木を愛し、土に親しみ、犬と戯れ、思いつくまま気ままに発信、知る人ぞ知る「山章工房」のブログです。
山章工房の木土愛楽(きどあいらく)



おはようございます。

昨夜は避難勧告が出るほどの集中的な降水でしたが、大きな被害はなかったようです。

昨夜の練習は途中からその雨に見舞われ、

サイコンも誤作動するほどに濡れましたが、今朝の練習は快適。

さて、4月からこつこつと集めた買い物シールがいっぱいになったので

圧力鍋を

買いました。

料理はじめは、煮豚を作ってみることにしました。

豚肩ロース600gの

六面体に

焼き色を

付けていきます。

沸騰したお湯に豚肉を入れて中火で10分下ゆでします。

その間に、ショウガ、ニンニク、タマネギ、八角、山椒を用意します。

特にこのニンニクは我が村の80歳を過ぎるカツコさんが作って私にくれたもの。

小粒ですがとてもおいしいものです。

調味液は水500ml、酒200ml、甘ダレ(砂糖と醤油を同割りで溶かしたもの)200mlです。

下ゆでが終わったゆで汁はこして

スープとして別の料理に使います。

圧力鍋に昆布を三枚敷いて、調味液とスパイスを入れてふたをして圧をかけます。

圧力がかかったら(吉本興業はかけてないと言ってますが、何のこっちゃ?)中火で15分。

冷めるまでおいたらふたを開けて、

二重にしたビニール袋に煮汁ごと1~2日おいておきます。

(煮汁は一度こして、スパイスと昆布は除いておきます。)

さあ、出来上がりはどうなっているか楽しみですね。

それでは今日も元気に行きましょう。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

久しぶりに雨の気配もなく、セミが本格的に鳴き始めました。

海の向こうフランスではTDRも1回目の休息日が終わり、

長い旅も中盤にさしかかっています。

私の練習は脚が重々なので、ギアはカルメジャーヌ。

ただ、体重が1kgも減っていたのはうれしかったですね。

さて、先日、食遊市場で鶏ガラを買って、スープをとりました。

500円ほどで10リッターの位のおいしいスープが取れます。

凍ったままの鶏ガラを沸騰したお湯の中に入れて、

5分ほどグラグラ煮立たせて、アクや脂を出します。

良く水洗いして、血合いや汚れを除きます。

寸胴に鶏ガラ、鶏手羽10本、昆布、ネギの軸、ショウガ、ニンニク、キャベツの葉を入れ、

一杯に水を満たし、強火で煮ます。

沸騰寸前になったら火は弱火に。

浮いてくれ脂やアクは丁寧にすくいましょう。

30分ほどしたら鶏手羽は取り出し、身を外して、骨は再び寸胴に戻します。

外した身は、フォーの具や

サラダのトッピングになります。

2時間ほど煮込むと、こんなきれいなスープが取れます。

顆粒の鶏ガラ出汁と違い、まろやかなクセのない味で、ほんのり甘みを感じます。

また、出来たてのスープは鶏の良い香りもします。

2~3日使う分は冷蔵庫に、その他はタッパーに500mlくらいに小分けして冷凍。

もう良い香りと言うわけにはいきませんが、それでもインスタントよりはるかに良い味です。

是非、お試し下さい。

それでは今日も元気に行きましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

5日ぶりに焼いたパンの捏ねバネは10時の方向で、しかも少し破れてます。

あまり良くないの予言通り、Mayとの散歩の時は、雷がピカピカゴロゴロ、

散歩は最短の図書館コースでもしっかりと濡れて、

検診を一週間後に控えている私も練習に出られません。

まあ、夕方に挽回しましょう。

さて、唐突に始まった私の東南アジア食、先の3連休では

ベトナムのフォーを楽しみました。

シャンツァイと

スイートチリソースがあれば、何となくそれ風になりますが、

簡単だけに鶏ガラスープが味の決め手になります。

この作り方はまた別の日のブログにしましょう。

 フォーは熱湯に5分間浸します。(ゆでません!)

鶏ガラスープにニョクマム小さじ2を入れ、塩味を見て、塩を足して味を調えます。

ニョクマムは魚醤なので、もっとクセがあるかと思っていたのですが、

スープがおいしいのかとててもまろやかです。

このスープで、モヤシ、カラーピーマン、甘長シシトウ、出汁に使った鶏手羽をむしったもの

そして、水洗いしたフォーを入れて野菜が柔らかくなれば出来上がり。

まあ、言ってみればベトナムの即席麺といった感じです。

器に装い、

ざく切りにしたシャンツァイと細ネギを入れ、

スイートチリソースとレモンを添えます。

食べる時に、レモンを搾り、チリソースをかき混ぜる

これがなんとも異国風(エキゾチック)、ラーメンよりもあっさりしています。

食材も油を使ったものがなく、ローカロリーです。

何よりもおいしいので、お試しください。

それでは、今日は早くも週の折り返し、元気に行きましょう!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

