本日開花なり

  ~こんな花が咲いたよ

バフ・ビューティとポンポネッラ~2019バラ一番花

2019-06-25 | 花木・庭木
今年のバラの開花は結構足並みが揃っていたけれど、その中でバフ・ビューティは最も早咲きのうちのひとつでした。


6月5日撮影


毎年フェンスの上の方まで枝が伸びて花柄摘みは脚立を用いて結構大変な作業となるので、今回は低い位置に誘引してみました。



かなり花柄摘みは楽になりましたが、もっと低めでも良いかもしれません。



主張し過ぎない花色と優しい香りが上品さを醸し出していて、魅力あふれるバラですね。


そして、遅咲きのポンポネッラ。



昨年のポンポネッラはかなり枝をすきましたが、今回はやはりもったいなさが出てしまってあまり切れなくて混み合いすぎたようです。



写真を撮ったのが14日だったのですが、16日と17日の激しい暴風雨で花びらが道路に散乱し、ハラハラしながら雨の止むのを待っていました。



天気予報で把握していたのだから、いくら花持ちの良いポンポネッラと言えども、早めに終わりかけの花柄を摘み取っておくべきでした。



18日に道路の掃除と咲きそろった枝を半分ほど落として、まだ花も散らないし蕾も開ききっていないものもあったけれど、明後日から雨続きの予報が出ていたので、今日残りを剪定して(ボニカ’82も)一番花はグリーンアイスを残して終りとなりました。

早くに切り戻したバラの蕾が膨らんできていて、二番花の開花が待たれます。

フランス・メイアン社のバラ~2019一番花

2019-06-22 | 花木・庭木
「レオナルド・ダ・ビンチ」
鉢植えで育てていましたが、年々元気がなくなってきているように感じていたので、マサキの生け垣を撤去したあとに昨年晩秋地植えしました。
今後伸び伸び育っていってくれることを期待しています。








「ギィ・ドゥ・モーパッサン」
ご近所さんの引越しに伴い譲り受けた時は、とっても花付きよく立派な株だったのに、ここ数年は花数も少なくなってしまって申し訳なく思っています。
何とか復活させたい!




「マチルダ」
今年のマチルダは、調子の悪かった枝を早い時期に切り戻した為一斉に咲かず、時間差で蕾が上がってきていて今日現在もまだ咲いており、咲き始めから1ヶ月近くになります。

>
5月27日撮影



6月14日撮影



「ボニカ’82」
抜群の花付き!






以上6月5日撮影



6月14日撮影


ほぼ終わった枝を一部切り戻しましたが、今日現在もまだ咲き続けています。

イントゥリーグとあおい~2019バラ一番花

2019-06-21 | 花木・庭木
ワインレッドと呼べるような深い赤紫のイントゥリーグ。
今年も魅惑的な花色がひときわ目を引きました。



でも、ぐんと気温が上がったせいでしょうか、花持ちがよく花期が長いはずのイントゥリーグに異変が、、、
上の写真のわずか4日後の5月25日には早くも色褪せたり開花間もないものでも花びらのふちが焦げたようになってしまいました。



香りも強いはずなのに今年の一番花のイントゥリーグはあまり香りませんでした(;Д;)

咲き始めの5月21日に撮った時が一番美しい状態でした。



大きくて濃い緑の葉、大輪の花、まっすぐ伸びる丈夫な太い枝。
私見ですが、フロリバンダローズのイメージからかけ離れています。
アメリカで作出されたバラとのことですが、バラって作出のお国柄が姿形にあらわれていて面白いと思います。



黒星にはもっぱら弱く、一番花で黒星が出るのは我が家では稀なもののひとつです。




同じくフロリバンダローズのあおい。



ブーケのような房咲き。



あまりの花付きの良さに細い枝がしなるあおい。



通り道の軒下でぶつかってしまうので、支柱をして麻ひもで囲っていて伸び伸びさせてあげられないのは申し訳ないところです。
病害虫にも強く、花付きの良さは秋まで続きます。 

イングリッシュローズ、エブリンとヘリテージ~2019一番花

2019-06-19 | 花木・庭木
5月下旬から6月中旬にかけて咲いたバラの一番花の写真をまとめていきたいと思います。


まずは、イングリッシュローズから~



大輪で迫力があるけれど、それでいて無骨ではないエレガントな雰囲気を持ち合わせている、花持ちもよく香りも素敵なロゼット咲きのエブリン。



あらためて書き連ねてみると、なんとも良いこと尽くめのバラですね~♪



昨年の初冬に、例年よりも深目に剪定して誘引を簡単に行いました。



蕾も見惚れてしまいますね~♪



あっ、問題点ひとつ!
これだけの大輪の花で鉢植え栽培だと天気のいい日の水切れは早く、うっかりしているとせっかくの美しい花びらがシナシナ状態になってしまいます。


そして、ヘリテージ。



透明感のある優しい姿形、上品な香り~



(と、ここまで書いたところで昨晩激しい揺れに見舞われました。この辺り震度6弱、我が家の被害は水槽の水が溢れてリビングが水浸しの他は、小物がいくつか散乱したこと小さな家具がちょっとずれたこと、そして室外では鉢が2個割れました。駅前の液状化現象の被害やガス漏れ停電などもあったようですが、我が家の周辺はライフライン等の被害はありませんでした。夜中はヘリコプターの騒音と時折の消防車のサイレンで喧騒としていました。)



このヘリテージ、昨年から悩んでいます。
無くするか、、、
花持ちがとても良くない。
散り際の潔さを称賛するという境地には全然到達できない包容力のない庭主。
ほとほと了見が狭いのです。



花付きがもっと良ければ花持ちの悪さも克服できると思うけれど、こんな状態。
それに数年前から毎年蜂が巣を作ってその駆除に心痛む。



昨年イングリッシュローズ、ブレダンを思い切って処分しました。
ローメンテナンス化を考えて鉢物を絞り込んでいるところのひとつの決断でした。
花持ちがヘリテージほどではないけれどあまり良くなくて、細い花びらをかがんで拾い集めることの腰への負担、うどんこ病の被害が大きかったことなどを考えて。



ヘリテージも今年の一番花が終わったら、、、と思っていたのですが、この儚さを秘めた美しいバラに別れを告げる決心がどうしてもつきません。



トゲも少なく病害虫にも強く、、、、
あぁ、花持ちの悪さを天秤にかけてまだまだ悩む(-。-;)

6月上旬、バラの季節に咲く黄金シモツケ・レインボー

2019-06-05 | 花木・庭木
バラも6月に入り中盤を迎えて、早咲きのものは徐々に終りを告げ遅咲きのものがチラホラ咲き始めています。



そんな中でバラ以外の植物も競うように咲きそろってきています。




芽吹きの頃からその葉色を愉しませてくれている黄金シモツケ・レインボーも愛らしいピンクの花を咲かせています。



朝日を浴びてまさしく黄金色に輝いている葉っぱは「美しい!」のひとことです。



シモツケは2箇所に植えています。



毎年開花の頃アブラムシに悩まされて薬剤散布していましたが、今年はまだ大丈夫のようです。
背後に植えていた株立のヤマボウシをこの春切り取り、日当たりと風通しが良くなったせいかもしれません。


麗しのバラ、ニューウェーブ~2019

2019-05-31 | 花木・庭木
今年最初に咲いたバラはニューウェーブでした。


(5月14日)


5月中旬に気温がいっきに上がってバラは一斉に咲き出し、あっという間に開花を終えてしまうのではないかと憂慮していましたが、その後は暑さも落ち着きバラたちもゆったりと咲き誇っています(*^-^)


(5月21日)


薄いピンクと薄い紫を混ぜたような優しい色合い。
石鹸のような柔らかな香り。


(5月21日)



(5月25日午前)


波打つ花びらは個々で違っていてどれも甲乙付けがたい優雅な姿です。






(5月25日夕方)


測ってみると直径12センチ程、大輪の花がたくさん咲いてくれました。



「NHK趣味の園芸バラ大百科」には『花もちはあまりよくない』とありましたが、庭主が気付く前に散ってしまうということはなく花もちは悪い方ではないという印象があります。


(5月27日)

枝がしなりやすいので支柱を立てて麻紐で囲っています。


(5月29日)


今日はあいにくの雨となりましたが、2週間以上愉しめているニューウェーブです。

香りのシャワー全開、ローズ・ドゥ・レッシュ2019

2019-05-25 | 花木・庭木
ここ数日庭も室内も、オールドローズのローズ・ドゥ・レッシュの素晴らしい香りで満ち溢れています~(*´∀`*)



この香りはダマスク系とのこと。



花持ちはすこぶる悪く我が家のバラではヘリテージの次くらい、3日持てばいいところでしょうか~
でも、その花持ちの悪さを差し引いてもこの香りの良さで余りあるほどの魅力が溢れています。
散る前を見計らって花を切り取りポプリに~
乾燥するまで玄関に置いて、ウットリしまくっています(o^v^o)




2018年バラ二番花

2018-07-26 | 花木・庭木
7月に入ってから咲き出したバラの二番花の備忘録。

薄い色のバラは例年に比べて花付きは良いと思いますが、どれも花びらのまわりが茶色くなってしまっています。


ギィ・ドゥ・モーパッサン



ヘリテージ


ミニバラはグリーンアイス、マジックキャローセル共に花付きよく咲いています。


グリーンアイス



夏の暑さに負けず一番花同様に綺麗に咲いているのが濃い花色のローズドゥレッシュとイントゥリーグ。


イントゥリーグ




相変わらず花付き良く病気知らず虫寄らずのあおい。


これで枝がたわまなければ申し分ないのだけれど、欲を言ってはきりがありませんね。


黒星が出てしまっているのがマーガレットメリルとニューウェーブ、そしてレオナルド・ダ・ヴィンチ。


レオナルド・ダ・ヴィンチ



マーガレットメリルやアイスバーグの白い花はコガネムシの被害が大きくて、まったくもって花びらが美しくありません。



せっかくたくさん咲かせてくれているのに残念です><

2018年バラ一番花

2018-06-24 | 花木・庭木
5月中旬からほぼ1ヶ月の間、風邪の症状が抜けず、おまけにものもらいが右目に次々と4箇所も出来るという最悪コンディションの中で、バラの一番花の季節が過ぎ去ろうとしています。

最近ようやく体調も戻りつつあるのでバラの写真をまとめておこうと思ったら、何と、具合の悪い中撮ったものがすっかり消えていました
熱でボーっとして何気なく消していたと思われます~悲し過ぎます><

気を取り直して・・・

今年のバラは、植え替えもせず大して手もかけなかったのにどれもみなとてもよく咲いてくれました。

特にボニカ'82は、側に植えていたコニファーを抜いたこともあってか、伸び伸びと修景バラの特徴を存分に発揮してくれて、1ヶ月近くも次々と咲き続け今日現在もまだチラホラ咲いています。



これは6月5日撮影したものです。




今日現在まだ一番花が咲いているのはアイスバーグ、グリーンアイスがちらほら、そしてポンポネッラ。



昨年シュートがかなり発生したのですが、あまりにも込み合って収拾がつかなくなっていたので泣く泣くかなりの枝を切って誘引しました。
通りに面していることもあって、これまでに終わりかけの花柄を散る前に早目に2度切り取っていますが、それでも写真は昨日の様子ですから、枝をすいて丁度良かったかなぁ~と一安心。


早咲きのものの二番花の花芽がだいぶ膨らんできていて、今年はどうやら途切れることなくバラを楽しめそうです~^^

ボニカ’82と2016年のバラ

2016-06-04 | 花木・庭木
2005年に我が家の庭にやってきたボニカ’82は、幾度となく植え場所を移動させられて、ここにおさまって4年目を迎えようやくたくさん蕾を付けてくれました。



11年も経ったかしら、と思うけれどボニカ’82にとっては試練の11年だったに違いありません。
よくぞ耐えてくれました~



健気に咲く姿、いじらしいです~




遅咲きのニュードーンも咲き始めて一番花はそろそろ終盤に入ってきています。


写真を撮っていると、すばらしい芳香。
今年のニュードーンの香りは冴え渡っているような気がするのですが、そんなことって有り?



ここ数日気温が上がらなかったせいか、イングリッシュローズのブレダンも結構長く咲いています。


今年の我が家のバラは、一部を除きほとんどが花付き良好です^^


アイスバーグも溢れんばかりに咲いています。


昨年は不調だったレオナルドダヴィンチ。

今年は昨年よりは咲いているかなぁ。


大好きな香りのバフビューティー。
柔らかく暖かみのある香り、酔いしれますよ~


誘引の仕方に問題ありで、ラティスの下部分が寂しいです。



少しずつ散り始めてきているので、開花したものを全部摘み取りました。
まだ蕾も結構残っているので、舞い落ちる花びらのことを気にせずにもう暫く愉しめそうです^^