毎日がHappy気分♪

映画大好き!山が大好き!ビーズもバラも好き!!
そんな私の日常を気ままに綴った日記です。

迎え盆

2020-08-13 04:45:33 | その他

 

毎年 お義母さんとしていたお盆の準備

そのお義母さんは 今年は帰ってくる側になってしまいました

名前を書いた提灯を持って

今日はパパと二男と三人でお墓にお迎えにいきます

お義父さんもお兄ちゃんも待っててね

いつもなら一緒に行くMちゃんとKちゃんは今年は来ません

ちょっと寂しいお盆になりそうです

 

お盆の行事の習慣は地域によって色々ですね

皆さんのブログを見せていただいていると とても興味深いです

今日は日本中を精霊たちが往来しそう

それぞれの家庭で懐かしい思い出話が語られることでしょう

有意義な時間になりますように

 

 

 

 

 

 

 

コメント

◆神様の思し召し◆

2020-08-12 04:32:09 | 映画でハッピー♪

 今日のシネマ 

2015年 イタリア

俳優の名前をクリックすると詳細が見れます

 

傲慢な医師が型破りな神父との交流を通して人生を見つめ直していく姿を描いたイタリア製コメディドラマ。

腕利きだが傲慢な心臓外科医トンマーゾは、医大に通う息子アンドレアに後を継がせようと期待していたが、

アンドレアが突然「神父になりたい」と言い出したことから大騒ぎに。

息子が誰かに洗脳されたと決めつけたトンマーゾは、アンドレアが慕う神父のもとへと向かうが……。

主人公トンマーゾ役を「赤いアモーレ」のマルコ・ジャリーニ、

神父役を「トランスポーター2」のアレッサンドロ・ガスマンがそれぞれ演じた。

2015年・第28回東京国際映画祭コンペティション部門に出品され、観客賞を受賞した。
                                (映画com)

 

これ、かなり好きでした

息子をなんとか医者にしたい父親(マルコ・ジャリーニ

嫌な奴なんだけど息子には甘い

その息子が神父になるなんて言い出したものだからさあ大変

息子を洗脳した神父(なんと前科者)アレッサンドロ・ガスマン)に身分を隠して近づいてあれやこれや・・・

気付いたらその一癖ある神父によってこのお父さんが変化していきます

 

人を変えるのは信仰でも神様でもなく、やはり ”人” なんですよね

もしタイトルにひっかけるのであれば、傲慢な父がカリスマ神父と出会ったことが

「神様の思し召し」なのかな、と・・

 

私は長男のことがあってから 「神様なんていない」 と思うようになりました

でも、切羽詰まったとき無意識に

「神様どうか・・・」と手を合わせている自分にハッとすることがあります

神様って何なんだろう・・・

 

あと最後に一つ言いたいのは

あるシーンの中で 健常者が障がい者のマネをする場面があります

本当は笑うとこなんでしょうが、私は笑えませんでした

そこだけが心にひっかかったところです

 

 

 

 

コメント

▲ポレポレスペシャル隊 金峰山

2020-08-11 04:51:26 | お山でハッピー♪

 

昨日の山の日

奥秩父へ行ってきました

雲海の上に浮かぶ霊峰富士

本当に美しかったです

下山時はほとんど隠れてしまったので

やはり山は早い行動が

 

 

 

ホシガラスがずっと私たちを追ってきました

なんて人なつこい

北アルプスでしか会ったことなかったですが

奥秩父の山にもいるんですね

 

日が昇る前に歩き出したので

歩き出しは長袖を着ていても寒いくらい

お日様に照らされた後も頂上は18度

山は本当に涼しい

下山と共に気温は上がり 家に着いたら37度!

