本日開花なり

  ~こんな花が咲いたよ

雪の日の読書

2011-12-30 | 庭日記
9月上旬に予約した『ベニシアの京都里山暮らし』の順番が廻ってきたと図書館から連絡が入ったのは、今月のこと。
ベニシアさんの生活ぶりは、NHKの番組でも何度も取り上げられているし、人気の程が伺われますね。



ベニシアさん=ハーブというイメージだったので、ベニシアさんの本をはじめて手に取る私は、ハーブ三昧の本だと勝手に思い込んでいたのですが…

奥深いエッセイ集でした。
勉強熱心で生きる姿勢、生活に向き合う姿が真っ直ぐ。
文章の隙間から、強さと共に慈しみや哀愁も感じられました。
ちゃらんぽらんな私の襟を正してくれたような気がします。
2011年の締めくくりに、この本に出会えて良かったです。




『第三章 ハーブに導かれて ローズマリーに夢膨らませて』 より

ローズマリーのラテン名は「ローズ・マリーナス」、海の霧という意味だそう。



薄紫のローズマリーの花色は、聖母マリアのマントの色が染まったものだとの伝説。
それぞれの由来を確かめながら庭の植物と向き合っていったら、もっともっと愉しみが深まるに違いありませんね。



写真を撮ったのは23日ですが、今では軒下に置いたローズマリーの鉢もスッポリ雪に覆われてしまっています。

今年一年拙いブログにお越し下さった皆さま、どうもありがとうございました。
そして来年、皆さまに沢山のしあわせが舞い降りますように~

本格的な冬到来

2011-12-17 | 庭日記
予報通り、昨日から雪が降り積もっています。



例年だと、これから数ヶ月はブログも冬眠状態ですが、この冬は出来る限りカメラを植物に向けようと思います。



冬の間は日がさし込むことがまれで、室内は一日中あかりを付けているし、庭に目を向けてもモノクロームの世界で、気分が滅入りがちになってしまうのだけれど、カメラを持って何か撮ろうと植物に近付けば、小さな営みがあちこちに散らばっています^^



雪が落ち葉を包み込むように寄り添っている景色に出くわして、気持ちがホッコリ。



気がついた10月上旬には蕾をもう付けていた、ナント7ヶ月も前から開花の準備に入っているハナミズキ。



植物のひたむきさ、いじらしいですね…

今年最後の庭仕事…かな?

2011-12-14 | 庭日記
例年だとこの時期、庭仕事はもう特段やることがないのだけれど、今年はバラ、クレマチスの誘引、堆肥でのマルチングも終わっておらず、落ち葉や宿根草の枯れ葉拾いも中途半端なままになっています。

何故こんなに作業が遅れてしまったか…

10月は暖かくお天気に恵まれて、のんびり構えていたら、11月はお天気に恵まれず…
そして、ヤマボウシがいつまでも落葉しなかったのが最大の原因。

結局、ヤマボウシの葉がすっかり落ちたのが12月に入ってからで、2日の大量落ち葉拾いを最後に、今年の庭仕事はお終いかなぁ~と、不完全燃焼のままのガーデニングの幕引きもやむなしと半ば諦めていました。

が、昨日今日と晴れ間があって久々に庭仕事を行うことが出来ました。

取り敢えず、見苦しいカザグルマを整理しなくっちゃ!




昨日は3時半頃から外に出たら、アッという間に暗くなってしまって、整理した後の写真は今日撮りました。

葉と巻きひげ(?)を全部切り落としてスッキリしました~



例年だとつるを留めていたシュロ縄や麻紐も全部外して誘引し直すのだけれど、今年は時間切れで、伸びたつるだけ新たにアーチに結んだだけ。



3月までにまた晴れ間があって、気持ちに余裕があれば、誘引し直すかもしれません。


今年のカザグルマ


そして、今日行った他の作業はニュードーンの誘引。
ニュードーンは、梅雨の時期の花殻拾いがかなり大変で、今年を最後にしようと思っていたのだけれど、フットイ根元を見ると、どうにも掘り上げるには勇気(体力・気力)が足りず、サヨナラしないことにしました><
対策として、枝の数をかなり少なくしました。
功を奏したかどうかは、来年のお楽しみです^^

大根も掘り上げて、ご近所さんにお裾分け。
残りは、濡らした新聞紙にくるんで袋に入れて保存。

毎年初冬に行っている堆肥のマルチングは、天気予報に明日から雪だるまマークが並んでいて、間に合いそうにもないので、早春に施すことにします。

こちらは、11月26日に行ったクレマチス・グリーンアイズの雪囲い。
昨年この場所に、ダメモトで植え替えたのだけれど、良く育ってくれました!



来年は沢山咲いてくれるかな~
た・の・し・み^^