Kantele-Suomiho-Fuga

フィンランドと音楽(カンテレ、音楽療法)をキーワードに!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タンペレへ

2007-09-30 04:01:15 | フィンランド
9月29日(土)
今朝は5度、寒っ。どんより曇り空に冷たい風が、寒さに拍車をかける。「東京も寒くて22度」とのメールに、私は北の果てにいることを実感。

今日はヘルシンキからタンペレへ。駅行きのバスが遅れて、発車1分前に飛び乗りのハプニング、こんなこと初めて!

電車から見える景色は、白樺の森と刈り入れの終わった畑ばかり。フィンランド人は「確かに綺麗はきれいだけど、単調でつまらない」と言うが、私はウットリみとれてしまう。北に向かっているから、世界はどんどん黄色に染まっていく。きれい、忙しい心が洗われるのどけさ…。

タンペレはヘルシンキから約2時間。フィンランド第3の都市で、工業が盛んな活気のある街。カンテレ奏者エバ・アルクラの実家があり、ご両親の招待を受けて、お母さんのセイヤ特製のフィンランド家庭料理Lohikeitto(ロヒケイット=鮭のスープ)をご馳走になる約束を去年からしていた。



夕食前にエバとムーミン谷博物館へ、1時間かけてゆっくり回る。こんな夢のある家にいつか住みたいネと言いながら、二人でタメ息。そして「おなか、すきすぎ」という私たちを迎えてくれたドアの外まで匂う、お母さんさんの手料理 <ロヒケイット>。エバもお父さんのアリも「これが世界一!」と絶賛、本当に美味しい。



美味しい食事と楽しいおしゃべり、そして温かいもてなしが、本当に嬉しい。音楽談義で夜がふける。

セイヤの年代物のカンテレとステキな譜面台


コメント

ヘルシンキは冬?

2007-09-29 07:35:12 | フィンランド
9月28日(金)
「ただいま」 フィンランドに帰ってきた、ちょうど1年ぶりのお里帰り。



へルシンキ空港を出たら思わぬ寒さ、あわててトレンチコートを着る。外の気温は10度! エッ、東京の12月と同じ。周りの森はもう黄葉が始まっている。フィンランドは赤くなる木が少ないから、街全体が黄色っぽくなる。

今夜はホテル・マルスキへ。毎回朝食を楽しみに、1泊はホテルに泊まることにしている。メインストリートにあるから、荷物を放り投げて早々に街中へ出かける。金曜日の夕方は人が溢れとても賑やか、「今までこんなに街に人がいたっけ?」と思うほど。気温にあわせて上着で調整するフィンランド人はいろいろで、ロングコート、ダウン、革ジャン、手袋、マフラー…。こちらはすっかり冬の装い。



朝食の楽しみはこれ! ベリー盛り合わせ 
ベリー盛り合わせがなかったホテルには二度と泊まらない。
コメント

行ってきま~す!

2007-09-28 05:19:12 | フィンランド
今日からフィンランドへ。
羽田から関空へ飛び、そこからフィンランド航空直行便でヘルシンキまで9時間。現地時間午後3時=日本時間では午後9時にはフィンランドの人!



ブログは、今年もケイタイから現地中継の予定。でも6時間の時差ありだから、実況ライブというわけにはいかないかも・・・。お楽しみに。

ワクワクしながら、「行ってきま~す」



関空行きの飛行機から見えた富士山、美しい!
コメント

バッグの中身は?

2007-09-27 15:06:54 | フィンランド
明日は待ちに待ったフィンランド行きの日。いつものことだが、やっと昨夜から荷物作りにとりかかる。荷物の制限は20キロ、ヘルスメーターで計りながら詰めていく。中身はほとんどお土産。泊めてもらうフィンランド人宅は日本生活が長かったので、お土産リクエストは日本食ばかり。日本人のMさんやSさんにも懐かしい味を、そしてカンテレ奏者のエヴァやヴィルマ、プロデューサーのヴィッレも日本食と日本茶。私の荷物は着替えやお化粧品、楽譜など7分の1程度。



2年前からスーツケースをやめた。重量がもったいないので、軽い合宿用バッグにかえたら扱いやすいし、ターンテーブルで出てくるのが早くなった。この荷物はひと足先に空港へ。帰りはフィンランドの食品と楽譜でまたいっぱいになりそう。
コメント

♪小さい秋みつけたァ~

2007-09-26 21:04:39 | 音楽療法
今週の音楽療法セッションのテーマは《秋》。私はプログラム組み立ての中で、季節感を大事にしている。特に入所している方は直接外の空気に触れることが少ないので、季節の移り変わりを歌で感じていただく。

デイケア(通所)でのこと。家から通う利用者さんはもっと身近に季節を感じているかと思っていたら、そうでもなかった。「足が悪いから外にでられない、デイの送迎車に乗るのが楽しみ」とAさん。「そう、桜の季節には桜の道を、若葉の頃には林の近くを、収穫の頃には畑の近くを、運転手さんが少し遠回りしてくれるのが嬉しい」と口々おっしゃる。「柿がなると美味しい道があるよ」とこっそり教えてくれたBさん。「音楽の先生は季節の歌をたくさん歌わせてくれるから、楽しいね。今日は秋の歌を歌おう」とおだてられた私は、秋の歌ばかり7曲選曲。

<♪夕空晴れて秋風ふき~><♪ふけゆく~あ~きのよ~> ピアノの上には、今朝送迎車を待っているときに道で拾ったどんぐり、裏山のススキ、Cさんが丹精込めて育てたコスモスと菊、スタッフが休日に取った山栗を飾り、目と手からも秋を味わう。「こういうちょっとした秋がいいねェ」と俳人のDさん、「ここで一句・・・」と続く。「秋は、小さい秋の積み重ねで季節が進むのよ」と今度は歌人のEさん。<♪だ~れかさんが、だ~れかさんが・・・み~つけた> と歌が始まった。「おッ、今日のおやつは月見団子だよ! これがいちばん秋だねェ」と食いしん坊のFさんの発言で、今日の秋探しはおしまい。やっぱり《食欲の秋》?

コメント

中秋の名月

2007-09-25 20:35:18 | 季節
空には満月、今日は<中秋の名月>。
天気予報では曇りか雨だったから諦めていたが、
雲は消え、真っ黒な空に煌々と光る月は、
静かに美しい。

コメント

フィンランドカフェ2007

2007-09-24 20:51:31 | フィンランド
今年もフィンランド・カフェが開催される。

テーマ:自然-Luonto
日時:10月1日(月)~11月3日(土)(月曜定休)
11時~21時(火、水、木)、11時~23時(週末、祝日)
場所:玉川田園調布(東横線自由が丘または田園調布、環8沿い)

フィンランドの椅子に座り、イーッタラのカップでフィンランドのコーヒーを飲み、BGMにはフィンランド音楽・・・。日本とは思えないワクワクするような空間が広がる。期間中にはライブやフリーマーケットも開催されるはず。

詳細は、フィンランドカフェ・オフィシャルホームページで。
コメント

ピアノ・リサイタル ~シベリウスを弾く~

2007-09-23 21:29:52 | フィンランド
今年はシベリウス没後50年の年。
フィンランドの血をひく渡邉規久雄さんによる、オールシベリウスのピアノリサイタルが開かれる。

時・2007年10月13日(土)14時開演
所・東京文化会館小ホール
問い合わせ・ジャパン・アーツ ☎03-5237-7711
プログラムは《6つの小品》《10のバガテル》《10の小品》《5つの特徴的な印象》などのソロのほか、寺田悦子さんと《交響曲第3番》(シベリウスの編曲による)の連弾もある。

前回のリサイタル も素晴らしく、「さすがフィンランド!」だった。今回もとても楽しみにしている。


シベリウス公園(ヘルシンキ)
私が好きな場所のひとつ。
コメント

音楽療法300%

2007-09-22 21:15:37 | 音楽療法
今日は親子参加型の療育音楽療法、東京YWCA国領センターで新しいプログラムが始まった。

まず10時~ <幼児クラス>(2歳以上)
かわいい子どもたちが続々集まってきた。ママだけではなくパパも一緒の3人参加が半分あり頼もしい。全員音楽療法ははじめて、導入の「ピアノに合わせて歩きましょう」は何だかぎこちなかった。でも子どもたちは勢いがあるから、ノリがいい。そしてあっという間に表情がかたかったパパたちも、子どもたちと一緒にカエルやウサギになって跳ねる。
帰りがけ、「下の子がいるのでパパは家なんです。次回は家族で参加します」(どうぞどうぞ、お待ちしています)、「リトミックやっていたんですが、教育的音楽についていけなくてつらかったです。今日は我が子のいい顔をみました。嬉しかった」(お母さん、すごい!)、「うちの子って、こんなに音楽が好きだったんですね」(そう、目がキラキラ輝いていました)、「人と一緒がむずかしくて泣いてばかりですみません。でもずっと目で追っていました」(ゆっくりどうぞ。最後はバイバイと言ってくれたので、私は満足)・・・

