狼魔人日記

沖縄在住の沖縄県民の視点で綴る政治、経済、歴史、文化、随想、提言、創作等。 何でも思いついた事を記録する。

「セカンドレイプ大会」に反対する!

2008-03-22 08:41:53 | ★米兵事件

 

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

明日(23日)の「セカンドレイプ県民大会」の降水確率は60%とのことだが雨天決行との事。

雨天中止の方が恥かかずに済むとは一分の声。

そんな矢先、すわ!又しても米兵の凶悪事件?!

 

タクシー運転手刺殺

<横須賀基地近く>車内に米兵カード

カード持ち主 脱走の20代兵士か

昨日の琉球新報夕刊の一面トップの4段抜き大見出し

タクシー車内に不明米兵のカード(2008.3.21)

「県民大会」を二日後に控えて又しても沖縄で米兵の凶悪事件か・・・と思ったら、別地域のしかも二日前の事件の続報。

殺人事件だし、犯人が米兵の可能性もあるので沖縄紙が扱うのは分かるが、一面トップを飾るネタなのか。

琉球新報も沖縄タイムスに負けずに「東スポ」を目指しているのか。

この事件は事件ネタとしては古く、神奈川新聞がローカルニュースとして19日に次のように報じたもの。

タクシー運転手、首を切られ死亡/横須賀

(神奈川新聞 2008/03/19 )

 十九日午後九時二十分ごろ、横須賀市汐入町二丁目のマンション前の路上に止めたタクシー内で、運転手とみられる男性が首から血を流してぐったりしていると、目撃者から一一〇番通報があった。

 横須賀署員などが駆け付けると、男性は死亡しており、首に刃物で切ったような傷があった。同署などは事件の可能性が高いとみて、緊急配備して調べている。


まだ米兵の犯行と確定したわけでもないのに、米兵の可能性が出るや、琉球新報の一面トップに躍り出る。

明日の「米兵糾弾兼セカンドレイプ大会」の前祝として、例え殺人事件でも米兵が絡めば沖縄マスコミは狂気乱舞する。

この様子では「チベット人虐殺」などどうでも良く、韓国で起きた米兵窃盗事件でも一面トップに載せかねない。

県民は怒っている/大会へ高まる意欲(沖縄タイムス 3月21日)
実行委員長に玉寄さん/幹事会、参加と寄付呼び掛け

 米兵によるあらゆる事件・事故に抗議する県民大会(23日、北谷公園野球場前広場)の実行委員会幹事会が20日、那覇市の教育会館で開かれた。大会実行委員長に県子ども会育成連絡協議会の玉寄哲永会長が就任し、大会プログラムなどについて話し合った。23日当日は宮古島市や石垣市でも抗議集会が予定されており、大会に向けて関係者の意気込みが高まっている。

 実行委幹事会で、幹事の小渡ハル子・県婦人連合会長は「米兵による事件続発に県民はみんな怒っている。これ以上、ばかにされて我慢できますか」と、大会への参加を呼び掛けた。

 幹事会では、大会を予定通り二十三日午後二時から開催することを最終確認した。雨天決行で、雷雨や豪雨の場合は同広場近くの北谷ドームに会場を移す。

 大会は、女性団体や老人団体、学校関係団体などの代表が米軍・米兵による事件・事故の続発に対する抗議や意見などを述べる。

                     ◇

結局自民党は参加しないし、県議会も組織としては参加しない。

となると仲里県議会議長の大会実行委員会長就任は拒否だし、そうなると元々参加したくない仲井真県知事の不参加は明白であった。

ところがマスコミは何とか知事を引きづり込もうと土壇場までまで未練がましくこんな記事。⇒知事、参加最終判断へ/県民大会(沖縄タイムス21日夕刊)

結局、昨夜遅く知事の不参加が決定 (03/21 21:33)した模様。

知事の不参加を新聞読者は今朝の朝刊を待たずに先刻承知していた。

だって、県議会で「セカンドレイプしている」と追及された知事がその「セカンドレイプ大会」に自ら参加する筈がないだろう。(笑)

「知事はセカンドレイプ」 県議会が空転

不参加の主な理由は、

「そっとしておくことが最も大切」「超党派ではない」。

その通りです。

県知事は「セカンドレイプ県民大会」に参加してはいけません。

知事、県民大会は「セカンドレイプ?」

 

