本日開花なり

  ~こんな花が咲いたよ

我が家のチューリップ、クルシアナ・レディジェーン

2019-04-24 | 球根草花
我が家の庭にも、レディジェーンの季節がやってきました~


  
これまでも毎年のようにレディジェーンの魅力は書き連ねてきましたが、更に復唱(笑)



輝く白さと優しい赤、チャームポイントの黄色、それに加えてのしべの色の組み合わせが絶妙ではありませんか!


植えっぱなしでも条件が整えば増える、増える、、、


光を求めて倒れ込む華奢な姿が愛くるしい。



無邪気な花びらはまるで光の申し子のようです。



夕方になると、日中の賑やかな姿は鳴りを潜めて明日に向けてひっそり閉じる、その姿も整然として気持ちいいですね。



そして、開いて閉じてを幾度か繰り返し、この季節を終えていきます。

ヒヤシンスと球根草花

2019-04-21 | 球根草花
4月中旬になってようやく穏やかな日々が戻ってきました。
と言うのも、3月上旬にもう春到来かという陽気が続いたため早々と雪囲いを外してしまったのですが、その後はずっと冷え込んでいて4月に入ってからも数回雪が舞う始末で、庭仕事も手付かずでした。
そんな寒の戻りを意に介せず植物たちは何かにせかされているかのようにどんどん咲き進んでいます。
置いてけぼりをくらった庭主は桜の花びらが舞い散る中、枯れ葉の片付け、割れた鉢の整理、鉢の定位置への配置、雑草抜き、施肥など数日間せっせと頑張りました^^

10数年ぶりに球根を植え込んだヒヤシンス。


優しい香りが漂う中の庭仕事は充実感で満たされます。



クロッカスやチオノドクサ、ムスカリ、シラー・シベリカは窓越しに眺めて終わってしまいましたが、球根草花のリレーは大盛況中です^^

アイスバーグの足元に植えているプシュキニア・スキロイデス・リバノティカ。

年々増え続けています~

そして、この場所のクルシアナ・レディージェーンもかなり増えました~


気温の上昇とともに咲き進み方が半端ないのでウカウカしていられませんね(;゚д゚)

リコリス・スプレンゲリー

2018-08-29 | 球根草花
リコリスの花が数日前から咲いています。
今年は2本花茎が上がってきました。

品種名すら覚えていなくて、購入した植物のラベルのファイルを最近のところから開いて調べてみてもなかなか見つからなくって・・・
それもそのはず、2004年、何と14年も前に球根を植えていました。
そんなに長い付き合いなのに写真も今まで撮ったことがなかったなぁ~でも待てよ、まさかブログにとりあげていないよね、と思いながら自分のブログを検索してみたら2007年9月の記事にしていました。

花色が何とも神秘的ですよね。



猛暑、水不足、虫の被害、雑草と残暑の庭は痛々しくて、そしてようやく涼しくなってきたかと思ったら今度は雨続き。
なかなか思うように庭仕事もはかどらず、撮る材料もないなぁと思っていた今日この頃、



自分流を貫いて凛と咲くリコリス・スプレンゲリーに活を入れられました(汗)


ハナニラ(イフェイオン)

2017-05-08 | 球根草花
もう十数年この日陰の場所に植えっぱなしのハナニラことイフェイオン。



その年によって花数が多かったり少なかったりと言うことはありますが、絶えることなく現在に至ります。



日当たりの悪い場所ですが、晴天の日には西日がお隣さんの壁にあたって、それが反射してちょうどこのハナニラに届くことがあります。



そんな一瞬に出会えると、ひっそり咲く花と喜びを分かち合えたようでホンワカ暖かい気分になります^^

八重咲アネモネ ブルー&ホワイト

2017-05-04 | 球根草花
長年にわたっては咲いてくれないアネモネ。
それでも大好きなアネモネ。
なので、球根はこれまでにもう何回も植え込んでいます。



今回のは八重咲。
白いほうが低めに咲いてます。



風にそよそよ揺らめく姿が儚げで、、、



そして、この花色、、、
ただただ素敵、、、です。

ムスカリ・タッチオブスノー

2017-05-04 | 球根草花
ムスカリ・バレリーフィニスを植えっぱなしにしている鉢が年々寂しくなってきていたので、とても気に入っていたこの水色のムスカリを追加しようと思ったのですが、昨秋思い立ったのが遅くて既に売り切れ状態でした~
代わりタッチオブスノーを植え込みました。


