公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

名鉄・宇頭駅の線路上に人の両脚 愛知・岡崎、人身事故か 2020年11月30日 13時35分 共同通信

2020-11-30 23:58:55 | その他


 30日午前6時45分ごろ、愛知県岡崎市宇頭町山ノ神にある名鉄名古屋線宇頭駅で、構内に人の脚が落ちていると名鉄関係者から110番があった。岡崎署によると、ホーム横の線路上に両脚のひざから下の部分があった。署は、列車と接触した可能性があるとみて調べている。他に身体の一部が見つかったという。

 署や名鉄によると、見つかった両脚は靴を履いた状態で、性別などは不明。宇頭駅は無人駅で、午前6時半ごろに両脚を見つけた利用客が近隣駅の駅員に電話で連絡した。

 名鉄名古屋線は東岡崎―新安城間の上下線で一時運転を見合わせた。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

相談、コロナ禍で2・5倍 家出「少女の問題ではない」 朝日新聞社 2020/11/30 19:31

2020-11-30 23:49:42 | COVID-19関連記事


家出をした子どもが、SNSやネットゲームで知り合った男の家などで保護される事件が相次いでいる。

 子どもを保護者に無断で家に泊めると、状況によって未成年者略取誘拐罪などに問われる。警察庁によると、未成年者が被害者となった略取誘拐と人身売買事件の認知件数は2018、19年ともに260件以上で、180件前後だったそれ以前から急増している。また、家出をしたとして行方不明者届が出た20歳未満の少年少女は、ここ3年は年間1万7千人ほどで推移している。

 困難を抱える子どもが搾取や暴力に行き着かなくてよい社会を目指して活動する一般社団法人「Colabo」代表の仁藤夢乃さん(30)は、家出をしたり、家に居づらいと感じたりしている少女たちの相談を数多く受けてきた。

 少女たちは、家や学校、児童相談所(児相)で何らかのSOSを出しているものの真剣に向き合ってもらえず、大人への不信感をもって自暴自棄になっているという。「大人から何度も諦められ、自分も自分を諦めている。自分が悪いと思っているから、ひとりで何とかしないといけないと思っている」と仁藤さん。「相談は15~18歳が中心で、ほぼ全員、SNSで居場所を探し、男の家に泊まって性被害を受けている」

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

全国で1439人の感染確認 11月計4万7700人、月間最多を大幅更新  毎日新聞 2020/11/30 20:21

2020-11-30 23:44:58 | COVID-19関連記事


新型コロナウイルスの感染者は30日、全国で新たに1439人が確認された。クルーズ船の乗客乗員らを合わせた国内感染者は計14万9797人。北海道で5人、大阪で4人が亡くなるなど死者は26人増えて2165人となった。厚生労働省によると、30日発表時点での重症者は472人となり、過去最多を更新した。

 11月の全国新規感染者は、毎日新聞の集計で約4万7700人に上り、月別の合計では8月の約3万2100人を大きく上回って過去最多となった。

 東京都では311人の陽性が判明。都の基準による重症者は前日から3人増えて70人になり、緊急事態宣言解除後の最多を更新した。二重集計やその後の検査で陰性になったとして、神奈川県で3人、茨城、福岡両県で各1人が累計数から訂正された。【まとめ・大島祥平】

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

4歳と2歳を殺害か 回復した母親を逮捕  群馬・安中市 : FNNプライムオンライン 2020/11/30 20:30

2020-11-30 23:22:41 | その他


11月16日未明、群馬・安中市の住宅で、息子の慶くん(4)と娘の愛梨亜ちゃん(2)を暴行し、浴室で殺害した疑いで、母親の藤巻久美子容疑者(32)が逮捕された。

藤巻容疑者は当時、自宅から、およそ150メートル離れた用水路で、けがをした状態で発見され、用水路からは自宅にあった包丁1本が見つかっていた。

治療のため入院していたが、回復後に警察が事情を聴き、逮捕に至った。

浴槽の水で窒息させたとみられているが、藤巻容疑者は「覚えていません」と容疑を否認している。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11/30 日本・アジア主要株式指数

2020-11-30 22:57:24 | 政治経済問題
東京マーケット・サマリー

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円
午後5時現在 104.02/04 1.1972/76 124.54/58
NY午後5時 104.10/13 1.1962/65 124.52/56

午後5時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点より小安い104円前半。ドルが弱含む展開は変わらず、一時103.83円と23日以来1週間ぶり安値を更新した。夕方になると持ち直し、104円台を回復して推移している。

<株式市場>
日経平均 26433.62円 (211.09円安)
安値─高値   26405.83円─26834.20円
東証出来高 24億8779万株
東証売買代金 4兆7669億円

東京株式市場で日経平均は5日ぶりに反落した。朝方の日経平均は上値を追う動きとなったものの、徐々に上げ幅を縮小しマイナス圏に転落。後場では下げ幅を拡大する展開となり、一時238円88銭安の2万6405円83銭となった。日経平均の上下の値幅は約428円となり、前週末の終値を挟み上下する値動きとなった。月末でポジション調整が行われやすい環境にあり、短期的な過熱感を意識した利益確定売りが広がった。一方、ファーストリテイリングは2%超高となるなど、値がさ株は総じて堅調だった。東証1部の騰落数は、値上がり335銘柄に対し、値下がりが1810銘柄、変わらずが32銘柄だった。

<短期金融市場> 
無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.032%
ユーロ円金先(21年3月限) 100.050 (+0.005)
安値─高値 100.040─100.050
3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.032%になった。「週明けで大手銀行の調達はやや弱かったが、地銀の調達が強かった」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。

<円債市場> 
国債先物・20年12月限 152.03 (-0.02)
安値─高値 151.99─152.07
10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.025% (変わらず)
安値─高値 0.030─0.030%

国債先物中心限月12月限は前営業日比2銭安の152円03銭と続落して取引を終えた。円高・株安となったものの、買いの動きは強まらず、前営業日終値付近でのもみあいが続いた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比変わらずの0.025%。

<スワップ市場・気配> 
2年物 0.00─-0.10
3年物 0.00─-0.10
4年物 0.00─-0.09
5年物 0.01─-0.08
7年物 0.03─-0.06 10年物 0.09─-0.00


日経平均は211円安と5日ぶり大幅反落、高値警戒で利益確定売り、米ダウ先物安も重し=30日後場/国内市況ニュース/モーニングスター 2020/11/30 15:25

30日後場の日経平均株価は前週末比211円09銭安の2万6433円62銭と5営業日ぶりに大幅反落。朝方は、買いが先行した。前週末27日の米国株式市場でNYダウが反発し、ナスダック総合指数が連日で最高値を更新した流れを受け、寄り付き直後に2万6834円20銭(前週末比189円49銭高)まで上昇した。ただ、直近連騰による高値警戒感から、一巡後は利益確定売りに下げに転じ、いったん2万6600円割れ水準まで軟化した。再度プラス圏に持ち直す場面もあったが、時間外取引の米ダウ先物安が重しとなり、株価指数先物売りを交えて下げ幅を拡大。後場後半には一時2万6405円83銭(同238円88銭安)まで下押した。その後の戻りは限定され、前引けにかけて安値圏で推移した。

 MSCI日本指数の銘柄入れ替えなどの需給イベントにより、東証1部の出来高は24億8779万株、売買代金は4兆7669億円と大きく膨らんだ。騰落銘柄数は値上がり335銘柄、値下がり1810銘柄、変わらず32銘柄。

 市場からは「10月末から一時3800円超の上昇を演じ、当然の一服と言え、米ダウ先物安を織り込みにいっている面もある。ただし、高値水準でド陰線となり、調整入りの可能性がないとは言い切れず、明日以降の動向を見極めたい」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、国際帝石<1605>、石油資源<1662>などの鉱業株が下落。ブリヂス<5108>、住友ゴム<5110>などのゴム製品株や、ENEOS<5020>、コスモエネH<5021>などの石油石炭製品株も安い。三菱マ<5711>、住友電工<5802>などの非鉄金属株や、上組<9364>、三菱倉<9301>などの倉庫運輸関連株も軟調。三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などの銀行株や、東武<9001>、東急<9005>、西武HD<9024>などの陸運株も売られた。

 半面、任天堂<7974>などのその他製品株が堅調。

 個別では、ジーンズメイト<7448>、日金属<5491>、東合成<4045>、UMCエレ<6615>、Nフィールド<6077>などの下げが目立った。半面、東京ドーム<9681>(監理)、池上通<6771>がストップ高となり、ダイキアクシ<4245>、メドピア<6095>、クボテック<7709>などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、32業種が下落した。



日本・中国株式指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

TOPIX 500 INDEX (東証) 1,363.18 -24.39 -1.76% +11.72% +4.32% 15:00

TOPIX 100 INDEX (東証) 1,130.12 -19.92 -1.73% +12.11% +3.67% 15:00

日経平均株価 26,433.62 -211.09 -0.79% +15.04% +13.48% 15:15

日経500平均 2,649.35 -18.93 -0.71% +12.46% +19.89% 15:15

TOPIX (東証株価指数) 1,754.92 -31.60 -1.77% +11.12% +3.27% 15:00

日経300指数 366.47 -5.92 -1.59% +11.90% +6.21% 15:15

東証REIT指数 1,687.98 -9.40 -0.55% +3.22% -23.96% 15:00

JASDAQ インデックス 177.90 -0.49 -0.27% +4.93% +6.06% 15:00

TOPIX CORE 30 IDX (東証) 812.05 -14.88 -1.80% +11.34% +4.41% 15:00

東証マザーズ指数 1,232.40 +21.40 +1.77% +5.22% +34.67% 15:00

TOPIX SMALL INDEX (東証) 2,115.67 -40.40 -1.87% +5.58% -2.50% 15:00

TOPIX MID 400 INDX (東証) 1,985.06 -36.59 -1.81% +10.94% +4.71% 15:00

日経ジャスダック平均 3,659.20 -2.79 -0.08% +3.16% -0.15% 15:00

東証2部 株価指数 6,502.23 +2.01 +0.03% +6.77% -10.05% 15:00

TOPIX LARGE 70 IDX (東証) 1,796.68 -30.02 -1.64% +13.15% +3.16% 15:00

中国 上海総合指数 3,391.76 -16.55 -0.49% +5.19% +18.10% 17:30

中国 上海A株指数 3,555.23 -17.22 -0.48% +5.20% +18.14% 17:30

中国 深センA株指数 2,354.22 -3.66 -0.16% +2.34% +41.27% 16:00

中国 深セン成分指数 13,670.11 -20.77 -0.15% +3.28% +42.66% 16:00

中国 上海B株指数 238.00 -6.68 -2.73% -2.16% +0.07% 17:30

中国 深センB株指数 1,033.11 +7.70 +0.75% +10.22% +16.41% 16:00

中国 上海50A株指数 3,469.42 -29.24 -0.84% +5.76% +19.85% 17:30

中国 上海180A株指数 10,210.25 -57.36 -0.56% +6.31% +22.24% 17:30

中国 上海新総合指数(G株) 2,866.68 -13.90 -0.48% +5.20% +18.14% 17:30

中国 創業板指数 2,631.89 +12.90 +0.49% -0.90% +58.08% 16:00

上海/シンセン CSI300指数 4,960.25 -20.52 -0.41% +5.64% +29.56% 16:00

中国 深セン総合指数 2,249.66 -3.46 -0.15% +2.35% +41.21% 16:00


日経平均

現在値 26,433.62↓ (20/11/30 15:15)
前日比 -211.09 (-0.79%)
始値 26,830.10 (09:00) 前日終値 26,644.71 (20/11/27)
高値 26,834.20 (09:00) 年初来高値 26,706.42 (20/11/25)
安値 26,405.83 (14:15) 年初来安値 16,358.19 (20/03/19)


日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、第一三共とアステラス薬の2銘柄で約38円押し下げ 17:02 配信 フィスコ

30日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり20銘柄、値下がり203銘柄、変わらず2銘柄となった。

日経平均は5日ぶり反落。27日の米国市場でNYダウは37ドル高と反発し、ナスダック総合指数やS&P500指数は過去最高値を更新した。週明けの日経平均もこうした流れを引き継いで185円高からスタート。寄り付き直後には取引時間中のバブル崩壊後高値26834.20円(前週末比189.49円高)を付けたが、その後短期的な過熱感から失速。引けにかけて米MSCIの株価指数に絡んだ売り需要が発生するとの観測から後場は一段と値を崩し、26405.83円(同238.88円安)まで下落する場面があった。

大引けの日経平均は前週末比211.09円安の26433.62円となった。東証1部の売買高は24億8779万株、売買代金は4兆7669億円だった。業種別では、鉱業、ゴム製品、石油・石炭製品が下落率上位で、その他も全般軟調。上昇したのはその他製品のみだった。東証1部の値下がり銘柄は全体の83%、対して値上がり銘柄は15%となった。

値下がり寄与トップは第一三共<4568>、同2位はアステラス薬<4503>となり、2銘柄で日経平均を約38円押し下げた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは三井E&S<7003>で8.09%安、同2位は東海カーボン<5301>で7.88%安だった。

一方、値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はエムスリー<2413>となり、2銘柄で日経平均を約106円押し上げた。また、日経平均構成銘柄の上昇率トップはSUMCO<3436>で8.52%高、同2位はエムスリーで5.09%高だった。SUMCOは、独シルトロニックが台湾グローバルウェーハズへの売却交渉を進めていると発表していることが買い材料視され、本日で12日連続の上昇。年初来高値も更新していることで、需給妙味なども高まってきているようだ。



*15:00現在

日経平均株価  26433.62(-211.09)

値上がり銘柄数  20(寄与度+172.84)
値下がり銘柄数 203(寄与度-383.93)
変わらず銘柄数  2

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 85940 1810 +65.27
<2413> エムスリー 9622 466 +40.33
<4519> 中外薬 5044 193 +20.88
<8035> 東エレク 35470 260 +9.38
<3659> ネクソン 3155 125 +9.02
<4063> 信越化 17135 190 +6.85
<9984> ソフトバンクG 7272 22 +4.76
<4523> エーザイ 7887 104 +3.75
<6762> TDK 14720 90 +3.25
<4543> テルモ 4147 15 +2.16
<4751> サイバー 7150 220 +1.59
<5332> TOTO 5910 80 +1.44
<6976> 太陽誘電 4735 40 +1.44
<9766> コナミHD 5470 30 +1.08
<3436> SUMCO 2114 166 +0.60
<4502> 武田 3745 13 +0.47
<6702> 富士通 14505 85 +0.31
<4689> ZHD 657 8.8 +0.13
<2432> DeNA 1830 7 +0.08
<6504> 富士電機 3710 10 +0.07

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<4568> 第一三共 3694 -192 -20.77
<4503> アステラス薬 1483.5 -96.5 -17.40
<9433> KDDI 2982.5 -77.5 -16.77
<6954> ファナック 25365 -430 -15.51
<6098> リクルートHD 4400 -124 -13.41
<7203> トヨタ 6999 -253 -9.12
<6902> デンソー 4929 -241 -8.69
<1925> 大和ハウス 3200 -241 -8.69
<6971> 京セラ 5963 -117 -8.44
<7267> ホンダ 2871.5 -105.5 -7.61
<6367> ダイキン 23665 -165 -5.95
<5108> ブリヂストン 3644 -160 -5.77
<8830> 住友不 3405 -154 -5.55
<4578> 大塚HD 4242 -150 -5.41
<2801> キッコーマン 6490 -150 -5.41
<6857> アドバンテ 7260 -70 -5.05
<8766> 東京海上 5190 -275 -4.96
<9613> NTTデータ 1388 -26 -4.69
<8801> 三井不 2181.5 -120.5 -4.35
<4507> 塩野義 5593 -119 -4.29


