HONK de BONK

鳥の“落し物”が直撃しましたが(泣)鳥には寛容な私です。。。

Track Worlds 2018 - 2020 (トラック世界選2018~2020年)

2017-04-28 16:46:08 | bike
今後のトラック世界選の予習でも…と思い、Wikipediaを開いたところ、驚きの開催地が!!

2018年 アペルドールン(オランダ)…2月28日~3月4日

ふむふむ。これは香港のトラック世界選中に、UCIから発表があった。

UCI: Apeldoorn to host 2018 UCI Track Cycling World Championships presented by Tissot

2020年はベルリン。立候補していたしね。

意外な開催地と言うのは2019年のプルスコフ(ポーランド)。

私が初めてトラック世界選の現地観戦をした思い出の地…。

否、そんなことはどーでもいいのだ。

五輪前に日本で開催じゃないのー!?

Wikipedia: UCI Track Cycling World Championships

ただ、このプルスコフは確定じゃないのかなぁ。

記事を検索したが、目ぼしいのはこのポーランド語のモノぐらいだった。

Kolarstwo torowe: MŚ w 2019 roku prawie na pewno w Polsce!

自動翻訳を大雑把に検証すると。。。

「99%やる自信あり!! 香港では、男子スクラッチ金メダル、男子ポイントレース銅メダル、4位3回と頑張ったし!!」

まあ、こんな感じだ(ざっくり)。

考えたら、世界選は五輪開催地のテスト戦じゃないんだよねー。

ワールドカップ、大陸選、ジュニア選がその役割か?

+++

予習になるのか? 単なる復習なのか?

未来の世界選会場。

【プルスコフ】(photos: 2009年)

豪州ナショナルチームのトラックはサウスオーストラリア・ドットコム(懐かしい・笑)


会場(BGŻアリーナ)


入口


ヴェロドロームからの景色
荒涼~~~~~


バンク


会場のすぐ近くに宿があったんだけど、何だかサ●テルっぽくって、怖くて泊まれなかった(苦笑)。

10年前の話になる訳だから、再来年はヴェロドロームや周辺環境は、どんな感じになっているのだろうか。


【ベルリン】(photo: 2012年)
ベロドロームの外観は見た筈なのに、写真は撮っていない。

というのは、普通のルートだと駅からの通路でヴェロドローム直結。

しかし、初めて訪れた時(2011年)道に迷って、ちょうどこんな感じでヴェロドロームの建物を目にした。

Wikipedia: Velodrom (Berlin)

ただ、画像のような明るい雰囲気ではなく、夕暮れ、荒涼としている、寒い、怖そーなおにーさんたちがたむろしている等々、慌てて撤収したので、写真など撮っている場合ではなかったのだ。ふぅ~。

そんな訳で内観。


ここの近未来っぽいところが私は好きかもしれない


【アペルドールン】
行ったことがないけれど、覚えているのはバンクが重いこと。

香港では世界新が一つも更新されなかったが、2011年トラック世界選アペルドールン大会も同じ。

体が大きくパワーがあるオランダ人仕様か?なんて噂もあったほどだ。

香港でもバンクが“bumpy”(でこぼこ)という話が出ていたし、アペルドールンもそうだった。

香港のバンクがもっとスムーズだったら、オーストラリア男子は団抜きの世界記録を出していたのかもしれない。

ううむ。。。 期せずして、香港世界選の反省会になってしまった。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

An Post Rás Preview (アンポスト・ラース予習)

2017-04-25 21:04:16 | bike
今年のTOJ最終日に、どうしても参加したい自転車関係ではないイベントがあった。

もしマイヤー兄が、豪州のローカルチームからTOJ出場なんてことがあったらどうしよう…と思い悩んでいた矢先、TOJと日程が全く同じアイルランドのレース、An Post Rásへの参戦が発表され、安心して某イベントに応募したのだった(←抽選制)。

A further three international squads have been announced to take part in this year's An Post Rás

そして本日、その抽選に当選!!(喜)

物事がまあるく収まると、もう一波乱ある気がしてならない。

まだ1ヶ月弱あるしねー。

取り敢えず、アンポスト・ラース(=レース)の予習。

An Post Rás 公式サイト
YouTube: anpostcycling(←昨年は最終日にライヴ・ストリーミングがあったみたい)

2017トラック世界選団体追い抜き優勝のメンバーから3名(キャメロン・マイヤー、サム・ウェルスフォード、アレックス・ポーター)がAn Post Rásに出場予定。