ところで明日の大会だが肝心の「暴行事件」が消失してしまったので、どうも気の抜けたビールのような雰囲気。

それでは具合が悪いとでも思ったのか大会のスローガンに新たに、

「人権の保障と確立」を加えるという。

是非、「中国のチベット人への人権弾圧、そして大虐殺を即刻止めろ!」

「虐殺オリンピックを中止せよ!」

と声高に叫んで拳を天に突き上げて欲しい、玉寄大会委員長さん。

影の声:(そんなことするわけねぇだろ!)

 

【おまけ】

琉球新報朝刊 3月12日 オピニオン面 「声」欄

「基地撤去」は論理の飛躍

那覇市 宮平修 (地方公務員、42歳)

米兵による女子中学生暴行事件が波紋を広げているが、「この種の事件をなくすには基地撤去しかない」はあまりにも論理の飛躍で、凶悪事件は米国軍人の専売特許ではない。
沖縄県警によると、昨年一年間の凶悪犯認知件数は101件で、うち米軍関係者のそれは6件であった。 つまり、凶悪事件の大多数は、沖縄県民が引き起こしているのである。
とすると、基地の有無とは関係なく「この種の事件」は起こり続けるということになる。 事実、今回の事件とほぼ同時期に、県民による県民に対する少女わいせつ事件や未成年買春事件が頻発している。
このことからいっても、今回の事件による米軍批判はナンセンスであり、国防に直結する米軍再編問題に反対を叫ぶロジックなどすり替え論以外の何物でもない。
一般市民団体が県民大会の開催を決定したとの報道もあるが。「この種の報道」を見聞きするにつけ赤面してしまうのは筆者だけではあるまい。
今回の事件を政治利用するなど言語道断であり、県民大会の開催などもってのほかである。

 

その通り!

「県民大会」、・・・もとい、「セカンドレイプ大会」開催に反対!

 

なお、琉球新報はこの勇気ある「声」に二人の反論記事を掲載しているが・・・。

機会があればこの論戦をフォローしてエントリーしてみたいと思います。

勇気ある「声」の主は昨年の「11万人」集会の前にも琉球新報「論壇」で「県民大会開催に反対する」と意見を述べていた。

同調圧力に立ち向かう勇気ある「声」の主、宮平修さんのことを以下にも記してあります。↓

犬が咬んだらニュースになる!沖縄の侍、同調圧力との戦い

  よろしかったら人気blogランキングへ クリックお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (31)   この記事についてブログを書く
« イージス艦事故と米兵暴行事件 | トップ | 「あらゆる事件」とは夫婦喧... »

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (allallall)
2008-03-22 21:43:42
はじめまして狼魔人さん。
(まぁはじめましてではないのでしょうが。)

反日オールスターこと中国工作員allallallです

琉球新報朝刊 3月12日 オピニオン面 「声」欄
「基地撤去」は論理の飛躍
那覇市 宮平修 (地方公務員、42歳)

↑に噛み付いてみたいのですが・・・・いいですかね?
Unknown (戦後教育を悲しむ)
2008-03-22 22:03:19
中国工作員さん(またはあららららくん)へ

この問題は、議論で解決できることではありませんよ。体験者の語ることを尊重し、論証しなければね。
金城重明氏の証言も、思いこみの強いもの。
私も内知人ながら同じような歳。あの頃の心理状態を身に沁みて知っているのですか? 貴方は。


Unknown (戦後教育を悲しむ)
2008-03-22 22:06:25
失礼。上の言葉。
内知人は×
内地人が◯
Unknown (allallall)
2008-03-22 22:16:58
テキトーにつけたネームなんでこの工作員めがっ!!でいいっすよ

えっと・・・・
えっと・・・・
えっと・・・・

琉球新報朝刊 3月12日 オピニオン面 「声」欄
>「基地撤去」は論理の飛躍
>「基地撤去」は論理の飛躍
>「基地撤去」は論理の飛躍
>「基地撤去」は論理の飛躍

なんですけどね?

なぜに金城重明氏がでてくるのかわかりません

まぁ僕も人の精神を形で残すのは難しいと思ってますが?


