った姿でUPさせていただく。まだ貫録がある!と? まっ、好きに思ってくださいましまし。  先夜、細君が急に具合が悪くなった。どっしりしているようで実は小心者の主人、慌てふためき「きゅ、救急車、呼ぶか?」。冷静な細君は「暫く様子を見て、酷くな . . . 本文を読む
コメント (21)

喪失

2017-05-19 23:19:59 | 新聞・TV・映画・舞台・書籍etc.
                   ボンボン山(678m 高槻市)より北摂連山を眺む  どこが芥川賞?   庄司薫「赤頭巾ちゃん気をつけて」が芥川賞を受賞したのは私の学生時代。早速!読んだ感想は「なに?これ!」「どこが芥川賞?」でした。賞のイメージにその前年の丸谷才一「年の残り」、更に数年前の柴田翔「されど我らが日々」のイメージがありました。  この人は大成しない・・・  書店に平積みされ . . . 本文を読む
コメント (2)

バラが咲いた(かんわきゅうだい66)

2017-05-18 17:36:59 | かんわきゅうだい
 バラが咲いたバラが咲いた真っ赤なバラが・・・和製フォークソング!として一世を風靡しましたが、これがフォークソング?の感を否めませんでした。なにがちがうの?って言われれば困ります。でも敢えて言わせて貰えば「そこにメッセージがない」って感じ。  バラを漢字で書けば「薔薇」。PCでは簡単に変換できますが、手書きでは容易ではありません。画数は各々16画、2文字で32画、クサカンムリを4画に数えれば1画 . . . 本文を読む
コメント (6)

むかし海のむこうから・・・(吾輩も猫である144)

2017-05-15 12:19:45 | 吾輩も猫である
   学生時代、主人が所属したサークルには地方出身者が多く夏休みには一斉に帰省した。その中の一人、沖縄出身の学生は、飛行機に乗るのが稀な時代にいつも飛行機を利用していた。その旅程と旅費ゆえかは兎も角、他の地方出身者ほどには帰省しなかった。  主人のゼミにも沖縄出身の学生がいた。前記サークルの仲間もそうだが、すぐ沖縄出身!とわかる姓だった由。いずれも「眼がキラキラ輝いていて綺麗!」が第一印象。 . . . 本文を読む
コメント (10)

幸福のスイッチ (かんわきゅうだい65)

2017-05-12 21:52:38 | かんわきゅうだい
『懇意にしているクリーニング店のシャッターが半ば閉まっていた。洗濯物を手に戸惑っていると奥さんが出てこられ、ご主人が入院されていたと・・・。出来上がりを取りに来るお客さんの為に半分だけシャッターを開けられた由。店は続けるとのことで、持ってきた洗濯物は “こちらでさせて下さい” と受けとって下さった』(或るブログより「要旨」)  銀座デパートの閉店  かつて私の住む町にオシャレなスーパー . . . 本文を読む
コメント (20)

死者の贈り物(腎がんのメモリー37)

2017-05-07 15:03:48 | 腎ガンのメモリー
「死ぬ」ということを「永眠」と…。生きている身体は眠ることを求めますから、死ぬことが眠ることであるなら 死ぬことは生きることでもあります。永眠とは「二度と目覚めない眠り」だとしても、哀しいことでも 淋しいことでも まして怖いことでもありますまい。                                 Painted by QP  つい一日前にブログを記されていた方のそのブロ . . . 本文を読む
コメント