トラック世界選@香港 団抜きポディウム
マイヤー兄の向かって左がウェルスフォード、その隣がポーター。
(photo by inutaro)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Music in Hong Kong Velodrome (トラック世界選のBGM)

2017-04-22 22:50:44 | trip to Hong Kong 2017
トラック世界選の香港ヴェロドロームのBGMがなかなか良かった。

音楽に明るくない私の戯言。

・ 新しい曲多め、懐メロ時々、そのハーモニーが絶妙。
・ 音量は大きい。でもまあ我慢できる程度。
・ アーチボールドが、女子オムニアムで優勝が決まった時に流れたのが Franz Ferdinandの「Take Me Out」。スコットランド繋がり。分かってるよね~。最高のタイミングで感激。
・ 男子オムニのポイントレース前は「The Final Countdown」。ベタだけど盛り上がる。あと懐メロ系は「Take On Me」とか「Town Called Malice (悪意という名の街)」とか。
・ 新しめのところではJustin Timberlakeの「Can't Stop The Feeling」とか。私ジャスティン・ティンバーレイクは結構好きなんだけど、この曲はジムのピラテスの“最もつらい腹筋”で使ってる曲なので、条件反射のように脂汗が出る(哀)。
・ BGMって重要だ。
・ 現地観戦した韓国の2014ジュニアトラック世界選のBGMの思い出、全くなし。
・ グラスゴーの2013ジュニアトラック世界選は、ライヴ・ストリーミングからも盛り上がるBGMはっきりと。
・ 日本で世界選だとかオリンピックをやる時に、ちゃんと出来るかなぁ。心配。幼稚な選曲になりませんように…。

ここが現地実況ルーム。


(photo by inutaro)


左の野球帽おにいさんがが広東語。窓を開け箱乗り状態で(昔の私が懐かしまれます・違)、熱く実況。

一人置いて、坊主の強面風のおにーさんが、おそらく英語実況。

UCIチャンネル(YouTube)のマクロッサン氏はどこでやってたのかな? ヴェロドローム内とホテルへの道端で遭遇した(※ キャメロンうちわを持っていたら、何故か会釈される…)。

昔の場内実況は、フランス語と現地語だったと聞いたことがある。いや~、今がそうじゃなくてホッとするよ。

で、この部屋のその他の人たちが、音楽選択に関わっていたのかなぁ。

ホント、楽しくてよかった~。

【香港ヴェロドローム思い出の曲2選】
Franz Ferdinand - Take Me Out


CAN'T STOP THE FEELING! (From DreamWorks Animation's "Trolls") (Official Video)
Comments (4)
この記事をはてなブックマークに追加

Not Available in your Country (愛と哀しみの“お住まいの国では公開されていません”)

2017-04-21 22:47:07 | trip to Hong Kong 2017
「トラック世界選の録画でも見るか。へっヘっへっ♪」と、テレビの録画済みリストを開いたら、世界選が4日分しかなかった。

「Noooooooooooooooooooooooooooooooooooo!!!!!!!!!!」(←発狂)

撮れてなかったのは5日目だ。

ふつーに考えると、私がミスった、予約し忘れたということだろうが、「5日分あるねー? あるよー!!」と自問自答しながら、細心の注意を払って録画予約したのだ。そこまでしたにもかかわらず、私は耄碌しているのだろうか…(涙)。

機械のミスというパターンもある。

お知らせコーナーみたいなところに「録画に失敗しました」とか記録が残る。

それは来てないんだよねー。。。

私☆耄碌説が有力だが、サイクリングファンズのここを見ると、フランス語オンデマンドも5日目がない。

偶然なのかな? 何か得体の知れない陰謀とか(違)。

どこに怒りの矛先を持っていけばいいのだ?(←たぶん、自分)

そーなんだけど、UCIチャンネルさえ国制限がかかってなかったら、「大画面じゃないけど、見られればいいよね~」ぐらいの気持ちの余裕はあった!!(怒)

大体、“あそこ”は、もう再放送もやらないだろうね。

とっとと解約してやったぜ!!

国制限するより、YouTubeでいろんな人に見てもらって、トラック・ファンを少しでも増そうとか思わないのかな?

あー別に増やす気なし?