TOPIX

現在値 1,754.92↓ (20/11/30 15:00)
前日比 -31.60 (-1.77%)
始値 1,789.92 (09:00) 前日終値 1,786.52 (20/11/27)
高値 1,790.30 (09:00) 年初来高値 1,792.97 (20/11/27)
安値 1,753.92 (14:59) 年初来安値 1,199.25 (20/03/17)


東証業種別ランキング:鉱業が下落率トップ 15:30 配信 フィスコ

鉱業が下落率トップ。そのほか、ゴム製品、石油・石炭製品、非鉄金属、倉庫・運輸関連業、銀行業、陸運業、鉄鋼、不動産業なども下落。一方、その他製品が上昇。


業種名/現在値/前日比(%)」

1. その他製品 / 3,593.18 / 0.24
2. 金属製品 / 1,198.72 / -0.31
3. 情報・通信業 / 4,651.35 / -0.43
4. サービス業 / 2,730.7 / -0.63
5. 電気機器 / 3,138.34 / -0.84
6. 精密機器 / 9,567.09 / -1.00
7. 小売業 / 1,339.44 / -1.03
8. パルプ・紙 / 444.34 / -1.22
9. 化学工業 / 2,212.61 / -1.31
10. 海運業 / 286.62 / -1.49
11. 機械 / 2,111.68 / -1.50
12. 医薬品 / 3,321.3 / -1.60
13. ガラス・土石製品 / 1,032.34 / -1.90
14. 空運業 / 183.21 / -2.29
15. 食料品 / 1,625.61 / -2.33
16. 繊維業 / 521.57 / -2.33
17. その他金融業 / 616.02 / -2.48
18. 証券業 / 335.79 / -2.63
19. 電力・ガス業 / 359.42 / -2.73
20. 卸売業 / 1,476.54 / -2.84
21. 水産・農林業 / 421.06 / -3.03
22. 輸送用機器 / 2,576.39 / -3.31
23. 建設業 / 1,034.91 / -3.32
24. 保険業 / 915. / -3.39
25. 不動産業 / 1,335.56 / -3.45
26. 鉄鋼 / 313.51 / -3.55
27. 陸運業 / 1,870.72 / -3.59
28. 銀行業 / 119.18 / -3.73
29. 倉庫・運輸関連業 / 1,580.26 / -3.94
30. 非鉄金属 / 822.64 / -3.98
31. 石油・石炭製品 / 801.14 / -4.12
32. ゴム製品 / 2,574.32 / -4.28
33. 鉱業 / 175.85 / -4.29


業種別(東証株価指数33業種)


JPX日経インデックス400

現在値 15,954.48↑ (20/11/30 15:00)
前日比 -278.96 (-1.72%)
始値 16,267.20 (09:00) 前日終値 16,233.44 (20/11/27)
高値 16,273.31 (09:00) 年初来高値 16,285.64 (20/11/27)
安値 15,941.62 (14:59) 年初来安値 10,783.62 (20/03/17)


JASDAQ平均

現在値 3,659.20↓ (20/11/30 15:00)
前日比 -2.79 (-0.08%)
始値 3,678.38 (09:00) 前日終値 3,661.99 (20/11/27)
高値 3,681.70 (09:03) 年初来高値 3,967.50 (20/01/22)
安値 3,659.20 (15:00) 年初来安値 2,724.39 (20/03/13)


JASDAQ平均は小反落、直近IPO銘柄が安い/JASDAQ市況 17:05 配信 フィスコ

JASDAQ平均:3659.20 (-2.79)
出来高:1億1101万株
売買代金:953億円
J-Stock Index:3881.35 (-23.93)

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはそろって小反落した。値上がり銘柄数は284(スタンダード269、グロース15)、値下り銘柄数は320(スタンダード300、グロース20)、変わらずは61(スタンダード60、グロース1)。 

本日のJASDAQ市場は、米国市場でナスダックが史上最高値を更新したことやマザーズ先物が続伸で取引を開始した流れを引き継ぎ、上昇してスタートした。しかし、寄り付き後は、時価総額1位のマクドナルド<2702>や時価総額上位のセリア<2782>が徐々に値を下げたことが重しとなり、JASDAQ平均は伸び悩みとなり、横這いでの推移となった。大引けにかけて、時価総額上位のハーモニック<6324>が上げ幅を急速に縮小しマイナスに下落したことで、JASDAQ平均もマイナスに転落し、小幅安で本日の取引を終了した。なお、直近IPO銘柄が値下がりランキング上位に入ったことで、個人投資家のリスクセンチメントを悪化し相場の上値を重くしたようだ。 

個別では、ブシロード<7803>と資本業務提携を発表したブロッコリー<2706>は業容拡大が期待され3%を超える上昇となった。また、中期経営計画で23年9月期の営業利益を8.8億円と発表したアルファクス・フード・システム<3814>は先行き期待が高まりストップ高となった。そのほか、Eストアー<4304>、不二精機<6400>、オーネックス<5987>が高い。 

一方、直近IPO銘柄を売る流れが強まりジオコード<7357>はストップ安となった。また、新型コロナの感染拡大でイベント中止が長引くとの見方からスペースシャワーネットワーク<4838>が8%を超える下落となった。そのほか、エッチ・ケー・エス<7219>、MITHD<4016>、テラ<2191>が安い。 JASDAQ-TOP20では、メイコー<6787>、ユニバーサルエンターテインメント<6425>、セリアが下落となった。



マザーズ指数

現在値 1,232.40↑ (20/11/30 15:00)
前日比 +21.40 (+1.77%)
始値 1,220.84 (09:00) 前日終値 1,211.00 (20/11/27)
高値 1,233.36 (14:38) 年初来高値 1,368.19 (20/10/14)
安値 1,207.39 (10:06) 年初来安値 527.30 (20/03/13)


マザーズ指数は3日続伸、主力処が強い値動き/マザーズ市況 16:17 配信 フィスコ

本日のマザーズ指数は3営業日続伸となった。予想通りながら、米国の年末商戦におけるネット通販の売上好調が伝わっていたことや新型コロナワクチン供給への思惑も引き続き支援材料となるなか、日経平均同様にマザーズ指数も上昇して取引を開始。その後、一時マイナスに転じる場面も見られたものの、1207.39ptを安値に踏ん張りを見せ切り返す展開。後場に日経平均が弱含む中、マザーズ指数は堅調さを維持し、もみ合いながらもきょうの高値圏で取引を終える格好となった。

なお、マザーズ指数は3営業日続伸、売買代金は概算で1745.39億円。騰落数は、値上がり141銘柄、値下がり182銘柄、変わらず9銘柄となった。 

個別では、BASE<4477>がマザーズ売買代金トップにランクイン。BASEの他、マネーフォワード<3994>やメルカリ<4385>、ラクス<3923>、フリー<4478>、マクアケ<4479>などマザーズの主力処が強い値動きとなった。また、最終的にストップ高まで買われ、上昇率トップとなったニューラルポケット<4056>やレシート買取アプリ「ONE」を提供するWEDに出資すると発表したグッドパッチ<7351>などにも関心が向かった。

一方、直近IPOのクリーマ<4017>とアララ<4015>を筆頭にJストリーム<4308>、松屋アールアンドディ<7317>などが売りに押された。



東証REIT指数

現在値 1,687.98↑ (20/11/30 15:00)
前日比 -9.40 (-0.55%)
始値 1,697.62 (09:00) 前日終値 1,697.38 (20/11/27)
高値 1,697.96 (09:00) 年初来高値 2,255.72 (20/02/21)
安値 1,675.81 (13:57) 年初来安値 1,138.04 (20/03/19)


日経平均VI

現在値 22.38↑ (20/11/30 15:20)
前日比 +0.80 (+3.71%)
始値 21.80 (09:00) 前日終値 21.58 (20/11/27)
高値 22.75 (14:26) 年初来高値 60.86 (20/03/16)
安値 21.69 (09:03) 年初来安値 13.20 (20/01/17)


日経VI:上昇、急ピッチの株価上昇やコロナへの警戒感継続 16:00 配信 フィスコ

日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は30日、前日比+0.80pt(上昇率3.71%)の22.38ptと上昇した。なお、高値は22.75pt、安値は21.69pt。

今日の東京株式相場は上昇一服となったが、市場では株価の先高観が依然強い一方、先週までの4日間で日経平均が1100円を超す上げとなり、急ピッチな上げに対する警戒感も意識されている。また、新型コロナ感染拡大が止まらず、今週の新規感染者や重症者数の増加も懸念されている。こうした動きや心理を映し、今日の日経VIは終日、先週末水準を上回り、次第に上昇幅を広げる動きとなった。



東証2部指数

現在値 6,502.23↑ (20/11/30 15:00)
前日比 +2.01 (+0.03%)
始値 6,529.46 (09:00) 前日終値 6,500.22 (20/11/27)
高値 6,538.18 (10:36) 年初来高値 7,522.99 (20/01/16)
安値 6,474.82 (14:12) 年初来安値 4,741.63 (20/03/23)


日経平均先物

現在値 26,820.00↓ (20/11/28 05:30)
前日比 +190.00 (+0.71%)
高値 26,830.00 (05:23) 始値 26,630.00 (16:30)
安値 26,590.00 (16:32) 前日終値 26,630.00 (20/11/27)


TOPIX先物

現在値 1,793.00↑ (20/11/28 05:30)
前日比 +15.00 (+0.84%)
高値 1,793.00 (05:30) 始値 1,779.00 (16:30)
安値 1,776.00 (16:34) 前日終値 1,778.00 (20/11/27)


JPX日経400先物

現在値 16,300.00↑ (20/11/28 05:30)
前日比 +115.00 (+0.71%)
高値 16,300.00 (05:30) 始値 16,185.00 (16:30)
安値 16,140.00 (16:33) 前日終値 16,185.00 (20/11/27)


東証マザーズ指数先物

現在値 1,209.00↑ (20/11/28 05:30)
前日比 +8.00 (+0.67%)
高値 1,210.00 (20:25) 始値 1,203.00 (16:30)
安値 1,202.00 (16:30) 前日終値 1,201.00 (20/11/27)


NYダウ先物 円建

現在値 29,862.00↓ (20/11/28 05:30)
前日比 +29.00 (+0.10%)
高値 29,940.00 (23:42) 始値 29,835.00 (16:30)
安値 29,790.00 (02:29) 前日終値 29,833.00 (20/11/27)


CME日経平均先物 円建

現在値 26,790.00 (20/11/27 16:39 CST)
前日比 +485.00 (+1.84%)
高値 26,815.00 始値 26,355.00
安値 26,255.00 前日終値 26,305.00 (20/11/25)


SGX日経平均先物

現在値 26,915.00↓ (20/11/28 05:14 SGT)
前日比 +295.00 (+1.11%)
高値 26,975.00 始値 26,630.00
安値 26,590.00 前日終値 26,620.00 (20/11/27)


長期国債先物

現在値 152.100↑ (20/11/28 05:24)
前日比 +0.050 (+0.03%)
高値 152.100 (05:14) 始値 152.040 (15:30)
安値 152.040 (15:30) 前日終値 152.050 (20/11/27)


30日の日本国債市場概況:債券先物は152円03銭で終了 17:42 配信 フィスコ

<円債市場>
長期国債先物2020年12月限
寄付152円03銭 高値152円07銭 安値151円99銭 引け152円03銭
売買高総計17691枚

2年 418回 -0.125%
5年 145回 -0.110%
10年 360回 0.025%
20年 174回 0.395%

債券先物12月限は、152円03銭で取引を開始。前週末NY市場での米長期金利の低下を受けて買いが先行し、152円07銭まで上げた。その後、日銀の国債買い入れオペで残存25年超の結果が弱かったことや、あすの10年債入札への警戒から売りが優勢になり、151円99銭まで下げた。現物債の取引では、5年債、10年債、20年債が売られ、2年債はもみ合った。

<米国債概況>
2年債は0.15%、10年債は0.84%、30年債は1.57%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.59%、英国債は0.28%、オーストラリア10年債は0.89%、NZ10年債は0.83%。(気配値)



日本国債3年

年利回り -0.150 (20/11/28 03:05)
前日比 +0.001


日本国債5年

年利回り -0.102 (20/11/28 03:05)
前日比 +0.002


日本国債10年

年利回り 0.028 (20/11/28 03:05)
前日比 -0.002


アジア株式市場サマリー

 終値 前日比 % 始値 高値 安値
中国 上海総合指数 3391.7551 - 16.5520 - 0.49 3418.1583 3456.7365 3391.7551 前営業日終値 3408.3071
中国 CSI300指数 4960.252 -20.513 -0.41 4994.106 5055.192 4960.252 前営業日終値 4980.765
香港 ハンセン指数 26341.49 -553.19 -2.06 26853.39 26960.93 26322.68 前営業日終値 26894.68
香港 ハンセン中国株指数 10546.47 -243.83 -2.26 10781.27 10886.57 10543.44 前営業日終値 10790.30
韓国 総合株価指数 2591.34 -42.11 -1.60 2648.05 2648.66 2591.34 前営業日終値 2633.45
台湾 加権指数 13722.89 -144.20 -1.04 13917.65 13969.39 13722.89 前営業日終値 13867.09
豪 S&P/ASX指数 6517.80 -83.30 -1.26 6601.10 6641.10 6517.80 前営業日終値 6601.10
シンガポール ST指数 2805.95 -49.87 -1.75 2869.89 2869.89 2797.19 前営業日終値 2855.82
マレーシア 総合株価指数 1562.71 -44.88 -2.79 1606.77 1614.77 1562.71 前営業日終値 1607.59
インドネシア 総合株価指数 5612.415 -170.920 -2.96 5779.671 5798.292 5563.86 前営業日終値 5783.335
ベトナム VN指数 1003.08 -7.14 -0.71 1011.82 1012.50 1002.61 前営業日終値 1010.22
タイ SET指数 1408.31 -29.47 -2.05 1429.99 1435.04 1408.02 前営業日終値 1437.78


東南アジア株式市場は、新型コロナウイルス感染者数の増加が不安視され、軒並み下落して引けた。

バンコク市場のSET指数は2.05%安の1408.31と、4営業日ぶりに反落して終了した。タイで反政府集会が27日も続いたことが弱材料になった。クルンタイ銀行の市場ストラテジストは「今日は利食い売りが大きな力になっている」と分析した。

ジャカルタ市場の総合株価指数の終値は2.96%安の5612.415。インドネシアの新型コロナ感染者数が東南アジアで最多となり、新規感染者数が過去最高を記録したことが響いた。

中国株式市場は反落。前場は上昇していたが、米中関係悪化への懸念から後場になると利益確定売りが膨らんだ。

ロイターは、文書や関係者の話を基に、米トランプ政権が、中国軍が所有または支配しているとみなされる中国企業のリストに中芯国際集成電路製造(SMIC)と中国海洋石油(CNOOC)を追加する見通しと伝えた。

月間では、景気回復兆候を背景に従来型産業株に下支えられ上昇した。CSI300指数は5.6%高、上海総合指数は5.2%高。両指数とも7月以来の大幅な上昇となった。従来型産業銘柄で構成する上海50指数は5.8%上昇した。

香港株式市場は2%超下落。ただ、新型コロナワクチン開発の進展が来年の景気回復につながるなどの見方から、月間では上昇した。

ハンセン指数は月間では、2018年1月以来の大幅上昇となる9.3%高。ハンセン中国企業株指数(H株指数)は月間の上昇率は8.1%となり、2019年12月以来の大幅上昇を記録した。

