木を愛し、土に親しみ、犬と戯れ、思いつくまま気ままに発信、知る人ぞ知る「山章工房」のブログです。
山章工房の木土愛楽(きどあいらく)



おはようございます。

明るくさわやかな曇り空です。

昨日は気温が上がりましたが、

まだMayには堪えていないようです。

私の練習は昨日の朝練で脚が売り切れたようなので、夕練は休み。

「妻がもうすぐ梅雨だから走った方がいいんじゃない?」と要らぬお節介。

売り切れは売り切れ、今朝の練習もギアを2枚ほど落として、カルメジャーヌ。

さて、練習が終われば

フレンチプレスでコーヒーを抽出して

カフェオレとハムチーズトーストが朝の定番。

私が50代で身につけた技術で役に立っているのが、

昨日鼻持ちならぬ自慢をした電気工事士と

コーヒー豆焙煎です。

安いのは当たり前で、どこの有名焙煎の豆よりも香ばしく、軽くおいしいです。

フレンチプレスでは特にその味の違いがよくでます。

6年前まっチャン先輩のアドバイスから気軽に始めた手網焙煎。

手網も始めるときに、アマゾンで購入したものを使い続けています。

しかし、長年の使用で手網の一部に穴が空いています。

ご覧のように針金で補修をしているのですが、

日曜朝、その補修箇所から小さな豆がパラパラとほんの少々落ちています。

そこで文字通り裏技登場。

手網をひっくり返して小穴を上に向ければ、小さな豆もこぼれません。

もう一ついいことに本来の底面のこちらの面は、

焙煎ででるすすが着いていないので豆の色がよく見えます。

もちろん、留めクリップが外れれば、ふたが開き豆はすべてこぼれ落ちます。

その時は一巻の終わり、買い換えましょう。

意外と物持ちが良い私、それまではこの裏技でしのぎましょう。

それでは今日も元気に行きましょう。

 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

朝の散歩時にすでに21.5度、しかも湿度もあり散歩の終わりには

すでにうっすらと汗をかいています。

バイクジャージは結構ぴちぴちに作られているので、

汗があるのとちょっと着にくくなります。

昨日は脚がかなり好調だったので、もう今日は動かないだろうと

気軽に練習に出たのですが、意外にも動いたので、

後半は少しムキになって頑張りました。

夕方は雨でもいいかなと正直思っています。

さて、先週の土曜日、伊豆に帰る朝、コーヒーを飲もうとミルに豆を入れます。

スイッチを入れてもウンともスンとも言いません。

前々から不調だったのですが、原因が分かりませんでした。

しかしこれではっきりしました。

コードがプラグの付け根で一方が断線してます。

コーヒーはあきらめ、伊豆に帰り、電工道具と代替プラグを磐田に持ち帰ります。

プラグを切り離し、コードの被覆をむきます。

新しいプラグに

のの字方向に電線を巻き付け、ドライバーで固定すれば

ものの5分で完成。

誰でも出来る簡単な作業ですが、

実は法律的には電気工事士でなければやってはいけないって知ってますか?

私は(資格を持っているので)大丈夫です。

最後は嫌みな自慢ネタになってしまいましたが、今日も元気に行きましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

昨日、一時的に強く降っていた雨も上がりました。

Mayと図書館コースを歩いていても、相変わらず、冷え込みは感じませんでした。

さて、私のブログカテゴリーの中でも出番の少ない「珈琲の音(coffee note)」です。

久々に新豆を購入したので、コーヒー豆の焙煎教室を開きましょう。

道具は大きめの缶詰(1号缶内径153mm 高さ176mm)の空き缶、これを使うのが山本式。

ぎんなん煎り用手網(直径220mm)、クリップ4個だけです。

初期投資3000円以内で、コーヒー焙煎というすてきな趣味が始められます。

生豆はネットで最初は1kgほどを取り寄せてください。

豆はそれぞれ350g計量します。

手前の手帳は、焙煎時間と焙煎後の重さを記録します。

(7年間記録してますが、振り返ったことは実はあまりありません)

パプアニューギニア

ブラジルNo.2 (ちなみにNo.1はないので、もっともグレードの高い豆になります)

タンザニア(一般的にはキリマンジャロで通っています)