Unknown (戦後教育を悲しむ)
2008-03-22 22:33:20
オールオールオールくんと読めばいいのかな。難しい呼び名はお止め。

金城重明さんの名を私があげたのは、彼が「集団自決の軍令はあった」と主張する人達の代表だからですよ。彼の主張は、後に論証されれば「軍令」の有無の証言にはならぬ、自身の思いこみだったことが解った。でも私は彼を責める意味ではなく、当時の厳しい状況の中では、そんな心理は私にも理解できるがそれを、ずっと後の人の反日論理であげつらうことはいけませんよ、と言いたいだけですよ。
Unknown (戦後教育を悲しむ)
2008-03-22 22:35:39
申し遅れた。基地撤去の叫びと、集団自決の教科書問題とは別なんですかね。
チベット22日デモのご報告 (umetaro)
2008-03-22 22:36:08
今さっきデモから帰りました。
http://www.gazoru.com/g-d097bc8699db3638e93d3037183526a5.jpg.html

警察発表で900人
NHKで1500人
朝日新聞はなぜか70人(午前中は右系市民団体とカチ合わせになったから?)
私見では800人くらいかと

新情報です
「チベット暴動 2008.03.20 BBCニュース同時通訳 」
http://jp.youtube.com/watch?v=gnsTHUhhjEY
「チベット暴動 2008.03.22 BBCニュース同時通訳 」
http://jp.youtube.com/watch?v=H4mSAfaftf4
Unknown (allallall)
2008-03-22 22:49:49
そのまま「allallall」でよろしくです

んんん・・・・今はオピニオン面「声」欄の「基地撤去」は論理の飛躍の内容について会話が欲しいのですが・・・

まぁ割り切れない人の精神を『あった』『なかった』で真っ二つしてしまい、それぞれの論者が自分の好みの精神に染めて押し上げるのだけはイカンとおもっちょります

>基地撤去の叫びと、集団自決の教科書問題とは別なんですかね。

僕は完全に別だと思いますね


Unknown (狼魔人)
2008-03-23 09:33:06
◆allallallさん

>琉球新報朝刊 3月12日 オピニオン面 「声」欄
「基地撤去」は論理の飛躍
那覇市 宮平修 (地方公務員、42歳)

>↑に噛み付いてみたいのですが・・・・いいですかね?

噛み付くという意味が論理的に反論するというのなら、どうぞ噛み付いて下さい。

個人を感情的に誹謗したり、罵詈雑言の類は管理人の判断で削除します。

あと、同じ語句の無意味な反復は止めた方がスッキリしますよ。



◆戦後教育を悲しむさん

>申し遅れた。基地撤去の叫びと、集団自決の教科書問題とは別なんですかね。

横やりですが、表面は違って見えますが、
少なくとも両方とも、叫んでいるのは同じ勢力ですね。

「集団自決ー教科書問題」を抗議した去年9月29日の「11万人」集会の実行委員会と、「米兵事件・事故ー基地撤去」を抗議する今日の「大会」は、実行者がほとんど重なっています。

結局、政治目的から言ったら同じです。

似て非なるものの逆バージョンですか。(笑)


◆umetaroさん

デモ参加ご苦労さんでした。

勝手にコメント引用させてもらいました。

さて、沖縄の「抗議大会」は人種差別なく人権侵害を抗議してくれますかね。(笑)

Unknown (きんじょう)
2008-03-23 09:40:41
宮平修氏の「基地撤去」は論理の飛躍と題する投稿は同調圧力の強い沖縄では賞賛に値する勇気ある言動だと思います。

水と安全はただだと思ってきた島国、日本においては武力というものに対するイメージが悪いのは今に始まったことではありません。そういう観点にたてば軍を卑しめることにおいては教科書問題もイージス艦も米兵事件も同列でしょう。

沖縄のマスコミ論調を一番喜んでいるであろう隣国が武力を神の如く崇めている。沖縄マスコミがオピニオンリーダーを気取るのであれば、小事を論うまえに、沖縄のあるべき姿を理想論ではなく現実論として示すべきでしょう。よるべなき理想論の行き着く先はマスコミも物が言えない社会を招く。いやすでにそうなりつつあるのかも知れない。

コメントを投稿