これで梅雨明けと思ったら、まだ次の雨雲があるそうです。

梅雨の合間のバラの花、

小輪ながらきれいに咲いています。

サルビアも夏を感じさせる花ですね。

夏と言えば、今朝の散歩の時にMayがセミの抜け殻をたった1つですが見つけました。

練習は週の後半で、脚はお疲れ気味、そんな時はkalas社のwearで、

何と向陽中の坂でPR(自己記録)が出ていました。

さて、お待たせしました、先週、まっちゃんからいただいた

浜名湖三ヶ日産の地(自)ビール、渋みの効いた濃い味のビール。

単独でも良いのですが、アサヒドライと割るとこれが良い味。

ジョッキに半分、地ビールを注いで

ドライを継ぎ足せば、まるでヨーロッパのような芳醇なビールの出来上がり。

ドライだけよりも飲み応えがあり、お腹にもたまります。

地ビールがまだペットボトル半分残っているので、今夜も楽しめそうです。

それでは今日も元気に行きましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

久しぶりの堂々との晴れマーク、気候もさわやか、乾いた路面。

絶好の練習環境ですが、もう水曜日、脚はちょっと疲れ気味、

右臀部に軽い痛みがあります。

パン占いも、要注意の10時の位置。

それでも、向陽中の上りでは自己記録と1秒差なので上々です。

さて、昨日紹介した焼きうどん、

昨夜の晩酌スタートのサラダにも載っているのが、挽肉炒め。

これ、まとめて作って、冷蔵庫にストックしておくと、中華にもエスニックにも重宝します。

中華鍋に大さじ4と多めのごま油を熱し、豚挽肉(写真は1.1kg)を入れ、強火で炒めます。

挽肉の色が変わり、濁った汁が出始めます。

さらに炒めていくと、水分は減り、濁りも消えたら、これくらいの紹興酒を加えます。

火は弱火にして100g程度の甜麺醤を入れます。

お玉をかき混ぜ、味噌を全体に行き渡らせます。

浮いているのは水分ではなく、挽肉から出た脂です。

こうなれば完成です。

ざるに上げて、脂を切って冷まします。

冷蔵庫でも2週間、冷凍庫なら1月保ちます。

冷凍するときはシャーベットを作る要領で、時々スプーンでかき混ぜてやると

挽肉がばらばらにばらけて使いやすいです。

挽肉が安売りの時に、数パック買い込んで是非作ってみて下さい。

それでは今日も元気に行きましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

雨上がりで、グラウンドがまだ乾いていなかったので、dog runは出来ません。

Mayは元気回復で、ちょっと体力をもてあましています。

私のバイクも火曜くらいまでは、脚に力が貯まっていて楽しいです。

ただ、路面が濡れているので、練習後にバイク整備をしなければならないのが

ちょっとめんどくさいです。

さて、私的に突然やってきた東南アジアブーム。

土曜日、食遊市場で食材を買い込み、焼きうどんを作りました。

パクチー、モヤシ、ニラ、青唐辛子、カラーピーマン、南国的な彩り。

弱火でニンニクの香りを出したごま油で、ピーマン、青唐辛子を炒め、

パクチーとニラの茎を加え、しなっとしたら

モヤシ、パクチー、ニラを入れます。

うどんを表示時間通りに茹でて、水洗い。

たれはニョクマム2~3滴、すし酢、酒、醤油、ラー油をとった後の唐辛子スパイスを入れて

甘辛く、そして酸味もある味にします。

中華風挽肉(作り方は後日)を入れて、野菜となじませます。

最後にうどんとたれを加えて、強火で汁気を飛ばせば出来上がり。

盛り付けて、トッピングにピーナツの砕いたのをのせると

ほーら、東南アジア風になりました。

私の東南アジアブーム、まだ続きますね。

それでは今日も元気に行きましょう。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

朝の散歩のスタートはついにライトが必要になりました。

Mayは散歩が終わり、もらうものをもらえば、

腰をこのようにくねらせている時は、体調も良くリラックスしている時です。

雨は降っていませんが、公園の芝は朝露でびっしょり、高湿度。

今週はバイク練習も順調で毎日走れています。

豊岡の方では4~5分ですが、しっかりと雨に降られてしまいました。

さて、昨夕、同好の士、人生の先達、まっチャンが手作りビールを持ってきてくれました。

昨夕は出掛ける用事があったので、頂き物のビールはとりあえず冷蔵庫。

先ほど、写真撮影用に冷蔵庫から出すとボトルがおいしそうな汗を書いています。

朝から飲むわけにはいかないので、今夜の楽しみにしましょう。

一番右はまっチャン愛飲のワインだそうです。

これもorgnicと書いてあり、期待が高まりますね。

私のラー油がこんなおいしい飲み物に化け、

何だかわらしべ長者のような気分です。

それでは晩酌を楽しみにあと一日がんばりましょう!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

梅雨前線の上昇で当地方も結構雨が降っています。

私の脚にとっては恵みの雨ですが、

この子にとっては退屈な雨、

犬バカを承知で言わせてもらえば

