木を愛し、土に親しみ、犬と戯れ、思いつくまま気ままに発信、知る人ぞ知る「山章工房」のブログです。
山章工房の木土愛楽(きどあいらく)



おはようございます。

昨日同様朝はさわやかな天気ですが、

昼はまた暑くなるのでしょうか?

6月に入ったのでMayの布団カバーも

さわやかな水色に替えました。

カメラを向けるとなぜか目をつむります。

残った鰹の3節はは結局、

角煮になりました。

昼食は

こんな感じです。

天気のよい昼時はMayはいつも

玄関前のここです。

かますはひと塩して、塩焼きに。

わさび醤油で晩酌のあてになりました。

 

さて、5月末日は自動車税の納付期限です。

リーフは先週末に妻が振り込みに行ってきました。

私は昨日午前、息子のスーパーカブと

伊豆の軽トラの振り込みにコンビニと銀行に行ってきました。

両方で6千円。

納税は国民の義務です。

なのに最近「パナマ文書」なるものの話。

いっぱい稼いだら、ちゃんと税は払いましょう。

身に余るお金は再分配した方が生きます。

納税は国民の義務です。

まじめな国民が納めた税は血税です。

ちゃんとした使い方をしてください。

どことやらの知事のような、血税で自分の欲望を

満たすようなことはして欲しくありません。

欲望は身銭を切って、税は公(おおやけ)のために。

銀行の窓口でそんなことを真剣に思いました。

 

それでは今日も元気にスタートしましょう。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





おはようございます。
昨夜はそうとう冷え込んだのか、妻の車のフロントガラスに
夜、舞ったであろう雪が残っています。
ランニングコース途上の茶畑では防霜ファンが
風を切って回っています。
ランニングはあえてスマホを持たずに走ります。
ここのところ、快調です。

さて、3.11です。
4年前、伊豆で妻とUPと静かに暮らしていました。
私は勤務先は未定ながら、転勤の内示があり、
最後の一月を過ごしていました。
UPは行く末が長くないことは分かっていましたが
毎日、静かに余生を送っていました。

我々は程なく磐田に戻り、UPは初夏の暑い日に
天国に昇りました。
秋になると陽気な

新しい仲間が我が家にやって来ました。
一年後、娘が戻り、
二年後、息子が帰ってきました。
そして、三年半後、あっという間に
クレハが逝ってしまいました。

私に震災のような特に大きな出来事があった
ワケではないのですが、
月並みながら歳月の過ぎる速さに驚いています。
これからの四年間もさぁーと過ぎていくでしょう。
職業生活、仕上げの四年間でもあります。
淡々と悔いなく日々を過ごしていきたいと
改めて思っています。
欲を言えば、やっぱり犬と過ごしていけたらと言うのが
ささやかな望みです。

それでは事故に気をつけて行ってきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





この2日間、冬の寒さに逆戻りです。
散歩は特に問題ないのですが、
ランニングは上下長袖、軍手着用です。

さて、昨日は終日浜松市で仕事でした。
仕事の終了は予定通り午後5時半を回っていました。
終了時間を気にしていたのは2つの理由からです。
スポーツクラブの閉館が日曜日は午後6時。
これはすでにダメです。
もう一つは磐田市市長・市議会議員選挙。
こちらは午後8時まで。
間に合いそうです。
自宅に着いたのは午後6時半頃。
幸い、投票所は我が家から50mの中遠総合庁舎。

はがきに印刷された引換券を切り離し向かいます。
夕方に投票する人が多いのには驚きました。
市長は2者択一なので、決めやすかったのですが、
市議会議員は30名もいます。
しかも、知っている人は誰一人といません。
もちろんその政見も知りません。
そこで、亡き母が40年ほど前に言っていたことを
思い出しました。
母は「私は弱い者の見方に投票する。」
私も母の言にしたがいある政党の方に1票を投じました。
けっしてよく考えての投票ではありません。
それでも近年、選挙への無関心が言われてます。
私の持論を一つ、
--棄権は危険です。--
とにかく自分の1票に重い、軽いは別にして、
自分の思いを乗せて投票箱に
放り込まなければ始まりません。
それが大人の責務だと思います。