だよねー。特に中長距離には冷たいよねーーー。

そんなこんなで、怒りに任せ、荒業を使って【5日目】を見ることができた。

ただ…、マディソンの85 Laps To Goで画面が固まった(←にっちもさっちもいかない)。

ああ゛あ゛ーーーー、これからがいいところ~なのにーーーーー(号泣)。

3時間20分の映像を、最初から見直すのは無理でござる(※ 何故か途中からは再生できない仕組み)。

まあ、ほとぼりが冷めた頃に、どこかで見ることができるだろうと希望を持つことにした。

そもそも私は現地で観たではないか。。。

………。

マディソンの一人反省会をやりたいんだよーーーーーーーー!!

サイクリングファンズの“Available in most countries”を見ると泣けてくる。

ほとんどの国では観られるのに。。。


ガチだからこそラップが許されないマディソンは見応えがあった(photo by inutaro)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Secret of Victory Ceremony (表彰式の秘密)

2017-04-20 19:53:06 | trip to Hong Kong 2017
表彰式が好物だ。ガッツポーズの瞬間と同じぐらい。国産の鰻と同じぐらい。松坂牛の…(もういい)。

そりゃあ、贔屓の選手が喜んでるところを見るのは、幸せの極致なんだけど、あんまりよく知らない選手だとしてもかなり嬉しい。

特に、初めて表彰台の真ん中に立つような選手の感激っぷりには、いつもじーんとさせられる。

今回の団体追い抜きのマイヤー兄、びっくりするぐらい嬉しそうだったんだよねぇ。

団抜きのアルカンシェルは、2010年のコペンハーゲンでも獲ってるんで、初めてじゃないのにね。


ホントに嬉しそうだ


年長者としてチームを牽引しているので、喜びもひとしおなのだろうなぁ。


あ、、、騒いでることに気付かれた?


チームの中でも誰よりも嬉しそう


ふと冷静になって獅子舞を確認


やーん、、、嬉しい!!


これでもかってぐらい嬉しい!!


+++


デジタル国旗掲揚


今大会も“CGビデオ国旗掲揚”だった。

デジタル国旗掲揚は、巷ではあまり評判がよくないのかなぁ。

昨年のトラック世界選では、サー・クリス・ホイが苦言を呈していた。

National Anthem & Raising of the National Flag(国歌と国旗掲揚)2016-03-08 21:04:04

時代の流れというものか。。。

+++

今大会のフランスの優勝は、キロTTとオムニアムとマディソン。

私の近くで、フランス国歌を大声で歌っている人がいた。

遠慮なくじろじろと見る訳にもいかず、目の端でこっそり確認したんだけど、どうもその人、フランス人じゃない感じがした。

でも目出度いことだから、一緒に歌うのもいいことなんじゃないかと思えてきた。

それに私は、フランス国歌のメロディーが勇ましくて好きだ(歌詞はなかなかおどろおどろしいが・苦笑)。

しかし、フランス語を習ったこともなければ、読み方も分からない。

そんな私に朗報です。

フリガナ付き フランス国歌 ラ・マルセイエーズ 仏語歌詞 和訳付き


♪まるしょーん、まるしょーん、かーんさんあんぷー、あぶるーぶのしよーん♪

は、覚えた。

如何せん、馴染がない言語なんで、それ以外は頭に入ってこないんだよなぁ。

オーストラリア国歌なら、フリガナなしでも大丈夫だよねー。

豪州国歌は「国民だって誰も歌えねーよ」(驚!)とか聞いたことがあるけど、キャメロンは歌ってたような気がする(今回未確認)。

オーストラリア連邦 国歌「進め 美しのオーストラリア」(Advance Australia Fair)日本語訳/National Anthem of Australia


(photos by inutaro)
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

My Third Track Worlds Trip (3回目のトラック世界選の旅)

2017-04-19 22:40:09 | trip to Hong Kong 2017
各国それぞれに楽しかったトラック世界選。その中でも香港は物理的には非常に便利な世界選だった。

日本から近い。ヴェロドロームはホテルから徒歩10分。香港の中心部ではないが、空港からホテルへの直行バスあり(90分弱)。ショッピング・コンプレックスもある。

過去3大会をざっくりと比較。

【2009 プルスコフ(ポーランド)】
1日のチケット代…約1800円

・ チケットの支払いが、なんと銀振り!!(海外送金大変…)
・ 前日の成田での貨物機事故で滑走路閉鎖。欠航の危機も、無事に渡欧。
・ が、ロストバゲージ。
・ 旅慣れてないから、スーツケースに大事な物いろいろ(涙)。すぐに使うような必需品は手荷物で!!(教訓)
・ 近道とか余計なことして、初日の帰りに雪中遭難寸前。
・ 初めてのトラック世界選だから、感動の嵐だったなぁ。