地元金融機関はレポートで、景気回復期待を背景に投資家は「オールドエコノミー」株に目を向ける可能性がある、と指摘した。

ソウル株式市場は反落して引けた。利食い売りが出るとともに、韓国国内の新型コロナウイルス感染状況が警戒された。

総合株価指数(KOSPI)は一時0.58%高を付けた後、前週末終値比1.60%安で終了した。

月間では14.3%高と、2001年11月以来、約19年ぶりの大幅高。新型コロナワクチンが景気回復を主導することへの期待感で相場が上昇した。

この日は主力銘柄のサムスン電子とSKハイニックス、LG化学がそれぞれ2.2%安、1.3%安、1.2%安となり、下落を主導した。

この日韓国の新規感染者は438人。当局は前日、感染者数の伸びがパンデミック(世界的流行)初期以来のペースで加速したため、忘年会などの自粛を呼び掛けた。

一方で中国が発表した11月の製造業購買担当者景況指数(PMI)は17年9月以来、3年超ぶりの高い水準となり、新型コロナ危機からの堅調な景気回復を示した。

海外勢は過去最大となる2兆4000億ウォン(約21億7000万ドル)相当の売り越し。

シドニー株式市場は3営業日続落。中国がオーストラリア産ワインに反ダンピング(不当廉売)関税の適用を仮決定したことを受けて両国の対立が深化し、投資家の間に不安が広がった。

S&P/ASX200指数は、前週末終値比1.3%安の6517.8で終了。一時0.6%高を付けたものの、その後値を消し、11月4日以来の大幅安となった。

コムセックの市場アナリスト、ジェームズ・タオ氏は「オーストラリアからの他業界の輸入品にも関税が適用されるリスクは既にある。状況が悪化すれば両国の政治的関係が冷え込み、貿易にマイナスの影響を与えかねない」と分析した。

ハイテク株を除く全セクターのサブ指数がマイナス圏で終了し、中国への依存度が高い鉱業株指数と産金株指数が下げを主導した。
 
また、トレジャリー・ワイン・エステート(TWE)は11.8%安まで下落。中国の高関税を回避するため、同国向けの何十万ケースものワインを他の国々に振り向ける計画を公表したことが弱材料になった。



中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート

ニュージーランド NZX ▲1.02% 12,768.52 H:12,782.96L:12,644.21 +128.69 11/30
中国 上海B株 ▼2.73% 238.00 H:245.09L:238.00 -6.68 11/30
中国 深センB株 ▲0.75% 1,033.11 H:1,042.03L:1,025.80 +7.70 11/30
中国 上海A株 ▼0.48% 3,555.23 H:3,623.29L:3,555.23 -17.22 11/30
中国 深センA株 ▼0.16% 2,354.22 H:2,375.71L:2,346.60 -3.66 11/30
香港 レッドチップ指数 ▼3.49% 3,747.19 H:3,863.55L:3,741.78 -135.62 11/30
UAEドバイ DFMGI ▲0.82% 2,419.60 H:2,419.60L:2,395.39 +19.62 11/30


30日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安で3日ぶり反落、銀行株の下げが重し(訂正)17:10 配信 フィスコ

(上海A株指数は0.48%安の3555.23ポイント)30日の中国本土市場概況:上海総合0.5%安で3日ぶり反落、銀行株の下げが重し
中国大引:上海総合0.5%安で3日ぶり反落、銀行株の下げが重し

週明け30日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比16.55ポイント(0.49%)安の3391.76ポイントと3日ぶりに反落した(上海A株指数は0.48%安の3555.23ポイント)。

銀行株の下げが重し。利ザヤ改善が期待される中、連日で急ピッチに上昇していただけに、当面の利益を一旦確定する動きが活発化した。上海総合指数は取引時間中に年初来の高値圏を回復している。ザラバで上場来高値を更新した招商銀行(600036/SH)が3.6%安と急反落。最大手行の中国工商銀行(601398/SH)も1.3%安と反落している。

もっとも、大きく売り込む動きはみられない。中国指標の上振れが支えとなった。朝方公表された11月の中国製造業PMI(国家統計局などが集計・発表)は52.1となり、市場予想(51.5)を上回っている。(亜州リサーチ編集部)

銀行株のほか、消費関連株の下げも目立つ。家電メーカーの海爾智家(600690/SH)が4.7%安、業界大手の重慶ビール(600132/SH)が3.1%安、醤油メーカー中国大手の仏山市海天調味食品(603288/SH)が1.7%安で取引を終えた。発電株、不動産株、自動車株、医薬品株、海運株、インフラ関連株なども売られている。

半面、ハイテク株は高い。IC設計の上海韋爾半導体(WILLSEMI:603501/SH)が4.7%、フィンテック中国大手の恒生電子(600570/SH)が3.1%、半導体組立・検査で中国トップの江蘇長電科技(600584/SH)が2.7%ずつ上昇した。証券株、素材株も買われている。

一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が6.68ポイント(2.73%)安の237.99ポイント、深センB株指数が7.70ポイント(0.75%)高の1033.11ポイントで終了した。



30日の香港市場概況:ハンセン2.1%安で7日ぶり反落、米制裁警戒でCNOOC14%安 18:00 配信 フィスコ

週明け30日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前営業日比553.19ポイント(2.06%)安の26341.49ポイントと7日ぶりに反落し、本土企業株で構成される中国本土株指数(旧H株指数)が243.83ポイント(2.26%)安の10546.47ポイントと3日ぶりに反落した。売買代金は2406億8700万香港ドルに拡大している(27日は1127億2000万香港ドル)。

売り圧力が意識される流れ。ハンセン指数は先週末まで6日続伸し、足元では約9カ月ぶりの高値水準を回復していた。域内の新型コロナウイルス感染再拡大も不安材料。香港では29日、一日当たりの新規感染数が115人に上り、約4カ月ぶりに大台100人を突破した。香港当局は同日、12月2日から域内学校(幼稚園を含む)で対面授業を停止すると発表している。原油安も逆風。先週末のWTI原油先物は0.4%安と反落し、30日の時間外取引でも安く推移している。本土株がマイナスに転じて取引を終える中、香港の各指数は引けにかけて下げ幅を広げた。

ただ、指数はプラス圏で推移する場面もみられている。中国景気の持ち直しが意識された。朝方公表された11月の中国製造業PMI(国家統計局などが集計・発表)は52.1となり、市場予想(51.5)を上回っている。(亜州リサーチ編集部)

ハンセン指数の構成銘柄では、石油大手3社の中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が14.0%安、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が6.9%安、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が6.1%安と下げが目立った。CNOOCに関しては、「米政府は近く、中国人民解放軍が所有、または支配していると見なされる中国企業リスト(ブラックリスト)に追加する見通し」と伝わったことも嫌気されている。そのほか、香港の不動産株も軒並み売られた。

マカオのカジノ関連セクターも安い。銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が4.5%、新濠国際発展(メルコ・インターナショナル:200/HK)が4.1%、金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が3.9%、永利澳門(ウィン・マカオ:1128/HK)が3.6%ずつ下落した。

自動車セクターもさえない。吉利汽車HD(175/HK)が5.1%安、広州汽車集団(2238/HK)が4.9%安、比亜迪(BYD:1211/HK)が2.6%安、北京汽車(1958/HK)が2.0%安と値を下げている。

半面、非鉄やレアアースなどの銘柄群はしっかり。中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が7.8%高、江西銅業(358/HK)が4.4%高、金川集団国際資源(2362/HK)が3.7%高、江西カン鋒リ業(ガンフェン・リチウム:1772/HK)が3.2%高、中国稀土HD(チャイナ・レア・アース:769/HK)が2.3%高、洛陽モリブデン集団(3993/HK)が2.0%高で引けた。

一方、本土市場は3日ぶりに反落。主要指標の上海総合指数は、前営業日比0.49%安の3391.76ポイントで取引を終えた。銀行株が下げを主導する。消費関連株、発電株、不動産株、自動車株、医薬品株、海運株、インフラ関連株なども売られた。半面、ハイテク株は高い。証券株、素材株も買われた。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

菅義偉にも「桜を見る会」と同じ疑惑が浮上  AERA dot. 2020/11/30 06:00 → 板垣日記でも同様の指摘あり

2020-11-30 19:42:57 | 安倍、菅、岸田の関連記事
アベスガ「逮捕」だ!検察!




◆〔特別情報1〕
 
これは、自民党派閥「二階派」(志帥会)幹部からのトップ情報である。
 
二階幹事長と下村博文政調会長と斎藤健総務会長が、菅義偉首相を守るということで、3人で支えているけれども、当の菅首相は冴えない。いつも下を向いて原稿を読んでばかりで、全くパッとしない。
 
菅首相を総理に祭り上げた二階俊博幹事長は、どこまでも菅首相を支えると言っているけれども、あまりに菅がパッとしないので、続投できないのではないかと思えてくれる。コロナ対策も思い切ったことは出来ていないし、学術会議の問題も野党の追及が長く続いている。ここへきてさらに、安倍前首相が「桜を見る会」で政治資金規正法に引っかかっているわけだが、菅首相も安倍前首相と同じようなことを頻繁にやっていることは永田町では有名な話だ。





官房長官として長年、支えた安倍晋三前首相の「桜を見る会」疑惑について衆院予算委で野党から追及されると、「前首相が国会において答弁された内容について首相に確認し、答弁してきた」とポーカーフェイスで答えた菅義偉首相。
 
 まるで「言われたことをいっただけ」と突き放したような言いぶりだった。だが、その疑惑がブーメランするように、菅首相の足元を脅かしている。

 週刊ポスト(12月11日号)が菅首相も横浜のホテル開催されたパーティの収支が政治資金収支報告書に不記載になっていると報じた。問題になっているのは、地元支援者らを招いた「すが義偉 春の集い」だ。本誌も調査すると、同会は2012年、13年、14年、15年の4月に開催されていた。

 菅首相の元秘書で、横浜市議の遊佐大輔議員のブログを見ると、14年の開催場所は横浜ロイヤルパークホテル、会費は1500円と案内を出していた。地元関係者らが2500人も参加したと見られている。

 ところが、資金管理団体である「横浜政経懇話会」、「自民党神奈川第2選挙区支部」の政治資金収支報告書を見ても、この会合の記載がないのだ。2500人が参加し、1500円の会費となれば、375万円が集まったはずだ。

「こんな高級なホテルで1500円の会費なんて考えられない」

 こう驚くのは神奈川に選挙区を持つ立憲民主党の後藤祐一衆議院議員だ。同ホテルは横浜のランドマークタワーの52階より上の高層階にある。横浜の海を臨む一等地にある。ここでパーティを開こうとしても立憲民主党では考えられないような金額がかかるという。

「春の集い」ではソフトドリンクやスナックなどが提供されたとされるが、場所代を含めると1500円は安すぎると言う。

「足りない分のお金は主催者が支払っているのではないか。それが菅事務所などとなると、寄付行為になる可能性がある。安倍さんと同じ問題になる」(後藤議員)


 ではどこが主催者なのか。先述の案内を見ると、問い合わせ先は「『春の集い』実行委員会」となっている。菅首相の政治団体は別のようにも見えるが、連絡先の電話番号は菅首相の地元事務所だ。政治資金問題に詳しい神戸学院大の上脇博之教授はこう指摘する。

「菅事務所が実質的に主催をしていたのに政治資金収支報告書に不記載となれば、政治資金規正法違反になる」

 他にもなぜか不記載のイベントがある。「成田山初詣バスツアー」だ。毎年1000人もの参加者が集まる大ツアーだ。16年のチラシを見ると、会費は6900円。主催者は「成田山初詣実行委員会」となっている。お問い合わせ先の番号はやはり菅首相の地元事務所だ。

「有志がやっている会と見せかけて、実質的に菅事務所が主催していた疑念が強い。だから、政治資金収支報告書にも記載できない。菅首相も『知らない』だけでは済まされないでしょう」(上脇教授)


 疑惑は深まるばかりだが、国会で菅首相を追及するのは難しい状況だ。首相が出席する予算委員会も25日に終わってしまった。政府与党は12月5日までの会期を延長しない姿勢を貫いている。立民の川内博史政務調査会長代行はこう憤る。

「菅首相は国会で説明責任をまったく果たしていない。安倍前首相も疑惑について国会で嘘を言ったにも関わらず、釈明もしない。与党に会期延長の交渉をしているが、応じる気配がない。このまま逃げるつもりなのだろう」

  菅事務所に疑惑について尋ねると書面で回答が来た。全文は以下の通り。

「春の集いや初夏の集いにつきましては、当初、地域の有志の方が設けていただいた歓談の場(実行委員会主催)に代議士が参加していました。その後、国政報告を主体にした集まりとなり、16年以降は、政党支部主催の国政報告会としました。同年は熊本地震が発災したことから、国政報告のみの会とし、飲食の提供はしていません。会場費は政党支部から支出し、参加者から参加費をいただいておりません。19年からは国会議員や政治家を多数招いて開催しているところです。19年以降は飲食を提供しているので参加者から参加費を徴収し、政党支部で収支を報告しているところです。

 開催費用を補填したことはありません。 また、有志の方々が主催する事業について、連絡先の提供など事務作業をお手伝いすることはあります」

(本誌 吉崎洋夫)

※週刊朝日2020年12月11日号に加筆

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ジャパンカップ2020回顧

2020-11-30 19:42:07 | 大レース回顧集



関連記事:11/29 東京・第40回 ジャパンカップ(GⅠ)




 日本競馬史上初めて3冠馬3頭が激突した世紀の一戦「第40回ジャパンC」は29日、東京競馬場で行われ、ラストランの最強牝馬アーモンドアイ(牝5=国枝)が有終の美を飾った。自身が持つ記録を更新する芝G1・9勝目。総獲得賞金は19億1526万3900円となり、キタサンブラックを超え歴代最多となった。2着に3歳牡馬3冠コントレイル(矢作)、3着に3歳牝馬3冠デアリングタクト(杉山晴)が入り、3冠馬3頭での決着。1→2→3番人気の順で3連複、3連単はG1史上最も低い配当となった。コロナ禍の日本。競馬ファンだけでなく多くの国民の注目を集めて社会現象となった今年のジャパンC。勝馬投票券の売得金は同レース今世紀最高を記録した。
 どこからでもかかってこい!!残り150メートル。白いシャドーロールを揺らし、アーモンドアイが堂々と先頭に立つ。後輩3冠馬2頭にその強さを誇示するよう、先んじて飛び出した。コントレイル、デアリングタクトがその影すら踏めない圧倒的な走り。馬上でルメールも感動していた。「凄い。後ろからは何も聞こえなかった」。最強牝馬は最強のままターフを去った。

 キセキが前半5F57秒9の大逃げ。百戦錬磨の人馬は奇策に惑わず、2番手集団から横綱競馬に徹した。「逃げ馬が速いペースをつくった。一番強い馬が勝つ流れ」。センス、スタミナ、瞬発力の全てが問われる、最強馬決定戦にふさわしい展開になった。先団をキープしたまま、抜群の手応えで直線へ。馬群から抜け出し、100メートル近くリードを保っていたキセキをあっという間に抜き去ると、あとは独走。中団から懸命に差を詰める3歳2頭は2着争いが精いっぱい。格が違った。

 「アーモンドのさよならパーティーをエンジョイした。今日のパフォーマンスが彼女のピークだったかも」

 天皇賞・秋で号泣したルメールに涙はない。「今日は泣かない。彼女の物語はまだ終わっていないから悲しくない。たぶん、また子供に乗れるから応援して」。愛馬を笑顔で次のステージへ送り出した。

 管理する国枝師は、名牝の首筋をいとおしそうに撫でて「本当によく頑張った」としんみり。天皇賞・秋の死闘から中3週の厳しいローテーション。ぎりぎりまで状態を見極め、参戦表明は3冠馬3頭の中で最後だった。

 「いい結果がベストだけど、“無事に走り終えてくれれば”というのが本音だった」

 指揮官の懸念をよそに、50年後、いや競馬が存続する限り語り継がれるであろう世紀の一戦を制した最強牝馬。「我々はいろいろ心配するけど、それを乗り越えてしまう馬。本当に凄いんだ。いろんな夢をもらったよ」

 コロナ下で行われた特別な一戦を制し、史上最多芝G1・9勝、総獲得賞金は歴代最多19億1526万3900円。輝かしい記録だけでなく記憶にも残る名牝は、この日、伝説になった。

