Kantele-Suomiho-Fuga

フィンランドと音楽(カンテレ、音楽療法)をキーワードに!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2013年は・・・

2013-01-04 13:36:07 | フィンランド

想いをかたちにしようと、年末年始休みにあれこれ考える。

芸術家たちとのコラボ。「愉しいことやりたい」とまわりにはすてきな音楽家の友人がたくさん。クラシック出身のピアニスト、声楽家、オルガニスト、打楽器奏者、ヴァイオリン、チェロ。そしてジャンルを問わずで、ジャズシンガー、オーボエ、チェロ、民族バイオリン、ハープ、マンドリン、ギター、パイプオルガン、パーカッション、津軽三味線、沖縄の三味線(さんしん)、唄い手・・・。音楽だけではなく舞台やダンスや踊りの友人たちもいる。カンテレとのコラボ、どんな音楽空間ができるのか、想像できない面白さ。

それから得意のお料理を生かした音楽とのイベントは、まずはフィンランド料理から。カンテレ門下生のお弾き初めではフィンランド料理をふるまう。その次のコンサートではフィンランドのお菓子を予定している。フィンランド料理を知りたいとのフィンランド好きの要請で、フィンランド料理教室を開催することになった。お母さんや現地友人のレシピが大活躍しそう。また以前友人と教えていたお料理教室を再開することになり、早速レシピ整理を始めたお正月休み。

人生長いとはいうが、元気に活躍できるのは限られている。これからの数年は私の集大成と思っている。音楽三昧の日々は続くが、あわせて好きなことやすてきなことを楽しみたい。

2013年、大きく飛んで跳ねて、すてきな年になりそう!

コメント

フィンランドな一日@六本木

2012-12-30 08:19:44 | フィンランド

フィンランド仲間のN子ちゃんと女子会。お互い仕事が終わった年末が、いつもゆっくり過ごせるとき。

北欧料理のお店、六本木のリラ・ダーラナでランチ。スウェーデンで修業したシェフの丁寧な味が評判で、なかなか予約がとれないお店といわれているが、最終営業日になんとか入れた。

目印はこれ! ダーラナホースがお迎え。

 

前菜はサーモンとニシン、ナッキレイパ。ナッキレイパはパンの一種、かたいパリパリしたお煎餅のようなパンで、チーズとよく合う。ナッキレイパ好きの私たち二人は必ず買ってくる。「むこうの味よね~」と美味しくいただく。

北欧の家庭料理といえばミートボール。カスティケというおソースがそれぞれの味付けで、お母さんMija-liisaの味を思い出した。N子ちゃんはサーモンムニエル。

お腹いっぱいの私たちの目的地は「森と湖の国・フィンランドのデザイン展」。近くのサントリー美術館(ミッドタウン)へ向かう。ガラス製品を中心に紹介されている。フィンランド留学経験がある私たち、「これ、ホストファミリーの家で日常使いしていた」という器も多かった。

 

仕事のお休みの関係で、N子ちゃんは夏、私は秋が多いフィンランド行き。冬は一緒に年末年始を旅行した7年前がお互い最後。北極圏の森の中、ザクザク音をたてながら歩いた雪道、冷たい吹雪の町、喋ると口が凍るので無言で進んだ思い出。「やっぱり雪と氷(海も湖も)の季節に行きたい」との話から、来年はまた一緒に冬に行きましょうと手帳を見る二人。

フィンランドを過ごした一日。幸せな気分!

コメント

仕事納め

2012-12-27 13:10:07 | フィンランド

クリスマス行事が終わり、ひと足早く仕事納め。今年はクリスマス行事が長かったので、燃え尽きた感あり。でも充実した毎日に満足している。

音楽療法、カンテレ、歌・・・、我が身の音楽をすべて出し切った12月。クリスマスのお恵みをひとり占めしたような12月に感謝。

今ごろはフィンランドにいるはずが・・・、ぎりぎりまでねばったけれど飛行機のチケットがとれなかった。今年は雪が多く、寒いと聞いている。そんなフィンランドに行きたい! ピュアの雪の中で過ごしたいと願っていた。来年に期待。

年末年始はたまった仕事や論文書き、山積みの片付け、そして近隣周辺を楽しむ。小学校の同級会もあるので久しぶりに実家にも長居しようかな~。

まだ数日ある2012年。さぁて・・・

コメント

美しい・・・

2012-12-12 06:32:30 | フィンランド

今ごろのフィンランド。美しい冬・・・。幻想的、妖精がどこかにいるかも。

コメント

Piparkakku~フィンランドのクリスマスクッキー

2012-12-09 11:19:12 | フィンランド

フィンランドからクリスマスクッキーが届いた。

ホストファミリーのお父さんの手作りの Piparkakku (ピパルカック) という名のクリスマスのジンジャークッキー。何百枚も作り、イタリアにいる娘ファミリー、スペインにいる息子、日本にいる私、そして友人たちに・・・。

今日はカンテレクラス。フィンランドのクリスマスのおすそわけしよ!

