HONK de BONK

鳥の“落し物”が直撃しましたが(泣)鳥には寛容な私です。。。

UCI Juniors Track World Championships (ジュニアトラック世界選)

2016-07-21 08:33:19 | bike
ジュニアトラック世界選(7月20日~24日)絶賛開催中。

ツール・ド・フランスは寝落ちする毎日。こちらも出遅れてしまった(涙)。

2016 UCI Junior Track Cycling World Championships ジュニアトラック世界選公式サイト
Competition schedule 時間割(←PDF)

所謂オリンピックサイズ250mのトラックが主流の中、エーグルの200mバンクでの開催。

光明(クァンミョン)は333mだった、ジュニアの選手は“バンクの多様性”への対応が求められる。

いつかは熊本(500m)でお願いしたい(苦笑)。

ライヴ・ストリーミングは基本夕方のセッション(日本時間は24時あたり)から(※ 最終日は早め)。

Day 1 - 2016 UCI Junior Track Cycling World Championships


Day 2 - 2016 UCI Junior Track Cycling World Championships


Day 3 - 2016 UCI Junior Track Cycling World Championships


Day 4 - 2016 UCI Junior Track Cycling World Championships


Day 5 - 2016 UCI Junior Track Cycling World Championships
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Annual Passes (年間パスポート)

2016-07-07 17:56:32 | et cetera
最近、動物園散歩に溺れている。

上野動物園、多摩動物公園、井の頭自然文化園、新宿御苑が私の徘徊場所。

命の輝きを垣間見るのは心和むし、園内は動物ばかりでなく、植物も潤沢なので季節を存分に感じることが出来る。

新宿御苑は動物園ではないが、某デパートの冊子に、ここのデパートで弁当を調達して、御苑で一人ランチするのが好き、というデザイナーさんのエッセイが楽しそうだったので、私も実践。

全施設有料ではあるが、年間パスポートが発行されており、お得なのでありがたく利用しておりまする。

【動物園の季節感+自転車競技ファンの視線】

短冊コーナーがあったので、願いを綴ってみるも、余りにも悲壮感炸裂漂う内容だと自覚したので、持って帰りましたorz
まるで蒸発した嫁にテレビで訴えかける旦那状態(古)。「キャメロンよし子ぉ~、帰ってきてくれーーー」的な。。。
動物園に遊びに来るいたいけなちびっ子たちが当惑すると思うので自重。
(多摩動物公園)


当たったら結構痛そうだ。
(多摩動物公園)


蝶の温室の個体ではなく、野生。
(多摩動物公園)


ハスの花が咲き始めている。
いつか早朝に不忍池に行って、蓮の花が咲くポンって音(!?)を聞いてみたいな~。
(上野動物園)


ロードレースファン的には……、やはりこれは食べ物ではないだろう。。。
アレドンドの持ってたアルマジロより少し小さい種類かな。
(上野動物園)


(photos by kumataro)
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

The Program Review (『疑惑のチャンピオン』は早く観た方がいいかも)

2016-07-03 21:53:58 | bike
映画『疑惑のチャンピオン』観賞@ 新宿。

“早く観た方がいい云々”は、2016ツール・ド・フランスがシャンゼリゼに辿り着く前に打ち切りになっちゃうんじゃ…って気がしないようなするようなするようなと感じがしたので。

