本日開花なり

  ~こんな花が咲いたよ

ルリタマアザミ

2019-07-28 | 宿根草ラ行

 

この花が色づくと夏本番という気がします。

 

 

和名のルリタマアザミ、瑠璃色をした球体のアザミは名は体を表すそのままのネーミングですね。

学名のエキノプスもハリネズミを意味するエキノスと似ているオプスで「ハリネズミに似る」というギリシャ語に由来しているそうです。

自身のブログの記事をさかのぼってみてみると17年ほど前に植えていて、更新回数の少ないブログの中でその記事は結構あって、我が家の庭での存在感の大きさを感じます。

 

ここ数年は、花後の立ち姿にも魅力を感じて遅くまで切り取らずに残しているせいで、こぼれダネからあちこちから芽吹いて春先は抜き取る手間が出てきてしまっているので、花後の処理をどうしようか思案中です。

ちなみに現在は、17年ほど前に植えた親株とこぼれダネからの4株を植えています。

ミヤコワスレなどは花後足元に新芽が出てきて冬でも枯れ込まず常緑ですが、ルリタマアザミの花後の足元から出てきた新芽はかなり大きく育つのだけれど冬になると枯れてしまい、春になるとまた新たに芽吹いてきて、その無駄とも思える営みを「なんだかなぁ~」と思いながら眺めています。

無駄だと勝手に他人が思っているだけで、それもまたこの植物にとって必要なことなんでしょう、きっと。

 

 

瑠璃色という神秘的な響きを漂わせた小宇宙を繰り広げるルリタマアザミが、またひとつ暑い夏を乗り越えていきます。


リシマキアに魅せられて

2016-07-10 | 宿根草ラ行
葉色の魅力と丈夫さに惚れ込んで庭のあちこちにリシマキア。


リシマキア・ファイヤークラッカー


その根っこのはびこり様は驚異的でもあります(苦笑)



リシマキア・ミッドナイトサン

地植えしていたけど自然消滅しそうだったので、この鉢に避難させました。

手前の鉢にはリシマキア・ヌンムラリアオーレア。


庭のあちこちでグランドカバーとしても重宝してます。




リシマキア・リッシーも地植えしていましたが、ミッドナイトサン同様消え入りそうになってしまったので、鉢に植え替えました。



こちらは、強い日差しに弱く葉焼けしてしまいます。

ルリタマアザミ

2011-07-30 | 宿根草ラ行
涼しげな球体が奏でるこの雰囲気大好きです~



また今年も、ルリタマアザミが去年よりパワーアップしてその姿を現しました。



花後徐々に葉が傷んで、秋に根元に出てくる新芽が冬を越しても、その姿を見られないかも…と毎年不安になるのだけれど、他の植物の開花に気をとられている間にスクスクと大きく育って、懐かしい球体が出現して毎年ホッとするのです。



9年程前通路の側に植えてしまったのですが、今となっては草丈1m50cm程、横幅もかなりボリュームがあり、通る際ぶつかってしまいます。
もう少し後ろに移動したい気もするのですが、日当たりが悪くなって枯れてしまうのが心配で、植え替えも出来ないでいるのです。



クマバチも大好きな花のようで、今朝写真を撮る際、3匹ブンブン相手を威嚇しながこの周辺を飛び交っていました。



クマバチはオスは針を持たないし、おとなしい蜂なんだそうだけど、やっぱり怖いので遠巻きにカメラを向けました^^

リシマキア・ミッドナイトサン

2010-07-03 | 宿根草ラ行
花壇手前に利用しようと、この春リシマキア・ミッドナイトサンを取り入れたのですが、思っていたよりも葉色が暗めで、花が咲かない時期、日陰のその場所では、せっかくの魅力的な葉色が引き立たなかったので、コンテナ2鉢と門塀前の小さな植え込み場所に変更することにしました。

そのうちの1鉢。



花付きがとても良く、葉色との対比も好みです。




こちらは、少し前(6月19日)の写真ですが、リシマキア・ヌンムラリアオーレア。
病害虫に強く、良く増えるし、簡単に根付くので、庭のあちこちに植えてあります。



このリシマキアの魅力に取りつかれことが、今回ミッドナイトサンを選んだ理由のひとつ。
冬に葉が枯れ込んでしまうところが残念なところなのですが、果たしてミッドナイトサンも同様でしょうか。


この春、植物を入れ替えた門塀前。



奥に植えてあるのも、リシマキア。
ファイヤークラッカー、こちらの葉色もたまりません~
それぞれ、これからが愉しみです^^

ラムズイヤー

2009-07-09 | 宿根草ラ行
No.470
以前からこの植物(6/28撮影)の魅力的なことは、あちこちで見聞きして知っていたのですが、如何せん天の邪鬼なものですから、夏の蒸れに弱いんじゃないか…などと勘ぐってみて、なかなか受け入れようとしませんでした。

