Kantele-Suomiho-Fuga

フィンランドと音楽(カンテレ、音楽療法)をキーワードに!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

幼稚園で音楽療法~楽しいね!

2013-09-25 07:56:38 | 音楽療法

定例の、幼稚園での音楽療法。4月に開園した「保育部」の子どもたちも、音楽遊びを楽しみにしている。

おんぶされているのは、この日初登園のAちゃん。ずっと大泣きしていたが、音楽が始まるとすっかり泣き止んだ。先生の背中で体操したり、歌ったりしていた。夏休み中に、みんな大きくなった! 「じゅんばんだよ」「どうぞ」と相手を思いやる心が見え始める。言葉が少なかったBちゃんはよくお話するようになった。自閉傾向のCちゃんはいい表情をみせる・・・

3歳までの年少前のこどもたち。障がい児も受け入れる園なので、地域をこえて集まってくる。園全体ではグレーゾーンをふくめると、3割が何らかの発達障がいをもつという。この後、年少組、年中組、年長組と音楽遊びは続いた。

コメント

啓蟄

2013-03-05 23:02:31 | 音楽療法

音楽療法で春の歌を歌っていたら、外で強烈な鳴き声がした。ベランダから覗くと・・・

河津桜の枝に鳥がいる。暖かい陽射しをうけて歌っているような鳴き方。外はポカポカ陽気、窓を全開にして、私たちも歌う。

鳥にあわせて ♪どこ~かではる~がうまれてる~ 

今日は啓蟄、春ですね!

コメント

早春賦

2013-03-04 17:12:37 | 音楽療法

仕事の帰り道、梅に見とれていたらバスが通り過ぎちゃった!

今日も、はる~はな~のみ~の かぜ~のさむさや~ の一日でした。

コメント

音楽療法@こども

2013-01-12 15:58:54 | 音楽療法

発達障がいのこどもたちの音楽療法の日。東京YWCA国領センターには、ご近所からも、2時間かけた遠い所からも集まってくる。ここは何でもOKの場所、その子の個性を存分に引き出し、そして能力や機能を高める。学校とは違う、のびのびした顔がみられるとの定評。

「あけましておめでとうごいます」「今年もよろしくお願いします」・・・それぞれの言葉と雰囲気で始まる。1か月に一度のクラス、会うたびに日々の成長を大きく感じるこどもたち。

今日はカンテレ(フィンランドの伝統民族楽器)が人気楽器で、Mちゃんはかかえこんで離さない。Yちゃんも「いいね~」

体操は臨床心理士を目指す大学の実習生が担当。「むずかしすぎたみたい」と反省しきりだったが、現場を経験して先に進めると励ます。そして言葉を発さないAちゃんがスキンシップしてくれたことが嬉しいと言う。

動きはボール蹴りを取り入れた。コミュニケーションも目的だったが、大いに盛り上がる。子どもたちだけで、列をなしてダンスも始まり、新年早々いい感じだった。

楽器、アンサンブル、楽器・・・、「音楽療法」だから、音楽は多彩。楽器の順番待ちで、交換や「どうぞ」を覚える。また「待つ」を知る。輪から離れたメンバーを迎えに行く、指さしで支持するなど、子どもたちは仲間の様子も思いやることができる。

クールダウンは紙芝居。今年度から音楽以外の<表現>も取り入れたいと、俳優の松永り香さんにお願いしている時間。

後半クラスは、小学生から成人まで。紙芝居を演じている松永さん、子どもたちの集中力がすごい! Sちゃんは気に入ったフレーズを、帰り道では音をつけて口ずさんでいた。

この子たちの感性に、私は毎回感動している。

 

コメント

音楽療法@クリスマスイブ

2012-12-24 21:41:37 | 音楽療法

12月24日、クリスマスイブ。一般棟フロアで夕食BGMを奏でる。

「先生、クリスマスイブにピアノ弾いてください」と介護スタッフの提案で、もう10年。毎年ロングドレスでピアノ演奏。今年はお気に入りのブルーのドレス。

「ホテルのレストランのよう・・・」。<きよしこのよる>を即興アレンジで弾く。弾いているうちに、この曲への想いがわきあがる。クリスチャンホームに育ち、讃美歌を聴き歌って育ったことを想うクリスマス。誰もが知っているこの曲を、私もステキに奏でたいと一音一音を丁寧に弾く。そして音楽を奏でる。

ピアノの横のN子さん、「先生の音に涙がでました。クリスマスは感動ですね」。弾いている私も、自分の演奏に心が寄り添い、そして「あぁ~、クリスマス」と思いながらだった。イブ礼拝には行かれなかったけれど、ピアノを聴いてくださった入所者様方と過ごすクリスマスイブは最高!

でもこの後、夜遅く待ち合わせした友人と、中目黒駅前で近隣教会のキャロリングでクリスマスの讃美歌を聴き、こっそり一緒に合唱。今年もステキなイブを過ごした。

コメント

クリスマスな一日

2012-12-23 23:51:01 | 音楽療法

12月23日、クリスマス行事がつまった一日を過ごす。

午前中、老健(介護老人保健施設)認知症フロアでクリスマスケーキ作り。音楽やってなければケーキやさんになりたい私は、若い男子スタッフたちに手ほどきしながら作業。

トッピングもそれぞれに・・・

カロリー制限ある入所者様にも召し上がっていただけるようにと、スタッフもナースと相談しながらギリギリの線で頑張る。嚥下に問題ある方にも見て楽しみ、そしてひと口でもなめていただけるように、工夫。

そして午後。認知症グループホームSUNでクリスマス会。

ハンドベルとカンテレのコラボ。初体験だが、なかなかいい! ゴールドベルの優しい音色が、素朴なカンテレの音色によく合う。ベルは、朗読コンサートで長年ご一緒している俳優・松永り香さん。

ご利用者様とデュエット。入所するまでコーラスで歌っていたAさんのソプラノで「きよしこのよる」

入所者、ご家族、スタッフ・・・盛大な会でした!

コメント

音楽療法クリスマス@グループホーム

2012-12-22 23:11:31 | 音楽療法

毎日毎日クリスマスの私。忙しく飛び回っているけど、楽しい仕事!

開会はスタッフの組体操、「メリークリスマス!」

どこでもカンテレ演奏。

そして歌い、踊る!

入所者様、ご家族も一緒に。

サンタさんから内緒話?

開所して9回目のクリスマス、初回から参加している私は感無量。今はここにいない方々のお顔が浮かぶ。

 

コメント

音楽療法クリスマス

2012-12-18 08:15:23 | 音楽療法

クリスマスの季節。老健デイケアでは毎年恒例の<音楽療法クリスマス週間>を行なった。

スタッフ扮するサンタ(ガール)とトナカイ。ご利用者様を楽しませるのもスタッフの仕事のひとつ。新人スタッフは「恥ずかしがってちゃだめ・・・」と先輩に励まされる。音楽療法士の私は「ではサンタさんとトナカイさんに踊っていただきましょう~」「エッ~、うそぉ」

トナカイさんのギターでクリスマス曲を歌う。私もクリスマスではソプラノソロを披露。

毎日、クリスマスカラーの赤を基本にドレスを着るのもまた楽しい。

コメント

幼稚園で音楽療法~今日は寒いね!

2012-12-05 07:07:31 | 音楽療法

幼稚園で音楽療法。外は木枯らし、「みんなであったまろ~」といもむしになる。

5人ひと組から始まって、音楽が進むにつれてグループをつなげる。最後はひとつになり、ピアノとタンバリンに合わせて歌いながら進む。先頭に立候補したAちゃん、あまり前に出ないタイプだが、「僕できるよ!」

「もっと小さくなろ!」「わぁ、あったまる」「たのしい~」「おしたらだめだよ」「ちゃんとつながって」・・・こどもたちのかけ声でまあるくできあがり。

手話で歌う。

私がリズムをとっていたマラカス、「それ、やりたい」「どうぞ」

「上に何が見える?」と手をたたきながら。

年長クラスではジェンカ。

ちょっとおふざけした男の子たちにバナナマラカス。「今日も踊るぜ~」「上手くなったでしょ!」

かけ合いで歌ったり、ハモったり、大きな声と小さな声で発声は「クリスマスおめでとう」。歌う声も幼児独特のどなり大声ではなく、きれいな声で丁寧に歌う。毎回大きな成長を感じる子どもたち。

特急あずさから見えた甲府盆地の山々は、もう真っ白。吐く息も白い。

 

 

 

コメント

療育・音楽療法~紙芝居

2012-11-10 07:13:53 | 音楽療法

療育・音楽療法クラス(東京YWCA国領センター) では、音楽を中心に、動作(体操)や言葉も積極的にとりいれている。言葉は今年度からの新しい取り組み。昨年度までは行事ごとの紙芝居上演を、この4月からは毎回クールダウン時に行なっている。

クラスに集まってくる子どもたちは様々。いわゆる「障がい」と括られているが、特別支援学校、支援学級、普通学級とその程度はいろいろだし、個性ある内容もそれぞれ。音楽療法プログラムに言葉や表現(表出)も取り入れたくて、舞台活動をしていた友人の女優・松永り香さんに相談した。 紙芝居を上演してくれることになり、オリジナルの手作り作品や聴衆参加型などと可能性を広げている。

クラスにアシスタントとして関わっているので、子どもたちの成長に合わせてくれる。クラスは2つあり、①幼児~小1(10時~)、②小2~高校生(卒業生も可)(11時~)、同じ紙芝居でも反応が違い面白い。①クラスでは、湯たんぽにさわったAちゃんが「あっかたい!」。「ン? あったかいのこと?」、笑顔で「あっかたい!」を連発。②クラスでは不安な毎日を過ごしているBちゃんが「ホワホワ」と。

来月はクリスマス。クラス内でクリスマス会も計画している。

コメント

歌声も高らかに

2012-11-09 07:36:24 | 音楽療法

認知症グループホームで音楽療法。オリジナル歌集を使って<歌の会>。

この方々は「歌大好き~」と大きな声で歌う。若い頃はコーラス、民謡、謡曲・・・と楽しまれたそう。

E子さんは「私は歌うときはオペラ歌手よ」と笑顔で歌う。Yさんは「歌うことは口腔や嚥下リハビリにいいね」と。

スタッフの協力も大事。老健でも私の音楽療法を経験しているベテランスタッフに支えられて、充実したプログラム。両手で歌詞を追い、歌いかける。

スタッフのさりげない寄り添いが、音楽療法士と参加者、そしてスタッフとの信頼関係を強くする。直前まで、暴言&暴力だったTさんも「私とデュエットしましょ~」とのスタッフの声かけに「そうだね、いいね」と着席し、美声を聴かせてくれる。私はお隣をサポートしている。

コメント

音楽療法士の楽しみ

2012-11-07 23:05:27 | 音楽療法

今月から移動の都合で、<脇田整形外科デイケアルーム> (あざみ野)の音楽療法は、昼食から行くことになった。

早速本日のランチ。

キッチンスタッフがソースの味にこだわったハンバーグ。自由が丘の某レストランの味を研究したというデミグラソースは、まろやかでリッチな深みがある。

サラダは野菜がたくさん。

清し汁、お漬物、デザートはとろ~り甘い柿。

そして音楽療法はまず秋の歌数曲。カラスの発声で大きな声、いい声を整える。メインテーマは<全国温泉巡り>。寒くなってくると温泉が恋しい。「箱根、伊豆、熱海、草津・・・。行きたいね~」。でもここデイケアルームのお風呂は、桧風呂。「先生、ここのお風呂はいいわよ~。入っていきなさいよ」「ありがとうございます」と活発なやり取りが続く。

たくさん歌い、喋り、音楽を通してのコミュニケーションは気持ちがはずむ。背筋もピーンとのびて、顔も上がっている。皆さんすてきな笑顔!

音楽療法後はおやつタイム。

オレンジムース、ふわふわ。

キッチンスタッフの心こもったお食事は、利用者様にも大人気で、地域でも評判と聞く。丁寧で心身にしみわたる優しさを感じるお食事に感謝。

コメント

幼稚園で音楽療法~子どもたちの成長

2012-11-01 15:44:14 | 音楽療法

「待ってたぜ~」の子どもたち。「先生、おどちゃうよ~」

「いい音するよ~」

日常では取り合いやいさかいも起こるという楽器配り。でも音楽療法では静かに待てる。「私にはなにがくるのかドキドキしちゃう」。先生方もこの静けさにびっくり。

ジェンカは二人組みから徐々に増やしていく。先頭は鈴を持ってリード。

「皆でひとつになろ!」 

音楽療法を取り入れて数年。音楽による子どもたちの成長は素晴らしい。組み合わせや楽器でのトラブルもなく、「楽しい!」の感想に私も嬉しい。先生方も日常で取り入れてくださっているので、月に1回でも大きな進展を感じる。

今日は音大卒の幼稚園ママが見学。「こんな音楽の使い方があるなんて・・・。感動しました」。勉強したいとの希望を、次回からアシスタントとして加わっていただくことにした。ピアニストは音大で音楽教育を学んだツーカーの後輩、そして新たなアシスタントさんは「幼稚園ママには音大卒が大勢いるので声かけします」。頼もしい~。

副園長先生の目論見は大当たり。新たに開園する保育部のこども園での音楽療法、そして外にに向けて療育音楽の発信もしたいと、先生方と音楽療法士の私、支えてくださる皆さんの想いは大きく広がる! ブラボーです。

 

コメント

デイケアランチ

2012-09-18 20:36:22 | 音楽療法

今日はクリニックデイケアで音楽療法。介護度の低い=自立度が高い利用者様が多く、セッションでも会話がはずむ。プログラムは、敬老の日にちなんで、「われら人生60から」「ぼけない小唄」を、また大先輩の歩んできた道に尊敬の念をあらわし「川の流れのように」。そして秋の歌を数曲。

音楽のあとはおやつタイム。今日はお誕生日の利用者様にバースデーケーキのプレゼント。ハッピ~バースデイ と歌ってお祝いした。

栄養価が高く、柔らかい食べやすさのバナナをはさんだチョコレートケーキ。おやつは、いくつになっても待ち遠しく、お楽しみの時間。高齢者の好きな和菓子と洋菓子がバランスよく提供されている。

ここ 脇田整形外科クリニックデイケア は、院長先生の「いいものを丁寧に」の想いがあちこちに溢れている。設備、桧のお風呂、そして何より食事(昼食)が素晴らしい。主婦のプロ(尊敬をこめて、あえてそう表現)が家庭の作っている。

音楽療法で大きな歌詞紙を貼るホワイトボードに書かれた今日のメニュー。「鮭ちらし・・・、美味しそう」と言うと、「そうよ~、先生美味しいのよ。今度は早くいらして、ランチもどうぞ」と利用者様からのお誘い。「先生、元気の秘訣は美味しいものを食べること。ここはいいよ~」と男性の利用者様。

デイケアランチ、土曜日なら可能かなと先の予定をみる私。平日は系列の高齢者施設リハビリテーション科、お弁当を食べて、デイケア歌の会を終えてからの移動なので、ランチはむずかしい。いつの土曜日にしようかな~と、さっそく手帳と相談。フフフ・・・

コメント

敬老の日

2012-09-15 23:05:48 | 音楽療法

音楽療法の仕事場、介護老人保健施設で敬老会を開催。

入所150名とご家族50名が一堂に会し、お祝いの会。70歳からの節目の方々に尊敬の想いをこめて、表彰も行なわれた。

35名の方々、100歳以上が4名で最高齢は102歳。皆さんお元気! 「先生なんか、ひよっこだね~」

小学校(尋常高等小学校)の同級生方。「いや~、あれから何年だ? 俺たちもう90になるよ」。子どもの頃の仲良しこよしは腕白で、野山を駆け回って遊んだそう。すてきな殿方も、幼い頃の顔に戻っていつまでも楽しそうに話していた。

コメント