Kantele-Suomiho-Fuga

フィンランドと音楽(カンテレ、音楽療法)をキーワードに!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5月の日々

2012-05-31 07:52:43 | つれづれ・・・

今日は5月31日。この月もたくさんの出会いや感動することが多かった。そしてまたこの1年を静かに振り返る。人生のひとこまひとこまは、すべてに感謝しながら生きる時間の積み重ねと思う。

コメント

信玄餅の食べ方は?

2012-05-30 21:35:15 | グルメ

甲府で講習会があったPT(理学療法士)が、お土産に山梨銘菓・信玄餅を買ってきた。

 

仕事場のリハビリテーション科で、その食べ方についてあつい議論が交わされる。「いかにきな粉をこぼさず、そしてきれいに全部食べれるか」

わたくし的には、真ん中の1個を蓋に出し、あいたところに黒蜜を入れる。よく混ぜて両端2個を食べたら、蓋に出した1個を戻し、周りのきな粉や蜜をこそげるようにつけて食べる。それを真似した隣のST(言語聴覚士)は「なるほど~、初めてきれいに食べれた」

「へぇ~、すごい」と皆で食べる。同僚の一人がネット検索したら、製造元の桔梗屋のホームページに「食べ方」が載っているという。真ん中を持ち上げてそこに黒蜜を入れるとあるが、大体同じようなもの。だってわたくし、地元出身ですから!

コメント

紫陽花、咲く。

2012-05-29 10:49:42 | 季節

紫陽花の季節。

切り花でいただいた紫陽花を挿し木し、大事に見守ってきた。今年の初花!

コメント

イタリアンを楽しむ

2012-05-28 23:55:28 | グルメ

今夜はイタリアン。横浜のお気に入りのお店で。

三崎の鮪のカルパッチョ。厚切りでプリプリしている。

シーザーサラダ。「チーズおかけしますね」に「たっぷりお願いします」。ここのチーズは絶品だから、いつも「たっぷり」とお願いする。直径50センチ以上もある丸っこい大きなチーズを削ってくれる。ロメインレタスよりチーズの方がず~っと多い。

今夜のお相手は大学の後輩。11も年下の彼女とは、母校の声楽アンサンブルで知り合い、一緒にハーモニーを重ねてきた。10年くらい前、渋谷区の行政関係の「子どもの音楽療法クラス」にアシスタントとして誘ったのひとつのきっかけとなり、その後音楽療法を勉強。現在は常勤の音楽療法士として、関係施設5か所を飛び回って頑張っている。

情報交換をしながらのお食事。気のおけない友人とは、やっぱりイタリアン。オードブル盛り合わせ、名物・牛ひき肉のピザ、完熟トマトのパスタ・・・お喋りしながらワインがすすむ。

コメント

メッセージをかみしめる

2012-05-27 23:00:19 | つれづれ・・・

アメリカの友人Annからこんなすてきな言葉が届いた。

Annは35年前のフィンランド留学時代を一緒にすごした仲で、ルームシェアしていたこともある。アメリカに帰国後ナースになったが、大交通事故により身体に大きな障害を負った。長い治療のときを経て、元気にナースとして頑張っている。180センチ100キロの大きな体に包まれると、フワッと心なごむ。優しさのかたまりのAnnは、いつも心に響くメッセージを届けてくれる。

コメント

カンテレで日本の曲を。

2012-05-26 22:19:02 | カンテレ

 

カンテレは弦の本数によって様々な大きさがある。5弦~48弦まであるが、私のクラスは5、10、11、15、16、19、26、28、36、39のカンテレ生徒さん方。それぞれに合わせて編曲アレンジするのが楽しい。

今日は日本の名曲「ふるさと」を中型用にアレンジ作業。数年来気に入っているピアノアレンジ譜からヒントを得て、3部構成にしてみる。コード(和音)に忠実なクラシックふうに、ちょっと音を加えてジャズふうに、そしてオーケストラふうに・・・。う~ん、いい感じ!