でも、ガチな自転車競技ファンなら、かなりの頻度で突っ込みを入れられること請け合いだ。

≪一行あらすじ≫
アームストロング事件、ざっくりと。

≪おバカ感想≫←ネタバレしてるかもしれないけど、自転車レースファンなら読んでもそう影響ないかも。

・ クライマックスがどこか分かりません。。。
・ アームストロング役のベン・フォスターは以前、西部劇『3時10分、決断のとき』でキレた悪役を演じててとてもよかった。そっくりさんってワケじゃないけど、アームストロングの雰囲気はかなり出てたー。
・ ランディスが似てて笑った。可愛そうに描かれてて、映画に協力してるのかなーと感じた。
・ コンタドールがひどいwwwwwwwwww スペイン人というより、コロンビア人ぽかった。
・ その上、バキューンがえらくカッコ悪い。。。
・ エンドロールにトーマス・デッケルの名前。プロトンの中にいたみたい。見逃したー。
・ 同じくエンドロールでミラーが“サイクリング・コンサルタント”だったと知る。
・ 103分で、アームストロングの自転車選手人生は大体こんな感じです…とお知らせする映画。
・ アームストロング、ランディス、フェラーリなど結構感じが出てるのに、ポディウムの両端(2位&3位)は、テキトーに見繕った感炸裂で、自転車選手じゃなくて唯のコスプレの人みたい(苦笑)。
・ バッソンとかシメオニの件も出てくるんだけど、雑なんだよね。そりゃあ、そこに長々と時間割く訳にはいかないのは分かるけど。
・ 実際のレース映像と俳優の映像が入り乱れてるんだけど、それをどっちがどっちとか考えるのは私は楽しかった。

映画『疑惑のチャンピオン』予告篇



いぬたろうがパンフレット購入w
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Through every dark night, there’s a bright day (オレハマッテルゼ)

2016-06-29 19:47:17 | bike
あ゛あ゛ーーーーーーー。。。(←案の定宍戸錠な我が状況orz)

思えばここ最近いいことがなかった。

・ 尿管結石→石はいつの間にか排出されたが、撮ったCTにいろんなものが映っており再検査の嵐。結局大丈夫だった。
・ 熊本地震
・ はな子ちゃん(井の頭のゾウ)が死ぬ
・ 腱鞘炎→今リハビリ中

そして、キャメロン・マイヤーの謎のチーム退団(涸涙)。

あんな理由なんだろうか、こんな理由なんだろうかといろいろ考えてしまうんだけど、私が考えたって解決する訳ではないしねぇ。

兎に角、不憫で。

自転車選手として、一番脂が乗るであろう年齢に差し掛かってきたのに、自転車に乗れないなんて無念なんじゃないかと思う。

もーわたし、ホントにどうしたらいいのか分からない。

そこで、鬱屈とした気持ちを振り払うように特別企画「こんなチーム退団理由は嫌だ」

・ 警察に追われている

・ 高額宝くじに当たったので働かなくていい

・ ヒモになったので働かなくていい

・ ああ見えてもドーピング

・ ああ見えても覚醒剤と大麻のW所持

・ 鳥人間に出場準備

・ 競艇選手に転身準備

・ 英国のEU離脱を予感していたので(意味不明)

・ マシュー・ロイドから謎の退団同盟に誘われた

さて冗談はこのぐらいにして(ホントに怖いよ)、時間がかかってもいつか戻ってきてほしいよ。

そりゃあ、復帰は大変だと思う。

ある意味ミラーやデッケルみたいな自業自得組なんて比じゃないかも。

小さなチームだったとしても、置かれたチームで咲きなさい(←何かをパクってる…)と言いたい。


こんな笑顔が戻ってくる日が早く来ますように!!
待ってるよ!!
(photo by inutaro @ Melbourne 2012)
Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加

Tour of Norway Preview(ツアー・オブ・ノルウェー予習)

2016-05-17 10:47:58 | bike
ツアー・オブ・ノルウェー(5月18日~22日)、狐につままれた気持ちながら、本気で予習。

キャメロン・マイヤーの今季のレースは、カリフォルニアとスイスが比較的大きな目標となっていたのに、カリフォルニアのスタートリストに名前がなくて呆然。怪我を疑ったが、ノルウェーに変更だったのね。取り敢えず安堵。

