Ardennes Classics Preview (アルデンヌ・クラシック予習)

アルデンヌ・クラシックが俄然盛り上がって参りましたー。アルデンヌ・クラシックはありまぁす♪(壊)

ORICA-GreenEDGE Announces Ardennes Rosters and Objectives

ORICA-GreenEDGE for Flèche Wallone
Adam Yates (GBR)
Cameron Meyer (AUS)
Christian Meier (CAN)
Ivan Santaromita (ITA)
Michael Albasini (SWI)
Pieter Weening (NED)
Simon Clarke (AUS)
Simon Yates (GBR)

双子がいるから完全なる奴隷は免れそうだ。否、やはり奴隷か…。チャンスがあれば。

フレッシュ・ワロンヌ公式サイト
JSPORTS: Cycle*2014 フレッシュ・ワロンヌ

ORICA-GreenEDGE for Liège-Bastogne-Liège
Cameron Meyer (AUS)
Christian Meier (CAN)
Daryl Impey (RSA)
Ivan Santaromita (ITA)
Michael Albasini (SWI)
Pieter Weening (NED)
Simon Clarke (AUS)
Simon Gerrans (AUS)

一番ペイペイだ。ここでも奴隷か。ある意味奴隷祭り(違)。登り、きついんだよなー。いや、走っているところが只管観たい!!

リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ
JSPORTS: Cycle*2014 リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ

アムステルゴールドは訳あってスルー(←マイヤー兄が出てないだけ)。

フレーシュ・ワロンヌは出られるかなーと思ったがL-B-Lは無理かと思ってた。ステージレーサーだし。いやはや、嬉しい誤算。

+++

お楽しみはアルデンヌ・クラシックばかりではない。というワケで、今週末はU23も熱い。ネイションズ・カップのZLMツアー(明日)やU23のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュ(明日)。開催日がカブっているので、チーム豪州はネイションズカップのZLMツアーの方が重要感が多少上かな? いや、だいぶ?

Cycling Australia: la Côte Picarde race report - Jayco-AIS World Tour Academy

Jayco-AIS World Tour Academy for ZLM Tour (Nation’s Cup)
Alex Edmondson
Campbell Flakemore
Josh Harrison
Robert McCarthy
Alex Morgan
Miles Scotson

Jayco-AIS World Tour Academy for Liege-Bastogne-Liege U23
Alex Clements
Harry Carpenter
Tom Hamilton
Robert Power
Nick Schultz
Comment ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

La Cote Picarde Preview (U23ネイションズカップ 第2戦 予習)

今日はキャメロン・マイヤー約2ヶ月ぶりのレース、De Brabantse Pijlも楽しみだが、U23のLa Côte Picardeも見逃せない。

U23ネイションズカップ第2戦のLa Côte Picarde。昨年の覇者はカレブ・ユアン。そして3位はサイモン・イェーツだった。この二人が今は同じチームだなんてね。まあ、ユアンは2014ロード世界選以降のグリーンエッジ合流となるけれど。

参考: La Cote Picarde Review - Despite The Crash - (カレブ・ユアン、落車をものともせず)2013-04-11

今年のDe Brabantse Pijlにはイェーツ兄弟が出ていて、昨年のLa Côte Picardeの勝者、ユアンは怪我のため今年のLa Côte Picardeには出場していなくて、私の専らの関心事はルーキーのロバート・パワー、と今日はなんだかややこしい(苦笑)。

Peloton Watch: La Côte Picarde Start List
文字ライヴ

+++
Comment ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

De Brabantse Pijl Preview (La Flèche brabançonne 予習)

久々のキャメロン・マイヤー出場レース、セミクラシックのDe Brabantse Pijl。

弟の事故もあったので、出場は微妙かと思ったが、チーム発表のスタートリストにも、予定通りを連ねている。

ORICA-GreenEDGE: De Brabantse Pijl - La Flèche Brabançonne Race Overview
De Brabantse Pijl 公式サイト
Deelnemers Brabantse Pijl 2014(←スタートリスト PDF)

双子揃っての出場(イェーツ兄弟)も楽しみだ。

+++

キャメロンの弟、トラヴィスの続報。思ったより深刻な事態ではなく少しだけほっとした。

The West Australian: Meyer will get back on bike: manager

昨日、骨折した顎の手術を受けた。自転車に乗られるまで6週間ぐらい。事故以来、意識はあって、脳損傷も受けていない。

とは言え、代理人のウェイン・エヴァンズ氏によると、外傷は酷いし、食べられないので体重は落ちる。復帰は今シーズンの終わり頃が見込まれるが、簡単な道のりではなさそうだ。

お母さんのフランシスさんは、本日スペインに到着予定だそうだ。

記事によると、ひき逃げではなかったようだが、何とも遣る瀬無い。
Comment ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

