毎日がHappy気分♪

映画大好き!山が大好き!ビーズもバラも好き!!
そんな私の日常を気ままに綴った日記です。

◆幼な子われらに生まれ◆

2021-03-02 04:20:09 | 映画でハッピー♪

 今日のシネマ 

2017年 日本

 

直木賞作家・重松清の同名小説を浅野忠信、田中麗奈主演で映画化したヒューマンドラマ。

中年サラリーマンの信と妻の奈苗はバツイチ同士で再婚し、

奈苗の連れ子である2人の娘とともに幸せに暮らしていた。

奈苗の妊娠が発覚し、長女が「本当のパパ」に会いたいと言いはじめる。

前の父親である沢田とはDVが原因で離婚していたため、

信と奈苗は長女が沢田と会うことに反対するが、

長女は父親としての信の存在自体を辛辣な言葉で否定する。

そんな長女を前妻との間に生まれた実の娘とつい比べてしまい、

現在の家庭を維持することに疲弊した信は、

新たに生まれる命の存在すらも否定したくなる心境になっていく。

信役、奈苗役を浅野と田中が、奈苗の前夫役を宮藤官九郎、信の前妻役を寺島しのぶがそれぞれ演じる。

監督は「幸せのパン」「繕い裁つ人」の三島有紀子。

1996年の小説発表時から重松と映画化の約束を交わしていたという、荒井晴彦が脚本を担当した。
                            (映画comより)

 

原作は読んでいません

現実味があり過ぎて見入ってしまいました

多感な少女の気持ちがわからなくもないし

仕事の疲れに家庭の問題が上乗せされて

父親(浅野忠信)のストレスが痛いほどわかって・・・

こういう ”つぎはぎ” だらけの家族って決して珍しいことじゃない

それを4人の俳優とそれぞれの子ども達が好演しています

 

 

浅野忠信 の現在の妻が 田中麗奈 、元妻が 寺島しのぶ

クドカンは田中麗奈の元夫

クドカンのクズっぷりが抜きん出ていました

娘が本当のお父さんに会いたいといい、浅野パパがお膳立てするわけですよ

それに対して金をくれたら会ってやってもいいって・・・

自分の娘ですよ!!

結局お金をもらって会うわけだけど

そこで待ってたクズ夫は ちょっとヨレたスーツを着て

プレゼントまで用意して、その変わりように 最初 ん?って

違和感があったのだけど、あ、でも、何年も会ってない娘と会うって

どんなにクズでもそういうもんなのかもな、って

その辺のクドカンの演技もね、なんともいいんですよ

クドカンファンとしては もう満点でしたね

 

洋画ばっかり見てると、日本人の こう なんていうか

声に出さない感情の表現とか

発する言葉の裏側にある思いとか、

イライラしながらも

そういうものにえらく心動かされたりするんですよね

基本的に私は洋画が好きなのですけれど

そこに邦画を混ぜることによって 両方の良さを感じられて

いいわぁ~~~

 

 

 

 

コメント

新感覚

2021-03-01 04:36:15 | とにかくハッピー♪

 

米麹の甘酒も酒麹の甘酒も大好きですが

実家では酒麹の甘酒が主流だったので、

私は大人になるまで甘酒というと酒麹(酒粕)のことだと思っていました

ここ数年のブームは米麹の方ですね(なんかややこしくてごめんなさい)

 

さて、表題「新感覚」のお話

数年前にお料理やさんで女将さんが 

「よかったら甘酒飲みますか?」 と声をかけてくださった

メニューにはないのですが

じゃあ、いただきます、と一口のんだら

え???

これって・・・甘酒ですか?普通の甘酒?

 

なんと、生クリームと牛乳が入ってるそうで

もう、それ以降、我が家のお気に入りになり

家で甘酒を作る時は 必ずそれらを入れています

好みはあるでしょうが、私は大好きです

ちなみに 米麹の甘酒ではやったことがないのでわかりません

 

今日から3月

春は一年で一番好きな季節です

お花が次々に咲いて 気持ちが上がります

大きく伸びをして さあ、今週も頑張るぞー!