今回初めて購入したホンジュラス、SHGは最上級を意味します。

ここが山本式です。

空き缶がコンロの熱を集約し、たぶん遠赤外線(?)を豆に届けます。

また、空き缶の高さが手網を振る位置を常に一定に保ってくれます。

この二つの効果により、強火の遠火で豆の中までしっかり熱が通り、

豆の香りと味を引き出します。

焙煎中は火加減は変えずに常に強火です。

豆を手網に入れ、クリップで4箇所を留めます。

2~3分すると、豆がうっすらと緑に変り、青臭いにおいがしてきます。

この瞬間が焙煎中のもっとも楽しい過程です。

徐々に焦げ色がつき、生豆から薄皮(チャフ)がはがれ、手網から出てきます。

だいぶ色づいてきて10~13分ぐらいで、最初の豆の破裂音(1ハゼ)が聞こえてきます。

さらに加熱を続けると、焦げるにおいがして煙が立ち、

1ハゼよりも小さな破裂音(2ハゼ)が聞こえてきます。

この音をどこまで聞いて、煙をどこまで出して焦がすかが、焙煎者の判断になります。

もちろん、金網越しに、豆に煎りムラや焦げすぎがないかもしっかり目でチェック。

これくらい煙が出てきたらもう火はストップ、焙煎完了。

この間の1分前後の判断で豆の仕上がりが変わってきますが、

それは焙煎回数を重ねて、覚えるしかありません。

大きめのざるに取って、扇風機の風をあてながらもう1つのざるに豆の移し替えを

3~4回繰り返して、チャフ(豆かす)とあら熱を飛ばします。

豆はざるに入れたまま、しばらくは扇風機の風に当て、落ち着かせたら出来上がり。

仕上がりの豆はおよそ290g前後になります。

これがほぼ標準的な仕上がりです。

タンザニアは、酸味を活かすためにやや浅めに焙煎しました。

逆にホンジュラスはやや深めの焙煎にしました。

この豆自体は初めてですが、かつてその隣国のグアテマラの豆が深めの焙煎がおいしかったので、

根拠は薄いのですが、この豆もそうしてみました。

これがホンジュラスのストレートです。

見た目苦そうに見えますが、そうでもなく、もちろん砂糖もミルクも入れません。

また自家焙煎の豆の特徴として喉ごしがよく、スーと入ってきます。

どんなブランド豆でもだいたい焙煎後100gの単価は100~120円で収まります。

どうですか、皆さんも3000円でおいしいコーヒーの世界に踏み込んでは?

これからMayと伊豆に帰り、今日も焙煎をしようと思います。

皆様もよい週末をお過ごしください。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

ほんの少し前に雨がさぁーと降ったのか、路面が濡れていました。

今朝は伊豆へ帰省なので、May散歩は短めの図書館コースです。

さて、一昨日広島の「コーヒー流通センター」からコーヒー生豆40kgが到着しました。

前回の注文が昨年の6月ですから、1年4ヶ月ぶりです。

在庫がなくなり、ガラスビンはからっぽ。

私が50歳代で身につけた最も有用な技術がコーヒー焙煎です。

7年前、ぎんなん煎りの手網で焙煎すればいいんじゃないと助言を下さったまっちゃんに感謝です。

豆はいつも10kgを4種類、コーヒー豆選定委員会が厳正な基準のもと選びます。

 ・大陸別枠 ラテンアメリカ2、アフリカ1、アジア1

 ・金額 4種類合計で4万円は超えないこと

この基準に沿って今回選ばれたのは

アジア代表パプアニューギニア。

アフリカ代表はタンザニア(通称キリマンジャロです)。

中南米代表は今、移民問題で世界の注目集めるホンジュラス。

そしてコーヒーの絶対王者ブラジルは不動の4番です。

金額も32000円少々と言うことで、選考基準を軽くクリアです。

16ヶ月でこの金額ですから、一月2000円でおいしいコーヒーが自宅と職場で飲めます。

それでは、これらの豆を積み込んで伊豆に帰って焙煎です。

皆様もよい週末をお過ごしください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

薄日が差して、着実に春が深まっています。

Mayのサークルの敷物も昨日から夏物に替わってこざっぱり。

bike wearもシューカバーなどを含めた冬物をしまい、夏物に。

ただ、まだ半袖、ショートパンツでは肌寒く、薄手の長物を着ています。

練習は回復レベルで行くつもりですが、後半、意外と踏み込めるのに気をよくして、

結果は走行距離54.21km 2時間01分39秒 平均時速26.74km/h 平均心拍数139bpm

いい練習でした。

さて、先週日曜、「天城越え」の後、工房に向かい

コーヒーやぐらの脚からはみ出ている割くさびを切りそろえ、形を整え、加工終了。

ちゃんとネルが収まるか確認して、仕上げのペーパーがけ。

山荘に帰り、磐田への帰り支度をしながら

お湯を沸かすついでに、焼き印を熱します。

刻印がされました。

月曜、磐田で食品衛生法適合のワシンの水性ウレタンを塗って、すべてが完成しました。

1日半養生して、ようやく昨日8ヶ月ぶりにネルドリップコーヒーが復活しました。

ネルを留めるピンチがばらばらで風情にかけますが、

すっきりとコーヒーが抽出されます。

妻が「(砂糖も入れてないのに)甘い味がする。どうして?」

「焙煎している豆がいいからだよ。」

これからは時間と気分でネルドリップ(時間がかかる・味すっきり)