2014 Commonwealth Games 100 Days To Go (コモンウェルスゲームまであと100日)

勿論、目当てはロードレースとトラック競技だけど、あと100日と迫って参りましたー。

Glasgow 2014 marks 100 days to go milestone with iconic Hampden images

2014コモンウェウスゲーム公式サイトは充実している。ビデオコーナーにも沢山のビデオ。サー・クリス・ホイのお膝元(スコットランド)だけあって、自転車競技関係も少なくない。最新の動画は過去の振り返り。3:15あたりから、サー・クリスも登場。

Moments that Matter – Commonwealth Medals

まあ、日本ではあまり注目されないコモンウェルスゲームではあるが、カレブ・ユアンはロードレースを勝ちに行くようなので楽しみにしている。

【自転車競技とサー・クリス・ホイ関連ビデオ】
Ed Clancy previews the UCI Juniors World Championships
1 Year to Go Celebrations
Behind the Scenes at the British Cycling National Road Race Championships
Sir Chris Hoy - an inspiration
Behind the scenes at the UCI Track Cycling World Cup in Glasgow
Exclusive Sir Chris Hoy Velodrome Interview
The Sir Chris Hoy Velodrome: Building The Legacy
Sir Chris Hoy interview at the Olympic homecoming Parade
Comment ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Cyclist's Traffic Accident...(自転車選手の交通事故)

4月12日の朝(現地時間)、ドラパック・サイクリングのトラヴィス・マイヤーがトレーニング中のアンドラで車にはねられた。

頭蓋骨・顎・腕骨折、肺損傷。アンドラからバルセロナの病院へ、ヘリコプターで搬送されている。

トラヴィスは、4月末のツアー・オブ・ターキーに出場予定だった。そして、5月のツアー・オブ・ジャパンにも。。。

Drapac Professional Cycling: Travis Meyer hospitalised following training incident
TOUR OF JAPAN: チーム紹介 OVERSEAS

+++

トラヴィスは幼なじみのジェナさんと昨年11月に結婚したばかり。二人は4月頭にオーストラリアからアンドラへ移動していた。

オーストラリアのプロコンチームへ移籍したので、ベースキャンプは豪州になるのかと想像していたが、家がアンドラにもあるから、行き来できるよね…。

スペインのテネリフェ島でトレーニング中だった兄のキャメロン・マイヤーは、今日の朝一番の飛行機で、弟の元へ向かったそうだ。

早期回復を祈りたい。
Comment ( 2 ) | トラックバック ( 0 )

Ronde van Vlaanderen Beloften Preview (U23ツール・デ・フランドル予習)

ネイションズカップ第1戦 U23ロンド・ファン・フラーンデレンは明日開催。ライヴ・ストリーミングはあるのだろうか。厳しいか。

死ぬほどスタートリストを探し回ったら、プロトン・ウォッチ氏がさくっと暫定リストをUPしていた。嗚呼、心の師匠。。。

Ronde van Vlaanderen Beloften 公式サイト
Peloton Watch: Ronde van Vlaanderen Beloften Provisional Start List←暫定スタートリスト

知った名は日本、オーストラリア全員と、英国数人とフランスのトマ・ブダ。

トラック好きとしては、オムニアムの世界チャンピオン、ブダと、個抜き&団抜きW世界チャンピオン、アレックス・エドモンドソンの走りに注目したい。

カレブ・ユアンは勿論オーストラリアのエースナンバー。小兵の彼にとって石畳の坂はどんな感じだろうか。小っちゃいのが、わしわしと坂を上る姿が観たいなぁ。

昨年の覇者は、ツァベルの息子。
Comment ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Sorry for the delay in updating my blog (ブログ更新が滞り、申し訳ありません)

ブログの更新が滞り、ごめんなさい。

毎日、阿呆のように更新しまくってたのに、突然こんなんでは怖いですよねー。ご心配をお掛けしました。

実はいぬたろうの実家、私の実家とも病人が出て、めそめそしておりました。

晴天の霹靂…ではなく、年齢的にもそういう問題は覚悟はしていたのですが、いざ直面すると。。。

なるようにしかならんし、出来ることをやるしかないと頭では分かっていても、どんよりとする毎日。

もうこのまま、ブログ辞めてしまうのか私!?とは思わなかったけど(苦笑)、“メモ帳”に向っても考えがまとまらぬここ数日。

で、結局辿り着いたのが、こんなおバカなブログでも、毎日更新する方が、自分の生活のリズムにもなるし、やっぱり楽しい。

あ゛ーーー。おバカだから楽しいのか。。。

そんな訳でございまして、これからもぼちぼちと書いてゆく所存であります。

よかったらまたお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

+++

この空白の1週間のマニアック・ネタは。。。

ジェイコAISワールドツアー・アカデミーのロバート・パワー、イタリアのU23レース(Trofeo Piva Banca Popolare di Vicenza)で表彰台

ロブ・パワーは昨年までジュニアで、今季からジェイコAIS-WTA。2014豪州ロードナショナル選U23RRでは2位の逸材(1位カレブ・ユアン)、2014ロードオセアニア選RRは2位(1位ルーク・ダーブリッジ ※パワーはカテU23なら優勝)。只者ではないのだ。

Trofeo Pivaは3位。展開はよく分からないけど、逃げたのかな。エースのユアンは集団の頭を獲って6位。

記念写真はめっちゃぎゅうぎゅう詰めで、ポディウムガールは余裕(?)のレーパン姿

Trofeo Piva Banca Popolare di Vicenza : Classement
66° Trofeo Piva←写真いろいろ

あと、今年のフランドルの展開は、かなり面白かった!!