 ◆アーモンドアイ 父ロードカナロア 母フサイチパンドラ(母の父サンデーサイレンス)15年3月10日生まれ 牝5歳 美浦・国枝厩舎所属 馬主・シルクレーシング 生産者・北海道安平町のノーザンファーム 戦績15戦11勝(うち海外1戦1勝) 総獲得賞金19億1526万3900円 重賞10勝目 馬名の由来は美人とされる顔の目の形。

 ▼後藤正幸日本中央競馬会理事長 きっと後に世紀の一戦と呼ばれるに違いない、素晴らしいレースとなりました。これは無観客競馬が続いた間もファンの皆さまが競馬を楽しみ、応援し続けてくださったからこそと感謝しております。





 今後、繁殖入りするアーモンドアイの初交配相手は「エピファネイアになる可能性が高い」と、ノーザンファームの吉田勝己代表が明かした。エピファネイアは13年菊花賞、14年ジャパンCを勝利。初年度産駒に今年の3冠牝馬デアリングタクトがいる勢いのある種牡馬だ。早ければ初子は24年にデビュー。現在65歳の国枝師が、70歳の定年引退までにギリギリ間に合うことになる。




 ジャパンCで現役を終えたアーモンドアイが、来月19日の中山競馬場で引退式を行うことになった。同馬を所有するシルクレーシングの米本昌史代表取締役は「一度(ノーザンファーム)天栄に戻ってからということになります。最後の直線は、いろいろお世話になった人の顔が浮かんでくるほどちょっと感傷的な気持ちになっていました」と感無量の様子だった。なお、当日の中山競馬場は2542人の限定入場となっており、事前にネットで指定席券を購入する必要がある。当日の競馬場での入場券の発売はない。


アンカツ(安藤勝己)













2020年11月29日(日曜) 5回東京9日 発走時刻:15時40分 天候 曇 芝 良 12レース ウインファイブ5レース目 第40回 ジャパンカップGⅠ 3歳以上 オープン (国際)(指定) 定量 コース:2,400メートル(芝・左)

本賞金(万円)
1着30,000 2着12,000 3着7,500 4着4,500 5着3,000
付加賞(万円)
1着323.4 2着92.4 3着46.2


1 枠2黒 2 アーモンドアイ 牝5 55.0 C.ルメール 2:23.0 4 5 4 4 34.7 490(0) 国枝 栄 1
2 枠4青 6 コントレイル 牡3 55.0 福永 祐一 2:23.2 1 1/4 9 9 9 9 34.3 456(-2) 矢作 芳人 2
3 枠3赤 5 デアリングタクト 牝3 53.0 松山 弘平 2:23.2 クビ 7 7 7 7 34.4 474(-6) 杉山 晴紀 3
4 枠1白 1 カレンブーケドール 牝4 55.0 津村 明秀 2:23.2 ハナ 7 8 7 6 34.8 474(+2) 国枝 栄 5

5 枠8桃 15 グローリーヴェイズ 牡5 57.0 川田 将雅 2:23.3 クビ 4 4 2 2 35.2 464(+8) 尾関 知人 4
6 枠2黒 3 ワールドプレミア 牡4 57.0 武 豊 2:23.8 3 10 10 10 7 35.0 482(-10) 友道 康夫 7
7 枠4青 7 ミッキースワロー 牡6 57.0 戸崎 圭太 2:23.8 クビ 12 12 12 10 34.7 478(+4) 菊沢 隆徳 10
8 枠3赤 4 キセキ 牡6 57.0 浜中 俊 2:24.1 2 1 1 1 1 38.9 508(0) 角居 勝彦 6
9 枠7橙 12 マカヒキ 牡7 57.0 三浦 皇成 2:24.2 クビ 13 13 13 10 35.1 502(+8) 友道 康夫 11
10 枠5黄 8 カクガイ ウェイトゥパリス 牡7 57.0 M.デムーロ 2:24.6 2 1/2 15 15 15 15 35.1 478(前計不) A.マルチアリス 9
11 枠6緑 10 パフォーマプロミス 牡8 57.0 岩田 望来 2:24.8 1 10 11 11 12 35.6 466(-2) 藤原 英昭 12
12 枠7橙 13 ユーキャンスマイル 牡5 57.0 岩田 康誠 2:25.0 1 14 14 13 12 35.7 498(+2) 友道 康夫 8
13 枠6緑 11 クレッシェンドラヴ 牡6 57.0 内田 博幸 2:25.3 2 6 5 4 4 37.0 500(+6) 林 徹 14
14 枠5黄 9 トーラスジェミニ 牡4 57.0 田辺 裕信 2:25.6 1 3/4 3 2 2 2 37.5 488(+4) 小桧山 悟 15
15 枠8桃 14 ヨシオ 牡7 57.0 勝浦 正樹 2:29.2 大差 2 2 6 12 40.0 486(+12) 森 秀行 13


ハロンタイム 12.7 - 10.8 - 11.8 - 11.3 - 11.3 - 11.5 - 11.8 - 11.9 - 12.1 - 12.3 - 13.2 - 12.3
上り 4F 49.9 - 3F 37.8
コーナー通過順位
1コーナー 4-14-9(2,15)11(1,5)-6(3,10)-7-12,13,8
2コーナー 4=(9,14)-15(2,11)5,1-6,3,10,7-12,13,8
3コーナー 4=(15,9)(2,11)14(1,5)-6,3,10,7-(12,13)8
4コーナー 4=(15,9)(2,11)1-(3,5)6(12,7)(14,10,13)8
払戻金
単勝
2 220円 1番人気
複勝
2 110円 1番人気
6 110円 2番人気
5 120円 3番人気
枠連
2-4 350円 1番人気
ワイド
2-6 170円 1番人気
2-5 190円 2番人気
5-6 220円 3番人気
馬連
2-6 330円 1番人気
馬単
2-6 610円 1番人気
3連複
2-5-6 300円 1番人気
3連単
2-6-5 1,340円 1番人気


・2 アーモンドアイ・・・周知の通り、今回がラストラン。スタートの出がよく、道中は4番手あたりをキープ。道中の気合乗りもよく、直線では三分どころを通り、ハイペースで飛ばしたキセキを坂上で捕らえ先頭。コントレイル以下の後続勢が影をも踏めない内容でGI 9勝目。ジャパンカップは2年ぶり2度目の制覇を果たし、「九冠馬」として有終の美を飾った。

コントレイル、デアリングタクトといった、「後輩三冠馬」を全く寄せ付けなかった快勝劇。やはり、アーモンドアイは日本競馬史上に残る最強馬だった。

秋の天皇賞から中3週しかないローテーション。常にレースでは全力を出し切る競走を心掛けるアーモンドアイにとって、間隔が短いのではないか、という懸念があったが、杞憂に終わった。3歳三冠時は末脚勝負一辺倒の内容が目立ったが、4歳以降は前々での競馬もできるようになり、最強馬としての貫禄も備わった。

2年前のジャパンカップは、今回同様、キセキが快ペースで逃げたが、その番手をしっかりと回ったのがアーモンドアイ。キセキもよく逃げ粘ったものの、2分20秒6の驚愕のレコードタイムをマークした結果に、全世界の競馬関係者は震撼した。

続くドバイターフも完勝し、あとは凱旋門賞でエネイブルを倒すだけだ、と思われた矢先、フランスでの調整は難しいとの理由で、凱旋門賞挑戦を断念。このニュースが報じられたとき、これまた、全世界の競馬関係者を驚かせた。

結局、現地入りしたものの、開催中止となった今年のドバイ国際を除くと、海外での出走歴は、2019年のドバイターフだけで、それ以外は国内戦となったアーモンドアイだが、国内8勝、海外1勝、計9回のGI制覇を果たし、ついに現役を引退することになった。

もう少し、海外GI制覇が欲しかった、という気もあるだろうが、世界の競馬関係者がアーモンドアイの名前を知らないわけがない。今後は、仔が「母超え」を果たすことを期待したい。

・6 コントレイル・・・無敗の牡馬三冠馬として挑んだ一戦だったが、道中幾分かかり気味のところが見られ、古馬第一線級のペースに戸惑いが感じられた。それでも、直線では外に持ち出して伸びてはきたが、先に先頭に立ったアーモンドアイを追い詰めるような脚は見られず、2着が精一杯。ついに初黒星がついた。アーモンドアイとの差は経験。これに尽きるだろう。あと数回戦う機会があれば、逆転も可能だったかもしれないが、今後は、日本のエースとしての責務を担うことになる。恐らく、アーモンドアイが出走しなかった凱旋門賞制覇を視野に入れているはず。ならば、来年以降は負けられない一戦が続くことが想定されるわけで、今回の敗戦をいい糧にしてもらいたい。

・5 デアリングタクト・・・無敗の牝馬三冠馬として挑んだ一戦だったが、道中は掛かり気味。先団のペースについていくのがやっとというのが、直線を向くまでの印象だったが、直線に入ると、粘り強い走りを見せ、僅差ながらも、カレンブーケドール、グローリーヴェイズとの3着争いを制した内容は、今後に繋がるものだった。2000を超えるレースは、古馬一線級との対戦では厳しい、という印象が、秋華賞直後にあったが、そんなことはなさそう。コントレイルとともに、来年の日本競馬界を牽引してもらいたい。

・1 カレンブーケドール・・・国枝きゅう舎2頭出しのもう一頭の牝馬。道中は中団に構え、直線でも粘りある走りを披露。3着争いはわずかに及ばなかったが、悪くない内容だった。

・15 グローリーヴェイズ・・・常に先団に構え、直線勝負に持ち込んだが、決め手の点で上位着馬とは差が出た形。それでも、内容的には悪くなく、健闘したといえよう。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

国内の重症者472人、8日連続最多更新 読売新聞 2020/11/30 17:57

2020-11-30 19:34:43 | COVID-19関連記事

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/1 和歌山・ガールズケイリン2日目

2020-11-30 19:23:15 | 競輪
 2日目  

全レース成績

第6R ガールズ予選

発走時間 12:41

◎ 1 1 成田可菜絵 112 大阪 37
  2 2 藤巻絵里佳 110 福島 54
△ 3 3 布居  光 118 和歌 62 新人
▲ 4 4 岩崎ゆみこ 116 茨城 25
  5 5 向井  円 114 大阪 43

〇 6 6 増茂るるこ 102 東京 11
  7 7 齊藤 由紀 110 愛知 76
 
1 6 増茂 るるこ 東京
2 3 布居 光 和歌
3 5 向井 円 大阪
4 2 藤巻 絵里佳 福島
5 4 岩崎 ゆみこ 茨城
6 7 齊藤 由紀 愛知
7 1 成田 可菜絵 大阪

■ 払戻金

2枠複 【未発売】
2枠単 【未発売】
2車複 3=6 2,020円 (4)
2車単 6-3 3,450円 (8)
3連複 3=5=6 8,840円 (16)
3連単 6-3-5 36,180円 (65)
ワイド 3=6 560円 (4)
5=6 730円 (7)
3=5 1,010円 (11)


第7R ガールズ予選

発走時間 13:10

  1 1 森内 愛香 118 大阪 64 新人
▲ 2 2 川嶋 百香 114 三重 36
〇 3 3 下条 未悠 118 富山 42 新人
  4 4 太  友花 118 福島 77 新人
△ 5 5 大谷 杏奈 110 愛知 23
  6 6 門脇真由美 102 大阪 55
◎ 7 7 小林 莉子 102 東京 11
 
1 7 小林 莉子 東京
2 3 下条 未悠 富山
3 5 大谷 杏奈 愛知
4 1 森内 愛香 大阪
5 6 門脇 真由美 大阪
6 2 川嶋 百香 三重
7 4 太 友花 福島

■ 払戻金

2枠複 【未発売】
2枠単 【未発売】
2車複 3=7 200円 (1)
2車単 7-3 260円 (1)
3連複 3=5=7 320円 (2)
3連単 7-3-5 650円 (2)
ワイド 3=7 100円 (1)
5=7 150円 (3)
3=5 260円 (5)

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/1の競艇 終=福岡

2020-11-30 18:31:20 | 競艇
桐 生 一般

第23回日本財団会長杯3支部ガチ対決シリーズ 2日目  

全レース成績

多摩川 一般

男女W優勝戦(準優8R制)BOATBoyCUP 5日目  

全レース成績

津 一般

中日スポーツ高虎杯争奪戦 初日  

全レース成績

三 国 一般

第24回三国競艇大賞 5日目  

全レース成績

びわこ 一般

びわこ企業賞 初日  

全レース成績

尼 崎 一般

デイリースポーツ杯争奪第52回琴浦賞競走 4日目  

全レース成績

丸 亀 一般

香川県中部広域競艇事業組合52周年記念 6日目  

全レース成績

児 島 一般

サンケイスポーツ大阪創刊65周年記念競走 2日目  

全レース成績

芦 屋 一般

BTS金峰オープン16周年記念 3日目  

全レース成績

福 岡 一般

ルーキーシリーズ第 23戦スカパー!JLC杯 最終日  

全レース成績


12R 優勝戦

12R 優勝戦    H1800m 電話投票締切予定16:20
-------------------------------------------------------------------------------
艇 選手 選手 年 支 体級 全国 当地 モーター ボート 今節成績 早
番 登番 名 齢 部 重別 勝率 2率 勝率 2率 NO 2率 NO 2率 123456見
-------------------------------------------------------------------------------
1 4802中田達也27福岡52A1 6.50 50.75 5.97 47.76 67 31.46174 32.89 1511211221 1
2 4643近江翔吾27香川52A2 6.82 52.50 7.29 58.06 57 24.68120 30.26 3214113111
3 4771下寺秀和27広島56A2 5.90 37.39 5.09 29.82 52 29.41170 41.10 5531132 11
4 4739中村晃朋29香川52A1 5.92 42.86 7.29 63.27 41 31.65130 37.18 26322 2132
5 5029中 亮太23福岡53B1 4.28 24.05 2.02 3.64 15 30.21124 31.75 116 431 12
6 4886入海 馨24岡山54A2 5.74 39.25 5.58 40.00 48 32.98108 22.41 3 13S33522

1 1 4802  中田  達也 1'48"1
2 4 4739  中村  晃朋 1'49"7
3 6 4886  入海   馨 1'50"6
4 2 4643  近江  翔吾 1'52"1
5 3 4771  下寺  秀和
6 5 5029  中   亮太
スタート情報
1
.12  逃げ
2
.15 
3
.16 
4
.16 
5
.12 
6
.10 
勝式 組番 払戻金 人気
3連単
1-4-6
¥2,170 10

3連複
1=4=6
¥1,520 8

2連単
1-4
¥420 2

2連複
1=4
¥360 2

拡連複
1=4
¥180 2
1=6
¥360 6
4=6
¥960 14


単勝
1
¥110

複勝
1
¥100
4
¥310


唐 津 G III

第21回酒の聚楽太閤杯 5日目  

全レース成績

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

12/1 水沢 船橋 金沢 笠松 園田

2020-11-30 18:00:26 | 競馬
水沢

6R 12:55 特別 J認 フューチャーステップ2歳 右1600m 8

1 6 6 マツリダジョオー 岩手 牝2 54.0  村上忍  村上実 459(±0) 1:44.9 39.4 7-7-2-2 1
2 8 8 ミズサンフェイム 岩手 牡2 55.0  山本聡  菅原勲 473(+5) 1:45.0 1/2 39.6 4-6-1-1 5
3 3 3 サンエイマジック 岩手 牡2 55.0  高橋悠  鈴木七 473(±0) 1:46.0 6 40.3 4-4-5-4 6
4 2 2 エムワンハルコ 岩手 牝2 54.0  関本淳  晴山厚 445(-4) 1:46.2 11/2 40.0 8-7-7-6 8
5 4 4 リュウノチャチャ 岩手 牝2 54.0  坂口裕  板垣吉 423(+8) 1:46.4 3/4 41.2 2-2-3-2 2
6 7 7 ユウガ 岩手 牝2 54.0  菅原辰  小林俊 415(+14) 1:46.6 11/2 41.3 3-3-4-4 7
7 5 5 エーストビーズ 岩手 牝2 54.0  山本政  板垣吉 464(+4) 1:46.6 アタマ 40.7 4-5-8-7 4
8 1 1 リュウノアマゾネス 岩手 牝2 53.0 ☆塚本涼  酒井仁 425(+1) 1:49.0 大差 43.7 1-1-6-8 3
コーナー通過順
1コーナー 1, 4, 7, (3, 5, 8), 6, 2
2コーナー 1, 4, 7, 3, 5, 8, (2, 6)
3コーナー 8, 6, 4, 7, 3, 1, 2, 5
4コーナー 8, (4, 6), (3, 7), 2, 5, 1
6R 払戻金
単勝 6 220円 1番人気
複勝 6 130円 1番人気
8 240円 6番人気
3 200円 5番人気
枠連 発売なし
馬連 6-8 1,650円 7番人気
馬単 6-8 2,020円 8番人気
ワイド 6-8 620円 8番人気
3-6 380円 5番人気
3-8 1,160円 16番人気
3連複 3-6-8 3,390円 14番人気
3連単 6-8-3 13,030円 55番人気