最近少し太り、かわいらしくなってきた気がします。

さて、40歳代半ばまで、浜松市に勤めていた頃、

職場から700mくらいに「みやひろ」(布橋店)がありました。

お昼休みに歩いて行くには微妙な距離ですが、

駐車場が狭く、自転車で月に2~3度は行っていました。

また、街中で飲み会があったときの締めは有楽街の「みやひろ」でした。

その有楽街の「みやひろ」はなくなり、布橋の店は北に100mほど移転して

こんなふうになりました。

駐車場も10台くらい留められます。

正午前に行くとほぼ満車ですが、待つことはありません。

券売機が置かれていました。

大盛りでも特盛りでもいけるのですが、今月は3週間後に人間ドックが控えているので

普通のチャーシューワンタン麺。

食べるときは、夢中なのでチャーシューの枚数数えてなかったのですが、

画像で見る限り9枚は載っていますね。

ワンタンは食べながら数えていたのですが、6個まで数えたのですが、

後の2~3個は、ワンタンそのものか、それともちぎれた切れ端か分からなかったです。

ホントは60歳代はスープ飲み干しちゃダメなんですけどね。

何かが強調された大げさな味ではなく、チャーシューもワンタンも麺もスープも普通においしい。

最近あまりないですね、普通においしいラーメン。

お腹8分目、午後、門外漢ながら参加している長い会議も眠くならずに済みました。

雨の降り具合が気になりますが、今日も元気に行きましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

昨日、軽い筋肉痛と言っていたのは結果的には嘘になりました。

昨夜寝付いてから肩甲骨周辺は猛烈な痛みで、寝返りも打てません。

朝起きてみると全身筋肉痛、Mayのdog runのボールは右手では投げれず、

左手で勘弁してもらいます。

痛いのは生きてる証拠、元気にバイク漕いできました。

さて、日曜夕、待望のミーゴレン作りました。

エビはサラダオイルで八割方焼いておきます。

目玉焼きも別のフライパンで、

麺は熱湯に5分つけて

流水で洗います。

ミーゴレンの素を

ストックしてあるささみのゆで汁で伸ばします。

パプリカ、もやしに油がなじんだら

麺、エビ、ニラ、パクチーを入れ、たれが麺に絡めば出来上がり。

最後に目玉焼きをのせれば出来上がり。

味は甘辛の海鮮焼きそばといった感じで、ソース焼きそばよりあっさりしてます。

夏場にはこちらの方が良いかもしれません。

最近は当地方のスーパーでもパクチーが売られるようになりました。

余ったパクチーは昨夜サラダに。

こちらも茹でたエビを2~3匹のせれば、1000円くらいのエスニックサラダになりますね。

それでは今日も元気に行きましょう!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

梅雨のじとじと雨が降っています。

夏至から早10日、悪天もあってか、散歩時は薄暗さを感じるようになりました。

さて、昨日は心ならずも午後2時過ぎまでは仕事、

その後路面が乾いていたので、ゆっくりとバイクを漕いできました。

シャワーを浴び、ストレッチをしてから

ユニクロにバイクブランドのTシャツを買いに行きますが、

安売りになっていなかったのでpass。

帰りに半年以上ご無沙汰だった

業務スーパーに寄ります。

土曜夕方5時半、50人ほどいる客の7割くらいは、外国人です。

私、何故かしら夏になると東南アジア系の麺類に気持ちが動きます。

数年前は生春巻きにはまっていました。

昨日見つけたのが、左がインドネシアの麺、

イスラム国家らしく、左下にハラルマークが”はらる”ています。

右はタイの麺センレック、グルテンフリー(小麦粉を使わない)の米粉の麺です。

私にはお隣のベトナムの同様の麺フォーと違いが分かりません。

(ついでに言うとニョクマムとナンプラーの違いも分かりません。)

とりあえず、どちらの麺も熱湯で戻して炒めれば、アジア風焼きそばになります。

インドネシアはミーゴレン、タイはパッタイというようです。

日本でも東南アジア系の料理は、カフェなどでは広まりつつあるようで、

数年前ほど、エスニックと強調されなくなっています。

ただ、私は食べたことないで、ネットでレシピを検索して

なんちゃって、ミーゴレンやパッタイを作ってみようと思います。

最初はいっしょに買ってきたこの調味料の助けを借りてみます。

こちらもハラルマークが付いているので、私も豚肉は使わず、エビか鶏肉を使おうと思います。

でも、私の昨夜の晩酌スタートも十分にAsian Taste,

野菜サラダに、唐辛子を中心とした辛み調味料、手でちぎった茹でたささみに

ラー油と胡麻ドレッシング。

この後は我が家では今年最初の

甘甘娘(かんかんむすめ)・スイートコーンをいただきました。

それでは、仕事はあまり好きではありませんが、

かといって穴を開けるわけにもいかないので、ちょっとだけ行ってきます。

皆様もうっとしい月末ですが、よい日曜をお過ごしください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