あとー、さっき見たシマノのビデオがよかった〜。グリーンエッジの選手がマイヤー兄なら更によかったのにー。インピー、すまん。




それとー、私の心のホワイトボード・ランキングでは、双子(←グリーンエッジ)が急上昇中で、Cycle Sport 6月号の電子版を買おうかと考え中。
Comment ( 3 ) | トラックバック ( 0 )

Lovely Wheel Cushion (素敵な車輪クッション)

以前から気になっている英国発の自転車モチーフグッズ。いやはや何とも愛くるしい。



Stitch-Mi-Lane 公式サイト

自転車柄の襟巻も帽子もいい。そして何よりこのホイール柄のクッションが〜〜〜

こうやって冬の間中悩み続けました(長)。季節外れにはなってきたが、愛は募る一方だ。さてどうしよう。
Comment ( 0 ) | トラックバック ( 0 )

Adelaide Tour Stage 1 (アデレード・ツアー第1ステージ)

本日開幕アデレード・ツアー(4月3日〜6日)。

第1ステージはドラパックのウェズリー・サルツバージャーが優勝。

Adelaide Tour 公式サイト
Subaru National Road Series: 2014 Jarvis Subaru Adelaide Tour | 3 Apr - 6 Apr
SBS: Sulzberger conquers 'corkscrew' to lead Adelaide Tour
Drapac Professional Cycling: Sulzberger conquers the Corkscrew for Adelaide Tour lead
Subaru National Road Series: Sulzberger stakes his claim on Adelaide Tour following ‘corkscrew’ victory

スタート20キロで11名の逃げが決まる。サルツバージャー弟はその中の一人で、チームメイトのジョナサン・キャントウェルの献身的なアシストもあり、チャンスをものにした。

オーストラリア人選手はプロツアー・チームに沢山いるし、生存競争は厳しいものがる。

プロツアー・チームから地元のプロコンへの移籍は、分かっちゃいるけど、淋しさを拭えない。特にグリーンエッジからドラパックへのお二人さんが…(←某ダブル弟)。

でも、ローカルレースレベルだとやっぱり強いんだよね。格上って感じ。だから、ウィル・クラークみたいに行ったり来たりするパターンになるのだろうけど。

まあ、都落ち感を嘆くのは私だけで、当人たちは志も高く、新チームでヤル気満々なんだと思う。

兎に角、サルツバージャー弟の活躍が非常に嬉しい!!


(photo: Drapac Pro Cycling 公式サイトより)

Comment ( 2 ) | トラックバック ( 0 )

2016 Track Worlds (2016トラック世界選はやはり…?)

オリンピック夏季大会競技団体連合(ASOIF)の公式サイトのカレンダーに。。。



24 Feb 2016 - 28 Feb 2016 UCI Track World Championships 2016 Cycling - Track / London / England

ASOIF - ASOIF Members: Cycling - Union Cycliste Internationale←“MEMBER CALENDAR”の3ページ目

うむ。ここまでの話を整理すると、2015年のトラック世界選の開催地は決まってないけど、2016年の開催地はロンドンということでOK?(←整理するほどの複雑な内容ではないが…)

昨年の時点で、2016はロンドンに決まってたのに、2015がふりだしに戻っちゃったせいで、なんだか私は全てが信用できなくなっていたのだが、やはりロンドン? 公式サイトがあるぐらいだから、信じていいよね?

五輪開催年はUCI会長のお膝元で、ってか。まあ、ここ20年の五輪開催年のトラック世界選は、イギリスとオーストラリアの2種類しかないから(苦笑)。


【関連】
2016 UCI Track World Championships in London (2016トラック世界選、開催地はロンドン)2013-09-26
Aguascalientes? Paris? London? - Future Track Worlds - (トラック世界選の開催地)2014-03-11
2015 Track Worlds in Melbourne? (2015トラック世界選はメルボルン?)2014-03-17

+++

今回、調べ物をしていて、オリンピック夏季大会競技団体連合という非営利スポーツ団体があることを知った。

もし自転車競技のどれかが、冬季オリンピックに移動・採用なんてことになると、オリンピック冬季大会競技団体連合(AIOWF)にもUCIは加入することになるんだよなぁ。

種目が増えるのは喜ばしいことだけど、冷静に考えると、氷上でも雪上でもないスポーツが冬季五輪なんて奇妙な気はする。
Comment ( 0 ) | トラックバック ( 0 )
« 前ページ
 
 
AX QLOOKアクセス解析