11R 15:50 特別 ディセンバーカップB2 右1900m 10

1 5 5 ダンサーズドリーム 岩手 牝3 54.0  村上忍  菅原勲 452(+6) 2:04.7 38.5 3-4-3-1 1
2 1 1 ロードアルバータ 岩手 セン6 56.0  山本聡  畠山信 468(+5) 2:05.2 3 38.5 6-6-5-4 2
3 8 10 コピーライター 岩手 セン10 56.0  高橋悠  齋藤雄 520(-10) 2:05.6 21/2 39.3 3-3-4-5 8
4 7 8 アドマイヤスカイ 岩手 牡8 56.0  山本政  小西重 455(-7) 2:05.7 3/4 39.6 2-2-2-3 5
5 6 6 スリン 岩手 牝4 54.0  坂口裕  佐々由 424(-3) 2:05.9 3/4 38.7 7-7-8-8 6
6 4 4 ソムタム 岩手 牝5 54.0  高松亮  板垣吉 477(+1) 2:06.0 クビ 40.1 1-1-1-2 3
7 8 9 サンダーキング 岩手 牡4 56.0  鈴木祐  晴山厚 478(+4) 2:06.2 1 39.0 10-10-6-6 10
8 7 7 エムワンリーフ 岩手 牝3 54.0  関本淳  晴山厚 460(-6) 2:06.4 1 39.2 9-9-7-7 7
9 2 2 デンコウエポック 岩手 セン9 56.0  菅原辰  三野通 482(-4) 2:06.5 3/4 39.0 8-8-9-9 9
10 3 3 レヴドゥトゥース 岩手 セン4 56.0  岩本怜  工藤裕 471(-4) 2:08.7 大差 41.3 5-5-10-10 4
コーナー通過順
1コーナー 4, 8, (10, 5), 3, 1, 6, 2, 7, 9
2コーナー 4, 8, 10, 5, 3, 1, 6, 2, 7, 9
3コーナー 4, 8, 5, 10, 1, 9, 7, 6, 2, 3
4コーナー 5, 4, 8, 1, 10, 9, 7, 6, 2-3
11R 払戻金
単勝 5 200円 1番人気
複勝 5 110円 1番人気
1 110円 2番人気
10 460円 9番人気
枠連 1-5 140円 1番人気
馬連 1-5 150円 1番人気
馬単 5-1 290円 1番人気
ワイド 1-5 140円 1番人気
5-10 1,710円 20番人気
1-10 1,600円 18番人気
3連複 1-5-10 2,490円 7番人気
3連単 5-1-10 7,260円 21番人気


船橋

7R 18:00 特別 J認 アジュディミツオー・メモリア2歳一 左1500m 7

1 7 7 ピースフラッグ 牡2 57.0 515kg +9 山崎誠士 山崎尋美 1:36.8 - 36.7 1-1-1-1 1
2 6 6 サイダイゲンカイ 牡2 56.0 502kg -8 左海誠二 小久保智 1:37.5 3 37.2 2-2-2-2 2
3 2 2 ジョエル 牡2 56.0 517kg -1 庄司大輔 張田京 1:37.8 1 1/2 36.4 3-4-5-5 4
4 5 5 コンモートフーガ 牡2 56.0 492kg +2 和田譲治 齊藤敏 1:37.9 クビ 36.7 4-3-4-4 6
5 3 3 ビービーリバーサル 牡2 55.0 448kg -3 今野忠成 稲益貴弘 1:38.5 3 37.9 5-5-3-3 5
6 1 1 カッター 牡2 55.0 452kg ±0 本田正重 石井勝男 1:38.9 2 37.1 6-6-6-6 3
7 4 4 メガミリオン 牡2 55.0 448kg -4 酒井忍 田島寿一 1:39.7 4 37.6 7-7-7-7 7


上がり3F 上がり4F ハロンタイム
36.7 49.2 6.8-13.7-13.5-13.6-12.5-12.0-12.1-12.6
コーナー通過順
1角 7,6,2,5,3,1,4
2角 7,6,5,2,3,1,4
3角 7,6,3,5,2,1,4
4角 7,6,3,5,2,1,4
天候 馬場
晴 ダート 良


払戻金
単勝 複勝 枠複 普通馬複 枠単 馬単
組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気
7 130円 1 7 100円 1 - - - 6-7 200円 1 - - - 7-6 280円 1
- - - 6 140円 2 - - - - - - - - - - - -
ワイド 三連複 三連単 備考
組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気
6-7 130円 1 2-6-7 340円 1 7-6-2 810円 1
2-7 200円 2 - - - - - -
2-6 310円 6


11R 20:15 特別 カムイユカラスプリント3上オープン 左1000m 13

1 5 6 アドバイザー 牡5 53.0 537kg +3 笹川翼 佐藤裕太 58.7 - 35.9 3-3 3
2 4 4 カプリフレイバー 牡3 57.0 521kg +4 本田正重 稲益貴弘 58.9 1 36.3 2-2 1
3 6 9 バーミンガム 牡5 55.0 533kg -2 御神本訓史 川島正一 59.1 3/4 35.2 9-7 2
4 8 13 ポッドギル 牝4 55.0 458kg +1 矢野貴之 鈴木啓之 59.4 1 1/2 36.4 4-4 4
5 3 3 ダンディーヴォーグ 牡3 54.0 474kg -4 ☆中越琉世 内田勝義 59.6 1 37.1 1-1 8
6 1 1 フランシスコダイゴ 牡5 57.0 487kg +14 本橋孝太 小久保智 59.6 クビ 35.8 7-6 5
7 2 2 ビヨンドボーダーズ セ5 53.0 475kg -2 山林堂信彦 林隆之 1:00.0 2 35.9 10-8 12
8 4 5 レッドラウダ 牡7 57.0 531kg +11 森泰斗 平田正一 1:00.1 3/4 36.7 5-5 7
9 5 7 マッチレスヒーロー 牡9 57.0 490kg +7 石崎駿 橋本和馬 1:00.4 1 1/2 35.8 12-12 9
10 6 8 ナガタブラック 牡4 55.0 540kg -6 伊藤裕人 岩本洋 1:00.8 2 35.9 13-13 11
11 7 11 イノデライト 牡7 53.0 479kg +4 加藤和博 佐宗応和 1:00.8 アタマ 36.7 11-11 13
12 8 12 ドリームメダリスト 牝5 53.0 535kg -9 町田直希 内田勝義 1:01.9 5 38.2 6-9 10
13 7 10 ダノンチャンス セ6 55.0 511kg +23 和田譲治 宗形竹見 1:02.4 2 1/2 38.5 8-10 6


上がり3F 上がり4F ハロンタイム
36.2 46.9 11.8-10.7-11.6-12.2-12.4
コーナー通過順
3角 3,4,6,13,5,12,1,10,9,2,11,7,8
4角 3,4,6,13,5,1,9,2,12,10,11,7,8
天候 馬場
晴 ダート 良


払戻金
単勝 複勝 枠複 普通馬複 枠単 馬単
組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気
6 500円 3 6 150円 3 4-5 730円 3 4-6 1,000円 3 5-4 2,220円 10 6-4 2,930円 9
- - - 4 130円 1 - - - - - - - - - - - -
- - - 9 130円 2 - - - - - - - - - - - -
ワイド 三連複 三連単 備考
組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気
4-6 380円 4 4-6-9 930円 2 6-4-9 8,470円 16
6-9 320円 2 - - - - - -
4-9 260円 1


12R 20:50 特別 トーシンブリザード記念B2三B3一 左1600m 14

1 3 3 イコライザー 牡4 57.0 512kg ±0 石崎駿 矢野義幸 1:42.2 - 38.6 1-1-1-1 1
2 3 4 モズヘラクレス 牡4 55.0 529kg +1 矢野貴之 米谷康秀 1:42.6 2 38.9 2-2-2-2 3
3 5 8 ヒガシリシャール 牡7 55.0 484kg +6 森泰斗 渡邊貴光 1:42.6 クビ 38.7 3-3-3-3 7
4 5 7 ストームドッグ セ3 57.0 430kg +3 町田直希 伊藤滋規 1:43.1 2 1/2 38.3 11-10-11-12 5
5 7 12 ダイチャン セ5 57.0 500kg +1 岡村健司 伊藤滋規 1:43.2 3/4 38.3 13-13-13-8 4
6 8 14 レーヴ 牡4 55.0 490kg +4 本橋孝太 矢内博 1:43.4 1 39.1 5-6-6-6 2
7 2 2 キングオブライフ 牡4 55.0 521kg +4 山口達弥 林正人 1:43.5 1/2 39.0 4-4-7-7 8
8 4 5 スズノチェルシー 牡4 55.0 461kg +5 臼井健太郎 山中尊徳 1:43.7 1 38.9 6-7-10-11 11
9 6 9 アルマライル 牡5 55.0 496kg -4 伊藤裕人 鈴木義久 1:43.7 クビ 39.6 12-12-4-5 14
10 1 1 アンダンテバイオ 牝5 53.0 444kg -8 藤本現暉 岡林光浩 1:43.8 1/2 38.9 10-11-14-13 9
11 7 11 エスティブレイド 牡5 55.0 439kg +3 服部茂史 山中尊徳 1:44.6 4 39.9 9-8-9-10 12
12 6 10 オニキリマル 牡3 55.0 459kg +8 左海誠二 林正人 1:44.9 1 1/2 40.4 7-5-8-9 13
13 8 13 マナーザマジック 牡3 55.0 442kg +4 山崎誠士 山崎裕也 1:44.9 アタマ 40.1 8-9-12-14 6
14 4 6 レオチェックメイト 牡6 57.0 519kg +9 張田昂 渡邊貴光 1:45.1 1 40.9 14-14-5-4 10


上がり3F 上がり4F ハロンタイム
38.6 51.2 12.6-12.5-12.9-13.0-12.6-12.7-12.8-13.1
コーナー通過順
1角 3,4,8,2,14,5,10,13,11,1,7,9,12,6
2角 3,4,8,2,10,14,5,11,13,7,1,9,12,6
3角 3,4,8,9,6,14,2,10,11,5,7,13,12,1
4角 3,4,8,6,9,14,2,12,10,11,5,7,1,13
天候 馬場
晴 ダート 良


払戻金
単勝 複勝 枠複 普通馬複 枠単 馬単
組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気
3 240円 1 3 130円 1 3-3 660円 3 3-4 600円 2 3-3 690円 3 3-4 950円 2
- - - 4 180円 3 - - - - - - - - - - - -
- - - 8 400円 7 - - - - - - - - - - - -
ワイド 三連複 三連単 備考
組番 金額 人気 組番 金額 人気 組番 金額 人気
3-4 300円 2 3-4-8 3,760円 11 3-4-8 10,440円 21
3-8 830円 9 - - - - - -
4-8 1,120円 14


金沢

10R 15:20 特別 冬の金沢競馬!楽天競馬特別A2一 右1700m 7

1 5 5 エイシンホープ 金沢 牝4 54.0  栗原大  佐藤茂 455(-1) 1:51.1 39.3 5-5-4-3-2 5
2 2 2 ブルベアカイリ 金沢 牡3 55.0  吉田晃  佐藤茂 520(-1) 1:51.2 1/2 40.1 1-1-1-1-1 2
3 3 3 フラウティスタ 金沢 牝6 54.0  中島龍  高橋俊 463(+1) 1:51.6 2 40.1 3-3-3-2-2 3
4 1 1 チャーハン 金沢 牡4 56.0  堀場裕  加藤義 483(+1) 1:52.1 21/2 40.1 6-6-4-4-4 4
5 6 6 ドンナフォルテ 金沢 牝3 53.0  柴田勇  金田一 447(+11) 1:53.1 5 41.1 4-4-4-6-5 1
6 7 7 アンジュリアン 金沢 牝4 54.0  田知弘  金田一 476(-1) 1:53.9 4 42.1 1-2-2-4-6 6
7 4 4 ライブスター 金沢 牝6 52.0 △兼子千  中川雅 384(-2) 1:56.1 大差 42.9 7-6-7-7-7 7
コーナー通過順
4コーナー (2, 7), 3, 6, 5, 1, 4
1コーナー 2, 7, 3, 6, 5, (1, 4)
2コーナー 2, 7, 3, (1, 6, 5), 4
3コーナー 2, 3, 5, (1, 7), 6-4
2周目4コーナー 2, (3, 5), 1, 6, 7=4
10R 払戻金
単勝 5 780円 5番人気
複勝 5 330円 5番人気
2 180円 2番人気
枠連 発売なし
枠単 発売なし
馬連 2-5 1,170円 7番人気
馬単 5-2 3,360円 15番人気
ワイド 2-5 320円 6番人気
3-5 530円 10番人気
2-3 210円 3番人気
3連複 2-3-5 1,670円 9番人気
3連単 5-2-3 17,120円 57番人気


笠松

9R 15:45 特別 J交 冬萌特別A3 右1400m 8

1 3 3 サンビースト 中央 牡3 56.0  丸野勝  森田直 554(+14) 1:27.1 38.6 1-1-1-1 4
2 7 7 ベルアーシュ 中央 牝5 55.0  岡部誠  杉山晴 470(-2) 1:27.2 1/2 38.6 2-2-2-2 1
3 8 8 エナホープ 中央 牝6 55.0  筒井勇  吉田直 499(+9) 1:27.3 1/2 38.2 4-3-3-3 5
4 4 4 ルーラーザクイーン 中央 牝3 54.0  渡邊竜  高橋康 445(-33) 1:27.4 3/4 37.3 8-7-5-5 2
5 1 1 メイクアンシー 中央 牡4 57.0  吉井友  小手準 454(-8) 1:27.9 21/2 38.7 3-3-4-4 3
6 2 2 キングリーフィスト 笠松 牡5 57.0  藤原幹  後藤佑 499(-11) 1:28.1 1 38.1 5-5-6-6 7
7 6 6 メイショウタイシ 笠松 牡5 57.0  松本剛  藤田正 488(-5) 1:28.8 3 38.6 6-6-7-7 8
8 5 5 ヤマニンフレッチェ 笠松 牡5 57.0  大畑雅  森山英 503(-22) 1:30.8 大差 40.0 7-8-8-8 6
コーナー通過順
最初の直線 3, 7, 1, 8, 2, 6, 5, 4
第2コーナー 3, 7, (1, 8), 2, 6, 4, 5
第3コーナー 3, 7, 8, 1, 4, 2, 6, 5
第4コーナー 3, 7, 8, 1, 4, 2, 6-5
9R 払戻金
単勝 3 600円 4番人気
複勝 3 160円 4番人気
7 140円 1番人気
8 210円 5番人気
枠連 発売なし
枠単 発売なし
馬連 3-7 670円 4番人気
馬単 3-7 1,480円 7番人気
ワイド 3-7 240円 3番人気
3-8 460円 10番人気
7-8 240円 4番人気
3連複 3-7-8 870円 6番人気
3連単 3-7-8 5,730円 23番人気


