公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

12/17 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2018-12-18 02:22:45 | 政治経済問題
米国 業種別ランキング




ダウ平均株価



今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

S&Pトロント総合指数 

ボベスパ ブラジル 

メルバル アルゼンチン 

IPC メキシコ 


欧州株価指数


ロンドン株17日 続落 米株安に連れ安:日本経済新聞

2018/12/18 2:01

【NQNロンドン】17日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3日続落した。前週末14日の終値に比べ71.93ポイント安の6773.24で引けた。

消費関連株を中心に下落して始まった。午後に入り、米株相場が下落して始まったことにつれて、英株の相場も下げ幅を広げた。幅広い銘柄が売られ、構成銘柄の約9割が下落した。

英ファッション通販大手のASOSの急落が波及し、同業小売りのネクストやマークス・アンド・スペンサー(M&S)、ネット専業スーパーのオカドなどに売りが膨らんだ。ASOSは本格的な年末商戦期を前に業績見通しを引き下げたことをきっかけに売られ、30%超下げた。英経済の先行き不透明感がくすぶるなか、住宅建設株や金融株も売られた。テクノロジー株も売りが先行した。引けにかけてエネルギー関連サービスのウッド・グループと総合ヘルスケアのNMCヘルスが値下げ幅を広げ、大幅安で引けた。

半面、主力の鉱業株が上昇した。自社株買いが完了したと伝わったBHPビリトンと、一部アルミニウム製錬所の売却が完了したリオ・ティントの上げが目立った。



FTSE100イギリス
▼1.05%
6,773.24
H:6,845.17
L:6,761.38
-71.93
12/17


ドイツ株17日 続落、景気減速への警戒続く:日本経済新聞

2018/12/18 2:03

【NQNロンドン】17日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は3日続落した。終値は前週末14日と比べて93.57ポイント(0.86%)安の10772.20だった。

前週末に引き続き、欧州の景気減速を警戒した売りが優勢で始まった。午後に米国の株式相場が下落して始まったことに伴い、欧州株も下げ幅を拡大した。ドイツ株は一時1.5%程度まで下げ幅を広げる場面があった。構成銘柄の約8割が下落した。アディダスが大幅安で引けた。電力のエーオンの下げも目立った。一方、医薬・農薬大手のバイエルが上げた。

欧州各国の株式相場も下げ幅を広げ、フランスの株価指数CAC40とイタリアのFTSE・MIBは同1%以上、下落した。



DAXドイツ
▼0.86%
10,772.20
H:10,886.80
L:10,700.62
-93.57
01:34

CAC40フランス
▼1.11%
4,799.87
H:4,847.50
L:4,788.88
-53.82
01:35

SMIスイス
▼1.45%
8,597.70
H:8,703.50
L:8,589.50
-126.20
01:34

FTSE MIBイタリア
▼1.15%
18,693.45
H:18,914.34
L:18,655.45
-217.34
01:34

IBEX35スペイン
▼0.83%
8,812.50
H:8,906.20
L:8,807.90
-73.60
01:34

AEXオランダ
▼1.27%
500.08
H:504.89
L:498.08
-6.45
02:05

BEL20ベルギー
▼1.57%
3,331.26
H:3,378.97
L:3,321.45
-53.03
12/17

ATXオーストリア
▼1.69%
2,862.87
H:2,911.13
L:2,853.42
-49.09
12/17

PSI20ポルトガル
▼1.52%
4,730.62
H:4,812.96
L:4,727.66
-72.80
02:00

ASEギリシャ
▼2.05%
632.04
H:644.08
L:631.15
-13.20
12/17

OMXS30スウェーデン
▼1.34%
1,451.95
H:1,471.68
L:1,450.36
-19.73
12/17

OBXノルウェー
▼1.23%
759.10
H:770.99
L:759.10
-9.46
12/17

OMXC20デンマーク
▼1.06%
925.96
H:934.43
L:925.20
-9.88
12/17

RTSロシア
▼0.27%
1,113.44
H:1,126.93
L:1,111.01
-3.06
00:51

ISE100トルコ
▼0.63%
89,961.91
H:90,995.42
L:89,933.04
-566.73
00:10

AllShr南アフリカ
▼0.35%
51,560.47
H:51,744.16
L:51,062.58
-183.69
12/14

ユーロ・ストックス50
▼0.94%
3,063.65
H:3,092.82
L:3,053.56
-28.95
12/17


欧州市場サマリー




為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)



為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)



世界各国通貨に対する円




ビットコイン アルトコイン



工業用金属

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

「押し紙」耐え切れず店主自殺続発!:新聞販売店は今や「究極のブラック業界」か(文春オンライン 2018/03/19 11:00)

2018-12-17 19:56:22 | 政治経済問題
「右肩上がり」の経営モデルが崩れたばかりか、「押し紙」という「インチキ手法」も通用しなくなった新聞業界。

結果、宅配を支える新聞販売店での悲劇が続発しているようだ。




文春オンライン 幸田 泉 2018/03/19 11:00

2017年末、東京中心部のオフィス街を騒然とさせる出来事が発生した。東京都千代田区の日本経済新聞社東京本社ビルのトイレで火災が発生し、男性1人が亡くなったのだ。火災の1週間後、警視庁丸の内署は男性の身元を発表。亡くなる1カ月ほど前まで東京都練馬区で日経新聞の販売所長をしていた水野辰亮さん(56)だった。焼身自殺の可能性が高いという。水野さんの死は全国津々浦々に張り巡らされた新聞販売網に衝撃を与えた。こんな死に方をする人がついに出たか――販売店主らはこう受け止めている。

 日経新聞は2015年に英国の有力経済紙「フィナンシャル・タイムズ」を約1600億円で買収し、世間をあっと言わせた。

 だが、この買収劇の裏で日経新聞を扱う新聞販売店主らは、「そんな金があるなら『押し紙』を減らせ」と不満を募らせていた。

「押し紙」とは、新聞を発行する本社が読者の数を多く超える部数の新聞を、販売店に買い取らせることである。

「近年、日経新聞も読者離れが進み、販売店に押し紙が増えている。日経新聞は高価格なので、読者が付けば販売店の利益は大きい。しかし、読者が去って押し紙が増えると、日経新聞社に払う新聞原価が高い分、販売店の損害も大きい」(販売店事情に詳しい全国紙関係者)

 他紙に比べて元々高価格な日経新聞は2017年11月1日、さらに価格を上げた。月4509円(朝夕刊セット)の購読料を一気に月4900円にしたのだ。

値上げは「押し紙を25万部ほど減らすため」

 この値上げの真相は、業界ではもっぱら「押し紙を25万部ほど減らすため」と言われている。販売店からの突き上げが無視できないところまで来たということだろう。公表発行部数は一気に減るものの、表向き「値上げで読者が減った」という理由は立つ。値上げ前、日経新聞社の販売担当社員は販売店を訪問し、5部や10部と僅かではあるが、押し紙の減数を伝えていた。

 だが、その程度の減数は焼け石に水で、販売店が苦しいことには代わりはない。そんな最中に水野さんの死は起こった。多くの新聞販売店関係者はこう推し測る。本社に対して「抗議の自殺」を遂げたのだ、と(日経新聞社広報室は〈亡くなられた元店主の男性は、当社の取引先の新聞販売店を長きにわたって経営されており、このような事態になったことは誠に残念であり、ご冥福をお祈り申し上げます〉とし、〈警察の捜査が続いていることもあり、憶測に基づくコメントは差し控えさせていただきます〉と回答した)。

「新聞の読者離れ」が言われ始めてもう20年近く経つが、特に直近10年は業界全体の凋落が激しく、販売店への重圧は増すばかりだ。

 販売店を苦しめている原因としては、押し紙に加え、10年ほど前から「折り込み広告」の量が下降線を描き始めたことが挙げられるだろう。広告を新聞に折り込む手数料は、販売店の潤沢な収入となる。新聞社が読者の数を大幅に超える押し紙を販売店に買い取らせる一方で、販売店は、折り込み広告収入で押し紙の損害の埋め合わせをしてきた。新聞を読まない「無読層」が増えるほど、販売店にとっては広告収入が生命線となる。

 実は近年、表面化はしていないものの新聞販売店主の自殺は多発している。新聞社という大看板の陰で販売の現場からは悲鳴が上がっているのだ。その実態をレポートする。

生命保険で給料を……

 日本海に面した山形県庄内地方。冬は深い雪に覆われ、厳しい気候にさらされるため、この地域の新聞配達の苦労は並大抵ではない。

 2014年7月、この地で読売新聞の販売店主A氏が自ら命を絶った。遺族を訪ねたが、「お話しすることはありません」と絞り出すような声が返って来るだけだった。A氏を知る販売店主は「経営難で従業員に給料を払えなくなっていると聞いていたが、まさか自殺してしまうとは……。同じ苦労をしている仲間として、彼がそこまで困っているのに気付いてあげられなくて申し訳ない」と悔やむ。

 当時、読売新聞社は山形県内で販売店主を廃業させて新しい販売店主に引き継ぐ「販売網の再編」を積極的に行っていたという。

「経営者が変わって新店になった時は本社(新聞社)からまとまった補助金が販売店に支給され、販売店はそれを軍資金に『セールスチーム』を雇う。セールスチームを投入すると確かに一時的に部数が増えるので、本社の担当員(販売局社員。担当エリアを持つのでこう呼ばれる)は入れたがるんです」(同前)

 セールスチームは、かつて「拡張団」と呼ばれていた要員で、各家庭を戸別訪問し魅力的な景品を提示するなどして新聞購読契約を獲得する営業専門部隊である。だが、彼らが集めるのは景品に釣られて契約する読者なので、契約期限が切れると購読を止めるパターンが多く、結局、部数はガタッと落ちてしまう。

「販売店に体力が無い現在、セールスチームの投入は販売店にメリットがありません。報酬は歩合制なので、半端じゃない経費がかかるからです。しかし本社の担当員は一時的であっても部数増が自分の実績になるので、販売店が渋ったら、少々強引に店主を変えてでも、本社の補助金でセールスを入れようとする傾向がある。Aさんの店はセールスなどの販売促進費がかさみ、資金繰りが追い詰められて借金で回していると噂されていました。Aさんは優しい性格で本社とケンカするタイプではなかった。それにとても責任感の強い人だった。経営の苦しさから逃げたんじゃない。自分の生命保険で従業員の給料を払い、借金を返そうとしたんだと思います」(同前)

 読売新聞グループ本社広報部は、〈(A氏は)新聞販売店の経営を続けていく意向を持たれていたと承っております〉とした上で、〈とはいえ、A氏が亡くなられたことは大変残念であり、誠に悲しいことです。当社に至らなかったところはなかったのか、防ぐことはできなかったのか、このような出来事が再び起きないよう原因の解明を続けております〉との見解を示した。

 朝日新聞では、2014年9月に群馬県の販売店主B氏、2017年4月に東京都内の販売店主C氏が自殺している。

 B氏は30代の若さだった。群馬県の新聞販売関係者は「自宅で首を吊ったと聞いている。本社はB氏を若手のモデル店主に育てようとしていたようで、目をかける一方で要求も厳しかったようだ」と語る。C氏を知る朝日新聞関係者は「本当に腰が低い謙虚な人だった。本社に言いたいことが言えず、行き詰ってしまったのではないか」と明かす。

 いずれも真面目な販売店主の悲劇だ。2人の死について朝日新聞社に問い合わせたが、〈故人のプライバシーに関わりますので、弊社としてはお答えする立場にありません〉(広報部)としか回答しなかった。

部数を大きく見せていた

「兄が死んでから3年が経つが、あの時の新聞社の態度は今でも許せない。墓参りの度に悔し涙が出る」

 大阪府在住の40代の男性はこう語る。この男性の兄のD氏は1990年代から約20年、大阪府内で毎日新聞の販売店を経営していたが、2015年1月、自家用車の中で練炭自殺した。

 弟は内幕を打ち明ける。

「兄の販売店を使い、毎日新聞社は部数を大きく見せてきたのです」

 D氏の販売店は折り込み広告が多いエリアで、2008年のリーマンショック前までは1部当たり月2000円ぐらいの折り込み広告手数料が入っていた。毎日新聞社から販売店が新聞を買い取る購入原価は月約2300円(朝夕刊セット)だが、購入量が一定部数を超えると月約1000円まで原価が下がるので、読者がいなくても新聞を買えば1部当たり月約1000円儲かることになる。

「だから兄は本社から言われるままに購入部数を増やしていました。折り込み広告が潤沢だった頃は、読者がいなくても販売店に利益が出るので、年末に本社から『来年はこの部数を買って』と、毎年購入部数を増やされていました。それにホイホイ従う不真面目な商売をしていた兄も悪いですが、本社は販売店の折り込み広告収入を利用して部数を水増ししていたんです」

 2010年代に入ると折り込み広告の減少が深刻になり、販売店経営が苦しいD氏は廃業を決意したが、毎日新聞社の担当員から「補助金を増やすので続けてほしい」と引き止められたという。しかし一向に補助金が増額されず、怒ったD氏は弁護士を通じて毎日新聞社と交渉し、D氏の言い分が認められる形で和解して販売店を廃業した。

 D氏が自殺したのはそれから約半年後のことだった。弟は「離婚した兄に妻はおらず、遺書もなく自殺の真相は分からない。販売店の他にレストランなども経営していたのでそれらが不調だったのかもしれない」と推し量る。

「葬式に行くな」

 弟が新聞社を許せないのは、D氏の葬式の際の出来事が原因だ。

「兄が死んだことを毎日新聞社に伝えると、販売局社員が『元販売店主の葬儀には何かする決まりになっていないので、毎日新聞社としては何もしません』と返答して来ました」

 D氏の販売店は日経新聞も扱っていたので、弟は日経新聞社にも連絡した。その後まもなくして日経新聞社幹部からかかってきた電話の内容に耳を疑った。

《毎日新聞社から「Dさんは楯突いて辞めた人間なので、我が社は葬式に行かない。日経新聞社も(葬式に)行ってもらっては困る」と言われた。申し訳ないが、お兄さんのお葬式には日経新聞社の看板を下ろして個人として行く》

 その後、日経新聞社の幹部が葬式に出席したことが毎日新聞社に伝わったらしく、日経新聞社幹部は弟に改めてこう伝えてきたという。

《毎日新聞社が「葬式に行くなと言ったのに、なぜ行ったんだ。恥をかかせる気か」と言ってきた》

 弟は怒りを吐露する。

「毎日新聞社はいったい何様のつもりなのでしょうか。20年も毎日新聞の販売店をやって来て、最後は弔電もなければ献花もない。村八分よりひどいし、他社の人間が葬儀に行くのも止めさせようとするなんて死者に鞭打つような行為です」

 D氏について毎日新聞社に問い合わせると、社長室広報担当が〈元店主の死去の場合、葬儀参列や弔電・献花の対応はケースバイケースです〉と回答した。

国会議員版の「循環取引」か:21議員の政治資金5億円超が不透明

2018-12-17 19:54:50 | 政治経済問題





12/17(月) 3:04配信 朝日新聞デジタル

国会議員関係政治団体から、後援会などの別の団体に資金が移った結果、詳しい使い道が見えにくくなっているケースが少なくとも21議員で確認された。団体の種類によって支出の公開基準が異なるため。資金移動先で詳しい使途が明らかになっていないのは、2015~17年の3年間で約5億3千万円に上る。専門家は「政治資金の支出の透明化が目的の制度趣旨に反している」と指摘する。

 国会議員が代表になっている政党支部などの「国会議員関係政治団体」は、人件費を除き1件1万円を超える光熱水費や政治活動費について支出先の名称や住所、日付を収支報告書に記載しなければならない。1万円以下の支出も、情報開示請求に対して領収書を開示する必要がある。一方、その他の団体は1回5万円以上の政治活動費など支出の一部を報告するだけでいい。

 15~17年の3年間の政治資金収支報告書を朝日新聞が分析したところ、国会議員関係政治団体からその他の団体に年間500万円以上の資金を移していた議員が少なくとも21人いた。移動先の団体ではどう使われたかがわかりづらくなり、人件費を除いて約5億3千万円分の詳しい使途が外部から確認できなくなっていた。使途がチェックできない額が3年間で計7千万円余りに上る議員もいた。




12/18 国内主要商品指数 ADR銘柄

2018-12-17 19:53:22 | 政治経済問題
ADR銘柄引値一覧

/ ※“ADR引値”は1ドル円で円換算した値です。

コード 銘柄名 国内引値 ADR引値 国内対比 騰落率 出来高




2018年12月18日 05時35分 現在

取引日:2018年12月18日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高




ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高






単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高



白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高




プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高




パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高



バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高




バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高



プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高




東商取原油先物ドル換算価格および世界の原油先物価格

米ドル/バレル

限月 始値 高値 安値 現在値 前日比



世界の原油先物価格 (12/17)

(米ドル/バレル)

東商取・原油 58.52 (12/17 1月限帳入値段)

ICE Futures Europe IPEブレント原油 60.28 (12/14 2月限)

NYMEX・WTI原油 51.20 (12/14 1月限)


ゴム(RSS3)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 150.1 149.0 150.0 149.0 150.0 -0.1 6
2019/01 167.7 167.7 167.7 166.6 167.3 -0.4 27
2019/02 168.5 168.4 169.3 167.9 169.3 +0.8 110
2019/03 169.5 170.0 170.2 169.6 170.0 +0.5 133
2019/04 170.4 171.2 172.0 170.9 171.4 +1.0 350
2019/05 171.6 172.2 172.9 171.6 172.3 +0.7 740


ゴム(TSR20)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 142.5 142.5 142.5 142.5 142.5 +0.0 46
2019/02 144.0 144.0 144.0 144.0 144.0 +0.0 48
2019/03 146.2 146.2 146.2 146.2 146.2 +0.0 88
2019/04 146.2 146.2 147.0 146.2 147.0 +0.8 191
2019/05 146.8 147.0 147.5 147.0 147.5 +0.7 290
2019/06 148.4 148.4 149.0 148.4 149.0 +0.6 557


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高




一般大豆

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高



小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高




コメ先物相場情報



2018年12月18日 16時3分 現在

取引日:2018年12月18日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値




ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値






単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値



白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値




プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値




パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値



バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値




バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値



プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値




ゴム(RSS3)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高




ゴム(TSR20)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高




とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値




一般大豆

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値



小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値




問屋仲間相場・鉄鋼(特記なき限り円/トン)

12/17 日本・アジア主要株式指数

2018-12-17 19:43:15 | 政治経済問題
日経平均は132円高と反発、前週末大幅安の反動で買い先行、一巡後はやや上値重い=17日後場/2018/12/17 15:14

17日の日経平均株価は前週末比132円05銭高の2万1506円88銭と反発。朝方は、前週末の大幅安の反動で自律反発狙いの買いに上昇して始まった。前週末の米国株式は大幅に下落したが、その背景要因となった中国経済指標の悪化を先行して織り込んでいた面もある。いったん下げに転じたが、すかさず切り返し、一時2万1563円27銭(前週末比188円44銭高)まで上昇した。一巡後は、伸び悩む場面もあったが、前引けにかけて高値圏で推移した。後場は、やや上値の重い動きとなったが、下値も限られた。新規の手掛かり材料に乏しく、現地18-19日開催のFOMC(米連邦公開市場委員会)を控えていることもあり、様子見気分となった。

 東証1部の出来高は13億6210万株、売買代金は2兆651億円。騰落銘柄数は値上がり648銘柄、値下がり1420銘柄、変わらず60銘柄。

 市場からは「とりあえずFOMC待ちだが、その結果で多少振れたとしても方向性が決まるということはないだろう。日経平均は2万2000円以上で売りが出やすい一方、2万1000円近辺では買いが入りやすく当面一進一退の動きになるのではないか」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、東電力HD<9501>、関西電<9503>、東ガス<9531>などの電気ガス株が堅調。JR西日本<9021>、ヤマトHD<9064>などの陸運株や、住友不<8830>、菱地所<8802>などの不動産株も買われた。第一生命HD<8750>、かんぽ生命<7181>などの保険株や、鹿島<1812>、大和ハウス<1925>などの建設株も高い。

 半面、昭シェル<5002>、出光興産<5019>などの石油石炭製品株や、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株が軟調。コマツ<6301>、NTN<6472>などの機械株も安い。

 個別では、クミアイ<4996>がストップ高となり、JDI<6740>、鎌倉新書<6184>、イオンファン<4343>、神戸物産<3038>などの上げも目立った。半面、RSTECH<3445>、正栄食<8079>、日本CMK<6958>、アリアケ<2815>がストップ安となり、フリービット<3843>、ホシザキ<6465>などの下げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、17業種が上昇した。

提供:モーニングスター社



日本・中国株式指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

TOPIX 500 INDEX (東証) 1,232.11 +2.89 +0.24% -1.95% -10.35% 15:00

TOPIX 100 INDEX (東証) 1,015.24 +2.81 +0.28% -1.90% -9.44% 15:00

日経平均株価 21,506.88 +132.05 +0.62% -0.80% -4.64% 15:15

日経500平均 1,983.11 +1.98 +0.10% -1.68% -9.74% 15:15

TOPIX (東証株価指数) 1,594.20 +2.04 +0.13% -2.15% -11.11% 15:00

日経300指数 321.59 +1.00 +0.31% -1.54% -8.94% 15:15

東証REIT指数 1,819.35 +0.75 +0.04% +1.79% +8.36% 15:00

JASDAQ インデックス 147.02 -1.65 -1.11% -3.32% -15.12% 15:00

TOPIX CORE 30 IDX (東証) 716.75 +2.53 +0.35% -1.21% -10.48% 15:00

東証マザーズ指数 911.58 -30.43 -3.23% -3.87% -23.20% 15:00

TOPIX SMALL INDEX (東証) 2,015.75 -15.79 -0.78% -3.87% -15.45% 15:00

TOPIX MID 400 INDX (東証) 1,815.18 +2.88 +0.16% -2.04% -12.53% 15:00

日経ジャスダック平均 3,436.54 -35.73 -1.03% -2.26% -11.12% 15:00

東証2部 株価指数 6,765.77 -19.10 -0.28% -7.06% -5.83% 15:00

TOPIX LARGE 70 IDX (東証) 1,646.64 +3.12 +0.19% -2.68% -7.96% 15:00


2018/12/17(月) 16:39 アジア・コモディティ騰落率ランキング=12/17営業日時点=

大連ポリエチレン 0.7%
上海ゴム 0.48%
上海異形鉄筋 0.29%
上海銅 -0.1%
上海重油 -0.11%
大連とうもろこし -0.21%

*数値は前日比%



17日の中国本土市場概況:上海総合0.2%高で反発、インフラ関連株に買い(訂正)[FISCO] #klugfxnews_464721

配信日時 2018年12月17日(月)17:47:06 掲載日時 2018年12月17日(月)17:57:06

週明け17日の中国本土市場は小幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比4.23ポイント(0.16%)高の2597.97ポイントと反発した。上海A株指数も上昇し、4.47ポイント(0.16%)高の2720.47ポイントで取引を終えている。

中国の政策期待が強まる流れ。明日18日には「改革開放40周年式典」が開かれ、19~21日には「中央経済工作会議」が開催される予定だ。40周年式典では習近平国家主席が重要講話を行い、「大規模な市場開放政策が発表される」との観測も報じられている。中国景気の鈍化懸念が嫌気され、指数は小安く推移する場面がみられたものの、引けにかけて再びプラスに転じた。時価総額上位の銘柄群が相場をけん引。中国石油化工(600028/SH)が1.4%高、中国人寿保険(601628/SH)が1.3%高で引けた。インフラ関連株もしっかり。建機メーカーの三一重工(600031/SH)が2.5%高、ゼネコンの中国建築(601668/SH)が2.4%高、安徽海螺セメント(600585/SH)が0.7%高と上昇した。当局は景気テコ入れのため、インフラ投資を拡大するとの観測が流れている。不動産株、自動車株、消費関連株も物色された。

半面、医薬株は安い。広州白雲山医薬集団(600332/SH)が1.2%下落した。中国政府は医薬品業界に対する監督を一段と強化するもよう——と伝えられたことを嫌気。中央政府主導の「集中調達」制度が導入されたのに続き、全国版の「補助用薬」リストが近く発表されることが明らかとなった。そのほか、発電株、メディア株、ハイテク株の一角などもさえない。他の個別株動向では、中国老舗の薬品・健康食メーカー、北京同仁堂(600085/SH)が2.3%安と急落。同社が51.29%出資するハチミツ販売会社、北京同仁堂蜜業有限公司に、品質不良問題が発生したことを嫌気している。製造委託先が期限切れ間近、または期限切れの蜂蜜製品を全国から回収し、新たな蜂蜜と偽装し続けていたことが判明した。外貨建てB株の相場は値下がり。上海B株指数が0.66ポイント(0.24%)安の278.74ポイント、深センB株指数が2.36ポイント(0.28%)安の853.91ポイントで終了した。



中国 上海総合指数 2,597.97 +4.23 +0.16% -3.03% -20.46% 16:02

中国 上海A株指数 2,720.47 +4.47 +0.16% -3.03% -20.47% 16:02

中国 深センA株指数 1,383.74 -4.29 -0.31% -6.16% -30.41% 16:00

中国 深セン成分指数 7,592.65 -37.00 -0.48% -5.83% -30.96% 16:00

中国 上海B株指数 278.74 -0.66 -0.24% -3.07% -17.20% 16:02

中国 深センB株指数 853.91 -2.36 -0.28% -6.41% -25.50% 16:00

中国 上海50A株指数 2,425.94 +2.56 +0.11% -1.44% -13.98% 16:02

中国 上海180A株指数 7,135.00 +2.68 +0.04% -2.27% -16.64% 16:02

中国 上海新総合指数(G株) 2,193.48 +3.61 +0.16% -3.03% -20.47% 16:02

中国 創業板指数 1,299.17 -11.29 -0.86% -7.42% -27.18% 16:00

上海/シンセン CSI300指数 3,161.20 -4.71 -0.15% -2.96% -20.59% 16:00

中国 深セン総合指数 1,323.32 -4.10 -0.31% -6.16% -30.40% 16:00


日経平均

現在値 21,506.88↓ (18/12/17 15:15)
前日比 +132.05 (+0.62%)
始値 21,391.73 (09:00) 前日終値 21,374.83 (18/12/14)
高値 21,563.27 (09:31) 年初来高値 24,448.07 (18/10/02)
安値 21,363.67 (09:20) 年初来安値 20,347.49 (18/03/26)


日経平均寄与度

日経平均 値上がり銘柄数 119

日経平均 変わらず銘柄数 7

日経平均 値下がり銘柄数 99






TOPIX

現在値 1,594.20↓ (18/12/17 15:00)
前日比 +2.04 (+0.13%)
始値 1,592.70 (09:00) 前日終値 1,592.16 (18/12/14)
高値 1,602.29 (09:31) 年初来高値 1,911.31 (18/01/23)
安値 1,590.97 (09:20) 年初来安値 1,572.33 (18/12/11)


東証業種別ランキング:電力・ガス業が上昇率トップ[FISCO] #klugfxnews_464714

配信日時 2018年12月17日(月)15:43:47 掲載日時 2018年12月17日(月)15:53:47

電力・ガス業が上昇率トップ。関西電力が4%超高となり、指数をけん引した。また、陸運業や不動産業、保険業なども上昇している。一方、石油・石炭製品が下落率トップ。原油安を受けて鉱業も2%近く下落するなど軟調さが目立った。そのほか、機械や水産・農林業、金属製品なども小幅に下落している。


業種別(東証株価指数33業種)

指数名 始値 高値 安値 現在値 前日比

水産・農林業 589.49 -3.83 -0.65 % 591.36 592.63 587.33
鉱業 313.03 -5.50 -1.73 % 315.29 316.08 311.93
建設業 1,162.73 +6.89 +0.60 % 1,158.67 1,166.75 1,156.90
食料品 1,858.68 +6.15 +0.33 % 1,851.73 1,859.82 1,840.98
繊維製品 652.44 -2.69 -0.41 % 657.11 658.65 652.20
パルプ・紙 526.66 -2.87 -0.54 % 533.72 535.06 526.03
化学 1,890.17 +0.12 +0.01 % 1,893.02 1,907.56 1,887.31
医薬品 3,020.69 -15.57 -0.51 % 3,027.25 3,034.83 2,999.70
石油・石炭製品 1,316.55 -25.33 -1.89 % 1,327.41 1,340.91 1,310.61
ゴム製品 3,302.51 +16.38 +0.50 % 3,307.79 3,332.00 3,302.51
ガラス・土石製品 1,024.73 -3.96 -0.38 % 1,027.91 1,038.58 1,023.33
鉄鋼 462.85 -1.41 -0.30 % 464.95 470.09 462.85
非鉄金属 896.20 -3.12 -0.35 % 900.47 914.20 895.26
金属製品 1,064.90 -6.72 -0.63 % 1,072.08 1,079.25 1,064.13
機械 1,636.09 -14.42 -0.87 % 1,650.06 1,662.66 1,634.86
電気機器 2,106.28 +1.46 +0.07 % 2,103.96 2,129.16 2,100.35
輸送用機器 2,736.87 +0.49 +0.02 % 2,731.74 2,756.74 2,730.78
精密機器 5,820.77 -9.00 -0.15 % 5,836.24 5,867.79 5,795.32
その他製品 2,533.01 +4.17 +0.16 % 2,527.46 2,545.05 2,507.66
電気・ガス業 514.76 +9.37 +1.85 % 510.84 515.90 508.32
陸運業 2,292.70 +39.38 +1.75 % 2,271.56 2,294.14 2,260.85
海運業 266.14 -1.56 -0.58 % 266.89 270.94 265.88
空運業 325.14 +1.94 +0.60 % 326.46 326.99 324.49
倉庫・運輸関連業 1,602.11 +5.35 +0.34 % 1,595.67 1,605.65 1,595.67
情報・通信業 3,332.07 +10.19 +0.31 % 3,306.91 3,341.09 3,293.94
卸売業 1,508.04 -7.20 -0.48 % 1,513.55 1,523.02 1,507.84
小売業 1,337.33 +5.58 +0.42 % 1,335.69 1,340.66 1,329.05
銀行業 157.49 +0.32 +0.20 % 158.26 159.10 157.40
証券、商品先物取引業 345.26 +1.68 +0.49 % 343.22 346.54 343.09
保険業 969.32 +6.54 +0.68 % 971.35 977.20 969.32
その他金融業 597.36 -0.24 -0.04 % 599.44 601.38 596.51
不動産業 1,433.63 +11.19 +0.79 % 1,434.08 1,437.94 1,430.23
サービス業 2,027.15 -4.90 -0.24 % 2,025.72 2,036.16 2,014.95