フレンチプレス(簡単・味濃厚)を使い分けていきます。

今夜は地元でルヴァン杯のジュビロ戦の応援に行きます。

それではよい一日を!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

3日続けての雨、long rideができる休日なのに雨、空を憎みます。

Mayも毎朝短い図書館コースの散歩で少し退屈してます。

さて、今パソコンの前に置いて飲んでいるのが、フレンチプレスで淹れたカフェオレです。

昨年、夏くらいまでは、百均で買った味噌こしを利用したネルドリップで入れていたのですが、

コーヒー受けのガラス容器を割ってしまい、それがすでに販売終了となり、代替がなくなったためです。

豆をメジャースプーンで4杯分、普通に挽きます。

沸騰させたお湯、3カップ分、ミルク1カップ。

お湯を粉に注ぎ、菜箸で軽くかき混ぜます。

タイマーで4分を計ります。

その間にカップごとミルクを1分20秒、レンジで温めます。

4分経ったらコーヒー液をプレスして、粉と液体に分けますが、粉はすき間から逃げるので

さらに茶こしで逃げた粉を受け止めて別の容器に入れます。

温めたミルクと合わせれば、

朝のカフェオレできあがり。

フレンチプレスのコーヒーの特徴は

 ・豆の味、特に油分も含めて丸ごと抽出されます。

 ・フィルターなどの廃棄物が一切出ません。

 ・熱湯を注いで4分、うんちくや技術を語る必要のないシンプルさ。

つまりフレンチプレスはコーヒー豆のおいしさがすべての淹れ方です。

ただ、毎週日曜朝山荘で飲むドリップ式の油分を含まないすっきりした味もいいものです。

ドリップ式の容器が販売中止なら作っちゃえ!

先週日曜日、新たなプロジェクトが密かに伊豆山中の工房でスタートしたようです。

さあ、何ができるのでしょう?

皆さんへのお披露目は4月かな?

それにしても恨めしい雨です。

皆さんもよい休日をお過ごし下さい。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

昼間はどうなるか分かりませんが、昨夜一雨あり、やや涼しげです。

Mayと図書館コースを歩いてきました。

不覚にもMayに死んだ蝉を食べられてしまいました。

さて、先月私の住む見付地区にもおしゃれなカフェがオープンしました。

「元町カフェ 見付の離れ」です。

先週妻と行き

フレンチプレスのアイスコーヒーと

抹茶ロールとセットで頼むとほぼ千円。

おいしいですが、このコーヒーの味なら私は負けないなと思いました。

夏です、さすがにホットコーヒーはやせ我慢になります。

コンビニのアルミ缶ボトルのアイスコーヒーはいまいち。

そうだ、ベトナム式アイスコーヒーを作ろう!

豆は

やや深めに焙煎したパプアニューギニア。

本来はベトナム式の金属製ドリッパーを使うのですが、

ニトリでフレンチプレスを買ってきました。

いつもは無印良品で買っていたのですが、廃番になってしまいました。

サーバーに4人前の粉(50g)を入れ、3カップ分(400ml)のお湯を注ぎ4分おきます。

ぎゅうとプレスして茶こしでこしながらコーヒー液抽出。

ベトナム式のキモはコンデンスミルクとたっぷりと使うことです。

氷水で冷やせばできあがりです。

ベトナム式のポイントは

 ・深めに焙煎した豆で、濃いめのコーヒー液を抽出。

 ・抽出方法はペーパーや布を通さない直接濾過。

 ・そして何よりも練乳たっぷりです。

ベトナムに負けず劣らず暑い日本の夏にお試しください。

苦み・渋みと練乳の甘さが熱帯アジアの夏に合います。

昨日のお昼は

ナスと豚肉、豆腐を白ダシで煮て、うどんにかけました。

油を使ってないのでこれを冷やしてかけうどんにもできます。

煮る時にショウガをきかせると熱くても冷たくてもさっぱりします。

それではMayと伊豆に帰り、3連休を楽しんできます。

皆さんも8月最初の週末をお楽しみください。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

カエルのように待望していた雨です。

Mayと水曜の今の浦コースを歩き終えるとさっさと2度寝をします。

そして起きたらコーヒーとヨーグルトなんですが、その方式が先週から変わりました。

本来は私は手縫いのネルを使ったドリップ式なんですが、

このガラス容器を妻が先週割ってしまいました。

この容器は本来はフレンチドリップ式のもので、無印良品で買いました。

粉を入れて

お湯を規定の目盛りまでいれて4分ほど待ちます。

そして上からプレスすればできあがり。

豆の脂肪分も入り、若干濁った色になっているのが分かりますか?