コメント

marimekkoでクリスマス

2012-12-08 22:25:53 | フィンランド

久しぶりに銀ぶら。夕暮れの早いこの季節は、夕方早い時間からクリスマスが楽しめる。銀座通りのイルミネーション、MIKIMOTOのクリスマスツリー、ブランドビルの大きなネオン。前より上を見て歩く人が多い、歩行者天国の銀座。

一本入ったところにある marimekkoのショップ。

真っ赤なクリスマス、鮮やかにすてき。我が家で日常使いしている器や鍋つかみたちばかり、こんなふうにおしゃれに飾ってあると、私も嬉しい。

コメント

フィンランドは雪の季節

2012-12-04 07:35:28 | フィンランド

フィンランド中部地方の天気予報。12月は太陽がまったくでない、ほとんど雪マーク。今日は最高がマイナス11℃? 寒い・・・、寒すぎる!

(カレンダーは左から、月曜日はじまりで日曜日が最後)

太陽がでるとこんな感じ。すてきな世界。

年末年始をフィンランドで過ごそうと思ったが、飛行機チケットがまったくとれない。旅行社の友人に頼み込んだが、いろいろ手を尽くしても「今年はこんでいすぎ。無理~」との返事。Ah!

コメント

香港にいます

2012-11-18 19:38:53 | フィンランド
週末をはさんで香港へ。今年の香港は、ますますのっぽになっていました。
ホテルのお部屋からの眺め、対岸の香港島のイルミネーションがにぎやか!
コメント

布と陶器~フィンランドから

2012-11-08 07:33:40 | フィンランド

フィンランドの<マリメッコ>のテキスタイルデザイナーとして、世界的に知られている石本藤雄さんの個展が開催される。石本さんは、フィンランドを代表する陶器メーカー<アラビア>でも、陶芸作品の制作を続けている方で、その紹介には「ファブリックと土、まったく性質が異なる素材を扱いながら、石本の作品には自然へのまなざしや鋭い色彩感覚など一貫した美意識が感じられる」とある。

石本さんのセンス、本当にすばらしい! テーマは「冬」、心がほっこりくる石本さんの作品をお楽しみに。詳細はこちらから 

http://www.spiral.co.jp/e_schedule/detail_364.html

コメント

マリメッコ、空をとぶ!

2012-11-02 07:50:36 | フィンランド

ムーミン柄に続いて、おしゃれな飛行機登場。

すてき、これに乗ってフィンランドに行きたい!

コメント

マリメッコでルンルン~その2

2012-10-21 08:19:57 | フィンランド

マリメッコでルンルン を紹介したのは暑い盛りの7月。そして涼しくなった10月、また「マリメッコでルンルン」。

和子さんに預けていた布で、おニューのバッグが届いた。今度はミニウニッコ。いつもたくさん抱えているカンテレの楽譜も入るようにと、同系色の裏地つき。

布地のロゴまでこんなふうにお洒落に。

残りの布はお弁当用にと2種類。

和子さんにメールで感想とお礼をお伝えしたら、「縫っていて楽しかった」と返信をいただいた。マリメッコの布は見ているだけでワクワクするから、お針仕事が不得意の私も思わず買ってしまう。これは昨年フィンランドで買ったハギレ(不得意と言いながら、実は今年もまた買ってしまった、う~ん眺めて楽しむ?)、端から端まで余すところなく使ってくださった。和子さんと、カンテレ生徒さんで和子さんと小学校からの大親友の偕子さんにも感謝して大事に使いたい。

マリメッコのバッグ、フィンランドを感じながらルンルン・・・。

コメント (1)