JPX日経インデックス400

現在値 14,138.42↓ (18/12/17 15:00)
前日比 +36.25 (+0.26%)
始値 14,111.92 (09:00) 前日終値 14,102.17 (18/12/14)
高値 14,202.71 (09:31) 年初来高値 16,940.79 (18/01/23)
安値 14,099.06 (09:20) 年初来安値 13,922.75 (18/12/11)


JASDAQ平均

現在値 3,436.54↓ (18/12/17 15:00)
前日比 -35.73 (-1.03%)
始値 3,464.92 (09:00) 前日終値 3,472.27 (18/12/14)
高値 3,465.17 (09:04) 年初来高値 4,317.21 (18/01/29)
安値 3,436.54 (15:00) 年初来安値 3,439.65 (18/10/30)


JASDAQ平均は続落、世界景気の減速を警戒[FISCO] #klugfxnews_464719

配信日時 2018年12月17日(月)16:44:44 掲載日時 2018年12月17日(月)16:54:44

[JASDAQ市況]

JASDAQ平均 3436.54 -35.73/出来高 8627万株/売買代金 580億円J-Stock Index 2786.60 −34.37 

本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはいずれも続落した。値上がり銘柄数は152(スタンダード150、グロース2)、値下がり銘柄数は481(スタンダード448、グロース33)、変わらずは47(スタンダード47、グロース0)。 

本日の市場は、世界的な景気減速への警戒感から前週末の米国主要株価指数が大幅に下落したことを背景に個人投資家のマインドが萎縮し、ジャスダック市場にも売りが波及し11日以来4営業日ぶりに年初来安値を更新した。また、ジャスダック市場など今週からIPOラッシュとなることから既存の上場銘柄への換金売りへの警戒感もあり、買い手控えられていた。日経平均の反発や円高一服は下支え要因となるものの、18日からの米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え全般は様子見ムードが広がり、狭い値幅での動きにとどまっていた。 

個別では、下値不安感から売りが膨らんだMTジェネックスは前週末比4000円(-24.24%)安の12500円、今期2ケタの営業減益を見込むプリントネットは前週末比400円(-23.50%)安の1302円とともにストップ安まで売られた。また、ムラキは前週末比500円(-19.52%)安の2062円、法令違反が判明したシステムズDも前週末比150円(-15.61%)安の811円とともに制限値幅いっぱいまで下落した。このほか、タカギセイコー、システム ディ、テリロジー、山王などが値下がり率上位にランクインした。 

一方、決算発表を受けて悪材料出尽くし感が広がったジャストプラは前週末比150円(+18.94%)高の942円とストップ高まで買われ、クリエイトは前週末比66円(+8.32%)高の859円と値を上げた。また、値動きの軽さから値幅取りの動きとなった東日コンシスは前週末比45円(+8.11%)高の600円と続伸し、配当予想を増額修正したセグエが前週末比103円(+6.68%)高の1645円と3日ぶりに大幅に反発した。このほか、NEWART、市進HD、カイカなどが値上がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、ユニバーサル、メイコーなどが上昇した。 一方、本日新規上場したグッドライフカンパニーの初値は公募・売り出し価格(1600円)を351円上回る1951円となった。また、同じく新規上場したツクイスタッフは公開価格(2630円)を1400円上回る4030円で初値を付けた。



マザーズ指数

現在値 911.58↓ (18/12/17 15:00)
前日比 -30.43 (-3.23%)
始値 933.88 (09:00) 前日終値 942.01 (18/12/14)
高値 936.54 (09:02) 年初来高値 1,367.86 (18/01/24)
安値 911.58 (15:00) 年初来安値 821.32 (18/10/30)


マザーズ指数は大幅続落、主力銘柄の大幅安で個人投資家のマインドは悪化[FISCO] #klugfxnews_464720

配信日時 2018年12月17日(月)16:50:08 掲載日時 2018年12月17日(月)17:00:08

 本日のマザーズ指数は大幅続落となった。日経平均は小幅高でスタートしたものの、マザーズ指数は売り先行で取引を開始。前引けにかけて若干値を戻す場面も見られたものの、主力銘柄が軒並み大幅安となっていたこともあり、投資家のセンチメントは悪化。後場には再び軟調な推移となり、3%安で取引を終えている。

なお、マザーズ指数は大幅続落、売買代金は概算で760.37億円。騰落数は、値上がり35銘柄、値下がり227銘柄、変わらず3銘柄となった。 

個別では、9%安となったALBERTがマザーズ売買代金トップにランクイン。その他、サンバイオ、メルカリ、シェアリングT、そーせい、ロゼッタ、エクストリームなどが揃って大幅に下落。

一方、18年10月期の営業利益を前期比991.8%増の1.92億円と発表したジェネパがストップ高。その他、19年1月期第3四半期の営業利益を14.79億円と発表、上方修正への期待が広がったエニグモ、18年12月期の営業利益を従来予想の4.95億円から6.37億円に上方修正したイーソル、19年10月期の営業利益予想を前期比30.4%増の4.23億円と発表したMSOLなどが買われる展開に。



東証REIT指数

現在値 1,819.35↓ (18/12/17 15:00)
前日比 +0.75 (+0.04%)
始値 1,814.31 (09:00) 前日終値 1,818.60 (18/12/14)
高値 1,821.60 (14:57) 年初来高値 1,823.71 (18/12/04)
安値 1,813.81 (09:00) 年初来安値 1,637.94 (18/02/15)


日経平均VI

現在値 20.65↑ (18/12/17 15:20)
前日比 -1.04 (-4.79%)
始値 21.77 (09:00) 前日終値 21.69 (18/12/14)
高値 21.88 (09:20) 年初来高値 38.31 (18/02/09)
安値 20.50 (15:05) 年初来安値 14.04 (18/05/23)


東証2部指数

現在値 6,765.77↓ (18/12/17 15:00)
前日比 -19.10 (-0.28%)
始値 6,776.91 (09:00) 前日終値 6,784.87 (18/12/14)
高値 6,792.62 (14:29) 年初来高値 7,754.51 (18/01/23)
安値 6,742.01 (09:20) 年初来安値 6,709.62 (18/10/30)


日経平均先物

現在値 21,220.00↓ (18/12/15 05:30)
前日比 -80.00 (-0.38%)
高値 21,420.00 (00:16) 始値 21,320.00 (16:30)
安値 21,200.00 (18:47) 前日終値 21,300.00 (18/12/14)


TOPIX先物

現在値 1,582.50↓ (18/12/15 05:30)
前日比 -3.50 (-0.22%)
高値 1,593.50 (00:23) 始値 1,587.00 (16:30)
安値 1,577.50 (18:48) 前日終値 1,586.00 (18/12/14)


JPX日経400先物

現在値 14,040.00↑ (18/12/15 05:30)
前日比 -15.00 (-0.11%)
高値 14,120.00 (00:17) 始値 14,070.00 (16:30)
安値 13,980.00 (18:48) 前日終値 14,055.00 (18/12/14)


東証マザーズ指数先物

現在値 912.00↓ (18/12/15 05:30)
前日比 -6.00 (-0.65%)
高値 922.00 (23:59) 始値 917.00 (16:30)
安値 912.00 (18:39) 前日終値 918.00 (18/12/14)


NYダウ先物 円建

現在値 24,127.00↓ (18/12/15 05:20)
前日比 -251.00 (-1.03%)
高値 24,429.00 (23:59) 始値 24,408.00 (17:07)
安値 23,715.00 (04:43) 前日終値 24,378.00 (18/12/14)


CME日経平均先物 円建

現在値 21,220.00↑ (18/12/14 16:38 CST)
前日比 -415.00 (-1.92%)
高値 21,690.00 始値 21,665.00
安値 21,180.00 前日終値 21,635.00 (18/12/13)


SGX日経平均先物

現在値 21,185.00↓ (18/12/15 04:44 SGT)
前日比 -160.00 (-0.75%)
高値 21,415.00 始値 21,375.00
安値 21,185.00 前日終値 21,345.00 (18/12/14)


長期国債先物

現在値 152.200↓ (18/12/15 05:30)
前日比 +0.180 (+0.12%)
高値 152.290 (04:26) 始値 152.090 (15:30)
安値 152.040 (15:32) 前日終値 152.020 (18/12/14)


17日の日本国債市場概況:債券先物は152円09銭で終了[FISCO] #klugfxnews_464736

配信日時 2018年12月17日(月)19:04:58 掲載日時 2018年12月17日(月)19:14:58

<円債市場>

長期国債先物2018年3月限寄付152円15銭 高値152円17銭 安値152円06銭 引け152円09銭売買高総計26417枚

2年 395回 -0.155%5年 137回 -0.140%10年 352回  0.030%20年 166回  0.545%

債券先物3月限は、152円15銭で取引を開始。前週末の米株大幅安による長期金利低下や、日銀が実施した1-3年の国債買い入れオペで応札倍率の低下を受けて買いになり、152円17銭に上げた。一方、日経平均株価が反発したことで売りになり、152円06銭まで下げた。現物債の取引では、2年債が売られ、5年債、10年債、20年債が買われた。

<米国債概況>2年債は2.72%、10年債は2.88%、30年債は3.14%近辺で推移。債券利回りはやや低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>ドイツ国債は0.25%、英国債は1.25%で推移、オーストラリア10年債は2.44%、NZ10年債は2.45%。(気配値)


日本国債3年

年利回り -0.152 (18/12/15 03:05)
前日比 +0.003


日本国債5年

年利回り -0.130 (18/12/15 03:05)
前日比 -0.001


日本国債10年

年利回り 0.031 (18/12/15 03:05)
前日比 -0.004


アジア株 まちまち、方向感の乏しい動き 2018/12/17(月) 18:21

東京時間18:16現在

香港ハンセン指数   26087.98(-6.81 -0.03%)
中国上海総合指数  2597.97(+4.23 +0.16%)
台湾加権指数     9787.53(+13.37 +0.14%)
韓国総合株価指数  2071.09(+1.71 +0.08%)
豪ASX200指数    5658.27(+56.27 +1.00%)
インドSENSEX30種  36257.55(+294.62 +0.82%)

 17日のアジア株は、まちまち。前週末の米国株の急落は圧迫要因となったものの、週明けの米国株価指数先物が時間外取引で上昇しており、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えていることもあり、市場間で方向感の異なる動きとなった。

 上海総合指数は小反発。石油大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)、建設会社の中国建築、自動車メーカーの上海汽車集団が買われる一方で、医薬品メーカーの江蘇恒瑞医薬(ジャンスー・ハンルイ・メディシン)、酒造会社の貴州茅臺酒が売られた。
   
 香港ハンセン指数は小動き。世界的金融グループのHSBCホールディングス、携帯電話サービスのチャイナ・モバイルが買われる一方で、保険会社のAIAグループ、自動車メーカーの吉利汽車控股(ジーリー・オートモービル)が売られた。
   
 豪ASX200指数は反発。鉱物探査・生産会社のライナス・コーポレーション、OZミネラルズ、健康関連企業のアンセル、病院経営のラムゼー・ヘルスケア、再生可能エネルギー発電のインフィゲン・エナジーが買われた。



中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート

上海総合指数 中国
▲0.16%
2,597.97
H:2,598.97
L:2,573.87
+4.23
12/17

CSI300指数 中国
▼0.15%
3,161.20
H:3,167.51
L:3,134.37
-4.71
16:01

上海B株 中国
▼0.24%
278.74
H:279.17
L:277.36
-0.66
12/17

深センB株 中国
▼0.28%
853.91
H:856.96
L:848.86
-2.36
12/17

上海A株 中国
▲0.16%
2,720.47
H:2,721.50
L:2,695.19
+4.47
12/17

深センA株 中国
▼0.31%
1,383.74
H:1,385.46
L:1,367.67
-4.29
12/17


17日の香港市場概況:ハンセン0.03%安で続落、中国自動車セクターに売り[FISCO] #klugfxnews_464732

配信日時 2018年12月17日(月)18:00:00 掲載日時 2018年12月17日(月)18:10:00

週明け17日の香港市場は小幅に値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比6.81ポイント(0.03%)安の26087.98ポイント、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が7.62ポイント(0.07%)安の10351.81ポイントとそろって続落した。売買代金は554億1800万香港ドルと今年最低を記録している(14日は669億7100万香港ドル)。

内外景気の鈍化懸念が重しとなる流れ。先週公表された11月の中国経済統計では、小売売上高の伸びが事前予想に反して前月実績から低下し、鉱工業生産の増加率も下振れている。欧州では、12月のユーロ圏PMIが4年1カ月ぶりの低水準となった。様子見ムードもくすぶる。今週は、18~19日にかけて米連邦公開市場委員会(FOMC)が開かれるほか、19~21日には中国で「中央経済工作会議」が開催される予定となっている。ただ、「当局は景気テコ入れ策に本腰を入れる」との見方も根強く、下値は限られた(指数はプラス圏で推移。引け際にマイナス)。明日18日に中国で「改革開放40周年式典」が執り行われる。式典では習近平国家主席が重要講話を行い、「大規模市場開放の政策が発表される」との観測などが報じられた。ハンセン指数の構成銘柄では、民間自動車メーカーの吉利汽車HD(175/HK)が2.6%安、マカオ・カジノの銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が1.9%安、香港系不動産の恒隆地産(101/HK)が1.6%安と下げが目立った。

業種別では、中国の自動車が安い。上記した吉利汽車のほか、比亜迪(BYD:1211/HK)が4.4%、華晨中国汽車HD(1114/HK)が3.1%、北京汽車(1958/HK)が2.0%、長城汽車(2333/HK)が1.7%ずつ下落した。中国汽車工業協会(CAAM)が2018年新車販売の予測について、当初の予想を下方修正し、マイナス成長に落ち込むと予想したことなどがネガティブ材料となっている。半面、ゼネコンや建機、建材のインフラ関連セクターはしっかり。中国交通建設(1800/HK)と中国鉄建(1186/HK)がそろって1.5%、中国龍工HD(3339/HK)が3.5%、中聯重科(1157/HK)が1.4%、北京金隅(BBMG:2009/HK)が4.4%ずつ上昇した。他の個別株動向では、香港拠点の証券ブローカー、申万宏源(218/HK)が7.6%高と急伸(一時17.7%高)。親会社に対し、プレミア価格(14日終値比プラス30.9%)で新株を割り当てると発表したことが刺激材料だ。本土市場は小反発。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.16%高の2597.97ポイントで取引を終えた。インフラ関連株が高い。不動産株、自動車株、消費関連株も物色された。半面、医薬株は安い。発電株、メディア株、ハイテク株の一角なども売られた。



HangSeng 香港
▼0.03%
26,087.98
H:26,186.30
L:26,002.30
-6.81
16:59

H株指数 香港
▼0.07%
10,351.81
H:10,413.56
L:10,327.71
-7.62
12/17

レッドチップ指数 香港
▼0.40%
4,296.74
H:4,324.26
L:4,283.50
-17.33
12/17

AORD オーストラリア
▲1.00%
5,658.30
H:5,665.60
L:5,585.10
+56.30
14:40

KOSPI 韓国
▲0.08%
2,071.09
H:2,075.93
L:2,065.51
+1.71
18:01

STI シンガポール
1.21%
3,114.25
H:3,124.59
L:3,090.92
37.16
18:10

加権 台湾
▲0.14%
9,787.53
H:9,826.88
L:9,733.98
+13.37
14:33

KLSE マレーシア
▼1.22%
1,641.62
H:1,660.66
L:1,641.62
-20.34
12/17

PSEi フィリピン
▼0.05%
7,520.40
H:7,538.14
L:7,490.56
-3.97
12/17

JKSE インドネシア
▼1.31%
6,089.31
H:6,174.22
L:6,089.31
-80.54
18:15

VN ベトナム
▼1.93%
933.65
H:948.09
L:933.65
-18.39
12/17

SET タイ
▼0.50%
1,601.48
H:1,615.63
L:1,593.37
-7.97
18:58

Sensex インド
▲0.85%
36,270.07
H:36,312.31
L:36,123.62
+307.14
12/17

Nifty インド
▲0.77%
10,888.35
H:10,900.35
L:10,844.85
+82.90
12/17

12/17 国内主要商品指数 ADR銘柄

2018-12-17 17:05:57 | 政治経済問題
ADR銘柄引値一覧

12/14 ※“ADR引値”は1ドル113.44円で円換算した値です。

コード 銘柄名 国内引値 ADR引値 国内対比 騰落率 出来高

1605 国際石油開発帝石 1,135.0 1,135.3 0.3 0.03% 2,963
1878 大東建託 15,240.0 15,243.2 3.2 0.02% 3,963
1925 大和ハウス工業 3,559.0 3,559.8 0.8 0.02% 33,035
1928 積水ハウス 1,658.0 1,658.4 0.4 0.02% 38,819
2503 キリンホールディングス 2,389.5 2,390.1 0.6 0.02% 27,298
2802 味の素 1,994.5 1,995.0 0.5 0.02% 178
2914 日本たばこ産業 2,858.5 2,859.1 0.6 0.02% 63,723
3382 セブン&アイ・ホールディングス 4,873.0 4,874.1 1.1 0.02% 39,230
3402 東レ 814.6 814.8 0.2 0.02% 577,958
3407 旭化成 1,145.0 1,145.2 0.2 0.02% 75,916
3938 LINE 3,610.0 3,604.0 -6.0 -0.17% 31,611
4063 信越化学工業 9,047.0 9,048.9 1.9 0.02% 16,137
4452 花王 8,117.0 8,118.9 1.9 0.02% 28,202
4502 武田薬品工業 3,981.0 3,982.0 1.0 0.02% 3,732,139
4503 アステラス製薬 1,656.0 1,656.3 0.3 0.02% 87,824
4523 エーザイ 9,617.0 9,619.1 2.1 0.02% 2,456
4528 小野薬品工業 2,654.5 2,655.2 0.7 0.03% 505
4568 第一三共 4,166.0 4,166.9 0.9 0.02% 25,887
4578 大塚ホールディングス 5,386.0 5,387.3 1.3 0.02% 19,714
4689 ヤフー 296.0 296.1 0.1 0.03% 51,676
4704 トレンドマイクロ 6,300.0 6,301.4 1.4 0.02% 2,289
4755 楽天 845.0 845.2 0.2 0.03% 8,734
4901 富士フイルムホールディングス 4,445.0 4,445.9 0.9 0.02% 20,812
4911 資生堂 7,164.0 7,165.6 1.6 0.02% 18,096
5108 ブリヂストン 4,506.0 4,507.0 1.0 0.02% 22,826
5401 新日鐵住金 1,996.5 1,959.1 -37.4 -1.87% 631
5713 住友金属鉱山 3,214.0 3,214.9 0.9 0.03% 875
5802 住友電気工業 1,514.5 1,514.9 0.4 0.02% 392
6273 SMC 34,840.0 34,848.8 8.8 0.03% 5,172
6301 小松製作所 2,610.0 2,610.6 0.6 0.02% 150,579
6326 クボタ 1,750.5 1,750.9 0.4 0.02% 294,820
6367 ダイキン工業 12,395.0 12,397.9 2.9 0.02% 12,399
6501 日立製作所 3,252.0 3,252.7 0.7 0.02% 369,970
6502 東芝 3,355.0 3,355.8 0.8 0.02% 12,286
6503 三菱電機 1,292.5 1,292.8 0.3 0.02% 911,682
6594 日本電産 13,800.0 13,802.9 2.9 0.02% 15,155
6702 富士通 7,106.0 7,107.6 1.6 0.02% 2,323
6752 パナソニック 1,091.5 1,091.8 0.3 0.02% 201,496
6758 ソニー 5,855.0 5,818.3 -36.7 -0.63% 750,601
6762 TDK 7,790.0 7,791.7 1.7 0.02% 5,041
6861 キーエンス 57,440.0 56,990.0 -450.0 -0.78% 955
6902 デンソー 5,132.0 5,133.2 1.2 0.02% 9,134
6954 ファナック 16,905.0 16,908.2 3.2 0.02% 91,298
6981 村田製作所 16,050.0 16,053.6 3.6 0.02% 16,041
6988 日東電工 5,565.0 5,566.3 1.3 0.02% 26,922
7201 日産自動車 932.5 932.7 0.2 0.02% 345,102
7202 いすゞ自動車 1,624.5 1,624.9 0.4 0.03% 3,331
7203 トヨタ自動車 6,829.0 6,812.1 -16.9 -0.25% 263,912
7261 マツダ 1,241.0 1,241.3 0.3 0.02% 66,169
7267 本田技研工業 3,054.0 3,052.7 -1.3 -0.04% 771,237
7270 SUBARU 2,480.5 2,481.2 0.7 0.03% 66,701
7733 オリンパス 3,220.0 3,220.7 0.7 0.02% 12,278
7741 HOYA 6,878.0 6,879.6 1.6 0.02% 41,695
7751 キヤノン 3,150.0 3,128.7 -21.3 -0.68% 389,696
7974 任天堂 31,970.0 31,876.6 -93.4 -0.29% 44,481
8001 伊藤忠商事 1,996.0 1,996.4 0.4 0.02% 39,346
8002 丸紅 830.0 830.2 0.2 0.02% 1,270
8031 三井物産 1,752.0 1,752.4 0.4 0.02% 65,400
8035 東京エレクトロン 13,345.0 13,347.8 2.8 0.02% 13,798
8053 住友商事 1,673.0 1,673.4 0.4 0.02% 38,411
8058 三菱商事 3,146.0 3,146.7 0.7 0.02% 25,226
8113 ユニ・チャーム 3,551.0 3,551.8 0.8 0.02% 173,837
8267 イオン 2,669.5 2,670.2 0.7 0.02% 94
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 583.1 572.9 -10.2 -1.75% 1,529,735
8309 三井住友トラスト・ホールディングス 4,227.0 4,227.9 0.9 0.02% 23,242
8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,917.0 3,868.3 -48.7 -1.24% 544,766
8411 みずほフィナンシャルグループ 179.3 174.7 -4.6 -2.57% 2,282,912
8591 オリックス 1,731.5 1,719.1 -12.4 -0.72% 187,510
8601 大和証券グループ本社 612.2 612.4 0.2 0.02% 47,257
8604 野村ホールディングス 461.2 454.9 -6.3 -1.37% 395,682
8725 MS&ADインシュアランスグループホールディングス 3,240.0 3,240.8 0.8 0.02% 14,690
8766 東京海上ホールディングス 5,343.0 5,344.2 1.2 0.02% 27,367
8795 T&Dホールディングス 1,446.5 1,446.8 0.3 0.02% 617
8802 三菱地所 1,846.5 1,846.9 0.4 0.02% 110,599
9020 東日本旅客鉄道 10,070.0 10,071.9 1.9 0.02% 11,206
9021 西日本旅客鉄道 7,782.0 7,783.7 1.7 0.02% 13,183
9022 東海旅客鉄道 22,895.0 22,900.1 5.1 0.02% 4,337
9201 日本航空 3,965.0 3,965.9 0.9 0.02% 20,011
9432 日本電信電話 4,696.0 4,697.1 1.1 0.02% 78,711
9433 KDDI 2,639.0 2,639.5 0.5 0.02% 180,257
9437 NTTドコモ 2,559.0 2,559.6 0.6 0.02% 437,406
9735 セコム 9,573.0 9,575.2 2.2 0.02% 9,230
9983 ファーストリテイリング 60,770.0 60,783.4 13.4 0.02% 486
9984 ソフトバンクグループ 8,496.0 8,469.4 -26.6 -0.31% 120,150


2018年12月15日 05時35分 現在

取引日:2018年12月17日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 4,521 4,523 4,523 4,500 4,511 -10 406
2019/02 4,523 4,519 4,519 4,501 4,501 -22 21
2019/04 4,521 4,515 4,519 4,500 4,505 -16 92
2019/06 4,520 4,518 4,518 4,496 4,502 -18 176
2019/08 4,516 4,515 4,515 4,492 4,499 -17 1,076
2019/10 4,514 4,514 4,514 4,490 4,500 -14 12,285


ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

4,526 4,544 4,544 4,522 4,542 +16 2,072




単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 52.0 50.3 50.3 49.4 50.0 -2.0 12
2019/02 53.7 53.3 53.3 53.0 53.0 -0.7 2
2019/04 53.6
2019/06 53.7
2019/08 53.7
2019/10 53.5 53.8 53.8 53.1 53.2 -0.3 6

白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 2,902 2,893 2,900 2,860 2,866 -36 152
2019/02 2,911 2,900 2,903 2,872 2,872 -39 21
2019/04 2,913 2,907 2,913 2,870 2,883 -30 18
2019/06 2,906 2,902 2,911 2,868 2,870 -36 109
2019/08 2,903 2,901 2,905 2,858 2,873 -30 304
2019/10 2,902 2,898 2,908 2,856 2,880 -22 5,225


プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2,914 2,989 2,991 2,941 2,947 +33 183


パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 4,550 4,550 4,550 4,550 4,550 +0 1
2019/02 4,366
2019/04 4,325
2019/06 4,263
2019/08 4,204 4,164 4,164 4,093 4,123 -81 14
2019/10 4,108 4,104 4,115 3,988 4,035 -73 113

バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 53,880 53,880 53,880 53,820 53,820 -60 8
2019/02 53,780 54,120 54,120 53,970 53,970 +190 2
2019/03 53,710 54,000 54,000 53,500 53,500 -210 7
2019/04 53,520 53,500 53,870 53,290 53,370 -150 33
2019/05 53,330 53,410 53,890 53,050 53,250 -80 87
2019/06 53,300 53,450 53,740 52,760 53,100 -200 819


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 58,650 58,320 58,650 58,160 58,160 -490 4
2019/02 59,250 58,640 58,900 58,550 58,900 -350 3
2019/03 59,380 59,180 59,380 59,160 59,260 -120 10
2019/04 59,000 58,570 58,920 58,440 58,440 -560 22
2019/05 58,240 57,850 58,230 57,850 58,140 -100 22
2019/06 57,800 57,950 57,950 57,210 57,310 -490 51

プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 42,650
2019/01 42,280 42,350 42,580 41,620 41,790 -490 97
2019/02 42,150 42,230 42,380 41,520 41,520 -630 85
2019/03 42,120 42,140 42,410 41,490 41,500 -620 165
2019/04 41,970 41,970 42,300 41,270 41,370 -600 825
2019/05 41,830 41,860 42,220 41,120 41,270 -560 4,681


東商取原油先物ドル換算価格および世界の原油先物価格

米ドル/バレル

限月 始値 高値 安値 現在値 前日比

2019/01 59.29 59.67 58.41 58.66 -0.69
2019/02 59.12 59.38 58.27 58.27 -0.88
2019/03 59.00 59.38 58.23 58.24 -0.87
2019/04 58.76 59.18 57.93 58.09 -0.84
2019/05 58.61 59.07 57.71 57.90 -0.79

世界の原油先物価格 (12/14)

(米ドル/バレル)

東商取・原油 59.24 (12/14 1月限帳入値段)

ICE Futures Europe IPEブレント原油 61.45 (12/13 2月限)

NYMEX・WTI原油 52.58 (12/13 1月限)


ゴム(RSS3)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 152.0 149.1 149.9 146.0 149.9 -2.1 26
2019/01 165.1 165.1 166.4 165.1 166.4 +1.3 11
2019/02 167.5 167.5 168.2 167.5 167.9 +0.4 9
2019/03 167.7 168.7 168.8 167.9 168.3 +0.6 66
2019/04 168.3 168.7 169.3 168.4 169.3 +1.0 248
2019/05 168.6 170.0 170.0 168.7 169.8 +1.2 945


ゴム(TSR20)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 142.5 142.5 142.5 142.5 142.5 +0.0 8
2019/02 144.0 144.0 144.0 144.0 144.0 +0.0 24
2019/03 146.2 146.2 146.2 146.2 146.2 +0.0 48
2019/04 147.9 147.5 147.5 146.4 146.4 -1.5 93
2019/05 145.8 145.8 147.1 145.8 147.0 +1.2 194
2019/06 147.6 147.6 148.2 147.6 147.9 +0.3 528


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 26,500
2019/03 24,960
2019/05 24,430 24,380 24,380 24,380 24,380 -50 1
2019/07 24,200 24,240 24,240 24,240 24,240 +40 1
2019/09 24,300 24,300 24,340 24,300 24,340 +40 6
2019/11 23,890 23,890 23,980 23,860 23,920 +30 15


一般大豆

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 49,300
2019/02 45,000
2019/04 44,600
2019/06 45,600
2019/08 44,400 44,400 44,400 44,400 44,400 +0 1
2019/10 46,800 46,800 46,800 46,800 46,800 +0 1

小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 14,070 14,700 14,700 14,700 14,700 +630 1
2019/01 14,010
2019/02 14,250
2019/03 14,200 14,200 14,300 14,200 14,300 +100 2
2019/04 13,850 13,850 13,850 13,850 13,850 +0 1
2019/05 13,730 13,750 13,750 13,750 13,750 +20 1


コメ先物相場情報








2018年12月17日 16時3分 現在

取引日:2018年12月17日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 4,521 4,504 4,513 4,502 4,513 -8 484 4,513
2019/02 4,523 4,502 4,510 4,502 4,510 -13 13 4,510
2019/04 4,521 4,503 4,510 4,501 4,507 -14 332 4,507
2019/06 4,520 4,501 4,509 4,498 4,504 -16 759 4,504
2019/08 4,516 4,499 4,506 4,496 4,501 -15 567 4,501
2019/10 4,514 4,497 4,505 4,493 4,500 -14 6,545 4,500


ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

4,526 4,528 4,534 4,525 4,525 -13 2,725 4,513




単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 52.0 49.1 50.1 49.1 50.1 -1.9 4 50.1
2019/02 53.7 53.1 53.1 53.0 53.0 -0.7 2 53.0
2019/04 53.6  -  -  -  -  +0.0  -  53.6
2019/06 53.7  -  -  -  -  +0.0  -  53.7
2019/08 53.7 52.9 53.0 52.8 52.9 -0.8 7 52.9
2019/10 53.5 53.2 53.2 53.0 53.2 -0.3 16 53.2