園田

10R 15:30 特別 B1B2 3歳以上特別 右1700m 11

1 7 8 アワジノサクラ 兵庫 牡4 56.0  吉村智  北野真 491(+4) 1:54.5 38.1 6-6-6-6-6-6 4
2 6 7 ジョウショーカーブ 兵庫 牡3 55.0  下原理  雑賀伸 478(+3) 1:54.6 1/2 38.8 1-1-1-1-1-1 2
3 3 3 チャービル 兵庫 牝4 55.0  中田貴  野田忍 536(-1) 1:54.6 クビ 38.3 5-5-5-5-5-4 5
4 5 5 イケノオテンチャン 兵庫 牝4 55.0  杉浦健  高馬元 448(-11) 1:54.8 3/4 38.7 2-3-3-3-3-3 1
5 4 4 ロキ 兵庫 牡6 55.0  井上幹  保利良 479(+2) 1:54.8 クビ 38.1 7-7-7-7-7-7 9
6 8 10 シェアザモーメント 兵庫 牡6 57.0  田中学  土屋洋 478(-2) 1:54.9 1/2 39.0 2-2-2-2-2-2 3
7 6 6 エイシンホクトセイ 兵庫 牡9 57.0  山田雄  土屋洋 494(+3) 1:55.4 3 39.2 4-4-4-4-4-5 6
8 8 11 サーキュラーリング 兵庫 牝5 53.0  川原正  保利良 413(+1) 1:55.7 2 38.8 8-8-8-8-8-8 7
9 7 9 リンガスビャクヤ 兵庫 牡4 55.0  大山真  渡瀬寛 520(+14) 1:56.1 21/2 38.7 10-10-10-10-10-10 11
10 1 1 ソレイケヤッコ 兵庫 牝4 53.0  笹田知  保利幸 482(±0) 1:56.3 11/4 39.2 9-9-9-9-9-9 8
11 2 2 ゲイルバローズ 兵庫 牡6 55.0 △木本直  黒田隆 442(±0) 1:56.3 ハナ 38.7 11-11-11-11-11-11 10
コーナー通過順
3コーナー 7, (5, 10), 6, 3, 8, 4, 11, 1, 9, 2
4コーナー 7, 10, 5, 6, 3, 8, 4, 11, 1, 9, 2
1コーナー 7, 10, 5, 6, 3, 8, 4, 11, 1, 9, 2
2コーナー 7, 10, 5, 6, 3, 8, 4, 11, 1, 9, 2
2周目3コーナー 7, 10, 5, 6, 3, 8, 4, 11, 1, 9, 2
2周目4コーナー 7, 10, 5, 3, 6, 8, 4, 11, 1, 9, 2
10R 払戻金
単勝 8 630円 4番人気
複勝 8 170円 4番人気
7 170円 3番人気
3 190円 5番人気
枠連 6-7 740円 3番人気
馬連 7-8 910円 4番人気
馬単 8-7 2,300円 11番人気
ワイド 7-8 330円 2番人気
3-8 660円 10番人気
3-7 580円 9番人気
3連複 3-7-8 2,740円 9番人気
3連単 8-7-3 16,470円 60番人気


11R 16:10 特別 近江牛特別A2 3歳以上 右1400m 8

1 6 6 サージュ 兵庫 牡4 56.0  鴨宮祥  坂本和 508(-6) 1:30.7 38.4 7-7-7-4 3
2 3 3 ラー 兵庫 牡4 56.0  吉村智  保利幸 443(+5) 1:30.7 クビ 38.9 4-3-4-3 1
3 7 7 イチノフリオーソ 兵庫 牡5 56.0  田野豊  田中範 481(+1) 1:30.8 クビ 39.1 2-2-2-1 2
4 5 5 パリスハート 兵庫 牝5 54.0  川原正  盛本信 470(+2) 1:31.4 31/2 39.3 5-5-5-5 4
5 1 1 クールファンタジー 兵庫 牝6 54.0  田中学  有馬澄 490(+5) 1:31.7 2 40.1 1-1-1-2 6
6 2 2 クイントゥープル 兵庫 牝6 54.0  松木大  保利良 450(±0) 1:31.8 クビ 39.4 8-8-8-7 8
7 4 4 レヴァンテライオン 兵庫 セン6 56.0  下原理  長南和 515(+9) 1:32.3 3 40.2 6-6-6-8 5
8 8 8 パワーアッシュ 兵庫 牡5 56.0  廣瀬航  尾林二 480(+4) 1:32.6 13/4 40.8 3-4-3-6 7
コーナー通過順
1コーナー 1, 7, 8, 3, 5, 4, 6, 2
2コーナー 1, 7, 3, 8, 5, 4, 6, 2
3コーナー 1, 7, 8, 3, 5, 4, 6, 2
4コーナー 7, 1, 3, 6, 5, 8, 2, 4
11R 払戻金
単勝 6 570円 3番人気
複勝 6 140円 3番人気
3 110円 1番人気
7 130円 2番人気
枠連 発売なし
馬連 3-6 1,050円 5番人気
馬単 6-3 2,610円 11番人気
ワイド 3-6 280円 4番人気
6-7 330円 5番人気
3-7 210円 1番人気
3連複 3-6-7 810円 2番人気
3連単 6-3-7 8,720円 34番人気


12R 16:45 特別 C2 3歳以上特別 右1230m 12

1 2 2 シアープレジャー 兵庫 牝3 54.0  川原正  柏原誠 437(+15) 1:20.7 38.5 4-4-4-3 4
2 5 5 マニールリッヒ 兵庫 牡3 56.0  田中学  橋本明 488(-3) 1:21.5 5 39.1 8-8-6-6 3
3 4 4 マーブルレディー 兵庫 牝3 54.0  田野豊  中塚猛 429(+1) 1:21.5 アタマ 39.0 7-7-9-7 6
4 6 8 ヨドノエール 兵庫 牡3 54.0 △木本直  森澤友 461(-6) 1:21.7 1 39.6 3-3-3-4 7
5 3 3 ダイヤモンドリリー 兵庫 牝3 54.0  井上幹  南弘樹 456(+6) 1:21.8 3/4 39.1 9-9-10-9 5
6 7 10 ヒボン 兵庫 牝3 54.0  笹田知  新子雅 486(±0) 1:21.8 クビ 39.5 5-5-6-5 2
7 5 6 エンジェルティアラ 兵庫 牝3 54.0  吉村智  飯田良 468(-1) 1:22.0 1 40.0 1-1-1-1 1
8 7 9 パルナッソス 兵庫 セン6 56.0  石堂響  長南和 484(-1) 1:22.1 クビ 39.1 12-12-12-12 10
9 8 12 サンチュータ 兵庫 牡8 56.0  松本幸  溝橋利 484(-1) 1:22.3 11/4 39.6 10-10-10-11 12
10 8 11 ミルキーハート 兵庫 牝3 54.0  下原理  盛本信 460(+8) 1:22.6 13/4 40.2 6-6-4-8 9
11 1 1 デアデビル 兵庫 牡4 56.0  渡瀬和  大石省 486(+4) 1:22.8 1 40.2 11-11-6-10 8
12 6 7 エアーシャンクス 兵庫 牡5 56.0  山本咲  永島太 512(+7) 1:23.5 4 41.5 2-2-2-2 11
コーナー通過順
1コーナー 6, 7, 8, 2, 10, 11, 4, 5, 3, 12, 1, 9
2コーナー 6, 7, 8, 2, 10, 11, 4, 5, 3, 12, 1, 9
3コーナー 6, 7, 8, (2, 11), (1, 5, 10), 4, (3, 12)-9
4コーナー 6, 7, 2, 8, 10, 5, 4, 11, 3, 1, 12, 9
12R 払戻金
単勝 2 480円 4番人気
複勝 2 210円 4番人気
5 190円 2番人気
4 380円 6番人気
枠連 2-5 590円 3番人気
馬連 2-5 1,320円 6番人気
馬単 2-5 2,730円 12番人気
ワイド 2-5 620円 8番人気
2-4 1,450円 13番人気
4-5 1,820円 20番人気
3連複 2-4-5 7,810円 25番人気
3連単 2-5-4 29,860円 93番人気

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

11/30 国内主要商品指数 ADR銘柄

2020-11-30 17:10:21 | 政治経済問題
ADR銘柄引値一覧

11/27 ※“ADR引値”は1ドル104.04円で円換算した値です。

コード 銘柄名 国内引値 ADR引値 国内対比 騰落率 出来高

1605 国際石油開発帝石 611.0 608.6 -2.4 -0.39% 1,497
1878 大東建託 10,300.0 10,258.3 -41.7 -0.40% 5,114
1925 大和ハウス工業 3,441.0 3,453.1 12.1 0.35% 17,847
1928 積水ハウス 1,941.5 1,945.5 4.0 0.21% 6,025
2503 キリンホールディングス 2,290.0 2,305.5 15.5 0.68% 8,232
2914 日本たばこ産業 2,176.5 2,176.5 0.0 0.00% 13,025
3382 セブン&アイ・ホールディングス 3,423.0 3,402.1 -20.9 -0.61% 15,044
3402 東レ 576.1 577.4 1.3 0.23% 8,789
3407 旭化成 996.2 999.3 3.1 0.31% 24,523
3938 LINE 5,380.0 5,398.6 18.6 0.35% 5,045
4063 信越化学工業 16,945.0 16,996.0 51.0 0.30% 29,424
4452 花王 7,900.0 7,912.2 12.2 0.15% 63,255
4502 武田薬品工業 3,732.0 3,739.2 7.2 0.19% 500,242
4503 アステラス製薬 1,580.0 1,622.0 42.0 2.66% 20,841
4523 エーザイ 7,783.0 7,881.0 98.0 1.26% 3,595
4528 小野薬品工業 3,297.0 3,287.0 -10.0 -0.30% 3,001
4568 第一三共 3,886.0 3,914.0 28.0 0.72% 12,695
4578 大塚ホールディングス 4,392.0 4,386.3 -5.7 -0.13% 5,343
4689 ZHD 648.2 646.1 -2.1 -0.33% 6,577
4704 トレンドマイクロ 5,720.0 5,798.1 78.1 1.37% 614
4755 楽天 1,191.0 1,191.3 0.3 0.02% 19,350
4901 富士フイルムホールディングス 5,730.0 5,725.3 -4.7 -0.08% 3,263
4911 資生堂 7,393.0 7,457.6 64.6 0.87% 8,071
5108 ブリヂストン 3,804.0 3,812.0 8.0 0.21% 17,754
5713 住友金属鉱山 4,027.0 3,986.8 -40.2 -1.00% 3,550
6273 SMC 66,660.0 66,960.1 300.1 0.45% 30,632
6301 小松製作所 2,603.0 2,615.6 12.6 0.48% 27,091
6326 クボタ 2,135.0 2,135.9 0.9 0.04% 17,854
6367 ダイキン工業 23,830.0 24,012.4 182.4 0.77% 32,881
6501 日立製作所 4,087.0 4,096.6 9.6 0.23% 14,065
6502 東芝 2,918.0 2,954.7 36.7 1.26% 1,290
6503 三菱電機 1,561.5 1,557.5 -4.0 -0.26% 10,112
6594 日本電産 13,175.0 13,263.0 88.0 0.67% 57,427
6702 富士通 14,420.0 14,393.9 -26.1 -0.18% 9,532
6752 パナソニック 1,122.0 1,130.9 8.9 0.79% 94,198
6758 ソニー 9,812.0 9,787.0 -25.0 -0.25% 666,878
6762 TDK 14,630.0 14,767.4 137.4 0.94% 2,533
6861 キーエンス 53,540.0 53,996.8 456.8 0.85% 2,104
6902 デンソー 5,170.0 5,150.0 -20.0 -0.39% 9,456
6954 ファナック 25,795.0 25,843.5 48.5 0.19% 110,787
6981 村田製作所 9,062.0 9,072.3 10.3 0.11% 50,895
6988 日東電工 8,650.0 8,670.7 20.7 0.24% 2,614
7201 日産自動車 517.2 520.2 3.0 0.58% 109,841
7202 いすゞ自動車 1,058.0 1,050.8 -7.2 -0.68% 4,106
7203 トヨタ自動車 7,252.0 7,291.1 39.1 0.54% 77,346
7261 マツダ 657.0 647.1 -9.9 -1.50% 11,374
7267 本田技研工業 2,977.0 2,991.2 14.2 0.48% 458,316
7270 SUBARU 2,126.5 2,126.6 0.1 0.00% 11,567
7733 オリンパス 2,275.5 2,297.2 21.7 0.95% 2,064
7741 HOYA 14,140.0 14,203.5 63.5 0.45% 13,340
7751 キヤノン 1,923.5 1,934.1 10.6 0.55% 204,594
7974 任天堂 58,190.0 58,262.4 72.4 0.12% 376,007
8001 伊藤忠商事 2,829.0 2,827.8 -1.2 -0.04% 5,932
8031 三井物産 1,871.0 1,877.9 6.9 0.37% 545
8035 東京エレクトロン 35,210.0 35,440.2 230.2 0.65% 30,890
8053 住友商事 1,331.0 1,329.6 -1.4 -0.10% 40,685
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 463.3 467.1 3.8 0.83% 618,155
8309 三井住友トラスト・ホールディングス 3,200.0 3,152.4 -47.6 -1.49% 48,539
8316 三井住友フィナンシャルグループ 3,145.0 3,136.8 -8.2 -0.26% 495,263
8411 みずほフィナンシャルグループ 1,379.0 1,388.9 9.9 0.72% 192,219
8591 オリックス 1,612.5 1,621.8 9.3 0.58% 16,782
8601 大和証券グループ本社 470.9 490.0 19.1 4.06% 936
8604 野村ホールディングス 536.8 536.8 0.0 0.01% 77,677
8725 MS&ADインシュアランスグループホールディングス 3,157.0 3,133.7 -23.3 -0.74% 12,899
8766 東京海上ホールディングス 5,465.0 5,469.4 4.4 0.08% 8,458
8795 T&Dホールディングス 1,219.0 1,244.3 25.3 2.08% 245
8802 三菱地所 1,862.0 1,860.2 -1.8 -0.09% 6,594
9020 東日本旅客鉄道 6,721.0 6,709.2 -11.8 -0.18% 17,251
9021 西日本旅客鉄道 5,060.0 5,062.6 2.6 0.05% 955
9022 東海旅客鉄道 13,985.0 13,993.4 8.4 0.06% 31,104
9201 日本航空 2,053.0 2,047.5 -5.5 -0.27% 82,131
9432 日本電信電話 2,520.5 2,541.7 21.2 0.84% 56,683
9433 KDDI 3,060.0 3,060.9 0.9 0.03% 37,010
9437 NTTドコモ 3,873.0 3,853.6 -19.4 -0.50% 15,459
9735 セコム 10,470.0 10,499.7 29.7 0.28% 2,419
9983 ファーストリテイリング 84,130.0 84,605.3 475.3 0.56% 4,812
9984 ソフトバンクグループ 7,250.0 7,239.1 -10.9 -0.15% 311,433