ただ、ボアハゲの奴隷なので、あまり自由がなさそー(哀)。たがしかし、ボアハゲがクイーンステージで遅れるような展開になれば…(邪笑)。

って、マイヤー兄が早々に遅れたりして(号泣)。

いやいやいや、レースを走れる喜びを噛みしめつつ、関連サイトなど。

Tour of Norway 公式サイト
暫定スタートリスト

・ ハッシュタグは #tourofnorway ←そのまんま
・ なななんと、ミラノ~サンレモの覇者、マシュー・ゴス(2011)とゲラルド・チオレック(2013)が出場予定。
・ ふたりともエースナンバーやん!!(←単にアルファベット順?)
・ にしても、ゴスとチオレックは、ミラノ~サンレモのあの日あの時間に自転車人生のピークがきちゃったんだろうねぇ(しみじみ)。
・ 別名まぐれ(鬼)。
・ デマールがそうなりませんように(鬼)。
・ 閑話休題、窪木選手、オシェイ、クリテ芸人職人ヴォンホフの出場も楽しみ。

+++

追記:

あ゛ーーーー。

正式のスタートリストからマイヤー兄の名が消えていたorz

スタートリスト

もう寝てもいいですか。。。(←今、18日の19時過ぎ)

いやいや、ハワードが逃げてるんで、ジロを待ちます。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Sooooo Close!!!!!(惜しかったー!!!!!)

2016-03-27 09:33:51 | bike
カタルーニャ一周、第6ステージ。

残り100m、いや50m。

逃げていたキャメロン・マイヤーは捕まった。

Volta a Catalunya 2016 HD - Stage 6 - FINAL KILOMETERS


初日の逃げの後、第5か第6ステージでまた逃げると“予告ブレイクアウェイ”を宣言していたマイヤー兄。

有言実行となり、力強い逃げを魅せた。

何度も寝落ちしそうになったが、観てよかったー(涙目)。

正直、残り10kmぐらいで捕まるんじゃないかと思ったけど、よく頑張りました。。。

疲れたから、最終ステージは帰ってよし!(違)

いやー、勝てなかったけど面白かったです、ほんと。
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Left My Smartphone in the Toilet(くまたろう、スマホをトイレに置き忘れるの巻)

2016-03-14 19:43:19 | bike
穴がなかったら掘ってでも入りたいという状況をまた作ってしまいました(号泣)。

数日前、デパートのトイレに入った。

石をまだ確認できないもんで(哀)、水がぶ飲みの日々が続いている。

なので、やたら厠に行きたくなる。

その日も某デパートで個室に入った。

ジャケットのポケットに入れたスマホをどっぽんしないように、トイレの中の小さなテーブルに置く。

そして、見事に電話を置き去りにして、売り場を徘徊した。

いぬたろうと待ち合わせの連絡をとらなきゃーと思い、「あああああーーーーー!!」とスマホを置き忘れたことに気が付いたのが、トイレを後にして15分後ぐらいだろうか。

ダッシュで戻ろうにも、同じ階に化粧室が3ヵ所ぐらいあって、脳内大混乱。

速足で店内を右往左往する。

やっと辿り着いたら満室。

該当の個室が空くのをじりじりしながら待つ。

扉が開いたーーーーー!!

忘れ物をした焦った人丸出しなのもナンなので、平静を装いつつ中を覗く。

なーーーーーい!!(泣)

+++

売り場の店員さんを捕まえて、事情を話す。

トイレにスマホを忘れたこと、その時ちょうどお掃除の人がいたので、ひょっとしたらもう届けてくれたのではないかということ。

数分後、それらしきものが届いているので、遺失物取扱所の係りの人と話をしてほしいと電話を渡された。

係の人: 「ご本人であることを確認するために、いくつか質問させて下さい」
くまたろう: 「はいっ、勿論です。ご迷惑をお掛けしますぅぅぅ」
係: 「どのようなスマートフォンですか?」
く: 「白のiPhoneで、ピンクのカバーです。ゴムっぽい」
係: 「キャリアは?」
く: 「……。キャリアというと…?」
係: 「auとか、契約している会社です」
く: 「ああっ、、、ドコモです!!」←気が動転する余り“転職1回、事務職”などと思う馬鹿。。。
係: 「では、待ち受け画面について教えて下さい」
く: 「自転車選手で…」
係: 「……」