白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 2,902 2,858 2,870 2,858 2,860 -42 366 2,860
2019/02 2,911 2,868 2,877 2,865 2,865 -46 21 2,865
2019/04 2,913 2,880 2,881 2,866 2,868 -45 34 2,868
2019/06 2,906 2,875 2,880 2,865 2,869 -37 99 2,869
2019/08 2,903 2,869 2,877 2,859 2,861 -42 475 2,861
2019/10 2,902 2,868 2,880 2,860 2,864 -38 3,333 2,864


プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2,914 2,945 2,961 2,940 2,941 -49 357 2,865


パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 4,550 4,451 4,451 4,450 4,450 -100 3 4,450
2019/02 4,366 4,336 4,336 4,313 4,313 -53 3 4,313
2019/04 4,325 4,250 4,282 4,250 4,282 -43 6 4,282
2019/06 4,263 4,216 4,216 4,216 4,216 -47 1 4,216
2019/08 4,204 4,150 4,175 4,135 4,175 -29 5 4,175
2019/10 4,108 4,019 4,079 4,019 4,079 -29 41 4,079

バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/01 53,880 53,490 53,900 53,490 53,630 -250 13 53,630
2019/02 53,780 53,350 53,400 53,250 53,400 -380 11 53,400
2019/03 53,710 53,300 53,430 53,210 53,350 -360 22 53,350
2019/04 53,520 53,180 53,360 53,020 53,170 -350 26 53,170
2019/05 53,330 53,060 53,230 52,960 53,100 -230 83 53,100
2019/06 53,300 53,010 53,060 52,730 52,970 -330 355 52,970


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/01 58,650 58,290 58,300 58,040 58,040 -610 50 58,040
2019/02 59,250 58,650 59,060 58,530 58,880 -370 26 58,880
2019/03 59,380 58,650 59,110 58,650 59,000 -380 63 59,000
2019/04 59,000 58,300 58,680 58,300 58,540 -460 28 58,540
2019/05 58,240 57,570 57,870 57,540 57,760 -480 24 57,760
2019/06 57,800 57,350 57,590 57,250 57,250 -550 96 57,250

プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 42,650 42,340 42,340 42,170 42,300 -350 10 42,300
2019/01 42,280 41,800 41,910 41,690 41,760 -520 131 41,760
2019/02 42,150 41,670 41,800 41,570 41,690 -460 354 41,690
2019/03 42,120 41,520 41,760 41,520 41,600 -520 251 41,600
2019/04 41,970 41,540 41,650 41,430 41,470 -500 710 41,470
2019/05 41,830 41,360 41,530 41,280 41,320 -510 3,300 41,320


ゴム(RSS3)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 152.0 147.9 152.3 147.5 150.1 -1.9 23 150.1
2019/01 165.1 167.2 168.4 166.0 167.7 +2.6 25 167.7
2019/02 167.5 168.4 170.0 167.7 168.5 +1.0 105 168.5
2019/03 167.7 168.7 171.0 168.7 169.5 +1.8 261 169.5
2019/04 168.3 169.8 171.9 169.8 170.4 +2.1 1,163 170.4
2019/05 168.6 170.0 172.9 170.0 171.6 +3.0 3,506 171.6


ゴム(TSR20)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 142.5 142.5 142.5 142.5 142.5 +0.0 28 142.5
2019/02 144.0 144.0 144.0 144.0 144.0 +0.0 48 144.0
2019/03 146.2 146.2 146.2 146.2 146.2 +0.0 88 146.2
2019/04 147.9 146.4 147.3 145.3 146.2 -1.7 225 146.2
2019/05 145.8 147.4 147.4 145.1 146.8 +1.0 334 146.8
2019/06 147.6 148.4 150.2 147.5 148.4 +0.8 592 148.4


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/03 24,960 25,000 25,120 24,970 25,120 +160 9 25,120
2019/05 24,430 24,420 24,500 24,420 24,500 +70 13 24,500
2019/07 24,200 24,230 24,290 24,220 24,220 +20 10 24,220
2019/09 24,300 24,330 24,410 24,310 24,390 +90 17 24,390
2019/11 23,890 23,910 24,090 23,910 24,010 +120 121 24,010
2020/01  -  23,990 24,050 23,940 24,050  -  87 24,050


一般大豆

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/02 45,000  -  -  -  -  +0  -  45,000
2019/04 44,600  -  -  -  -  +0  -  44,600
2019/06 45,600  -  -  -  -  +0  -  45,600
2019/08 44,400  -  -  -  -  +0  -  44,400
2019/10 46,800  -  -  -  -  +0  -  46,800 
2019/12  -  -  -  -  -  -  46,800


小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 14,070  -  -  -  -  +630  -  14,700
2019/01 14,010  -  -  -  -  +0  -  14,010
2019/02 14,250  -  -  -  -  +0  -  14,250
2019/03 14,200  -  -  -  -  +100  -  14,300
2019/04 13,850 13,850 13,850 13,850 13,850 +0 1 13,850
2019/05 13,730 13,750 13,820 13,750 13,820 +90 4 13,820


問屋仲間相場・鉄鋼(特記なき限り円/トン)

異形棒鋼 (SD295 16-25ミリ 直送)
東京:75,000 74,000
大阪:69,000 68,000
名古屋:73,000 72,000
広島:73,000 72,000
福岡:74,000 73,000
仙台:76,000 74,000
札幌:79,000 78,000

H形鋼 (5.5 / 8 X 200 X 100)
東京:89,000 88,000
大阪:88,000 87,000
名古屋:90,000 89,000
広島:88,000 87,000
福岡:89,000 88,000
仙台:91,000 90,000
札幌:97,000 96,000

熱延鋼板 (1.6ミリ,4X8)
東京:85,000 83,000
大阪:85,000 84,000
名古屋:86,000 85,000
広島:82,000 81,000
福岡:85,000 84,000
仙台:84,000 83,000
札幌:92,000 91,000

冷延鋼板 (1.0ミリ,3X6)
東京:89,000 87,000
大阪:89,000 88,000
名古屋:93,000 92,000
広島:88,000 87,000
福岡:90,000 89,000
仙台:89,000 87,000
札幌:104,000 103,000

厚板 16×25×(5X10)=無規格
東京:87,000 86,000
大阪:86,000 85,000
名古屋:87,000 86,000
広島:83,000 82,000
福岡:88,000 87,000
仙台:89,000 87,000
札幌:102,000 101,000

鋼管 黒ガス管 (高炉品,50A)
東京:145,000 143,000
大阪:145,000 143,000
名古屋:149,000 148,000
広島:146,000 145,000
福岡:166,000 165,000
仙台:149,000 147,000
札幌:161,000 160,000

冷延ステンレス鋼板 (SUS304,18-8,2~3ミリ)
東京:360,000
大阪:360,000
名古屋:380,000

機械構造用炭素鋼 (SC材,40ミリ)
東京:120,000
大阪:120,000
名古屋:130,000

溶融亜鉛めっき鋼板(亜鉛鉄板)(0.27ミリ X 3 X 6)
東京:168,000 166,000
大阪:164,000 162,000
名古屋:170,000 168,000
広島:178,000 176,000
福岡:177,000 175,000
仙台:163,000 161,000
札幌:189,000 188,000

電気亜鉛めっき鋼板(冷延下地)(1.0ミリ X 3 X 6)
東京:108,000 106,000
大阪:107,000 106,000
名古屋:105,000 104,000
広島:107,000 106,000
福岡:105,000 104,000
仙台:110,000 109,000
札幌:121,000 120,000

丸釘(100ミリ)
東京:144,000 141,000
大阪:140,000 138,000
名古屋:138,000 136,000
広島:143,000 141,000
福岡:138,000 136,000
仙台:158,000 153,000
札幌:155,000 153,000

鉄スクラップ H2(特級)
東京:22,000 21,000
大阪:20,000 19,000
名古屋:17,500 16,500
広島:18,500 17,500
福岡:19,400 18,400

仙台:15,500 14,500
札幌:16,500 15,500

・地金(千円/トン)

電気銅
東京:730 725
大阪:730 725
名古屋:730 725

電気鉛
東京:284 279
大阪:284 279
名古屋:284 279

電気亜鉛
東京:346 341
大阪:346 341
名古屋:346 341


アルミ地金 (99.7%)
東京:267 262
大阪:267 262
名古屋:267 262


ニッケル地金溶解用 (*円 / キロ)
東京:1,400 1,350
大阪:1,400 1,350
名古屋:1,400 1,350

・原料・スクラップ(千円/トン)

上銅(新切)
東京:618 613
大阪:568 563
名古屋:595 590

黄銅削粉
東京:488 483
大阪:487 482
名古屋:415 410


機械鋳物アルミ
東京:116 111
大阪:122 117
名古屋:128 123

・伸銅製品(円/キロ)

銅小板 (365 X 1200ミリ,2.0ミリ)
東京:1010
大阪:985
名古屋:985

銅管 (50 X 5ミリ)
東京:1,190
大阪:1,255
名古屋:1,105

黄銅丸棒 (25ミリ)
東京:685
大阪:709
名古屋:711


・軽金属製品(円/キロ)

アルミ大板 (1000 X 2000ミリ,1.0ミリ)
東京:790
大阪:790
名古屋:790

アルミ合金板 (1 X 1000 X 2000ミリ)(A5052P(52S))
東京:795
大阪:795
名古屋:795

アルミ合金形 (3 X 30 X 30ミリ)(A6063(63S))
東京:670
大阪:670
名古屋:670

都市銀行が高卒採用を廃止したために、高卒就職が「一気に不利になった」

2018-12-16 23:24:05 | 政治経済問題
関連記事:スポーツの世界ですら「大卒優勢」時代

関連記事:大阪の衰退は1970年の大阪万博から始まった?:決定的になったのは住友銀行の平和相銀吸収合併の頃ではないか(大前 研一 PRESIDENT 2017年11月13日号)


「お金がないなら高卒で働くべき」


確かに、高卒でも大企業に容易に就職できる時代であれば、それは通用した。

しかし、今や、(企業)スポーツの世界ですら、高卒の採用は厳しくなっている。

一方、高校卒業見込みの就職内定率は近年、高水準で推移している。その背景には、中小企業が深刻な人材難となっていることが挙げられる。また、高卒で就職予定の生徒そのものが少なくなっているという背景もある。

実は、都市銀行が概ね、1980年代に高卒の採用を中止したために、高卒就職が一気に不利になった、結果、大学進学率が一気に高まった、という側面は否めない。

都銀が高卒を採用している頃は、都銀に進むほどの優秀な生徒がいるんだったら、という流れに沿い、証券会社は多くの高卒を採用したし、商社ですら、高卒の採用を行っていた時代があった。

それが、都銀が高卒の採用を中止するや、証券会社も商社も「右へ倣え」となってしまった。さすがに、製造業は今でも高卒採用を廃止しているようなところは見当たらないと思うが、今や、日本国内において、とりわけ、大規模な工場が海外シフトの名のもと、どんどん閉鎖ないし縮小していることもあってか、「工員」採用にあたる高卒者への門戸は厳しくなるばかりだ。

また、関連して、住友銀行の平和相互銀行吸収合併により、多数の首都圏店舗を手中にできるようになったことを契機に、当時の三和銀行がバブル期に集中的に首都圏への店舗拡大を行った。結局、バブル崩壊が起こると、三和銀行は急激な店舗拡大が「仇となって」、後に、「東京三菱銀行」に実質的に吸収される羽目になるのだが、三和銀行のこの事例があってから、大阪に本社を置く企業がどんどん東京へと本社機能を移しはじめた。

なぜなら、今とは違い、バブル期はまだ、企業は、財務活動については、銀行融資に依存せざるを得なかったため、融資を有利に引き出すべく、都市銀行に「追随せざるを得なかった」。だから、住友や三和というと、大阪本社企業の多くが「メインバンク」としていた手前、東京進出もバブル期に急ピッチで進んだ。

つまりは、都市銀行の動向が、就職体系の変化や東京一極集中を「牽引」したと言っても過言ではない。

もっとも、「メガバンク」には今や、採用を牽引する力も、はたまた、店舗拡張を行う力も「残っていない」。

したがって、今度は、逆に大卒者の就職状況にも影響が及びつつある。

なぜならば、大卒見込みの就職率も高卒見込みとほとんど変わらない「高水準」なのだが、いわゆる、「大企業」の求人倍率は、バブル期のそれとは比べものにならないくらい「低い」のが現状。

だから、大卒が大企業に就職することは、実は、年々厳しくなっているのである。

メガバンクが大卒大量採用に「動かない」となれば、「フォロワー」も少なくなる。就職内定率は高水準なのに、学生の就職活動期間が「長期化」の傾向にある背景も「頷ける話」である。

スポーツの世界ですら「大卒優勢」時代

2018-12-16 19:51:28 | 政治経済問題
関連記事:一番の要因は、一橋大学と東京工業大学が「統合できなかったこと」じゃないの


今や、スポーツの世界ですら、「大卒優勢」の時代。

プロ野球も、見た目は大谷とかが高卒で大活躍しているから、「学歴は関係ない」と思いきや、半数ぐらいは「大卒」。大卒でなくとも、社会人を経験している選手も多いので、高卒、即プロ入り、というケースは実はあまりない。そればかりか、高卒で即戦力となるケースは昔からほとんどない。

サッカーは高校だけでなく、「ユース」というカテゴリがあるので、大卒のケースは少ないようだが、ラグビーは、「プロ選手」を目指すならば、大卒は「必須」。フィギュアスケートを見ても、大学や大学院と進む選手ばかりが目立つ。

公営関連だと、競輪選手は大卒が少なくない。

「お金がないなら高卒で働くべき」、ということであるならば、職能学校(公営で例えるならば、競輪学校や競馬学校のようなところ)などの体制が整えられてしかるべきだが、今の日本にはそうしたシステムは存在しない。商業高校とて、今やほとんどの生徒が大学進学希望なので、普通科とほとんど変わらない。

むしろ、大学は、(ごく一部の学生の囲い込みを企む)経団連の思う通りにはさせてはならないので、6年制、医療系ならば8年制にすべきだと思う。

ならば、大学の数もかなり増えてきているわけだし、学費の高騰抑制を今こそ図るべき。

さもないと、日本は潰れるよ。




12/15(土) 11:00配信 文春オンライン

 私は就職コンサルタントとして、高校生から無名の大学、そして東大生まで、20年以上にわたり就活の支援をしてきた。その中で感じたことは、国立、私立に関わらず、偏差値の高い大学生の親にはお金持ちが多い、ということだ。


以前は学費の高い私立大学生の親に、お金持ちが多い、という印象があった。ところが現在では、私立大学でも偏差値の低い大学では、お金持ちが少ない。

東大、一橋、東工大、早大、慶大は奨学金受給率が低い

このように私が経験的に感じたことを、裏付けるデータがある。「学校毎の貸与及び返還に関する情報・2016年度」(日本学生支援機構)だ。

 日本学生支援機構とはかつての日本育英会であり、政府の奨学金を管理する団体だ。本団体が公表している奨学金の返還状況のデータから、大学ごとの奨学金受給率を計算することができる。

 受給率が低い大学の親は、奨学金を借りる必要のないお金持ちが多いと言える。一方、受給率が高ければ、お金持ちが少ないと考えてよいだろう。

 私が奨学金受給率を大学群ごとに計算してみた結果は次の通りだ(自著『 学歴フィルター 』(小学館新書)でも簡単に触れたが、今回は最新データで再計算している)。

 東大、一橋、東工大、早大、慶大といった偏差値の高い大学生の親ほど、お金持ちが多いことがわかる。

 一方で大学の偏差値が下がるほど、お金持ちが減っていく。河合塾で全学部全学科ボーダーフリー(Fランク)と判定された5大学では、上位5大学と比較すると、なんと約2.5倍も受給率が高いのだ。

 社会的公正という観点から、これは大きな問題だと私は考えるが、なぜこのようなことが起きてしまうのだろうか?

親の年収、学歴と子供の成績には相関関係がある

 一つ目の理由には、「年収と学歴が高い親の子供ほど、学業成績が良い」ということがあげられる。これは文科省の学力テストと、お茶の水女子大学の調査(2017年)から、小学校6年と中学3年の成績が、親の年収、学歴と明確に相関関係があることが指摘されている。

 経済的に豊かで、小中高と成績が良い子供が東大、一橋、東工大、早、慶に入学している可能性が高い。

 二つ目の理由は大学進学率が上がったことだ。以前なら勉強が得意でない高校生は、高卒で就職することが多かった。

 ところがバブル崩壊後、一貫して高卒求人が減り、その分、進学希望者が増えた。大学・短大の進学率は浪人を含め6割弱の水準まで上昇している。専門学校(と高専4年在学者)まで含めれば約8割が進学する時代だ。


「お金がないなら高卒で働くべき」なのか?

「だったら貧乏人の子供はFランク大学など行かずに高卒で働くべきだ」

 世間にはこのような意見があることも私は知っているが、愛のない暴論だと感じる。確かに高卒で大企業に就職できれば、大卒で中小企業に就職するより、生涯賃金が高いというデータがあるにはある。

 ただし、かつて高卒者を採用していた大企業とは大手製造業だった。ところが、現在この有利な高卒求人が激減したのだ。

 そして一般的には高卒より大卒の方が生涯賃金が高く、犯罪率、健康状態などでも有利である。WEBなどで求人広告の募集要項を見れば、その多くが「大卒以上」と書かれている。

 そんな中、多くの親は子供を大学に行かせたいと考えるのが自然だ。私も高校生向け就職支援の経験があるが、安易に高卒での就職をすすめられない。

世帯所得は下がり、授業料は上がり続ける

 親が子供の大学進学について考えた時に問題になるのが、学費の高さだ。

 国からの援助(国立への運営費交付金や私立への私学助成金)が減ることで、私大授業料は57万584円(89年)から87万7735円(16年)に上昇した。入学金まで含めれば優に100万円を超える。

 一方で子育て世帯の平均所得は782万円(96年)のピークから740万円(16年)と減少したままだ。その間、奨学金の受給率も、うなぎのぼりとなっている。

 学費の高騰について、高偏差値大学の豊かな親はあまり影響を受けない。一方で低偏差値大学の親ほど世帯所得の減少に直面しており、厳しい状況になっていると推測できる。

 期せずして、大学への助成金の削減は、低所得層へ鞭打つことになっている。「大学いじめ」は意外にも「貧乏人いじめ」につながっているのだ。

 私は、このような状況を放置してはならないと考える。少なくとも学費の高騰については解決策があるべきではないだろうか。

福島 直樹


12/14 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数:米ダウ496ドル安

2018-12-15 09:47:25 | 政治経済問題
【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 24100.51 -496.87   -2.02% 24431.14 24033.79   2   28
*ナスダック   6910.67 -159.66   -2.26%  7027.17  6898.99  607 1885
*S&P500      2599.95  -50.59   -1.91%  2635.07  2593.84   63  439
*SOX指数     1177.57  -17.03   -1.43%
*225先物     21220 大証比 -80   -0.38%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     113.39   -0.24   -0.21%   113.67   113.22
*ユーロ・ドル   1.1305 -0.0056   -0.49%   1.1365   1.1270
*ユーロ・円    128.19   -0.87   -0.67%   129.14   127.99
*ドル指数      97.47   +0.41   +0.42%   97.71   97.09

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    2.73   -0.03      2.76    2.71
*10年債利回り    2.89   -0.02      2.91    2.87
*30年債利回り    3.15   -0.02      3.16    3.13
*日米金利差     2.86   -0.05

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      51.20   -1.38   -2.62%   52.95   50.84
*金先物       1242.0   -5.4   -0.43%   1247.3   1236.5
*銅先物       275.6   -1.1   -0.40%   277.0   272.8
*CRB商品指数   180.31   -2.72   -1.48%   182.34   179.98

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     6845.17  -32.33   -0.47%  6877.50  6788.65   26   75
*独DAX     10865.77  -58.93   -0.54% 10903.39 10733.75   10   20
*仏CAC40     4853.70  -43.22   -0.88%  4873.16  4822.89   4   36



先行き警戒感が根強くダウ平均は一時500ドル超下落 J&Jが大幅安=米国株概況 018/12/15(土) 06:20

NY株式14日(NY時間16:20)

ダウ平均   24100.51(-496.87 -2.02%)
S&P500    2599.95(-50.59 -1.91%)
ナスダック   6910.66(-159.67 -2.26%)
CME日経平均先物 21265(大証終比:-35 -0.16%)

 きょうのNY株式市場でダウ平均は大幅反落。中国や欧州の経済指標が弱く、市場は世界経済への懸念を強めている。ダウ平均は一時500ドル超下落した。

 この日発表の中国の鉱工業生産や小売売上高は予想を下回った。米中貿易問題を通じて中国経済の減速が示唆されている。また、欧州の企業景況感が弱い内容だったことも懸念に繋がっているようだ。

 ただ、肝心の米経済のほうは、この日発表の11月の米小売売上高が予想を上回るなど年末商戦の消費は好調だったことを示している。

 中国が輸入自動車に対する報復関税の3ヵ月間停止を発表するなど米中貿易協議への進展は伝わっていたものの、市場の反応は鈍い。貿易問題よりも景気の先行き不安を材料に売りを進めているようだ。

 株式市場は悪材料探しの様相になっているが、情報会社の調査によると、今回の下落局面で投資信託やETFなどを通じて460億ドル以上の資金が米株式市場から引き揚げているという。

 ダウ採用銘柄は28銘柄が下落。ジョンソン&ジョンソンが大幅安となっているほか、ウォルグリーン、シスコシステムズが下落。ユナイテッド・ヘルス、メルク、ファイザーも軟調。

、ジョンソン&ジョンソン(J&J)は、同社がベビーパウダーに使っていたタルクにアスベストが混ざっていたとして各地で裁判になっているが、ロイター通信によると、少量のアスベストが含まれていたことを経営幹部は数十年もの間認識していたと報じている。同社はこの報道を否定している。

 シスコシステムズは、アナリストが投資判断を「中立」に引き下げ、目標株価を50ドルにした。

 ウォルグリーンは、アナリストが投資判断を「売り」に引き下げ、目標株価も68ドルに下方修正。

 ナスダックも大幅に続落し、再び7000ポイントを割り込んでいる。アマゾン、アップル、マイクロソフトなど主力のIT・ハイテク株への売りが続いている。

 スターバックスが下落。きのうニューヨークでカンファレンスを開催しており、2019年度の目標を据え置いた。既存店売上高は米国を含め3~4%の拡大を見込んでいるという。しかし、同社のクリスマーCFOは中国市場について、既存店売上高は長期的には1~3%増に鈍化を予想していることを明らかにした。同社にとって重要な市場である中国での鈍化見通しに、市場は失望感を強めているようだ。

 アドビが下落。9-11月期決算を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回っていた。しかし、見通しは、売上高は好調なものの、利益は予想を下回っている。アナリストからは、同社は企業向けのマーケティングを手掛けるマルケトを47.5億ドルで買収することで合意しているが、それに関連して利益が圧迫されていると指摘されている。


スターバックス 65.34(-1.57 -2.35%)
アドビ 230.00(-18.08 -7.29%)

アルファベット(C) 1042.10(-19.80 -1.86%)
フェイスブック 144.06(-0.95 -0.66%)
ネットフリックス 266.84(-9.18 -3.33%)
テスラ 365.71(-11.08 -2.94%)
アマゾン 1591.91(-66.47 -4.01%)
エヌビディア 146.45(-2.44 -1.64%)
ツイッター 35.87(-0.02 -0.06%)

ダウ採用銘柄
J&J 133.00(-14.84 -10.04%)
P&G 96.64(+0.15 +0.16%)
ダウ・デュポン 52.78(-1.00 -1.86%)
ボーイング 318.75(-6.72 -2.06%) 
キャタピラー  126.77(+0.87 +0.69%) 
ユナイテッド  118.80(-0.45 -0.38%) 
ビザ  135.09(-2.45 -1.78%) 
ナイキ  72.53(-0.40 -0.55%)
ウォルグリーン 78.75(-3.59 -4.36%) 
3M  196.10(-6.03 -2.98%) 
エクソンモビル  75.58(-1.40 -1.82%) 
シェブロン  113.83(-2.11 -1.82%) 
コカコーラ  49.34(-0.13 -0.26%) 
ディズニー  112.20(-1.19 -1.05%) 
マクドナルド  183.29(-3.14 -1.68%) 
ウォルマート 91.85(-1.11 -1.19%)
ホームデポ  172.29(-1.58 -0.91%)
JPモルガン 100.29(-0.83 -0.82%)
トラベラーズ  120.55(-0.95 -0.78%)
ゴールドマン  172.77(-3.15 -1.79%)
アメックス  105.70(-1.00 -0.94%) 
ユナイテッドヘルス  265.02(-7.13 -2.62%)
IBM  119.90(-0.83 -0.69%)
アップル  165.48(-5.47 -3.20%)
ベライゾン  57.08(-0.01 -0.02%)
マイクロソフト  106.03(-3.42 -3.12%)
インテル  47.86(-0.43 -0.89%)
ファイザー 43.80(-0.77 -1.73%)
メルク  76.48(-1.98 -2.51%)
シスコシステムズ  45.82(-1.65 -3.48%)


米国株式市場=大幅安、世界経済の減速懸念再燃 J&J急落

米国株式市場は大幅安。ダウ平均株価<.DJI>は一時500ドル超値下がりしたほか、ハイテク株の多いナスダック総合指数も2%落ち込み7000ポイントの大台を再び割り込んだ。中国や欧州のさえない指標をきっかけに世界経済の減速懸念が再燃した。

ダウ平均は調整局面を確認したほか、S&P600小型株指数も弱気相場を確認した。

中国の11月の小売売上高は15年ぶりの低い伸びを記録したほか、鉱工業生産も約3年ぶりの低い伸びにとどまった。また12月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)は4年ぶりの水準に低下した。「統計からうかがえる中国経済の脆弱性は昨今の貿易摩擦の影響によるものとみられ、世界経済にも波及しかねないとの懸念が根強い」(グローバルAM)。

ロイター調査によると、今後2年以内に米国が景気後退(リセッション)に陥る確率は予想中央値で40%と、1カ月前の前回調査時の35%から上昇し、参加したエコノミストに質問を開始した今年5月以降で最も高くなった。リセッションの予想確率がこれほど上がったのは、リーマン・ブラザーズ破綻8カ月前の2008年1月以来となる。

個別銘柄では、医薬品・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が10%急落。同社がベビーパウダーにアスベストが含まれていたことを数十年間把握していたとのロイター報道を嫌気した。ロイターが入手した文書によると、同社は1970年代から原料滑石(タルク)の試験でアスベストが見つかったことを米食品医薬品局(FDA)に報告しなかった。タルク問題の記述は57─58年時点までさかのぼる。

オンライン小売のアマゾン・ドットコムは4%安。アップルは3%安。CNBCによると、TF国際証券のアナリストが2019年第1・四半期のiPhone出荷予想を20%引き下げた。

会員制倉庫型ストアのコストコ・ホールセールは8.5%安。第1・四半期(11月25日まで)の粗利益率が低下した。賃上げやオンライン事業への投資拡大に加え、食料雑貨業界の厳しい競争を受けた値下げが響いた。

ニューヨーク証券取引所では値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を3.61対1の比率で上回った。ナスダックでも3.17対1で値下がり銘柄数が多かった。

米取引所の合算出来高は78億9000万株。直近20営業日の平均は79億7000万株。



 終値 前日比 % 始値 高値 安値
ダウ工業株30種 24100.51 -496.87 -2.02 24408.04 24431.14 24033.79 前営業日終値 24597.38
ナスダック総合 6910.67 -159.67 -2.26 6986.37 7027.17 6898.99 前営業日終値 7070.33
S&P総合500種 2599.95 -50.59 -1.91 2629.68 2635.07 2593.84 前営業日終値 2650.54
ダウ輸送株20種 9514.11 -158.63 -1.64
ダウ公共株15種 757.85 -1.70 -0.22
フィラデルフィア半導体 1,177.57 -17.03 ▼1.43%  [12/14]  H:1,201.75 L:1,177.27
VIX指数 21.63 +0.98 ▲4.75%  [12/14]  H:22.45 L:21.01
S&P一般消費財 807.72 -16.26 -1.97
S&P素材 319.86 -2.65 -0.82
S&P工業 561.11 -8.20 -1.44
S&P主要消費財 555.59 -10.84 -1.91
S&P金融 400.72 -4.14 -1.02
S&P不動産 205.65 -0.43 -0.21
S&Pエネルギー 455.93 -11.12 -2.38
S&Pヘルスケア 1026.67 -35.82 -3.37
S&P通信サービス 144.43 -1.49 -1.02 
S&P情報技術 1129.35 -28.74 -2.48
S&P公益事業 286.28 -0.74 -0.26
NYSE出来高 10.27億株

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 21265 - 35 大阪比 
シカゴ日経先物3月限 円建て 21225 - 75 大阪比


米国 業種別ランキング


S&Pセクター動向-全11セクターが下落 下落率上位はヘルスケア、IT、エネルギー、一般消費財、生活必需品

1 不動産 -0.21%
2 公益事業 -0.26%
3 素材 -0.82%
4 金融 -1.02%
5 コミュニケーション -1.02%
6 資本財・サービス -1.44%
7 生活必需品 -1.91%
8 一般消費財 -1.97%
9 エネルギー -2.38%
10 情報技術(IT) -2.48%
11 ヘルスケア -3.37%