静岡県では今年は県知事選挙もあります。
また、夏には参議院選挙もあります。
是非、投票所に行きましょう。

それでは事故に気をつけて行ってきます。

人気ブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





磐田に戻ってきた朝はさわやかです。
水色の空に、うろこ雲がすき間を見せながら
浮かんでいます。
平常の態勢に戻りました。

さて、昨日までの出張ですが、仕事の中身は
おいといて、少し見聞を広めることができました。
電車での出張のため、昼食場所を探して
少し歩いていました。
梅雨は上がり気温は三〇度。
岐阜と言えば、毎年何回も日本一の
暑さを記録するところです。
岐阜市もちょっと郊外なので、歩けども
歩けども適当なお店が見つかりません。
昼休みは終わってしまいます。
そんな中はっと立ち止まったのが写真の
小学校校舎に書かれた横線です。
7~800m離れた長良川の堤防が決壊すると
このラインまで水が来ると言うことです。
今、私が歩いていると所もすべて水没です。
あっそうか。常に災害というものは想定して
おかなければいけないんだ。
「想定外」なんて言い逃れはできないことなんだと
改めて知りました。
そんなことを思ったら昼食はどうでもよくなって、
コンビニでお茶とヤマザキのランチパックで済ませて
仕事に戻ったのでした。

休みなしですけど、今週も元気に行ってきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





寒々とした曇り空です。
しかし、路面の雪や氷は溶けてスリップの心配はありません。
安心して通勤できます。

さて、昨日は建前の手伝いに行って来ました。
施主兼大工さんはイギリス・スコットランドからの人。
お手伝いはカナダ・ニュージーランド
そして日本の私。
それからクレーンのオペレーター、
施主の奥さんとお子さんの計7人です。
昨日は順調に進みました。
それにしても大工さんは几帳面で、
文字通り寸分の狂いもなく刻みをやっています。
柱はゆうに8寸はあります。
現在の日本ではお寺や神社しか使わないにような太さです。
ホールダウン金物は一つも使っていません。
ほぞ差しを、これも手製の樫の木を割って作った
ダボでとめてゆきます。
ここまでやるか!という感じです。
よく金に物を言わせて、
これ見よがしに高級材木を使った家はありますが、
すごいとは思いますが、
住みたいとか思いません。
しかし、この家は、やってみたいと思わせる家です。
多分、生涯このような家には会わないでしょう。
良い経験をさせていただきました。
(その上、缶ビールまでいたただいて)
ありがとうございました。

豊かな気持ちになったことで
今週も元気に行ってきます。

人気ブログランキングへ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





台風が太平洋岸を伊豆半島を狙うかのように
進路予想の矢印がむいています。
今のところ、雨量はそれほどありませんが、
時折吹く強い風が気になります。
今朝は愛犬UPの散歩はありません。
昨夜、妻と一緒に磐田に帰りました。
その分、30分ほどゆっくり起きました。
しかし、ランニングはやめられません。
カッパを着込み、下はどうせ濡れるので
スパッツで走り始めます。
まあ、いつものことです。
走り始めて気がついたのが
「冷たい」
雨のしずくが伝わる指先がかじかみそうです、
脚のすねにも寒さがしみます。
やはり冬は近づいていたのです。
村1周の後半になっても暖まりません。
寒いままランニング終了。
暖かの残る昨夜のお風呂で体を温めます。
風邪に気をつけなければ。

今日は土曜日ですが、終日勤務です。
台風の影響で一日勤められるかは分かりませんが
とにかく、行ってきます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





半月は前日よりもシャープになり、
空を照らしているため、
星は高く遠くにかすんでいます。

さて、吹く風も冷たい昨夜のことです。
組合長から電話がありました。
何の組合長かというと
「宮ヶ原テレビ共聴組合」です。
私はその組合の会計を務めています。
全国の山間地に漏れず
我が村も難視聴地域です。
いよいよ来年に地デジ化が迫りました。
NHKから工事の契約をするように
組合に要請がありました。
組合は70万円ほどの出費を迫られます。
組合員の多くは75歳以上の高齢者。
10年後は考えられません。
そういう人たちにこれだけの高額の負担を強いる
国の政策は果たしてどうなんでしょう。
個人的には私は新しもの好きです。
地デジもしかりです。
しかし「たぬパック」さんが
ブログに書いているように
その機能はBSデジタルで
足りるのではないでしょうか?
これは私の山荘でも見ています。
昨夜もBSで録画した「ゴッドファーザー」を
見ていました。
(写真は年末に見た
  「私をスキーに連れて行って」です)
BSから通販番組を追い出せば、
その高画質・高機能のテレビ放送は
多くの国民に無用な出費を強いる
地デジ化は不要なのではないかと
思っているこの頃です。

それでは行ってきます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





霧が深くおり朝から湿度の高い月初めです。
愛犬UPは昨夜我慢できなかったのか
大きな便をトイレ前に漏らしてありました。
まあ、仕方ないか。
「ドンマイ、UP」

さて、画像は昨日の新聞の切り抜きです。
静岡県には37の市・町があります。
その高齢化率の高い順に並べると
何と上位10自治体のうち9つが
伊豆半島に集中しているという記事です。
ちなみに私の西伊豆町は38.8%の
堂々の(?)第2位です。
確かに年寄りが多いというのは
実感していますが、
このような数字を見せられると
「うーん、伊豆の将来は暗いな」
と思ってしまいます。
10人中4人が老人というのは
子供が産める世代が極端に少ないと
言うことでもあり
人口増は望むべきもありません。
自然が美しいと言うだけでは
衰退は救えません。
いや、美しい自然でさえ、草ぼうぼうで
維持できなくなります。
どうすればいいのか、
一町民の私に何かできることはあるのか?
今日の天気のように暗い気分になるのです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





今朝は冷え込みました。
ご覧のように車のフロントグラスも畑も、村も
白い霜がきれい降りて真っ白です。
まもなく日が届き、溶かして行くことでしょう。
さて、正月と言えば駅伝中継。
2日には数年前までは家族5人で箱根に
往路のゴールを観戦しにいったものでした。
昨日は磐田から帰る時にラジオ中継を聞いていました。
駅伝やランニングのすばらしさは映像を見ればわかります。
歌番組やバライティーはちょっとパスという世代も
駅伝なら家族や親戚のそろう正月の茶の間で
みんなで見ることができる数少ないコンテンツだと思います。
そこで気になるのがアナウンサーのコメントです。
1日の実業団駅伝で追い上げる選手の表情を
「まさに鬼のような形相です!」と絶叫するのです。
高校時代長距離をやっていた娘と
「鬼はないよなー」と話しました。
昨日、箱根の山登りやたらと「山の神」
「現人神(あらひとがみ)」を連呼するのです。
スポーツに鬼神を持ち込むともう何も言えなくなります。
選手はあらん限りの精神力と体力を絞り出します。
運、不運は必ずあります。
でも、それを神様の仕業にしたらスポーツはつまらなくなります。
映像に映っている姿はあくまでも選手そのものです。
放送者は多くの視聴者に訴えるために過度な表現になるのは
仕方ないかもしれませんが、もう少し冷静に
伝えることをすれば、作られた感動ではなく
本当のすばらしさを伝わると思います。
君、鬼神を語る事なかれ。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





昨夜は真夜中にメールの着信音が耳に入り、
気になり眠りが浅くなりました。
今朝確認したら、妻からの他愛ないメール。
なーんだ。
---------------------
さて、昨日日本相撲協会の北の湖理事長が退任しました。
弟子のロシア人力士の大麻の尿検査、
陽性の結果を受けてのことです。
現役時代のしこ名「北の湖」、親方としても「北の湖」。
つまり、一代年寄りです。
相当の実績がないと認められないことです。
彼の現役時代をリアルタイムで知っています。
70年代から80年代にかけて
その強さは半端ではなかったです。
勝てば、勝つほど憎まれ座布団が飛びました。
もちろん私もそのふてぶてしいまでの強さは
嫌いでした。
2~3年前の朝青龍、無敵の強さです。
でも、何かが違うような気がします。
どうしても朝青龍の仕草は心底好きになれません。
北の湖の強さは「お前、強すぎるんだよー!」という
賞賛の気持ちが私の心底にありました。
この違いは何でしょう?
私の中に外国人への偏見や差別意識があるのでしょうか?
プロスポーツは職業で金儲けの手段です。
しかし、かつての選手にはそれに加えて
その競技のすばらしさを伝えるトップランナーの
役割があり、それを担っていました。
今の選手に、そしてそのスタッフにそんな意識がありますか?
とにかく、身体能力に勝る外国人を連れてきて
力任せに勝利を挙げ、部屋に利益をもたらせば、
少しぐらいの不躾(ぶしつけ)は目をつぶろう。
そんな意識が朝青龍前後から相撲社会にあり、
その結果が今回に現れたのではないでしょうか?
強けらいいのか?
相撲史上もっと強かった北の湖理事長の退任を機に
考え直すことが必要です。
それはプロの世界だけでなく、
私たちの身の回りに置き換えてみましょう。
お金があればいいのか?
地位があればいいのか?……
最後に重要なのはやはり人間性では?
今回の事件にそんなことを思いました。
(写真は朝日新聞のHPから借用しました)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