天国と地獄でしたが、大満足の一日となりました

 

 

 

 

コメント (4)

避暑

2020-08-10 04:00:00 | お山でハッピー♪

 

8月10日 山の日

暑さから逃れ、涼を求めてちょっくら山へ

密を避けるため夜出発して登山口で少し仮眠の予定(記事を書いているのは9日)

初めての予約投稿 うまくいくかしら

記事がUPされる頃はもう登山口にいるはず

ササッと登ってササッと下りてきます

 

 

 

 

コメント (2)

薔薇だって暑い

2020-08-09 04:17:09 | 薔薇でハッピー♪

 

連日の猛暑でバラもお疲れでしょう

咲いてるバラをカットして家の中に入れました

 

 

 

ああ、涼しい~~

とは 言わなかったけど

心なしかそんな感じに見えました

 

この日のバラ

ダフネ、ハンスゲーネバイン、わかな、カスクドール、セラフィム、ディズニーランドローズ、クリーミーエデン

 

 

 

コメント (2)

◆ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ◆

2020-08-08 04:16:22 | 映画でハッピー♪

 今日のシネマ 

2016年 アメリカ

俳優の名前をクリックすると詳細が見れます

 

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で

アカデミー主演男優賞にノミネートされたマイケル・キートンが、

マクドナルドの創業者レイ・クロックを演じる、実話をもとにしたドラマ。

1954年、シェイクミキサーのセールスマン、レイ・クロックに8台もの注文が飛び込む。

注文先はマックとディックのマクドナルド兄弟が経営する

カリフォルニア州南部にあるバーガーショップ「マクドナルド」だった。

合理的なサービス、コスト削減、高品質という、

店のコンセプトに勝機を見出したクロックは兄弟を説得し、

「マクドナルド」のフランチャイズ化を展開する。

しかし、利益を追求するクロックと兄弟の関係は次第に悪化し、

クロックと兄弟は全面対決へと発展してしまう。

監督は「しあわせの隠れ場所」「ウォルト・ディズニーの約束」のジョン・リー・ハンコック。
                         (映画comより)

 

今や 知らない人はいないであろう、『マクドナルド』

ジャンクフードとはわかっていても 時々無性に食べたくなる時があるんですよねぇ。

そのマクドナルド誕生の実話を描いています。

実に興味深い。

マクドナルドって産みの親と育ての親が別物だったとは!

いろんな感情が交錯しました。

観客は多分、「そんなのひどい!」って言いながら

産みの親である田舎のマクドナルド兄弟を支持することでしょう。

私もそうでした。

店を愛し、従業員を愛し、お客様を愛していた彼ら。

美味しいハンバーガーをどこよりも安く早くお客様に提供したかっただけなのに

レイ・クロックに押し切られてフランチャイズ化したのが悪夢の始まり。

が、しかし・・・

もし、レイとの出会いが無ければ

マクドナルドが今のように世界に知れ渡ることはなかったでしょう。

事業というのは、非情にならなければ成功しないってこともあるのですよね。

えげつないレイを マイケル・キートンが まあ憎たらしいほど上手く演じています。

仕事だけじゃなく、奥さん(ローラ・ダーン)に対してもひどい仕打ち。

公私に渡って冷酷なレイと、本当のファウンダーであるマクドナルド兄弟とのストーリーを

是非ともマクドナルドハンバーガーを食べながら見て欲しい。

今までとは違う味に感じるかもしれませんよ・・・?

 

 

 

コメント (2)

▲山の記憶 8月編

2020-08-07 04:34:23 | お山でハッピー♪

 

山の記憶 8月編

 

2010年8月22日~24日

北アルプス薬師岳

健脚な人なら一泊で行くコースを ゆっくりのんびり二泊かけて歩きました

北薬師まで行きたいという息子について行けず

パパとママは途中で休憩してたっけ

 

 

2012年8月4日~5日

北アルプス 針ノ木岳&蓮華岳

日本三大雪渓の一つ、針ノ木大雪渓をゼーゼー言いながら登っているところ

実はここもパパとママは疲れて針ノ木のテッペンに立てず、息子一人で踏みました

翌朝は三人で蓮華岳の頂上へ

 

 

2013年8月17日

尾瀬の燧ケ岳へ

燧は登山口が遠くて敬遠していましたが、息子の強い希望で叶った山

 

 

2015年8月4日

富士山頂上からのご来光

2度目の富士山でしたが、私だけが軽い高山病になり頭痛に悩まされました

「一度も登らぬ馬鹿、二度登る馬鹿」

「富士山は眺める山で、登る山ではない」

色々言われている富士山ですが、私は見るのも登るのも大好きです

体力があれば、何度でも登りたい

 

 

2018年8月11日

2回目の至仏山(尾瀬)は お天気がコロコロ変わり

晴れたのは下山の途中でした

 

 

先日、ヤマケイの編集長と山小屋のご主人数名によるオンライントークライブを見ました

たくさんの山小屋がコロナの影響を受けていますが

それぞれの小屋が登山者を受け入れるために工夫や努力をしてくれています

行く側も気を引き締めて向かわなければ、と改めて思いました

でも、もう少し落ち着くまでは日帰り登山かな・・・

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

『秋の牢獄』

2020-08-06 04:16:14 | 本でハッピー♪

 

恒川光太郎 著

 

また恒川さんの小説

すっかりはまってます

タイトルになっている『秋の牢獄』の他に

『神家没落』『幻は夜に成長する』が加わった全三編

 

11月7日の水曜日 をずっと繰り返している大学生、藍の話(秋の牢獄)

他の二編もそれぞれ主人公が異世界へ入り込んで抜けられなくなる話

つまり 三編とも ある意味 ”牢獄” つながりで

今回も恒川ワールドを堪能しましたが

私はどちらかというと、前に読んだ『夜市』の方が好きかも

 

夏の夜、恒川さんの本はお薦めです

ゾクッとします(でも怖くはない)

 

 

 

コメント (2)

ホッと一息

2020-08-05 04:18:44 | 食べてハッピー♪

 

朝のルーティン(洗濯、お弁当作り、ディクテーション、掃除)を終えると

ホッと一息

私はコーヒーがあまり得意じゃないので

この日は和菓子と冷茶で和みの時間

 

 

コメント (2)

◆エクス・マキナ◆

2020-08-04 04:54:57 | 映画でハッピー♪

 今日のシネマ 

2015年 イギリス

俳優の名前をクリックすると詳細が見れます

 

「28日後...」「わたしを離さないで」の脚本家として知られるアレックス・ガーランドが

映画初監督を務め、美しい女性の姿をもった人工知能とプログラマーの心理戦を描いたSFスリラー。

第88回アカデミー賞で脚本賞と視覚効果賞にノミネートされ、視覚効果賞を受賞した。

世界最大手の検索エンジンで知られるブルーブック社でプログラマーとして働くケイレブは、

滅多に人前に姿を現さない社長のネイサンが所有する山間の別荘に滞在するチャンスを得る。

しかし、人里離れた別荘を訪ねてみると、そこで待っていたのは女性型ロボットのエヴァだった。

ケイレブはそこで、エヴァに搭載されるという人工知能の不可思議な実験に協力することになるが……。
                             (映画comより)

 

AIを侮ってはいけません。

一言で表わすと、美しくて恐ろしい映画でした。

『her 世界でひとつの彼女』 を 思い出しましたが

こっちの方ずっと怖い。

 

2045年問題(人工知能が人類を越えるという予測)を

映像で観た気がしてゾクゾクしました。

世の中の男性たち、気を付けてくださいませ。

街ですれ違った綺麗なお姉さん、人間じゃないかもよ~

 

エヴァは アリシア・ビカンダ― 、ケイレブは ドーナル・グリーソン

社長のネイサン役の オスカー・アイザック、どっかで観たことあるよなぁ、と思ってたら

なんと!『スターウォーズ、フォースの覚醒』 の ポーだった!

 

舞台になっている社長の別荘がなんとも素敵。

ここ、実在するノルウェーのホテルなんですって。

 

 

行ってみたーい!!

 

 

 

コメント (2)