 

 

 

 

コメント (16)

『表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬』

2021-02-28 05:49:41 | 本でハッピー♪

若林正恭 著

 

お笑いコンビ、オードリーの若林くんが書いた本です

読書家としても有名ですが

日頃からボキャブラリーの豊富さと、垣間見える博識を感じていました

彼の本を読むのは初めてですが、

やっぱりねー 間違いないわ、と

彼の文章にどんどん惹かれていきました

 

私は旅行記とかを読むのが好きです

行ったことない場所に連れてってもらったり

むかーし訪れた所に再訪できたり・・

 

これは若林くんの

「キューバ」「モンゴル」「アイスランド」へ

一人旅した紀行エッセイです

チョイスされた国がもう既に、いい!

そして、どこどこのレストランがいいとか

名所旧跡をダラダラ紹介するのではなく、

例えば

社会主義というシステムの中にいる人々の暮らしを見たかった

それは東京をもっと知るために対極であるキューバがよかった

とか、

モンゴルの定住しない家族とはどんななのか知るために

とか、

彼のストレス解消が「花火」で、

新年のカウントダウンで街中に無数の花火が上がるアイスランドで

それを体感してみたかった、とか・・

 

そして、彼のお父さんとの関係にも

とても心に響くものがありましたし、

本の「あとがき」に こんなに感動したのも初めてかもしれません

 

”ぼくはきっと命を『延ばしている』人間の目をしていて、

ゲバラやカストロは 命を『使っている』目をしていた” (キューバの章より)

 

いいなあ 若林くん

 

 

 

コメント (2)

◆ナイト・オン・ザ・プラネット◆

2021-02-27 04:17:57 | 映画でハッピー♪

 今日のシネマ 

1991年 アメリカ

俳優の名前をクリックすると詳細が見れます

 

ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキの5つの都市で

同時刻に走るタクシーで起きる物語をオムニバスで描くジャームッシュ監督作品。

大物エージェントを乗せる若い運転手、英語の通じない運転手、

盲目の女性客と口論する運転手、神父相手に話し出したら止まらない運転手、

酔っ払い客に翻弄される運転手の挿話に豪華キャストが集結、日本で大ヒットした。
                            (映画comより)

 

ここのところ チョイチョイ観ているジャームッシュさんの作品

先月観た『ダウン・バイ・ロー』は その前に観た『ストレンジャー・ザン・パラダイス』

より 好きと書きましたが

それよりもっと今回の方が好きでした

好き、というか・・・わかりやすいって言った方がいいでしょうかね

難しい内容は私の脳が受け付けないもので・・

 

青字のイントロダクション読むと ”日本で大ヒットした”

と書いてありますが、私ったら全然知りませんでした

今から30年前になりますね

その頃は映画とかあまり観てなったのかなぁ

 

ストーリーは の通りですが

ウィノナ・ライダー が ロサンゼルスの章に出てくるのですが

まあ、可愛かったです

ピチピチしてますね~ 若いって素晴らしい

そして、ローマの章では

やっぱり出ました ロベルト・ベニーニ

喋り倒してましたよ

すごい人ですね~

 

 

 

 

 

 

コメント

束の間のお客様

2021-02-26 04:51:49 | 食べてハッピー♪

 

先日、お義母さんのお兄さんのお嫁さんの娘さん(簡単に言うとパパさんの従妹)から

「母がHさん(お義母さんのこと)の一周忌を気にしているので

本人が行けないから私が代わりにお線香をあげさせてもらいたいんですけど」

と連絡がありました

それからすぐにレアチーズケーキを作り(オーブン使わないから早くできる)

お待ちしていたら、結局お線香をあげてすぐに帰ってしまいました

何度もお茶の一杯だけでも、と言ったのだけど

「いやいや、こういう時なんで、本当はよそ様のおうちにお邪魔するのもダメなのに

母がうるさくて仕方ないんで・・・ごめんなさいね」

 