ポディウムの画像なので、自転車に乗ってるワケじゃないから、そんなの分からないよねーーー。

く: 「白人の…、若い男です…」←トホホな説明


白人の若い男


そんなこんなで本人確認ができたので、超恐縮状態で遺失物取扱所のドアを開けたら、忘れ物を探す人達で狭い空間がすし詰めだった。

只々、お手数をかけて、申し訳ありませんでした。。。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

National Anthem & Raising of the National Flag(国歌と国旗掲揚)

2016-03-08 21:04:04 | bike
国際大会での表彰式のクライマックスは国歌と国旗掲揚だ。

サー・クリス・ホイが、今回のトラック世界選で苦言を呈していた。


表彰式でのデジタル・フラッグはイケてないって言いたいよ。本物じゃ駄目なワケ? #気難しいオッサン


私がこの“デジタル・フラッグ”(心の中でビデオ国旗掲揚と呼んでいた)を現地観戦で初めて見たのは、一昨年のジュニアトラック世界選。

結構驚いたし、味気ないなぁと思ったけど、仕方がないのかなーとも感じた。

と言うのは、本物の旗を揚げるのには少なくとも3名のスタッフが必要だし、各国の旗を管理するのはそれなりに大変かもしれない。

絶対ポディウムに上がらなさそうな国があったとしても、一応用意しておかないといけないしね(←酷)。


2014ジュニアトラック世界選@クァンミョン(韓国)


遠目だとこんな感じ


韓国のデジタル・フラッグは宇宙空間風なところに忽然と現れる身じろぎもしない国旗。

今回のロンドンのやつは、ひらひらしていてバージョンアップを感じさせた。

だからって、サー・クリスを納得はさせられないけどー(苦笑)。

サー・クリス・ホイは、メダル・セレモニーに対する思いが格別熱い人なのかもしれない。

英国人ジャーナリストが以前こんなことを言っていた。

お気に入りのホイの思い出? 2008トラック世界選マンチェスター大会。表彰式で外国の国歌が流れた時、起立しなかったマスコミの奴らをホイは軽蔑の眼差しで睨んでいたよ」(by イギリス人ライター)


A Rider and a Gentleman (サー・クリス・ホイ、引退発表)2013-04-19 23:34:49

更に手前味噌の引用で申し訳ないが、その時私はこう思った。

海外現地観戦でよく感じてたんだけど、それまで騒いでたり、おちゃらけたりしていた観客も、表彰式の国歌&国旗掲揚となるとしゃきーんとして(←豹変と言ってもいいぐらい)、起立・脱帽は当たり前。国旗がどの辺に揚げられるのかきょろきょろする。マスコミの人たちは仕事中だから、起立しなかったのかもしれないけど、サー・クリスはそんな態度を許しがたいと思ったのではないかな。(by くまたろう)


それを踏まえて…。

先日のトラックアジア選で、凍り付くような光景を目の当たりにした。

4日目と5日目(最終日)に現地観戦。4日目の表彰式にて。

なんと、国歌&国旗掲揚で起立しない観客が多少なりともいたのだ。

それも、レース中は結構熱く応援していたんじゃないかと思われる様子の方々まで、スマホをいじって座りっぱなし…。

反逆者だとか、ポディウムに上がってる国がめっちゃ嫌いとか、政治的になんか言いたいことがあるとか、試合のジャッジに不満があるとか、尋常ではない風情に見えるのではないだろうか? 特に外国人には…。