商品先物価格情報

限月 取引日 始値 高値 安値 現在値 前日比 取引高 売り気配 売り気配 数量 買い気配 買い気配 数量 清算値段 制限値幅 上限 下限 建玉残高

金標準先物
21年8月限 11/30 6,056
(16:33) 6,067
(16:53) 5,951
(23:15) 5,985
(05:20) -70 1,503 6,070
(05:40) 1 5,945
(05:40) 1 6,055
(11/27) 6,455
5,655 15,878
(11/27)
21年10月限 11/30 6,056
(16:30) 6,068
(16:53) 5,950
(23:15) 5,988
(05:30) -70 17,219 5,992
(05:40) 1 5,981
(05:30) 1 6,058
(11/27) 6,458
5,658 19,917
(11/27)
金ミニ先物
21年8月限 11/30 6,055
(16:33) 6,062
(16:52) 5,951
(23:14) 5,982
(05:20) -76 314 6,000
(05:40) 2 5,950
(05:40) 2 6,055
(11/27) 6,455
5,655 3,599
(11/27)
21年10月限 11/30 6,053
(16:30) 6,068
(16:53) 5,950
(23:15) 5,990
(05:30) -65 6,612 5,992
(05:40) 1 5,975
(05:40) 4 6,058
(11/27) 6,458
5,658 3,504
(11/27)
金限日先物
11/30 6,134
(16:30) 6,134
(16:30) 6,016
(23:15) 6,053
(05:30) -67 3,461 6,068
(05:40) 2 6,038
(05:40) 1 6,036
(11/27) 6,436
5,636 52,353
(11/27)
白金標準先物
21年8月限 11/30 3,189
(17:36) 3,217
(01:33) 3,154
(23:21) 3,204
(05:18) +29 101 3,230
(05:40) 1 3,135
(05:40) 1 3,175
(11/27) 3,575
2,775 5,028
(11/27)
21年10月限 11/30 3,166
(16:30) 3,216
(01:34) 3,152
(23:16) 3,196
(05:30) +29 3,873 3,205
(05:30) 1 3,188
(05:40) 2 3,167
(11/27) 3,567
2,767 8,630
(11/27)
白金ミニ先物
21年8月限 11/30 3,187
(17:36) 3,213
(01:36) 3,155
(22:32) 3,202
(05:18) +33 47 3,230
(05:40) 1 3,065
(05:40) 1 3,175
(11/27) 3,575
2,775 521
(11/27)
21年10月限 11/30 3,170
(16:30) 3,214
(01:27) 3,151
(23:20) 3,202
(05:18) +26 531 3,210
(05:24) 1 3,195
(05:40) 1 3,167
(11/27) 3,567
2,767 616
(11/27)
白金限日先物
11/30 3,215
(16:30) 3,262
(05:18) 3,190
(23:14) 3,233
(05:18) +27 234 3,270
(05:40) 20 3,233
(05:24) 1 3,186
(11/27) 3,586
2,786 11,524
(11/27)
銀先物
21年10月限 11/30 77.5
(16:56) 77.5
(16:56) 74.6
(23:08) 74.7
(05:15) -2.6 160 78.5
(05:40) 1 74.2
(05:40) 1 77.3
(11/27) 87.3
67.3 322
(11/27)
パラジウム先物
21年10月限 11/30 8,011
(16:30) 8,013
(16:30) 7,954
(16:31) 7,954
(16:31) - 13 -
(-) - -
(-) - 7,739
(11/27) 8,739
6,739 75
(11/27)
ゴム(RSS3)先物
21年5月限 11/30 245.9
(16:30) 249.9
(18:12) 245.7
(16:30) 249.3
(19:00) +3.6 1,176 250.0
(05:40) 2 247.8
(05:40) 2 245.7
(11/27) 265.7
225.7 2,818
(11/27)
ゴム(TSR20)先物
21年5月限 11/30 -
(-) -
(-) -
(-) -
(-) - - -
(-) - -
(-) - 167.0
(11/27) 187.0
147.0 0
(11/27)
とうもろこし先物
21年11月限 11/30 24,710
(17:49) 24,850
(04:38) 24,710
(17:49) 24,850
(04:38) +130 19 24,900
(05:40) 1 24,680
(05:40) 3 24,720
(11/27) 26,220
23,220 665
(11/27)
一般大豆先物
21年10月限 11/30 -
(-) -
(-) -
(-) -
(-) - - -
(-) - 46,000
(16:03) 10 46,000
(11/27) 50,800
41,200 0
(11/27)
小豆先物
21年5月限 11/30 -
(-) -
(-) -
(-) -
(-) - - -
(-) - -
(-) - 12,300
(11/27) 13,000
11,600 0
(11/27)


2020年11月28日 05時35分 現在

取引日:2020年11月30日


バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2021/01 41,860 41,880 42,700 41,770 42,700 +840 4
2021/02 42,100
2021/03 42,240 42,450 42,450 42,450 42,450 +210 1
2021/04 42,660 42,670 42,980 42,670 42,980 +320 3
2021/05 42,800 42,800 43,240 42,800 42,960 +160 20
2021/06 42,870 42,900 43,800 42,900 43,800 +930 22


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2021/01 45,200
2021/02 45,450
2021/03 45,550
2021/04 45,550
2021/05 45,600 45,950 45,950 45,950 45,950 +350 1
2021/06 45,780


プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2020/11 28,460 28,500 28,500 28,500 28,500 +40 1
2020/12 30,870 30,680 31,160 30,680 31,120 +250 7
2021/01 30,650 30,600 31,220 30,600 30,950 +300 19
2021/02 30,630 30,560 31,160 30,500 31,040 +410 113
2021/03 30,590 30,580 31,150 30,520 31,040 +450 1,686
2021/04 30,600 30,630 31,200 30,510 31,180 +580 1,750


東商取原油先物ドル換算価格および世界の原油先物価格

米ドル/バレル

限月 始値 高値 安値 現在値 前日比

2020/11 43.50 43.50 43.50 43.50 +0.06
2020/12 46.90 47.57 46.90 47.50 +0.38
2021/01 46.74 47.66 46.74 47.30 +0.46
2021/02 46.69 47.57 46.62 47.44 +0.63
2021/03 46.72 47.60 46.65 47.44 +0.69
2021/04 46.80 47.63 46.63 47.46 +0.69


コメ先物相場情報









商品先物価格情報

限月 取引日 始値 高値 安値 現在値 前日比 取引高 売り気配 売り気配 数量 買い気配 買い気配 数量 清算値段 制限値幅 上限 下限 建玉残高

金標準先物
21年8月限 11/30 5,986
(08:45) 5,988
(08:51) 5,900
(14:30) 5,915
(15:15) -140 3,123 5,917
(15:15) 21 5,913
(15:15) 20 5,915
(11/30) 6,315
5,515 15,878
(11/27)
21年10月限 11/30 5,987
(08:45) 5,988
(08:46) 5,900
(14:15) 5,916
(15:15) -142 17,569 5,916
(15:15) 5 5,914
(15:15) 20 5,916
(11/30) 6,316
5,516 19,917
(11/27)
金ミニ先物
21年8月限 11/30 5,972
(08:45) 5,987
(08:49) 5,902
(14:30) 5,911
(15:15) -147 677 5,912
(15:15) 1 5,911
(15:15) 206 5,915
(11/30) 6,315
5,515 3,599
(11/27)
21年10月限 11/30 5,987
(08:45) 5,988
(08:46) 5,900
(14:16) 5,916
(15:15) -139 6,452 5,916
(15:15) 1 5,913
(15:15) 8 5,916
(11/30) 6,316
5,516 3,504
(11/27)
金限日先物
11/30 6,045
(08:45) 6,055
(08:45) 5,955
(14:27) 5,962
(15:15) -158 6,699 5,978
(15:15) 2 5,962
(15:15) 26 5,903
(11/30) 6,303
5,503 52,353
(11/27)
白金標準先物
21年8月限 11/30 3,220
(08:45) 3,220
(08:45) 3,169
(14:47) 3,176
(15:15) +1 595 3,180
(15:15) 1 3,175
(15:15) 1 3,176
(11/30) 3,576
2,776 5,028
(11/27)
21年10月限 11/30 3,220
(08:45) 3,220
(08:45) 3,167
(14:53) 3,173
(15:15) +6 3,544 3,173
(15:15) 4 3,170
(15:15) 20 3,173
(11/30) 3,573
2,773 8,630
(11/27)
白金ミニ先物
21年8月限 11/30 3,211
(09:02) 3,211
(09:02) 3,168
(14:47) 3,168
(14:47) -1 27 3,178
(15:13) 1 3,161
(15:12) 1 3,176
(11/30) 3,576
2,776 521
(11/27)
21年10月限 11/30 3,202
(08:45) 3,217
(08:45) 3,167
(14:52) 3,176
(15:15) 0 352 3,176
(15:15) 1 3,167
(15:15) 1 3,173
(11/30) 3,573
2,773 616
(11/27)
白金限日先物
11/30 3,256
(08:45) 3,275
(08:45) 3,206
(15:07) 3,216
(15:09) +10 409 3,219
(15:10) 1 3,206
(15:10) 1 3,180
(11/30) 3,580
2,780 11,524
(11/27)
銀先物
21年10月限 11/30 74.2
(08:45) 75.1
(08:45) 72.5
(12:02) 73.1
(15:01) -4.2 555 73.1
(15:12) 3 73.0
(15:14) 17 73.1
(11/30) 83.1
63.1 322
(11/27)
パラジウム先物
21年10月限 11/30 7,949
(08:52) 8,063
(15:04) 7,949
(08:52) 8,063
(15:04) - 16 8,090
(15:05) 1 8,050
(15:07) 1 8,063
(11/30) 9,063
7,063 75
(11/27)
ゴム(RSS3)先物
21年5月限 11/30 251.1
(09:00) 254.5
(10:02) 249.7
(09:20) 250.1
(15:15) +4.4 2,883 250.2
(15:15) 1 250.1
(15:15) 13 250.1
(11/30) 270.1
230.1 2,818
(11/27)
ゴム(TSR20)先物
21年5月限 11/30 -
(-) -
(-) -
(-) -
(-) - - -
(-) - -
(-) - 167.0
(11/30) 187.0
147.0 0
(11/27)
とうもろこし先物
21年11月限 11/30 24,900
(08:45) 24,920
(09:25) 24,840
(09:40) 24,880
(15:15) +160 31 24,890
(15:15) 1 24,860
(15:15) 1 24,880
(11/30) 26,380
23,380 665
(11/27)
一般大豆先物
21年10月限 11/30 -
(-) -
(-) -
(-) -
(-) - - -
(-) - 46,000
(07:17) 10 46,000
(11/30) 50,800
41,200 0
(11/27)
小豆先物
21年5月限 11/30 -
(-) -
(-) -
(-) -
(-) - - -
(-) - -
(-) - 12,300
(11/30) 13,000
11,600 0
(11/27)


2020年11月30日 16時3分 現在

取引日:2020年11月30日



バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2021/01 41,860 42,100 42,140 42,040 42,040 +180 5 42,040
2021/02 42,100 42,130 42,130 42,130 42,130 +30 1 42,130
2021/03 42,240 42,180 42,400 42,130 42,130 -110 5 42,130
2021/04 42,660 42,690 42,750 42,370 42,370 -290 20 42,370
2021/05 42,800 42,900 42,920 42,530 42,530 -270 34 42,530
2021/06 42,870 43,180 43,180 42,580 42,580 -290 59 42,580


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2021/01 45,200 45,320 45,330 45,210 45,230 +30 12 45,230
2021/02 45,450 45,410 45,410 45,410 45,410 -40 1 45,410
2021/03 45,550 45,660 45,660 45,400 45,400 -150 6 45,400
2021/04 45,550 45,700 45,700 45,510 45,510 -40 8 45,510
2021/05 45,600 45,760 45,760 45,560 45,560 -40 31 45,560
2021/06 45,780 46,080 46,080 45,680 45,820 +40 26 45,820


プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2020/11 28,460 28,460 28,460 28,460 28,460 +0 19 28,460
2020/12 30,870 31,020 31,020 30,590 30,590 -280 65 30,590
2021/01 30,650 30,820 30,830 30,530 30,530 -120 51 30,530
2021/02 30,630 30,740 30,780 30,390 30,440 -190 143 30,440
2021/03 30,590 30,740 30,820 30,410 30,410 -180 646 30,410
2021/04 30,600 30,810 30,840 30,400 30,400 -200 3,438 30,400


問屋仲間相場・鉄鋼(特記なき限り円/トン)

異形棒鋼 (SD295 16-25ミリ 直送)
東京:68,000 66,000
大阪:64,000 63,000
名古屋:66,000 65,000
広島:66,000 65,000

福岡:66,000 65,000
仙台:67,000 65,000
札幌:74,000 73,000

H形鋼 (5.5 / 8 X 200 X 100)
東京:77,000 76,000
大阪:75,000 74,000
名古屋:75,000 74,000
広島:78,000 77,000
福岡:77,000 76,000
仙台:80,000 79,000
札幌:92,000 91,000

熱延鋼板 (1.6ミリ,4X8)
東京:74,000 72,000
大阪:77,000 76,000
名古屋:76,000 75,000
広島:80,000 79,000
福岡:80,000 79,000
仙台:81,000 80,000
札幌:94,000 93,000

冷延鋼板 (1.0ミリ,3X6)
東京:81,000 80,000
大阪:82,000 81,000
名古屋:83,000 82,000
広島:86,000 85,000
福岡:85,000 84,000
仙台:86,000 84,000
札幌:106,000 105,000

厚板 16×25×(5X10)=無規格
東京:79,000 77,000
大阪:82,000 81,000
名古屋:81,000 80,000
広島:83,000 82,000
福岡:85,000 84,000
仙台:86,000 84,000
札幌:102,000 101,000

鋼管 黒ガス管 (高炉品,50A)
東京:155,000 153,000
大阪:147,000 145,000
名古屋:152,000 151,000
広島:151,000 150,000
福岡:156,000 155,000
仙台:149,000 147,000
札幌:161,000 160,000

冷延ステンレス鋼板 (SUS304,18-8,2~3ミリ)
東京:370,000
大阪:360,000
名古屋:380,000

機械構造用炭素鋼 (SC材,40ミリ)
東京:120,000
大阪:120,000
名古屋:130,000

溶融亜鉛めっき鋼板(亜鉛鉄板)(0.27ミリ X 3 X 6)
東京:173,000 171,000
大阪:166,000 164,000
名古屋:170,000 168,000
広島:178,000 176,000
福岡:177,000 175,000
仙台:163,000 161,000
札幌:189,000 188,000

電気亜鉛めっき鋼板(冷延下地)(1.0ミリ X 3 X 6)
東京:100,000 99,000
大阪:103,000 102,000
名古屋:105,000 104,000
広島:107,000 106,000
福岡:105,000 104,000
仙台:108,000 107,000
札幌:121,000 120,000

丸釘(100ミリ)
東京:144,000 141,000
大阪:140,000 138,000
名古屋:138,000 136,000
広島:143,000 141,000
福岡:138,000 136,000
仙台:158,000 153,000
札幌:155,000 153,000

鉄スクラップ H2(特級)
東京:18,000 17,000
大阪:21,500 20,500
名古屋:20,000 19,000
広島:19,000 18,000
福岡:18,400 17,400
仙台:15,000 14,000
札幌:18,500 17,500

・地金(千円/トン)

電気銅
東京:790 785
大阪:790 785
名古屋:790 785


電気鉛
東京:270 265
大阪:270 265
名古屋:270 265


電気亜鉛
東京:340 335
大阪:340 335
名古屋:340 335


アルミ地金 (99.7%)
東京:245 240
大阪:245 240
名古屋:245 240


ニッケル地金溶解用 (*円 / キロ)
東京:1,800 1,750
大阪:1,800 1,750
名古屋:1,800 1,750

・原料・スクラップ(千円/トン)

上銅(新切)
東京:674 669
大阪:624 619
名古屋:630 625


黄銅削粉
東京:513 508
大阪:521 516
名古屋:445 440


機械鋳物アルミ
東京:90 85
大阪:102 97
名古屋:101 96

・伸銅製品(円/キロ)

銅小板 (365 X 1200ミリ,2.0ミリ)
東京:1090
大阪:1055
名古屋:1095


銅管 (50 X 5ミリ)
東京:1,250
大阪:1,325
名古屋:1,195


黄銅丸棒 (25ミリ)
東京:705
大阪:740
名古屋:736

・軽金属製品(円/キロ)