4月17日撮影

水色のが12年目のバレリーフィニスで、頭部分白いのがタッチオブスノー。


4月25日撮影


昨日花を切り取り、表舞台からバックヤードに移動しました。
また来年お会いしましょう~(笑)

その名はクルシアナ・レディージェーン

2016-04-24 | 球根草花
我が家のチューリップ、クルシアナ・レディージェーンの舞いの季節がまたやってきました。

クルシアナ・レディージェーンのお勧めどころは満載です~(笑)



植えっぱなしで毎年咲いて、更に増えたりします~



小さい球根はちょっとした隙間にも植えることが出来るし、、、
開花後の葉も細長いから、目障りな存在にならないのです!!!




蕾から開花そしてまた蕾んでいく、1日のうちでもその表情の変化が愉しめる~♪



倒れ込んだ姿さえ愛おしい~(笑)これは、ひいき目?



可憐でありながら、光を受けて反射するその輝きを放つ力強い美しさ。
実はこの写真のレディジェーンの足下にはエリゲロンとポリゴナムが植えてあって、昨年の夏から初冬にかけて地表はそれらにすっかり覆われていました。



一年のほとんどを地中で過ごし、たった1週間ほどの立ち姿で庭主を魅了してやまないチューリップに、敬意を表します。

過去の記事
2015.04.22
2013.05.06
2012.05.04
2012.04.30
2011.05.09
2010.05.09
2010.04.29
2009.05.01

咲き誇るクルシアナ・レディジェーン

2015-04-22 | 球根草花
大好きなチューリップが今年もまた咲き始めています。


カーポート脇の細長い花壇にはあまり日が当たらず、光を求めて倒れ込むようにして咲いています。
その姿がまた健気です。



6カ所に植えていますが、どれも植えっぱなし球根からの開花。



5年前と比べてたくさん増えたこと!
 


清々しく咲いています。

反対側からも~
こちら↓は9時前の写真。



そしてお昼近くの写真↓



少し日当たりの悪い場所では楚々と咲いてます。



時間、場所、天気で表情が目まぐるしく変わって、魅力満載のチューリップ♪

チオノドクサ・ピンクジャイアントと小球根草花

2015-04-03 | 球根草花
一昨年秋、大きく育ちすぎて剪定等の管理が大変になってきたコニファー、ブルーヘブンを1本除去しました。
それに伴い、日当たりの悪かったその周辺の環境が変わったために、日陰に強いアマドコロをかなり抜いてバラ・ボニカ'82を植え、足下の植物も一変させました。
そのうちの一つとして、チオノドクサの球根を昨年初冬に植え込んでおきました。



10月11月とバタバタしていて思いついてホームセンターに買いに行ったら、もう球根はほとんど売れていて、選択肢が絞られていた中でのセレクトでした。
品種を確かめる余裕もなかったのですが、今ラベルを見たらジャイアントと付いていて、、、
今まで育てていたものと印象がずいぶん違ってずっしりした感じがするわけです。



ブルーのチオノドクサは昨年よりは花数が少ない印象です(写真撮ってないので曖昧な記憶ですが、、、)

クロッカスはあっという間に終わり、シラー・シベリカとプシュキニア・スキロイデス・リバノティカも咲き始めています。



大好きなプシュキニアはまだ蕾が多かったのですが、天気予報で雨マークが続いていたので昨日のうちに写真におさめておきました。



今日は庭に出る余裕がなかったので確認できていないのですが、激しく雨が降っていたのできっと倒れ込んでしまっているかもしれません。



とっても素敵な花色で長く鑑賞していたいのに、花茎が華奢な割に花数が多いので、雨が降るとすぐに見頃を過ぎてしまうところが残念です。

クロッカス

2015-03-28 | 球根草花
今年は春の訪れが早いですが、作業は追いつかずでようやく一昨日雪囲いをはずし今日は軒下や室内で冬期間待機していた鉢を定位置に戻しました。
地肌がいっぱい見える庭での作業中に気持ちを和ませてくれるのがクロッカス。



結局、今残っているのは4品種。
レディキラーやアドバンスといった小さいのは残っていません。



花数はその年によってそれぞれ増えたり減ったり。



そんな中、年月をかけてひしめき合うように咲いてくれた姿を見ると、とっても豊かな気持ちになりますね。