ダウ平均株価

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

ナスダック 運輸株指数 4,755.69 -103.02 -2.12% -8.95% -6.65% 7:16

S&P 小型株600種 878.11 -14.00 -1.57% -7.19% -4.19% 6:15

ラッセル2000種指数 

・1,410.81 -21.89 -1.53% -6.10% -6.38% 6:30

・1,410.81 -21.89 ▼1.53%  [12/14]  H:1,435.39 L:1,407.11

ナスダック バイオテクノロジー株指数 3,204.22 -59.95 -1.84% -0.08% -2.94% 7:16

NYダウ 工業株30種 24,100.51 -496.87 -2.02% -3.91% -1.67% 6:59

ナスダック 銀行株指数 3,363.65 -57.55 -1.68% -8.74% -14.53% 7:16

ブルームバーグ REIT指数 281.40 -0.55 -0.20% -0.36% -3.16% 6:00

NYSE 総合指数 11,755.38 -180.78 -1.51% -4.24% -6.92% 8:17

ナスダック 100指数 6,594.97 -173.01 -2.56% -2.58% +3.21% 7:16

ナスダック 金融株指数 7,496.23 -72.40 -0.96% -3.98% -4.24% 7:16

ナスダック 保険株指数 7,962.86 -36.96 -0.46% -3.78% -6.81% 7:16

NYダウ 輸送株20種 9,514.11 -158.63 -1.64% -10.11% -8.46% 6:59

ナスダック 通信株指数 366.19 -9.93 -2.64% +0.33% +9.12% 7:16

S&P 500種 2,599.95 -50.59 -1.91% -3.76% -1.96% 6:59

ナスダック 総合指数 6,910.66 -159.67 -2.26% -3.16% +0.79% 7:16

NYダウ 公共株15種 757.85 -1.70 -0.22% +4.59% +0.97% 6:59

KBW銀行株指数 88.10 -0.92 -1.03% -10.90% -16.07% 7:16

ラッセル1000種指数 1,436.31 -27.04 -1.85% -3.74% -2.18% 6:30

ナスダック 金融100指数 4,157.34 -46.22 -1.10% -5.89% -6.90% 7:16

ラッセル3000種指数 1,528.36 -28.42 -1.83% -5.17% -3.40% 6:30

ナスダック コンピューター株指数 4,057.58 -95.90 -2.31% -2.83% +0.14% 7:16

ナスダック 工業株指数 5,654.09 -144.41 -2.49% -3.77% +3.47% 7:16


今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

アルゼンチン メルバル指数 31,109.45 +89.66 +0.29% +0.00% +15.13% 5:36

ブラジル ボベスパ指数 87,449.50 -388.09 -0.44% +1.72% +20.74% 5:21

S&P/BMV IPC指数 41,312.17 -200.34 -0.48% -2.44% -14.33% 6:16

S&Pトロント総合指数 14,595.07 -155.28 -1.05% -3.56% -8.87% 6:54

ボベスパ ブラジル 87,449.51 -388.09 ▼0.44%  [12/14]  H:88,183.93 L:87,106.12

メルバル アルゼンチン 31,109.45 +89.66 ▲0.29%  [12/14]  H:31,164.30 L:30,800.71

IPC メキシコ 41,312.17 -200.34 ▼0.48%  [12/14]  H:41,744.74 L:41,243.79
 

ヨーロッパ・中東・アフリカ 株式指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

S&P ヨーロッパ350指数 1,416.86 -2.27 -0.16% -3.40% -10.00% 2018/12/14

ブルームバーグ ヨーロッパ500指数 233.58 -1.49 -0.63% -4.16% -10.68% 1:45

ユーロ・ストックス50指数 3,092.60 -19.57 -0.63% -3.52% -13.04% 1:50

S&P ユーロ指数 1,448.33 -0.19 -0.01% -3.58% -12.30% 2018/12/14

FTSE100指数 6,845.17 -32.33 -0.47% -2.68% -8.10% 1:35

OMX コペンハーゲン20指数 935.84 +1.60 +0.17% +0.98% -7.99% 1:05  

フランス CAC40指数 3,783.63 -34.32 -0.90% -4.94% -10.02% 2:05

イスタンブール100種指数 90,528.64 -857.88 -0.94% -2.96% -17.45% 0:10

ドイツ DAX指数 10,865.77 -58.93 -0.54% -4.79% -16.85% 2:30

ロシア RTS指数 $  1,116.50 -12.85 -1.14% -0.07% -3.19% 0:50

アテネ 総合指数 645.24 -3.25 -0.50% +1.67% -15.94% 0:19

FTSE/JSE アフリカ 全株指数 51,560.47 -183.69 -0.35% -0.84% -10.87% 0:11

スイス SMI指数 8,713.68 -101.02 -1.15% -2.44% -7.13% 1:55

オスロ 全株指数 939.04 -7.82 -0.83% -4.49% +6.12% 0:40

スペイン IBEX35指数 8,886.10 -40.20 -0.45% -2.42% -12.68% 1:38

アムステルダム AEX指数 506.53 -1.74 -0.34% -3.91% -7.48% 2:05

イタリア FTSE MIB指数 18,910.79 -138.04 -0.72% -0.87% -14.78% 1:35

ベルギー BEL20指数 3,384.29 -16.93 -0.50% -4.37% -15.08% 2:05

ポルトガル PSI-20指数 4,803.42 -19.64 -0.41% -3.15% -10.32% 2:05

オーストリア ATX指数 2,911.96 +3.43 +0.12% -7.61% -12.06% 1:45

OMX ストックホルム30指数 1,471.68 -7.07 -0.48% -2.05% -8.57% 1:35


欧州株価指数


ロンドン株14日 続落 世界的景気減速を警戒:日本経済新聞

2018/12/15 2:12

【NQNロンドン】14日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は続落。前日13日の終値に比べ32.33ポイント安の6845.17で引けた。構成銘柄の約7割が下落した。

中国や欧州の経済指標が弱い内容になったことで、世界的な景気減速を懸念した売りが広がった。朝方は9割近い銘柄が下落していた。ただ午後にかけて週末を控えた持ち高調整などで石油株や金融株の一角が買い戻され、株価指数は下げ幅を縮小した。ギャンブル事業のGVCホールディングスが急上昇したことも株価を下支えした。取引は低調だった。

金属相場の下落を受けて鉱業株が全面安で引けた。なかでもロシアの鉄鋼大手エブラズの下げが目立った。欧州連合(EU)離脱問題をめぐる英経済の先行き不透明感から、たばこや小売りなど消費関連株、公益株、住宅建設株にも売りが先行した。IT関連株も軟調だった。

半面、午前は売りに押されていた石油株は小幅ながら上昇に転じた。。ギャンブル事業のGVCホールディングスは9%高と、急上昇した。買収先のラドブロークスの株主に対する大規模な支出リスクが後退したことが買い安心感につながったという。

資産運用株と銀行のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)は小幅上昇に転じた。



FTSE100イギリス
▼0.47%
6,845.17
H:6,877.50
L:6,788.65
-32.33
12/14


ドイツ株14日 続落 景気減速を警戒:日本経済新聞

2018/12/15 2:07

【NQNロンドン】14日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は続落。終値は前日13日と比べて58.93ポイント(0.54%)安の10865.77だった。

朝方発表のユーロ圏経済指標の悪化を受けて、景気減速を警戒した売りが広がった。一時前日比で1.7%まで下げ幅を拡大する局面があった。幅広い業種が売られ、構成銘柄の約7割が下落した。アディダス、タイヤのコンチネンタル、透析器大手のフレゼニウス・メディカル・ケアが2%超安となり、株価指数の下げを主導した。一方で医療機器のフレゼニウスが高かった。

欧州の主要株式市場は、引けにかけて下げ幅を縮小したものの、総じて下落した。



DAXドイツ
▼0.54%
10,865.77
H:10,903.39
L:10,733.75
-58.93
01:35

CAC40フランス
▼0.88%
4,853.70
H:4,873.16
L:4,822.89
-43.21
01:35

SMIスイス
▼1.10%
8,723.90
H:8,756.50
L:8,671.50
-96.60
01:35

FTSE MIBイタリア
▼0.72%
18,910.79
H:18,968.26
L:18,734.42
-138.04
01:34

IBEX35スペイン
▼0.45%
8,886.10
H:8,908.00
L:8,787.60
-40.20
01:35

AEXオランダ
▼0.34%
506.53
H:508.19
L:500.24
-1.74
02:05

BEL20ベルギー
▼0.50%
3,384.29
H:3,388.87
L:3,341.30
-16.93
12/14

ATXオーストリア
▲0.12%
2,911.96
H:2,912.08
L:2,881.63
+3.43
12/14

PSI20ポルトガル
▼0.41%
4,803.42
H:4,813.25
L:4,780.32
-19.64
12/14

ASEギリシャ
▼0.50%
645.24
H:647.29
L:638.92
-3.25
12/14

OMXS30スウェーデン
▼0.48%
1,471.67
H:1,481.72
L:1,458.65
-7.08
12/14

OBXノルウェー
▼0.90%
768.56
H:775.03
L:766.05
-6.96
12/14

OMXC20デンマーク
▲0.17%
935.84
H:936.28
L:929.12
+1.60
12/14

RTSロシア
▼1.14%
1,116.50
H:1,130.53
L:1,111.79
-12.85
00:51

ISE100トルコ
▼0.94%
90,528.64
H:91,201.04
L:89,337.50
-857.89
00:10

AllShr南アフリカ
▼0.35%
51,560.47
H:51,744.16
L:51,062.58
-183.69
12/14

ユーロ・ストックス50
▼0.63%
3,092.60
H:3,103.17
L:3,063.23
-19.57
12/14


欧州市場サマリー

<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤
ユーロ/ドル    1.1297 1.1353
ドル/円 113.34 113.55
ユーロ/円 128.06 128.93

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値
STOXX欧州600種 347.21 -2.21 -0.63 349.42
FTSEユーロファースト300種 1371.54 -8.53 -0.62 1380.07
DJユーロSTOXX50種 3092.60 -19.57 -0.63 3112.17
FTSE100種 6845.17 -32.33 -0.47 6877.50
クセトラDAX 10865.77 -58.93 -0.54 10924.70
CAC40種 4853.70 -43.22 -0.88 4896.92

<金現物> 午後
値決め 1235.35

<金利・債券>
米東部時間13時55分
*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.31 0.00 100.31
独連邦債2年物 111.90 +0.04 111.86
独連邦債5年物 132.34 +0.16 132.18
独連邦債10年物 163.20 +0.33 162.87
独連邦債30年物 180.20 +0.14 180.06

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.649 -0.022 -0.627
独連邦債5年物 -0.302 -0.027 -0.275
独連邦債10年物 0.254 -0.021 0.275
独連邦債30年物 0.890 -0.001 0.891


<ロンドン株式市場> 

下落して取引を終えた。中国の軟調な指標を受け、鉱業株や消費関連株、銀行株が売り込まれた。

中国の11月の小売売上高は2003年5月以来の小幅な増加となったほか、鉱工業生産はほぼ3年ぶりの低い伸びとなった。米中貿易摩擦を背景に中国経済が鈍化しているとの懸念が高まった。

メイ英首相は英国の欧州連合(EU)離脱案について、EUからの歩み寄りを交渉する姿勢を示したが、英国のEU離脱を巡る懸念が和らぐ材料にはならなかった。英国のEU離脱動向に左右される住宅建設株が値下がりした。

一方、ブックメーカー(賭け業者)のGVCホールディングスは9.1%上昇した。「固定オッズ発売端末(FOBT)」と呼ばれるゲーム機の掛け金の上限を引き下げる法案を議会が翌週に採決する。GVCは同業ラドブロークス・コーラルを3月に買収した際、法案が2019年3月28日までに導入されなければ元ラドブロークス・コーラル株主に約6億7600万ポンドを支払うとしていた。

小型株では建設材料のロー・アンド・ボナーが14.9%下落した。第4・四半期は厳しい市況が続いたとの発言が不安視された。

<欧州株式市場> 

下落して取引を終えた。中国とユーロ圏の経済指標が軟調だったことで市場心理が悪化した。

中国国家統計局が発表した11月の小売売上高は2003年5月以来の低い伸びとなったほか、鉱工業生産はほぼ3年ぶりの低い伸びだった。そのほか、12月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)は4年ぶりの低水準となった。

フランスの高級ブランド、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)は1.5%下落した。高級ホテル運営会社ベルモンドを買収すると発表。アナリストらは、利益が大幅に増加するかどうかを疑問視した。

一方、オンライン案内広告会社スカウト24は13.6%上昇した。身売りを検討しているとの報道が材料視された。ドイツで過去最大規模のレバレッジド・バイアウトとなる可能性がある。

<ユーロ圏債券> 

国債利回りが低下。欧州や中国のさえない経済統計が材料となった。

12月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は4年ぶりの水準に低下。また中国の11月の小売売上高は15年ぶりの低い伸びを記録したほか、鉱工業生産も約3年ぶりの低い伸びにとどまった。

ある市場関係者は「域内のPMIは総じて予想を下回るなど成長を巡る懸念が再燃している。米中貿易摩擦やブレグジット(英国の欧州連合離脱)などの問題に伴い見通しがさらに悪化すれば、欧州中央銀行(ECB)は来年利上げに踏み切れないだろう」と述べた。

ドイツ10年債利回りは3ベーシスポイント(bp)低下し0.25%。最近付けた半年ぶり低水準に迫った。他の中核国債利回りも同様に低下した。

市場は来年のECBの利上げに一段と懐疑的になっている。ユーロ圏無担保翌日物平均金利(EONIA)と2019年12月のフォワード金利との差は6ベーシスポイント(bp)と前日から約7.5bp低下した。これは市場が織り込む来年の預金金利0.10%ポイントの利上げ確率が約60%であることを示している。

こうした中、ポルトガルとアイルランドの国債利回りは低下。ECBが保有債券の償還資金の再投資について一部柔軟性を維持する姿勢を示したことが引き続き材料となった。ポルトガル10年債利回りは1.66%と7カ月ぶり低水準。週間では6月以降で最大の下げとなる勢い。アイルランド10年
債利回りは2bp低下の0.96%。



ニューヨーク外国為替市場概況・14日 ユーロドル、続落

14日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは続落。終値は1.1306ドルと前日NY終値(1.1361ドル)と比べて0.0055ドル程度のユーロ安水準だった。欧州時間に発表された12月のユーロ圏製造業・サービス部門PMI速報値が悪化し、予想を下回ったことで景気減速を警戒したユーロ売りが優勢となった。米商務省が発表した11月米小売売上高は市場の予想通りとなったが、前月の数値が上方修正されたことが分かると若干ドル買いで反応。23時前に一時1.1270ドルと11月28日以来の安値を付けた。

 ただ、同日安値1.1267ドルがサポートとして意識されると下げ渋る展開に。米長期金利の低下に伴うユーロ買い・ドル売りも入り1.13ドル台前半まで下値を切り上げた。

 欧州連合(EU)首脳はこの日、将来的な危機を回避するためにユーロ圏の統合深化に向け歩を進めることで合意したものの、ユーロ圏共通予算や預金保険制度などの重要事項を巡る見解の相違は埋められなかった。

 ドル円は反落。終値は113.39円と前日NY終値(113.63円)と比べて24銭程度のドル安水準だった。ユーロやポンドに対してドル高が進んだ影響を受けて23時過ぎに一時113.67円と日通し高値を付けたものの、前日の高値113.71円が目先レジスタンスとして意識されると失速。12月米製造業・サービス部門PMI速報値が予想を下回ったことも相場の重し。

 この日発表の中国や欧州の経済指標が弱い内容となったことで、世界的な景気減速への警戒が高まり、ダウ平均が一時560ドル超下落。投資家がリスク回避姿勢を強め円買い・ドル売りが優勢となった。5時前に一時113.22円と日通し安値を付けた。もっとも、前日の安値113.21円が目先サポートとして意識されるとやや下げ渋っている。

 ユーロ円は3営業日ぶりに反落。終値は128.19円と前日NY終値(129.06円)と比べて87銭程度のユーロ安水準。世界的な景気減速懸念から米国株相場が大幅に下落。投資家がリスク・オフの動きを強め円買い・ユーロ売りが優勢となった。5時前に一時127.99円と日通し安値を付けた。

本日のレンジ
ドル円:113.22円 - 113.67円
ユーロドル:1.1270ドル - 1.1365ドル
ユーロ円:127.99円 - 129.14円



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  113.63  1.1361  129.06
高値  113.67  1.1365  129.14
安値  113.22  1.1270  127.99
終値  113.39  1.1306  128.19

為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  143.65  82.12  85.09
高値  143.92  82.15  85.13
安値  142.39  81.26  84.62
終値  142.67  81.35  84.71

為替 ドル円 チャート

ドル円
113.38
H:113.68
L:113.22
▼0.21%
-0.24
06:59

ユーロ円
128.19
H:129.13
L:127.99
▼0.70%
-0.90
06:59

ポンド円
142.69
H:143.90
L:142.39
▼0.72%
-1.04
06:59

スイスフラン円
113.59
H:114.44
L:113.48
▼0.63%
-0.72
06:59

豪ドル円
81.34
H:82.15
L:81.25
▼0.94%
-0.77
06:59

ニュージーランド円
77.06
H:78.00
L:76.97
▼1.09%
-0.85
06:59

ユーロドル
1.1306
H:1.1400
L:1.1270
▼0.48%
-0.0055
06:59

ドルインデックス
97.45
H:97.715
L:97.083
▲0.41%
+0.394
06:58

為替 ドル元
▲0.34%
6.9050
H:6.9051
L:6.8797
0.0235
07:14


ビットコイン アルトコイン

Bitcoin BTC/JPY
362,050
H:374,967
L:355,889
▼0.03%
-119
09:05

Bitcoin BTC/USD
3,220.07
H:3,339.980
L:3,180.000
▼0.05%
-1.589
09:05

Ethereum ETH/JPY
9,069.00
H:9,196.00
L:8,883.00
▼0.12%
-11.00
09:05

Ripple XRP/JPY
32.28
H:33.85
L:31.63
▼0.25%
-0.08
09:05

Litecoin LTC/JPY
2,616.00
H:2,678.00
L:2,532.00
▼0.23%
-6.00
09:05

Ethereum Classic ETC/JPY
417.98
H:423.05
L:404.93
▲0.07%
+0.31
09:04

DASH DASH/JPY
6,688.57
H:6,813.85
L:6,598.68
0.00%
+0.17
09:02

Bitshares BTS/JPY
3.95
H:4.02
L:3.90
▲0.25%
+0.01
09:04

Monero XMR/JPY
4,353.79
H:4,654.68
L:4,346.54
▼0.27%
-11.64
09:04

NEM XEM/JPY
6.96
H:7.60
L:6.90
▼0.57%
-0.04
09:05

Zcash ZEC/JPY
5,639.48
H:5,804.92
L:5,554.36
▲0.15%
+8.61
09:02

Bitcoin Cash BCH/JPY
9,012.00
H:10,079
L:8,682
▲0.06%
+5
09:05

Bitcoin Gold BTG/JPY
1,211.52
H:1,247.41
L:1,198.83
▲0.02%
+0.23
09:04

Monacoin MONA/JPY
41.50
H:46.50
L:40.20
▲0.73%
+0.30
09:05

Lisk LSK/JPY
123.98
H:124.02
L:122.53
▼0.04%
-0.05
09:04

Factom FCT/JPY
839.94
H:933.11
L:763.82
▲0.51%
+4.23
09:04

ビットコインUSD先物 CME
3,135.00
H:3,265.00
L:3,120.00
▼2.49%
-80.00
07:37


世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           113.39円   -0.24円    -0.21%   113.63円
*ユーロ・円         128.19円   -0.87円    -0.67%   129.06円
*ポンド・円         142.74円   -0.92円    -0.64%   143.66円
*スイス・円         113.60円   -0.69円    -0.60%   114.29円
*豪ドル・円          81.36円   -0.76円    -0.92%   82.12円
*NZドル・円         77.05円   -0.87円    -1.12%   77.92円
*カナダ・円          84.69円   -0.40円    -0.47%   85.09円
*南アランド・円        7.88円   -0.13円    -1.63%    8.01円
*メキシコペソ・円       5.60円   +0.01円    +0.18%    5.59円
*トルコリラ・円       21.13円   -0.11円    -0.52%   21.24円
*韓国ウォン・円       10.02円   -0.08円    -0.76%   10.09円
*台湾ドル・円         3.67円   -0.01円    -0.26%    3.68円
*シンガポールドル・円   82.34円   -0.51円    -0.62%   82.86円
*香港ドル・円         14.51円   -0.03円    -0.21%   14.54円
*ロシアルーブル・円     1.70円   -0.01円    -0.75%    1.72円
*ブラジルレアル・円     28.98円   -0.22円    -0.75%   29.20円
*タイバーツ・円        3.45円   -0.01円    -0.38%    3.47円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            +0.62%   114.55円   104.56円   112.69円
*ユーロ・円           -5.24%   137.50円   124.62円   135.28円
*ポンド・円           -6.24%   156.61円   139.90円   152.23円
*スイス・円           -1.80%   118.56円   108.52円   115.68円
*豪ドル・円           -7.58%   89.09円   78.57円   88.03円
*NZドル・円         -3.61%   81.57円   72.26円   79.94円
*カナダ・円           -5.55%   91.58円   80.55円   89.66円
*南アランド・円       -12.73%    9.29円    7.08円    9.03円
*メキシコペソ・円       -2.14%    6.16円    5.27円    5.73円
*トルコリラ・円       -28.78%   30.31円   15.46円   29.66円
*韓国ウォン・円        -5.17%   10.68円    9.63円   10.56円
*台湾ドル・円         -3.05%    3.84円    3.57円    3.79円
*シンガポールドル・円    -2.32%   85.50円   79.19円   84.30円
*香港ドル・円         +0.78%   14.61円   13.33円   14.40円
*ロシアルーブル・円     -12.85%    1.99円    1.57円    1.95円
*ブラジルレアル・円     -14.81%   35.13円   26.39円   34.02円
*タイバーツ・円        -0.17%    3.54円    3.30円    3.46円
                 

米金融・債券市場=利回り低下、世界経済巡る懸念を反映した株安に連動

米東部時間 価格 利回り
30年債(指標銘柄) 17時05分 104*11.00 3.1496% 前営業日終値 104*03.00 3.1620%
10年債(指標銘柄) 17時05分 101*31.00 2.8949% 前営業日終値 101*26.50 2.9110%
5年債(指標銘柄) 17時03分 100*20.75 2.7340% 前営業日終値 100*17.75 2.7540%
2年債(指標銘柄) 17時05分 100*00.75 2.7372% 前営業日終値 99*31.38 2.7600%

清算値 前日終値
Tボンド先物12月限 143*09.00 143*01.00
Tノート先物12月限 120*14.50 120*09.00


米金融・債券市場では国債利回りが低下(価格は上昇)した。欧州と中国の経済指標が軟調だったことを受け世界的な経済成長に対する懸念が台頭し、米株価が下落したことに連動した。

米国債利回りは11月の米小売統計が堅調だったことで低下は限定されたが、アナリストは、欧州と中国の経済指標を受け市場心理はすでに悪化していたため、好調な米小売統計発表後も市場の方向性は変わらなかったとしている。

欧州ではIHSマークイットが発表した12月のユーロ圏総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は51. 3と、2014年11月以降で最低となった。中国では11月の小売売上高が2003年5月以来の低い伸びとなったほか、鉱工業生産は少なくともほぼ3年ぶりの低い伸びとなった。

こうしたなか、世界的に株価が下落。DRWトレーディング(シカゴ)の市場ストラテジスト、ルー・ブライエン氏は、「株価水準は景気が近く軟調になることを示している可能性があるため、株価と国債利回りの連動性はこのところ高まっている」との見方を示している。

午後の取引で10年債利回りは2.887%と、前日終盤の2.911%から低下。

30年債利回りは3.139%と、3.148%から低下した。

2年債利回りは2.733%と、2.76%から低下した。

この日は利回りは低下したものの、10年債利回りは週初からは約4ベーシスポインチ(bp)上昇している。

11月の米小売売上高は、自動車やガソリン、建材、食品サービスを除いたコア指数が前月比0.9%増と、市場予想の0.4%増を上回った。

MUFG証券(ニューヨーク)の金利ストラテジスト、ジョン・ハーマン氏は、第4・四半期の消費支出の増大は過度なもので、来年第1・四半期に反動減が見られる可能性があると指摘。「われわれの予測モデルが正確なら、多くの米経済指標は第1・四半期に軟化する恐れがあり、連邦準備理事会(FRB)は19年の初めの3─4回の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げを休止する可能性がある」との見方を示した。


<ドル・スワップ・スプレッド>
Last (bps) Net Change (bps)
U.S. 2-year dollar swap spread 14.50 0.75
U.S. 3-year dollar swap spread 12.50 0.75
U.S. 5-year dollar swap spread 10.25 0.00
U.S. 10-year dollar swap spread 3.00 -0.25
U.S. 30-year dollar swap spread -14.50 0.25


金利・国債

・ブルームバーグ・バークレイズ指数

名称 値 前日比 月初来リターン 52週リターン

Global Aggregate 472.04 -0.52 +0.56 -2.22%

ブルームバーグ・バークレイズ米国総合トータ 2,028.05 +2.43 +0.91 -1.01%

Asian Pacif. AGG TR Unh JPY 150.75 -0.02 +0.16 +0.42%

Pan-European Aggregate 229.95 +0.28 +0.51 -0.80%

EM USD Aggregate 1,066.61 +0.51 +1.13 -2.60%

国 利回り 1日利回り変化幅 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

日本 0.02% -3 -8 -2 2018/12/14

オーストラリア 2.46% 0 -24 -9 2018/12/14

ニュージーランド 2.46% -3 -29 -28 2018/12/14

香港 2.08% +2 -20 +36 2018/12/14

シンガポール 2.20% -8 -25 +23 2018/12/14

韓国 2.00% -- -- -45 2018/12/14

インド 7.44% +3 -29 +31 2018/12/14

アメリカ合衆国 2.89% -2 -23 +54 6:59

カナダ 2.10% -6 -33 +25 6:59

ブラジル 9.63% -16 -75 -70 6:35

メキシコ 8.91% -5 -12 +154 6:59

ドイツ 0.25% -3 -15 -6 1:59

イギリス 1.24% -5 -27 +7 1:59

フランス 0.71% -2 -7 +7 1:59

イタリア 2.93% -2 -55 +115 1:59

スペイン 1.41% -1 -21 -3 1:59

オランダ 0.40% -2 -12 0 1:59

ポルトガル 1.66% 0 -30 -15 1:59

ギリシャ 4.20% +1 -26 +14 1:59

スイス -0.23% -3 -17 0 1:10


続落、ドル指数の高値更新から軟調推移

COMEX金2月限終値:1241.40 ↓6.00

 14日のNY金先物2月限は続落。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は前日比-6.00ドルの1オンス=1241.40ドルで通常取引を終了した。株式市場の大幅調整にもかかわらず、ドル指数の高値更新から軟調推移となった。



・NY原油先物は反落、米国の石油生産の拡大がOPECの減産を上回る

NYMEX原油1月限終値:51.20 ↓1.38

 14日のNY原油先物1月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物1月限は前日比-1.38ドルの51.20ドルで通常取引を終えた。米国の石油生産の拡大が石油輸出国機構(OPEC)の減産を上回り、過剰な供給が継続するとの懸念が売り材料となった。また、中国の低調な経済指標を受けて需要鈍化懸念も強まった。



WTI原油先物 金先物価格

WTI原油 CME
51.23
H:52.95
L:50.84
▼2.57%
-1.35
07:38

Brent原油
60.30
H:61.73
L:59.92
▼1.87%
-1.15
06:59

金先物 CME
1,242.30
H:1,247.30
L:1,236.50
▲0.07%
+0.90
06:59


エネルギー

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

WTI原油 (NYMEX) USD/バレル 51.20 -1.38 -2.62% 2019/01 6:59

ブレント先物 (ICE) USD/バレル 60.28 -1.17 -1.90% 2019/02 7:55

原油先物 (TOCOM) 円/キロ 41,270.00 -560.00 -1.34% 2019/05 5:30

天然ガス (NYMEX) ドル/MMBtu 3.83 -0.30 -7.20% 2019/01 6:59

ガソリン(NYMEX) セント/ガロン 143.43 -4.39 -2.97% 2019/01 6:59

灯油 (NYMEX) セント/ガロン 184.53 -3.12 -1.66% 2019/01 6:59

軽油先物 (ICE) USD/MT 556.25 -1.25 -0.22% 2019/01 7:52

灯油先物 (TOCOM) 円/キロ 57,310.00 -490.00 -0.85% 2019/06 5:00

CO2排出量先物 (ICE) ユーロ/MT 23.37 +1.05 +4.70% 2018/12 1:59


商品先物

銀先物CMX
▼1.43%
14.643
-0.212
[06:59]

プラチナ先物NYM
▼1.27%
787.35
-10.15
[06:59]

パラジウム先物NYM
▼1.77%
1,169.65
-21.05
[06:59]


商品先物インデックス

名称 値 前日比 前日比(%) 高値 安値 更新日時 (JST)

ブルームバーグ商品指数 169.00 -2.59 -1.51% 170.97 168.92 5:53

UBSブルームバーグCMCI指数 887.67 -7.07 -0.79% 892.24 886.75 6:40

RJ/CRB 商品指数 186.64 -2.80 -1.48% 188.74 186.29 9:14

ロジャーズ 国際商品指数 2,322.75 -34.52 -1.46% 2,346.91 2,318.69 7:47

S&P GSCI商品指数 2,387.69 -39.97 -1.65% 2,430.49 2,380.56 5:28


工業用金属

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

銅 (CMX) セント/ポンドlb 276.25 -0.45 -0.16% 2019/03 6:59

銅3ヶ月先物 (LME) USD/MT 6,131.50 -23.50 -0.38% N/A 2018/12/14

アルミ新地金 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 1,926.00 -6.00 -0.31% N/A 2018/12/14

亜鉛3ヶ月先物 (LME) USD/MT 2,543.00 -23.00 -0.90% N/A 2018/12/14

すず 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 19,330.00 -70.00 -0.36% N/A 2018/12/14


農業

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

トウモロコシ (CBOT) セント/ブッシェル 384.75 +0.50 +0.13% 2019/03 4:19

小麦(CBOT) セント/ブッシェル 530.00 -6.00 -1.12% 2019/03 4:19

ハト麦 (CBOT) セント/ブッシェル 287.50 -6.00 -2.04% 2019/03 4:17

もみ (CBOT) セント/ブッシェル 10.58 +0.13 +1.20% 2019/01 4:18

大豆 (CBOT) セント/ブッシェル 913.75 -6.75 -0.73% 2019/03 4:19

大豆ミール (CBOT) セント/ブッシェル 311.60 -1.30 -0.42% 2019/03 4:19

大豆油 (CBOT) セント/ポンドlb 28.76 -0.33 -1.13% 2019/03 4:19

カノーラ油 (WCE) CAD/MT 485.20 -4.30 -0.88% 2019/03 4:19

ココア (NYB) USD/MT 2,237.00 -13.00 -0.58% 2019/03 3:29

コーヒー (NYB) セント/ポンドlb 102.25 -1.85 -1.78% 2019/03 3:29

砂糖 (NYB) セント/ポンドlb 12.65 -0.10 -0.78% 2019/03 2:59

オレンジジュース (NYB) セント/ポンドlb 139.15 +0.50 +0.36% 2019/01 3:59

綿 (NYB) セント/ポンドlb 79.60 +0.19 +0.24% 2019/03 4:19

材木 (CMT) USD/1000 board feet 321.60 -1.60 -0.50% 2019/01 4:52

ゴム(TOCOM) 円/キロ 169.80 +1.20 +0.71% 2019/05 2018/12/14

エタノール (COBOT) USD/ガロン 1.26 +0.01 +0.64% 2019/01 6:31

生牛 (CME) セント/ポンドlb 122.40 -0.45 -0.37% 2019/02 4:04

飼育牛 (CME) セント/ポンドlb 147.57 -0.40 -0.27% 2019/01 4:04

赤身豚 (CME) セント/ポンドlb 64.50 -0.32 -0.50% 2019/02 4:04

IMM:円売り持ち減(12/11):来週の注目:FOMC、日銀、英中銀金融政策決定会合

2018-12-15 09:46:09 | 政治経済問題
【IMM】円売り持ち減:来週の注目:FOMC、日銀、英中銀金融政策決定会合

投資家・投機家筋のポジションで円売り持ち高は前週から減少した。来週は主要各国中央銀行の金融政策に注目が集まる。また、米国政府機関閉鎖の可能性や英国の欧州連合(EU)離脱の行方にも引き続き注視が必要となる。