アルミ大板 (1000 X 2000ミリ,1.0ミリ)
東京:705
大阪:705
名古屋:705

アルミ合金板 (1 X 1000 X 2000ミリ)(A5052P(52S))
東京:725
大阪:725
名古屋:725

アルミ合金形 (3 X 30 X 30ミリ)(A6063(63S))
東京:600
大阪:600
名古屋:600

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「桜」疑惑はなぜいま再燃したのか 遠のく院政、突然の地検捜査に「官邸陰謀説」 | 東洋経済オンライン 2020/11/28 4:50

2020-11-30 14:37:24 | 「桜を見る会」関連記事
>場合によっては収支報告書の訂正で済ませるケースもいくらでもある


安倍晋三が、このことを頑なに拒んでいたことは、国会中継を介して、誰もが知っている話。

よって、安倍がこの期に及んで訂正に応じるとは考えにくい。

だが、訂正に応じないようならば、検察側としては、安倍事務所の会計責任者は確実に立件せねばならない、と考えていることだろう。

もちろん、安倍の秘書の有罪が確定すれば、安倍晋三は政界から追放され、恐らく、二度と政界復帰はできなくなろう。

ただ、現時点では、安倍の逮捕は難しそう。安倍が秘書に教唆した証拠がないから。

ならば、早急に秘書を逮捕し、安倍晋三の示唆があったかどうかの因果関係を突き止めなければならない。

今こそ、検察の「正義が問われている」。




11月下旬の3連休のさなか、安倍晋三前首相の「桜を見る会」疑惑について、降ってわいたかのように新たな報道が飛び出した。疑惑の核心とされてきた前夜祭での安倍氏側の経費補填について、「東京地検特捜部が捜査中」というのだ。

2019年11月に共産党が国会で問題を追及して表面化して以来、安倍氏は、①事務所が会費を参加者から集金してそのままホテル側に渡した②後援会への収支は一切なく、政治資金収支報告書への記載は必要ない③明細書の発行はなかった、などと答弁し、公職選挙法と政治資金規正法にはともに違反していないと主張し続けてきた。

当時官房長官だった菅義偉首相も、安倍氏と同様の答弁で野党側の追及をかわしてきた。

長きにわたる虚偽答弁か

これに対し、全国の弁護士らは安倍氏と後援会幹部3人について、2020年5月に東京地検に公選法と政治資金規正法違反であるとの告発状を提出。同地検はこれまで動きがなかったが、読売新聞が23日、安倍事務所の担当者らから同地検特捜部が任意の事情聴取を始め、「安倍事務所が5年間で800万円以上の経費補填」などと報じたことで政界が大揺れとなった。

報道が事実なら、安倍氏は在任中、国会で長期間にわたり虚偽答弁を繰り返してきたことになる。政治的・道義的責任は免れず、刑事事件として立件されれば安倍氏の政治生命にも大きな影響を及ぼす。疑惑を否定する答弁や記者会見を続けてきた菅首相の政治責任も厳しく問われかねない。

まさに、年明けの衆院解散も含めた年末以降の政局運営にも影響必至だが、検察しか知りえないさまざまな捜査情報が次々と報道されており、政界では「官邸陰謀説」もささやかれている。安倍氏はここにきて政治の表舞台に復帰し、安倍氏支持グループからは2021年9月の自民総裁選に出馬するという「再々登板説」も出始めた。「これに危機感を持った官邸が密かに動いた」(自民幹部)との見方からだ。

読売新聞によると、2015年から2019年までの間、首相夫妻が主催する「桜を見る会」前日の前夜祭で、参加者が払った1人5000円の会費合計と、ホテル側が実際に請求した宴会経費の差額計800万円超を、安倍事務所側が補填していたという。その際、ホテル側は安倍氏が代表を務める資金管理団体「晋和会」宛てに領収書も発行していたと指摘した。

これが事実なら、安倍氏の国会答弁はすべて虚偽となるのは明白だ。選挙支援を目当てに資金提供したと認定されれば公選法違反になり、事務所が補填したのに政治資金収支報告書に記載していなければ政治資金規正法違反(不記載)となる。


その後、NHKなどが「補填総額は916万円」「ホテル側が出した領収書を安倍事務所が廃棄した」など、この問題を大々的に報じている。さらに、「東京地検が近く、安倍氏自身からも事情を聴く」と踏み込んだ報道も飛び出している。

疑惑が再燃する形になった安倍氏は24日、「今回、告発を受けて捜査が行われていると承知している。私は国会で答弁させていただいているが、事務所としては、告発を受けて全面的に(捜査に)協力していくということだ」と述べる一方、詳しい説明については「途中経過の段階なので、お答えは差し控えたい」と述べるにとどめ、記者団の質問も受け付けずに立ち去った。

その一方で、菅首相は25日の衆参両院での予算委集中審議で「捜査中の問題で答弁は控える」とガードを固め、安倍氏の参考人招致や証人喚問も「国会が決めること」と否定的見解を繰り返した。ただ、自らの国会答弁が結果的に虚偽だった場合の責任を問われると、「そうなれば答弁した私にも責任がある。それは対応する」と苦渋の表情で答えた。

官邸の情報リーク説も

今回の疑惑再燃で政界関係者が注目したのは、メディアの報道ぶりだ。疑惑が表面化して以来、追及してきたのは朝日、毎日、東京各紙などいわゆる「安倍政権批判」グループだった。ところが、今回口火を切ったのは、「安倍政権擁護派」とみられていた読売で、すぐさま追随したのも政権寄りの姿勢が目立つとされたNHKだった。

このため、政界では「読売が先行したのは菅政権がリークしたからではないか」との声が広がった。菅政権発足後は、政界でも「安倍前政権以上に官邸が司法をコントロールしている」(立憲民主幹部)との声も多く聞かれた。今回の地検の動きについても、「菅首相と上川陽子法相、さらに加藤勝信官房長官や杉田和博官房副長官(事務)に検察側から事前報告がなかったはずはない」(閣僚経験者)との見方が支配的だ。菅首相ら官邸側は「地検の動きを知りながら後押しもしくは黙認していた」(同)という読みだ。

安倍氏や菅首相は「報道で知った」と口をそろえるが、「安倍前政権発足以来の官邸と検察の関係からみて、それはありえない」(自民長老)との声が相次ぐ。「少なくとも官邸サイドは検察から報告を受けていたはず」(同)というわけだ。

8月末に持病悪化を理由に突然退陣表明した安倍氏は、菅政権が本格始動した9月までは表舞台での活動を控えてきた。しかし、10月に入ると大好きなゴルフを再開。各種の会合のほか、メディアのインタビューにも積極的に応じることで存在感をアピールした。

当面の政局についても「私なら1月に解散する」と発言し、「キングメーカー気取り」(自民長老)との評も広がっていた。そして、党内保守派の安倍氏支持グループからは、「2021年9月の総裁選出馬による再々登板を期待する」との声が相次ぐほどだった。


菅首相の政権運営は、自民党の二階俊博幹事長との緊密な連携による「菅・二階連合」が中軸となっている。このため、安倍前政権の中核だった麻生太郎副総理兼財務相の存在感が薄れ、総裁派閥で権勢をほしいままにしてきた党内最大勢力の細田派も、菅・二階連合の後塵を拝する形だ。

二階氏は党内を完全に掌握することで菅首相を支える一方、人事や資金を独占していることへの党内の不満も高まっており、そうした状況が安倍氏の再々登板を後押しする動きの背景にあるとされる。安倍氏側は「菅政権が安倍政治の継承を旗印に高い支持率を得られたのは、安倍氏の協力があったから」(周辺)と強調し、「安倍氏が体調を回復すれば1年間だけ菅氏でつないで、また安倍政権に戻せばいい」(同)と主張する。

疑惑再燃も安倍氏封じ込めが狙いか

11月に入り、菅首相は安倍氏が退任直前の9月に「首相の談話」という遺言のような形で提起したミサイル防衛政策の見直しについて、安倍氏が目標とした年末までの結論を先送りした。さらに、憲法改正についても、「菅首相はやってるふりをしているだけで、安倍氏のように(改憲で)リーダーシップを発揮する気はない」(自民幹部)とみる向きが多い。

そこで、安倍氏側は「話が違う」(側近)との不満から安倍氏復活に動き、それを官邸サイドが牽制するという「菅vs安倍」という構図が浮かび上がるわけだ。今回の桜疑惑再燃も「菅首相が安倍氏の封じ込めを狙ったもの」とのうがった見方が出る所以だ。

地検が刑事事件として立件するような事態になれば、細田派と麻生派、さらには竹下派など、菅首相の政権運営に不満を持つ勢力が一斉に「反菅」に転じる可能性もありうる。

ひと昔前、ロッキード事件で田中角栄元首相を逮捕させた三木武夫首相(当時)に対し、最大勢力だった田中派を先頭に多数の派閥が挙党体制確立協議会(挙党協)を結成して「三木おろし」に動いた前例もある。多勢に無勢で手足を縛られた三木首相が解散もできずに任期満了選挙に追い込まれ、自民敗北で退陣した歴史は「今回の動きと二重写しになる」(自民長老)との見方もある。


そもそも、地検特捜部が国会開会中に本格捜査を進めることもあまり例がない。これまでは、「選挙前3カ月から半年は政治がらみの捜査をしないのが慣例」(司法関係者)だった。年明け解散も取りざたされている時期に、超大物である前首相の疑惑を捜査するのは「極めて異例の事態」(同)ともみえる。

そういうこともあって関係者の間では今回の疑惑について、「公選法違反の立件は困難で、本命は政治資金規正法違反(不記載)」との見方が広がる。「動かぬ証拠」(閣僚経験者)となるホテル側の領収書が存在すれば、安倍事務所の「収支報告書不記載」での立件は容易だ。検察は年度が替わる前に捜査を終結することが多く、今回の捜査も2021年3月までに結論を出す方向だとされる。

「秘書に責任押し付け」で言い逃れ

そこで問題となるのが安倍氏の今後のふるまいだ。安倍氏周辺はすでに不記載を認めているとされ、「安倍氏が国会で虚偽答弁を続けたことは明白」(閣僚経験者)だ。そうなれば当然、安倍氏自身による記者会見での説明や国民への謝罪が求められることになる。 

安倍氏支持派とされる産経新聞も、26日の社説で「自ら説明すべき」と主張した。ただ、安倍氏が虚偽答弁を認めて謝罪すれば、国民の信頼とキングメーカーとしての政治的地位を一気に失うことになる。

ただ、「不記載は一定以上の金額でないと関係者を逮捕することなどはしないのがこれまでの例」(司法委関係者)とされる。今回の疑惑は「年単位でみると最大250万円程度の不記載なので、せいぜい書類送検での罰金刑。場合によっては収支報告書の訂正で済ませるケースもいくらでもある」(同)との指摘も多い。

その一方で、安倍氏がもし、違法を認識していて虚偽答弁を続けていたことが立証されれば、「議員辞職にもつながる政治家としての致命傷」(自民長老)となる。これまで、安倍氏周辺から出たとされる情報は、「会計責任者でもある公設第一秘書が安倍氏に黙ってやったこと」で統一されている。安倍氏は過去の政治スキャンダルと同様、「秘書がやったことで、まったく知らなかった」と言い逃れしようとしているともみえる。

つまり「政治的落としどころは、秘書だけが処分されて安倍氏は立件対象にならないまま、虚偽答弁を記者会見などで謝罪して、証人喚問などは回避する」(自民幹部)というシナリオが現実味を帯びてくる。

ただ、その場合も「結果的に安倍氏の再々登板説も自然消滅し、院政への道も遠のく」(同)のは明らかだ。その結果、「菅首相の求心力は強化され、次期衆院選で負けない限り、総裁再選による4年の本格政権が確実になる」(自民長老)。ここ当分は「桜疑惑をめぐる虚々実々の駆け引き」(同)が政局の焦点となりそうだ。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

全トヨタ労組は『労働貴族』かよ → 自民党は「本質的に労組大嫌い政党」なのに

2020-11-30 14:36:38 | 安倍、菅、岸田の関連記事
「知ってびっくり民主党」という、『有名な自民党のデマパンフレット』を思い出してほしい。

労働組合が政権与党を支持する、ということに対し、「強い懸念の内容」、平たく言えば、『ボロカスに叩いていた』。

要するに、自民党は本質的に「労組大嫌い政党」。

さらに言うと、自民党の議員の中で労組とパイプが太い人物など聞いたことがない。

そうした背景があるにもかかわらず、全トヨタ労組ときたら、

「共産党と与する立憲民主党が許せない」

だって。

アホか。

こいつらは、今の政治状況、社会状況を全く理解していない。

まさしく、労働貴族の考え方そのもの。

こんな労組、欧州では考えられない。

さっさと解体すべき。




旧民主党系議員を支援してきた「全トヨタ労働組合連合会」が、与党も含め旧民主系以外との政策上の連携の強化を検討している。与党との連携は今に始まったわけではないが、連合内には「旧民主系が集う立憲民主党からの離反」と見る向きが強い。背景には共産党との連携を強める立民への不満があるようだ。

(田中一世、今仲信博、奥原慎平)

 全トヨタ労連は産経新聞の取材に「われわれの政策の実現のスピード感と実効性を上げていくため、党派にこだわらない連携を検討している。選挙は念頭に置いていない」と狙いを説明した。連合幹部も支援先が与党に変わるわけではないとした上で「連合執行部が傘下労組に求めている『立民支援』ではなく、議員を個別に見極めて支援するとのメッセージだ」と語る。

 9月に旧民主系が合流し、新・立民が150人規模で発足した。後押ししたのは神津里季生会長ら連合執行部で、支援先を分散させない「大きな固まり」が必要と判断したからだ。

 思惑とは異なり、傘下の自動車や電力などの産業別労働組合(産別)は立民と距離を置く。立民は綱領に「原発ゼロ」を記載。共産と次期衆院選で協力する方針で、共産は「野党連合政権」の合意も求める。この姿勢は産別と相いれない。

 全トヨタ労連はトヨタ自動車グループ各社の314労組(総組合員数約35万人)が加盟。愛知県を中心に強大な集票力を持ち、旧民主系議員と「連絡会」を作り選挙で支援する。だが、連絡会の議員は立民所属が多く、共産と歩調を合わせて政権批判を繰り返す姿勢に同労連関係者から苦言を呈された議員もいた。

 立民の福山哲郎幹事長は同労連の動きに関し「方針転換とは受けとめていない」と語るが、立民への不満の表れともいえる。

 一方、自民党では連携が選挙にまで及ぶことへの期待が高まっている。特に敏感なのが愛知県選出議員で、約10人は25日、国会内で情報交換し、同労連との連携強化に向け県連や党本部主導での関係構築を求める声が上がった。若手は「選挙の時にあの『軍団』の動きが止まるだけでも助かるのに、連携となれば本当にありがたい」と強調する。

 世耕弘成参院幹事長も20日の記者会見で「われわれは基幹産業として自動車産業が発展するような政策を次々と打っている。重要な局面を迎えているわけで、労組側との意見交換はやぶさかではない」と語った。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

335. 意を決して福島第一原発へ向かい、最悪のレベル7の事故ながらも、死者ゼロに導いた菅直人はエリートの中のエリート

2020-11-30 14:36:15 | 政治経済問題
335.【医者を辞めた高校の時の同級生】エリートは辛いね!うちの塾で育った生徒にオススメしている久留米市内の塾【医学部など超難関向け】Japanese university entrance exam



naoya sano

じゃ、意を決して福島第一原発へ向かい、最悪のレベル7の事故ながらも、死者ゼロに導いた菅直人はエリートの中のエリートですね。


naoya sano

9:11 台湾戦争? アメリカの戦争屋が仕掛ける気なのかね?

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする