Kantele-Suomiho-Fuga

フィンランドと音楽(カンテレ、音楽療法)をキーワードに!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヘルシンキ観光めぐり

2011-05-23 02:29:08 | フィンランド

Hさんの車でヘルシンキ市内をまわる。フィンランド在住40年近くのHさんの「独断と偏見コース」。

セウラサーリ野外博物館

季節がいい晴天の日に行きたい場所。私も朝の目覚めの青空を見た瞬間に、「セウラサーリ日和」と思っていた。

シベリウス公園

テンペリアウキオ教会(岩の教会)

中は修理中だったので、岩にのぼって屋根をみる。内部は、今回いろいろな事情でこられなかった友人たちも誘っての次回のお楽しみにということに。

その後、元刑務所を改装したホテルをのぞき、ギリシャ正教のウスペンスキー寺院(教会)、大聖堂とまわる。

大聖堂のオルガン

 

カウッパトリ(港の市場) をぐるっと回る。日曜日はお土産品と軽食カフェでにぎやか。昼食は FASER でオープンサンド。私はシナモンロールを食べる。

前日もドライブした カイボプイスト を通り、映画で有名な <かもめ食堂> あたりから、ヒエタニエミ墓地 へ。海沿いにある大きな墓地はヘルシンキ観光の「隠れ名所」で、Hさんと私のお勧めの場所。日本で活動されたルーテル教会の女性宣教師のお墓をお参りし、先年ヘルシンキ湾に散骨したOさんを偲ぶ。

戦士のお墓

遺体のない戦士たちの墓碑。お花を献げた男性は、わたしのおじさんと名前をさして「にっくきロシアに殺された兵士は何万人といる」とはき捨てるように言っていた。

オリンピックスタジアムの塔 にのぼろうと行ったが改修中、これも次回のお楽しみ。

晴天とポカポカ陽気に恵まれた一日。昨日&今日でヘルシンキを堪能したマルとマリちゃん。宿泊先に帰るころには、フィンランド語もふえ、また独特の発音やアクセントもそれらしくなっていた。


コメント   この記事についてブログを書く
« ヘルシンキは初夏の香り | トップ | 今夜はフィンランド料理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

フィンランド」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事