労働市場のひっ迫やインフレの安定で、米連邦準備制度理事会(FRB)は今年最後のFOMCで4回目の利上げに踏み切る見込み。しかし、声明や会合後に予定されているパウエルFRB議長の会見、スタッフ見通しで、景気やインフレの判断または見通し、金利見通しが引き下げられるハト派的利上げを織り込む動きが主導すると見る。前回9月時点のFOMC予測でメンバーは2019年3回の利上げを予想していた。市場関係者の中には、12月に利上げに踏み切ったのち、来年1年を通じて利上げが見送られるとの見方も強まりつつある。トランプ大統領が実施した財政刺激、減税策の景気への効果が弱まり成長減速が警戒されている。

一方で、消費は予想以上に堅調。米国経済の7割が消費が占めるため注目されていた米11月小売売上高は予想を上回った。特にGDP算出に用いられるコントロールグループ(自動車・建材・給油・食品を除いた小売り)は予想のほぼ2倍となり、10−12月期GDP成長を押し上げる可能性が出てきた。市場エコノミストによる平均成長見通しは0.2%引き上げられ3.0%。アトランタ連銀は予想を従来の2.4%から3.0%へ引き上げた。エコノミストは2019年1−3月期は2.4%成長を予想。金融危機以降、1年を通じて、1−3月期が最も低調な成長にとどまる傾向にある。

さらに、21日には米国予算案の期限がくる。メキシコ国境の壁建設資金を巡り、共和党と民主党の意見が依然食い違っている。民主党指導者は建設費用の50億ドル資金の供給を支持しないとする一方、トランプ大統領は国民の安全を守るため、政府機関閉鎖も辞さない断固とした方針を表明している。

英国では離脱の行方が依然不透明。英国議会、欧州連合(EU)の両者とも離脱協定において、譲歩の姿勢を見せず、信任投票で生き残ったもののメイ首相は引き続き困難に直面。離脱協定への不透明感がポンドの売り圧力となる。

日本銀行、英国中央銀行とも金融政策を現状で据え置くと見られている。

■来週の主な注目イベント

●米国

18−19日:米連邦公開市場委員会(FOMC)、パウエルFRB議長会見、ドットプロット

21日:予算案期限、7−9月期国内総生産(GDP)確定値:予想前期比年率+3.5%(改定値+3.5%)、11月PCEコア:前年比+1.9%(10月+1.8%)

●日本

19−20日:日銀金融政策決定会合、黒田日本銀行総裁会見

●欧州
19日:欧州委員会:イタリア予算を検討
●英国
20日:英国中央銀行:金融政策決定会合

●中国

19−21日:年次経済政策会合

●地政学的リスク

トルコ:
北朝鮮:
イラン
ガザ紛争
イラク、イスラム過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」
シリア
イエメン

*円
ネット・円売り持ち:-97,606(12/11)←円売り持ち:-109,766(12/4)(直近ネット円買い持ち最高水準:08年3/25+65,920、04年2/6+64499)(過去最高ネット円売り持ち高:07年6/26-188,077)

*ユーロ
ネット・ユーロ売り持ち:−56,287(12/11)←ユーロ売り持ち:−60,776(12/4)
(07年5/15:+119,538過去最高買い持ち高、10年2/9-57,152過去最高の売り持ち高)

*ポンド
ネット・ポンド売り持ち:-42,419(12/11)←ポンド売り持ち:-39,750(11/27)(07
年7/22:直近ネット買い持ち高最高水準+98,366)

*スイスフラン
ネット・スイスフラン売り持ち:-18267(12/11)←スイスフラン売り持ち:-19795(12/4)(過去最高スイスフランネット売り持ち高:07年6/19:-79,331)

*加ドル
ネット・加ドル売り持ち:-11,669(12/11)←加ドル売り持ち:-12,936(12/4)
(直近ネット買い持ち高最高水準:07年10/12+83001)

*豪ドル
ネット・豪ドル売り持ち:−45,531(12/11)←豪ドル売り持ち:−50,755(12/4)


Powered by フィスコ

12/14 日本・アジア主要株式指数

2018-12-14 21:35:00 | 政治経済問題
日経平均は441円安と3日ぶり大幅反落、時間外の米株先物安など重し=14日後場/2018/12/14 15:16

14日の日経平均株価は前日比441円36銭安の2万1374円83銭と3日ぶりに大幅反落。朝方は、前日連騰(合計668円上昇)の反動や週末要因などから利益確定売りが先行した。その後いったん持ち直したが、戻りは限定的で再び軟化。時間外取引で米株価指数先物が下げ基調を強めるとともに下げ幅を拡大し、前場終盤には2万1353円94銭(前日比462円25銭安)まで下落した。中国・上海総合指数の反落も重しなった。一巡後は、日銀のETF(上場投資信託)買い期待もあって後場前半に向けて下げ渋ったが、買いは続かず、大引けにかけて安値圏で推移した。

 きょう算出の日経平均先物・オプション12月限のSQ(特別清算指数)値は2万1618円88銭。東証1部の出来高は18億7153万株、売買代金は3兆1637億円。騰落銘柄数は値上がり252銘柄、値下がり1826銘柄、変わらず50銘柄。

 市場からは「米中問題や欧州景気リスクなど外部要因が不透明であり、SQに絡んで買いポジションを構築した向きが解消に動いた影響もあるだろう。下は日銀のETF買いが支えとなるが、上は戻り売りが出やすく、当面もみ合い相場になるのでないか」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株が軟調。テルモ<4543>、ニコン<7731>などの精密株や、日立建機<6305>、ダイキン<6367>などの機械株も売られた。野村<8604>、大和証G<8601>などの証券商品先物株や、大林組<1802>、鹿島<1812>などの建設株も安い。

 半面、東電力HD<9501>、中国電<9504>などの電気ガス株が堅調。

 個別では、オハラ<5218>、ホシザキ<6465>(監理)、正栄食<8079>がストップ安となり、Jリース<7187>、KLab<3656>、東建コーポ<1766>などの下げも目立った。半面、ツナグS<6551>がストップ高となり、JDI<6740>、鎌倉新書<6184>、Fロジック<6037>、ランビジネス<8944>、ブラス<2424>などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、32業種が下落した。

提供:モーニングスター社



明日の戦略 12/14 16:59 週間下落も週足では陽線、FOMCを無難に通過できるか来週は正念場

東証1部の騰落銘柄数は値上がり252/値下がり1826と売りが優勢。売買代金上位銘柄で上昇したのは、直近で派手な動きが見られた昭和電工や武田など。ほぼ全面安となる中、三菱地所やJR東・西・九州、大日住薬などディフェンシブ系の銘柄が堅調となった。証券会社が目標株価を引き上げた三越伊勢丹がしっかり。中国資本受け入れ観測が伝わったJDIが急伸した。一方、大きく売られたのがソフトバンクG、東京エレクトロン、安川電機など。1:4の株式分割を発表したユニー・ファミマは買いが入る場面もあったが下落で終えた。米アフラックへの出資観測が報じられた日本郵政は買い先行から失速し、これを材料にかんぽ生命が売りに押された。ヤーマンやくらコーポは増益決算発表も市場の期待に届かず大幅安。今期減益計画の見込みとなったオハラはストップ安まで売られた。

 日経平均は連日の大幅上昇で少し雰囲気が良くなったと思ったら、一転して大幅下落。中国の経済指標がやや弱かったことや、トランプ大統領のスキャンダルが報じられるなど、ネガティブな材料はあるにはあったが、大幅安となるだけの明確な売り材料はなく、漠然とした先行き不透明感の中で、継続して売りが出たような動きであった。今月に入って400円以上の値幅が出たのはきょうで5日目(上昇1回、下落4回)となる。来週もFOMCなど注目イベントがある中、値動きは大きくなる可能性があり注意したい。月足ベースで見ると、24カ月線が14日時点で21339円に位置しており、きょうの終値(21374円)と近い。10月と11月は同水準にタッチしたところで切り返しており、しっかりサポートとなった。来週、ここを明確に割り込んでしまうと、12月最終週は長期のトレンド悪化と年またぎのリスクを警戒して売り圧力が強まる可能性があり要警戒。年末株高「掉尾の一振」への期待をつなぎとどめることができるかどうか、来週は正念場である。

【来週の見通し】 来週はイベントが結構多く、中でもFOMCが大きな注目点となる。12月の利上げは濃厚で、焦点は来年以降の利上げペースとなる。ただ、利上げペースが鈍化するであろうことは織り込み済みでもあり、ハト派色が強くなりすぎると、それはそれで景気後退懸念が強まる可能性もある。グローバル市場もトレンドが定まらず不安定となりそうで、FOMCに向けて、楽観ムードが高まるようならFOMC後には下落。逆に警戒ムードが高まるようならその後は上昇といった風に、FOMCの後にその前の動きが修正されるような展開になるのではないかと考える。FOMCの後には日銀会合結果発表および黒田日銀総裁会見が控えており、FOMC後にポジティブな流れとなればそれをサポートし、ネガティブな流れとなれば一定の下支え要因になると予想する。注目のソフトバンクを含めてIPOはラッシュの週となる。波乱含みではあるものの、悲観一辺倒にはならないと考える。

【今週を振り返る】 荒い動きが続いた。先週末の米国株の大幅安を受けて週初から日経平均は400円を超える大幅安となり、その後の下げでTOPIXは年初来安値を更新した。しかし、米中貿易交渉の進展を期待させる材料もいくつか出てきたことから、押し目では強い買いが入り、日経平均は12日、13日と連日で大幅上昇。これで底打ちから反転に向かうと思われたが、週末にかけてはリスク回避の売りに押されて大きく値を崩した。日経平均は週間では約303円の下落となったが、週初の発射台が低く、週足では陽線を形成した。



来週の日本株の読み筋=引き続き正念場、FOMCなどにらむ/2018/12/14 17:31

来週(17-21日)の東京株式市場は、引き続き正念場となる。注目のFOMC(米連邦公開市場委員会)が18-19日に開催され、21日には連邦政府の暫定予算の期限を迎える。FOMCでは、今年4回目の追加利上げがコンセンサスになっており、実施されれば円安・ドル高につながる要因になる。ただし、19日のパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の会見内容によっては相場に新たな影響を与える可能性があり、無難に通過するかどうかが注目される。一方、米暫定予算については、トランプ大統領と議会民主党がメキシコ国境の壁建設をめぐって対立しており、着地点を見いだせなければ、政府機関の一部閉鎖に追い込まれかねず、不安定要素として意識されよう。


 14日の日経平均株価は3日ぶりに大幅反落し、2万1374円(前日比441円安)引け。前日連騰の反動に加え、時間外取引で米株価指数先物が下げ基調を強め、中国・上海総合指数が軟調に推移したことも売りを促した。外部要因は依然として不透明であり、不安定な投資家心理と戻り売り圧力の強さが改めて示された。安値圏に位置する2万1000円近辺では押し目買いが期待されるものの、きょう算出の日経平均先物・オプション12月限のSQ(特別清算指数)値は2万1618円が新たな上値抵抗線となっており、先行き戻り売りを吸収できるかどうかがポイントになる。

 なお、スケジュール面では、国内で19日に日銀金融政策決定会合(20日まで)、11月貿易統計、20日に黒田日銀総裁会見が予定されている。海外では、FOMCや米暫定予算期限以外で18日に米11月住宅着工件数、19日に米11月中古住宅販売件数、20日に米11月CB景気先行総合指数、21日に米7-9月期GDP確定値。このほか、中国では19-21日に来年の経済政策運営方針を決める中央経済工作会議を開催する。

提供:モーニングスター社



日本・アジア 株式指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

TOPIX 500 INDEX (東証) 1,229.22 -18.63 -1.49% -2.91% -11.56% 15:00

TOPIX 100 INDEX (東証) 1,012.43 -14.36 -1.40% -3.12% -10.69% 15:00

日経平均株価 21,374.83 -441.36 -2.02% -2.16% -5.81% 15:15

日経500平均 1,981.13 -35.26 -1.75% -2.31% -10.07% 15:15

TOPIX (東証株価指数) 1,592.16 -24.49 -1.51% -2.99% -11.94% 15:00

日経300指数 320.59 -4.75 -1.46% -2.49% -10.16% 15:15

東証REIT指数 1,818.60 +14.45 +0.80% +1.83% +8.03% 15:00

JASDAQ インデックス 148.67 -1.76 -1.17% -3.37% -14.26% 15:00

TOPIX CORE 30 IDX (東証) 714.22 -8.86 -1.23% -2.87% -12.14% 15:00


マザーズ指数は3日ぶり大幅反落、利益確定の動き強まる、イーソルが急落[FISCO] #klugfxnews_464628

配信日時 2018年12月14日(金)16:11:16 掲載日時 2018年12月14日(金)16:21:16

 本日のマザーズ指数は3日ぶり大幅反落となった。朝方は買いが先行する場面がみられたものの、その後はマイナスに転じ、前引けにかけて下げ幅を広げる展開になった。今晩に控える米小売売上高やPMIといった重要経済指標発表を前に、オーバーウィークでポジションを取りにくい需給状況となったことから、個人投資家による利益確定の動きが強まった。後場にかけては、下値を拾う動きもみられたが、総じて戻りは鈍かった。

なお、売買代金は概算で853.84億円。騰落数は、値上がり62銘柄、値下がり198銘柄、変わらず5銘柄となった。 

値下がり率上位では、イーソルのほか、エヌ・ピー・シーやユーザベースも大幅安となった。売買代金上位では、ピアラ、ALBERT、マネーフォワード、UUUM、メルカリ、オイシックス・ラ・大地が軟調。

一方で、サンバイオ、GA TECH、そーせいは堅調。



東証マザーズ指数 942.01 -18.65 -1.94% -0.71% -21.30% 15:00

TOPIX SMALL INDEX (東証) 2,031.54 -35.09 -1.70% -3.65% -15.03% 15:00

TOPIX MID 400 INDX (東証) 1,812.30 -30.68 -1.66% -2.53% -13.14% 15:00


JASDAQ平均は3日ぶり反落、日経平均の下落を受けて利益確定売り強まる[FISCO] #klugfxnews_464631

配信日時 2018年12月14日(金)16:23:27 掲載日時 2018年12月14日(金)16:33:27

[JASDAQ市況]

JASDAQ平均 3472.27 -26.71/出来高 6834万株/売買代金 431億円J-Stock Index 2820.97 -51.64 

本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはいずれも3日ぶりに反落した。値上がり銘柄数は177(スタンダード166、グロース11)、値下がり銘柄数は444(スタンダード420、グロース24)、変わらずは51(スタンダード50、グロース1)。 

本日の市場は、米中貿易摩擦緩和期待などを背景にした前日までの流れを引き継いで、買いが先行して始まると、一時前日比5円12銭高の3504円10銭まで上昇した。その後、海外ファンドと見られる225先物への仕掛け的な売りなどで、日経平均が下げ幅を拡大させると、個人投資家のマインドも萎縮し、ジャスダック市場は当面の利益を確保する売りや週末のポジション調整売りなども散見されマイナスに転じると、引けにかけて下げ幅を拡大した。 

個別では、25日線を大きく下回ったジェイテックが値下がり率トップに、ソフィアHD、秋川牧園、アクセスグループなども下押した。また、このところの株価上昇に対する反動から利食い売りが続いたMTジェネックが大幅に3日続落したほか、ジャストプラ、3Dマトリクスなどが値下がり率上位になった。 

一方、人工知能(AI)サービスが米アマゾンの「Amazon Connect」と連携対応したことが引き続き手掛かりとなった日本サードが連日のストップ高で値上がり率トップに、好業績見通しを発表したナトコや、値動きの軽さから買いが向かったネクストジェンなどが続いた。また、前日にストップ高まで買われた流れを引き継いだ前田製作や、菊池製作所、RSCなどが値上がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、ハーモニック、ユニバーサル、フェローテク、アイサンテクノなどが下落した。



日経ジャスダック平均 3,472.27 -26.71 -0.76% -2.35% -10.21% 15:00

東証2部 株価指数 6,784.87 -99.78 -1.45% -6.96% -5.70% 15:00

TOPIX LARGE 70 IDX (東証) 1,643.52 -26.64 -1.60% -3.41% -9.01% 15:00


アジア株 総じて下落、中国大陸市場は大幅安 2018/12/14(金) 18:24

東京時間18:24現在

香港ハンセン指数   26094.79(-429.56 -1.62%)
中国上海総合指数  2593.74(-40.31 -1.53%)
台湾加権指数     9774.16(-84.60 -0.86%)
韓国総合株価指数  2069.38(-26.17 -1.25%)
豪ASX200指数    5602.00(-59.61 -1.05%)
インドSENSEX30種  35939.82(+10.18 +0.03%)
シンガポールST指数  3081.00(-30.08 -0.97%)

 14日のアジア株は、総じて下落。11月の中国鉱工業生産や小売売上高が予想から下振れして同国の景気の先行き不透明感につながった上、米国株価指数先物が時間外取引で下落していることで売りが広がった。中国当局が2人目のカナダ人を拘束したとの報道も圧迫要因となったもよう。中国大陸市場は大幅安となっている。

 上海総合指数は大幅反落。保険大手の中国平安保険、酒造会社の貴州茅臺酒、車両メーカーの中国中車、医薬品メーカーの江蘇恒瑞医薬(ジャンスー・ハンルイ・メディシン)、旅行代理店の中国国旅が売られた。
   
 香港ハンセン指数は大幅反落。通信サービスのテンセント・ホールディングス、携帯電話サービスのチャイナ・モバイル、世界的金融グループのHSBCホールディングス、保険会社のAIAグループ、医薬品メーカーの石薬集団が売られた。
   
 豪ASX200指数は反落。1%超の下げとなった。通信会社のTPGテレコム、通信会社のボーカス・コミュニケーションズ、ソフトウェア会社のテクノロジー・ワン、会計システム会社のゼロ、投資銀行のマッコーリー・グループが売られた。


2018/12/14(金) 16:37 アジア・コモディティ騰落率ランキング=12/14営業日時点=

上海異形鉄筋 1.12%
大連ポリエチレン 0.77%
上海銅 -0.08%
上海ゴム -0.13%
大連とうもろこし -0.26%
上海重油 -1.7%

*数値は前日比%



14日の中国本土市場概況:上海総合1.5%安で4日ぶり反落、中国経済指標の下振れ逆風[FISCO] #klugfxnews_464639

配信日時 2018年12月14日(金)17:10:22 掲載日時 2018年12月14日(金)17:20:22

14日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比40.31ポイント(1.53%)安の2593.74ポイントと4日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、42.25ポイント(1.53%)安の2716.00ポイントで取引を終えている。

中国景気の先行き不安が広がった。取引時間中に公表された11月の中国経済統計では、小売売上高の伸びが事前予想に反して前月実績から低下。鉱工業生産の増加率も下振れた。金融株が下げを主導。招商銀行(600036/SH)が1.5%安、中国平安保険(601318/SH)が2.0%安、東方証券(600958/SH)が3.6%安で引けた。小売売上高の伸びが約15年ぶりの低い水準に落ち込むなか、小売や食品・飲料、家電、自動車など消費関連株も急落。不動産株、医薬株、インフラ関連株、運輸株なども売られた。外貨建てB株の相場も値下がり。上海B株指数が2.90ポイント(1.03%)安の279.40ポイント、深センB株指数が9.07ポイント(1.05%)安の856.27ポイントで終了した。



中国 上海総合指数 2,593.74 -40.31 -1.53% -1.46% -21.22% 17:30

中国 上海A株指数 2,716.00 -42.25 -1.53% -1.47% -21.23% 17:30

中国 深センA株指数 1,388.03 -35.10 -2.47% -3.69% -30.70% 16:00

中国 深セン成分指数 7,629.65 -178.39 -2.28% -3.53% -31.33% 16:00

中国 上海B株指数 279.40 -2.90 -1.03% -0.31% -17.03% 17:30

中国 深センB株指数 856.27 -9.07 -1.05% -5.11% -25.99% 16:00

中国 上海50A株指数 2,423.38 -34.52 -1.40% -0.27% -14.97% 17:30

中国 上海180A株指数 7,132.32 -115.23 -1.59% -0.75% -17.52% 17:30

中国 上海新総合指数(G株) 2,189.87 -34.07 -1.53% -1.47% -21.24% 17:30

中国 創業板指数 1,310.46 -38.04 -2.82% -5.43% -26.97% 16:00

上海/シンセン CSI300指数 3,165.91 -53.78 -1.67% -1.22% -21.37% 16:00

中国 深セン総合指数 1,327.42 -33.51 -2.46% -3.70% -30.68% 16:00


14日の香港市場概況:ハンセン1.6%安で4日ぶり反落、石薬集団が12%下落[FISCO] #klugfxnews_464641

配信日時 2018年12月14日(金)18:00:00 掲載日時 2018年12月14日(金)18:10:00

14日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比429.56ポイント(1.62%)安の26094.79ポイントと4日ぶり、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が197.42ポイント(1.87%)安の10359.43ポイントと3日ぶりにそれぞれ反落した。売買代金は669億7100万香港ドルと低水準が続いている(13日は793億1000万香港ドル)。

米中通商協議の先行き不安が再燃する流れ。中国による大豆輸入再開、車報復関税撤廃の可能性が伝えられるなど、通商問題の緩和に絡んだ動きは続いたものの、「これだけでは貿易戦争は解決しない」との見方が広がった。ロス米商務長官は13日、「中国はこれまでに約束したこと以上の行動をとる必要がある」と発言している。中国景気の減速懸念も強まる状況。取引時間中に公表された11月の中国経済統計では、小売売上高の伸びが事前予想に反して前月実績から低下し、鉱工業生産の増加率も下振れた。

ハンセン指数の構成銘柄では、米中関係の動向に左右されやすい銘柄群が安い。ブタ肉生産で世界トップの万洲国際(WHグループ:288/HK)が6.2%、光学部品メーカーの舜宇光学科技(2382/HK)が5.0%、小型電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(2018/HK)が4.9%ずつ値を下げた。万洲国際は米国の売上比率が50%を超え、瑞声科技と舜宇光学科技は米アップルに部品を供給している。このほか、時価総額上位の金融株も軟調だった。

業種別では、医薬の下げが目立つ。石薬集団(1093/HK)が12.0%安、中国神威薬業集団(2877/HK)が7.6%安、中国生物製薬(1177/HK)が4.8%安、広州白雲山医薬集団(874/HK)が4.0%安で引けた。中央政府主導の医薬品「集中調達」制度による入札結果が今月6日に公表され、一部薬品が現行の9割低い価格で落札されたことが改めて売り材料視されている。これについて石薬集団は「目先の業績への影響は軽微」との見解を示していたが、投資家の見方は厳しい。石薬集団株は約1年半ぶりの安値水準に沈んだ。

キャリアや設備・工事などの通信関連セクターもさえない。中国移動(941/HK)が3.2%安、中国聯通(762/HK)が1.8%安、中国電信(728/HK)が1.5%安、中国通信服務(552/HK)が5.0%安、中興通訊(ZTE:763/HK)が4.4%安、京信通信系統HD(2342/HK)が3.8%安と売られた。本土市場は4日ぶり反落。主要指標の上海総合指数は、前日比1.53%安の2593.74ポイントで取引を終えた。金融株が下げを主導する。小売や食品・飲料、家電、自動車など消費関連株も急落した。不動産株、医薬株、インフラ関連株、運輸株なども値下がりしている。



香港 ハンセン指数 26,094.79 -429.56 -1.62% +1.72% -10.53% 17:09

ハンセン中国企業株指数(H株) 10,359.43 -197.42 -1.87% -0.44% -10.17% 17:09

ハンセン中国レッドチップ指数 4,314.07 -65.64 -1.50% +2.32% +0.32% 17:09


ソウル株式市場・引け=反落、弱い中国統計や半導体メーカー急落で

 終値 前日比 % 始値 高値 安値
韓国総合株価指数<.KS11> 2,069.38 - 26.17 - 1.25 2,095.64 2,095.64 2,061.40 前営業日終値 2,095.55


14日のソウル株式市場の株価は反落。中国の弱い統計内容を受け世界の成長への懸念が高まる中、半導体メーカーが急落した。

総合株価指数(KOSPI)は、前日終値比26.17ポイント(1.25%)安の2069.38。週間ベースでは0.3%安。

半導体大手のサムスン電子とSKハイニックスは大幅安。証券会社が両銘柄の目標価格を引き下げたことが嫌気された。

サムスン電子は一時3.3%安で、5月の株式分割以降で最安値を付けた。SKハイニックスは一時6.6%安で、2017年6月以来の安値を付けた。

サムスングループのバイオ医薬品製造会社、サムスンバイオロジクスは4.5%安。同社は13日、会計処理基準違反の容疑で本社が韓国検察当局から家宅捜索を受けたと発表した。

サムスン電子と共同で、サムスンバイオロジクスに75%出資するサムスンC&T<028260.KS>は1.8%安。



韓国総合株価指数 2,069.38 -26.17 -1.25% +0.06% -16.20% 18:01

S&P・BSEセンセックス  35,962.93 +33.29 +0.09% +2.34% +8.17% 21:07

インドCNX NIFTY指数 10,805.45 +13.90 +0.13% +2.17% +5.40% 20:07

NZX50種グロス指数 8,722.51 -70.66 -0.80% -1.19% +4.79% 13:00

加権指数 9,774.16 -84.60 -0.86% -0.18% -7.25% 14:49

S&P/ASX200指数 5,602.00 -59.61 -1.05% -2.28% -6.81% 15:36

FTSEブルサマレーシアKLCIインデックス 1,661.96 -14.04 -0.84% -1.57% -5.52% 18:05

ジャカルタ 総合指数 6,169.84 -7.88 -0.13% +5.32% +0.92% 18:15

シンガポール ST指数 3,077.09 -33.99 -1.09% +1.11% -10.44% 18:10

タイ SET指数 1,609.45 -5.54 -0.34% -2.59% -6.15% 19:08

ベトナム VN指数 952.04 -8.21 -0.85% +5.67% +1.73% 17:01

フィリピン 総合指数 7,524.37 +1.45 +0.02% +8.69% -11.07% 16:20


日経平均

現在値 21,374.83↑ (18/12/14 15:15)
前日比 -441.36 (-2.02%)
始値 21,638.96 (09:00) 前日終値 21,816.19 (18/12/13)
高値 21,751.31 (09:11) 年初来高値 24,448.07 (18/10/02)
安値 21,353.94 (11:08) 年初来安値 20,347.49 (18/03/26)


日経平均寄与度

日経平均 値上がり銘柄数 15

日経平均 変わらず銘柄数 4

日経平均 値下がり銘柄数 206






TOPIX

現在値 1,592.16↑ (18/12/14 15:00)
前日比 -24.49 (-1.51%)
始値 1,609.93 (09:00) 前日終値 1,616.65 (18/12/13)
高値 1,614.93 (09:24) 年初来高値 1,911.31 (18/01/23)
安値 1,590.48 (11:08) 年初来安値 1,572.33 (18/12/11)


東証業種別ランキング:全33業種のうち、32業種が下落[FISCO] #klugfxnews_464623

配信日時 2018年12月14日(金)15:40:21 掲載日時 2018年12月14日(金)15:50:21

全33業種のうち、電力・ガス業を除く32業種が下落、鉱業が下落率トップとなった。そのほか、精密機器や機械、証券業などが続いた。一方、電力・ガス業は小幅ながら上昇している。



業種別(東証株価指数33業種)

指数名 始値 高値 安値 現在値 前日比

水産・農林業 591.67 597.63 591.48 593.32 -1.16 -0.20 %
鉱業 328.65 330.43 317.48 318.53 -12.58 -3.80 %
建設業 1,178.49 1,179.29 1,155.01 1,155.84 -26.68 -2.26 %
食料品 1,863.25 1,877.44 1,851.32 1,852.53 -19.49 -1.04 %
繊維製品 664.39 666.59 654.28 655.13 -12.28 -1.84 %
パルプ・紙 536.33 541.08 528.15 529.53 -9.60 -1.78 %
化学 1,903.92 1,921.79 1,885.07 1,890.05 -27.64 -1.44 %
医薬品 3,070.34 3,105.34 3,035.76 3,036.26 -44.76 -1.45 %
石油・石炭製品 1,354.88 1,362.11 1,336.26 1,341.88 -10.25 -0.76 %
ゴム製品 3,307.92 3,333.16 3,282.12 3,286.13 -21.57 -0.65 %
ガラス・土石製品 1,039.79 1,043.53 1,022.74 1,028.69 -16.94 -1.62 %
鉄鋼 469.69 470.62 460.86 464.26 -6.57 -1.40 %
非鉄金属 907.92 912.51 890.22 899.32 -16.17 -1.77 %
金属製品 1,087.39 1,089.48 1,068.14 1,071.62 -19.26 -1.77 %
機械 1,686.00 1,687.98 1,647.45 1,650.51 -40.72 -2.41 %
電気機器 2,135.41 2,140.18 2,094.40 2,104.82 -40.71 -1.90 %
輸送用機器 2,757.10 2,777.15 2,731.71 2,736.38 -35.67 -1.29 %
精密機器 5,972.33 5,988.27 5,818.67 5,829.77 -193.37 -3.21 %
その他製品 2,574.84 2,585.68 2,506.70 2,528.84 -50.97 -1.98 %
電気・ガス業 504.60 510.32 503.83 505.39 +0.38 +0.08 %
陸運業 2,252.74 2,282.23 2,250.22 2,253.32 -10.28 -0.45 %
海運業 268.97 272.31 264.48 267.70 -3.29 -1.21 %
空運業 324.14 325.98 321.89 323.20 -2.42 -0.74 %
倉庫・運輸関連業 1,606.68 1,622.00 1,596.02 1,596.76 -21.72 -1.34 %
情報・通信業 3,373.71 3,378.02 3,318.20 3,321.88 -68.94 -2.03 %
卸売業 1,533.14 1,534.65 1,511.52 1,515.24 -13.48 -0.88 %
小売業 1,341.57 1,346.68 1,328.88 1,331.75 -15.01 -1.11 %
銀行業 158.41 158.64 156.39 157.17 -2.22 -1.39 %
証券、商品先物取引業 351.89 352.32 343.25 343.58 -8.20 -2.33 %
保険業 977.65 979.78 962.40 962.78 -12.51 -1.28 %
その他金融業 600.65 603.44 595.06 597.60 -7.57 -1.25 %
不動産業 1,425.97 1,433.00 1,421.53 1,422.44 -6.35 -0.44 %
サービス業 2,068.61 2,071.07 2,031.88 2,032.05 -43.60 -2.10 %


JPX日経インデックス400

現在値 14,102.17↑ (18/12/14 15:00)
前日比 -220.25 (-1.54%)
始値 14,259.13 (09:00) 前日終値 14,322.42 (18/12/13)
高値 14,310.31 (09:24) 年初来高値 16,940.79 (18/01/23)
安値 14,086.88 (11:08) 年初来安値 13,922.75 (18/12/11)


JASDAQ平均

現在値 3,472.27↓ (18/12/14 15:00)
前日比 -26.71 (-0.76%)
始値 3,500.67 (09:00) 前日終値 3,498.98 (18/12/13)
高値 3,504.10 (09:06) 年初来高値 4,317.21 (18/01/29)
安値 3,471.22 (14:58) 年初来安値 3,439.65 (18/10/30)


マザーズ指数

現在値 942.01↓ (18/12/14 15:00)
前日比 -18.65 (-1.94%)
始値 971.03 (09:00) 前日終値 960.66 (18/12/13)
高値 971.03 (09:00) 年初来高値 1,367.86 (18/01/24)
安値 936.71 (11:01) 年初来安値 821.32 (18/10/30)


東証REIT指数

現在値 1,818.60↓ (18/12/14 15:00)
前日比 +14.45 (+0.80%)
始値 1,809.30 (09:00) 前日終値 1,804.15 (18/12/13)
高値 1,819.00 (09:24) 年初来高値 1,823.71 (18/12/04)
安値 1,809.30 (09:00) 年初来安値 1,637.94 (18/02/15)


日経平均VI

現在値 21.69↓ (18/12/14 15:20)
前日比 +2.10 (+10.72%)
始値 20.08 (09:00) 前日終値 19.59 (18/12/13)
高値 21.90 (14:59) 年初来高値 38.31 (18/02/09)
安値 19.34 (09:31) 年初来安値 14.04 (18/05/23)


東証2部指数

現在値 6,784.87↓ (18/12/14 15:00)
前日比 -99.78 (-1.45%)
始値 6,888.75 (09:00) 前日終値 6,884.65 (18/12/13)
高値 6,896.39 (09:14) 年初来高値 7,754.51 (18/01/23)
安値 6,770.64 (13:59) 年初来安値 6,709.62 (18/10/30)


日経平均先物

現在値 21,650.00↓ (18/12/14 05:30)
前日比 -130.00 (-0.60%)
高値 21,850.00 (17:03) 始値 21,800.00 (16:30)
安値 21,610.00 (03:06) 前日終値 21,780.00 (18/12/13)


TOPIX先物

現在値 1,604.00↓ (18/12/14 05:30)
前日比 -9.00 (-0.56%)
高値 1,617.00 (17:04) 始値 1,613.50 (16:30)
安値 1,602.50 (03:06) 前日終値 1,613.00 (18/12/13)


JPX日経400先物

現在値 14,220.00↓ (18/12/14 05:30)
前日比 -80.00 (-0.56%)
高値 14,330.00 (17:05) 始値 14,305.00 (16:30)
安値 14,200.00 (04:35) 前日終値 14,300.00 (18/12/13)


東証マザーズ指数先物

現在値 936.00↑ (18/12/14 05:30)
前日比 -6.00 (-0.64%)
高値 950.00 (16:34) 始値 948.00 (16:30)
安値 934.00 (20:55) 前日終値 942.00 (18/12/13)


NYダウ先物 円建

現在値 24,565.00↓ (18/12/14 05:30)
前日比 -80.00 (-0.32%)
高値 24,744.00 (00:13) 始値 24,694.00 (16:33)
安値 24,490.00 (20:50) 前日終値 24,645.00 (18/12/13)


CME日経平均先物 円建

現在値 21,725.00↓ (18/12/13 15:54 CST)
前日比 +80.00 (+0.37%)
高値 21,920.00 始値 21,645.00
安値 21,645.00 前日終値 21,645.00 (18/12/12)

SGX日経平均先物

現在値 -- (--/--/-- --:--)
前日比 -- (--%)
高値 -- 始値 --
安値 -- 前日終値 21,875.00 (18/12/13)


長期国債先物

現在値 151.800↓ (18/12/14 05:24)
前日比 +0.030 (+0.02%)
高値 151.870 (18:56) 始値 151.780 (15:30)
安値 151.750 (17:24) 前日終値 151.770 (18/12/13)


14日の日本国債市場概況:債券先物は152円02銭で終了[FISCO] #klugfxnews_464646

配信日時 2018年12月14日(金)19:00:20 掲載日時 2018年12月14日(金)19:10:20

<円債市場>

長期国債先物2018年3月限寄付151円84銭 高値152円02銭 安値151円81銭 引け152円02銭売買高総計39196枚

2年 395回 -0.160%5年 137回 -0.135%10年 352回  0.025%20年 166回  0.545%

債券先物3月限は、151円84銭で取引を開始。12月調査の日銀短観が予想を上回ったことや、日銀の国債買い入れオペの減額を受けて一時売られ、151円81銭に下げた。その後、中国の11月鉱工業生産や小売売上高の伸び鈍化を受けて大幅な株安になったことや、日銀が実施した国債買い入れオペで応札倍率が低下したことで買いが優勢になり、152円02銭まで上昇した。現物債の取引では、全年限が買われた。

<米国債概況>2年債は2.72%、10年債は2.88%、30年債は3.14%近辺で推移。債券利回りは低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>ドイツ国債は0.25%、英国債は1.26%で推移、オーストラリア10年債は2.46%、NZ10年債は2.47%。(気配値)



日本国債3年

年利回り -0.140 (18/12/14 03:05)
前日比 -0.002


日本国債5年

年利回り -0.113 (18/12/14 03:05)
前日比 +0.001


日本国債10年

年利回り 0.055 (18/12/14 03:05)
前日比 0.000


中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート

上海総合指数 中国
▼1.53%
2,593.74
H:2,629.16
L:2,593.74
-40.31
12/14

CSI300指数 中国
▼1.67%
3,165.91
H:3,210.72
L:3,165.91
-53.78
16:01

上海B株 中国
▼1.03%
279.40
H:282.25
L:278.93
-2.90
12/14

深センB株 中国
▼1.05%
856.27
H:866.20
L:852.89
-9.07
12/14

上海A株 中国
▼1.53%
2,716.00
H:2,753.13
L:2,716.00
-42.25
12/14

深センA株 中国
▼2.47%
1,388.03
H:1,420.18
L:1,387.34
-35.10
12/14

HangSeng 香港
▼1.62%
26,094.79
H:26,219.00
L:26,061.47
-429.56
17:00

H株指数 香港
▼1.87%
10,359.43
H:10,445.55
L:10,349.18
-197.42
12/14

レッドチップ指数 香港
▼1.50%
4,314.07
H:4,333.88
L:4,301.86
-65.64
12/14

AORD オーストラリア
▼1.05%
5,602.00
H:5,665.20
L:5,588.60
-59.60
15:36

KOSPI 韓国
▼1.25%
2,069.38
H:2,095.64
L:2,061.40
-26.17
18:01

STI シンガポール
▼1.09%
3,077.09
H:3,094.27
L:3,067.30
-33.99
18:10

加権 台湾
▼0.86%
9,774.16
H:9,818.95
L:9,718.94
-84.60
14:33

KLSE マレーシア
▼0.84%
1,661.96
H:1,671.73
L:1,661.30
-14.04
12/14

PSEi フィリピン
▲0.02%
7,524.37
H:7,559.27
L:7,503.09
+1.45
12/14

JKSE インドネシア
▼0.13%
6,169.84
H:6,185.48
L:6,160.35
-7.88
18:15

VN ベトナム
▼0.85%
952.04
H:960.09
L:951.04
-8.21
12/14

SET タイ
▼0.34%
1,609.45
H:1,620.60
L:1,602.42
-5.54
12/14

Sensex インド
▲0.09%
35,962.93
H:36,019.02
L:35,813.85
+33.29
12/14

Nifty インド
▲0.13%
10,805.45
H:10,815.75
L:10,752.10
+13.90
12/14

12/13 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2018-12-14 09:00:08 | 政治経済問題
【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 24597.38  +70.11   +0.29% 24740.96 24473.29   17   13
*ナスダック   7070.33  -27.98   -0.39%  7154.64  7034.82  586 1917
*S&P500      2650.54   -0.53   -0.02%  2670.19  2637.27  187  315
*SOX指数     1194.60   -4.30   -0.36%
*225先物       21650 大証比 -130   -0.60%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     113.61   +0.32   +0.28%   113.71   113.21
*ユーロ・ドル   1.1361 -0.0008   -0.07%   1.1393   1.1331
*ユーロ・円    129.07   +0.29   +0.23%   129.26   128.71
*ドル指数      97.10   +0.06   +0.06%   97.29   96.88

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    2.76   -0.01      2.77    2.75
*10年債利回り    2.91   +0.00      2.92    2.89
*30年債利回り    3.17   +0.02      3.17    3.13
*日米金利差     2.85   -0.06

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      53.08   +1.93   +3.77%   53.27   50.35
*金先物       1247.1   -2.9   -0.23%   1251.7   1244.4
*銅先物       276.8   -0.2   -0.09%   280.4   276.3
*CRB商品指数   183.03   +1.83   +1.01%   183.15   180.54

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     6877.50   -2.69   -0.04%  6908.48  6848.98   48   53
*独DAX     10924.70   -4.73   -0.04% 10988.77 10887.26   12   18
*仏CAC40     4896.92  -12.53   -0.26%  4935.48  4890.44   13   27



ダウ平均は続伸も上値重い 米中協議を消化しようとしている気配も=米国株概況 2018/12/14(金) 06:23

NY株式13日(NY時間16:21)

ダウ平均   24597.38(+70.11 +0.29%)
S&P500    2650.54(-0.53 -0.02%)
ナスダック   7070.34(-27.98 -0.39%)
CME日経平均先物 21700(大証終比:-80 -0.37%)

 きょうのNY株式市場、序盤は買い戻しが優勢となりダウ平均も一時213ドル高まで上昇した。ただ、上値での戻り売り圧力も根強く、一時下げに転じた。

 序盤の上げについては、中国の国営企業が150万トン以上の米大豆を買い始めたとの報道がサポートした。市場は直近の米中貿易協議を巡る動きを消化しようとしている気配も見せており、米中の最終的合意に向けて楽観的になっているようだ。

 ただ、米景気の先行き不安感は根強く、買戻しを積極的に進める動きまでは見られていない。序盤に上げを先導したIT・ハイテク株は次第に下げに転じる銘柄も増え始め、銀行株も下げに転じた。

 このところの米株式市場は、上昇して始まるものの上げを維持できない日々が続いている印象だ。地合いがまだ弱いことが示されている。 

 ダウ採用銘柄ではナイキやトラベラーズ、ゴールドマンが下落したほか、ホームデポ、ボーイング、IBMも軟調。一方、P&G、マクドナルド、エクソンモービル、アップル、キャタピラーが上昇した。

 P&Gはアナリストの投資判断引き上げが伝わっていた。従来の「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価は108ドルとしている。

 ナスダックは4日ぶりに反落。アマゾン、フェイスブック、アルファベット、AMDが下落した一方、アップル、テスラ、ブロードコムが上昇。

 きょうはGEの上げが目立っている。最も同社に弱気だったアナリストが投資判断を「中立」に引き上げた。株価の長期低迷により、リスク・リワードは均衡してきたと指摘。

 物流のXPOロジスティクスが大幅安。投資会社スプルース・ポイントがレポートで空売りを推奨した。短期的に株価が40%から60%下落する可能性があるという。1株24ドルから36ドルにあたる。


GE 7.20(+0.49 +7.30%)
XPOロジスティクス 44.50(-15.77 -26.17%)

アルファベット(C) 1061.90(-1.78 -0.17%)
フェイスブック 145.01(+0.51 +0.35%)
ネットフリックス 276.02(+1.14 +0.41%)
テスラ 376.79(+10.19 +2.78%)
アマゾン 1658.38(-5.16 -0.31%)
エヌビディア 148.89(-0.01 -0.01%)
ツイッター 35.89(-0.36 -0.99%)

ダウ採用銘柄
J&J 147.84(+0.74 +0.50%)
P&G 96.49(+2.46 +2.62%)
ダウ・デュポン 53.78(-0.57 -1.05%)
ボーイング 325.47(-1.22 -0.37%) 
キャタピラー  125.90(+0.53 +0.42%) 
ユナイテッド  119.25(-0.41 -0.34%) 
ビザ  137.54(-0.26 -0.19%) 
ナイキ  72.93(-1.39 -1.87%)
ウォルグリーン 82.34(-0.08 -0.10%) 
3M  202.13(+2.32 +1.16%) 
エクソンモビル  76.98(+0.96 +1.26%) 
シェブロン  115.94(+0.32 +0.28%) 
コカコーラ  49.47(+0.25 +0.51%) 
ディズニー  113.39(+1.18 +1.05%) 
マクドナルド  186.43(+2.95 +1.61%) 
ウォルマート 92.96(-0.15 -0.16%)
ホームデポ  173.87(-0.34 -0.20%)
JPモルガン 101.12(+0.10 +0.10%)
トラベラーズ  121.50(-0.51 -0.42%)
ゴールドマン  175.92(-0.78 -0.44%)
アメックス  106.70(-0.78 -0.73%) 
ユナイテッドヘルス  272.15(+1.51 +0.56%)
IBM  120.73(-0.43 -0.35%)
アップル  170.95(+1.85 +1.09%)
ベライゾン  57.09(-0.16 -0.28%)
マイクロソフト  109.45(+0.37 +0.34%)
インテル  48.29(+0.46 +0.96%)
ファイザー 44.57(+0.41 +0.93%)
メルク  79.01(+1.00 +1.28%)
シスコシステムズ  47.47(+0.05 +0.11%)


米国株式市場=S&Pほぼ横ばい、金融株が圧迫

 終値 前日比 % 始値 高値 安値
ダウ工業株30種 24597.38 +70.11 +0.29 24575.86 24740.96 24473.29 前営業日終値 24527.27
ナスダック総合 7070.33 -27.98 -0.39 7135.28 7154.64 7034.82 前営業日終値 7098.31
S&P総合500種 2650.54 -0.53 -0.02 2658.70 2670.19 2637.27 前営業日終値 2651.07
ダウ輸送株20種 9672.74 -161.07 -1.64
ダウ公共株15種 759.55 +6.01 +0.80
フィラデルフィア半導体 1,194.59 -4.30 ▼0.36%  [12/13]  H:1,211.93 L:1,190.13 
VIX指数 20.65 -0.81 ▼3.77%  [12/13]  H:21.57 L:20.34
S&P一般消費財 823.98 -3.63 -0.44
S&P素材 322.51 -3.70 -1.13
S&P工業 569.31 -1.45 -0.25
S&P主要消費財 566.43 +3.87 +0.69
S&P金融 404.86 -2.40 -0.59
S&P不動産 206.08 +1.25 +0.61
S&Pエネルギー 467.05 +1.68 +0.36
S&Pヘルスケア 1062.49 +0.84 +0.08
S&P通信サービス 145.92 -0.26 -0.18 
S&P情報技術 1158.09 +2.25 +0.20
S&P公益事業 287.02 +2.51 +0.88
NYSE出来高 9.58億株
シカゴ日経先物3月限 ドル建て 21685 - 95 大阪比
シカゴ日経先物3月限 円建て 21635 - 145 大阪比


米国 業種別ランキング


S&P500業種別ランキング 12/14 07:44更新
順位 業種 引値 前日比 騰落率
1 公益事業 287.02 +2.51 +0.88%
2 生活必需品 566.43 +3.87 +0.69%
3 不動産 206.08 +1.25 +0.61%
4 エネルギー 467.05 +1.68 +0.36%
5 情報技術 1,158.09 +2.25 +0.20%
6 ヘルスケア 1,062.49 +0.84 +0.08%
7 コミュニケーション・サービス 145.92 -0.26 -0.18%
8 資本財・サービス 569.31 -1.45 -0.25%
9 一般消費財 823.98 -3.63 -0.44%
10 金融 404.86 -2.40 -0.59%
11 素材 322.51 -3.70 -1.13%

NASDAQ業種別ランキング 12/14 07:45更新
順位 業種 引値 前日比 騰落率
1 NASDAQ 工業株指数 25.79 +0.21 +0.83%
2 NASDAQ コンピューター指数 4,153.48 +7.29 +0.18%
3 NASDAQ 通信株指数 376.12 -0.80 -0.21%
4 NASDAQ 保険株指数 7,999.82 -20.97 -0.26%
5 NASDAQ その他金融株指数 7,568.63 -57.85 -0.76%
6 NASDAQ バイオ株指数 3,264.17 -52.81 -1.59%
7 NASDAQ 輸送株指数 4,858.71 -108.06 -2.18%
8 NASDAQ 銀行株指数 3,421.20 -84.79 -2.42%


ダウ平均株価

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

ナスダック 運輸株指数 4,858.71 -108.06 -2.18% -6.76% -5.61% 7:16

S&P 小型株600種 906.98 +9.39 +1.05% -4.86% -2.23% 2018/12/13

ラッセル2000種指数 

・1,432.70 -22.62 -1.55% -5.42% -6.02% 6:30

・1,432.70 -22.62 ▼1.55%  [12/13]  H:1,460.55 L:1,431.68

ナスダック バイオテクノロジー株指数 3,264.17 -52.81 -1.59% -0.24% -2.66% 7:16

NYダウ 工業株30種 24,597.38 +70.11 +0.29% -2.73% +0.05% 6:50

ナスダック 銀行株指数 3,421.20 -84.79 -2.42% -8.80% -14.01% 7:16

ブルームバーグ REIT指数 281.95 +1.66 +0.59% -0.05% -2.67% 6:00

NYSE 総合指数 11,936.16 -7.13 -0.06% -3.18% -6.07% 7:18

ナスダック 100指数 6,767.97 +4.02 +0.06% -0.92% +5.84% 7:16

ナスダック 金融株指数 7,568.63 -57.85 -0.76% -3.77% -3.36% 7:16

ナスダック 保険株指数 7,999.82 -20.98 -0.26% -4.95% -7.05% 7:16

NYダウ 輸送株20種 9,672.74 -161.07 -1.64% -7.29% -6.98% 6:50

ナスダック 通信株指数 376.12 -0.80 -0.21% +1.95% +10.86% 7:16

S&P 500種 2,650.54 -0.53 -0.02% -2.63% -0.46% 6:50

ナスダック 総合指数 7,070.34 -27.98 -0.39% -1.81% +2.83% 7:16

NYダウ 公共株15種 759.55 +6.01 +0.80% +3.30% +1.21% 6:50

KBW銀行株指数 89.02 -1.48 -1.64% -11.29% -15.92% 7:16

ラッセル1000種指数 1,463.35 -1.56 -0.11% -2.68% -0.77% 6:30

ナスダック 金融100指数 4,203.57 -58.60 -1.37% -5.91% -6.45% 7:16

ラッセル3000種指数 1,556.78 -3.27 -0.21% -2.88% -1.15% 6:30

ナスダック コンピューター株指数 4,153.48 +7.29 +0.18% -1.34% +2.42% 7:16

ナスダック 工業株指数 5,798.50 -28.70 -0.49% -2.01% +6.19% 7:16


今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

S&Pトロント総合指数 14,750.35 -32.71 -0.22% -2.52% -8.59% 6:55

ボベスパ ブラジル 87,837.59 +860.13 ▲0.99%  [12/13]  H:87,842.49 L:86,856.34

メルバル アルゼンチン 31,019.79 -61.58 ▼0.20%  [12/13]  H:31,360.57 L:30,941.00

IPC メキシコ 41,512.51 +614.66 ▲1.50%  [12/13]  H:41,841.65 L:41,118.63


欧州株価指数


ロンドン株13日 3日ぶり小反落 EU離脱案を懸念:日本経済新聞

2018/12/14 1:59

【NQNロンドン】13日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3日ぶりに小反落した。前日の終値に比べ2.69ポイント安の6877.50で引けた。構成銘柄の半数以上は下落した。石油株とたばこ株の値下がりが株価指数を押し下げる一方で、鉱業株と医薬品株の値上がりが下値を支えた。

12日の英保守党の信任投票でメイ党首(首相)が過半数の票を得たものの、4割弱が不信任票を投じたことから、英国の欧州連合(EU)離脱案の先行き懸念も再浮上し、日中を通して前日の終値付近で推移した。13日から始まったEU首脳会議での離脱問題の進展をめぐる懸念も様子見の姿勢につながった。

製紙のモンディと小売りのマークス・アンド・スペンサー(M&S)の値下がりが大きくなった。ベンチャー・キャピタルの3iグループと、衣料小売りと食品事業のアソシエーテッド・ブリティッシュ・フーズはともに配当権利落ちで売られた。

半面、旅行のTUIは通期利益が予想を上回ったほか、2019年も良好な業績の伸びが期待できるとの見通しを示し、4%超上昇した。資産運用のスタンダード・ライフ・アバディーンも大幅高となった。



FTSE100イギリス
▼0.04%
6,877.50
H:6,908.48
L:6,848.98
-2.69
12/13


ドイツ株13日 3日ぶり小反落 コベストロが安い:日本経済新聞

2018/12/14 2:06

【NQNロンドン】13日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は3日ぶりに小反落した。終値は前日と比べて4.73ポイント(0.04%)安の10924.70だった。

素材メーカーのコベストロの値下がりが目立った。医療機器のフレゼニウスは、アナリストによる株価目標の引き下げが響いて売られた。一方で、11月のグループ販売台数が増加したと発表した自動車のBMWは買われた。電力のRWEとエーオンの値上がりも目立った。

その他の欧州の主要株式相場はまちまちだった。フランスの株価指数CAC40の終値が前日に比べて下落したが、イタリアのFTSE・MIBは上昇した。同国が2019年の予算案で国内総生産(GDP)に対する財政赤字の比率を引き下げる修正案を示したことが好感された。



DAXドイツ
▼0.04%
10,924.70
H:10,988.77
L:10,887.26
-4.73
01:34

CAC40フランス
▼0.26%
4,896.92
H:4,935.48
L:4,890.44
-12.52
01:35

SMIスイス
▼0.25%
8,820.50
H:8,883.70
L:8,812.10
-22.00
01:34

FTSE MIBイタリア
▲0.54%
19,048.83
H:19,210.42
L:18,955.57
+103.03
01:34

IBEX35スペイン
▲0.82%
8,926.30
H:8,974.90
L:8,868.60
+72.90
01:34

AEXオランダ
▼0.28%
508.27
H:511.52
L:506.28
-1.45
02:05

BEL20ベルギー
▼0.00%
3,401.22
H:3,422.30
L:3,393.91
-0.02
12/13

ATXオーストリア
▼0.68%
2,908.53
H:2,940.74
L:2,904.91
-19.77
12/13

PSI20ポルトガル
▼0.40%
4,823.06
H:4,862.74
L:4,810.65
-19.51
12/13

ASEギリシャ
▲0.36%
648.49
H:650.06
L:645.54
+2.33
12/13

OMXS30スウェーデン
▼1.03%
1,478.75
H:1,497.31
L:1,476.80
-15.46
12/13

OBXノルウェー
▼0.76%
775.52
H:781.29
L:770.32
-5.96
12/13

OMXC20デンマーク
▲0.84%
934.24
H:935.30
L:922.13
+7.77
12/13

RTSロシア
▲0.32%
1,129.35
H:1,131.41
L:1,120.95
+3.57
00:51

ISE100トルコ
▲1.48%
91,386.52
H:91,443.11
L:90,432.32
+1335.42
00:10

AllShr南アフリカ
▲0.28%
51,744.16
H:52,332.16
L:51,598.10
+146.06
12/13

ユーロ・ストックス50
▲0.14%
3,112.17
H:3,128.10
L:3,100.11
+4.20
12/13


欧州市場サマリー

<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤
ユーロ/ドル    1.1356 1.1382
ドル/円 113.66 113.37
ユーロ/円 129.08 129.05

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値 コード
STOXX欧州600種 349.42 -0.58 -0.17 350.00
FTSEユーロファースト300種 1380.07 -1.58 -0.11 1381.65
DJユーロSTOXX50種 3112.17 +4.20 +0.14 3107.97
FTSE100種 6877.50 -2.69 -0.04 6880.19
クセトラDAX 10924.70 -4.73 -0.04 10929.43
CAC40種 4896.92 -12.53 -0.26 4909.45

<金現物> 午後
値決め 1242.75

<金利・債券>
米東部時間14時15分
*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.31 0.00 100.31
独連邦債2年物 111.86 +0.02 111.84
独連邦債5年物 132.18 +0.06 132.12
独連邦債10年物 162.87 -0.11 162.98
独連邦債30年物 180.06 -1.52 181.58

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.622 -0.008 -0.614
独連邦債5年物 -0.267 -0.002 -0.265
独連邦債10年物 0.288 +0.022 0.266
独連邦債30年物 0.899 +0.050 0.849


<ロンドン株式市場> 

ほぼ横ばい。メイ英首相に対する不信任投票が実施され続投が決まったものの、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感が拭えないと捉えられた。

英国の与党・保守党は12日、メイ首相に対する党首信任投票を行い、メイ氏は信任された。ただ、3分の1以上の議員が不信任票を投じたことから、EU離脱を巡り英議会がこう着状態になる可能性が浮き彫りとなった。

英国のEU離脱が英経済に打撃を与えるとの懸念から低迷している住宅建設銘柄がこの日も売られた。テイラー・ウィンペイとパーシモン、バラット・デベロップメンツは0.9%から3.3%下落した。

<欧州株式市場> 

まちまち。域内経済の鈍化や英国の欧州連合(EU)離脱交渉が長引くことへの懸念が相場の重しとなる一方で、イタリアが予算案でEUに歩み寄ったことが同国株の買い材料となった。

欧州中央銀行(ECB)はこの日、大規模な量的緩和(QE)を終了させることを正式に決定した。ただ成長鈍化や貿易摩擦、英国の強硬離脱、イタリアやフランスでの予算を巡る混乱を踏まえ金利引き上げまではまだ様子見姿勢を保つとした。また域内の成長見通しを引き下げた。ドイツのクセトラDAX指数<.GDAXI>は0.04%、フランスのCAC40指数は0.26%それぞれ低下した。

メイ英首相は信任投票で続投が決まったが、英国のEU離脱の見通しが立つまでには程遠い。離脱案の議会採決は年明けに持ち越される可能性が高く、先行き不透明感が続くこととなる。

イタリアの銀行株指数は0.80%上昇した。イタリア政府が19年予算案について、財政赤字を引き下げたことが好感された。欧州委員会のモスコビシ経済・財務担当はEUがイタリアと建設的な協議を進めていると述べた。

<ユーロ圏債券> 

欧州中央銀行(ECB)が保有債券の償還資金の再投資について一部柔軟性を維持する姿勢を示したことを受け、ポルトガルとアイルランドの国債利回りが低下した。

ECBはこの日の理事会で主要政策金利を据え置くと同時に、量的緩和(QE)の終了を正式に決定。保有債券の償還資金の再投資については、初めての利上げが実施された後も長く継続するとの方針を示した。

ロイターの試算によると、加盟国の出資比率に応じて債券を買い入れる「キャピタルキー」規定を償還資金の再投資に適用した場合、ECBが保有するイタリア、スペイン、フランスの国債は約900億ユーロ減少することになる。

ECBのドラギ総裁は、再投資先は償還を迎えた債券の発行国に限定されないと表明。これについてジェフェリーズの欧州金融エコノミスト、マーチェル・アレクサンドロビッチ氏は「ECBは償還資金を必ずしも当初に買い入れを行った国に再投資しなくてもよいとの方針を示している」と指摘。アナリストの間では、こうした方針でポルトガルとアイルランドの国債が恩恵を受けるとの見方が出ている。

ポルトガル10年債利回りは1.673%と、7カ月ぶりの水準に低下。 アイルランド10年債利回りは3ベーシスポイント(bp)低下の0.95%となった。



ニューヨーク外国為替市場概況・13日 ユーロドル、小反落

13日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは小反落。終値は1.1361ドルと前日NY終値(1.1369ドル)と比べて0.0008ドル程度のユーロ安水準だった。欧州時間に一時1.1393ドルまで値を上げたものの、そのあとは独Ifo経済研究所による独経済成長見通しの下方修正や、「欧州中央銀行(ECB)は今晩の理事会で2019年インフレ見通しを下方修正するようだ」との一部報道を受けて徐々に弱含んだ。
 ECBは市場の予想通り政策金利を現行の0.00%に据え置き、「2019年夏まで金利を変更しない予定」「利上げ開始後も再投資を継続する」「債券買い入れの終了を確認」との声明を発表した。
 また、ドラギECB総裁が理事会後の記者会見で「最近の経済データは予想より弱い」「リスクバランスは下方向に傾きつつある」「先行きの成長は勢いがやや鈍化すると予想」などと述べ、経済の下振れリスクに言及。四半期ごとに発表する経済予測で成長率予想を下方修正したこともあって全般ユーロ売りが優勢となった。24時前に一時1.1331ドルと日通し安値を付けた。ただ、前日の安値1.1315ドルが目先サポートとして意識されると買い戻しが入り1.13ドル台後半まで下げ渋った。

 ドル円は反発。終値は113.63円と前日NY終値(113.29円)と比べて34銭程度のドル高水準だった。ユーロに対してドル高が進むと円に対してもドル買いが先行。前日の高値113.52円を上抜けて一時113.71円まで値を上げた。前週分の米新規失業保険申請件数が20万6000件と予想の22万5000件より強い内容となったことも相場の支援材料となった。

 ユーロ円は続伸。終値は129.06円と前日NY終値(128.78円)と比べて28銭程度のユーロ高水準。ドラギECB総裁のハト派的な発言を受けて23時前に一時128.71円と本日安値を付けたが、ドル円の上昇につれた買いが入ると129円台前半まで持ち直している。

 ポンドドルはもみ合い。12日の英保守党信任投票でメイ首相は信任を得て、留任することになった。半面、4割弱が不信任票を投じ、英EU離脱案への懸念は残るため相場は方向感が出なかった。なお、レッドソム英下院院内総務が発表した来週の下院審議予定に離脱案採決が含まれていなかったため、英EU離脱案に対する英下院での採決は年内に行われず、年明けとなることが明らかになった。

本日のレンジ
ドル円:113.21円 - 113.71円
ユーロドル:1.1331ドル - 1.1393ドル
ユーロ円:128.71円 - 129.26円



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  113.29  1.1369  128.78
高値  113.71  1.1393  129.26
安値  113.21  1.1331  128.71
終値  113.63  1.1361  129.06

為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  143.08  81.79  84.86
高値  143.94  82.21  85.24
安値  142.82  81.69  84.78
終値  143.66  82.12  85.09

世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           113.60円   +0.31円    +0.27%   113.29円
*ユーロ・円         129.06円   +0.28円    +0.22%   128.78円
*ポンド・円         143.83円   +0.75円    +0.52%   143.08円
*スイス・円         114.31円   +0.29円    +0.25%   114.03円
*豪ドル・円          82.06円   +0.27円    +0.33%   81.79円
*NZドル・円         77.91円   +0.23円    +0.29%   77.68円
*カナダ・円          85.08円   +0.22円    +0.26%   84.86円
*南アランド・円        8.01円   -0.01円    -0.09%    8.02円
*メキシコペソ・円       5.60円   -0.05円    -0.85%    5.64円
*トルコリラ・円       21.24円   +0.07円    +0.33%   21.17円
*韓国ウォン・円       10.10円   +0.02円    +0.24%   10.07円
*台湾ドル・円         3.68円   +0.01円    +0.36%    3.67円
*シンガポールドル・円   82.83円   +0.27円    +0.33%   82.56円
*香港ドル・円         14.54円   +0.04円    +0.28%   14.50円
*ロシアルーブル・円     1.72円   +0.01円    +0.69%    1.70円
*ブラジルレアル・円     29.20円   -0.20円    -0.67%   29.39円
*タイバーツ・円        3.47円   +0.01円    +0.27%    3.46円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            +0.81%   114.55円   104.56円   112.69円
*ユーロ・円           -4.60%   137.50円   124.62円   135.28円
*ポンド・円           -5.52%   156.61円   139.90円   152.23円
*スイス・円           -1.18%   118.56円   108.52円   115.68円
*豪ドル・円           -6.79%   89.09円   78.57円   88.03円
*NZドル・円         -2.54%   81.57円   72.26円   79.94円
*カナダ・円           -5.11%   91.58円   80.55円   89.66円
*南アランド・円       -11.26%    9.29円    7.08円    9.03円
*メキシコペソ・円       -2.28%    6.16円    5.27円    5.73円
*トルコリラ・円       -28.39%   30.31円   15.46円   29.66円
*韓国ウォン・円        -4.42%   10.68円    9.63円   10.56円
*台湾ドル・円         -2.80%    3.84円    3.57円    3.79円
*シンガポールドル・円    -1.75%   85.50円   79.19円   84.30円
*香港ドル・円         +0.97%   14.61円   13.33円   14.40円
*ロシアルーブル・円     -12.15%    1.99円    1.57円    1.95円
*ブラジルレアル・円     -14.17%   35.13円   26.39円   34.02円
*タイバーツ・円        +0.21%    3.54円    3.30円    3.46円


ビットコイン アルトコイン

Bitcoin BTC/JPY
370,801
H:389,696
L:367,500
▼4.62%
-17954
07:30

Bitcoin BTC/USD
3,292.86
H:3,456.430
L:3,252.110
▼4.44%
-153.059
07:30

Ethereum ETH/JPY
9,256.00
H:9,320.00
L:9,190.00
▼4.89%
-476.00
07:30

Ripple XRP/JPY
33.58
H:34.50
L:33.38
▼2.38%
-0.82
07:30

Litecoin LTC/JPY
2,604.00
H:2,814.00
L:2,584.00
▼4.37%
-119.00
07:30

Ethereum Classic ETC/JPY
434.63
H:438.72
L:408.97
▼0.22%
-0.97
07:30

DASH DASH/JPY
6,906.77
H:7,121.81
L:6,879.28
▼4.58%
-331.49
07:29

Bitshares BTS/JPY
4.03
H:4.13
L:3.99
▼4.28%
-0.18
07:30

Monero XMR/JPY
4,602.79
H:4,714.33
L:4,561.90
▼6.15%
-301.56
07:30

NEM XEM/JPY
7.53
H:7.90
L:7.51
▼3.59%
-0.28
07:30

Zcash ZEC/JPY
5,917.00
H:6,113.38
L:5,773.64
▼4.42%
-273.65
07:29

Bitcoin Cash BCH/JPY
10,058.00
H:11,646
L:6,126
▼8.18%
-896
07:30

Bitcoin Gold BTG/JPY
1,255.54
H:1,270.04
L:1,239.93
▼5.00%
-66.03
07:30

Monacoin MONA/JPY
45.66
H:49.40
L:45.12
▼7.57%
-3.74
07:30

Lisk LSK/JPY
126.93
H:128.49
L:125.74
▼4.35%
-5.77
07:30

Factom FCT/JPY
871.11
H:958.85
L:783.74
▼12.71%
-126.87
07:30


米金融・債券市場=利回りまちまち、株価に反応 ECB理事会も材料視

米東部時間 価格 利回り
30年債(指標銘柄) 16時22分 103*31.00 3.1686% 前営業日終値 104*12.00 3.1480%

10年債(指標銘柄) 16時19分 101*26.00 2.9131% 前営業日終値 101*28.00 2.9060%

5年債(指標銘柄) 16時19分 100*17.75 2.7545% 前営業日終値 100*16.25 2.7650%

2年債(指標銘柄) 16時18分 99*31.38 2.7599% 前営業日終値 99*30.75 2.7700%


清算値 前日終値
Tボンド先物12月限 143*01.00 143*09.00
Tノート先物12月限 120*09.00 120*09.00


米金融・債券市場では国債利回りが小幅ながらまちまちで推移。全般的に株式市場をにらみながらの取引となった。欧州中央銀行(ECB)の経済見通しやドラギ総裁発言なども材料視された。

ECBはこの日、主要政策金利を据え置くと同時に、景気の下支えを目的とした2兆6000億ユーロ規模の量的緩和(QE)を終了させることも正式に決定した。ただ保有債券の償還資金の再投資については、初めての利上げが実施された後も長く継続するとの方針を示した。

2018年の成長率予想は9月時点の2.0%から1.9%に、19年も1.8%から1.7%にそれぞれ引き下げた。インフレ率予想は18年を1.7%から1.8%に引き上げたが、19年は1.7%から1.6%に下方修正した。

ドラギ総裁は「地政学的要因を巡る先行き不透明性が払しょくされないこと、保護主義の脅威、新興国市場の脆弱性、金融市場のボラティリティーを踏まえると、リスクのバランスは下向きに傾きつつある」と述べた。

総裁発言を受けドイツ10年債利回りは1ベーシスポイント(bp)超低下。他の域内中核国債利回りも1ー2bp低下した。

ジェフリーズ(ニューヨーク)のトム・サイモンズ氏は「国債相場は過去1カ月くらいの間、株価にかなり敏感に反応しており、こうした流れに変わりない。今後発表される一連のマクロ指標待ちだ」と述べた。

30年債入札は、最高落札利回りが3.165%と入札前取引(WI)を下回った。応札倍率2.31倍で11月の2.06倍を上回った。

経済指標では11月の米輸入物価が前月比1.6%下落と、2015年8月以来3年3カ月ぶりの大幅なマイナスとなった。石油製品が大幅安となったほか、ドル高が輸入物価を押し下げた。

10年債利回りは2.911%と、前日の2.906%から上昇。30年債利回りは3.161%と前日の3.148%から上昇。一方、2年債US
2YT=RR利回りは2.757%と、前日の2.77%から低下した。


<ドル・スワップ・スプレッド>

DOLLAR SWAP SPREADS
Last (bps) Net Change (bps)
U.S. 2-year dollar swap spread 14.25 1.00
U.S. 3-year dollar swap spread 11.75 0.50
U.S. 5-year dollar swap spread 10.50 0.25
U.S. 10-year dollar swap spread 3.25 0.00
U.S. 30-year dollar swap spread -14.50 -0.25


NY商品、原油が反発 米在庫の減少観測で、金は反落:日本経済新聞

2018/12/14 5:22

【NQNニューヨーク=戸部実華】13日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は反発した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の2019年1月物は前日比1.43ドル高の1バレル52.58ドルで取引を終えた。売りが先行したが、米原油在庫の減少観測やサウジアラビアが輸出を減らすとの報道を受け買いが優勢になった。

WTIの現物引き渡し地点であるオクラホマ州クッシングの前週の原油在庫が減少したとの調査会社によるリポートが伝わり「買いが入った」(プライス・フューチャーズ・グループのフィル・フリン氏)。今週に米石油協会(API)や米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間の統計でも原油在庫は減少していた。

前週に主要産油国が減産延長で合意したのを受けて、サウジが米国への輸出量を1月にも減らす計画だと伝わった。米国の在庫増で需給が緩むとの警戒感が後退した。

国際エネルギー機関(IEA)は13日に公表した月報で来年の原油需要の増加予想を据え置き供給量は減少するとの予想を示した。世界経済の減速で原油需要が鈍るとの懸念がやや後退し、相場を支えた面があった。

ニューヨーク金先物相場は反落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である19年2月物は前日比2.6ドル安の1トロイオンス1247.4ドルで終えた。ドルがユーロや円などに対して買われた場面で、ドルの代替投資先とされる金先物の売りを誘った。



工業用金属

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

銅 (CMX) セント/ポンドlb 276.75 -0.25 -0.09% 2019/03 6:59

銅3ヶ月先物 (LME) USD/MT 6,155.00 +15.00 +0.24% N/A 2018/12/13

アルミ新地金 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 1,932.00 -7.00 -0.36% N/A 2018/12/13

亜鉛3ヶ月先物 (LME) USD/MT 2,566.00 -4.00 -0.16% N/A 2018/12/13

すず 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 19,400.00 +75.00 +0.39% N/A 2018/12/13


・各国10年債

ドイツ  0.285(+0.006)
英 国  1.289(+0.010)
カナダ  2.143(+0.011)
豪 州  2.466(+0.019)
日 本  0.057(+0.002)

・NY原油・金 時間外取引

NY原油先物1月限(WTI)(NY時間15:08)
1バレル=52.58(+1.43 +2.80%)
NY金先物2月限(COMEX)(NY時間14:58)
1オンス=1246.20(-3.80 -0.30%)

12/14 国内主要商品指数 ADR銘柄

2018-12-14 06:12:09 | 政治経済問題
ADR銘柄引値一覧

12/13 ※“ADR引値”は1ドル113.63円で円換算した値です。

コード 銘柄名 国内引値 ADR引値 国内対比 騰落率 出来高

1605 国際石油開発帝石 1,183.5 1,163.6 -19.9 -1.68% 12,376
1878 大東建託 15,570.0 15,526.4 -43.6 -0.28% 2,850
1925 大和ハウス工業 3,638.0 3,615.7 -22.3 -0.61% 47,762
1928 積水ハウス 1,688.5 1,688.0 -0.5 -0.03% 54,610
2503 キリンホールディングス 2,458.0 2,430.6 -27.5 -1.12% 34,718
2802 味の素 1,997.5 2,023.8 26.3 1.31% 547
2914 日本たばこ産業 2,879.0 2,854.4 -24.6 -0.85% 63,940
3382 セブン&アイ・ホールディングス 4,905.0 4,894.0 -11.0 -0.22% 95,406
3402 東レ 834.2 826.4 -7.8 -0.94% 421,768
3407 旭化成 1,166.5 1,154.5 -12.0 -1.03% 125,246
3938 LINE 3,670.0 3,665.7 -4.3 -0.12% 28,675
4063 信越化学工業 9,271.0 9,204.0 -67.0 -0.72% 17,333
4452 花王 8,227.0 8,178.5 -48.5 -0.59% 62,114
4502 武田薬品工業 3,980.0 3,963.4 -16.6 -0.42% 2,057,610
4503 アステラス製薬 1,690.5 1,682.9 -7.6 -0.45% 88,141
4523 エーザイ 10,125.0 10,047.2 -77.8 -0.77% 2,268
4528 小野薬品工業 2,681.5 2,638.5 -43.0 -1.60% 132
4568 第一三共 4,184.0 4,172.5 -11.5 -0.28% 10,621
4578 大塚ホールディングス 5,544.0 5,484.9 -59.1 -1.07% 21,689
4689 ヤフー 314.0 310.5 -3.5 -1.12% 88,338
4704 トレンドマイクロ 6,630.0 6,584.9 -45.1 -0.68% 1,002
4755 楽天 877.0 884.0 7.0 0.80% 33,866
4901 富士フイルムホールディングス 4,430.0 4,406.3 -23.7 -0.53% 19,497
4911 資生堂 7,319.0 7,313.8 -5.2 -0.07% 15,423
5108 ブリヂストン 4,510.0 4,487.3 -22.8 -0.50% 39,933
5401 新日鐵住金 2,016.0 1,981.7 -34.3 -1.70% 1,677
5713 住友金属鉱山 3,275.0 3,208.9 -66.1 -2.02% 634
5802 住友電気工業 1,534.0 1,493.1 -40.9 -2.67% 574
6273 SMC 35,750.0 35,566.2 -183.8 -0.51% 3,791
6301 小松製作所 2,651.5 2,628.8 -22.7 -0.85% 199,872
6326 クボタ 1,786.5 1,771.0 -15.5 -0.87% 267,850
6367 ダイキン工業 12,645.0 12,516.3 -128.7 -1.02% 12,221
6501 日立製作所 3,283.0 3,268.0 -15.0 -0.46% 86,716
6502 東芝 3,450.0 3,445.3 -4.7 -0.14% 211,690
6503 三菱電機 1,329.5 1,320.4 -9.1 -0.69% 234,700
6594 日本電産 14,080.0 14,031.0 -49.0 -0.35% 18,984
6702 富士通 7,195.0 7,147.3 -47.7 -0.66% 2,414
6752 パナソニック 1,100.5 1,099.9 -0.6 -0.05% 301,239
6758 ソニー 5,954.0 5,931.5 -22.5 -0.38% 619,543
6762 TDK 7,950.0 7,933.7 -16.4 -0.21% 9,315
6861 キーエンス 57,940.0 57,540.5 -399.5 -0.69% 1,440
6902 デンソー 5,238.0 5,207.7 -30.3 -0.58% 12,255
6954 ファナック 17,470.0 17,277.4 -192.6 -1.10% 90,132
6981 村田製作所 16,435.0 16,380.9 -54.1 -0.33% 16,031
6988 日東電工 5,821.0 5,795.1 -25.9 -0.44% 13,038
7201 日産自動車 937.0 941.7 4.7 0.50% 431,392
7202 いすゞ自動車 1,660.0 1,647.6 -12.4 -0.74% 1,923
7203 トヨタ自動車 6,870.0 6,862.1 -7.9 -0.11% 434,848
7261 マツダ 1,259.5 1,246.5 -13.0 -1.03% 44,642
7267 本田技研工業 3,114.0 3,094.1 -19.9 -0.64% 771,949
7270 SUBARU 2,530.0 2,511.2 -18.8 -0.74% 48,883
7733 オリンパス 3,315.0 3,302.7 -12.3 -0.37% 11,396
7741 HOYA 7,094.0 7,101.9 7.9 0.11% 60,530
7751 キヤノン 3,177.0 3,157.8 -19.2 -0.61% 388,286
7974 任天堂 32,830.0 32,698.2 -131.8 -0.40% 42,624
8001 伊藤忠商事 2,013.0 2,001.3 -11.7 -0.58% 363,754
8002 丸紅 831.7 822.1 -9.6 -1.15% 730
8031 三井物産 1,759.0 1,750.7 -8.3 -0.47% 33,860
8035 東京エレクトロン 14,115.0 14,065.1 -49.9 -0.35% 11,941
8053 住友商事 1,687.5 1,690.8 3.3 0.20% 18,158
8058 三菱商事 3,156.0 3,156.1 0.1 0.00% 20,862
8113 ユニ・チャーム 3,543.0 3,579.4 36.3 1.03% 29,208
8267 イオン 2,725.5 2,686.2 -39.3 -1.44% 217
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 591.4 584.1 -7.3 -1.24% 1,745,325
8309 三井住友トラスト・ホールディングス 4,324.0 4,249.8 -74.2 -1.72% 12,753
8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,944.0 3,891.8 -52.2 -1.32% 487,285
8411 みずほフィナンシャルグループ 180.9 176.1 -4.8 -2.64% 2,550,976
8591 オリックス 1,744.5 1,735.4 -9.1 -0.52% 189,830
8601 大和証券グループ本社 624.6 615.9 -8.7 -1.40% 107,374
8604 野村ホールディングス 469.0 460.2 -8.8 -1.88% 506,067
8725 MS&ADインシュアランスグループホールディングス 3,280.0 3,257.8 -22.2 -0.68% 44,716
8766 東京海上ホールディングス 5,401.0 5,435.5 34.5 0.64% 19,019
8795 T&Dホールディングス 1,479.0 1,447.7 -31.4 -2.12% 430
8802 三菱地所 1,819.0 1,812.4 -6.6 -0.36% 45,589
9020 東日本旅客鉄道 10,050.0 10,049.2 -0.8 -0.01% 14,021
9021 西日本旅客鉄道 7,774.0 7,832.0 58.0 0.75% 8,918
9022 東海旅客鉄道 22,935.0 22,896.5 -38.6 -0.17% 3,046
9201 日本航空 3,967.0 3,946.4 -20.6 -0.52% 17,781
9432 日本電信電話 4,697.0 4,673.0 -24.0 -0.51% 96,530
9433 KDDI 2,649.5 2,632.8 -16.7 -0.63% 134,220
9437 NTTドコモ 2,567.5 2,559.0 -8.6 -0.33% 97,573
9735 セコム 9,738.0 9,690.4 -47.6 -0.49% 9,403
9983 ファーストリテイリング 61,220.0 61,148.9 -71.2 -0.12% 553
9984 ソフトバンクグループ 8,909.0 9,101.8 192.8 2.16% 98,373


2018年12月14日 05時35分 現在

取引日:2018年12月14日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 4,538 4,535 4,539 4,525 4,531 -7 135
2019/02 4,538 4,539 4,539 4,524 4,534 -4 49
2019/04 4,538 4,538 4,539 4,514 4,533 -5 66
2019/06 4,535 4,535 4,536 4,521 4,529 -6 130
2019/08 4,532 4,533 4,534 4,517 4,524 -8 811
2019/10 4,531 4,531 4,534 4,517 4,527 -4 11,375


ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

4,540 4,566 4,566 4,550 4,558 +18 790




単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 53.4
2019/02 53.6 53.6 53.6 53.6 53.6 +0.0 9
2019/04 53.6
2019/06 53.7
2019/08 53.7 53.5 53.5 53.5 53.5 -0.2 2
2019/10 53.7 53.8 53.8 53.5 53.7 +0.0 8

白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 2,941 2,943 2,945 2,892 2,919 -22 44
2019/02 2,947 2,947 2,948 2,902 2,920 -27 8
2019/04 2,950 2,950 2,950 2,898 2,923 -27 49
2019/06 2,948 2,944 2,944 2,898 2,917 -31 56
2019/08 2,945 2,946 2,946 2,895 2,915 -30 346
2019/10 2,942 2,946 2,946 2,890 2,918 -24 5,499


プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2,949 3,023 3,023 2,971 2,990 +41 244


パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 4,550
2019/02 4,383
2019/04 4,331
2019/06 4,278
2019/08 4,222 4,216 4,216 4,216 4,216 -6 2
2019/10 4,127 4,128 4,145 4,111 4,114 -13 18

バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 53,600
2019/02 53,600
2019/03 53,410 53,180 54,070 53,100 54,070 +660 14
2019/04 53,260 53,290 54,000 52,960 54,000 +740 16
2019/05 53,220 52,930 53,900 52,500 53,900 +680 88
2019/06 52,970 52,900 53,820 52,230 53,700 +730 889


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 58,260 58,200 58,500 58,000 58,500 +240 11
2019/02 58,850 58,750 58,750 58,150 58,620 -230 20
2019/03 58,650 58,790 58,790 58,180 58,460 -190 22
2019/04 58,500 58,160 58,160 58,130 58,130 -370 4
2019/05 58,030 57,700 58,050 57,700 58,050 +20 6
2019/06 57,560 57,610 58,200 57,090 58,200 +640 32

プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 42,290
2019/01 41,820 41,800 42,650 41,280 42,650 +830 470
2019/02 41,780 41,730 42,600 41,180 42,600 +820 68
2019/03 41,690 41,610 42,510 41,000 42,510 +820 297
2019/04 41,540 41,500 42,600 40,840 42,600 +1,060 1,721
2019/05 41,440 41,370 42,470 40,720 42,470 +1,030 7,912


東商取原油先物ドル換算価格および世界の原油先物価格

米ドル/バレル

限月 始値 高値 安値 現在値 前日比

2019/01 58.62 59.68 57.86 59.68 +1.16
2019/02 58.53 59.62 57.72 59.62 +1.15
2019/03 58.34 59.50 57.48 59.50 +1.15
2019/04 58.18 59.64 57.24 59.64 +1.48
2019/05 58.00 59.29 57.07 59.24 +1.23

世界の原油先物価格 (12/13)

(米ドル/バレル)

東商取・原油 58.61 (12/13 1月限帳入値段)

ICE Futures Europe IPEブレント原油 60.15 (12/12 2月限)

NYMEX・WTI原油 51.15 (12/12 1月限)


ゴム(RSS3)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 159.6 159.0 159.0 154.0 154.0 -5.6 38
2019/01 171.2 170.8 170.8 165.6 165.9 -5.3 29
2019/02 170.2 170.5 170.5 165.0 166.3 -3.9 201
2019/03 169.4 169.3 169.4 165.7 166.5 -2.9 246
2019/04 169.2 168.9 168.9 167.1 167.3 -1.9 659
2019/05 168.9 169.3 169.3 167.8 168.2 -0.7 1,308


ゴム(TSR20)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 140.6
2019/02 137.8
2019/03 147.0
2019/04 148.0  -  -  -  -  -  1
2019/05 148.0 146.8 146.8 146.8 146.8 -1.2 2
2019/06 149.7 150.0 150.0 148.0 148.5 -1.2 633


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 26,500
2019/03 24,890 24,920 24,980 24,920 24,980 +90 3
2019/05 24,340 24,390 24,500 24,390 24,500 +160 6
2019/07 24,110 24,200 24,240 24,200 24,240 +130 2
2019/09 24,190 24,230 24,360 24,180 24,290 +100 15
2019/11 23,790 23,790 23,990 23,790 23,930 +140 61


一般大豆

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 49,300
2019/02 45,000
2019/04 44,600
2019/06 45,500 45,600 45,600 45,600 45,600 +100 1
2019/08 44,300 44,400 44,400 44,400 44,400 +100 1
2019/10 46,500 46,800 46,800 46,800 46,800 +300 1

小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 13,370
2019/01 14,010
2019/02 14,250
2019/03 14,250 14,200 14,200 14,200 14,200 -50 1
2019/04 13,950 13,900 13,900 13,900 13,900 -50 1
2019/05 13,860 13,800 13,800 13,790 13,790 -70 2


コメ先物相場情報








2018年12月14日 16時3分 現在

取引日:2018年12月14日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 4,538 4,532 4,534 4,521 4,521 -17 1,039 4,521
2019/02 4,538 4,530 4,531 4,523 4,523 -15 50 4,523
2019/04 4,538 4,530 4,533 4,521 4,521 -17 267 4,521
2019/06 4,535 4,530 4,532 4,520 4,520 -15 816 4,520
2019/08 4,532 4,525 4,529 4,516 4,516 -16 2,078 4,516
2019/10 4,531 4,524 4,527 4,513 4,514 -17 7,473 4,514


ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

4,540 4,556 4,558 4,543 4,543 -14 3,209 4,526




単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 53.4 52.6 52.6 52.0 52.0 -1.4 2 52.0
2019/02 53.6 53.6 53.7 53.6 53.7 +0.1 43 53.7
2019/04 53.6 53.6 53.6 53.6 53.6 +0.0 1 53.6
2019/06 53.7  -  -  -  -  +0.0  -  53.7
2019/08 53.7 53.7 53.7 53.7 53.7 +0.0 1 53.7
2019/10 53.7 53.7 53.8 53.5 53.5 -0.2 7 53.5

白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 2,941 2,905 2,911 2,898 2,902 -39 701 2,902
2019/02 2,947 2,914 2,915 2,904 2,911 -36 108 2,911
2019/04 2,950 2,920 2,920 2,908 2,913 -37 49 2,913
2019/06 2,948 2,918 2,918 2,906 2,906 -42 68 2,906
2019/08 2,945 2,913 2,916 2,903 2,903 -42 292 2,903
2019/10 2,942 2,912 2,915 2,902 2,902 -40 3,638 2,902


プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2,949 2,990 3,000 2,984 2,984 -35 435 2,914


パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 4,550  -  -  -  -  +0  -  4,550
2019/02 4,383 4,359 4,366 4,359 4,366 -17 5 4,366
2019/04 4,331 4,325 4,325 4,325 4,325 -6 1 4,325
2019/06 4,278 4,263 4,263 4,263 4,263 -15 1 4,263
2019/08 4,222 4,243 4,243 4,204 4,204 -18 12 4,204
2019/10 4,127 4,141 4,147 4,108 4,108 -19 61 4,108

バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/01 53,600 54,300 54,300 53,880 53,880 +280 10 53,880
2019/02 53,600 54,280 54,300 53,780 53,780 +180 20 53,780
2019/03 53,410 54,370 54,370 53,710 53,710 +300 39 53,710
2019/04 53,260 54,180 54,180 53,520 53,520 +260 72 53,520
2019/05 53,220 54,200 54,200 53,330 53,330 +110 185 53,330
2019/06 52,970 53,880 53,970 53,180 53,300 +330 812 53,300


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/01 58,260 58,750 58,870 58,550 58,650 +390 15 58,650
2019/02 58,850 59,450 59,480 59,170 59,250 +400 55 59,250
2019/03 58,650 59,540 59,540 59,190 59,380 +730 28 59,380
2019/04 58,500 59,230 59,230 58,750 59,000 +500 34 59,000
2019/05 58,030 58,650 58,650 58,130 58,240 +210 59 58,240
2019/06 57,560 58,540 58,540 57,800 57,800 +240 120 57,800

プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 42,290 43,040 43,040 42,550 42,650 +360 44 42,650
2019/01 41,820 42,770 42,770 42,250 42,280 +460 486 42,280
2019/02 41,780 42,620 42,640 42,120 42,150 +370 110 42,150
2019/03 41,690 42,610 42,650 42,080 42,120 +430 225 42,120
2019/04 41,540 42,490 42,490 41,920 41,970 +430 1,295 41,970
2019/05 41,440 42,320 42,340 41,790 41,830 +390 4,634 41,830


ゴム(RSS3)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/12 159.6 153.3 159.9 151.5 152.0 -7.6 93 152.0
2019/01 171.2 166.0 169.3 163.2 165.1 -6.1 116 165.1
2019/02 170.2 166.0 169.3 165.0 167.5 -2.7 140 167.5
2019/03 169.4 166.6 169.7 165.7 167.7 -1.7 950 167.7
2019/04 169.2 167.3 169.7 166.5 168.3 -0.9 1,663 168.3
2019/05 168.9 168.5 170.0 167.7 168.6 -0.3 4,043 168.6


ゴム(TSR20)

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2019/01 140.6 140.6 142.5 140.6 142.5 +1.9 49 142.5
2019/02 137.8 137.8 144.0 137.8 144.0 +6.2 91 144.0
2019/03 147.0 146.2 146.2 146.2 146.2 -0.8 187 146.2
2019/04 148.0 147.9 147.9 147.9 147.9 -0.1 191 147.9
2019/05 148.0 146.8 148.0 145.8 145.8 -2.2 378 145.8
2019/06 149.7 148.5 149.1 147.6 147.6 -2.1 656 147.6


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2019/01 26,500  -  -  -  -  +0  -  26,500
2019/03 24,890 25,000 25,010 24,960 24,960 +70 4 24,960
2019/05 24,340 24,350 24,430 24,350 24,430 +90 4 24,430
2019/07 24,110 24,220 24,220 24,200 24,200 +90 8 24,200
2019/09 24,190 24,270 24,300 24,230 24,300 +110 10 24,300
2019/11 23,790 23,950 23,960 23,850 23,890 +100 90 23,890


一般大豆

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 49,300  -  -  -  -  +0  -  49,300
2019/02 45,000  -  -  -  -  +0  -  45,000
2019/04 44,600  -  -  -  -  +0  -  44,600
2019/06 45,500  -  -  -  -  +100  -  45,600
2019/08 44,300  -  -  -  -  +100  -  44,400
2019/10 46,500  -  -  -  -  +300  -  46,800


小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/12 13,370  -  -  -  -  +700  -  14,070
2019/01 14,010  -  -  -  -  +0  -  14,010
2019/02 14,250  -  -  -  -  +0  -  14,250
2019/03 14,250  -  -  -  -  -50  -  14,200
2019/04 13,950 13,860 13,860 13,850 13,850 -100 2 13,850
2019/05 13,860 13,660 13,730 13,660 13,730 -130 3 13,730


問屋仲間相場・鉄鋼(特記なき限り円/トン)

大阪市のような地下鉄網ができなかったツケが回った京都市

2018-12-13 16:35:00 | 政治経済問題
京都は、総じて道路の道幅が狭く、とりわけ、四条通近辺は渋滞が常態化している。にもかかわらず、大阪のような地下鉄網を作れず、観光客の多くは、バスかタクシーに依存せざるを得なくなっている。