結局、慌てて作ったケーキを自分で食べることに・・・

でも、義母のことを気にしていただいただけで嬉しいです

お義母さんもきっと喜んでいることでしょう

来てくれた彼女のお母上は今、91歳で東京で一人で暮らしています

すごいことです

週に2回ほど、ヘルパーさんが来てお買い物などをしてくれているそうですが

後の身の回りのことは全て自分でやっているわけで・・

お礼の電話をしたら、しっかりと対応なさって(耳も遠くない)

それもすごいな、と思いました

 

あ、そうそう

我が家にある 暴れん坊の胡蝶蘭を昨年くださったのもこの方です(暴れんぼうにしたのは私です・・)

相変わらずの暴れっぷりですがほぼお花が咲きそろって

これはこれで私は好き

 

 

あんな風に元気で長生きできるにはどうしたらいいのでしょうかね

それまでの日々の過ごし方に関係しているんだろうなぁ

まだ間に合うかしら

ちょっと気持ちが引き締まった出来事でした

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (10)

pink!

2021-02-25 04:28:47 | お花でハッピー♪

 

ホームセンターのお花売場で ガーベラ1本50円! 

これは素通りできません

トルコキキョウもユーカリもどちらも束で100円台だったので

つい買っちゃいました

 

アレンジでも何でもなく

ただ花瓶に入れただけですが 華やか~~

ピンク・ピンク・ピンク!

 

 

コメント (10)

◆はじめてのおもてなし◆

2021-02-24 04:30:40 | 映画でハッピー♪

 今日のシネマ 

2016年 ドイツ

◆俳優の名前をクリックすると詳細が見れます◆

 

難民の青年を家に受け入れたことをきっかけに

変化していく家族の絆を描いたドイツ発のコメディドラマ。

ミュンヘンの閑静な住宅街に暮らすハートマン夫妻。

現在は教師を定年退職し、暇を持て余す妻のアンゲリカ、

大病院の医長を務める夫のリヒャルトの2人暮らしだ。

ある日曜日、子どもたちが顔を見せ、

久しぶりに家族全員が集まったディナーの席でアンゲリカが

「難民を1人受け入れる」と唐突に宣言。

夫や子どもたちが猛反対する中、アンゲリカに押し切られる形で

ハートマン家にナイジェリアから来た亡命申請中の青年ディアロが住むことになる。

そのことによりストレスが急上昇したリヒャルトは部下にあたりちらし、

職場で孤立。一方のアンゲリカは、ディアロにドイツ語を教え、

庭仕事を指導するなど、かつての輝きを取り戻していく。

そんな中、歓迎パーティでディアロをもてなすはずが、

アンゲリカの友達のせいで警察沙汰の大騒動へと発展してしまう。

 

とても面白かったです

夫婦仲は冷め お互いが無関心、長男はバツイチでちょっと情緒不安定

30歳になる長女はまだ自分の生きる道が見つからないで大学に通っている

そんなちょっと問題ありのハートマン家に難民のディアロが住み始めたことで

色々騒動が起きながらも 最後はお決まりの家族が一つにまとまる話

王道ではありますが、そこに移民問題を合わせたってのがドイツらしい

 

ドイツをはじめ、ヨーロッパでは色々物議をかもしている難民受け入れ問題

日本にいるとこういう事に疎くなってしまっているので

映画を通して実態を知ることができるのは貴重だと思います

 

俳優さんたちを紹介しておきますと

センタ・バーガー 、ハイナー・ラウターバッハ

フロリアン・ダービト・フィッツ 、ほか

ドイツの俳優さんは よくわかりません・・・

 

多少のドタバタ感はありますが、全然許容範囲内でございました

私にはやっぱりこういうわかりやすい映画が合ってます

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

▲ポレポレ隊が行く! 雪頭ヶ岳&鬼ヶ岳

2021-02-23 05:08:24 | お山でハッピー♪

 

昨日は休日に挟まれた月曜日でしたが、パパさんと息子がお休みだったので

じゃあ、富士山が見える山に登ろう! 

