公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

濱野谷憲吾、「私物の修正棒」持ち込みで「前検強制帰郷」命じられる(2019年8/6(火) 17:47配信 デイリースポーツ)

2019-08-19 00:59:45 | 競艇


 人気ボートレーサーの浜野谷憲吾(45)=東京・70期・A1=が6日、工具持ち込みの管理規定違反で、出場予定だった7日からの平和島開催を前検不合格で欠場となった。

 レース開催中の選手は、ボート場が用意した修正棒とハンマーを使用して、プロペラを調整できる。しかし、この日の浜野谷は、禁止されている私物の修正棒を持ち込んでしまった。

 今回の違反への処分は、日本モーターボート競走会が開く褒賞懲戒審議会によって決まる。過去に修正棒を持ち込んだ事例では、1カ月間の出場停止処分に加え、当該レース場への1年間のあっせん停止がある。

 浜野谷は大ヒットした漫画「モンキーターン」の主人公のモデル。容姿端麗で人気と実力を兼ね備え、最高峰のSGレースで優勝4回を数える。





2019年8月12日 05:30

7日に開幕したボートレース平和島一般戦を欠場した浜野谷憲吾(45=東京)が、平和島への1年間の出場停止処分となったことが分かった。

 浜野谷は6日に工具持ち込みのため選手管理規程違反で前検不合格となっており、過去の事例に基づく決定。10月6日からのG1「開設65周年記念トーキョー・ベイ・カップ」は既に斡旋が決まっているため出場する。最終日翌日の10月12日から適用される。

この記事についてブログを書く
« 2019年8/17 名古屋競輪場・... | トップ | 8/18 名古屋・オールスター... »
最近の画像もっと見る

競艇」カテゴリの最新記事