大学の音楽専攻は、和声学、実用和声学、作曲、楽曲分析、楽曲解釈、対位法などの授業があり、結構面白くてはまっていた。それが編曲アレンジに大いに役立っている。実は作曲科受験を目指していたことがある。でも数学が好きではなかったので、最終的に理系頭脳も求められる作曲は諦め、感性の声楽にいった次第。編曲アレンジは感性も必要だから、私のすべての音楽チャンネルを全開にしてする作業は、めちゃくちゃ面白い。

まずは来週のクラスで、19弦と26弦に提供する。よく知っている日本の曲は馴染みやすく、そして楽しんで演奏できる。カンテレは遠い北欧フィンランドの伝統民族楽器だが、日本の音楽ともマッチする不思議な世界。

コメント

音楽療法~他職種とのコラボ(1)

2012-05-25 23:55:09 | 音楽療法

音楽療法の仕事場のひとつ、介護老人保健施設で私が所属するのはリハビリテーション科。PT(理学療法士)11名+ST(言語聴覚士)3名+MT(音楽療法士)の私。専門職の集まりは面白い。なんといっても、「仕事」に生きがいを感じる集団で、刺激も多く日々向上している。

私の今年度の課題は、声のこと。もともと声楽科出身なので、発声や呼吸は得意分野。でもそれはあくまでも声楽家としてのことで、自分自身の身体への想いだった。PTやSTと共働で仕事するようになってからは、発声&呼吸はそれぞれのアプローチでずいぶん違うと認識した。

STとのグループ訓練のひとつ、目的は「活動性を高める」。STによる口腔体操や発語訓練に続き、MTが歌唱を通してさらに発語を促す。

メンバーのひとりA子さんは口からの食事摂取はできず、経管栄養(胃ろう)。頭脳明晰な方で年齢も若い。リハビリ拒否があり、「生」に対する意欲が伝わってこなかった。目も合わせようとしないA子さん、私はどのように接していいのか悩むほどだったが、丁寧にときほぐしていった。初めは全く声がでなかったが、最近は「あ」の母音がかすかにでることがある。ここにいたるのに半年、これはA子さんの努力の賜物。「A子さん、聞こえますよ」というと、嬉しそうに満面の笑み。

そういう時間の積み重ねの「楽しみの訓練」が、身体面での体幹の安定や精神面での活性化につながる。居室ベッドより車椅子でいられる時間が長くなって、フロアで他入所者様と過ごす時間が長くなっている。顔をみかけるとA子さんから「こんにちは」とゆっくり口を動かしてくる。明るい表情や笑顔がふえ、顔がツヤツヤしている。

高齢者は「メキメキ」ではないが、それでもいい方向へと上向きになると、ご本人は気持ちが明るくなる。その姿は私たちも嬉しいし、何より専門職としての手ごたえを感じる。グループ目標の「活動性を高める」はおもに精神面での向上ではあるが、身体面や機能性の向上にも大いにつながった。

私のA子さんの目標は、声を出すこと、そして安定させること。ずっと出席拒否が続いていた大集団の歌の会に、最近は皆勤賞。視線が歌集に向かい、歌いたいのかなと思うこともある。歌唱は呼吸法も身につき、また腹筋も強くなるから、身体能力もアップするかもしれない。長期目標のゴールに向かってゆっくり地道に訓練としての音楽を続ける。経管がとれて、口からの摂取ができるようになればいいな~。

コメント

カンテレ倶楽部・プオルッカ

2012-05-24 07:21:03 | カンテレ

カンテレクラスのひとつ、<カンテレ倶楽部プオルッカ>が紹介されました。

http://music.ap.teacup.com/kantelejapan/30.html

日本カンテレ友の会のホームページをご覧ください。

 

コメント

マリメッコでお買い物

2012-05-23 22:40:13 | フィンランド

プレゼント探しに marimekko マリメッコ のお店へ。

フィンランドカラーのブルーのウニッコunikko柄のマグ。音楽療法の仕事場のNさんの退職プレゼント。Nさんは介護スタッフ、その優しさと丁寧な仕事がとてもすてきな女性で、ファンが多い。3年くらい前から「辞める」という噂を聞くと、そのたびに引き止めていたが、今度は本当に辞めることになった。「先生に言うとまたきっと引き止めてくださるから・・・」。マリメッコが大好きな彼女には、私の想いをこめて、私がいちばん好きなブルーのウニッコ。

緑子さんには、グリーンのウニッコ布。フィンランドの森、そして白樺の葉の色を想いおこす色。いろいろお世話になることが多くて、何かお礼したいと思っていた。グリーンは日本ではあまり人気がないのか、なかなかお目にかからなかったがちょうど入荷中、楽譜が入るバッグの大きさにカットしてもらった。

店員さんと話す。「フィンランドブームなんですよ~」に「私はフィンランドとのご縁が35年。カンテレ弾いてます」と思わず言っちゃった。「プレゼントにはフィンランドのものをさしあげたくて・・・」には、「現地のレアものご存知ならではですよね~」。フィンランドでもお高いマリメッコ、もう少し買いやすいお値段だったらいいのにといつも思う。

しばしフィンランドを感じた、マリメッコショップでのひととき。

コメント

夏空にみとれる

2012-05-22 22:42:51 | 季節

横浜みなとみらい。空が美しい、しばしみとれる。

コメント

今度は、醤油麹

2012-05-21 23:22:01 | グルメ

毎日重宝している「塩こうじ」、今度は「醤油こうじ」を作る。

いつも塩こうじ用の麹をわけてもらう お味噌屋さん・五味醤油 から「これで醤油こうじを作ってみて」と麹が届いた。塩麹には米麹だったが、今度は麦麹を使う。

麦麹はかたいのでお湯でふやかして、とある。

我が家でいつも使っている「特選 国産丸大豆醤油・本醸造」を加えて、また1週間程度熟成をまつ。楽しみ~!

コメント

休日のお庭仕事

2012-05-20 20:06:03 | つれづれ・・・

休日。訪ねた友人宅でお庭仕事を手伝う。東京郊外のお宅、広いお庭で草取り、お花植え。

お天気のよい日の外仕事が心地よい。マンション住まいのわたしには、土が嬉しくて、何時間も外で過ごす。

コメント

新緑コンサートin横浜

2012-05-19 23:37:01 | カンテレ

緑あふれる季節、<新緑コンサート>を開催。会場は横浜の海に近いところで、さわやかな5月の土曜日の午後は人でいっぱい。大桟橋、山下公園、山手、中華街、元町・・・、私が音楽を学んだ大学もすぐそこ。

会場は小さな静かなカフェ、25席はお客様でいっぱい。松永り香さんの朗読は「夢二の五月」。詩に5弦カンテレを織り込むり香さんの朗読は、心にしみる。ふわ~っと、するっと、入ってくる。もうひとつは片山広子の作品をもとに、り香さんが脚色した「わたしのお稲荷さん」。いつものように私のせりふもひと言あり(今回は女行者)、日々声色を研究していた。ソプラノより落ち着いたアルトの方がよさそうと思ったが、やっぱり地声のソプラノになってしまった。

カンテレ演奏は19弦で、フィンランドの曲を中心に演奏。カフェの雰囲気にあわせて、シンプルで美しい曲を選んだ。

ご来場の皆さま、ありがとうございました。

コメント (1)

都会で、逞しい野菜たち。

2012-05-18 20:01:42 | グルメ

帰り道、ほのぼの野菜たち。

じゃがいもの花。

元気なキャベツ。

大根。葉っぱも美味しそう。

私の仕事場のひとつ、高齢者施設はもともと横浜市の古い農村地帯。マンションだらけの中で農地健在! 

コメント

妹のお誕生日

2012-05-17 23:51:47 | つれづれ・・・

今日は妹のお誕生日。お料理仲間のお友達と銀座でバースデイ、「夢のような一日」だったらしい。

おめでとう!

コメント