但し、京都は神社仏閣が多いことから、実際には地下鉄を建設できるところは限られている。

そのため、延着が当たり前なのに、京都市バスは黒字化が続いてきた。

しかし、京都市交通局は、地下鉄事業で「大赤字」となっており、苦肉の策として、黒字の市バス事業を「民間委託」したものの、下記の理由により、逆に「大赤字」になりかねない事態となっている。

京都で、「バスが消える」事態は、観光客にとって深刻な事態になりかねない。


京都市バス、10年間で100億円超の赤字試算 要因は人件費増 - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20181206/k00/00m/040/055000c

毎日新聞2018年12月6日 10時16分(最終更新 12月6日 10時16分)

京都市は、市バス経営が来年度からの10年間で計100億円超の累積赤字を計上する恐れがあるとの試算を公表した。人口減少による運転手や整備士不足で、低コスト経営の要だった民間委託が維持しづらくなったことが主な要因。2003年度から15年間の黒字が続いた市バス経営は、委託料増や直営規模の拡大による人件費増など「必要コストの急激かつ大幅な増加」による転換期を迎えている。【飼手勇介】

 4日夜、市バスなどの今後10年間の経営方針に関する有識者会議「経営ビジョン検討委員会」で示した。10年間で24億円の赤字としていた6月の骨子案から大幅修正となった。

 民間バス会社に市バスの運行・管理を委託する「管理の受委託」では、九条営業所の一部(66台)の運行を受託していた京阪バスが人材不足などを理由に19年度で撤退することが決定。西日本ジェイアールバスも縮小を決めており、市の直営台数(現在412台)は20年度に計80台増える。

 現在の民間6社への委託料は年間約50億円だが、直営に切り替える部分と、要求に応じて増額する委託料を合わせた経費は62億~63億円に膨らむと試算。さらに軽油価格の高騰による燃料費増も年間約2億円と見込み、年間収支は最大十数億円、10年間で100億円超の赤字の見通しとなった。

 市は28年度の赤字回避を目標に掲げ、増客などによる増収▽バス停の屋根やバス接近表示器の増設見合わせなどのコスト削減――などの対策案を示した。しかし、担当者は「運賃値上げも路線廃止も難しい中、厳しい目標設定だ」と話し、実現可能性は不透明だ。

12/13 日本・アジア主要株式指数

2018-12-13 16:34:44 | 政治経済問題
日経平均が213円高と続伸、後場取引開始後に高値も引けにかけ小幅な値動きにとどまる=13日後場/2018/12/13 15:17

13日の日経平均株価は、前日比213円44銭高の2万1816円19銭と大幅に反発して取引を終了した。きのう12日の好地合いや、欧米株高を受け買いが先行。買い一巡後は上げ幅を縮小する場面もみられたが、後場に入り上げ幅を拡大、午後零時38分には、同268円59銭高の2万1871円34銭と、きょうの高値を付けた。時間外取引で米株価指数先物が堅調で、中国・上海総合指数が上昇したことなども支えとなったようだ。ただ、取引終了にかけては、模様眺めムードが広がり、小幅な値動きに留まった。東証1部の出来高は13億3279万株、売買代金は2兆3993億円。騰落銘柄数は値上がり1583銘柄、値下がり482銘柄、変わらず61銘柄だった。

 市場では「きのうの好地合いを受け続伸したが、手掛かり材料難の状況が続くことから、個別株への物色が中心となりそうだ」(中堅証券)との見方があった。

 業種別では、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>などの鉄鋼株や、SUMCO<3436>、LIXILG<5938>などの金属製品株が上昇。郵船<9101>、商船三井<9104>などの海運株や、大林組<1802>、大和ハウス<1925>などの建設株も高い。三井金属<5706>、住友鉱<5713>などの非鉄金属株や、帝人<3401>、東レ<3402>などの繊維株も堅調。武田薬<4502>、アステラス薬<4503>などの医薬品株や、AGC<5201>、ガイシ<5333>などのガラス土石株も上げた。東証業種別指数は、29業種が上昇、4業種が下落した。

 個別では、サイバーコム<3852>、A&D<7745>、アクセル<6730>、ランド<8918>、アカツキ<3932>などが上昇。半面、Hamee<3134>、Wスコープ<6619>、ネクステージ<3186>、キャリアイン<6538>、ビジョン<9416>などは下落した。

提供:モーニングスター社



日本・中国株式指数


名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

TOPIX 500 INDEX (東証) 1,247.85 +7.11 +0.57% -1.18% -10.37% 15:00

TOPIX 100 INDEX (東証) 1,026.79 +4.55 +0.45% -1.47% -9.83% 15:00

日経平均株価 21,816.19 +213.44 +0.99% +0.03% -4.14% 15:00

日経500平均 2,016.39 +10.04 +0.50% -0.70% -8.47% 15:00

TOPIX (東証株価指数) 1,616.65 +10.04 +0.62% -1.33% -10.72% 15:00

日経300指数 325.34 +1.78 +0.55% -0.80% -9.11% 15:00

東証REIT指数 1,804.15 +7.08 +0.39% +1.22% +7.52% 15:00

JASDAQ インデックス 150.43 +0.52 +0.35% -3.12% -12.93% 15:00

TOPIX CORE 30 IDX (東証) 723.08 +1.77 +0.25% -1.25% -11.61% 15:00

東証マザーズ指数 960.66 +3.41 +0.36% +0.20% -19.11% 15:00

TOPIX SMALL INDEX (東証) 2,066.63 +21.75 +1.06% -2.56% -12.93% 15:00

TOPIX MID 400 INDX (東証) 1,842.98 +14.72 +0.81% -0.65% -11.57% 15:00

日経ジャスダック平均 3,498.98 +14.72 +0.42% -2.49% -9.27% 15:00

東証2部 株価指数 6,884.65 +56.13 +0.82% -5.87% -3.18% 15:00

TOPIX LARGE 70 IDX (東証) 1,670.16 +11.17 +0.67% -1.72% -7.74% 15:00


2018/12/13(木) 16:37 アジア・コモディティ騰落率ランキング=12/13営業日時点=

上海異形鉄筋 1.19%
上海ゴム 1.02%
大連ポリエチレン 0.41%
大連とうもろこし 0.05%
上海銅 -0.1%
上海重油 -1.13%

*数値は前日比%



13日の中国本土市場概況:上海総合1.2%高で3日続伸、インフラ関連に買い[FISCO] #klugfxnews_464533

配信日時 2018年12月13日(木)16:58:43 掲載日時 2018年12月13日(木)17:08:43

13日の中国本土市場は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比31.90ポイント(1.23%)高の2634.05ポイントと3日続伸した。上海A株指数も上昇し、33.43ポイント(1.23%)高の2758.25ポイントで取引を終えている。

前日までの好地合いを継ぐ。米中通商協議の進展や、中国の景気テコ入れに対する期待感が強まっている。来週19~21日にかけて開催予定の「中央経済工作会議」では、一段の減税推進、財政支出の拡大などが議題に上る見込みという。また、開会前の18日には、「改革開放40周年」記念式典が開催される予定だ。指数は中盤から上げ足を速めている。

業種別では、インフラ関連の上げが目立つ。ゼネコンの中国鉄建(601186/SH)が6.9%高、鉄道車両メーカーの中国中車(601766/SH)が4.0%高、建材の安徽海螺セメント(600585/SH)が3.6%高、建機メーカーの三一重工(600031/SH)が1.9%高とそろって続伸した。当局の内需刺激策が期待されるなか、消費関連株、自動車株、不動産株なども物色された。ハイテク株、医薬株、金融株などもしっかり。空運株も軒並み上昇する。中国国際航空(601111/SH)が2.4%高、中国南方航空(600029/SH)が2.2%高、中国東方航空(600115/SH)が1.9%高で引けた。国際航空と東方航空は12日、北京と上海を結ぶドル箱航路の運賃を引き上げている。他の航空各社も追随する見通し。また、人民元相場が足もとで元高水準で推移していることも、ドル建て債務の多い空運各社にとって追い風となる。外貨建てB株の相場も値上がり。上海B株指数が2.45ポイント(0.88%)高の282.30ポイント、深センB株指数が12.44ポイント(1.46%)高の865.34ポイントで終了した。



中国 上海総合指数 2,634.05 +31.90 +1.23% -0.78% -20.25% 16:53

中国 上海A株指数 2,758.25 +33.43 +1.23% -0.79% -20.26% 16:54

中国 深センA株指数 1,423.13 +15.56 +1.11% -1.65% -28.97% 16:00

中国 深セン成分指数 7,808.04 +110.02 +1.43% -1.95% -29.93% 16:00

中国 上海B株指数 282.30 +2.45 +0.88% +1.04% -16.33% 16:53

中国 深センB株指数 865.34 +12.44 +1.46% -4.78% -25.23% 16:00

中国 上海50A株指数 2,457.90 +34.59 +1.43% -0.21% -14.45% 16:54

中国 上海180A株指数 7,247.55 +100.74 +1.41% -0.17% -16.72% 16:53

中国 上海新総合指数(G株) 2,223.94 +26.96 +1.23% -0.79% -20.27% 16:54

中国 創業板指数 1,348.50 +9.77 +0.73% -3.13% -25.34% 16:00

上海/シンセン CSI300指数 3,219.69 +49.08 +1.55% -0.55% -20.50% 16:00

中国 深セン総合指数 1,360.92 +14.89 +1.11% -1.66% -28.96% 16:00


日経平均

現在値 21,816.19↑ (18/12/13 15:15)
前日比 +213.44 (+0.99%)
始値 21,755.13 (09:00) 前日終値 21,602.75 (18/12/12)
高値 21,871.34 (12:38) 年初来高値 24,448.07 (18/10/02)
安値 21,675.66 (09:58) 年初来安値 20,347.49 (18/03/26)


日経平均寄与度

日経平均 値上がり銘柄数 177

日経平均 変わらず銘柄数 1

日経平均 値下がり銘柄数 47






TOPIX

現在値 1,616.65↓ (18/12/13 15:00)
前日比 +10.04 (+0.62%)
始値 1,615.43 (09:00) 前日終値 1,606.61 (18/12/12)
高値 1,623.37 (12:38) 年初来高値 1,911.31 (18/01/23)
安値 1,609.90 (10:42) 年初来安値 1,572.33 (18/12/11)


東証業種別ランキング:鉄鋼が上昇率トップ[FISCO] #klugfxnews_464525

配信日時 2018年12月13日(木)15:42:43 掲載日時 2018年12月13日(木)15:52:43

鉄鋼が上昇率トップ。海運業や金属製品、建設業が続いた。一方、水産・農林業が下落率トップ。そのほか、電力・ガス業やゴム製品、情報・通信業が続いた。



業種別(東証株価指数33業種)

指数名 始値 高値 安値 現在値 前日比

水産・農林業 602.73 602.73 593.98 594.48 -9.11 -1.51 %
鉱業 333.11 334.36 328.59 331.11 +3.12 +0.95 %
建設業 1,167.23 1,186.44 1,165.25 1,182.52 +19.78 +1.70 %
食料品 1,865.64 1,877.49 1,861.70 1,872.02 +9.61 +0.52 %
繊維製品 660.26 668.00 658.52 667.41 +10.27 +1.56 %
パルプ・紙 534.68 541.62 532.76 539.13 +3.18 +0.59 %
化学 1,918.26 1,921.84 1,898.34 1,917.69 +5.71 +0.30 %
医薬品 3,063.06 3,091.32 3,049.34 3,081.02 +46.55 +1.53 %
石油・石炭製品 1,346.61 1,368.37 1,340.32 1,352.13 +17.59 +1.32 %
ゴム製品 3,336.13 3,349.79 3,307.23 3,307.70 -11.19 -0.34 %
ガラス・土石製品 1,037.71 1,049.15 1,034.35 1,045.63 +13.88 +1.35 %
鉄鋼 465.81 472.67 465.16 470.83 +8.73 +1.89 %
非鉄金属 911.20 920.20 906.86 915.49 +14.85 +1.65 %
金属製品 1,080.05 1,093.28 1,078.59 1,090.88 +19.56 +1.83 %
機械 1,683.14 1,697.68 1,671.79 1,691.23 +21.46 +1.29 %
電気機器 2,151.85 2,159.18 2,130.13 2,145.53 +11.83 +0.55 %
輸送用機器 2,768.72 2,787.50 2,759.45 2,772.05 +17.14 +0.62 %
精密機器 6,017.90 6,061.60 5,986.23 6,023.14 +38.17 +0.64 %
その他製品 2,580.77 2,592.29 2,561.60 2,579.81 +23.12 +0.90 %
電気・ガス業 511.58 513.85 504.85 505.01 -4.73 -0.93 %
陸運業 2,266.69 2,278.10 2,256.60 2,263.60 +0.56 +0.02 %
海運業 268.77 271.75 267.00 270.99 +4.86 +1.83 %
空運業 325.45 326.92 323.98 325.62 +1.55 +0.48 %
倉庫・運輸関連業 1,623.11 1,627.64 1,613.44 1,618.48 +1.19 +0.07 %
情報・通信業 3,406.90 3,406.90 3,383.92 3,390.82 -4.71 -0.14 %
卸売業 1,523.00 1,534.54 1,516.50 1,528.72 +16.29 +1.08 %
小売業 1,344.38 1,349.58 1,337.86 1,346.76 +8.16 +0.61 %
銀行業 159.16 160.62 158.53 159.39 +0.99 +0.63 %
証券、商品先物取引業 351.56 354.65 349.68 351.78 +2.01 +0.57 %
保険業 975.61 980.11 970.40 975.29 +2.28 +0.23 %
その他金融業 602.44 607.91 601.67 605.17 +4.26 +0.71 %
不動産業 1,432.18 1,435.68 1,426.05 1,428.79 +0.20 +0.01 %
サービス業 2,077.82 2,081.37 2,053.33 2,075.65 +14.74 +0.72 %


JPX日経インデックス400

現在値 14,322.42↓ (18/12/13 15:00)
前日比 +82.98 (+0.58%)
始値 14,320.21 (09:00) 前日終値 14,239.44 (18/12/12)
高値 14,385.30 (12:38) 年初来高値 16,940.79 (18/01/23)
安値 14,263.92 (10:40) 年初来安値 13,922.75 (18/12/11)


JASDAQ平均

現在値 3,498.98↑ (18/12/13 15:00)
前日比 +14.72 (+0.42%)
始値 3,487.32 (09:00) 前日終値 3,484.26 (18/12/12)
高値 3,501.71 (11:21) 年初来高値 4,317.21 (18/01/29)
安値 3,486.80 (09:03) 年初来安値 3,439.65 (18/10/30)


JASDAQ平均は小幅続伸、日経平均の続伸を背景に買い先行も上値重い[FISCO] #klugfxnews_464531

配信日時 2018年12月13日(木)16:32:57 掲載日時 2018年12月13日(木)16:42:57

[JASDAQ市況]

JASDAQ平均 3498.98 +14.72/出来高 7567万株/売買代金 459億円J-Stock Index 2872.61 +9.70 

本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはいずれも小幅に続伸した。値上がり銘柄数は353(スタンダード331、グロース22)、値下がり銘柄数は231(スタンダード221、グロース10)、変わらずは75(スタンダード71、グロース4)。 

本日のJASDAQ市場は、外部環境の落ち着きを背景に日経平均が続伸して始まったことで投資家心理も改善、ジャスダック市場にも買いが先行して始まった。ただ、ソフトバンクの上場を19日に控えるなどIPOラッシュを控え、既存銘柄への換金売りも散見され、全般は小動きにとどまった。こうしたなか、値動きの軽い低位材料株や直近IPO銘柄などに資金が集まる程度で、商いは低調だった。 

個別では、値動きの軽さから値幅取りの動きとなった前田製作がストップ高で値上がり率トップに、業績予想を上方修正した理研グリンや、人工知能(AI)サービスが米アマゾンの「Amazon Connect」と連携対応した日本サードもストップ高まで買い進まれた。また、IPSやケイブ、綜研化学、ホロンなどが値上がり率上位にランクインした。 

一方、ヤマトインダが大幅に8日続落し値下がり率トップに、秋川牧園や夢の街創造委なども下押した。また、ニッパンRやセプテーニHD、3Dマトリクスなども値下がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、マクドナルド、メイコー、フェローテクなどが上昇した。



マザーズ指数

現在値 960.66↑ (18/12/13 15:00)
前日比 +3.41 (+0.36%)
始値 963.92 (09:00) 前日終値 957.25 (18/12/12)
高値 968.40 (09:08) 年初来高値 1,367.86 (18/01/24)
安値 952.03 (09:49) 年初来安値 821.32 (18/10/30)


マザーズ指数は続伸、イベント控えたもみ合い相場、直近IPOピアラはストップ高[FISCO] #klugfxnews_464534

配信日時 2018年12月13日(木)17:00:53 掲載日時 2018年12月13日(木)17:10:53

 本日のマザーズ指数は続伸となった。前日の米国市場で、中国による米国産大豆など農産物の輸入拡大やハイテク産業政策見直し検討が伝わったことで米中協議の進展が意識され、東京市場全般に朝方から買いが先行した。この流れから、マザーズ市場も指数インパクトの大きい銘柄中心に強い動きを見せた。その後は、先物オプション特別清算指数算出(メジャーSQ)や12月日銀短観発表といったイベントを明日に控え、前日終値を挟んでのもみ合い相場となった。一部市場関係者によると、「19日(水)のソフトバンク上場を控え、当日の公開価格割れを見込んで買いを入れる為に資金準備をする向きもある」との指摘もあった。

なお、売買代金は概算で743.02億円。騰落数は、値上がり180銘柄、値下がり84銘柄、変わらず2銘柄となった。 

値上がり率上位では、テックポイントやピアラがストップ高水準まで買い進まれたほか、うるるやジーニーも大きく上昇した。売買代金上位では、UUUM、アルー、オイシックス、農業総合研究所が上昇。

一方で、サンバイオ、ALBERT、そーせいは軟調。



東証REIT指数

現在値 1,804.15↓ (18/12/13 15:00)
前日比 +7.08 (+0.39%)
始値 1,801.84 (09:00) 前日終値 1,797.07 (18/12/12)
高値 1,806.53 (13:26) 年初来高値 1,823.71 (18/12/04)
安値 1,800.54 (12:43) 年初来安値 1,637.94 (18/02/15)


日経平均VI

現在値 19.59↓ (18/12/13 15:20)
前日比 -1.64 (-7.72%)
始値 20.70 (09:00) 前日終値 21.23 (18/12/12)
高値 20.79 (09:56) 年初来高値 38.31 (18/02/09)
安値 19.57 (15:03) 年初来安値 14.04 (18/05/23)


東証2部指数

現在値 6,884.65↑ (18/12/13 15:00)
前日比 +56.13 (+0.82%)
始値 6,861.00 (09:00) 前日終値 6,828.52 (18/12/12)
高値 6,892.10 (09:17) 年初来高値 7,754.51 (18/01/23)
安値 6,851.80 (10:09) 年初来安値 6,709.62 (18/10/30)


日経平均先物

現在値 21,690.00↓ (18/12/13 05:30)
前日比 +30.00 (+0.14%)
高値 21,830.00 (03:12) 始値 21,640.00 (16:30)
安値 21,570.00 (16:57) 前日終値 21,660.00 (18/12/12)


TOPIX先物

現在値 1,610.00↓ (18/12/13 05:30)
前日比 -0.50 (-0.03%)
高値 1,619.50 (03:12) 始値 1,608.50 (16:30)
安値 1,603.50 (17:00) 前日終値 1,610.50 (18/12/12)


JPX日経400先物

現在値 14,280.00↓ (18/12/13 05:30)
前日比 -10.00 (-0.07%)
高値 14,355.00 (01:04) 始値 14,275.00 (16:30)
安値 14,215.00 (17:00) 前日終値 14,290.00 (18/12/12)


東証マザーズ指数先物

現在値 969.00↑ (18/12/13 05:30)
前日比 +3.00 (+0.31%)
高値 975.00 (03:29) 始値 961.00 (16:30)
安値 953.00 (17:07) 前日終値 966.00 (18/12/12)


NYダウ先物 円建

現在値 24,615.00↓ (18/12/13 05:19)
前日比 +27.00 (+0.11%)
高値 24,843.00 (03:15) 始値 24,518.00 (16:30)
安値 24,464.00 (17:06) 前日終値 24,588.00 (18/12/12)


CME日経平均先物 円建

現在値 21,635.00↓ (18/12/12 15:59 CST)
前日比 +290.00 (+1.36%)
高値 21,825.00 始値 21,270.00
安値 21,270.00 前日終値 21,345.00 (18/12/11)


SGX日経平均先物

現在値 21,650.00↓ (18/12/13 04:44 SGT)
前日比 -50.00 (-0.23%)
高値 21,820.00 始値 21,665.00
安値 21,570.00 前日終値 21,700.00 (18/12/12)


長期国債先物

現在値 151.560↓ (18/12/13 05:15)
前日比 -0.070 (-0.05%)
高値 151.640 (15:30) 始値 151.630 (15:30)
安値 151.560 (05:02) 前日終値 151.630 (18/12/12)


13日の日本国債市場概況:債券先物は151円77銭で終了[FISCO] #klugfxnews_464550

配信日時 2018年12月13日(木)19:01:20 掲載日時 2018年12月13日(木)19:11:20

<円債市場>

長期国債先物2018年3月限寄付151円74銭 高値151円80銭 安値151円66銭 引け151円77銭売買高総計34746枚

2年 395回 -0.150%5年 137回 -0.120%10年 352回  0.050%20年 166回  0.565%

債券先物3月限は、151円74銭で取引を開始。米中90日協議の進展期待が続くなか、欧州政治不安がいったん後退したこと。また、財務省が実施した5年債入札で応札倍率が低下したことから売りが先行し、151円66銭まで下落した。その後、引けにかけて買い戻しが優勢になり、151円80銭まで反発した。現物債の取引では、2年債が買われ、5年債、10年債、20年債が売られた。

<米国債概況>2年債は2.77%、10年債は2.90%、30年債は3.14%近辺で推移。債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>ドイツ国債は0.27%、英国債は1.24%で推移、オーストラリア10年債は2.46%、NZ10年債は2.50%。(気配値)



日本国債3年

年利回り -0.135 (18/12/13 03:05)
前日比 0.000


日本国債5年

年利回り -0.116 (18/12/13 03:05)
前日比 +0.003


日本国債10年

年利回り 0.054 (18/12/13 03:05)
前日比 +0.003


アジア株 総じて上昇、中国大陸市場も高い 2018/12/13(木) 18:18

東京時間18:18現在

香港ハンセン指数   26524.35(+337.64 +1.29%)
中国上海総合指数  2634.05(+31.90 +1.23%)
台湾加権指数     9858.76(+42.31 +0.43%)
韓国総合株価指数  2095.55(+12.98 +0.62%)
豪ASX200指数    5661.61(+8.11 +0.14%)
インドSENSEX30種  35903.99(+124.92 +0.35%)

 13日のアジア株は、総じて上昇。米中貿易協議の進展への期待感から、米中貿易摩擦激化への警戒感が後退しており、アジア株はおおむね買い優勢で推移した。中国大陸市場も上昇。

 上海総合指数は続伸。1.2%高。酒造会社の貴州茅臺酒、銀行大手の中国工商銀行、石油大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)、建設会社の中国鉄建(チャイナ・レールウェイ・コンストラクション)、調味料メーカーの佛山市海天調味食品が買われた。
   
 香港ハンセン指数は続伸。世界的金融グループのHSBCホールディングス、保険会社のAIAグループ、石油大手の中国海洋石油(CNOOC)、通信サービスのテンセント・ホールディングス、ホテル・娯楽施設運営のギャラクシー・エンターテインメントが買われた。
   
 豪ASX200指数は小幅続伸。鉱山会社のBHPビリトン、決済サービス会社のアフターペイ・タッチ・グループ、補聴器メーカーのコクレアが買われる一方で、通信会社のテルストラ・コーポレーション、不動産投資信託のGPTグループが売られている。



中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート

上海総合指数 中国
▲1.23%
2,634.05
H:2,645.84
L:2,599.46
+31.90
12/13

CSI300指数 中国
1.55%
3,219.69
H:3,234.08
L:3,169.42
49.08
16:01

上海B株 中国
▲0.88%
282.30
H:283.10
L:279.79
+2.45
12/13

深センB株 中国
▲1.46%
865.34
H:868.18
L:851.42
+12.44
12/13

上海A株 中国
▲1.23%
2,758.25
H:2,770.62
L:2,721.99
+33.43
12/13

深センA株 中国
▲1.11%
1,423.13
H:1,430.30
L:1,402.43
+15.56
12/13


13日の香港市場概況:ハンセン1.3%高で3日続伸、華潤置地が4.5%上昇[FISCO] #klugfxnews_464544

配信日時 2018年12月13日(木)18:00:00 掲載日時 2018年12月13日(木)18:10:00

13日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比337.64ポイント(1.29%)高の26524.35ポイントと3日続伸し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が139.69ポイント(1.34%)高の10556.85ポイントと続伸した。売買代金は793億1000万香港ドルにやや拡大している(12日は694億9700万香港ドル)。

中国の政策に対する期待感が強まる流れ。来週19~21日にかけて開催予定の「中央経済工作会議」では、一段の減税推進、財政支出の拡大などが議題に上る見込みという。また、開会前の18日には、「改革開放40周年」記念式典が開催される予定。米中通商交渉が進展するとの期待も続く。アメリカ大豆輸出協会は12日、「過去24時間内に、中国の輸入業者が米国産大豆を150万~200万トンを買い入れる契約をした」と発表した。

ハンセン指数の構成銘柄では、本土系不動産とマカオ・カジノの上げが目立つ。華潤置地(1109/HK)が4.5%高、碧桂園(2007/HK)が3.7%高、中国海外発展(688/HK)が3.0%高、金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が3.8%高、銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が3.4%高と値を上げている。華潤置地に関しては、11月の不動産成約額が前年同月比で45%増加したことも材料視された。マカオ・カジノについては、12月の域内カジノ収入増観測が流れている。

業種別では、ゼネコンやセメント、建機などのインフラ建設関連が高い。中国鉄建(1186/HK)が4.4%、中国中鉄(390/HK)が3.3%、中国交通建設(1800/HK)が2.0%、華潤水泥HD(1313/HK)が5.8%、中国建材(3323/HK)が4.6%、安徽海螺水泥(安徽コンチセメント:914/HK)が4.5%、中国龍工HD(3339/HK)が4.1%、中聯重科(1157/HK)が2.9%ずつ上昇した。小売や食品・飲料の消費セクターも物色される。百盛商業集団(パークソン・リテール:3368/HK)が9.3%高、青島ビール(168/HK)が5.3%高、中国雨潤食品集団(1068/HK)が4.7%高、中国蒙牛乳業(2319/HK)が4.2%高と買われた。本土系金融セクターもしっかり。華泰証券(6886/HK)が4.4%高、広発証券(1776/HK)が2.6%高、衆安在線財産保険(6060/HK)が2.2%高、中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が2.0%高、招商銀行(3968/HK)が1.9%高で引けた。本土市場は3日続伸。主要指標の上海総合指数は、前日比1.23%高の2634.05ポイントで取引を終えた。インフラ関連株がそろって急伸。消費関連株、自動車株、不動産株、運輸株、ハイテク株、医薬株、金融株なども値上がりした。



HangSeng 香港
▲1.29%
26,524.35
H:26,581.93
L:26,314.77
+337.64
17:00

H株指数 香港
▲1.34%
10,556.85
H:10,590.22
L:10,452.52
+139.69
12/13

レッドチップ指数 香港
▲1.69%
4,379.71
H:4,385.48
L:4,332.72
+72.61
12/13

AORD オーストラリア
▲0.14%
5,661.60
H:5,682.10
L:5,636.90
+8.10
14:39


ソウル株式市場・引け=続伸、米中摩擦の緩和期待で

 終値 前日比 % 始値 高値 安値
韓国総合株価指数<.KS11> 2,095.55 + 12.98 + 0.62 2,087.43 2,104.43 2,084.37 前営業日終値 2,082.57


ソウル株式市場は続伸して引けた。米中貿易摩擦に緩和の兆候が見られることが好感された。

今週には、米中貿易摩擦を巡り前向きな動きがあり、先行きを悲観する見方が弱まった。

ロイターは、中国国有企業が150万トン以上の米国産大豆を買い付けたと報じた。米国産大豆の大量購入は6カ月以上ぶりとなる。中国政府は、米国が警戒感を示すハイテク産業振興戦略「中国製造2025」についても、一部修正で譲歩する兆しを見せている。

総合株価指数(KOSPI)は0633GMT時点で前日終値比12.98ポイント(0.62%)高の2095.55で終了した。

電池大手サムスンSDIは4.6%高。中国メディアが、中国電池事業への投資計画について報じた。SDI関係者は、投資は検討中で、規模も確定していないと説明した。

サムスン重工業は7.7%高。オセアニア地域で使う液化天然ガス(LNG)輸送船建造を2112億ウォン(約1億8795万ドル)で受注したとの発表が支援材料になった。

韓進重工業は3.9%高。同社は軍調達当局から680億ウォン相当を受注した。

現代重工業は2.1%高。同社は軍調達当局からの受注を受け、2018年の目標受注額を前倒しで達成したと発表した。18年受注額は133億ドルとなった。



KOSPI 韓国
▲0.62%
2,095.55
H:2,104.43
L:2,084.37
+12.98
18:03

STI シンガポール
0.36%
3,111.08
H:3,125.10
L:3,102.44
11.09
18:10

加権 台湾
▲0.43%
9,858.76
H:9,871.96
L:9,815.50
+42.31
14:33

KLSE マレーシア
▲0.77%
1,676.00
H:1,677.91
L:1,670.12
+12.73
12/13

PSEi フィリピン
▲0.46%
7,522.92
H:7,556.24
L:7,513.56
+34.68
12/13

JKSE インドネシア
▲1.02%
6,177.72
H:6,186.05
L:6,139.33
+62.14
18:15

VN ベトナム
▼0.11%
960.25
H:966.83
L:960.10
-1.03
12/13

SET タイ
▼1.22%
1,614.99
H:1,642.20
L:1,612.91
-19.89
18:57

Sensex インド
▲0.42%
35,929.64
H:36,095.56
L:35,794.51
+150.57
12/13

Nifty インド
▲0.50%
10,791.55
H:10,838.60
L:10,749.50
+53.95
12/13