実は、場内アナウンスでは国旗掲揚を告げた後、「ご起立ください」の一言がなかった。

そして最終日は、その一言が付け加えられ、ほとんどの人が起立し、極当たり前な光景となった。

このことがあったので、今回のトラック世界選表彰式を注意深く聞いてみた。

「ナショナル アンセム オブ ○○○(←国の名前)!!」

初めて意識したけど、起立をを促すようなアナウンスはなかった。

言われないことを勝手にやらない的な日本人のサガかもしれないけれど、ちょっと複雑な思いがした。

私は好きなんだよねぇ、表彰式が。

「三度の飯よりポディウムとガッツポーズが好き」by くまたろう

いい大人が人前で感情を爆発させて、喜んだり泣いたりしてりする姿を見るのが、私にとってもこの上ない幸せなのだ。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Omnium Points Score Review (カヴ、あんたアシストしたろ?←オムニアム、ポイントレース感想)

2016-03-06 21:18:34 | bike
トラック世界選、男子オムニアムはフェルナンド・ガビリアの二連覇。

最終種目のポイントレースは手に汗握る展開だった。

オシェイのラッパーっぷり(≒ラップ命)とか、いろいろ面白かったんだけど、最後の最後までドキドキだった。オムニのルールを変えた人に今すぐイグノーベル賞を授けたい。

ただ、最終スプリントを獲りに行ったカヴを見ていぬたろうが「なんかコロンビア人のアシストみたいだよなー」と言っていた。

だよねぇ。。。

メダルに届かないとしても、最後までポイントを取りに行く姿勢は別に悪いことじゃないし、「お前関係ないだろっ!」って人がアタックやポイント獲得はよくあることだ。一つでも順位を上げたいのは、トップアスリートとしてむしろ正しい姿だろう。

と、言いつつも、ヴィヴィアーニが頭(5点)を獲っていたら優勝だったかもしれないのに、カヴのお陰で4位に転落。

真偽の程は定かではないが、カヴはヴィヴィアーニが嫌いか、ガビリアが大好きかのどちらかだろう。

で、検索して昨年のこんな記事を読んで、ああ成る程と思わずにいられなかった。

exciteニュース: カベンディッシュを破った若手コロンビア人ガビリア、エティックス・クイックステップと契約

ガビリアは「僕はカベンディッシュをとても尊敬している。ツール・ド・サンルイスではずっと彼を見ていたし、彼の動きを理解し、できるだけ彼から学ぼうとしたんだ」と先輩スプリンターとチームメイトになることを喜んでいる。(上リンク先exciteニュースより)


これはアシストしたくなるレベルの褒め言葉だよね(苦笑)。


2009年トラック世界選@ポーランド
(L→R)カヴ、滝沢校長、ケノー
(photo by kumataro)


カヴとウィギンスのマディソンはこのあとすぐ!!(←あと数時間あるけど~)

そして、ガビリアもマイヤー兄もマディソンに出場する(どきどき)。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Track Worlds Live Streaming Follow-up (トラック世界選ストリーミング悲しみの続報)

2016-03-02 08:44:08 | bike
今朝起きて、トラック世界選(ロンドン: 3月2日~6日)のストリーミングの時間を確認しようとYouTubeの該当箇所をクリックしたら…。

この動画は、お住まいの国では公開されていません。

と、表示された(濁流涙)。

あ゛ーーーー。心配はしていたけど、最初の時点では観られそうだったので、油断していた。

一応、SPEEDチャンネルと併用するつもりだったので、いい環境で観られるっていえば観られるのだが。

一つ、言ってもよかですか。

スピチャンの枠が1チャンネルの家のケーブルテレビは、最終日(5日目)が録画放送なのだ!!

んもー、選りにも選って、一番大事なマディソンのある最終日がこんなことになるなんて。

家のケーブルテレビの最終日は録画放送(←何度でも言ってやるー)。

朗報もある。

第1日曜はスカパー無料の日。

そんなワケで、スカパー経由の人はスピチャンに入らなくても、最終日(5日目)だけは、ライヴで観られるようです(←691チャンネルで22時から)。

でも正直、UCIチャンネルで観られないのは悲しいよ~。

余計なことしやがってーって思うよー。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加