11時~ <小学生クラス>
2年生のA君はディズニーメロディにあわせて動きがいい。3年生のBちゃんは音楽に合わせてダンス、6年生のCちゃんはいつの間にかリーダー格として、コミュニケーションをはかる。他人とのかかわりが不得意な子どもたちが、私の膝にちょこんと飛び乗り一緒にピアノを弾く、身体をくっつけて一緒に揺れる、そして「もっとやろうよ」。

13時~ <中学生クラス>
まずD君が挨拶がわりに6曲歌ってくれた。いい顔で歌ったので「いつも家で歌っているの?」と聞いたら「歌わない」 横でお母さんが「はじめて見ました。別人みたい」 Eちゃんは聴くのが好きらしい。言葉がはっきりしないが「これ」とD君を指差し、歌ってとリクエスト。また「ピ」とピアノを指差し、私に弾いてと示す。D君が発声の歌を教えてくれたので、色々な声で即興的に練習。Eちゃんの名前の<ミ>で「ミミミ」とやってみる。「先生、ずっと自分の名前が言えなかったのに、今日ははじめて<ミ>がはっきり言えてびっくりしました」とお母さん。

今日初めて会った子どもたち。どのクラスも<音楽で動く、歌う、楽器をならす>が基本。集団で行なう中で、一人一人の感じ方を大切にし、音楽を通して心や身体に語りかける。「音楽は魔法」と感じていたのは音楽療法士の私も同じ。どのクラスも100パーセント以上だったから、私は300パーセントの一日だった。子どもたちと一緒に走り、歌い、音楽に全力投球、こんな日は疲れ知らずの楽しい仕事。企画した委員さんがずっと見学していたが、「天職ね」との感想。そう、その通り! 音楽療法、大好き。
コメント (1)

フィンランド語特訓?

2007-09-21 21:54:32 | フィンランド
毎日CDウオークマンを持ち歩き、音楽を聴いていることが多い。仕事に必要な曲、はまっているサックス、借りたCD・・・。出がけの気分で選ぶこともあるが、そんなときはクラシックが多い。

カレンダーをみて気がついた、来週の今日はフィンランドにいる! それなら音楽より耳ならしのフィンランド語、とあわててフィンランド語に入れ換える。日常生活ではおよそフィンランド語にはご縁がないから、出かける前に耳慣らしをしておくと、飛行機に乗ったそのときからフィンランド語モードになれる。

でも難点がひとつ、それは<ながら聴き>ができないこと。音楽を聴きながら読書したり考え事したりはよかったが、BGMがフィンランド語ではとても無理。今朝も明日の仕事のプランを練っていたら、「Katso! Voi miten ihana maisema!」 (見て! なんてステキな景色なんでしょう)。はあ?目はフィンランド語に誘われて外の景色へ、でもいつもの通勤の景色。頭は日本語と音楽、耳はフィンランド語、それは欲張りすぎだった。

30年前に覚えたフィンランド語は確実に変わってきている。言葉は生き物だから、時代とニーズにあわせて変化するもの、面白い。友人の息子は新しい表現や言い回しを教えてくれるので、今回も楽しみにしている。心はとっくにフィンランドの私!


来週の今頃はここ、ヘルシンキ
コメント

焼肉パワー

2007-09-20 23:31:40 | グルメ


「なに食べる?」「お肉・・・」
こんな会話がでるときは、エネルギーが低下しているとき。
今年は夏前から忙しかった。その勢いのまま、暑い夏は仕事も熱い、そして9月。
私にしては珍しく、お疲れモード?

今夜は焼肉。
土曜日から新しい仕事も始まる。
焼肉パワーで頑張ろう!


コメント

魔法の人差し指

2007-09-19 22:57:17 | カンテレ
カンテレは開放弦の楽器、5弦カンテレは5本の弦しかないので音は限られている。でも面白いのは、大型カンテレと違い奏法が色々あること、それが魅力ともいえる。今月の5弦クラスは、どこでも <人さし指奏法> のレッスン。7月のカンテレ交流会でも何人かが弾き、話題になっていた。まだ始めて間もない人も「弾きたい!」、10年選手クラスでも「復習しましょ」と、人差し指月間となった。



大型カンテレはグランドピアノのように音がすばらしい。カンテレクラスは、1人で5弦、10弦、26弦、36弦のかけもちが何人もいる。そしてなぜか「5弦がいちばん好き」な人が多い。私も同感! 5本の弦から人差し指だけで奏でる音楽は、なかなか味がある。
コメント

秋の味

2007-09-18 21:24:18 | 季節
日本一葡萄の美味しい山梨から秋が届いた。



しばらくは贅沢な <葡萄三昧>
コメント

敬老3連休

2007-09-17 21:05:02 | 音楽療法
3連休は介護老人保健施設(老健)や3つの認知症グループホームの敬老会で忙しく走り回る。高齢者施設では年間いろいろある行事の中でもいちばん力を入れているイベントで、早くからそれぞれのスタッフと企画を練っていた。

老健では150名の入所者が一堂に会し、還暦から節目の年齢の方をお祝いをした。私たち音楽療法はそのBGMにピアノ演奏をしたり、お祝いの歌を披露。今年のBGMテーマ曲は青春時代に流行った曲。還暦のAさんは戦後・昭和22年生まれ、私が選んだ曲はビートルズ。Aさんは若年性アルツハイマーで、認知症フロアではいつも大声で叫んでいる。実は敬老会への出席も危ぶまれていた。音楽好きで、音楽療法小グループでは楽しむ表情が見られるし、私の顔を見るとニコニコエールを送ってくるAさん。今日はピアノを聴いて感激のあまり号泣。今年の最高齢は103歳、明治生まれのBさん。そして今日のおやつは紅白饅頭。

グループホームは、それぞれ個性ある敬老会だった。歴史もある(?)1号店は「先生、いつものような会でよろしく」。今年は<♪われら人生60から>と<♪ぼけない小唄>で盛り上がる。「♪100で迎えに来たならば~、頃みていくよといいなさい~」。「♪元気なひと、色気ある人、生きがいある人・・・ぼけません」。2号店は家族会も兼ねた敬老会。3号店は開設したばかりで入所者はまだ少ないが、前日も打ち合わせするほど熱心なスタッフたち。手作りの色紙は、似顔絵入り5000年券、面白い。皆で歌やダンスを楽しむ。

施設長から敬老賞状の授与。


スタッフから歌のプレゼント、今年は<♪川の流れのように>



私も歌う、<♪エーデルワイス><♪アニーローリー>



スタッフの心づくしの敬老会、「来年も楽しみにしているわ」と95歳のCさん。「先生、元気の素は歌よ、これからもたくさん歌うわ」。皆さん、どうぞお元気で!
コメント

カンテレは何処へ?

2007-09-16 20:11:16 | カンテレ
お休みになるとあちこちでかけるYさん。夏冬の長いお休みは海外へ、今年の夏はヨーロッパ、イタリアに降りてフィンランドで乗る長旅だった。ミラノの空港でのこと、成田で預けたスーツケースがいくら待ってもでてこない。これで2度目、以前も行方不明で帰国前日に届いた苦い経験があるので、「もしや、また・・・」。

今回は「森の中でカンテレを弾こう」と小さいピッコロカンテレ(5弦)を持参。お世話になる友人たちには日本の曲を聴かせてあげようと張り切っていたが、結局荷物はでてこなかったらしい。「何が残念って、洋服なんかはどうでもいいけど、愛用のカンテレが行方不明になったこと!」と怒り心頭。旅行から1か月以上たっても荷物の見通しはたたず、賠償請求の書類を書くことになったそう。

「新しいピッコロ注文してよ」と、フィンランドにメールしたところ。それにしてもYさんのカンテレはどこへいってしまったのかしら、拾った人がポロンポロン奏でているかもしれない。もしかしたら北の国の楽器は、熱い太陽の下で?


<5弦カンテレいろいろ>
上からピッコリーノ(2オクターブ上)、ピッコロ(1オクターブ上)、通常の5弦カンテレ、バスカンテレ(1オクターブ下、アルトカンテレともいう)

コメント