フィンランドの歴史を学ぶ

2012-10-20 10:32:57 | フィンランド

友人との待ち合わせ時間にはまだ早かったので、本屋さんを覗く。大きな書店は興味をそそられる本がたくさん、1時間はあっという間。毎回「買いたい!」と思う本があり、そして待ち合わせには大荷物で行くことに・・・。

 

『世界史のなかのフィンランドの歴史』

フィンランド中学校近現代史教科書。内容は、同時代の世界の動きと流れの中で自国の姿をとらえようとする、総合的な史観に基づくフィンランドの中学校歴史教科書。この 教科書を使う第7学年はフランス革命から第一次世界大戦まで、第8学年は第一次世界大戦後の独立からヨーロッパ統合、グローバル化した現代までを扱う。

わかりやすくて、ポイントをきっちりおさえている。世界史、自国史が別々ではなく、世界と自国が同時に教えられているのが興味深い。私の学生時代にもこういう教科書があったら、歴史全般をもっと面白く取り組めたのに・・・と思う。5800円を高いと思うか、お値段以上に価値を見い出すかですが。

フィンランドの歴史ならもう1冊、おすすめの本。

 

『フィンランドの歴史』

ヨーロッパ北端の貧しい農業国が、ロシアからの独立後の内戦に続き、強大な隣国との戦争で国土の10分の1あまりを失い、多くの国民が犠牲になりながらも、ソ連の影響下から抜け出し、発言力のある自信に満ちた欧州国家として生まれ変わった道筋を辿る内容。
 
フィンランドを知りたい方には是非読んでいただきたい本。1970年代後半からフィンランドを知っている私は、21世紀を迎える頃からのめざましい成長には驚くほど。貧しいと思っていた国は、いまや世界からは豊かと言われるまでに大きくなった。そこにフィンランドの過酷な歴史があることを、あらためて思う。こちらは4800円。
 
いずれも出版は 明石書店。他にもフィンランドの教育や国シリーズをだしている。
コメント

フィンランドに行きました!

2012-10-12 08:02:38 | フィンランド

9月27日~10月8日、フィンランドにでかけていました。ブログ更新できなかったので、読者の皆さまには「何かあったのかしら・・・ 病気? 入院?」などとたくさんのご心配をいただきました。申し訳ありません。すこぶる元気で帰国。時差調整は「飛行機で爆睡のわざ」で問題なく、翌朝からいつもの日常に戻り、飛び回っています。

 30℃半袖の東京を飛び立ち、着いたところは12度。晩秋の装いのフィンランド。滞在中にますます気温が下がり、まるで東京の初冬のようでした。ロングダウンコートとモコモコブーツを現地調達、東京で活躍する機会があるのか・・・。

フィンランドの様子は、遡ってご報告しますので、どうぞお楽しみに。

コメント

白樺の皮細工

2012-08-27 23:57:55 | フィンランド

フィンランドといえば白樺。これは白樺の皮で作ってある。さて、何でしょう~?

スマホサイズのケース、おしゃれ! フィンランド旅行から帰国した友人が個人輸入の話をつけてきたらしい。お値段は本体45ユーロ、すべて手作り。私はスマホではないけど、お願いしようかしら。

コメント

フィンランドでやっていいこと

2012-08-23 22:45:03 | フィンランド

フィンランドに住む友人が日本にお里帰り中。先年フィンランドで会った以来で、話題は東京のスカイツリーからフィンランドの森まで、延々と続く。「国際結婚?」と言われる時代にフィンランド人と結婚、現地での生活も人生の半分になったという。

近年、フィンランドに長期滞在する日本人には、日本大使館はじめ関係団体の様々なフォローがあり、懇切丁寧にフィンランドに関して教えてくれる。その中でいちばん面白いのは「フィンランドでやっていいこと」について。「大真面目にこういうメールがくるのよ!」

・他人の家のすぐ側や田畑・農園等の敷地を除き、自由にウォーキングやサイクリング、スキーをすること
・家々から適当な距離を置いた上で、一時的なキャンプをすること
・天然記念物や保護種でない限り、野生のベリーやキノコ、花を採ること
・釣り竿と釣り糸を使って、魚を釣ること
・湖や川、海で水浴び・水泳・ボート遊びをすること
・凍った湖や川、海の上で歩いたり、スキーをしたり、車に乗ったり、魚を釣ったりすること

なるほど、面白い。日本で常識の範囲であったり、またなかったり、そして考えつかないこともあり、そのお国柄を感じる。

(森でベリー摘み、2010年夏)

コメント