ところが昨年の8月に、アンディ&ウイリアムスボタニックガーデンを訪れた際、それは致し方ないことなのですが、夏の暑さで色んな植物たちの状態が良くなかったにもかかわらず、このラムズイヤーの葉は、とても見応えのある美しいものでした。
早速我が家の庭に取り入れたのは、言うまでもありません。

感触、葉色の魅力もさることながら、冬も葉が枯れないところが、良いですね~

フカフカした葉の植物って、思う程は気難しくないのかも知れません。
スイセンノウ」「シロタエギク」「ヘリクリサム・コルマ」etc.

オレガノ・ディクタムナス」は、ここ数年軒下で育てています。



気になっていた「フランネルフラワー」、つい先日我が家の庭に仲間入りしました。
これは花もフカフカ~カマキリの赤ちゃんも、すっかり気に入ったようです^^
冬は室内に取り込まなければいけないようですが、果たしてうまく育ってくれるでしょうか…


ロベリア ホット・アーティック

2008-06-27 | 宿根草ラ行
No.421
ハルディンのホットシリーズのロベリアです。

非耐寒性ということで冬越しは期待していなかったのですが、ブルーデージーと同じコンテナで育てていたので風除室で冬越ししました。
と、予想外にも冬を越し早春にはチラホラそこで花を咲かせはじめました。
戸外に出した時はまだまだ小さな株で頼りなげでしたが、今では草丈も伸び幅も広がってブルーデージーを圧倒する勢いで咲いています。




リクニス ジェニー

2008-05-31 | 宿根草ラ行
No.415
ずっと前からカタログで目にする度に気になっていた花。
ラブリーな色合い、しかも耐寒性もあるとのこと。
でも、我が家の庭にはもう日当たりのいい場所は残されていなかったのです。

カタログを見る度に我慢、見る度に諦め…の繰り返し。

でも去年の春、近くのホームセンターで目の当たりにしてしまったのです。
花はまだ咲いていませんでしたが、ラベルの花色が躊躇もなく手を伸ばす引き金となりました~~~
何のために数年間買わずにいたのかさっぱり分かりません。
優柔不断な自分に呆れること然り。

日陰に植えました。
もちろん、そこしか場所が残されていないのですから。

それでも、ほどほどに咲いてくれた花はやっぱり思った通りラブリーで、かなり嬉しいです。



短冊切りしたよな花びらも、横顔もオシャレでしょっ♪


コメント (4)

ラミウム ホワイトナンシー

2006-06-11 | 宿根草ラ行
No.290
白っぽい葉も白い花も清楚な雰囲気のラミウムです。
サルビアの花に似ているなぁ~と思っていたら、ラミウムはシソ科の植物だったんですね。
日陰にも強く、ドンドン横に這うようにして広がっていくし、もちろん挿し芽も容易な丈夫な植物です。
コメント (3)

10月23日「ローズマリー(カプリ)」

2005-11-18 | 宿根草ラ行
No.252
ローズマリーには這性のものと立性のものがありますが、這性のもののほうが寒さに弱いと聞いたことがあります。
でもこれは戸外で越冬していますが(南側軒下、不織布掛け)無事に何度か冬を越しています。

これから厳しい冬に向かっていくのに、何もこの時期に咲き始めなくても…と思うのですが、チラホラ花を付けたまま数ヶ月の厳しい冬をのりきります。

花が最も盛んに咲くのは5月中旬です。
来年のその頃、機会があればまたUPしたいと思います。
(撮影日10/28)

(11/19追記及び訂正)
品種名が判明したので、タイトルを変更。
立性、半這性、這性とローズマリーを分類すると、このカプリは半這性のようです。
コメント (8)

9月4日「リリオペ(モンローホワイト)」

2005-09-30 | 宿根草ラ行
No.236
ヤブランの園芸品種とのこと。
ヤブランというと斑入り葉で、紫の花のものをイメージするのですが、こちらの葉は斑が入っていません。
ここは北側の日陰でオカメヅタをはじめとして斑入りのものがかなり植えてあるので、あまり多すぎても落ち着きがなくなるかなぁ~と思い、この春にこちらのものを植えてみました。
花茎の上の方が白くて、ちょっと神秘的な雰囲気が漂います。
花をたくさん咲かせるまでになるには、何年くらいかかるかしら…
真っ白な花が清楚で、かなり気に入っています。
(撮影日9/6)
コメント (3)