Kantele-Suomiho-Fuga

フィンランドと音楽(カンテレ、音楽療法)をキーワードに!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クリスマスの新曲~pikkujoulu

2012-11-11 23:49:38 | カンテレ

まだ11月前半というのに、街中はクリスマスデコレーションや音楽がいっぱい。カンテレクラスも11月はクリスマス曲に取り組む。

 

クラスにあわせて、今年もクリスマス曲を作った。<pikkujoulu>の題名はフィンランド語で、pikku=小さな、joulu=クリスマス。クリスマス前に友人たちと集まり、ひと足はやいクリスマスをお祝いする。留学時代は近所の小学校に招かれ、子どもたちとクッキーを作り、劇や音楽を楽しんだこともある。

(Pekka Lovikkaのカンテレ)

①5弦メロディー、②メロディーと5弦2声アンサンブル、③5弦4声アンサンブル、そして④はダイナミックな大編成(5弦+11弦+15弦+19弦+26弦)。シンプルなメロディーだが、鐘の音や雪のイメージを織り込んだ。PCソフトで演奏してみたが、「なかなかのでき!」と密かに自画自賛。

早速今週のクラスの課題に。最近は曲に歌詞をつけてくださる生徒さんがいるので、この曲もステキな歌になるかしら。

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 療育・音楽療法~紙芝居 | トップ | お鍋の季節 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その生徒です (KK)
2012-11-15 21:18:41
今日は有難うございました。
なかなか難しいのですが、もう出来ましたよ。
時間少し置いて、また練り直すと思いますが、たいていは最初に出た歌詞から動くのは返って難しく感じています。

厩に眠る みどり児は  待ち焦がれた救い主

憂いも 苦しみも 忘れて祈る

Pikku Joulu

さ、 いこう

心合わせて 皆謳う

心ひとつ 皆集う

Pikka Joulu

以上です。

作曲者がお気に召すと嬉しいのですが、
お粗末さまでした。
Unknown (suomiho)
2012-12-02 20:14:59
ありがとうございます。
クリスマスのぴったりの歌詞です。
12月のクラスで歌いましょう。
楽しみです!

コメントを投稿

カンテレ」カテゴリの最新記事