ということで、御坂山塊の雪頭ヶ岳と鬼ヶ岳に向かいました

高速から「あら、いらっしゃい!」 と 顔を出した富士山に

テンションが上がりまくる ジュリアおばちゃん、

パパさんと息子に「うるさい」と言われて・・・ショボン

 

途中のトレイルは省略して

 

 

はい、頂上!どうです? この眺め!

 

 

 

西湖の湖面がキラキラして とってもきれいでした

 

 

 

パノラマ撮影してみました(斜めっちゃってる)

大きくてごめんなさい・・・

左側に河口湖も見えてます

 

さて、本当はここから鬼ヶ岳にも行く予定だったのですが

パパさんと私はもうこの景色で充分満足してしまったので面倒になってパス

息子一人で行きました

その間に山ごはんの準備しておくね~

写真お願いね~

 

 

 

 

富士山の展望だけを考えると 絶対に雪頭ヶ岳の方がGood!

でも、鬼ヶ岳からは南アルプス(上:白峰三山 下:悪沢岳、赤石岳)や

 

 

 

八ツや甲府盆地も見えるのです(息子撮影)

 

 

 

さて、30分ほどで息子が帰ってきた時にはしっかりごはんの準備ができていました

この日はセブンのおにぎりと具沢山豚汁です

山の上ではやっぱり温かいものがいい

 

1時間ほど頂上で休み、下山後は今度は冷たいソフトクリームなのですよねぇ

 

 

 

道の駅なるさわにて 富士山と一緒に

ここには温泉もありますが、今回はこういう時期ですのでやめました

 

 

昨日も春の陽気でしたが、朝、西湖畔の駐車場の気温は0度でした

それでも少し歩くと汗ばんできて上着なしで歩けました

これからは春霞がかかって景色がボンヤリしそうですが

やっぱり富士山には元気をいっぱいもらえます

鈍った身体にもちょうどいい運動になりました

 

また、この周辺には縦走できるお山が盛りだくさん!

雪頭ヶ岳~鬼ヶ岳~王岳 とか

頂上で毛無山から縦走してきた、というワンちゃん連れの親子にも会いました

なんという健脚!

色々楽しめる山域ですので、レベルに合わせて富士山に会いにいかがでしょう

 

最後までご覧いただきありがとうございました

 

 

 

 

コメント (23)

年忌法要

2021-02-22 04:01:36 | その他

 

昨日はお義父さんの十三回忌とお義母さんの一周忌の法要を執り行いました

コロナ禍なので、東京の高齢の親戚方にはご遠慮いただき

我が家と義弟家族の計7名だけで行いました

 

一周忌は ”小祥忌” と言い、一年間、仏様の元で修行を頑張った事を労うとともに

残された者が 亡き人を偲びながら無事に一年過ごしたことを報告する

また、十三回忌は ”称名忌”と言い、12年の一回りを無事に終えたことを喜び、

三方の徳に感謝する など

いつもご住職のお話が心に響きます

来年はお兄ちゃんの番だなぁと思いながらちょっと胸がチクチクしました

 

 

 

お嫁ちゃんのMちゃんからお花も届きました

とても立派なお花でした

いつも彼女の心遣いに頭が下がる思いです

 

ご住職の言葉で印象深かったのは

「いつも故人を想ってあげること」

「お仏壇や墓前で他愛ないことでもいいから話しかけてあげること」

それが一番の供養・・というお話でした

 

私、やってるな

だからきっと守ってくれてるんだな

 

 

 

コメント (8)

芽吹き

2021-02-21 04:33:46 | 薔薇でハッピー♪

昨日はポカポカ陽気に誘われて

今月初旬にやったバラの剪定の見回りをしました

発芽を予想して剪定したにも関わらず

出なかった箇所の枝を再び切り戻したりとかしながら

一鉢ずつ芽の状態をチェック

 

ほとんどはこれくらいの状態ですが 

 

 

中にはちょっとせっかちな子もいて(パシュミナ)

慌てなくていいからね~ なんて声掛けながらチェックしました

 

これから 日一日と成長していくのが楽しみです

 

 

 

 

 

コメント (10)