これが本来の使い方ですが、もう少しすっきりした味がいいと言うことでネルドリップです。

日曜に妻と二人でこのフレンチプレスをムジに買いに行ったのですが、すでに廃番。

たしかポドムでも同様な商品があったのでこれからネットで探します。

それまでは、カリタ式。

やり方はネルドリップと同じです。

豆をお湯で湿らせて、20秒ほど置きます。

そしたらお湯を最初水平に膨らむまではある程度勢い注ぎます。

膨らみ始めたら湯量を細めます。

受けのサーバーの目盛りを見て、規定の線まできたらドリッパーを外してできあがり。

暖めたミルクと合わせれば、カフェオレのできあがりです。

3つの方式(ネルドリップ・フレンチプレス・カリタ式)の中では後の豆かすの処理が一番楽です。

ただ、ほかの様式は豆以外廃棄物がなくてエコですが、これは紙を毎回使います。

早く代わりの容器を見つけ、ネルドリップに戻ります。

それでは今日も元気に行きましょう。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

今朝も雨が降りません。

土曜は最短の図書館コースをMayと歩いてきました。

練習はこの後すぐに出張が控えているので休みです。

 

さて、私の冷菓作り、まだ続いています。

杏仁豆腐、水ようかんときたら次はコーヒーゼリーでしょう!?

コーヒー豆をいつものようにメジャースプーン4杯分を挽きます。

コーヒー1カップ分150mlに粉寒天4gを溶きながら

沸騰後も火加減をして2分間加熱します。

コーヒーをカップ3杯分450mlになるように抽出します。

寒天液の中にコーヒーを入れ

まんべんなくかき回します。

容器にコーヒー液を入れて冷やし固めればできあがり。

「どこがベトナム風?」ここまで甘みゼロ。

食べる時にコンデンスミルク(練乳)をたっぷりかけていただきます。

何でもベトナムコーヒーは練乳たっぷりなものをいただくそうです。

そこからとったネーミングです。的外れだったごめんなさい。

でも、簡単で濃くも甘みもありおいしいですよ。

ちなみに豆はインドネシアのスマトラクィーンという銘柄です。

 

それでは富士市に出張に行ってきます。

皆様はよい週末をお過ごしください。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




おはようございます。

梅雨にもかかわらず、今朝もさわやかいい天気。

Mayとの散歩後は、火曜日恒例の森町三倉コース。

先週は60kmにあと500m足らず、悔しい思いをしたので、

今朝は余裕をもって三倉トンネルまで足を延ばして、走行距離は62.5km。

結構疲労感があって、明日は自主的に雨休みになるかもしれません。

 

さて、先週末1年4か月ぶりに購入した豆、30kgが届きました。

まもなく太陽が北回帰線までやってくる夏至ですが、北回帰線と南回帰線を挟んだ地域が

コーヒー生産が盛んな地域でコーヒーベルトと言われます。

私は豆を買うときに、コーヒーベルトの一極に集中しないよう注文を散らします。

ラテンアメリカ、アジア、アフリカの3地域から選ぶようにしています。

ラテンアメリカ代表はもちろんブラジルサントスNO.2。

業界の標準なのですね、段ボールの表書きもS18としか書かれていません。

我が家で1年数か月ごとに行われる入れ替え戦でも一度もレギューラーを外してません。

アフリカ代表は前回のキリマンジャロ・スノートップから

今回はエチオピア・モカ・イルガチェフエです。

2年ぶりのレギューラー復帰、コーヒー発祥の地代表です。

そしていつも悩むのがアジア代表の豆です。

ブランドがなじみがないので情報が少なく、豆の管理が他地域に比べてイマイチ。

迷いましたが、今回はパプアニューギニア。

早速焙煎してみました。

豆は小粒でスクリーン(豆の大きさを示す)表記はありませんが、16以下の実感です。

最初の数分にチャフ(豆の皮)飛び散ります。

味は苦みも酸味もそれほど感じず、温和な感じです。

これからまた1年数か月、今回のこの3種にコロンビアを加えて、コーヒーを楽しみます。

昨日のお昼はオイスターソース、ナンプラーを効かせた焼きビーフンでした。

右は人参・玉ねぎ・キャベツのコンソメスープです。

 

それでは今日も元気に生きましょう。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