マイヤー兄の成績…団抜き2位 マディソン2位 ポイントレース…1位

【2012 メルボルン(オーストラリア)】
1日のチケット代…7000~9000円

・ 初めてのLCCで弾丸旅行。
・ チケットも物価も高い。
・ 奇跡の展開のポイントレース。
・ ヴェロドロームのスタッフさんはきちんとしてる上にフレンドリー。国旗持ってたら(←日本だよ)、ガムテープでフェンスに貼ってくれた。
・ でも、うろうろしてると、やんわり席につくように言われる。
・ アフタヌーンとイブニングセッションの間、チケット持ってたらヴェロドロームにいてよし。

マイヤー兄の成績…マディソン3位 ポイントレース1位

【2017 香港】
1日のチケット代…約6000円

・ ここで東京五輪のトラックやった方がいいんじゃないかと思うぐらい便利。
・ いい席で観られた。
・ 運営がいい加減と言うか、雑と言うか(苦笑)。
・ 香港のファンとお話したが、自国以外にお気に入りの国があるんだよね~。英国とか米国とか。

マイヤー兄の成績…団抜き1位 ポイントレース1位 マディソン…2位

≪今日の1枚@香港≫←いつまでも続きそう

キャメロン・マイヤーとティム・デッカー コーチ(ポイントレース、スタート前)
横断幕持って騒ぐので笑われるの巻(photo by inutaro)



+++

どこが一番よかった…ということもなく、それぞれ面白かった。

メルボルンの時、豪州人との変な一体感を感じたんだけど、それは私がマイヤー兄のファンだからなのかなーと思っていた。

でも今回も香港人との一体感を感じた。

同じアジア人であったり、ヴェロドロームの熱い雰囲気であったり、何より同じ自転車ファンであることが生み出すグルーヴ感なのか。言ってて恥ずかしいぜー(照)。

特にケイリンでアワンが勝った木曜日の夜。

アワンって愛されキャラだから、アジア人云々でもないのかもしれないけど、興奮の坩堝といった様相だった。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

From Hong Kong (香港だより)

2017-04-15 07:59:46 | trip to Hong Kong 2017
毎日がエキサイティングです。

マイヤー兄にはポイントレースのスタート前に手を振ってもらった。

ポルトガルの双子ちゃんには朝食レストランで会えた。

ポマリオ審判はバンク内側ではなく、管制塔みたいな所からレースをチェック。トラブルの度に、そこを双眼鏡でチェック。コーラ大好きで、遠視の人。今のところ、非情のポマリオ裁き的なジャッジは見られません(苦笑)。


手を振ってくれる前。


「ね! ね! 今の写真に撮ってくれた?」

「何?? 見てなかった(笑)」

今回、写真係のいぬたろうです。

写真係失格なので、後でしばきました(怖)。

いつも写真撮影に固執しがちな私だが、今回はいい双眼鏡も買ったことだし、目で見ることにした。

この方が、自分には向いてるのかもしれない。

楽しさ倍増。

ここ2、3年、いろいろあったから、レース情報をチェックしきれなくて、浦島太郎状態も、トラック競技への情熱再燃。

やはりトラック・サイクリングは面白いし、現地観戦に適している。

例えばキャメロンがポイントレースをほぼ決めてしまった時に集団に漂ったガッカリ感が半端なかった(苦笑)。

+++

今日で私のトラック世界選の旅も折り返し地点。

マイヤー兄の出場種目はないので、多少リラックスして観戦できそう。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Track Worlds Day 1 (トラック世界選 初日)

2017-04-12 19:37:04 | bike
初日、マイヤー兄擁する団抜きオーストラリア・チームが予選で好タイム発進。

ワールドレコードへあとちょっと。

グレン・オシェイ曰く、「残り2周で、イギリスを抜くアレがなかったら(※ 抜く時、邪魔くさい)、よかったんだけどねぇ」。



だよねー。私もそう思う。鱈&レバー。。。

まだ1回戦、ファイナルと残ってるので、楽しみでもある。

+++

すごく気になるのが、オーストラリアの新ジャージ…ではなく新靴下。

ソックスというより、靴カバーの素材で靴下作りました、長さもギリギリです、みたいな感じである。


トレーニング・セッション
(photo: Cycling Australiaより)


+++

ポルトガルの双子ちゃん、イヴォ・オリヴェイラは個抜きとオムニアムに出場予定。

マイヤー兄と種目がカブってないから、心置きなく応援できそう(笑)。

ガッツポーズの神、ルイコスタにも応援されている。



双子が所属するAxeon Hagens Bermanの公式サイトを見たら、イヴォと双子のきょうだいのルイの見分けが全くつかなくなっていた。

Ivo
Rui

以前は何となく分かったんだけど。イヴォは歯の矯正をしていたしね。

監督のカズシゲ(Axel Merckx) は、安定感がにじみ出ている(←久しぶりに見たけど、ぎょっとするほど変わっていないの意)。

+++

一応、貼っておきます。

UCIのライヴ・ストリーミング情報。

UCI公式サイト: LIVE

+++

これから、ポマリオ審判の審議の嵐が吹くのかなぁ(どきどき)。
Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Track Worlds Eve!! (トラック世界選前夜祭!!)

2017-04-11 20:23:20 | bike
豪州のナショナルチーム・ジャージが新しくなった。



どこが変わったのか分からない人もいそう(苦笑)。

ゴールド(黄色)とグリーンのバンドの色調が変わった。

あと、袖や背中に☆

以前のはこんな感じ。



+++

チーム・オーストラリアのアデレードから香港への旅路ビデオ。

Cycling Australia: 2017 Australisn Track Cycling Team  Hong Kong(←音出ます)

チームの荷物総重量って2トンなんだー。

なんか凄い気もするけど、大きめサラブレッド4頭分と思うとたいしたことがないかも。

臥牙丸(ががまる)だと10人分。。。

何が言いたいかがよく分からなくなった。てへっ。

で、豪州チームはトランジットで必ずと言っていいほど、プールで遊ぶ。

いやいや、これはリカバリー・セッションみたいだけど。水中ウォーキングしておられる。

滑り台で「ひゃっほー!!」みたいな時もあるから。

「肉体が貧相な人はプールでのインタビュー(←お宝映像系)ないんだ……」

と、ガッカリしていたら、香港ヴェロドロームでは自らお宝に。。。



変顔はしないってかー(笑)。

+++

男子団抜きスタートリスト。

Men's Team Pursuit / Poursuite par équipes hommes Qualifying / Qualifications Start List / Liste de départ Wed 12 Apr 2017 - Race distance: 4000m(←PDF)

オーストラリアは第9ヒート(最終)で英国と。

楽しみ~~~
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

Genuine Cycling in the Gym (ジムでVR自転車トレ)

2017-04-09 22:39:24 | bike
10年に1度ぐらいの割合で、私にジム・ブームがやってくる。

パターンとしては。。。

ヤル気満々→週に4、5日行っちゃう→電車の定期券まで買っちゃう→だんだんと飽きてくる→更衣室をずぶ濡れでウロウロする人がイヤだ→サウナでのしょーもない噂話がイヤだ→風邪ひく→行くの面倒になる→やめる

まあ、大体こんなパターンだ(堂々)。

しかし最近、生命の危険を感じ始めた。

これまでは、デブの割には健康診断の数字が悪くなかった。

痩せてても中性脂肪が…なんて人もいるじゃない?

が、そんな己の体の強さに甘えていたら、だんだんと数値がギリギリの状態に近づいてきた。

筋力の衰えや、体の柔軟性のなさがヤバすぎる気もしてきた。

なるべく、1日1万歩以上歩くようにしているが、だらだら歩いてるだけじゃダメな感じだし。

そこで、運動することにした。

いぬたろうが見つけてきたビンディング・シューズ+スピニング+VRと言った感じのジムのプログラムがとても楽しくて入会。

ちゃんと続けられますように。

すぐに飽きませんように。

健康になれますように。

嗚呼、全部自分次第かぁぁ~~~。

頑張ります…。

+++

PVがとてもカッコイイ。。。

THE TRIP | IMMERSE YOURSELF | LES MILLS


久々にビンディング・シューズをはいた。

なんだか、すごく懐かしくていい感じだ。

いぬたろうが「マイシューズ持ってくればいいじゃん」と言っていたが、私のロードの靴はMTB用なので(※ サイクリング中にうろうろ歩くのでクリートが出っ張ってない理由)合わないんだよ…。


靴下はアレックス・ツーレが好きだった頃に買った
某高級スイスブランド(←古!!!???)
でも、新品同然よー(←もったいなくて履いてない)
Comment
この記事をはてなブックマークに追加